記事ID141346のサムネイル画像

WiMAXへ乗り換え!おすすめプロバイダ8社比較【2020年5月最新版】

WiMAXに乗り換えをする際におすすめのプロバイダを8社を徹底比較します。プロバイダによって料金プランや最低契約年数、キャンペーンやキャッシュバックなど様々です。光回線から乗り換える際のポイントやWiMAXのメリット・デメリットも徹底解説します。

WiMAXとは? 基本事項をおさらい

WiMAXのおすすめプロバイダ8社を比較する前に、WiMAXとは何かを簡単におさらいしましょう。

 

WiMAXとは、UQコミュニケーションズ社が「UQ WiMAX」という名前でリリースしているモバイルWi-Fiルーターサービスのことを言います。

 

簡単に説明すると持ち運べるルーターでどこでもインターネット接続ができる「モバイルWi-Fi」のひとつです。

 

モバイルWi-FiにはWiMAXのほかに、ワイモバイルや無制限Wi-Fiなどがあります。

WiMAXって色々あるの?

WiMAXを調べるとたくさんの会社が検索にひっかります。

 

例えばGMOとくとくBB、JP WiMAXなど。

 

ここで誤解してしまうのは、WiMAXは色々な会社があるの?ということ。

 

WiMAX自体は1つしかありませんが、WiMAXのプロバイダは数多く存在します。

 

プロバイダとは通信回線をインターネットにつなげる役割の接続事業者のことです。

 

ですから、WiMAXは1つでプロバイダは複数という状況が生まれます。

WiMAXの乗り換えプロバイダを選ぶための3つのポイント

WiMAXのプロバイダが複数社あることが分かりました。

 

選ぶプロバイダによって月額料金やキャンペーンの有無、通信速度、使えるルーターなどが異なります。

 

ですから、WiMAXに乗り換えるためにプロバイダ選びはとても重要になります。

 

WiMAXのプロバイダ選ぶの3つのポイントをチェックしましょう。

ポイント1:月額料金が安いか

WiMAXに乗り換える際に最も気にすべき項目は月額料金です。

 

むしろこの月額料金さえチェックしていれば、WiMAXの乗り換えは失敗しません。

 

ただし、月額料金を単純に比較するのではなく数年使った総額金額も計算しましょう。

 

というのも、最初の数ヶ月が安くてもトータルでみると高くなる場合があるからです。

ポイント2:最低契約年数を必ずチェック

WiMAXを乗り換える時に注意すべきは最低契約年数の存在。

 

通称「縛り」と言われるものです。

 

〇年契約しなければ違約金が発生する場合がほとんでです。

 

例えば2年契約を途中で解約した場合に、その年数に準じた違約金が発生します。

 

ですから、最低契約年数と違約金はセットで確認する必要があります。

ポイント3:キャンペーンの有無をチェック

WiMAXに乗り換えるプロバイダのキャンペーンを把握することも大切です。

 

WiMAXのプロバイダは様々なキャンペーンを毎月行っています。

 

  • キャッシュバックキャンペーン
  • 月額料金を割引くキャンペーン

 

最も多いのがキャッシュバックキャンペーンです。

 

これは、契約年数を条件に数万円のキャッシュバックがもらえます。

 

月額キャンペーンでは毎月の料金を数ヶ月〜永年割引くなど様々。

 

キャッシュバックには一長一短があるので、キャッシュバックの額だけでプロバイダを選ぶのは多少危険です。

速度は気にしなくていいの?

WiMAXに乗り換える際に気になる点として、通信速度がどのくらい出るかということ。

 

ここに関してはWiMAX回線を利用しているのでプロバイダによって速度が変わるということはないため、気にする必要はありません。

 

速度はプロバイダのルーターに依存するので、出来るだけ高性能なものをチョイスしましょう。

 

また光回線から乗り換える場合、モバイルWi-FiであるWiMAXは確実に劣るので注意しましょう。

WiMAXに乗り換え!おすすめプロバイダ8社

WiMAXに乗り換えにおすすめのプロバイダ8社を解説します。

 

今回は月額料金だけでなく、3年間利用した合計も比較します。

おすすめ1:JP WiMAX

第1位

キャッシュバックも充実

JP WiMAX

JP WiMAXで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャッシュバックはAmazonギフト券10,000円

JP WiMAXは月額料金が1〜3ヶ月目までが2,800円〜とかなりお得です。

 

また4〜24ヶ月目までは3,500円、それ以降は4,100円。

 

特徴はキャッシュバックがAmazonギフト券で10,000円分がもらえるところです。

 

LTEエリアも3年間0円で、ルーターも2年以上利用すれば返却不要です。

 

契約年数は3年となり、1年未満の解約は30,000円と高額なので注意が必要です。

 

3年間の合計金額は121,100円

月額料金2,800〜4,100円契約期間3年
違約金9,500〜30,000円キャンペーン10,000円(Amazonギフト券)
取扱いルーターW06 / W05合計金額(3年間)121,100円

おすすめ2:GMOとくとくBB

第2位

GMOとくとくBBはキャッシュバックが強い

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大26,000円のキャッシュバック!

GMOとくとくBBの特徴はキャッシュバック最大26,000円と高額な点。

 

月額料金は1〜2ヶ月目までが3,609円、3ヶ月目以降は4,263円です。

 

LTE利用料、入会費、端末代金も全て無料です。

 

契約年数は3年となり、1~24ヶ月目までの解約の場合は24,800円、それ以降は9,500円です。

 

3年間の合計金額は121,897円

月額料金3,609〜4,263円契約期間3年
違約金9,500〜24,800円キャンペーン最大26,000円キャッシュバック
取扱いルーターWX06 / W06合計金額(3年間)121,897円

おすすめ3:BroadWiMAX

第3位

業界最安値級!速度も大満足

BroadWiMAX

BroadWiMAXで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BroadWiMAXは月額料金も最安値級

Broad WiMAXは月額料金が2,726円〜と業界最安値級です。

 

プランはギガ放題プランで、無制限(3日10GB制限あり)。

 

1〜2ヶ月まで2,726円、3〜24ヶ月まで3,411年、25ヶ月〜4,011円と変化するタイプです。

 

通常だと月1,004円かかるLTEエリア利用料も無料です。

 

契約年数は3年となり、キャッシュバックはありませんが月額料金を安くするタイプのプロバイダです。

 

3年間の合計金額は128,626円

月額料金2,726〜4,011円契約期間3年
違約金9,500〜19,000円キャンペーンLTEエリア無料
取扱いルーターWX06 /W06合計金額(3年間)128,626円

おすすめ4:DTI

第4位

最大2ヶ月無料

DTI

DTIで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DTIなら最大2ヶ月0円!

DTIの特徴は基本料金が2ヶ月目まで無料である点。

 

以降は3ヶ月目が2,590円、4ヶ月目以降は3,760円です。

 

LTE利用料、入会費、端末代金も全て無料です。

 

条件付きの特典としてNTTグループカードでDTI料金を支払うと毎月500円のキャッシュバックが1年間となり最大6,000円のキャッシュバックです。

 

契約年数は3年となり、12ヶ月間は19,000円、13~24ヶ月目は14,000円、25~36ヶ月目は9,500円、38ヶ月以降は9,500円が発生します。

 

3年間の合計金額は126,670円

月額料金0円〜3,760円契約期間3年
違約金9,500〜19,000円キャンペーン最大6,000円キャッシュバック(NTTグループカードで支払い)
取扱いルーターWX06 / W06合計金額(3年間)126,670円

おすすめ5:カシモWiMAX

第5位

カシモWiMAXは業界最安級の月額料金

カシモWiMAX

カシモWiMAXで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カシモWiMAXなら月額1,380円〜

カシモWiMAXの特徴は月額料金が初月1,380円〜と業界最安級な点。

 

以降は2〜24ヶ月目が3,580円、25ヶ月目以降は4,070円です。

 

この月額料金はキャンペーン割引を適用しているもの。

 

また最短当日配送、端末代金や送料は無料です。

 

契約年数は3年となり、0ヶ月目~12ヶ月目までの解約の場合:19,000円、13ヶ月目~24ヶ月目までの解約の場合は4,000円 、契約更新月を除く25ヶ月目以降の解約の場合は9,500円です。

 

3年間の合計金額は132,560円

月額料金1,380〜4,070円契約期間3年
違約金4,000〜19,000円キャンペーン月額料金を割引
取扱いルーターWX06 / W06合計金額(3年間)132,560円

おすすめ6:So-net

第6位

So-netは2〜4年でプランを選べる

So-net

So-netで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

So-netは2年、3年プランを選べる

So-netの特徴は月額料金が1年間3,380円と安いところ。

 

以降は13以降は4,379円とずっと料金が変わらないのもシンプルで良い点です。

 

月額料金はキャンペーン割引を適用しています。

 

カスペルスキーセキュリティや安心サポート、くらしのお守りワイドなどのオプションも12ヶ月無料で利用できます。

 

契約年数は2年と3年と4年となり、1年目までの解約の場合は19,000円、2年目までの解約の場合は14,000円 、3年目以降の解約の場合は9,500円です。

 

3年契約が多い中で、2年契約を選べるのは貴重ですね。

 

3年間の合計金額は145,656円

月額料金3,380〜4,379円契約期間2年 / 3年 / 4年
違約金9,500〜19,000円キャンペーン月額料金を割引
取扱いルーターWX06 / W06合計金額(3年間)145,656円

おすすめ7:UQWiMAX

第7位

UQWiMAXでプロバイダも揃える!

UQWiMAX

UQWiMAXで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

契約期間2年

UQWiMAXの特徴はプロバイダと回線業者が同一という点。

 

また契約期間は2年と短く、月額料金もずっと3,880円ととてもシンプルです。

 

ハイスピードプラスエリアオプションは有料で月に1,005円かかります。

 

違約金は1,000円と良心的です。

 

キャンペーンは特にありませんが、スマホとセットで毎月500割引などの特典があります。

 

3年間の合計金額は139,680円

月額料金3,880円契約期間2年
違約金1,000円キャンペーン特になし
取扱いルーターWX06 / W06 / WX05 / W05合計金額(3年間)139,680円

おすすめ8:BIGLOBE

第8位

BIGLOBEなら15,000円キャッシュバック

BIGLOBE

BIGLOBEで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BIGLOBEはギガ放題(1年)と短い!

BIGLOBEの特徴は1年という短い契約が可能です。

 

ですから、3年契約で違約金を払わないといけなくなるリスクが下がります。

 

初月は無料で以降は3,980円というシンプルプラン。

 

ハイスピードプラスエリアオプションは有料で月に1,005円かかります。

 

また契約年数は1年で契約解除料は1,000円と格安です。

 

注意点は端末料金が19,200円かかってしまう点。

 

キャッシュバックが15,000円ありますので、実質は4,200円です。

 

3年契約が多い中で、1年契約なのはメリットですね。

 

3年間の合計金額は143,500円

月額料金0円〜3,980円契約期間1年
違約金1,000円キャンペーン15,000円キャッシュバック
取扱いルーターWX06 / W06合計金額(3年間)143,500円

WiMAXに乗り換える際の4つの注意点

WiMAXに乗り換える際に注意する点がいくつかあります。

 

光回線からの乗り換えを考えている方や、WiMAXに1本化しようとしている方は以下を必ずチェックしてください。

注意点1:光回線からの乗り換えは速度をチェック

WiMAXに乗り換える方は以下のような方でしょう。

 

  • 光回線をモバイルWi-Fiに変更
  • ヤフーモバイルなどの他社から変更

 

WiMAXへの乗り換えで注意すべきが通信速度です。

 

ヤフーモバイルに劣ることはありませんが、光回線よりは確実に速度が落ちます。

 

光回線では下り最大1Gpsですが、WiMAXは下り最大440Mbpsが主流です。

 

PS4などで通信対戦をするのは少し物足りないでしょう。

ルーターはW06がおすすめ

WiMAXに乗り換える場合の速度はルーターに依存します。

 

ですから速度の出るルーターを選択する必要があります。

 

おすすめはW06で、ほとんどのプロバイダで選択できます。

 

  • 下り最大速度1.237Gbpsの高速通信が可能
  • Wi-Fi TXビームフォーミング対応で安定性と通信速度が20%向上!
  • 通信モード自動切替機能

 

下り最大速度が1.237Gbpsがと高速である点です。

 

ただしハイスピードプラスエリアモードご利用時の下り最大速度ですから別途契約が必要です。(無料のプロバイダもあり)

 

また安定性も向上しています。

 

通信モード自動切替機能では予め設定したデータ量になるとハイスピードプラスエリアモードから自動的に月間データ容量制限のないハイスピードモードに切替わる機能を搭載しています。

注意点2:WiMAXの繋がらない場所は?

WiMAXの電波は広範囲ですが、まれに繋がらない場所があります。

 

特に奥まったマンションやカフェなどでは繋がらないことも。(経験があります)

 

自宅がWiMAXに繋がらないことは絶対に避けたいです。

 

そんな時に役に立つのがTry WiMAXというレンタルサービス。

 

15日間無料でWiMAXをレンタルできるので、電波が不安な方は契約前にテストしてみるのも良いでしょう。

注意点3:キャッシュバックのもらい方をチェック

各社が展開しているキャンペーンの中でも魅力的なのがキャッシュバックです。

 

高額キャッシュバックでの注意点は以下。

 

  • いつもらえるか?
  • もらい方は?
  • 現金かギフト券か?

 

キャッシュバックは即日もらえる場合と、数年経ってからのパターンがあります。

 

またもらい方も指定のメールアドレスに案内が来て、期限内に申し込みする必要があるものも。

 

さらに現金ではなくAmazonギフト券の場合など様々です。

 

キャッシュバックのもらい方は契約後に忘れずにメモを取りましょう。

 

覚えてられない!という方はキャッシュバックでの特典よりも月額割引を選ぶのも手です。

注意点4:契約年数と違約金をチェック

WiMAXの最低契約年数はプロバイダによって異なります。

 

3年契約が主流で月額料金や3年間の総額では安くなりますが、違約金も高くなります。

 

確実に3年利用する場合にはお得になりますが、それ以外では損をすることも。

3年契約のプロバイダ

今回紹介したWiMAXのプロバイダで3年契約のものは以下です。

 

  • BroadWiMAX
  • JP WiMAX
  • GMOとくとくBB
  • DTI
  • カシモWiMAX

 

違約金も高額になるため、3年利用を前提の場合にお得になります。

1年〜2年契約のプロバイダ

次にWiMAXのプロバイダで1年〜2年契約以下のものは以下です。

 

  • So-net(2年〜4年)
  • BIGLOBE(1年)
  • UQ WiMAX(2年)

 

契約年数が1年〜4年に設定されているため、短い期間で契約することが可能です。

 

違約金も安く設定されていて、1年で別のプロバイダに乗り換える場合は安くなることも。

 

特に1年で契約解除できるBIGLOBEは特殊な位置づけです。

WiMAXへ乗り換え!おすすめプロバイダ8社比較【2020年5月最新版】まとめ

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5305260の画像

    キャッシュバックも充実

  • 2
    アイテムID:5305275の画像

    GMOとくとくBBはキャッシュバックが強い

  • 3
    アイテムID:5292743の画像

    業界最安値級!速度も大満足

  • 4
    アイテムID:5305280の画像

    最大2ヶ月無料

  • 5
    アイテムID:5305284の画像

    カシモWiMAXは業界最安級の月額料金

  • 6
    アイテムID:5305288の画像

    So-netは2〜4年でプランを選べる

  • 7
    アイテムID:5305308の画像

    UQWiMAXでプロバイダも揃える!

  • 8
    アイテムID:5305324の画像

    BIGLOBEなら15,000円キャッシュバック

  • 商品名
  • JP WiMAX
  • GMOとくとくBB
  • BroadWiMAX
  • DTI
  • カシモWiMAX
  • So-net
  • UQWiMAX
  • BIGLOBE
  • 特徴
  • キャッシュバックはAmazonギフト券10,000円
  • 最大26,000円のキャッシュバック!
  • BroadWiMAXは月額料金も最安値級
  • DTIなら最大2ヶ月0円!
  • カシモWiMAXなら月額1,380円〜
  • So-netは2年、3年プランを選べる
  • 契約期間2年
  • BIGLOBEはギガ放題(1年)と短い!
  • 価格
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 月額料金
  • 2,800〜4,100円
  • 3,609〜4,263円
  • 2,726〜4,011円
  • 0円〜3,760円
  • 1,380〜4,070円
  • 3,380〜4,379円
  • 3,880円
  • 0円〜3,980円
  • 契約期間
  • 3年
  • 3年
  • 3年
  • 3年
  • 3年
  • 2年 / 3年 / 4年
  • 2年
  • 1年
  • 違約金
  • 9,500〜30,000円
  • 9,500〜24,800円
  • 9,500〜19,000円
  • 9,500〜19,000円
  • 4,000〜19,000円
  • 9,500〜19,000円
  • 1,000円
  • 1,000円
  • キャンペーン
  • 10,000円(Amazonギフト券)
  • 最大26,000円キャッシュバック
  • LTEエリア無料
  • 最大6,000円キャッシュバック(NTTグループカードで支払い)
  • 月額料金を割引
  • 月額料金を割引
  • 特になし
  • 15,000円キャッシュバック
  • 取扱いルーター
  • W06 / W05
  • WX06 / W06
  • WX06 /W06
  • WX06 / W06
  • WX06 / W06
  • WX06 / W06
  • WX06 / W06 / WX05 / W05
  • WX06 / W06
  • 合計金額(3年間)
  • 121,100円
  • 121,897円
  • 128,626円
  • 126,670円
  • 132,560円
  • 145,656円
  • 139,680円
  • 143,500円

WiMAXに乗り換えるプロバイダおすすめ8社を紹介してきました。

 

最後に8社を一覧表でまとめます。

3年間での実質安いのはJP WiMAX

3年間で利用した場合に実質負担額が最も安いのはJP WiMAXという結果に。

 

合計金額は121,100円となります。

 

これはAmazonキャッシュバックを引いているので、現金が良い場合はGMOとくとくBBが最安値に。

 

またキャッシュバックを利用したくない場合はDTIが最安に。

 

この辺りは好みといったところでしょう。

1年で乗り換えたい場合はBIGLOBEがおすすめ

BIGLOBEは1年で契約を解除することができます。

 

3年は長いと感じる方はBIGLOBEがおすすめです。

 

解除料も1,000円と安いので、短期でWiMAXを試したい方はアリでしょう。

 

逆に3年間契約をする前提ならば逆に損してしまいます。

自分にあったWiMAXのプロバイダを!

キャッシュバックが良いか、月額割引が良いのか。

 

また契約期間は3年がいいのか、1年が良いのか。

 

ハイスピードプラスエリアは利用するのか、しないのか。

 

自分の環境にあったプロバイダを選ぶことが大切です。

 

またキャンペーンの内容は日々変化するので、こまめに公式サイトをチェックすることをおすすめします。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ