記事ID141365のサムネイル画像

借り換えにおすすめのカードローンを紹介! 【失敗しない選び方】

借り換えとは現在の借り入れ先から他の消費者金融やカードローンに切り替えること。今回はそんな借り入れにおすすめのカードローンを紹介していきます。今回の記事を読んでいただければ借り換えを失敗せずに行うことができます。

カードローンの借り換えとは?用語や意味を解説!

この記事を読んでいる方には借り換えで返済の負担は楽になるの?借り換えって聞いたことがあるけどよくわからないのようなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

確かに借り換えで返済の負担が楽になるならば、借り換えをしたいですよね。

この記事では知らないと損する借り換えのメリット、デメリットやおすすめのカードローンまでわかりやすく解説していきます。

借り換えの詳しい用語解説

そもそもカードローンの借り換えとは今使用しているカードローンから、条件の良い別のカードローン会社に乗り換えることです。

 

カードローンはそれぞれの会社によって金利や月々の返済額が完全に異なります。

そのため現在、高い金利で借りている方は、今よりも金利の低いカードローンの会社に借り換えることで毎月支払いする金額や金利負担を軽減させることができます。

 

借り換えをして借入残高が減るわけではありませんが、これから先の毎月加算されていく、金利負担を減らすことが可能で、結果として総返済額は借り換えする前と後ではかなり借り換え後の方が安くなるケースが多いです。

 

カードローンとおまとめローンってなにが違うの?

カードローンの借り換えを調べていて、「おまとめローン」という言葉を見かけたことのある方もいるのではないでしょうか。

この章では「借り換え」と「おまとめ」をまとめて、カードローンとおまとめローンの違いについて解説します。

 

借り換えとは現在借入をしているカードローンからより良い条件の良いカードローンに乗り換えて、現在の金利よりも低いカードローンに乗り換え、返済条件を良くすると言うことでした。

 

一方でおまとめローンは、契約中の複数社のカードローンをまとめて1社に借り換えることです。

 

つまりおまとめローンと借り換えは返済先が複数社か1社かということ点で異なります。

おまとめローンを利用して返済先を1社にすることで返済の管理が楽になり、複数社に対して返済する必要がないので返済の手間を軽減できます。

 

とはいえ、カードローンの借り換えとおまとめローンは同じように使われる場合もあるため大きな違いはなく、どちらも共有して借金の返済負担を今よりも軽くすることを目的としています。

 

借り換え先のカードローンのおすすめ選び方

次に借り換え先を選ぶときのポイントを解説します。

今回解説していく借り換え先の選び方のポイントを押さえて借り換えを行えば、借り換えを失敗せずに行うことができ、返済金額や返済プランを緩和させることができます。

今回は、借り換えを実際に検討している方の状況によって状況別に選び方のポイントを解説していきます。

借入の上限近くまで借りていて、返済が厳しく借り換えを検討している方

現在利用中の銀行や消費者金融から借入の上限近くまで借りていて、返済が厳しい方は借り換え向きのカードローンに乗り換えることをおすすめします。

 

借り換えを積極的に行っているカードローン会社では、現在の借入額が大きくても審査に通過しやすい傾向があります。

 

通常のカードローン会社の場合、借入額が大きいと審査に落ちてしまう可能性が高いです。審査を通過しなければ借り換えを行うことが出来ないので、借り換えに向いていると言った宣伝を行なっているカードローンを利用しましょう。

 

また銀行や消費者金融などの借り換え先の金融機関の中には、融資までに3週間以上時間がかかることもあります。

融資までに時間がかかってしまうと、状況が悪化し返済状況が厳しくなっていってしまう場合があります。

借り換えにおすすめのカードローンの選び方としては最短即日融資が可能なカードローン会社で借り換えを行うのがおすすめです。

より良い条件のカードローンに借り換えしたい方

今の借入先より良い条件のカードローンに借り換えしたい方は上限金利が低いカードローン会社を選びましょう。

 

金利は現金を借りる額や消費者金融、銀行などカードローン会社によって異なりますが、どこでも一律で申し込みをしないと契約できる金利はわかりません。

 

実際に申し込んで見積もりをもらうまでは金利がわからないので、まず今借り入れを行なっている会社よりも金利を下げたい方は、上限金利が低いカードローン会社を利用することをおすすめします。

 

また金利以外の比較ポイントとして、返済方法が多く手数料が無料なカードローン会社を利用するのがおすすめです。

銀行カードローンの返済方法はATMや振込、口座振替などがあり、振込返済以外は手数料無料でサービスを行っているところも多いです。

金利はもちろん、手数料も比較するとより良い条件のカードローンに借り換えることができます。

低金利の借り換えにおすすめのカードローン4選

今回は低金利で借り換えにおすすめのカードローンを5社紹介していきます。

借り換えをする上で自分が重要視したいポイントをしっかり比較しましょう。

 

基本的に借り換えで重要視するべきポイントは金利や利用が可能な最高限度額、会社の信頼性などをしっかりと見ていきましょう。

第4位

auじぶん銀行ローン

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

auじぶん銀行の提供するカードローン

auじぶん銀行ローンはauと三菱UFJ銀行が共同で出資したauじぶん銀行の提供するカードローンです。

 

auじぶん銀行ローンなら申し込みから借入までをすベてインターネット上で完結することができます。また毎月の返済額は1,000円から可能です。そのため月々の負担を軽くしたいという方におすすめです。

 

さらにauユーザーならば大きなメリットがあります。

auユーザーで借り換えを行う方誰でも最大0.5%の金利を優遇しています。

0.5%の金利優遇があれば返済の負担がとても軽くなりますよね。ただし利用するにはauじぶん銀行口座を持っていなければいけません。

実質年利2.2%~17.5%
第3位

東京スター銀行カードローン

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東京スター銀行が提供するカードローン

東京スター銀行スターカードローンは東京スター銀行が提供するローンです。

地方にお住まいの方には馴染みのない銀行かもしれません。しかしWebのみで申し込みから借入ができるため地方の方でも利用できます。

 

東京スター銀行はカードローンとおまとめローンがあります。

おまとめローンは返済専用で、複数の金融機関から借入がない場合は利用できません。また追加の借入もできませんが、金利が低いのが大きなメリットです。

 

実質年利は12.5%なので、返済を進めたいという方に向いています。

 

カードローンでも金利1.8%〜14.6%、利用上限額1,000万円と、低金利でまとまった金額を借りられます。複数の借入をしている方は借り換えを検討してみましょう。

 

実質年利1.8%~14.6%
第2位

みずほ銀行カードローン

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

みずほ銀行が提供するカードローン

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行が提供するカードローンで、銀行カードローンの中でも低金利です。金利は2.0%〜14.0%で、利用限度額によって金利が決められます。ですから申し込みをする前に、契約をするべきか判断することができます。

 

借り換えを検討していて、みずほ銀行を利用している方は一度比較してみると良いでしょう。すでにみずほ銀行の口座を持っている場合はWebで申し込みから借入を完了できます。

 

みずほ銀行カードローンは利用するために口座開設が必要ですが、最高水準の低金利で融資を実施しているので金利による利息負担を減らしたい方は利用をおすすめします。

実質年利2.0%~14.0%
第1位

楽天銀行スーパーローン

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネット銀行である「楽天銀行」のカードローン!

楽天銀行スーパーローンはネット銀行である「楽天銀行」のカードローンです。楽天銀行スーパーローンは口座開設が不要で、楽天会員であれば契約が可能です。そのため、手軽に申し込めます。

 

口座開設をする必要がないため、融資スピードが速く最短で翌日融資が可能です。一般的な銀行カードローンは契約条件で「普通預金口座を持っている方」と決められていることが多いので、時間がかかります。

 

しかし楽天ではそのような手間を省くことができます。

さらに学生でも借入限度額50万円ほどなら利用することが可能です。ただし学生は満20歳以上で定期収入がないと申し込みはできません。

実質年利1.9%~14.5%

借り換えが可能なおすすめのカードローン比較一覧早見表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5292899の画像

  • 2
    アイテムID:5292898の画像

  • 3
    アイテムID:5292897の画像

  • 4
    アイテムID:5292901の画像

  • 商品名
  • 楽天銀行スーパーローン
  • みずほ銀行カードローン
  • 東京スター銀行カードローン
  • auじぶん銀行ローン
  • 特徴
  • ネット銀行である「楽天銀行」のカードローン!
  • みずほ銀行が提供するカードローン
  • 東京スター銀行が提供するカードローン
  • auじぶん銀行の提供するカードローン
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 実質年利
  • 1.9%~14.5%
  • 2.0%~14.0%
  • 1.8%~14.6%
  • 2.2%~17.5%

借り換えを行うメリット

次に借り換えを行うメリットをご紹介します。

 

借り換えを行うと得られるメリットが数多くあります。

今現状の毎月々の返済が辛いという方は今回の記事を読んで、借り換えをよく検討しましょう。

金利を下げられる

借り換えを行うことで、今よりも金利を下げることができ、利息の合計支払額を今よりも安くすることができます。

 

融資を実施している金融機関によって金利設定は異なります。

現在、利用しているカードローンより金利が低いカードローンへ借り換えを行うことで、返済の負担を減らすことが可能です。

借入残高を減らせるわけではありませんが、返済総額を減らすことができます。

例えば100万円の借入を年利20%から15%に乗り換えた時の利息の差は以下のようにまとめられます。

元本100万円 年利20% 年利15%
3年で完済した時の利息

337,868円

247,940円
3年で完済した時の支払い総額 1,337,868円 1,247,940円

借り換えによって金利が5%下がれば支払わなければいけない金利利息は返済の3年間までで89,928円も少なくなります。

 

さらに支払総額は返済金額がどのくらい減少するかは借入をする状況によりますが、借り換えによって金利が下がれば返済の負担を減らすことができるでしょう。

 

毎月の返済額を減らせる

借り換えによって約定返済額を減らすことができます。

 

約定返済額とは毎月、支払わなければいけない返済額のことです。

 

金利と同じように、消費者金融や銀行など各金融機関によって返済方式や約定返済額が異なります。

なので現在の返済負担が厳しいという方は約定返済額の最低ラインが低いカードローン会社を選びましょう。

 

例えば300万円を年利18%のカードローンから年利15%のカードローンに借り換えをすると以下のように表すことができます。

  年利18% 年利8%
月々の返済額 108,457円 94,009円
3年で完済した時の支払総額 3,904,452円 3,384,324円

借り換えによって月々の返済額は14,448円少なくなります。

 

借り換えを行なった結果、完済した時の支払総額はなんと520,128円も少なくなります。

このケースに近い状況の方は現在利用しているカードローンから借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

複数の借入を1つにすることで返済の手間が省ける

複数の借入をしている場合は、おまとめローンを利用すると借入を1つにまとめることができます。

カードローンの返済日は会社によって違うため、複数の借入を借り換えすることで返済にかける時間も労力も減らすことができます。

 

借り換えを行えば、月々の返済額を減らせたりするだけではなく、支払いを一本化することによって時間と労力の最適化を行うことができるということです。

カードローンの毎月の返済金額の例

おまとめ前

借入残高 毎月の返済金額

  • 100万円(A社)20,000円
  • 50万円(B社)10,000円
  • 50万円(C社)12,000円

おまとめ後

借入残高 毎月の返済金額

  • 200万円 29,275円(年利12.5%)

上記の数字はあくまで例なので実際の返済金額はカードローン会社によって異なります。

例えば東京スター銀行のおまとめローンで考えてみましょう。

表の場合借入残高が100万円のカードローンA会社、50万円のカードローンB会社とC会社の3社で借入をしていた場合、毎月42,000円を返済する必要があります。

ですが借り換えで1社から200万円を借りると年利12.5%となり、返済金額は月々29,000円ほどになります。

 

借り換えを行なって返済を1本化するだけで月々の返済額を1万円以上節約しているということです。

 

このように借り換えを行えば、手間もお金も節約することが可能です。

なので現在複数社から借入を行なっている方方は借り換えを行い、支払いの1本化をすることをおすすめします。

借り換えを行うデメリット

借り換えを行うメリットがわかりましたね。

 

では次に借り換えを行うデメリットを3つ解説していきます。

 

借り換えを行うデメリットをきちんと把握すれば、借り換えを行うことで損する可能性が少なくなります。

借り換えは新規申し込み時より審査が厳しい傾向がある

借り換えを行う時には乗り換え先から新たに審査が必要です。

審査に通らなければ、借り換えを行うことはできません。

審査基準はカードローン各社によって差がありますが、審査内容は返済能力、総量規制、信用情報などを見られることが多いです。

 

つまり無職の方やカードローンの返済を長期延滞している方は審査に通過するのが難しいと言えます。

借り換えで返済総額が増えてしまうこともある

借り換えによって返済合計額が増えてしまうことがあります。

 

借り換えによって金利が下がれば、毎月の支払額を減らすことが可能です。

ただしそこで月々の支払額を減らすと元金が減りにくく、返済期間が伸びてしまいます。

 

返済期間が伸びてしまうと金利が低くても結果的に返済完了までに支払う金利の総額が増えることがあります。

なのでお金に余裕がある場合は、出来るだけ多く支払い、早めに完済を目指すようにしましょう。

利用していたカードローンより利用しづらくなる場合がある

借り換えによって元々利用していたカードローンより利用しづらくなる場合があります。

借り換え先を金利の低さで選んだ場合、手数料や返済手段などを見落としてしまうことがあります。

 

金利が低いカードローン会社へ借り換えをしても手数料が高ければ、結果的に支払う額はあまり変わらない場合もあります。

また返済手段が限定されているカードローン会社もあります。なので実際に利用することを考えて、慎重に借り換え先を選びましょう。

借り換えをすべき人と避けた方が良い人とは?

前回の章までで借り換えのメリットとデメリットを解説してきました。

 

借り入れを現在行っている方の中には借り換えをおすすめできる人とおすすめすることが出来ない方がいます。

 

これからお伝えする借り換えを行う人と行わない方がおすすめの人のポイントはあなたが借り換えをすべきか判断するために、必ず役に立つでしょう。

 

借り換えをすべき人

借り換えをすべき人は以下の通りです。

  • 利用しているカードローンの金利が高い人
  • 毎月の返済金額が高く、支払いの負担を減らしたいと考えている
  • 利用しているカードローンの利便性がよくないと感じている

基本的に銀行系よりも消費者金融のカードローンの方が金利が高い傾向があります。

そのため消費者金融から銀行カードローンへ借り換えを行うことで、良い条件になる人が一般的に多いです。

金利が低くなれば、返済の負担を軽くすることができます。

 

また毎月の返済金額が高く自分に合わない無理な高額返済を行なっていると生活が厳しくなっていきます。

そのため、月々の返済の負担が重いと感じている方は借り換えを検討することをおすすめします。

 

さらに現在利用しているカードローン会社を不便に感じている方も借り換えを検討してみましょう。

自分にとって利用しやすい返済方法や月々の返済金額のカードローン会社を選ぶために、借り換えを行うと返済をスムーズに進めることができます。

なので上記の3つに該当する方は借り換えをしましょう。

 

続いて借り換えをおすすめしない人について説明していきます。

借り換えをおすすめしない人

借り換えをおすすめしない人は以下の通りです。

  • 過去5年以内に延滞や自己破産をしている
  • カードローン会社のキャンペーン目当てに乗り換えを考えている

過去5年以内に延滞や自己破産をしている方は信用情報に記録が残されています。

信用情報は借り換えを行う時の審査項目で重要視されるポイントです。

なので借り換えの審査に通過できる可能性は低いです。

 

せっかく借り換えの手続きを行なっても審査に通らなければ借り換えを行えないので、時間の無駄になってしまいます。

また借り換えの審査に落ちてしまった場合、その情報も半年ほど信用情報に登録されます。

審査を受け続けるといつまでも審査に通らないといったことにもなりかねません。

 

そのため近年に延滞や自己破産をしている方は借り換えを避けましょう。

またカードローン会社のキャンペーン目当ての借り換えはおすすめしません。

 

カードローン会社のなかには金利の優遇やキャッシュバッグなどのキャンペーンが豪華なところもあります。

しかしキャンペーンだけで選ぶのではなくカードローンの利用条件が悪くなる場合もあり、借り換えをするメリットがなくなってしまいます。

 

なので借り換えをするには長期的に考えて、メリットのある金融機関を選びましょう。

借り換えを行う際の注意点

借り換えにはメリットもありますが、借り換えを行う上で注意すべきことが3つあります。

今回ご紹介する3つの注意点を知らずに借り換えを行ってしまうと、知らないうちに損をしてしまう可能性もあります。

今現在借り換えを検討している方は必ず目を通しましょう。

 

借り換えには再度審査が必要

デメリットでもお伝えしましたが、借り換えを行うには再度審査が必要です。

 

すでにお金を借りている状態なので、初めてお金を借りる時より審査が厳しくなります。

審査では信用情報や返済能力があるかということを重要視されます。

例えば過去5年以内に延滞などをしている方は信用情報の面で、借り換えの審査に通るのは難しい傾向があります。

すでに複数の借入をしている場合は、借り換え向きのカードローンに申し込んだ方が審査に通過しやすいでしょう。

借り換えには審査に通過できるかどうかということを、考慮することも大切です。

借り換えを行っても必ず金利が低くなるとは限らない

借り換えを行っても必ず金利が低くなるとは限りません。

 

カードローンの金利には各社それぞれ幅があり、審査によって決められます。

 

銀行カードローンの金利は消費者金融や信販会社より低い傾向にありますが、実際にかかる金利は契約をする時まではわかりません。

 

なので現在利用しているカードローンと同じくらいの上限金利の金融機関に契約して、金利が変わらなかったという可能性も考えられます。

そのため借り換えを行うときは上限金利が現在のカードローンよりも低いところを選ぶと良いです。

一般的にカードローンの利用利用限度額が上がるにつれて金利は下がるように設定されています。

つまり、すでに現状複数の借入を行なっている方は借り換えによって金利が低くなる可能性は高いです。

毎月の返済支払額を下げると返済が長引きやすくなる

借り換えを行って支払額を下げると返済が長引いてしまうこともあります。

 

カードローンを乗り換えて金利が下がった分、月々の返済額を減らしてしまうと返済期間が長くなってしまう可能性が高いです。

返済までの期間が伸びれば返済する金額も増えるので、最終的な返済総額が借り換え前より大きくなることもあるでしょう。

なので借り換えを行なってお金に余裕があるときは、多く支払うなどして早く完済することが大切です。

借り換えおすすめまとめ

今回は借り換えに関する基本的な情報から借り換えにおすすめのカードローン、借り換え先を選ぶポイントまで解説しました。

借り換えをすると金利を下げられ、返済の負担を減らすことができます。

 

ただし適当に借り換えを行なってしまうと、失敗してしまうケースもあります。

 

今回の記事でお伝えしたポイントを押さえて借り換えを行なって、返済の負担を軽くしましょう!

最後に記事全体ののおさらいをします。

 

借り換えおすすめまとめ

  • カードローンの借り換えとは契約しているローンとは別のカードローンに乗り換えること
  • 借り換えをすることで毎月の返済額を減らせる
  • カードローンとおまとめローンは返済先の数が違う
  • 借り換えが可能なおすすめカードローンは銀行カードローン
  • 低金利の借り換えにおすすめのカードローンは楽天銀行スーパーローン
  • 借り換え先選びでおすすめなのは上限金利の低いカードローン!
  • 楽天銀行カードローンなら借り換えが最短で翌日振込が可能だからおすすめ!

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ