記事ID141254のサムネイル画像

バックパックのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】

通勤、通学、タウンユース、アウトドアなど幅広いシーンで大活躍するバックパック。しかし販売しているブランドも多く、容量も機能性も様々。いざ購入しようと思ってもどれがいいのか迷ってしまいます。そこで今回はバックパックの選び方からおすすめ商品まで詳しくご紹介します。

いろんなシーンで大活躍。バックパックの魅力とは?

バッグにはいろいろな種類がありますが、あまりトレンドに左右されず気軽に持てるのが魅力です。サイズやカラーバリエーションが豊富で、通勤や通学のような日常使いのものからアウトドアやスポーツまで、デザインを選べばビジネスシーンにも。

 

リュックサックと似ているので間違えてしまいそうですが、リュックはドイツ語で、バックパックは英語というだけで実際にはあまり違いはありません。厳密には登山やキャンプで使用する金具がついた縦長のものをバックパックと呼んでいましたが、現在はタウンユース向きもバックパックと呼ぶのが一般的です。

 

バックパックが欲しいと思っても、種類が多すぎてどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで今回はバックパックの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

編集部イチオシのおすすめの商品はこちら!

Coleman

WALKER

価格:4,338円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

A4サイズがすっぽり入る

ウォーカー33は、通勤や通学、アウトドアまで幅広く使えるものが欲しいときにおすすめです。ジッパー部分に付けたフラップは、雨の侵入を防ぎます。正面ポケットには小物を収納しやすいよう細かい仕切りがあり、キーフックに鍵を取り付けておけば失くす心配がありません。

 

チェストストラップやウエストベルトで固定すれば、激しい動きにもずれることなく安定します。背面にはメッシュを採用しているので蒸れにくく快適に使えますよ。

容量33L重量650g
収納力★★★★☆素材ポリエステル

口コミをご紹介

縦長に収納される感じで、沢山入れても型崩れせず、カッチリとしてるので、背中にしっかり密着し背負った時も非常に背負いやすい。
厚い背負い紐と、背中に当たる部分が良く作用してる。また、チェストストラップやウェストストラップを併用すれば、更に安定するので、背負いやすく疲れにくい。

出典:https://www.amazon.co.jp

バックパックの選び方

容量で選ぶ

20L|普段使いや日帰りハイキングなどにおすすめ

20Lのバックパックは、通勤や通学など普段使いにおすすめのサイズです。日帰り旅行にも対応できるのでハイキングに出かけるときは、両手が自由になるなどメリットもありますよ。ただし20Lの容量があっても、メインコンパートメントのみの場合は小物が収納しにくいのでポケットがついているかどうかも確認しておきましょう。

 

たくさん荷物を入れたいときはやや物足りなさを感じるものの、荷物が少ないときには便利です。アクティブに行動したいときにも使い勝手のいいサイズです。

30L|荷物の多い学生さんにおすすめ

30Lのバックパックは、1週間くらいの旅行にも使えるサイズです。普段から荷物が多くなりがちの人や、教科書の他にモバイルノートやカメラを持ち歩きたいという学生さんにもおすすめ。レディース向けのきれいめデザインなら、泊まりがけの旅行やキャンプにも持っていけます。

 

メインコンパートメントの仕切りやポケットが充実しているタイプなら、赤ちゃんや小さいお子さまがいるママが使うマザーズリュックとしても使えますよ。30L前半はスポーツやタウンユースに、30L後半はアウトドアや旅行というように、使う目的と荷物の量で見極めるといいでしょう。

40L以上|登山や旅行におすすめ

40L以上のバックパックはタウンユースにはやや大きいと感じるサイズですが、荷物が多くなる登山や海外旅行にも持っていけます。バックパックで旅行をする場合の目安としては、40L台で3ヶ月前後、50L台で1年前後、60L~80Lの大容量サイズは世界一周旅行にも持っていける大きさです。

 

登山やキャンプで荷物が多いときは、80Lサイズなら大抵のものは持っていけます。ただしサイズが大きくなるほどバックパック自体の重さも増えますし、荷物を入れたときの重量も20kg前後になるので自分が持てる範囲の量に抑えるのもポイントです。

使うシーンで選ぶ

通学は背負いやすさや容量を重視して!

通学でバックパックを使う場合は休日以外は毎日のように背負って学校に通うので、背負いやすいことを重視するのがおすすめです。容量の目安は少量の荷物なら20Lでも十分ですが、部活の道具やお弁当を持っていく場合は30Lくらいがおすすめです。

 

子どもが使う場合は容量だけでなく、体とバックパックのサイズが合っているかも見極めましょう。通学に使うバックパックについてもっと知りたいという人は、こちらの記事で詳しく紹介していますのでチェックしてみてくださいね。

ビジネスマンは機能性抜群のビジネスリュックを!

ビジネスシーンにバックパックを取り入れたい場合は、ビジネスマン向けのスリムなタイプを選ぶといいでしょう。バックパックというとカジュアルなデザインという印象ですが、ビジネスマン向けのものはスーツにも合うようにデザインされているので違和感がありません。

 

モバイルノートやタブレットを持ち歩く場合は、外部からの衝撃に耐えられるようクッション素材を使用しているものが安心です。仕事で使う道具や名刺、ボールペンなど雑貨を収納できるポケットが付いているものを選ぶといいでしょう。自転車通勤や徒歩で長距離を歩くような場合は、背負ったり肩にかけたりできる3WAYタイプがおすすめです。

 

ビジネスシーンに合うバックパックについては、こちらの記事で詳しく紹介していますので興味がある人は参考にしてください。

アウトドアや登山は専用のリュックを!

登山に使うバックパックには、背負いやすさと安定性が求められます。急な坂道や険しい崖のような場所ではしゃがんだり体を縮めたりと動きも変わりますよね。タウンユースのように背負うだけのタイプはバックパックがずれるので動きを妨げます。

 

登山には胸や腰の部分にベルトがついているタイプを選びましょう。体にしっかりと巻き付けられるので、無理な大勢でもバックパックがずれにくく動きを妨げません。胸や腰にベルトがあると、肩にかかる負担を分散するという効果もあります。

 

登山向けのバックパックについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。選び方やおすすめ商品を知りたい人はチェックしてください。

お子さまの荷物を入れるならマザーズリュックを!

バックパックは両手が空くので、小さいお子さまがいるママさんに人気があります。マザーズリュックには荷物の出し入れがしやすいこと、中身が見えるよう開口部が大きく開くものをおすすめします。

 

フロントやサイドにポケットにはすぐに取り出したいものを入れておけるので、ポケットの位置も要チェックです。荷物が多くなりがちなので、軽量タイプを選ぶといいでしょう。マザーズリュックについての選び方やおすすめ商品を知りたい方はこちらの記事をチェックしてくださいね。

機能性で選ぶ

防水性・撥水性

バックパックを使うシーンによっては、急な雨に降られたり水に濡れたりという可能性もあるでしょう。通勤や通学など普段使いで雨が降った場合でも、背負っている以上傘からはみ出て濡れてしまうこともあるかもしれません。撥水加工を施したものを選べば雨を弾くので安心です。

 

アウトドアやスポーツシーンで使う場合は、防水性のある素材を使用したものがおすすめです。水をかぶるような可能性があるなら、ファスナー部分からも水が入り込むので防水ファスナーを使用したものを選びましょう。

収納力

収納力を重視して選ぶ場合は、サイズが大きいものに目が行ってしまいがちです。確かに大きいサイズほど収納力は高くなりますが、バックパック自体の重量が重くなったり、サイズが大きすぎて電車やバスに乗るには邪魔になったりする可能性があります。

 

コンパクトサイズのバックパックでも見た目以上に入るものはありますので、持ち歩く荷物がどのくらいかを考えて、サイズを見極めるのがおすすめです。小物を収納できるポケットや、アイテムを分けて収納できる仕切りがあると同じ容量でも収納しやすさが違いますよ。

USB充電ポート搭載

バックパックにUSB充電ポートが付いていると、バックパックを背負ったままスマホの充電ができます。移動中にスマホを使うビジネスマンや、通学中にスマホで音楽を聴いたりゲームをしたりしたい学生さんも、USB充電ポートにケーブルを繋げば充電できるのでバックパックを下ろす手間がかかりません。

メンズ・レディースで選ぶ

メンズ|耐久性や容量を重視

バックパックを通勤や通学という日常使いだけでなく、タウンユースやアウトドアやスポーツといった趣味まで幅広いシーンで活用したいメンズには、タフなバックパックがおすすめです。丈夫な生地を使用していることも大切ですが、荷物が多いなら軽量素材の物を選ぶといいでしょう。

 

耐久性にこだわるなら耐摩耗性や衝撃性の高いものがおすすめです。長時間バックパックを背負うような場合は体への負担を軽減できる、ショルダーベルトや背面にクッション性の高い素材を採用したものを選びましょう。大容量になるほど重量が増えるので使いやすいサイズを見極めてくださいね。

レディース|デザインやカラーを重視

レディースのバックパックは、ファッションやシーンに合わせてデザインやカラーを決めるのがおすすめです。女性らしいかわいいカラーや、きれいめなデザインも人気です。甘すぎるのが嫌なら、黒ベースでステッチやロゴにピンクやオレンジなどかわいいカラーを使ったものを選ぶといいでしょう。

開口部のデザインで選ぶ

ロールトップ

ロールトップバッグは一般的なバックパックとは違いジッパーではなく、筒状で上部をクルクルと巻いてスナップやバックルで留めるという仕組みです。元々はアウトドアやスポーツシーンで使うことを想定して作られています。

 

荷物の量が少ないときは巻きを多くしてコンパクトに、荷物が多いときはいっぱいまで収納できるのがポイント。タウンユースにも使えるおしゃれなデザインやカラーもあります。荷物の量によって大きさを変えたいときにおすすめです。

ジッパー

タウンユースからアウトドアに使える本格的なタイプまで、ほとんどのバックパックにはジッパーが採用されています。開口部がジッパーだと勝手に開くことがないので、荷物が飛び出ないというメリットがあります。ダブルジッパーやサイドに付いたジッパーから、メインコンパートメントにアクセスできるものまで種類は豊富です。

 

ジッパータイプのバックパックを海外旅行で使う場合は、防犯面での不安があるので鍵を買って取り付けることをおすすめします。

荷物を入れることを想定して重量もチェック

荷物が多くなるアウトドアや旅行には、大きいバックパックを選びたいと思いますよね。収納力が高いほど荷物が多くなり、その分重量も増え重すぎて持てないということも。バックパックを選ぶときは、荷物を入れた状態でどのくらいの重さになるかも考えて選ぶようにしましょう。

人気ブランドのバックパックもチェック

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

アウトドアブランドとして世界中で愛される人気ブランドのバックパックは、ソロキャンプや登山、通学やタウンユースまで使える汎用性の高さが魅力。サイズ展開が豊富なので、日帰りのトレッキングやキャンプに海外旅行まで、幅広いシーンで使えます。アウトドアブランドならではの、耐水性や耐摩耗性に優れたタフなバックパックが欲しい人におすすめです。

アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)

アメリカで生まれたカジュアルブランドは、デイリーユースに最適なバックパックが人気です。コンパクトサイズで使い勝手がいいのでタウンユースにもおすすめ。定番からかわいいデザインまで選択肢が豊富に揃っています。リーズナブルな価格で購入しやすいのも魅力です。

ケルティ(KELTY)

世界で初めてバックパックを作ったアメリカのアウトドアブランドです。ファミリーからトップクライマーまで幅広い層に愛されています。

 

コンパクトで子供や女性に持ちやすいタイプや、写真が趣味の人がカメラを持って出かけたいときに便利な大容量サイズまでラインナップが充実していますよ。スタイリッシュなデザインはいろいろなシーンに持っていけます。海外ブランドから選びたい人にもおすすめです。

20Lのおすすめバックパックランキング4選

第4位

OUTDOOR PRODUCTS

クラシック

価格:4,867円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デイリーユースに便利

丈夫なナイロン生地にスエード合皮を組み合わせた定番のデザインは、飽きずに使えるのでデイリーユースに最適です。カラーバリエーションが豊富なので、年齢や性別を問わずに使えるのもポイントです。

容量22L重量380g
収納力★★★★★素材ナイロン

口コミをご紹介

基本的には、少し出かける時などに使用しています。ケータイ、財布、手帳、カメラ、ユニクロのウルトラライトダウン、折り畳み傘、水筒を入れてもまだ余裕があります。
また、生地もしっかりしていて頑丈、且つ軽量なのでそこも良いポイントだと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

THE NORTH FACE

シングルショット

価格:10,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

身長が低い人にも持ちやすい

ノースフェイスの中ではコンパクトなサイズですが、背が低い女性や子どもにも持ちやすいのでおすすめです。背面にはクッションパッドがあり、エアメッシュで蒸れにくいので快適に使えます。フロントの縦型ダブルポケットや、サイドのメッシュポケットなど使い勝手の良さも魅力です。

容量23L重量880g
収納力★★★★★素材ナイロン

口コミをご紹介

身長が150cmくらいでも大き過ぎずちょうどいいです!
身長が160cm位の友達が背負っても違和感ないです!
春から看護学生で、教科書が多いので丈夫なものを選びました。とても良い買い物が出来ました!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

SALOMON

Trail 20

価格:6,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベルトで固定するのでズレにくい

背面とショルダーストラップを一体化しているので、フィト感のよさがポイントです。胸の部分にベルトがあり、肩への負担を軽減しずれにくいのでランニングやトレキングにも使いやすいでしょう。スタイリッシュにバックパックを落ちたい人におすすめです。

容量20L重量380g
収納力★★★★★素材ナイロン

口コミをご紹介

自宅から10キロ先の温泉までジョギングで行く為に購入しましたが、着替え、タオル、スニーカーまで入ります。さらに走っていても、ズレる事なくストレスありません。胴体のベルト部分に小さいポケットが有り、iPhone Xが入ったので、何かの時は背負ったまま取り出せる所が凄く良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Mil-Tec

US Assault Pack

価格:6,365円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミリタリー感がおしゃれ

ミリタリー・アウトドア用品を扱っているドイツのブランドがリリースするバックパックです。コンパクトサイズながら、4つのコンパートメントにたっぷり収納できます。荷物が多いときもスタイリッシュに持ちたい人におすすめですよ。

容量20L重量1.1kg
収納力★★★★★素材ポリエステル

口コミをご紹介

ポケットがいっぱいあるので収容はしやすい。
キャンプ初心者には、いいかも。別々のポケットに収分けできるので。

出典:https://www.amazon.co.jp

20Lのバックパック比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5287604の画像

    Mil-Tec

  • 2
    アイテムID:5287593の画像

    SALOMON

  • 3
    アイテムID:5287587の画像

    THE NORTH FACE

  • 4
    アイテムID:5287617の画像

    OUTDOOR PRODUCTS

  • 商品名
  • US Assault Pack
  • Trail 20
  • シングルショット
  • クラシック
  • 特徴
  • ミリタリー感がおしゃれ
  • ベルトで固定するのでズレにくい
  • 身長が低い人にも持ちやすい
  • デイリーユースに便利
  • 価格
  • 6365円(税込)
  • 6160円(税込)
  • 10890円(税込)
  • 4867円(税込)
  • 容量
  • 20L
  • 20L
  • 23L
  • 22L
  • 重量
  • 1.1kg
  • 380g
  • 880g
  • 380g
  • 収納力
  • ★★★★★
  • ★★★★★
  • ★★★★★
  • ★★★★★
  • 素材
  • ポリエステル
  • ナイロン
  • ナイロン
  • ナイロン

30Lのおすすめバックパックランキング4選

第4位

MAMMUT(マムート)

エクセロン LMNT

価格:9,270円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タウンユースからアウトドアまで幅広く使える

フロントコンパートメントには中身を整理しやすいジッパー付きの収納スペースがあり、A4サイズのモバイルノートやレポートも入ります。サイドの縦型ジッパーポケットは、すぐに取り出せて便利です。

容量30L重量640g
収納力★★★★★素材ナイロン・ポリエステル

口コミをご紹介

ラップトップPCが入るスペースがある、ドリンクホルダーがある、軽い、という条件をみたしていたので購入。
外のメッシュにペットボトルがさせるので、中がべちゃっとならないのがよいです。
PC+着替え1泊分+アメニティいれても、余裕があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Millet

KULA 30

価格:11,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納力抜群!

登山向けの商品を手掛ける海外の人気ブランドは、収納力が高くタウンユースからアウトドアまで幅広い目的で使えます。耐久性に優れた生地は過酷な環境にも耐えられるタフさも魅力。背面に採用した立体的なクッションフォームは、背中にフィットして荷重を分散するので長時間の使用にもおすすめです。

容量30L重量860g
収納力★★★★★素材ナイロン・ポリエステル

口コミをご紹介

重い教材をいれても、ショルダーの丈夫さ、背負い心地は抜群です。
背負った最後に肩上部のストラップを引くと、ぐっと背中にリュックが引き寄せられ、重心が最高に安定します。
ほんの3~5cmで劇的に変化します。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

DESCENTE

スクエアバッグM

価格:5,918円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなスクエア型

どんなシーンにも使えるスタイリッシュなバックパックが欲しいという人におすすめです。裏地に採用したフラッシュカラーがアクセントで遊び心たっぷりのデザインが魅力的。内面にはモバイルノートを収納できるポケットと、メッシュポケットが付いています。

容量30L重量750g
収納力★★★★★素材ポリエステル

口コミをご紹介

30リットルなので2~3泊の旅行にも使えました。
トップの蓋にも表側に小物入れがついていて、それも便利です。
素材が柔らかいのも〇。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

THE NORTH FACE

ノベルティBCヒューズボックス

価格:15,155円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番のロングセラー

ボックス型のスタンダードなデザインは、デイリーユースに最適な定番です。ボトムのパッドで自立するので倒れにくいのもポイント。チェストストラップ付きでバックパックを固定すれば、アウトドアにも安心して使えます。

容量30L重量1.1kg
収納力★★★★★素材ナイロン

口コミをご紹介

実際に満足度はかなり高く、生地もしっかりした固さがあり、作りや丁寧さもさすが1万円越えのカバンです。
特に内側の収納は工夫がされており、小物入れは丸ごと外せるようになっており「おおっ」と感心しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

30Lのバックパック比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5287657の画像

    THE NORTH FACE

  • 2
    アイテムID:5287648の画像

    DESCENTE

  • 3
    アイテムID:5287631の画像

    Millet

  • 4
    アイテムID:5287626の画像

    MAMMUT(マムート)

  • 商品名
  • ノベルティBCヒューズボックス
  • スクエアバッグM
  • KULA 30
  • エクセロン LMNT
  • 特徴
  • 定番のロングセラー
  • スタイリッシュなスクエア型
  • 収納力抜群!
  • タウンユースからアウトドアまで幅広く使える
  • 価格
  • 15155円(税込)
  • 5918円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 9270円(税込)
  • 容量
  • 30L
  • 30L
  • 30L
  • 30L
  • 重量
  • 1.1kg
  • 750g
  • 860g
  • 640g
  • 収納力
  • ★★★★★
  • ★★★★★
  • ★★★★★
  • ★★★★★
  • 素材
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • ナイロン・ポリエステル
  • ナイロン・ポリエステル

40L以上のおすすめバックパックランキング4選

第4位

ANBOCHUANG

バックパック 多機能登山リュック

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外旅行にも持っていける

登山向けに作られた多機能なバックパックです。60Lのたっぷりサイズは海外旅行にも使えます。ヒップベルトとチェストベルトで固定するので、体にフィットしてズレにくいのもポイント。肩への負担を軽減するので、荷物が重くなっても持ちやすいでしょう。

容量60L重量1kg
収納力★★★★★素材オックスフォードとナイロン

口コミをご紹介

機内持ち込み用かばんが欲しくて、日常も使えることを考えると、代わりにバックパックを購入しました。
翌日に届いたです。触ってみると、素材が軽くて柔らかいです。
大きさについて、サイドストラップで調整しながら、機内持ち込みのサイズはちょっどいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

YACONE

登山リュックサック バックパック

価格:3,082円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポケットが充実している

登山やキャンプで荷物が多いときにおすすめの50Lサイズのバックパックです。ポケットが充実しているので、小物をスッキリ収納できるのがポイント。内面の多機能ポケットにはスマホやペン、財布などを入れておけます。ホイッスルは非常時の合図に便利です。

容量50L重量-
収納力★★★★★素材ナイロン防水生地

口コミをご紹介

容量が大きいので今のところ不足を感じたことはありません。
結構ラフに使っていますが、丈夫にできていて、使い倒せそうです。
カバー付きなので雨が降ってもサッと覆えば荷物が雨に濡れることはないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Overmont

登山リュック40L

価格:3,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3WAYで使える

40Lサイズは、旅行からアウトドアまで幅広く使えるのがポイントです。丈夫なオックスフォード生地はヘビーユーズにも耐えられますし、人間工学に基づき設計されているので長時間背負っても疲れにくいなどメリットも。シーンに合わせて、リュック・ショルダー・手提げと3通りに使い分けられます。

容量40L重量1.64kg
収納力★★★★★素材オックスフォード

口コミをご紹介

ポケットも多いので使い勝手もいいです♪
夜は枕がわりになってくれる頼もしいやつです(笑)
仕事の出張の時にも活躍してくれてすっかり相棒ですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

HAWK GEAR(ホークギア)

バックパック

価格:7,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づき設計されている

持ちやすさを重視して選びたい人には、こちらがおすすめです。80Lとバックパックの中では大容量ですが、人間工学に基づいているので荷物の重さを分散させることができます。速乾使用の生地はアウトドアにも最適です。

容量80L重量2.3kg
収納力★★★★★素材防水オックスフォードキルト

口コミをご紹介

濡れた事がありませんが、普通に使う分には耐久も使い勝手も良い感じです
中に縦長の鉄板に近い感じの物が入っているので、折りたたむことは出来ませんが固定されやすく腹と胸にベルトがあり、肩でも担ぐので重量が3分散され楽に持てます

出典:https://www.amazon.co.jp

40L以上のバックパック比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5287709の画像

    HAWK GEAR(ホークギア)

  • 2
    アイテムID:5287701の画像

    Overmont

  • 3
    アイテムID:5287690の画像

    YACONE

  • 4
    アイテムID:5287672の画像

    ANBOCHUANG

  • 商品名
  • バックパック
  • 登山リュック40L
  • 登山リュックサック バックパック
  • バックパック 多機能登山リュック
  • 特徴
  • 人間工学に基づき設計されている
  • 3WAYで使える
  • ポケットが充実している
  • 海外旅行にも持っていける
  • 価格
  • 7990円(税込)
  • 3780円(税込)
  • 3082円(税込)
  • 4999円(税込)
  • 容量
  • 80L
  • 40L
  • 50L
  • 60L
  • 重量
  • 2.3kg
  • 1.64kg
  • -
  • 1kg
  • 収納力
  • ★★★★★
  • ★★★★★
  • ★★★★★
  • ★★★★★
  • 素材
  • 防水オックスフォードキルト
  • オックスフォード
  • ナイロン防水生地
  • オックスフォードとナイロン

メンズにおすすめのバックパックランキング4選

第4位

Coleman

アトラス

価格:5,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パッキングしやすい

33Lとたっぷり入るサイズですが、ロールトップならではのパッキングのしやすさが魅力です。汎用性の高さを重視して選びたい人にもおすすめ。開口部が大きく開き荷物の出しい入れもスムーズです。ボタンをしっかりと留めておけば中身が出ることはありません。

容量33L重量930g
収納力★★★★☆素材ポリエステル

口コミをご紹介

特に気に入ったのが横取出しが可能な点です。
大きく開口できるため必要なものが一発で取り出せ、バックの中がごちゃごちゃしません。
また目的であった、両手が常に空く点、PCを安全に運べる点、飛行機の手荷物として持ち運べる点、も達成でき大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

TIMBUK2(ティンバックツー)

パックカーボンコーテッド OS

価格:13,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小物をスッキリ収納できる

カリフォルニアで誕生したブランドは、スタイリッシュなバックパックが欲しいときにおすすめです。ラップトップも収納できて、内部ポケットも充実しています。上部はバックルで留めておけるので安心。見た目以上に収納力がありますよ。

容量20L重量630g
収納力★★★★☆素材ナイロン・ポリエステル

口コミをご紹介

購入後約一年間、毎日通勤と休日のお出かけに使用していますが全くへたらずいい商品です。色も見た目も好みで、使い勝手もいいです。容量もそれなりに大きく、ロールトップなので中身が少ない時はコンパクトになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

VARNIC

ビジネスリュック バックパック

価格:3,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PCやタブレットも入る

高品質なナイロンを使用したバックパックは、軽くて丈夫で型くずれしにくいのがポイントです。スーツも合うのでビジネスシーンで使いたい人にもおすすめ。モバイルノート専用のスペースや、小物を個別に収納できるポケットが充実しています。

容量-重量850g
収納力★★★★★素材ナイロン

口コミをご紹介

生地もしっかりしていて、いやな臭いもなく、背あての部分には厚めのクッションがあり、ファスナーもしっかりしていて、収納も十分です。背負った感触も心地よいです。一番関心したのは背負ったときに背中側にファスナーがついていて大事な財布などをしっかり守れるところです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

MARK RYDEN

バックパック 防水ビジネスリュック

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スーツにも違和感なく持てる

30Lたっぷり入るのにスッキリとしたデザインはスタイリッシュな印象です。スーツにも違和感なく持てますし、高密度の防水生地と防水ファスナーを採用しているので雨の日も安心。コンパスやホイッスルもついているので、アウトドアにも活用できます。

容量30L重量1.1kg
収納力★★★★★素材高密度防水生地

口コミをご紹介

ビジネスとジム用に使用しています。
鞄の設計上、上部にボリュームがくる設計になっており上部がスカスカで下部にボリュームがくる従来の鞄の常識が覆され、とても快適に使用できています!

出典:https://www.amazon.co.jp

メンズにおすすめのバックパック比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5287766の画像

    MARK RYDEN

  • 2
    アイテムID:5287763の画像

    VARNIC

  • 3
    アイテムID:5287755の画像

    TIMBUK2(ティンバックツー)

  • 4
    アイテムID:5287741の画像

    Coleman

  • 商品名
  • バックパック 防水ビジネスリュック
  • ビジネスリュック バックパック
  • パックカーボンコーテッド OS
  • アトラス
  • 特徴
  • スーツにも違和感なく持てる
  • PCやタブレットも入る
  • 小物をスッキリ収納できる
  • パッキングしやすい
  • 価格
  • 4999円(税込)
  • 3380円(税込)
  • 13750円(税込)
  • 5990円(税込)
  • 容量
  • 30L
  • -
  • 20L
  • 33L
  • 重量
  • 1.1kg
  • 850g
  • 630g
  • 930g
  • 収納力
  • ★★★★★
  • ★★★★★
  • ★★★★☆
  • ★★★★☆
  • 素材
  • 高密度防水生地
  • ナイロン
  • ナイロン・ポリエステル
  • ポリエステル

レディースにおすすめのバックパックランキング4選

第4位

KELTY

DAY PACK

価格:6,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性にも持ちやすいサイズ

バックパックとしてはやや小ぶりなサイズですが、女性に持ちやすい大きさです。ケルティらしいスタイリッシュな印象は、デニムにもワンピースにも合いますよ。内部には小物を収納しておけるポケットや仕切りが充実しており、中身がちらかりにくいのもポイントです。

容量18L重量380g
収納力★★★☆☆素材ナイロン

口コミをご紹介

フロントポケットが大きいので、財布などを入れても深い場所に入ります。
落ちたり、盗まれたりはまぁ、ありえない深さに入ってくれるので、とにかく安心感があります。
ポケットが深くても、取り出しはそんなに難しくなく、片方の肩にかけた状態でちょうど手がスッと入ってくれる絶妙な入り口の配置になっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Karrimor

デイパック eclipse27

価格:12,144円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デイリーユースに最適

イギリスで有名なアウトドアブランドのバックパックは、大人の女性にも持ちやすい落ち着いたデザインです。A4ファイルに対応しているので、見た目よりも収納力があります。ヒップベルトとチェストベルトは取り外せるので、シーンに合わせて使い分けしたいときにおすすめです。

容量30L重量800g
収納力★★★★☆素材高密度ナイロン

口コミをご紹介

丈夫で毎日使っても安心出来るデイパックです。
他のKarrimor製品も持っていて丈夫さは判っていましたが、過激な山使いをしない限りは問題無いはずです。
タウンユースであるのならお勧めしたい一品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

JINS & VICO

ラップトップバックパック

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マザーズリュックにおすすめ

開口部が大きく開きフロントやサイドにもポケットが充実しているので、マザーズリュックとしておおすすめ。かわいいカラーもポイントです。ポットや哺乳瓶やおむつ、タオルも入るので子供とお出かけしたいママにも使いやすいでしょう。

容量-重量600g
収納力★★★★★素材ポリエステル

口コミをご紹介

ポケットが多く、細かな物を入れ分けられるのが助かります。
一番上の口はとても大きく開き、中を探すのも、物を入れるのも楽です。
デザインも落ち着いていて色々なファッションに合わせやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

marimekko(マリメッコ)

BUDDY

価格:16,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで使いやすい

マリメッコというとポップな花柄のイメージですが、甘すぎないデザインもあります。ポケットがたくさんあるので、メイクポーチやスマホ、財布など小物もスッキリ収納できますよ。シンプルなデザインは、年齢を問わず持てるのもポイントです。

容量-重量580g
収納力★★★★☆素材ナイロン

口コミをご紹介

黒の、あまりハードすぎないデザインのリュックを探していまして、好きなアスリートの方が使っていたこともあり、こちらを購入しました。作りもしっかりしていて、ファスナーやポケット、背負い部分には全く不具合はありません。生地からの匂いもしないです。そして思ったより軽いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

レディースにおすすめのバックパック比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5287848の画像

    marimekko(マリメッコ)

  • 2
    アイテムID:5287845の画像

    JINS & VICO

  • 3
    アイテムID:5287842の画像

    Karrimor

  • 4
    アイテムID:5287776の画像

    KELTY

  • 商品名
  • BUDDY
  • ラップトップバックパック
  • デイパック eclipse27
  • DAY PACK
  • 特徴
  • シンプルで使いやすい
  • マザーズリュックにおすすめ
  • デイリーユースに最適
  • 女性にも持ちやすいサイズ
  • 価格
  • 16000円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 12144円(税込)
  • 6990円(税込)
  • 容量
  • -
  • -
  • 30L
  • 18L
  • 重量
  • 580g
  • 600g
  • 800g
  • 380g
  • 収納力
  • ★★★★☆
  • ★★★★★
  • ★★★★☆
  • ★★★☆☆
  • 素材
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • 高密度ナイロン
  • ナイロン

使いたいモノがすぐに取り出せる。バックパックの整理術

大容量のバックパックはたくさんの荷物を持ち歩けるのは便利ですが、ただ詰め込んでしまうと何がどこにあるのかわからなくなってしまいがちですよね。大きく目に付きやすいものは一目医療前ですが、小さいものは奥に入り込んでしまうとすぐに取り出せません。毎回中身を全部出して探すということのないよう、整理術を覚えておくと安心です。

 

整理術に活用できるのは、バックインバックや100円ショップでも購入できる小物入れです。バックインバックはポケットや仕切りが充実しており、丸ごとバックパックの中に収納できるので取り出したいものをすぐに取り出せます。バックインバックが入らない場合は、アイテムごとにポーチや小物入れに入れてからバックパックの中に入れましょう。そうすれば細かいものを見失うこともありませんよ。

こちらの記事ではキャンプでクッカーやストーブなどを使うときに役立つ、スタッキング例を紹介していますので参考にしてみてくださいね。

お気に入りのバックパックで毎日を楽しく過ごそう!

バックパックはデイリーユースはもちろんのこと、アウトドアシーンにも活用できます。デザインやカラーバリエーションが豊富なので、30代や40代の人にもおすすめです。紹介した商品は子どもから大人まで年齢を問わずに使えるものばかりです。シーンに合わせて最適なバックパックを選んでくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ