記事ID141241のサムネイル画像

ジンバルのおすすめ人気ランキング15選【スマホや一眼レフに】

ジンバルはプロ並みの動画撮影をしたいと考えている人におすすめです。DJIやZhiyunなど多くのメーカーから出ていて、スマホや一眼レフ用などがあります。ここではジンバルの選び方や、おすすめの商品を紹介するので、購入するときの参考にしてみてください。

ジンバルはプロも愛用している

ジンバルは、プロも愛用しているアイテムで、スタビライザーと呼ばれることもあります。特に高画質な一眼レフカメラの場合は、ちょっとしたブレも目立ってしまうので、ジンバルは欠かせないアイテムです。

 

ジンバルはスマホで撮影するときのも役立つ、とても便利なアイテムです。しかし、多くのメーカーから出ていて、商品によって特徴が異なるので、選ぶのに迷ってしまうかもしれません。

 

選び方を知っているとジンバルを購入する際のポイントが分かります。今回は、ジンバルの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

 

編集部イチオシのジンバルはこちら!

Zhiyun

WEEBILL LAB

価格:152,484円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインに優れていてSLRモニターとしても使える

無駄がないシンプルなデザインのジンバルなので、デザインも重視して選びたい人におすすめです。ワイヤレスイメージ伝送システムが搭載されていて、SLRモニターとしても使うことができます。

 

ライブプレビューとリアルタイムのパラメータ設定を使用することにより、どのような角度からでも任意の角度から撮影できます。フォローフォーカスとコントロールで、スムーズなズームやフォーカスを設定も可能。応答速度が100%であることも魅力的なポイントです。

 

モーションセンサーコントロールが搭載されていて、モバイルデバイスを移動するだけでジンバルを制御できます。その他にもPhoneGoモードにより、Goボタンをタップするだけでスポーツシーンに適した撮影ができたりと便利な機能が多く搭載されています。

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

Zhiyun WEEBILL LABは中軽量級のカメラを載せるジンバルですが、ジンバル本体が約1kgと軽量で、α6500を載せても2kg位しかありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

ジンバルの選び方

ジンバルの選び方にはいくつかのポイントがあります。ここからは自分に合ったジンバルを選ぶためのポイントを解説していきます。

目的で選ぶ

ジンバルは使用する目的に合わせて選ぶことで、どのジンバルを購入すればいいのか分かりやすくなります。

 

 

機械式は初心者におすすめ

機械式のジンバルは、電気式のジンバルと比較すると安く購入できます。5,000円以下で購入できるものが多くて使い方が機械式よりも簡単なので、初心者に向いているとされています。

 

安くジンバルを手に入れたい考えている人や、ジンバルがどのようなものなのか試してみたいと思っている人にもおすすめです。

 

 

電動式は長時間の撮影に適している

キレイな動画を撮影したかったり、プロ並みの映像を作りたいと思っている人は、電気式のジンバルを選ぶのがおすすめです。電気式は水平に保ちやすいので、手ブレがないキレイな映像を撮ることができます。

 

長時間の撮影にも適していますが、最初の設定が難しいので初心者にはあまり向いていません。

 

 

対応デバイスの違いで選ぶ

ジンバルは、スマートフォンや一眼レフなどデバイスによってジンバルの種類が変わります。どのデバイスで使うのかを考えてから購入しましょう。

 

 

スマートフォン向け

スマートフォン向けのジンバルは、スマホでの動画の撮影に使うのに適しています。商品によっては、まるでプロのような動画も撮れるとされています。

 

 

 

カメラ向け

カメラ向けのジンバルは、カメラで使うのに適していて、動画のブレなどを抑えることでよりキレイな映像を撮れます

 

形状の違いで選ぶ

ジンバルは形状によって特徴が変わります。ですので、それぞれの形状による違いを理解しておくことも重要です。

 

 

ハンドヘルドは軽量なのが特徴

ハンドヘルドのジンバルは、片手で撮影したかったり、軽量のジンバルが欲しいと考えている人におすすめです。他の形状のジンバルと比べると軽量で作られているという特徴があります。

 

旅先で気軽に撮影をしたいと考えている人にもハンドヘルドはおすすめです。手元にグリップが付いているものが多くなっているので、滑らずに撮影できます。コストパフォーマンスに優れていることもハンドヘルドの魅力の1つです。

 

 

ボディマウントは本格的な撮影におすすめ

本格的な撮影をしたいと考えているのなら、ボディマウント型のジンバルを選ぶのがおすすめです。プロに負けないような撮影をするのに適しています。

 

注意点としては体に取り付けて使うジンバルになっていて、ハンドヘルド型を比較するとサイズが大きいので持ち運びが大変なことです。最初はコツを掴むのにも時間がかかりますが、コツを掴むと使いやすくなります。

 

 

 

ショルダーマウントは動きやすくて撮影しやすい

ハンドヘルドとボディマウントの間のような形状をしているのがショルダーマウントです。本格的な撮影をしたいと考えているけど、重さが気になるなどの理由で悩んでいるのなら、ショルダーマウントを選ぶのがおすすめです。

 

ハンドヘルドよりも重くはなってしまいますが、動きやすくて撮影しやすいのが特徴です。持ちやすいので長時間の撮影にも適しています。

 

ジンバルの機能やその他特徴で選ぶ

ジンバルには、ここまで紹介してきた他にもチェックしておきたい機能や特徴があります。ジンバルを選ぶときには、知っておきたいポイントです。

 

使用時間は長時間の撮影をするなら特に重要

ジンバルの使用時間は、メーカーやモデルによって異なります。基本点にジンバルは6~12時間程度は連続で使えるものが多くなっています。長時間の撮影をしたいと考えているのであれば、12時間程度使えるバッテリーを持っているジンバルを選ぶのがおすすめです。

 

 

各種機能も忘れずにチェック

ジンバルはメーカーやモデルによって使える機能が異なります。ですので、どのような機能が欲しいのかでジンバルを選ぶ方法もおすすめです。ジンバルの種類によってはアングル調整を自動で行ってくれるものもあります。

 

このような機能が付いているジンバルは女性に人気があります。グリップが短くなるジンバルは、さまざまなシーンで活躍します。三脚をグリップの代わりに使用できるジンバルも多くなっています。撮影の用途や目的に合わせて機能性を選ぶのもおすすめです。

 

 

 

価格による違い

ジンバルの価格相場は、10,000~30,000円ほどです。しかし、中には50,000円以上するジンバルもあります。初心者であれば10,000円程で購入できるジンバルを選ぶと良いでしょう

 

 

ジンバルの軸の数による違い

ジンバルは軸の数によって価格や動きが変わり、1つ軸から3つ軸まであります。1つ軸のジンバルは水平方向だけに動かすことができて、価格が安いジンバルが多くなっているので、初心者におすすめすることができます。

 

2つ軸は水平方向と垂直方向に動かせて、3つ軸はすべての動きに対応します。幅広い撮影ができるのも魅力的なポイントです。

 

 

耐荷重も重要

ジンバルを選ぶ際は、耐荷重も重要なポイントです。実際に使うカメラの重量に見合っていないとジンバルの動きが悪くなってしまうことで、ブレが残った映像になります。

 

カメラ本体が対応していたとしても、マイクやモニターなどを取り付けることで重くなってしまい、スムーズに動かせなくなる場合もあります。対応カメラを確認した上で、装備を取り付けた後の重さでも問題ないかを購入前に調べておきましょう

 

店頭などで試用できるのであれば、カメラを固定した後に上下左右に動かして、動きにピッタリ合わせられるかを確認するのがおすすめです。通販の場合は、レビューなどに思いカメラだとスムーズに動かないなどの評価がないかをチェックしてみましょう。

 

口コミやレビューで選ぶ

ジンバルは各種通販サイトなどで、数多くのレビューや口コミが投稿されています。購入した方の生の声なので、購入する際の参考になります。良かった点や悪かった点まで詳しく投稿されていることもあるので、しっかりとチェックしてから購入するのがおすすめです。

 

メーカーで選ぶ

ジンバルを発売しているメーカーで選ぶのもおすすめです。ここからは有名なメーカーをご紹介していきます。

 

 

DIJは世界中で知名度が高い

DIJはジンバルを発売しているメーカーとして有名で、アメリカ・ドイツ・日本・上海・北京・香港に拠点があります。世界中で知名度が高いメーカーと言うことができて、Osmoシリーズが一般向けのジンバルです。

 

Zhiyun techは世界で注目されているメーカー

Zhiyun techは、世界で注目されているメーカーの1つで、一眼レフ対応のCraneシリーズが人気です。各種メディアやドラマなどでも使われているメーカーです。

 

Feiyu Techは中国を代表する精密機器ブランド

Feiyu Techは、中国を代表する精密機器ブランドの1つです。中国国内だけではなくヨーロッパやアジア、アメリカで広く愛されています。

 

スマートフォン向けのおすすめジンバル6選

第6位

Feiyu Tech

VLOG pocket

価格:9,405円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポケットに入れて持ち運べる

折りたたみができるコンパクトなジンバルで、ポケットに入れて持ち運べます。難しいバランス調整が必要ないので、扱いやすいジンバルです。スマートフォンの縦撮影、横撮影の両方に対応しています。

 

14時間と長時間の撮影を行えるので、バッテリー切れを気にせずに安心して撮影を行えます。

 

 

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

ジンバルに興味を持ち、いろいろなものを比較検討した結果、入門機として、これを選択させてもらいました。何よりコンパクトになり出掛ける時に何処へでも携帯出来るのがいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

Gimpro

Gimbal Pro

価格:8,899円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな操作で使えて多機能

こちらのジンバルは、縦向きでも横向きでも撮影することができます。複雑な操作は必要なくシンプルな操作で動かせるので、女性からの人気も高いジンバルです。3つのモードでスマートフォンの角度を調整できたり、撮影の手ブレを補正できます。

 

動態低速度撮影などの機能も搭載されているので、さまざまな撮影を行うことができるジンバルです。

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

3つの動作モードは、感覚的にわかり易いです。スムーズな動画にしたい時、固定したい動作が①上下左右、②上下によってその他の動作を滑らかに移動してくれます。また本隊側でのズームイン・アウトやシャッター、上下左右の微調整ができることもとても優れています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

hohem

iSteady Mobile+

価格:9,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能で安い

価格が安めのスマートフォン用ジンバルなので、入門機としておすすめすることができます。安いですがボタンを押すだけでモーターの出力を上げて対応するモーションに素早く反応させられるPhoneGoモードを搭載しています。

 

他にも顔をトラッキングして笑顔の瞬間をしっかり捉えられる美容モードなど、多くの機能が搭載されているので、コストパフォーマンスに優れているジンバルと言うことができます。

 

 

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

比較的安価なスマホ用の手持ち3軸ジンバルスタビライザーです。
手持ちで動画を撮影する場合にブレを減らせます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

DJI

Osmo Mobile 3

価格:13,749円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格で軽量で持ち運びやすい

商品名からも分かるようにOsmo Mobileシリーズの3世代目です。アームを折りたたむことができるようになりコンパクトに持ち運びができます。他のメーカーも折りたためるスマートフォン用ジンバルは多く出していますが、本商品は低価格で軽量なのがメリットです。

 

また、さまざまな機能を使うための専用スマホアプリがOsmo Mobile2まではDJI GOというアプリでしたが、Osmo Mobile3からはDJI Mimoというアプリに変わりました。それによりアプリの使いやすさも向上しています。

 

 

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

1.2.3とシリーズ全部購入して来たが確実に進化していると思う。持っていてまるで疲れない。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

SNOPPA

ATOM

価格:13,889円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性に人気のジンバル

女性からの人気が高いジンバルになっていて、本体の重さが440gなので女性でも持ちやすくて使いやすくなっています。カラーバリエーションが豊富で、ブラック・ピンク・ホワイトから選べます。

 

ピンクは女性に人気があります。バッテリーが24時間持つので、女子旅などの旅行に持っていくのにピッタリのジンバルです。

 

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

とてもコンパクトにたため持ち運ぶ際に苦にならないとこらが気に入ってます。
不満なところはズームボタンが操作しづらい点とスマホを充電するボタンをついつい押してしまうところです。
もちろんジンバルとしての性能は十分に満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Zhiyun

Smooth 4

価格:14,400円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能でプロのような映像を撮れる

スマートフォンをプロ専用の動画カメラに変えて、スマートフォン1つでスムーズで安定したシーン撮影を可能にしてくれると評判のジンバルです。PhoneGoモードを使えば動物や車などの動きが速いものも素早く動きを追うことができます

 

価格はスマートフォン用のジンバルとしては高めですが、高性能なのでプロのような映像を撮ってみたいと考えている人におすすめです。

 

 

 

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

アプリと連動して使用すると、スマホで撮影したとは思えないようなヌルっと感を演出できます。
ただ、説明書を読んでも難しい操作もあり、慣れるまでは少し手こずる人もいると思います。
無理な使い方をすると、熱を持ちやすいので要注意です。このクオリティでこの値段は安すぎると感じています。

出典:https://www.amazon.co.jp

スマートフォン向けのおすすめジンバル比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5277212の画像

    Zhiyun

  • 2
    アイテムID:5277408の画像

    SNOPPA

  • 3
    アイテムID:5276731の画像

    DJI

  • 4
    アイテムID:5276771の画像

    hohem

  • 5
    アイテムID:5277413の画像

    Gimpro

  • 6
    アイテムID:5277474の画像

    Feiyu Tech

  • 商品名
  • Smooth 4
  • ATOM
  • Osmo Mobile 3
  • iSteady Mobile+
  • Gimbal Pro
  • VLOG pocket
  • 特徴
  • 高性能でプロのような映像を撮れる
  • 女性に人気のジンバル
  • 低価格で軽量で持ち運びやすい
  • 多機能で安い
  • シンプルな操作で使えて多機能
  • ポケットに入れて持ち運べる
  • 価格
  • 14400円(税込)
  • 13889円(税込)
  • 13749円(税込)
  • 9999円(税込)
  • 8899円(税込)
  • 9405円(税込)
  • タイプ
  • 電動式
  • 電動式
  • 電動式
  • 電動式
  • 電動式
  • 電動式
  • 形状
  • ハンドヘルド
  • ハンドヘルド
  • ハンドヘルド
  • ハンドヘルド
  • ハンドヘルド
  • ハンドヘルド

カメラ向けのおすすめジンバル9選

第9位

MOZA

AirCross

価格:34,170円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほとんどのミラーレスカメラに対応

ミラーレスカメラをジンバルに取り付けて撮影をしたいと考えている人におすすめの商品です。ほとんどのミラーレスカメラに対応しているジンバルとして知られています。

 

専用のアプリを使うことで自動チューニングを行うことができて、ミミックモーションコントロールでミミックモーション制御が可能です。12時間撮影することができるので、バッテリー切れを気にせずに撮影をすることができます。

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

同価格帯のジンバルと比べて、ミニ三脚の付属や、斜めに動くロール軸フォローモードもあり、こちらを選びました。セットアップも簡単です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

ZHIYUN

Official Weebill S

価格:61,600円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツなどの速い動きを撮りやすい

一眼レフ専用のジンバルと言うことができて、新しいモーターユニットと最新の高精度のアルゴリズムを搭載していることで、応答速度やモータートルクが増加しています。それによりスポーツなどの速い動きなどもしっかりと撮れます。

 

人気が高い2層連結式のクイックリリースプレートを採用していることで、バランスを後で調整する必要がないとされています。簡単なセットアップですぐに使えることも魅力的なポイントと言うことができます。

 

 

 

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

実際に使ってみて、コンパクトだから持ち運びはらく。いろいろな持ち方をしてもバランスがいいため安定している。初めてジンバルを使う人にはセットの仕方や使い方の日本語での説明や動画が少ないため、YouTubeなどで使い方の動画参考にしたらいいと思う。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

ZHIYUN

CRANE M2

価格:32,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くて女性でも持ちやすい

267×69×138mmとコンパクトなジンバルなので、女性でも軽々と持つことができます。重さも500gなので軽量です。7時間、連続動作するので充電切れを心配せずに撮影をすることができます。

 

OLEDディスプレイなので、ジンバルモードた充電モードなどの状態を簡単に見ることができるのも魅力的なポイントです。

 

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

CRANE からの買い増しです。比べると小さくコンパクト。
RX100M7を載せましたが、セッティングもきっちりじゃなくある程度やって電源入れたら保持してくれました。
安くてコンパクト。買ってよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

Gudsen

MOZA Aircross 2

価格:54,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さまざまな撮影シーンで活躍

重量が950gなので、ストレスなく撮影をすることができると評判のジンバルです。最大負荷重量が3.2kgなので、負荷能力も高くなっています。自動で回転する機能が搭載されているので、さまざまな撮影シーンに適しています。

 

体性感覚スイッチが内蔵されているので、動きに合わせてジンバルが動いてくれます。パノラマ、モーションモード、モーションコントロールなどのモードが搭載されているのも魅力的なポイントです。

 

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

「性能が良い」という一言では表し切れないくらい、細かい調整と頑丈さ、映像表現の幅を広げる可能性を兼ね備えた製品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

Feiyu Tech

G6 Plus

価格:28,215円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雨の日の撮影にもおすすめ

三軸のジンバルなので、ブレないで撮影できると口コミなどでも評判です。雨の日の撮影にも適している生活防水機能が搭載されているので、安心して撮影を行うことができます。

 

カメラやジンバルの順電などをLEDモニターでチェックすることができます。ジックフォーカスリング機能が搭載されていて、簡単にズームを操作できるのも魅力的です。さまざまなデバイスに対応しています。

 

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

α6300にSE10-18の広角レンズをのせて使いたいと思って購入しました。
G6plusクラスの大きさで上記のカメラを乗せて安定するのか少し不安もありましたが問題なく安定した撮影ができています。本体が軽いので持ち運びもしやすく、これからどんどん使いたいなーと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

UTEBIT

スタビライザー C型

価格:1,698円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機械式で価格が安い

こちらは機械式のジンバルになっていて、電動式のジンバルよりも価格が安いのが特徴です。なので、ジンバルがどのようなものか試してみたいと考えている人にもおすすめすることができます。

 

取り付けも簡単に行えるので、初心者にもおすすめです。耐久性にも優れているのも魅力的なポイントです。

 

 

タイプ機械式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

とにかく軽い。撮影が苦になりません。それだけで満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

DJI

Ronin-SC

価格:52,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くて持ち運びやすい

高強度複合材料とマグネシウム・アルミニウム合金で構成されているボディの重量は1.1kgと軽いジンバルです。モジュール式で素早くセットアップができて、持ち運びもしやすいと評判です。

 

スポーツモードでは、安定性を維持しながらも各軸の感度を向上させられます。最大バッテリー駆動時間が11時間と長いので、長時間の撮影も安心して行うことができます。

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

重いレンズは載りませんが、ブレが少なくなり良いジンバルだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

hohem

3軸ジンバル

価格:10,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防水機能付きで迫力がある映像を撮れる

IPX4防滴水機能や生活防水機能が付いているので、水に濡れる撮影にも対応しているジンバルです。片手でもプロ並の動画を撮影できる評判で、インセプションモードで360度回転させられるので、迫力がある動画を撮れます。

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

思っていた通り、シンプルで使いやすそう。
あまり高機能で大きく重いものは、使わなくなりそうで避けたかったので。
スマホの予備バッテリーとしても、旅行や出張時に役立ちそう。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

DJI

RONIN-S

価格:94,470円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

頑丈でスポーツの撮影に向いている

スポーツの撮影に適しているので、スムーズにフォーカスや操作を行うことができます。それにより、どのような被写体でもキレイに撮影できます。

 

また、別売の外付けモーターを追加することにより、より高度な撮影を行えます。重さが気になるなどの口コミがあるので、その点は注意が必要ですが、頑丈なジンバルだと評判です。

 

 

タイプ電動式形状ハンドヘルド

口コミをご紹介

パナソニックのカメラで動画用に購入 使用。
とにかくかゆいところに手の届く設計です。
重さは気にしないので これしかありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

カメラ向けのおすすめジンバル比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5277463の画像

    DJI

  • 2
    アイテムID:5274237の画像

    hohem

  • 3
    アイテムID:5277477の画像

    DJI

  • 4
    アイテムID:5277457の画像

    UTEBIT

  • 5
    アイテムID:5277424の画像

    Feiyu Tech

  • 6
    アイテムID:5277434の画像

    Gudsen

  • 7
    アイテムID:5277417の画像

    ZHIYUN

  • 8
    アイテムID:5274242の画像

    ZHIYUN

  • 9
    アイテムID:5277442の画像

    MOZA

  • 商品名
  • RONIN-S
  • 3軸ジンバル
  • Ronin-SC
  • スタビライザー C型
  • G6 Plus
  • MOZA Aircross 2
  • CRANE M2
  • Official Weebill S
  • AirCross
  • 特徴
  • 頑丈でスポーツの撮影に向いている
  • 防水機能付きで迫力がある映像を撮れる
  • 軽くて持ち運びやすい
  • 機械式で価格が安い
  • 雨の日の撮影にもおすすめ
  • さまざまな撮影シーンで活躍
  • 軽くて女性でも持ちやすい
  • スポーツなどの速い動きを撮りやすい
  • ほとんどのミラーレスカメラに対応
  • 価格
  • 94470円(税込)
  • 10999円(税込)
  • 52000円(税込)
  • 1698円(税込)
  • 28215円(税込)
  • 54800円(税込)
  • 32400円(税込)
  • 61600円(税込)
  • 34170円(税込)
  • タイプ
  • 電動式
  • 電動式
  • 電動式
  • 機械式
  • 電動式
  • 電動式
  • 電動式
  • 電動式
  • 電動式
  • 形状
  • ハンドヘルド
  • ハンドヘルド
  • ハンドヘルド
  • ハンドヘルド
  • ハンドヘルド
  • ハンドヘルド
  • ハンドヘルド
  • ハンドヘルド
  • ハンドヘルド

ジンバルを使うシーン

手ブレを補正して安定した撮影を行えるジンバルを使うシーンはさまざまですが、一般的に使われるシーンとしては、スマートフォン向けのジンバルは、運動会での子どもの撮影や、海外旅行での風景撮影などです。

 

一眼用のジンバルだと短編映画の撮影にも適していて、大型ジンバルだとCMの撮影にも使われています。このようにジンバルは、さまざまな撮影に活用することができます

 

 

ジンバルはバランス調整とキャリブレーションが重要

ジンバルは、事前のバランス調整がとても重要です。動作がおかしかったり、ジンバルが唸ってしまうなどの症状の多くは、ジンバルに載せたカメラの取り付けバランスを悪かったり、キャリブレーションがずれていることが原因です。

 

カメラの取り外しができるタイプのジンバルの場合は、事前のバランス調整をして、数回に1度はキャリブレーションをするのがおすすめです。目盛りが付いているジンバルだと、取り付け時の目安にしやすいので便利です。

 

カメラの取付バランスが良ければ、ジンバルの消費電力を減らせて異常な動作をすることも少なくなります。使っているうちに動作などがおかしいと感じたら、再度バランス調整をして、その場でキャリブレーションをすると改善するケースが多くなっています。

 

 

ジンバルを使うことでプロ並みの撮影もできる

ジンバルを使うことにより、プロ並みの動画撮影をすることができます。気になるジンバルが見つかりましたら、ぜひ購入して試してみてはいかがでしょうか。

 

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ