記事ID141239のサムネイル画像

【社交ダンス・ジャズ】ダンスシューズのおすすめ人気ランキング20選

ダンスシューズはメンズやレディースにキッズ用もあります。価格も安いものから高いものまでさまざま。ナイキやアディダスなど多くのブランドが出しており、社交ダンスやジャズダンスなど、ダンスの種類に合わせて選ぶことも重要です。ここでは選び方やおすすめの商品をご紹介します。

ダンスシューズはそれぞれ機能や特性が異なる

ダンスを楽しむときの必須アイテムであるダンスシューズは、自分に合ったシューズを選ぶことが重要で、ナイキやアディダスなど、多くのブランドから発売されています。靴選びは、その後の上達を左右するとも言われるほど重要です。

 

ダンスシューズには、それぞれに機能や特性があるので、どのようなダンスのジャンルを選ぶのかによって選び方が変わってきます。ですので、ダンスシューズは購入する前にしっかりと情報を調べる必要があります。

 

今回はダンスシューズの選び方や、おすすめの商品をランキング形式でご紹介していきます。ダンスを始めようと思っていたり、ダンスシューズの購入を考えているのなら、ぜひチェックしてみて下さい。

編集部イチオシのダンスシューズはこちら!

(NIKE)ナイキ

エア マックス インフィニティ

価格:10,670円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

急な動きにも対応できる

エアマックスのクッション性が足を柔らかく包み込むので、急な動きにも対応することができます。ソールが厚いので背が大きく見える、ダンスの動きが大きく見えるなどのメリットもあります。

 

現代的なシルエットで、未来の快適さをイメージさせる存在感のあるスタイルをしていることも魅力的なポイントです。履き心地も良いので、機能性だけではなくデザイン性にも優れています。

 

他のダンスシューズと比較すると価格が高めですが、その価値が十分にある人気が高いダンスシューズです。

サイズ25.5~30センチ素材合成皮革

口コミをご紹介

ナイキの靴は初めて買いましたが、予想以上によかったです。普段より1サイズ大きな25センチを買いましたがピッタリでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダンスシューズの選び方

ここからはダンスシューズの選び方のポイントをご紹介していきます。ダンスシューズの購入を考えているのなら必見です。

素材で選ぶ

ダンスシューズの素材は革製とラバー製があります。自分の踊る系統のダンスに合わせて素材を選ぶのがおすすめです。

革製は滑りやすい

革製のダンスシューズはスウェード素材で出来ています。それにより非常に滑りやすいという特徴があります。スライド系やターン系が多いダンスをするのであれば革製を選ぶようにするのがおすすめです。

ラバー製は初心者におすすめ

ラバー製のダンスシューズはゴムで出来ているので滑りにくくなっています。重心の移動や踏み込みにも負担がかからず踊りやすくなっています。初心者の人にもおすすめできる素材です。

ジャズやバレエはソールタイプも重要

ジャズやバレエを踊るのであれば、ソールタイプ(フルソール・スプリットソール)の違いを押さえておくことも重要です。ソールが1つにつながっているフルソールは安定感があり、子どもや初心者におすすめのタイプです。

 

特にバレエでは、程よい抵抗感があるフルソールのほうが効率よく足裏を鍛えられます。その一方でスプリットソールは、ソール部分が2つに分かれているタイプのことです。スプリットソールはフィット感に優れていて、足先の動きが楽なことが特徴です。

 

ジャズではスプリットソールが主流になっていますが、子どもなど安定感を求めている場合はフルソールを選ぶことあります。

形で選ぶ

ダンスシューズは、自分に合う形で選ぶことが重要です。大きく分けると、ローカットとハイカットがあります。ハイカットは足首までしっかりとガードできて、ローカットは足の甲までの、くるぶしが見えるような形です。

ローカットは踊りやすい

ローカットシューズは足首が自由に動きます。初心者にも踊りやすい形になっているのが特徴です。踊りやすさを重視するのであればローカットシューズを選ぶようにするのがおすすめです。

ハイカットシューズはオシャレ

ハイカットシューズは、オシャレでデザイン性が重視されています。足首まで高さがあると踊りにくい場合もあり、靴ずれを起こす可能性もありますが、オシャレやカッコよさを求めるのであればハイカットシューズを選ぶのがおすすめです。

ダンスのジャンルで選ぶ

ダンスには、ヒップホップやバレエなど、さまざまなジャンルがあります。ダンスによって体の動きが大きく異なるので、シューズにもそれぞれの動きに合わせた機能や設計が必要です。

ヒールタイプは社交ダンスやフラメンコにおすすめ

ドレスなどの女性らしさを強調した衣装を身に着けるフラメンコや社交ダンスでは、ヒールタイプの専用シューズを使用します。つま先の覆われたパンプスタイプはスタンダード種目、つま先部分が開いているサンダルタイプはラテン種目で使われます。

 

また、靴底に音を打ち鳴らすための釘が打ち付けられているフラメンコ用シューズは、パンプスタイプが一般的です。初級用・セミプロ用・プロ用と3つのグレードがあり、上級になるほど値段が高くなっていきます。

 

どちらのダンスも普段使いのパンプスやサンダルで代用することはできません。思うように動けないではなく、足を痛めてケガにつながる危険性もあります。必ず各ダンス用のシューズを選ぶようにしてください。

バレエやタップダンスは専用のシューズが不可欠

バレエやダップダンスは、つま先立ちやタップな独特の動きを行う必要があるので、専用のシューズが必要不可欠です。バレエシューズは主に、布タイプ・全皮タイプ・前皮タイプの3種類があります。これからバレエを始めるのであれば布タイプがおすすめです。

 

布タイプであれば、バレエ専用スタジオ以外の床でも使えることから、初心者からプロまで幅広いダンサーに人気です。また、靴底のつま先とかかと部分に音を鳴らすための金属製タップスが付いているのがタップダンスの専用シューズです。

 

普通の靴に自分で付けることも可能ですが、踊りにくく悪い癖がついてしまう可能性があるので、これから始める人は最初からタップスのついたシューズを選ぶようにするのがおすすめです。

ダンススニーカーは幅広いジャンルに対応できる

スニーカータイプのダンスシューズは、ヒップホップ・社交ダンス・ジャズ・ラテン系・ストリート系など、幅広いジャンルのダンスに対応できるのが特徴です。普段の靴とあまり変わらない形状や履き心地で、デザインも豊富です。

 

しかし、ダンスに日常用のスニーカーやランニングシューズを使ってはいけません。ランニングシューズは基本的に前方向への動きを想定した作りになっていて、ダンスでよくある横方向や瞬発的な体重移動、ひねりなどに適した設計がされていません。

 

靴底についても、通常のスニーカーは1つにつながっていますが、ダンススニーカーは2つに分かれているスプリットソールが一般的です。これによりフィット感が向上し、ダンスに必要な動きを楽にできるように工夫がされています。

ホールド性が高いとどのような動きも支えられる

ホールド性の言いダンスシューズを選ぶということは、どのような動きもしっかりと支えられる安定性が良いシューズを選ぶということです。ダンスエクササイズなどの運動では、ランニングやウエイトトレーニングとは異なる激しい運動が求められます。

 

縦だけではなく、横の動きでも足にフィットするホールド性があれば、シューズを気にすることなくダンスに集中することができます。ですので、ダンスシューズを選ぶときは、ホールド性を忘れずにチェックすることも重要です。

ダンスシューズのサイズ選びのポイント

ダンスシューズのサイズ選びは、普段の靴と同様に基本的にはジャストサイズを選べば問題ありません。大きすぎると安定感に欠けてしまい、小さすぎると必要以上に足に負担がかかることで痛めてしまう可能性があります。

 

ですが、集めの靴下を履いたり足幅が広め、すぐにサイズが代わりやすい子どもなどは少し大きめのもの選ぶほうが良い場合もあります。逆に、皮のものは履いているうちに伸びる場合はがあるので、気持ち小さめを選ぶようにするのがポイントです。

 

また、バレエやフラメンコではメーカーによってサイズや方が異なる場合があります。いずれのダンスの場合でも、サイズが合わなかった場合に返品や交換ができるサービスがあるのかを事前に確認しておけば、安心して購入することができます

ダンスシューズのメーカーで選ぶ

ダンスシューズには、いくつかの有名メーカーがあります。それぞれのメーカーの特徴を知ることもダンスシューズ選びでは重要です。

アディダスは動きを妨げない作りをしている

アディダスは。それぞれのスポーツに合わせた専用のシューズが必要という考えのもとにシューズを開発しています。また、足首まで長さがあるということもアディダスのダンスシューズの特徴です。

 

見た目は動きにくそうですが、動きを妨げない作りになっているので快適にダンスを行うことができます。足首までシューズの長さがあることにより、しっかりと足にフィットさせることができます。

 

長いシューズを購入することで足首まで固定できるので、捻挫をしてしまうリスクを軽減できることもメリットです。

プーマは初心者や子どもにもおすすめ

プーマのダンスシューズは、ソール部分が分厚く作れているという特徴があります。ソールが分厚く作れていることで重圧感がある仕上がりになっていますが、軽い素材を使うことにより軽いシューズに仕上げられています。

 

ソールが厚いことにより耐久性が向上しているだけではなく、足への衝撃を最大限軽減することができます。そのため、足を痛めやすいダンスの初心者や子どもにおすすめです。ストレスなく履くことができ、素足に近い感覚を得られます。

ニューバランスは履き心地を優先している

ニューバランスは、偏平足を治す矯正用スニーカーブランドとして産声をあげました。卓越した技術は履き心地を最優先に、シューズを扱っているメーカーです。現在は、シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションで人気のメーカーです。

おすすめのダンスシューズ20選

第20位

Sansha

レディース ダンスシューズ

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広いダンスに対応していてサイズ展開豊富

5本のラインが配置されていて、その間から指がはみ出しにくく工夫がされているので、安心してダンスをすることができます。

 

社交ダンスやジャズなど、幅広いダンスに対応していて、サイズ展開が豊富なので、足が小さかったり大きくてサイズを探すのに困っているという人にもおすすめです。

サイズ22~24.5センチ素材合成皮革

口コミをご紹介

前々回は黒を、前回はゴールドを、今回はシルバーを購入。サイズを0.5cm上げました。23.0cmだと少し小さめで23.5cmだと少し緩めです。前滑り用の中敷きで調節したらピッタリに。甲高の方には丁度よいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第19位

Splenno(スプレンノ)

ジャズダンスシューズ

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑りくいので安心して使える

ジャズダンスやタンゴのようなダンスにおすすめのシューズです。人間の足の形に合わせて製作された底なので、足の動作をスムーズにしてくれます。底の素材はスウェードでフローリングとしっかり密着するので、滑りにくくて安心です。

サイズ22.0~26.0センチ素材PUレザー・スウェード

口コミをご紹介

ダンスをするには、動きやすくていいです。が、紐が長すぎるのと、脱ぎ着がしにくいです。踊るためには脱げにくいのがいいですが、ストレッチの時は、靴を脱ぎ、その後のダンスの時は履くという練習メソッドなので、このような場合には不便です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第18位

Caligen

スニーカー

価格:2,250円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

運動をしても蒸れにくい

軽くて蒸れないダンスシューズを探している人におすすめです。甲のパーツは、メッシュのアッパー素材で通気性がよく運動をしても蒸れにくいという特性があります。柔らかくて足にぴったりフィットします。

サイズ23~28.5センチ素材ポリエステル

口コミをご紹介

このスニーカーで近くのトレッキングコースに行きました。軽いし歩きやすくて購入して良かったです

出典:https://www.amazon.co.jp

第17位

Splenno(スプレンノ)

ダンススニーカー

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ターンやステップが多いダンスにおすすめ

ストリートダンスだけではなく、チアダンスなどの比較的激しい踊りでも使いやすいダンスシューズです。爪先立ちがしやすいスクエアトゥなので、ターンやステップが多いダンスにピッタリのシューズです。

サイズ22.0~26.0センチ素材メッシュ・合成皮革

口コミをご紹介

普段24.5~25.5を靴の種類で使い分けて使用していますが、今回はダンス用に平均サイズを購入しました。
履き始め 若干きつく感じましたが、直ぐに馴染み現在ジャストフィットしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第16位

Floralover(カレン)

レディース ダンスシューズ

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

華やかなカラーバリエーション

ヒールタイプのダンスシューズで、さまざまなダンスで映えるデザインです。カラーもシルバーやゴールドなど華やかな色合いが取り揃えられています。履き心地がよく柔軟な底なので長時間のダンス競技にも向いています。

サイズ22.0~25.5センチ素材合成皮革

口コミをご紹介

安いから全く期待していなかったのですが、初心者には十分でした。何度か使っていたら少し柔らかく使いやすくなりました。満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第15位

RYKA

ダンスエクササイズシューズ

価格:16,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オシャレでカワイイ

足の悩みが多い女性のために、ホールド感を追求して運動がしやすいように工夫がされています。女性デザイナーがデザインしていることにより、カラーや形がオシャレでカワイイことも魅力的なポイントです。

サイズ22~28センチ素材Textile and Synthetic

口コミをご紹介

普段はいている靴のサイズより1㎝大きい物を選びましたが、正解でした。
ズンバとエアロビクスのレッスンではいていますが、足にフィットして
快適に踊れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第14位

HARUITIBAN(ハルイチバン)

メンズ ダンスシューズ

価格:6,880円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザインで衣装に合わせやすい

社交ダンスから室内や室外のダンスの練習用にパーティー用など、さまざまなシーンに対応している万能なダンスシューズです。シンプルなデザインはどのような衣装にも合わせやすく仕上げられています。

サイズ24.0~27.5cm素材天然皮革

口コミをご紹介

最初、2回ほど滑ったけれど、ルンバ等では回転しやすい。ダンス初心者です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第13位

L-RUNJP

ダンスシューズ

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーションは全8色

幅広い用途で使えるダンスシューズで、サイズが16.5から17.5cmまで用意されています。子どもから大人まで対応できるのも魅力です。カラーバリエーションも8色と豊富なので、好みの色を見つけやすくなっています。

サイズ16.5~27.5センチ素材コットン

口コミをご紹介

エレクトーンシューズとして靴を探していたところ、皆のレビューを読み、これだ!と思い、
思い切って購入しました。まるで素足の様にベースを踏む事が出来、最高です!

出典:https://www.amazon.co.jp

第12位

Daydance

シューズ

価格:1,888円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

舞台上で映える効果を期待できる

しっとりと柔らかい豚革で作られているダンスシューズです。牛革と比較してもソフトで耐久性があるので、激しい動作が多いチアダンスやジャズダンスなどに向いています。

 

日本人の肌に色に馴染みやすいタンカラーはまるで裸足で踊っているような錯覚を与えるので、舞台上で映える効果を期待することができます。

サイズ18~24.5センチ素材豚革

口コミをご紹介

子供のレッスンに購入
まだ使用していませんが履き心地はいいそうです!

出典:https://www.amazon.co.jp

第11位

adidas

アディダスファイト

価格:3,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多方向のクイックな動きに対応

室内でも屋外でもダンスがしやすいダンスシューズで、ソールの作りが多方向のクイックな動きに対応できるように設計されています。フローリングでも滑ったりしないので、安心して踊ることができます。

サイズ17~25.5センチ素材合成皮革

口コミをご紹介

小学校三年生の息子に購入。サイズは21センチを購入しました。大きくなくも小さくなくもちょうどよい感じで本人も気に入って履いてます!

出典:https://www.amazon.co.jp

第10位

Micopuella(ミコプエラ)

ダンスシューズ

価格:3,765円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑りにくく室内でも安心して使える

ブーツタイプでもありながら動きやすく、柔らかく足にフィットしやすくなっています。サイドには脱ぎ履きしやすい前面ファスナーつきで、ソールにはラバーを使い滑りにくくなっています。室内でも安心して使うことができるのも魅力的です。

サイズ22.0~24.5cm素材PUレザー

口コミをご紹介

毎日履くものなので、軽くてかっこ良くて良かったです。
ターンはしづらいですがブーツなので見た目もイケメンです♡

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

DAZZLING

ダンスシューズ

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダンスでの足の衝撃を和らげてくれる

5cmのフレアヒールで体重をしっかり支えつつ、履き口がリブ素材で柔らかく甲全体をしっとり包んでくれます。スウェードのソールは比較的クッション性が高いので、ダンスのときにかかる足への衝撃を和らげてくれます。

サイズ22.5~25センチ素材PU

口コミをご紹介

レザー調でかなりいいです!甲薄目で普段ヒールもスニーカーも23.0cmを履いてます、こちらの23cmもジャストです。ストッキングなみの薄いやつじゃないと厚めの靴下では履けません。底のゴムもいい感じで長時間歩いても痛くないし違和感なく履いてられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

MIZUNO

ウエーブダイバース LG 3

価格:10,482円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シューズ内の温度や湿度を下げるシステム搭載

高いクッション性や屈曲性があるシューズです。激しい動きに対応することができて、シューズ内の温度や湿度を下げる通気システムを搭載。アッパーのエアメッシュとソールから湿度を排出して調整しています。

サイズ22.0~27.5cm素材人工皮革

口コミをご紹介

使用中の同じものが、滑るようになったので、同じものを購入しました。白なので、どんなウエアーともあいます。普段は23,5〜24センチですが、厚手のソックスを履くので、24センチにしました。外反母趾ですが、すぐなじみます。足首が遊ばなくていいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

New Balance Japan,Inc. =New Balance=

フィットネスシューズ WXNRGL レディース

価格:4,020円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

履き心地に優れるシューズ

ストリートダンスにおすすめのシューズです。ソール厚さは2センチ、ヒールが3センチなので体重を緩和させて柔らかく包んでくれます。適度な反発力もあって履き心地にも優れています。

サイズ22~26.5センチ素材合成皮革・合繊

口コミをご紹介

とっても快適です!
なんせ靴紐を結ばなくていいし、脱ぎ履きしやすいです!
いい買い物をしました(∩˘ω˘∩ )

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

Dynadans

ダンスシューズ

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格が安い

牛革による天然皮革で、履けば履くほど足に馴染みます。軽量で履きやすく通気性にも優れているので快適にダンスをすることができます。練習用としても本番用としても使える万能なダンスシューズで価格が安いことも魅力的なポイントです。

サイズ21.5~28.0cm素材天然皮革

口コミをご紹介

毎日のレッスンで男の子が使うので、お手頃な値段で購入出来て満足しています。使っているうちに足に馴染んでくるようですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

ZUM

ジャズシューズ

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイカットのジャズシューズ

約110gと軽量化がされていて、通気性もよく型崩れしにくいスタイリッシュなハイカットのジャズシューズです。ブーツタイプで脱げにくくなっているので、ダンス中にシューズが原因で集中力が途切れることもありません。

サイズ19~27.5cm素材スウェード(ソール)

口コミをご紹介

初めてこういうタイプのシューズを買いました、自分でつま先立ちしないとぺったんこなので大変ですが、その分体幹も鍛えられそうで良いです、以前よりターンがうまくできます

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

MIZUNO

フィットネスシューズ ウエーブダイバース

価格:7,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽さにこだわられている

ダンスエクササイズ向けのハイカットスニーカーで、軽さにこだわられています。ターンやクイック、ひねりの動作をよりスムーズに行えるように、ソール部にサークル型のモチーフが埋め込まれていることも特徴です。

サイズ22.0~25.5センチ素材合成皮革

口コミをご紹介

もう少しつま先に余裕があるかと思いましたが、あたるほどでは無いけれど、運動する靴にしてはぴったり過ぎたかな?!と言った所です。
靴紐を最後まできっちりと結ぶ事で、運動には差し支えが無く使用できています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

MIZUNO

ウエーブダイバース LG LITE

価格:7,818円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マジックテープベルト付きのスリッポンタイプ

スリッポンタイプなので脱ぎ履きが簡単でありながも、甲をしっかりとホールドするマジックテープベルト付きです。ホールド感がありながらも、マジックテープ特有のチープな感じがしないと口コミでも好評です。

サイズ22~27.5センチ素材合成皮革

口コミをご紹介

軽くて、履きやすく、フィットネスには最高です。今までハイカット中心に色々試しましたが、コスパも手頃で助かります。ワンサイズアップの26をチョイスしましたが、素材的に25.5の色違いもリピートしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ZUM

ZDS118-DX

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ジャズなどにダンスにおすすめ

高級な本革で作られているジャズシューズです、どのような場所でも柔軟性と摩擦力を発揮する合成ソールは、ジャズなどのダンスに適しています。ソールには滑り止めがついていて、バランスを保ちダンスに最適な滑りを実現しています。

サイズ21.5~27.5cm素材メッシュ・合成皮革

口コミをご紹介

びっくりするほど軽くて、しかも足にフィットして履いていることを忘れてしまいそうです。
外反母趾で、ダンスシューズで長時間踊ると夜痛みで寝れないほど痛むことがあるので、
とてもよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Linodes

ダンスシューズ

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足に優しく馴染み疲れにくい

牛革をしているシューズで通気性抜群です。軽量で摩擦にも強く、まるでスリッポンのように履けるのも魅力的なポイントです。足に優しく馴染み、疲れにくいシューズに仕上げられています。

 

底にはゴムが付いていて、ジャズダンスやエレクトーンダンスなど、さまざまなダンスに対応しています。

サイズ21.0~28.0cm素材レザー・牛革レザー

口コミをご紹介

安いのにちゃんとした商品で安心しました。少し大きめですが、中敷きで調節すれば問題無く、長く使えそうで嬉しいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

ダンスシューズの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5289241の画像

    Linodes

  • 2
    アイテムID:5289238の画像

    ZUM

  • 3
    アイテムID:5289228の画像

    MIZUNO

  • 4
    アイテムID:5289203の画像

    MIZUNO

  • 5
    アイテムID:5289262の画像

    ZUM

  • 6
    アイテムID:5289265の画像

    Dynadans

  • 7
    アイテムID:5289231の画像

    New Balance Japan,Inc. =New Balance=

  • 8
    アイテムID:5289252の画像

    MIZUNO

  • 9
    アイテムID:5289200の画像

    DAZZLING

  • 10
    アイテムID:5289246の画像

    Micopuella(ミコプエラ)

  • 11
    アイテムID:5289190の画像

    adidas

  • 12
    アイテムID:5289196の画像

    Daydance

  • 13
    アイテムID:5289209の画像

    L-RUNJP

  • 14
    アイテムID:5289256の画像

    HARUITIBAN(ハルイチバン)

  • 15
    アイテムID:5289185の画像

    RYKA

  • 16
    アイテムID:5289212の画像

    Floralover(カレン)

  • 17
    アイテムID:5289218の画像

    Splenno(スプレンノ)

  • 18
    アイテムID:5289221の画像

    Caligen

  • 19
    アイテムID:5289227の画像

    Splenno(スプレンノ)

  • 20
    アイテムID:5289181の画像

    Sansha

  • 商品名
  • ダンスシューズ
  • ZDS118-DX
  • ウエーブダイバース LG LITE
  • フィットネスシューズ ウエーブダイバース
  • ジャズシューズ
  • ダンスシューズ
  • フィットネスシューズ WXNRGL レディース
  • ウエーブダイバース LG 3
  • ダンスシューズ
  • ダンスシューズ
  • アディダスファイト
  • シューズ
  • ダンスシューズ
  • メンズ ダンスシューズ
  • ダンスエクササイズシューズ
  • レディース ダンスシューズ
  • ダンススニーカー
  • スニーカー
  • ジャズダンスシューズ
  • レディース ダンスシューズ
  • 特徴
  • 足に優しく馴染み疲れにくい
  • ジャズなどにダンスにおすすめ
  • マジックテープベルト付きのスリッポンタイプ
  • 軽さにこだわられている
  • ハイカットのジャズシューズ
  • 価格が安い
  • 履き心地に優れるシューズ
  • シューズ内の温度や湿度を下げるシステム搭載
  • ダンスでの足の衝撃を和らげてくれる
  • 滑りにくく室内でも安心して使える
  • 多方向のクイックな動きに対応
  • 舞台上で映える効果を期待できる
  • カラーバリエーションは全8色
  • シンプルなデザインで衣装に合わせやすい
  • オシャレでカワイイ
  • 華やかなカラーバリエーション
  • ターンやステップが多いダンスにおすすめ
  • 運動をしても蒸れにくい
  • 滑りくいので安心して使える
  • 幅広いダンスに対応していてサイズ展開豊富
  • 価格
  • 2900円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 7818円(税込)
  • 7700円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 2900円(税込)
  • 4020円(税込)
  • 10482円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 3765円(税込)
  • 3399円(税込)
  • 1888円(税込)
  • 1799円(税込)
  • 6880円(税込)
  • 16280円(税込)
  • 2280円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2250円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2000円(税込)
  • サイズ
  • 21.0~28.0cm
  • 21.5~27.5cm
  • 22~27.5センチ
  • 22.0~25.5センチ
  • 19~27.5cm
  • 21.5~28.0cm
  • 22~26.5センチ
  • 22.0~27.5cm
  • 22.5~25センチ
  • 22.0~24.5cm
  • 17~25.5センチ
  • 18~24.5センチ
  • 16.5~27.5センチ
  • 24.0~27.5cm
  • 22~28センチ
  • 22.0~25.5センチ
  • 22.0~26.0センチ
  • 23~28.5センチ
  • 22.0~26.0センチ
  • 22~24.5センチ
  • 素材
  • レザー・牛革レザー
  • メッシュ・合成皮革
  • 合成皮革
  • 合成皮革
  • スウェード(ソール)
  • 天然皮革
  • 合成皮革・合繊
  • 人工皮革
  • PU
  • PUレザー
  • 合成皮革
  • 豚革
  • コットン
  • 天然皮革
  • Textile and Synthetic
  • 合成皮革
  • メッシュ・合成皮革
  • ポリエステル
  • PUレザー・スウェード
  • 合成皮革

ダンスシューズは耐久性に注意

ダンスはレベルが上がるに連れて、細かい身のこなしや複雑な動きが必要になります。その分シューズへの負担も大きくなるので、長く使うためにはダンスシューズの耐久性が重要になります。

 

コスパを重視して安いだけのダンスシューズを購入すると、すぐに使えなくなってしまう可能性があります。また、シューズは中古品も多く販売されていますが、作られてから年数が経つほど、加水分解によってソールが剥がれてしまうなどの可能性が高まります。

ダンスをするのに向いていないシューズ

ダンスをするならどのようなシューズでも問題ないと思われがちですが、ダンスに向いていないシューズも多くあります。なぜダンスに向いていないのかについて、ここからはご紹介していきます。

ランニングシューズ

ダンスをする際に、特に間違えて選ばれやすいのがランニングシューズです。ランニングシューズは一般家庭にある割合が高く、さまざまな要素で使われていることが多くなっています。

 

ですが、ランニングシューズは走るためのシューズであるため、前への動きに合わせて作られています、ダンスは前だけではなく後ろや左右に動くことも多くなっていて、瞬発的な動きも含まれます。このような理由からランニングシューズはダンスに向いていません

アパレルメーカーのシューズ

アパレルメーカーが出しているシューズは動きやすい素材で作られていますが、ダンスをするのに適してはいません。

 

動きやすいことからダンスに適していると思われやすいですが、激しい動きができるように作られていないので、ダンスの技術が上達しにくくなっています。また、頑丈に作られていないので、すぐに壊れて使えなくなってしまいます。

ヒールマークがつくシューズ

ヒールマークとは、靴を履いた際に後が床に残ってしまうことです。ヒールマークがついてしまうシューズを履いてダンスを行うと床を痛めてしまう可能性が高くなります

 

床にヒールマークがついてしまうと床の見た目が悪くなるだけではなく、床が凹凸になることでケガをしてしまうリスクも高めてしまうので注意が必要です。

ダンスシューズを活用して、ダンスをより楽しく!

ダンスシューズは、しっかり選ばないと失敗しやすくなっています。ですので、しっかり選び方を見てから選ぶようにしてみてください。自分に合うダンスシューズを使えば、よりダンスがしやすくなりますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ