記事ID141244のサムネイル画像

圧縮袋のおすすめ人気ランキング20選【衣類・布団も】

季節外の衣類や布団の収納に役立つ圧縮袋。旅行用やハンガータイプなど種類も豊富で、ニトリや百均でも手に入るため気になっている方も多いのでは?今回は圧縮袋の選び方とおすすめの圧縮袋20選を紹介します。用途に合った圧縮袋でスッキリ収納を実現しましょう!

圧縮袋は整理整頓に欠かせない!

引っ越しや衣替え、部屋の模様替えなどの際に出てくる衣服や、リネン類、趣味の品などの収納に頭を悩ませたことがあるという人も多いですよね。

 

思い切って断捨離できればいいのですが、思い入れがあったり、人からプレゼントされたものなどはなかなか捨てられないものです。それに季節外の衣服などは、処分してしまった後で、必要になってしまうこともないとは限りません。

 

そんな時に強い味方となってくれるのが、かさばるそうした荷物をぎゅっとコンパクトに収納できる便利な圧縮袋。サイズや用途を選べば、実に色々なものを場所をとらずに収納できます。

 

 

そこで今回は圧縮袋の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

編集部イチオシの圧縮袋はこちら!

メイクファン

衣類圧縮袋 10枚アソートセット

価格:1,934円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3サイズ計10枚の充実セット

LLサイズ、Lサイズ、Mサイズの3サイズで計10枚入りの旅行用圧縮袋。友達や家族とシェアして使うのにもぴったりの充実セットです。手でクルクルと巻くようにして圧縮するタイプなので、旅行先など掃除機がない場所でも簡単に使えます。

 

袋はそれぞれエンボス加工されているため、適度にソフトで丸めやすいのも高ポイント。さらにサイズごとに色分けされているので、スーツケース内などでの分別整理にも便利。また可愛い柄が全面にプリントされているので、不意の手荷物検査の際にも、下着を見られたりする心配も少なくて済みます。

 

開口部分はワイドに開くスライダー製で、中の衣類を出し入れしやすいのも嬉しいポイント。安心安全の国産製圧縮袋なので、旅行好きの友達へのプレゼントにもおすすめです。

 

 

サイズLL / L / Mマチ(有無)
機能手で圧縮できる

口コミをご紹介

掃除機を使わなくていい圧縮って本当に便利です。すぐに膨らんでしまうかな?と思ったのですが、そんなこともなく、2ヶ月間毎日2枚使ってますが破れる気配も今の所ないです。
枚数も多いので、普段使い・旅行と分けて使えますし3サイズあるので小分けに出来て本当に便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

圧縮袋の選び方

衣類収納だけでも旅行用や、季節外の長期保管用などさまざまなタイプがある圧縮袋。サイズだけでなく、用途や機能なども合わせて自分のニーズにぴったりの圧縮袋を選ぶようにしましょう。

目的に合わせてサイズを選ぶ

一口に圧縮袋といっても、用途によって欲しい機能やサイズは異なってきます。自分が使うシーンに合う圧縮袋から選びましょう。

旅行用衣類には小さめ

少しでも荷物の量を少なくしたい旅行には、衣服用の圧縮袋はもはや欠かせないトラベルグッズの1つです。特に長期の出張や、海外旅行などの際には、スーツケースやキャリーバッグ内の整理整頓のためにもぜひうまく活用するようにしましょう。

 

旅行用圧縮袋を選択する場合には、圧縮率の高いものや圧縮の際に掃除機などがいらないものから選ぶと便利度もアップします。濡れたり汚れた衣類と、きれいな衣類を分別して収納できるものもおすすめです。

シーズン外の衣類収納には大きめ

衣替えの際などシーズン外の衣服の収納にも、圧縮袋はとても便利です。圧縮することによって押し入れやクローゼットのスペースも有効に使えるだけでなく、保管中の汚れの付着なども防ぐことができます。

 

特に春夏物よりも、かさばるアイテムの多い秋冬ものの衣服の収納には大きめのサイズの圧縮袋を用意するようにしましょう。コートなど、おりたたんで圧縮した時のしわなどが気になるアイテムの場合は、吊り下げるタイプの圧縮袋もおすすめです。

ラックにかけたまま使えるハンガータイプ

ハンガーラックやクローゼットに、吊り下げてしまうことができるタイプの圧縮袋は折り畳みじわをつけたくないコートなどの収納に特におすすめ。また、シーズン外の衣服だけでなく、普段あまり着ることのない喪服や礼服などの収納にも便利です。

 

ハンガーラックなどの隅に吊り下げて収納しておけば、スペースをとらないだけでなく、いざ喪服や礼服が必要になった時にもすぐ取り出すことができます。

布団など厚みがあるものにはマチ付きを

客用の布団や予備の寝具、季節外のふとんやリネンなどをしまっておくには、布団専用の厚みのあるタイプの圧縮袋がおすすめ。マチ幅が広めにとってあるタイプなら、圧縮する前に袋に入れる時にも入れやすいというメリットがあります。

 

また、掛け布団専用や敷き布団専用、単身者向けの掛け敷き布団一式が一緒に入れられるもの、またこたつ布団専用や圧縮が難しいとされる羽布団専用の圧縮袋などもあるので、自分の布団のタイプに合わせて選ぶのがおすすめです。

長期保管にはケース付きが安心

シーズンごとに入れ替える衣服ではなく、しばらく着る予定はないけどとっておきたい衣服や、趣味の布類など長期保管したいものを圧縮して収納する際には、ケース付きが便利です。

 

圧縮袋単体だと、長期保存中に袋の外形が崩れてきたり、圧縮の力がだんだん弱くなってきたりしがちです。その点ケース付きの圧縮袋なら、持ち手などもついているので、抱えやすく、積み重ねたり、隅のスペースにしまっておくのにも便利。さらに、衣類などの日焼けのダメージも受けにくくなります。

圧縮方法から選ぶ

圧縮袋の圧縮方法には、大きく分けて掃除機などの機械を必要とするタイプと、手で空気を押し出すといったタイプなどがあります。使うシーンに合わせて、より便利な方を選択するようにしましょう。

手で抜くタイプなら掃除機不要

衣服を圧縮袋に入れた後、クルクルとロール状に巻き取っていくことで、袋の中の空気を外に押し出す方式の圧縮袋は、掃除機などの用意もいらず、いつでも使いたいタイミングで圧縮袋を使うことができます。

 

そのため、旅行先や出張先などで使うための圧縮袋には、手で中の空気を抜くタイプがおすすめ。繰り返し何度も使えるものが多く、耐久性の面からも高コスパな圧縮袋が多いのも、特徴の1つです。

大きなものならバルブ式が簡単

布団や季節外の大量の衣服などの収納に使う圧縮袋の場合、きちんと封をするのが意外と難しいスライダーの端から掃除機のノズルで空気を抜くよりも、バルブ式の方が空気を抜く際に簡単に操作できる、というメリットがあります。

 

また保存中に少しずつ空気が入ってしまった際などに、再度空気抜きをするときにも、バルブ式の場合は、あらかじめバルブに手が届きやすいように袋をしまっておけば、重い袋を移動させないで掃除機で空気を抜くことができます。

 

手軽に圧縮できるジッパー式

旅行用の圧縮袋の中でも、男性に人気が高いのがジッパー式の圧縮袋の特徴です。シンプルで扱いやすいという点ももちろんですが、空気を抜く際に、中の衣服がしわになったりすることが少ないため、出張などに持参しやすい点が高評価となっています。

 

また、ジッパーの開閉だけで、手軽に衣服をコンパクトに持ち歩けるため、スポーツジム通いや、アウトドアでのアクティビティの際の着替えの携帯などにも便利。二層になったものも多く、濡れた衣服と乾いた衣服、のように分別して収納できる点もうれしいところです。

機能に注目する

スライダー付きや逆流防止弁付きで密閉度UP

圧縮袋の開閉をスライダーでする場合、空気を抜いた後の空気戻りを防ぐことが大切です。そのため、バルブに逆流防止用の弁が取り付けられていたり、スライダーがダブル式になってより密閉性が高くなっているものなどがおすすめ。

 

特に空気戻りのしやすい、厚みのある衣服や布団を収納する場合は、スライダー部分の密着性を可視化できるように色で見分けられるようになったタイプや、袋の周囲が二重接着されているものなどを選ぶようにしましょう。

抗菌・防臭・防ダニで衛生的に

圧縮袋には衣装ケースなどのように防虫剤を入れて使用することができないため、あらかじめ抗菌加工されたものや防臭効果のある素材をつかった圧縮袋などを選択するのが良いでしょう。

 

さらにウールやシルクなど、虫食い被害に遭いやすい衣服などを収納する場合は、圧縮袋に脱酸素剤がセットされたタイプなどを使用するのもおすすめです。

100均やホームセンターでも買える圧縮袋

圧縮袋はニトリやカインズのようなホームセンター、イオンモールなどの総合スーパー、またダイソーやSeriaなどの100均ショップでも入手できます。無印良品のように、トラベルグッズとして衣服用圧縮袋を取り扱っているところもあるので、自分が収納したいものや、使いたいシーンに合わせて購入するのがおすすめ。

 

価格帯も広く、さまざまなタイプがありますが、一見高価に見えても繰り返し使えるタイプの圧縮袋なら、長い目で見れば高コスパ。機能などとも合わせて、自分にとって使い勝手の良い圧縮袋を選びましょう。

 

旅行用のおすすめ圧縮袋5選

第5位

S.N.Factory

衣類圧縮バッグ

価格:2,399円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しわにならずに衣服をコンパクトに収納できる

スーツケースやリュックにも入るサイズの縦型衣服用圧縮袋。YKK製ファスナー使用で、頑丈な作りも人気のポイントです。圧縮はそのファスナーを閉めるだけでOK。約60%とコンパクトになるため、少しでも身軽に動きたい、出張の荷造りにもおすすめ。

 

素材に使われているナイロンは、米軍でも採用されている撥水性や耐久性に優れたもの。そのため、繰り返し使っても、裂けたりする心配もありません。汚れが目立ちにくい黒色で、三層構造になっているため、分別収納もでき、最大容量12Lの衣服が入ります。

サイズ27cm×39cmマチ(有無)有り 3cm
機能撥水性

口コミをご紹介

出張用に購入しました。自信が1泊2日用のキャリーケースしかもっていなかったのですが、急に3泊の出張が入り新しいキャリーケースを購入するわけにもいかず行きついた先がこの商品でした。ワイシャツを入れましたが軽く6枚は入りそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Uarter

衣類圧縮袋

価格:1,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手で巻き取るだけの簡単圧縮

約35cm×50cmと大きめの衣類圧縮袋の10枚セット。中身がわからないデザインなので、水着や下着など、うっかりスーツケースやキャリーバッグが開いた時に、人に見られたくない衣類を収納するのにも便利です。

 

素材には防水・防塵・防臭効果のあるものを使用しているため、山や海などアウトドアのアクティビティを楽しむ旅行用の衣類圧縮袋に特におすすめ。ポンプや掃除機の必要もなく、手で空気が圧縮できるタイプなので、いつでも好きな時に衣服の整理整頓ができます。

サイズ35cm×50cmマチ(有無)有り
機能防水/防塵/防臭

口コミをご紹介

衣装ケースの中に余裕ができました。
ダニや衣類の害虫をシャットアウト出来るので安心して保管できますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Vacplus

圧縮袋 10枚組

価格:1,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北欧風のかわいいデザインも人気

北欧風のプリントが施されたデザイン性の高い、旅行用圧縮袋。サイズ違いがそれぞれ5枚ずつの計10枚入りなので、家族旅行などの際にも便利です。空気の圧縮はクルクルと巻きとりながら空気を押し出す方式で、手間いらず。

 

高耐久性の素材が使用されているので、航空機利用の際など、手荷物で持ち込めない化粧水など液漏れさせたくない化粧品などのパッケージにもおすすめ。季節外のファッション小物などの収納にも使えます。

サイズ35cm×50cm / 40cm×30cmマチ(有無)
機能高耐久性

口コミをご紹介

以前1箱旅行用に持っていったら、行きも帰りも綺麗に圧縮出来て、たくさんお土産を買っても、スーツケースに荷物がちゃんと入りました。デザインも可愛かったです。ジッパーを閉じるときもプラスチックの閉じるための小さな道具のようなものがあるので、閉じやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

旅行用圧縮バッグ

価格:2,590円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

二層式で分別収納におすすめ

ファスナーを開閉することで、中の空気を押し出すタイプの旅行用圧縮袋。ファスナーは丈夫なYKK製を採用し、素材には高撥水性の生地を使用しています。二層式になっているので、未着用の衣服と、汚れた衣服などを分けて収納できて便利です。

 

デザインはシンプルなグレーの無地で、男女兼用で使えます。持ち手もついているので、スポーツジム用のバッグとしても使えて、応用範囲も広いのも高ポイント。

サイズ約33cm×14cmマチ(有無)有り
機能二層式で分別しやすい

口コミをご紹介

とにかく大容量!凄くたくさん入る!
バスタオル、セットアップウェア、ヘアドライヤー、財布、雑貨いろいろ入れても余裕でまだまだ入る感じです。ジム行く時に使ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

圧縮バッグ 6点セット

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

旅行に必要な小物が全て収納できる豪華セット

大切に携帯したいパスポートから、帰りの航空券まできっちり入る貴重品入れや、衣類を50%ほどコンパクトに圧縮できる衣類用が大中小のサイズ違いでそれぞれ1つずつ。さらに靴バッグと洗面用具入れまでそろった豪華なトラベルセットです。

 

伸縮性や防水性に優れた軽量ナイロンを使用しているため、水濡れなどにも強く、スーツケースやキャリーバッグ内をすっきり整理整頓可能。カラーバリエーションも4カラー揃っているので、彼と色違いで使うのもおすすめです。

サイズ6点セットマチ(有無)有り
機能防水

口コミをご紹介

早速旅行用に使いました。色んなサイズがあって便利です。
一部メッシュになってて通気性が良くて中身が何が入ってるのか分かりやすいのがとても便利でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

旅行用のおすすめ圧縮袋の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5281260の画像

  • 2
    アイテムID:5283032の画像

  • 3
    アイテムID:5283039の画像

    Vacplus

  • 4
    アイテムID:5283042の画像

    Uarter

  • 5
    アイテムID:5283047の画像

    S.N.Factory

  • 商品名
  • 圧縮バッグ 6点セット
  • 旅行用圧縮バッグ
  • 圧縮袋 10枚組
  • 衣類圧縮袋
  • 衣類圧縮バッグ
  • 特徴
  • 旅行に必要な小物が全て収納できる豪華セット
  • 二層式で分別収納におすすめ
  • 北欧風のかわいいデザインも人気
  • 手で巻き取るだけの簡単圧縮
  • しわにならずに衣服をコンパクトに収納できる
  • 価格
  • 2280円(税込)
  • 2590円(税込)
  • 1280円(税込)
  • 1299円(税込)
  • 2399円(税込)
  • サイズ
  • 6点セット
  • 約33cm×14cm
  • 35cm×50cm / 40cm×30cm
  • 35cm×50cm
  • 27cm×39cm
  • マチ(有無)
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り 3cm
  • 機能
  • 防水
  • 二層式で分別しやすい
  • 高耐久性
  • 防水/防塵/防臭
  • 撥水性

衣類用のおすすめ圧縮袋7選

第7位

AQUATALK

衣類圧縮袋 10枚組

価格:1,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな日本製圧縮袋

サイズ違いがそれぞれ5枚ずつ入ったシンプルな圧縮袋。開閉はスライダー式で、手でクルクルと巻きとって空気を押し出す方式です。すっきり透明タイプなので、衣装ケースや棚にしまっても、中身がすぐわかるので便利。

 

シンプルなデザインながら、丈夫なつくりはさすがの日本製。引っ越しの荷物作りなど大量の圧縮袋がつ必要な時に嬉しい、高コスパの商品です。

サイズ35cm×50cm / 30cm×40cmマチ(有無)
機能スライダー付き

口コミをご紹介

サイズのコンビネーションがすごく使いやすい。
Mは畳んだTシャツ6枚まで、Lサイズはパーカ2枚まで入れることができます。
空気抜きでも巻くだけです。船便で外国まで送って、二ヶ月たっても空気はほとんど漏れてない。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

TAILI

圧縮袋付収納ケース 1枚入

価格:3,298円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

型崩れしにくいケース付き

薄い物が多い春夏物とは違い、ダウンやウールなど重量感のある素材が多用されている秋冬物の衣服の収納は、かさばるのはもちろん、重量もかなりなものになる場合もあります。

 

そんな時におすすめなのが、ケース付きの衣服用圧縮袋。持ち手が付いているので抱えやすいのも高ポイント。複数の圧縮袋を使う際にも、同デザインの圧縮袋で揃えれば、見た目もすっきり収納できます。

サイズ65cm×50cm×27cmマチ(有無)有り
機能防水性と耐久性

口コミをご紹介

結構入るので、ついつい、いっぱい入れすぎてしまい、ジップロック止める所が閉まらなくなりがちです!そこを気を付ければ文句なし!かなりしっかりしていて、たっぷりと衣類が圧縮されて良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

エステー

圧縮パック 衣類用 6セット

価格:3,200円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広いマチでゆったり収納

日用雑貨大手のエステー製の衣類圧縮袋。脱酸素剤がセットになっているため、虫がつきやすい衣服の収納に特におすすめです。圧縮率は約半分なので、クローゼットや押し入れの収納スペースが、より広く使えます。

 

マチ幅は約32cm、セーターやブルゾンなども、きちんと畳んだ状態で圧縮できるため、シーズンが来て取り出した後のお手入れも簡単なのも嬉しいポイントです。

サイズ48cm×80cmマチ(有無)有り
機能

口コミをご紹介

圧縮袋もしっかり厚手で破れる心配はありませんでした。※繰り返し利用した事はまだありません。圧縮もしっかりされるので、冬服がコンパクトに収納できました。
これまでに3回購入していますが、袋がやや大きいので薄手の毛布が数枚、羽毛布団であれば1枚圧縮できるサイズでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

石崎資材

押入れケース用衣類まとめて圧縮袋

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

湿気を目で見て確認できる

防虫剤が使用できない圧縮袋にとって、袋内の湿気と酸素は大敵。それが一目でわかるインジケーターが付いているので、保管中の管理も楽々です。

 

マチ幅も広く衣類をたたんで圧縮できる中央スライダー式のため、衣替えや引っ越しの際の梱包にも便利。押し入れスペースが限られた部屋での収納におすすめです。

サイズ100cm×85cmマチ(有無)有り
機能湿気インジケータ付

口コミをご紹介

今まで使った圧縮袋の中で最も使いやすかったです。
このまま耐久性が確認できれば間違いなくリピートします。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Zacoco

吊るせる衣類圧縮袋 5枚入り

価格:1,969円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クローゼットに収納できる

中身が見える丈夫なポリエチレン製の吊り下げ型衣類圧縮袋。衣類収納ケースをしまえるような押し入れのない、ワンルームなどでの季節外の衣服の収納におすすめです。

 

サイズ違いの圧縮袋がそれぞれ3枚と2枚入っているので、衣服の長さなどに合わせて使えます。専用ポンプもついているので、掃除機がない人でも気軽に圧縮できて便利です。

サイズ67cm×110cm /67cm×90cmマチ(有無)
機能手動ポンプ付き

口コミをご紹介

大きさ違うのが合わせて9枚が入ってて、それぞれ別包装だった。
1番大きサイズだと、セーター三四枚ぐらい入られて、小さいサイズでも薄いセーターが2枚ぐらい入られる。衣装替えに大変大活躍。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

オリエント(Orient)

バルブ式マチ付衣類圧縮袋

価格:680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自動で閉まるフラットバルブ

マチが広く、畳んだ衣類を圧縮して収納できる便利な衣類用圧縮袋。丈夫な日本製なのも高ポイントです。透明タイプのため、その都度開けなくても、中身が一目でわかるようになっています。

 

圧縮方式は、バルブから掃除機などで空気を吸いだす方式。フラットバルブ採用で、掃除機の吸引口との密着性も高く、さらに圧縮後は自動でふたがしまるようになっているため、逆流しにくい設計になっています。

サイズ78cm x 90cmマチ(有無)有り
機能フラットバルブ付き

口コミをご紹介

商品が届いてすぐに使ってみました。袋が縦より横の方が長いので布団が入れやすかったです。これで押入れが広くなりました。評価の旅行用?押入れで使用するものなので評価のしようがありません。漏れにくさについては今現在使用したばかりなのでわかりませんが、期待も込めて☆4つにしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

TAILI

吊るせる圧縮袋

価格:2,798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質なPA+PE素材使用の圧縮袋

せっかくきちんと圧縮しても、途中で空気が逆流したり、袋が裂けたりしたのでは効果が期待できません。しかし、この吊り下げ型圧縮袋は、丈夫なポリエチレンとポリアミド複合素材で作られているため、膨張による引き裂けなどへの耐性も抜群です。

 

さらに高い耐久性、耐熱性と防水性があり、二重チャックとバルブで空気の逆流を防いでくれるので、ウールなどの虫食い被害に遭いやすい季節外衣服の収納におすすめです。

サイズ105cm×70cm / 135cm×70cm *2枚マチ(有無)
機能耐久性、耐熱性、防水性

口コミをご紹介

羽毛のシュラフをできるだけコンパクトにして持ち運ぶために購入。
期待していなかったけれど、驚くほど手動でピタッと圧縮できるのに感動。
押すだけで逆流してこないのがとても利便性が高い。

出典:https://www.amazon.co.jp

衣類用のおすすめ圧縮袋の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5283209の画像

    TAILI

  • 2
    アイテムID:5283246の画像

    オリエント(Orient)

  • 3
    アイテムID:5283240の画像

    Zacoco

  • 4
    アイテムID:5283251の画像

    石崎資材

  • 5
    アイテムID:5283258の画像

    エステー

  • 6
    アイテムID:5283261の画像

    TAILI

  • 7
    アイテムID:5283271の画像

    AQUATALK

  • 商品名
  • 吊るせる圧縮袋
  • バルブ式マチ付衣類圧縮袋
  • 吊るせる衣類圧縮袋 5枚入り
  • 押入れケース用衣類まとめて圧縮袋
  • 圧縮パック 衣類用 6セット
  • 圧縮袋付収納ケース 1枚入
  • 衣類圧縮袋 10枚組
  • 特徴
  • 高品質なPA+PE素材使用の圧縮袋
  • 自動で閉まるフラットバルブ
  • クローゼットに収納できる
  • 湿気を目で見て確認できる
  • 広いマチでゆったり収納
  • 型崩れしにくいケース付き
  • シンプルな日本製圧縮袋
  • 価格
  • 2798円(税込)
  • 680円(税込)
  • 1969円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 3200円(税込)
  • 3298円(税込)
  • 1280円(税込)
  • サイズ
  • 105cm×70cm / 135cm×70cm *2枚
  • 78cm x 90cm
  • 67cm×110cm /67cm×90cm
  • 100cm×85cm
  • 48cm×80cm
  • 65cm×50cm×27cm
  • 35cm×50cm / 30cm×40cm
  • マチ(有無)
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 機能
  • 耐久性、耐熱性、防水性
  • フラットバルブ付き
  • 手動ポンプ付き
  • 湿気インジケータ付
  • 防水性と耐久性
  • スライダー付き

布団用のおすすめ圧縮袋5選

第5位

Opaza

布団圧縮袋 特大サイズ

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丈夫な6層構造

丈夫な6層構造のポリエチレンとポリアミド製圧縮袋。かさばる布団をすっきり圧縮できるので、押し入れをすっきりさせたい人におすすめです。使用目安期間は約半年。6か月を過ぎたら、いったん取り出して、外干しするなど乾燥させてから、再び圧縮してしまう方が防虫効果も高くなります。

 

サイズ別にそれぞれ3枚ずつのセットになっているため、夏用布団や冬用布団に分けて収納するのにも便利。圧縮方法はバルブから掃除機で吸い出す方式なので、手持ちの掃除機の吸引口を確認してから購入するようにしましょう。

サイズ110cm×80cm/ 80cm×60cmマチ(有無)
機能防ダニ、防カビ、防害虫

口コミをご紹介

品質はとてもいいです。使わない布団と服を全部入れて、圧縮したのはとても小さいです。普段は半個の棚を占めています。今は三分の一で、収納がとても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

オリエント(Orient)

バルブ式ふとん一式圧縮袋ソフトケース付

価格:1,100円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ケース付きの布団用圧縮袋

なかなか収納しにくい羽毛布団にも使える、便利な布団用圧縮袋。シングルサイズの掛け敷き布団と枕にぴったりの容量になっています。さらに圧縮袋に合わせて使えるソフトケース付きなので、ベッド下などのデッドスペースに収納する際にも、汚れなどを気にしなくてすみます。

 

あらかじめソフトケースの大きさに合わせて布団を畳んで圧縮すると、後からケースに収めるのがスムーズになるのでおすすめ。長期保存したい場合は、脱酸素剤の併用が良いでしょう。

サイズ97cm×78cm ×20cmマチ(有無)有り
機能ソフトケース付き

口コミをご紹介

圧縮袋だけだと いつのまにか破れて空気が抜け、結局毎シーズン買い替えてましたが コレに替えてクローゼットがスッキリしました!

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

オリエント(Orient)

電動吸引ポンプ+ふとん圧縮袋

価格:2,918円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポンプ付き布団用圧縮袋

コード式ポンプが付いているため、掃除機の準備がなくても圧縮できる布団用圧縮袋。ポンプは片手で持てるコンパクトサイズのため、使った後の収納スペースにも困りません。

 

袋サイズは、掛け布団もしくは敷き布団が1枚圧縮収納できるサイズ。ポンプは何度でも繰り返し使えるので、バルブ式の圧縮袋を多数衣類や布団の収納に使っている人にぴったりです。

サイズ92cm×120cmマチ(有無)
機能ポンプ付き

口コミをご紹介

比較的多くの布団圧縮袋にも対応していて、我が家にある5種類の圧縮袋は全部対応していました。いままでの、わざわざ掃除機を出すのが面倒だとか、掃除機の本体が大きくてずっと圧縮袋の吸い込み口に当ててるのが疲れるといった、不便さがなくなり、こまめに圧縮をするようになり、非常に便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

レック(LEC)

ふとん圧縮袋

価格:448円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナイロン・ポリエチレン製布団圧縮収納袋

圧縮後は布団を約3分の1サイズにできる布団収納袋。防臭防カビのために、真空に近い状態で布団を収納したい人や、圧縮させてスペースにゆとりを作りたい人におすすめです。

 

ほとんどの布団に対応していますが、ダウン70%以上の羽毛布団は圧縮できても、羽根布団には使用できないので混同しないようにして下さい。

サイズ80cm×120cmマチ(有無)有り
機能自動ロック式バルブ

口コミをご紹介

ふわふわの羽毛布団2枚圧縮できました。
説明書通りに簡単に行えました。2週間経ちますが、漏れありません。
小さいだろうと思い、LL購入しましたが、十分に大きい!

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Vacplus

ふとん圧縮袋 12枚組

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家中の予備の布団収納に使える12枚組セット

XLサイズが4枚、Lサイズが4枚さらにMサイズが4枚の合計12枚がセットされた大容量セット。家中の予備の布団や、季節外のリネン類、さらにはちょっとした布製品もまとめて圧縮収納できます。

 

二重逆流防止弁とダブルチャック構造で、厚みのある布団もきっちり長期間圧縮して収納できるようになっているのも高ポイント。スタイリッシュな白地にロゴのデザインで、クローウォークインクローゼットなどにしまっておいても、おしゃれです。

サイズXL / L / Mマチ(有無)有り
機能手動ポンプ付き

口コミをご紹介

綿の掛け布団は縦に二つ折り、横に三つ折りで丁度ピッタリに入り、敷布団は三つ折りで少し飛び出ましたが、無理に押し込んでチャックを閉めてポンプで空気を抜いたら、厚み5センチくらいになりました。ポンプも使いやすく簡単に空気を抜く事ができて、本当にスッキリと圧縮でき、長年のつかえが取れました

出典:https://www.amazon.co.jp

布団用のおすすめ圧縮袋の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5283078の画像

    Vacplus

  • 2
    アイテムID:5283081の画像

    レック(LEC)

  • 3
    アイテムID:5283090の画像

    オリエント(Orient)

  • 4
    アイテムID:5283190の画像

    オリエント(Orient)

  • 5
    アイテムID:5283194の画像

    Opaza

  • 商品名
  • ふとん圧縮袋 12枚組
  • ふとん圧縮袋
  • 電動吸引ポンプ+ふとん圧縮袋
  • バルブ式ふとん一式圧縮袋ソフトケース付
  • 布団圧縮袋 特大サイズ
  • 特徴
  • 家中の予備の布団収納に使える12枚組セット
  • ナイロン・ポリエチレン製布団圧縮収納袋
  • ポンプ付き布団用圧縮袋
  • ケース付きの布団用圧縮袋
  • 丈夫な6層構造
  • 価格
  • 2980円(税込)
  • 448円(税込)
  • 2918円(税込)
  • 1100円(税込)
  • 1799円(税込)
  • サイズ
  • XL / L / M
  • 80cm×120cm
  • 92cm×120cm
  • 97cm×78cm ×20cm
  • 110cm×80cm/ 80cm×60cm
  • マチ(有無)
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 機能
  • 手動ポンプ付き
  • 自動ロック式バルブ
  • ポンプ付き
  • ソフトケース付き
  • 防ダニ、防カビ、防害虫

ケース付きのおすすめ圧縮袋3袋

第3位

圧縮プラス

ふとん用 圧縮袋 ケース付

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属ベルトで空気戻りの膨らみ防止

押し入れの中で一番スペースをとる、使わない予備用布団や客用布団。それらをすっきり収納できるケース付きの圧縮袋です。使い方はあらかじめケースにセットした圧縮袋に布団を入れて、掃除機などで吸引するだけ。

 

ケース入りなので、押し入れを開け閉めしてもすっきり見え効果も高く、保存中の空気戻りも付属ベルトが防いでくれます。

サイズ75cm×50cm×25cmマチ(有無)有り
機能付属ベルト付き

口コミをご紹介

これは弁の部分の造りがしっかりしており、安心して使用できる。特に空気漏れなどもない。水色の箱のこちらは、冬場の厚い布団、ダブルの布団など大き目のものが入る。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ワイズコーポレーション

圧縮袋 収納ケース

価格:3,550円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

同サイズ3個セット

同サイズのケース付き圧縮袋3個セット。積み重ねて収納しても、すっきり見えて型崩れしないようにベルトで固定することもできます。

 

1個につき毛布なら5枚、セーターやトレーナーなら25枚から30枚入る大容量。家族全員分の季節外衣服の収納にもおすすめ。使わない時にはコンパクトに折りたたんでおけるのもうれしいポイントです。

サイズ60cm×40cm×30cmマチ(有無)有り
機能取っ手付き

口コミをご紹介

値段がちょっと高いですが、この商品のいいところはバッグのサイズに合わせて圧縮することで重ねて保管できることです。ガッチリ圧縮してぺったんこにしたい人にはおすすめしません。バッグが邪魔なだけです。自分はコンパクトに収納するのが目的でしたので、要望にぴったりな商品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ワイズコーポレーション

圧縮袋付収納ケース 衣類用

価格:863円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中身が一目でわかる便利なクリアのぞき窓付き

奥行き60cmとコンパクトなため、クローゼットの下などに積んでおける衣類用ケース付き圧縮袋。中身が分かるクリアなのぞき窓がついているため、保管中に探し物をするときにも便利です。

 

吸引バルブはフラットタイプで、ぴったり開閉できるため、空気の逆流がしにくく、より気密性もアップ。使わない時にはたたんでしまっておけるのも高ポイントです。

サイズ60cm×40cm×30cmマチ(有無)有り
機能防ダニ、防カビ、防湿気

口コミをご紹介

初めて購入しましたがとてもよかったです!
また購入しまーす!!

出典:https://www.amazon.co.jp

ケース付きのおすすめ圧縮袋の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5284022の画像

    ワイズコーポレーション

  • 2
    アイテムID:5283059の画像

    ワイズコーポレーション

  • 3
    アイテムID:5283075の画像

    圧縮プラス

  • 商品名
  • 圧縮袋付収納ケース 衣類用
  • 圧縮袋 収納ケース
  • ふとん用 圧縮袋 ケース付
  • 特徴
  • 中身が一目でわかる便利なクリアのぞき窓付き
  • 同サイズ3個セット
  • 付属ベルトで空気戻りの膨らみ防止
  • 価格
  • 863円(税込)
  • 3550円(税込)
  • 2280円(税込)
  • サイズ
  • 60cm×40cm×30cm
  • 60cm×40cm×30cm
  • 75cm×50cm×25cm
  • マチ(有無)
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 機能
  • 防ダニ、防カビ、防湿気
  • 取っ手付き
  • 付属ベルト付き

衣替えで圧縮袋を使う時の注意点

季節外の衣服など、衣替えなどで圧縮袋に衣類を収納する場合は、長期保存の間の虫食いの予防が欠かせません。

圧縮袋に防虫剤は有り?無し?

圧縮袋に季節外の衣類を入れてしまう時、頭を悩ませることの一つが「防虫剤を入れておいた方がいいのかどうか」ということです。シーズンになって取り出した時に、虫食いの穴を見つけてがっかり、といった事態は避けたいですよね。

 

万能に見える防虫剤であっても、実は、圧縮袋に入れて使うのはおすすめできません。もともと防虫剤は、薬剤の成分が気化することで、衣服を虫から守ってくれる効果があります。

 

しかし密閉されて空気から遮断された状態の圧縮袋内では、防虫剤が気化することができず、成分が行き渡らなくなってしまい、結果的に虫食いが発生してしまう可能性があります。

 

圧縮袋には脱酸素剤がおすすめ

さらに、圧縮袋内に残った酸素は薬剤が気化できるほどではなくても、虫が生存するには十分なため、そのままでは虫食いを完全に予防できません。そこで、袋内に残った酸素を取り除いてくれる脱酸素剤を入れて使うのがおすすめ。

 

あらかじめ圧縮袋にセットされているものもありますが、圧縮袋を繰り返し使用したい時や、セットされていないものを使う場合には、衣類やふとん専用の圧縮袋向け脱酸素剤を入れて使うと良いでしょう。

メルカリやラクマの衣服の発送に圧縮袋は便利?

メルカリやラクマなど、オークションサイトで落札した品物の送付の際に、圧縮袋を使うという人も少なくありません。かさばる衣服や、ぬいぐるみなどを送る際に少しでもサイズダウンできれば、という目的のための使用法です。

 

実際、メルカリなどでは発送用のオリジナルの圧縮袋も販売されており、梱包から受け取りまで日にちがそうかからない場合などは、有効な手段の1つとなっているようです。

 

しかし、物によってはいったん圧縮してしまうと、なかなか元に戻りにくい物や日にちが経つと形が崩れてしまう物などもあるので、そうした品の売買の際は、事前に圧縮袋を使っての発送がOKかどうか確認しておいた方が良いでしょう。

圧縮袋で収納がスッキリ!

今回は、圧縮袋のおすすめ商品をランキング形式でご紹介させていただきました。圧縮袋は、価格や圧縮の方法、圧縮できる衣服の量などによって選ぶことが重要です。今回ご紹介したおすすめの圧縮袋の中から、ご自分に合った圧縮袋を選んで活用してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ