記事ID141214のサムネイル画像

キャリーカートのおすすめ人気ランキング25選 【キャンプや旅行に!】

アウトドアや買い物、釣り、子供の運動会などシーンを選ばず重い荷物を楽に運ぶことができるキャリーカート。折りたたみ式や軽量でおしゃれなものなど様々な製品が販売されています。今回はキャリーカートの選び方と人気のおすすめ商品25選を紹介します。

重い大量の荷物を楽々運搬

アウトドアや買い物をする際に、重くて大量の荷物を手に持って運ぶのは大変ですよね。そんな時に大活躍するのが、キャスターを搭載し、荷物を載せて楽に運搬できるキャリーカートです。

 

アウトドアで使用されることが多いですが、他にも子供のイベント行事や、旅行、釣り、農作業など、シーンを選ばず重宝されています。中には便利なテーブル付きなど、荷物運搬以外の意外な機能を搭載したものも。

 

しかし、実際には種類が多くどれを選べば良いか迷われる方も多いかと思います。そこで今回はキャリーカートの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください

編集部のイチオシキャリーカートはこちら!

コールマン(Coleman)

IL アウトドアワゴン

価格:15,327円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定感抜群で耐荷重が約100kgの力持ち

編集部がイチオシするキャリーカートが、キャンプ用品やアウトドア用品を幅広く手掛ける「コールマン」製の中キャリーカートです。Amazonをはじめとする多くの通販サイトで、高い評価が目立つ人気商品となっています。

 

本体重量が約11kgにして、耐荷重は約100kgと非常に重い重量を運搬可能。また、荷台はボックス型になっているので荷物が振動で落ちる心配も不要です。さらに使用しない時はコンパクトに折りたためて専用ケースに収納できるのも魅力。

 

また、大型のタイヤにはストッパーが搭載されているので、安全性にも考慮されています。アウトドア用のキャリーカートの定番と呼ばれるほどの高い信頼性もポイントです。

 

口コミをご紹介

耐荷重量が重いので、二人の子どもと荷物を乗せても安心です。ベビーカーのようにベルトをつけたりという、面倒で子どもも嫌がる工程がないので、気楽に使えます。引く時もそれほど重さは感じず、また思っていたより操作もしやすいです。折りたたみも簡単。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャリーカートの選び方

キャリーカートと一口に言っても様々な種類があり、どれを選んだらいいか困ってしまいますよね。ここでは幾つかのポイントに絞ってキャリーカートの選び方をご紹介します。

キャリーカートの耐荷重で選ぶ

キャリーカートの商品概要欄には、どのぐらいの重さまで載せることができるかを表した耐荷重が記載されています。自分の用途に合わせて選び、ギリギリではなく、少し余裕のある耐荷重で選びましょう。

 

買い物やちょっとした荷物を運ぶ場合は耐荷重が20kg以上あれば問題ありませんが、アウトドア用などのかなり重い荷物を運ぶなら70kg以上のものが安心です。

 

耐荷重が大きなキャリーカートほど大型で価格も高くなる傾向にあるので、オーバースペックにならないように気をつけましょう。

用途に合ったキャリーカートのタイプで選ぶ

キャリーカートのタイプは大きく2種類に大別できるので、使用する用途や載せる荷物に合わせて適切なものを選びましょう。

大量の荷物をまとめて運搬可能な「ワゴンタイプ」

キャンプやバーベキューなど、様々な道具やアイテムをまとめて運搬するなら「ワゴンタイプ」がおすすめです。横のカバーが付いてボックスのようになったものは荷物が落ちにくく安定して運ぶことが可能で、一度に大量の荷物を運ぶことができます。

 

また、屋外での使用が想定されているので、カバーを取り外して洗うことができるものが、衛生的に使用できるのでおすすめです。

少量の荷物には「コンパクトタイプ」

少量や単体の荷物の運搬には、お手軽な「コンパクトタイプ」がおすすめです。旅行用のキャリーバッグのような外観で取り回しやすく、省スペースで使用することができます。

 

また、荷物が落ちにくい荷台がボックス型になっているものや、荷台部分のみで、フック付きロープで荷物を固定する台車型のものがあり、コンパクトタイプの中でも用途に合わせて選ぶことができます。

タイヤの大きさや数で選ぶ

キャリーカート を選ぶ際は、タイヤにも注目しましょう。ガタガタしたオフロードで運搬する場合は、道の凹凸に引っかかりにくい太くて大型のタイヤを搭載したものがおすすめです。

 

反対に舗装された道での使用の場合は、小回りの利きやすい、細くて小さめのタイヤがおすすめ。

 

タイヤの数はベーシックな4輪の他にも2輪、3輪などがありますが、安定感を求めるなら4輪を選んでおくのが無難です。また、安全性を重視するなら、タイヤにストッパーが搭載されているものがおすすめ。

本体のサイズや収納性で選ぶ

キャリーカートは大きくかさばりやすいので、収納時のサイズも選ぶときの需要なポイントです。中でも本体を折りたたんで収納できる折りたたみ式のキャリーカートがおすすめ。

 

折りたたみ式は、物置や倉庫に入れても省スペースで保管でき、車に載せる時にもコンパクトなため非常に便利です。また、サイズと併せてキャリーカートの重量が重すぎないかや、場所を取りやすい形状でないかも確認しておきましょう。

 

 

メーカーで選ぶ

キャリーカートは、数多くのメーカーから優れた製品が販売されています。ここではその中から代表的で人気のあるメーカーを幾つか紹介します。

 

日本でも絶大な人気を誇るアメリカのアウトドアメーカー「コールマン」は、シンプルながら高機能で使いやすい製品を多数揃えています。日本のキャンプ用品メーカー「ロゴス」は、遠目でも目立つ高いデザイン製が魅力です。

 

キャンプ用品ブランド「DOD」は、低価格でありながら高性能のコストパフォーマンスの高さが魅力。どのキャリーカートを選べばいいか困ったら、これらのメーカーの中から選ぶと安心です。

 

持ち手の形状やデザイン性で選ぶ

キャリーカートのデザインは、使用するシーンに合わせて選びましょう。キャンプ場などのキャリーカートを使用する人がたくさんいるシチュエーションでは、一目で自分のものと発見できるような派手な色が便利です。

 

反対に買い物など、街中で使用する場合は浮かない落ち着いたデザインのものがおすすめ。キャリーカートの持ち手の形状は、輪っか状のリング型や、アルファベットのT字型などがあります。

 

リング型は安定感に優れますが、手のサイズにフィットしないことがあり、T字型は手のサイズを選びませんが、重量のある積荷の場合、指に負担がかかりやすいです。

 

 

オプション機能で選ぶ

キャリーカートには、運搬時に役立つアイテムが付属されたものや、運搬以外の便利な機能を搭載した製品があります。必要な機能がないかチェックしておきましょう。

安定して運搬ができるフック付きロープがおすすめ

荷台に積載した荷物をくくり付けるフック付きロープが付属されたものは安定して荷物を運搬することができます。

 

特に台車型のキャリーカートの場合は、フック付きロープがないと荷物の運搬はほぼ不可能なので必ず確認しておきましょう。ボックス型のものはフック付きロープがなくても問題ありませんが、取り付けることでさらに安定感が向上します。

 

フック付きロープだけを別途購入することも可能ですが、最初から付属されていればすぐに使えて便利です。

即席のテーブルとして使えるテーブル機能

キャリーカートの中には、専用テーブルを取り付けることで、即席のテーブルに変身する便利な製品があります。

 

この機能はアウトドアシーンで特に重宝され、一息つきたいときにわざわざテーブルを別で用意する必要がないのが魅力です。

 

 

子供を乗せることができるものが便利

キャリーカートの中には、子供を乗せることを前提とした商品があります。アウトドアでの移動など際に、子供が疲れてグズったりしてしまう時に非常に便利です。

 

しかし、大切な子供を乗せるので、安全性を考えて、メーカーがキャリーカートに子供を乗せることを推奨しているかを必ず確認してから乗せるようにしましょう。

おすすめのワゴンタイプのキャリーカート5選

第5位

OUTPUT LIFE

グランデ キャリーワゴン

価格:26,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーフボードも載せられる超ビッグサイズ

こだわり構造で機能性に優れたインテリアとアウトドアの融合ブランド「アウトプットライフ」製のおしゃれな迷彩柄がポイントの大型キャリーカートです。サーフボードが載せられるほどの大型荷台で、浜辺でも楽々移動できる大型タイヤが特徴。

 

大型ですが、コンパクトに折りたためて、タイヤも取り外しが可能なので、車に積んでも省スペースで済みます。森や海でのアウトドアや、買い物、フィールドワークなど、シーンを選ばず活躍する大容量タイプです。

耐荷重約100kgサイズ89.5×116×115.5cm
折りたたみサイズ-本体重量約14.8kg

口コミをご紹介

一度これに慣れたら一般的なサイズのものは物足りなくなり売ってしまった。コンパクトなのは良いのだが、芝のフィールドでもぬかるみやへこみでタイヤを取られたりするのは面倒。対してこのでかいカートは全く気にせず使える。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Schlossenmann

折りたたみ式多用途キャリーカート

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑り止め付きグリップで移動が快適

大きすぎず小さすぎない手頃なサイズのワゴンタイプです。シートとフレームを簡単に着脱できるので、汚れてもお手入れがしやすく、いつも清潔に保つことができます。

 

大きめの持ち手には滑り止めグリップが搭載されているので、移動時に力が入りやすく、手を傷めにくいのも魅力。また、タイヤは大きめですが、細めに設計されているので比較的小回りが利きやすいのもポイントです。

耐荷重90kgサイズ90×65×52cm
折りたたみサイズ70×56×13cm本体重量9.5kg

口コミをご紹介

前から欲しかったのです。この値段で買えてよかったです。
子供も載せるから、匂いが気にしてたが、まったく匂わないです。布とか意外と厚さがあってしっかりしてますので、これに子供と荷物を載せても大丈夫です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

OSJ

アウトドアワゴン 折りたたみ式 キャリーカート

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

急な雨にも対応できる帆付きキャリーワゴン

急な雨や強い日差しを防ぐ帆を搭載したキャリーワゴンです。帆は荷台に直接蓋をする形ではなく、高さをあけて取り付けるので、荷台からはみ出した積荷に接触しないのがポイントです。

 

手触りの良いグリップや、安全な足踏みストッパー、伸縮可能ミニポケット、保冷・保温袋など、あると助かる嬉しい機能が盛りだくさん。機能性に優れたワゴンタイプをお求めの方におすすめです。

耐荷重100~150kgサイズ53×86×76~102cm
折りたたみサイズ53×20×76~102cm本体重量11kg

口コミをご紹介

タイヤは一体成型の(ホイールは別)大口径ゴムタイヤなので、段差や河原などの石も難なく乗り越えてくれます。積載荷重が100kgなので、アウトドアやキャンプの二持ち運びに便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

レイチェル(Raychell)

グランドキャリアワゴン RR-GC01

価格:9,824円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

溝が大きいビッグタイヤで走破製抜群

デザイン性の高いアウトドア用品を数多く販売する「レイチェルアウトドア」のキャリーワゴンです。こちらもその例に漏れず、赤と黒を基調とした目を引くデザインが魅力。

 

タイヤは、直径、横幅、溝が大きいビッグタイヤを採用し、凹凸の激しいオフロードでも問題ない高い走破性を誇ります。また、ワゴン内部や側面にドリンクなどを収納できる便利なポケットを装備しているのも嬉しいポイントです。

耐荷重60kgサイズ112x51x120cm
折りたたみサイズ22x51x76cm本体重量約10.8kg

口コミをご紹介

ペットの犬をクレートごと運ばなければならず、色々と探していました。アウトドア用キャリーでタイヤの太い物を探して本品に辿り着きました。マンションの廊下を引っ張るときもゴロゴロ音が殆ど無いので、迷惑もかかりません。かなりお勧めの商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

DOD(ディーオーディー)

アルミキャリーワゴン C2-534-KH

価格:15,556円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で力のない女性にもおすすめ

キャンプ用品ブランドで多くの支持を獲得している人気ブランド「DOD」のキャリーワゴンです。本体のみの重量は8.6kgと、他の同サイズのキャリーワゴンと比較しても軽量なため、女性でも楽々運搬できます。

 

本体は軽量ですが、耐荷重は約100kgと高めなので、多くの荷物を一度に運搬可能。また、積荷を安定して運搬できるフロアマットや誤動作防止のタイヤロック、伸縮可能な大型ハンドルなどもポイントです。

耐荷重100kgサイズ96×58×61cm
折りたたみサイズ30×25×69cm本体重量8.6kg

口コミをご紹介

使用感としては、タイヤが細い分取り回し易く、移動距離が長い時にその恩恵を感じられました!またハンドルから手を離した際、バネの力で元の位置に戻ってくれる仕様なので、いちいちクリップに止めなくて良い点もお勧めできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワゴンタイプのキャリーカートのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5271387の画像

    DOD(ディーオーディー)

  • 2
    アイテムID:5271438の画像

    レイチェル(Raychell)

  • 3
    アイテムID:5271376の画像

    OSJ

  • 4
    アイテムID:5271360の画像

    Schlossenmann

  • 5
    アイテムID:5271351の画像

    OUTPUT LIFE

  • 商品名
  • アルミキャリーワゴン C2-534-KH
  • グランドキャリアワゴン RR-GC01
  • アウトドアワゴン 折りたたみ式 キャリーカート
  • 折りたたみ式多用途キャリーカート
  • グランデ キャリーワゴン
  • 特徴
  • 軽量で力のない女性にもおすすめ
  • 溝が大きいビッグタイヤで走破製抜群
  • 急な雨にも対応できる帆付きキャリーワゴン
  • 滑り止め付きグリップで移動が快適
  • サーフボードも載せられる超ビッグサイズ
  • 価格
  • 15556円(税込)
  • 9824円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 26400円(税込)
  • 耐荷重
  • 100kg
  • 60kg
  • 100~150kg
  • 90kg
  • 約100kg
  • サイズ
  • 96×58×61cm
  • 112x51x120cm
  • 53×86×76~102cm
  • 90×65×52cm
  • 89.5×116×115.5cm
  • 折りたたみサイズ
  • 30×25×69cm
  • 22x51x76cm
  • 53×20×76~102cm
  • 70×56×13cm
  • -
  • 本体重量
  • 8.6kg
  • 約10.8kg
  • 11kg
  • 9.5kg
  • 約14.8kg

おすすめのコンパクトタイプのキャリーカート5選

第5位

siffler(シフレ)

キャリーカート G6000 イエロー

価格:1,488円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富なカラーバリエーションが魅力

スーツケースや鞄の製造販売を行う国内メーカー「シフレ」のお手頃価格なコンパクトキャリーカートです。耐荷重は約20kgと低めですが、その分本体が軽量で、そこまで重いものを載せない普段使いには十分です。

 

台車型ですがフック付きロープが付属されているので、しっかりと積荷を固定することができます。こちらはイエローですが、他にもシルバー・ブラック・レッドなどの豊富なカラバリエーションを揃えている点もポイントです。

耐荷重20kgサイズ88×30×37cm
折りたたみサイズ52×30×9.5cm本体重量1.6kg

口コミをご紹介

届いた商品を隅々までチェックしましたが塗装の剥げや傷もなく、タイヤの動きや折り畳みの不具合も全くない完品でした。色はきれいなレモンイエローでグリップやタイヤの黒とマッチして予想外にオシャレです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

ur

折り畳み式 カート

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

疲れた時は腰掛けて休憩できる

ショッピングや子供の運動会、アウトドアなど、様々なシーンで活躍するコンパクトなキャリーカートです。ボックス型のため、積荷を露出せず安全に運搬でき、平たくコンパクトに折りたたむことが可能。

 

積荷運搬時の耐荷重は40kgですが、静止しているときは70kgまで耐えることができるので、耐荷重までであれば、大人でも蓋に座って一休みすることが可能です。

耐荷重40kg(静止時70kg)サイズ40×36×51~105cm
折りたたみサイズ40×8.5×51cm本体重量3.7㎏

口コミをご紹介

車輪がどの方向にも向くのが、扱いやすい。音も小さいです。
泥がついてもジャバジャバ洗えるので、楽チン

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

NEWビッグハウンドキャリー type2 M-1708

価格:1,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズがアバウトな積荷に対応しやすい台車型

高いコストパフォーマンスを実現する日本のアウトドア用品総合ブランド「キャプテンスタッグ」製のコンパクトなキャリーカートです。サイズがアバウトな積荷に対応しやすい台車型で、付属のフック付きロープで荷物を固定します。

 

本体は軽量ですが、40kgまでの荷物に耐えることができ、飲料水の箱やクーラーボックスなどの運搬に最適。また、荷台は横方向に広げることができるので、ギターアンプヘッドなどの音楽機材の運搬にもおすすめです。

耐荷重約40kgサイズ約360×440×925mm
折りたたみサイズ約305×585×140mm本体重量約21.4kg

口コミをご紹介

溜まった古新聞、古書籍を捨てる時。
灯油や飲料水、お米など買い込んだ時などなど
これ一台あれば様々な生活シーンで長期間役立ちます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ROYI

折りたたみ式 軽量 クロストート4WD

価格:3,824円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

堅牢で優れた安定感のコンパクトキャリーカート

こちらは台車型ですが、フレームや荷台部分など、一つ一つが大きく厚めに設計されているコンパクトキャリーカートです。このタイプでは珍しい4輪のタイヤを装備しているので、運搬時も優れた安定感を実現。

 

折りたためば、リュックに入ってしまうほどの収納性の高さも魅力で、積荷を固定するためのフック付きロープも標準装備されています。

耐荷重55kgサイズ42×30×100cm
折りたたみサイズ30×48×10cm本体重量2.1kg

口コミをご紹介

月に一度コストコ行ってます!飲み物や米、果物などたくさん購入するので毎回荷物を下ろす時大変です。昨日、アマゾンで気に入ったキャリーカートを購入し、今日の夕方に到着。
見た目はコンパクトでしっかりしてます。折り畳めるし持ち運びしやすい気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

サンワダイレクト

折りたたみ キャリーカート 100-CART009

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

買い物などの普段使いに最適

生活家電や椅子、オフィス専用商品などを幅広く手がける「サンワダイレクト」のコンパクトキャリーカートです。複数の荷物の運搬に最適なボックス型で、買い物などの普段使いに最適。

 

A4のファイルボックスであれば10冊綺麗に収納できるほどのサイズ感で、耐荷重は約35kgなので飲料水の運搬も問題ありません。折りたたんだ時の厚みは8cm程度とコンパクトなのも魅力です。

耐荷重約35kgサイズ約455×380×980mm
折りたたみサイズ約455×80×465mm本体重量約2.7kg

口コミをご紹介

車から玄関まで、スーパーで買った生活品や食料品を運ぶために購入。
とっても使いやすい!そしてたくさん入ります。
マンションなので車からエレベーターに乗り自宅まで運ぶのに大活躍。

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトタイプのキャリーカートのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5271562の画像

    サンワダイレクト

  • 2
    アイテムID:5271553の画像

    ROYI

  • 3
    アイテムID:5271549の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 4
    アイテムID:5271522の画像

    ur

  • 5
    アイテムID:5271496の画像

    siffler(シフレ)

  • 商品名
  • 折りたたみ キャリーカート 100-CART009
  • 折りたたみ式 軽量 クロストート4WD
  • NEWビッグハウンドキャリー type2 M-1708
  • 折り畳み式 カート
  • キャリーカート G6000 イエロー
  • 特徴
  • 買い物などの普段使いに最適
  • 堅牢で優れた安定感のコンパクトキャリーカート
  • サイズがアバウトな積荷に対応しやすい台車型
  • 疲れた時は腰掛けて休憩できる
  • 豊富なカラーバリエーションが魅力
  • 価格
  • 2480円(税込)
  • 3824円(税込)
  • 1430円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 1488円(税込)
  • 耐荷重
  • 約35kg
  • 55kg
  • 約40kg
  • 40kg(静止時70kg)
  • 20kg
  • サイズ
  • 約455×380×980mm
  • 42×30×100cm
  • 約360×440×925mm
  • 40×36×51~105cm
  • 88×30×37cm
  • 折りたたみサイズ
  • 約455×80×465mm
  • 30×48×10cm
  • 約305×585×140mm
  • 40×8.5×51cm
  • 52×30×9.5cm
  • 本体重量
  • 約2.7kg
  • 2.1kg
  • 約21.4kg
  • 3.7㎏
  • 1.6kg

おすすめの大型タイヤのキャリーカート5選

第5位

ロゴス(LOGOS)

キャリーカート 84720711

価格:24,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

遠目でも目立つストライプ柄

キャンプやBBQの製品やウエアを展開・発信する総合アウトドアブランド「ロゴス」のキャリーワゴンです。おしゃれなストライプ柄が特徴で、悪路でも楽々運搬可能な極太タイヤを搭載しています。

 

また、運搬時は80kgもの耐荷重で、600Dのポリエステル生地を2枚重ねしてあり生地も丈夫。大型ですが、ワンタッチで簡単に組み立て・折りたたみができるのも魅力です。

耐荷重(走行時):約80kg/(静止時):約105kgサイズ約116×61×66cm
折りたたみサイズ約84×58×21.5cm本体重量約11kg

口コミをご紹介

ワンタッチで開閉出来て畳んだ状態でもコロコロ移動出来るので凄く便利です。畳む時にタイヤの向きに注意すれば安定して自立します。底板が入っているので安心して荷物を積み込めますし出し入れがしやすい深さで思っていたより沢山乗せられて助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

eSPORTSオリジナル

ワイドホイール QC-CW90

価格:9,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型ホイールで砂浜でも楽に移動

アーバンライクなデザインや簡単設営のテントやタープ、サンシェードなど、キャンプ・アウトドア用品を手掛けるブランド「クイックキャンプ」製のキャリーカートです。21cm径の大型ホイールで砂浜などの悪路でも楽々運搬が可能。

 

三段階収縮ハンドルや、積荷をより安定して固定するゴム紐など、機能性にも優れています。また、折りたたんだ時に自立するのも嬉しいポイントです。

耐荷重100kgサイズ約107×55×90cm
折りたたみサイズ約23×42×77cm本体重量約11kg

口コミをご紹介

災害時は水、食料、着替えを放り込み持ち出す予定です。
ちなみに、50Kgの女性を乗せてみましたが軽々と動きました。
大規模災害の多発を考えれば一家に一台あるべきグッズかも...。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

NEUTRAL OUTDOOR

オフロードキャリアワゴン II NT-CW03

価格:16,945円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなのに大容量

2015年春にスタートした比較的新しいキャンピングギアブランド「ニュートラルアウトドア」のキャリーワゴンです。従来の製品からモデルチェンジして、収納サイズは約25%ダウンし、容量は約25%アップしています。

 

そのため、コンパクトさとは裏腹に大容量を実感することが可能。ハンドルはT字型を採用し、極太タイヤによって、荒れたキャンプ地でもスムースに移動できる抜群の走破性を誇ります。

耐荷重80kgサイズ52×112×55cm
折りたたみサイズ25×37×74cm本体重量-

口コミをご紹介

駐車場からサイトまでの間に荒い石畳の箇所があり、例の赤いワゴンを使用していた知人はタイヤが細い為苦労して通っていました。
私はこちらのワゴンで同じ場所を通りましたが、何不自由なく通れて改めて買って
良かったと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ワック(WAQ)

アウトドアワゴン

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

150kgの耐荷重を持ったハイパワーワゴン

段差も軽々乗り越えられるほどタフなタイヤを搭載したキャリーワゴンです。オフロードや砂浜、砂利道など、どんな道でも楽に移動が可能。また、150kgの荷物でも耐えれる耐荷重も魅力です。

 

フレームは高強度の強スチールを採用し、堅牢性にも優れ、収納時は驚くほどコンパクトで自立が可能。ワンタッチで組み立て・折りたたみができるのも嬉しいポイントです。

耐荷重150kgサイズ約49×95×90cm
折りたたみサイズ約34×23×82cm本体重量-

口コミをご紹介

商品が届き、開梱してみて最初の驚きはタイヤの大きさでした。イメージしていた物よりタイヤが大きくインパクトありました。ワゴンの色合い、大きなタイヤが全体の印象を可愛くしていると思います。他の商品とも被ることなく、個性的に使用できる商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

FIELDOOR(フィールドア)

ワイルドマルチキャリー

価格:7,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お値段以上の性能を持った高コスパ商品

タープテントやキャンプテントなど、自然を楽しむキャンプ用品を提供するアウトドアブランド「フィールドア」のキャリーワゴンです。シンプルな外観ながら、耐荷重は150kgとかなり高く、一度に大量の荷物を運搬できます。

 

耐久性のある頑丈なスチールフレームや、収納部底部をカバーしているフレーム構造により簡単に折りたためるのも嬉しいポイント。また、高性能ながら1万円を切るリーズナブルな価格も魅力の高コスパ商品です。

耐荷重150kgサイズ約98×62×73~96cm
折りたたみサイズ約35.5×62×74~98.5cm本体重量約11kg

口コミをご紹介

良い商品です。数あるキャリーカートの中でのチョイスのポイントは
一番に耐荷重150㎏という点で80㎏~100㎏までの商品が多い中でNO.1。2番目に極太タイヤ。荷重がかかった時にギャップを難なく超えれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

大型タイヤのキャリーカートのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5271662の画像

    FIELDOOR(フィールドア)

  • 2
    アイテムID:5271640の画像

    ワック(WAQ)

  • 3
    アイテムID:5271626の画像

    NEUTRAL OUTDOOR

  • 4
    アイテムID:5271617の画像

    eSPORTSオリジナル

  • 5
    アイテムID:5271603の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 商品名
  • ワイルドマルチキャリー
  • アウトドアワゴン
  • オフロードキャリアワゴン II NT-CW03
  • ワイドホイール QC-CW90
  • キャリーカート 84720711
  • 特徴
  • お値段以上の性能を持った高コスパ商品
  • 150kgの耐荷重を持ったハイパワーワゴン
  • コンパクトなのに大容量
  • 大型ホイールで砂浜でも楽に移動
  • 遠目でも目立つストライプ柄
  • 価格
  • 7200円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 16945円(税込)
  • 9960円(税込)
  • 24200円(税込)
  • 耐荷重
  • 150kg
  • 150kg
  • 80kg
  • 100kg
  • (走行時):約80kg/(静止時):約105kg
  • サイズ
  • 約98×62×73~96cm
  • 約49×95×90cm
  • 52×112×55cm
  • 約107×55×90cm
  • 約116×61×66cm
  • 折りたたみサイズ
  • 約35.5×62×74~98.5cm
  • 約34×23×82cm
  • 25×37×74cm
  • 約23×42×77cm
  • 約84×58×21.5cm
  • 本体重量
  • 約11kg
  • -
  • -
  • 約11kg
  • 約11kg

おすすめの折りたたみ式のキャリーカート5選

第5位

Aoomiya

キャリーカート 折りたたみ

価格:4,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

台車型でありながら耐荷重200kg

コンパクトな台車型でありながら、耐荷重200kgというハイパワーなキャリーカートです。荷台は分厚い強化プラスチックを採用し、軽くて頑丈な上、安定感も抜群。さらに付属のフック付きゴムひもで重い荷物をしっかり固定します。

 

タイヤは積荷が重くても安定しやすいように自在輪4つと、固定輪2つの計6輪を採用。さらに収納袋付きなので、使わない時はコンパクトに収納でき、家の収納スペースっを汚したりする心配がいりません。

耐荷重200kgサイズ約32×45.4~59.5×41~93cm
折りたたみサイズ約32×11×45cm本体重量約3.4kg

口コミをご紹介

もうそろそろバーベキューの季節なので購入しました。荷重200kgまで、6輪、360度回転できる、しっかり作ってあります。折り畳み式で普通台車と平台車として両方ども使えし、収納もしやすいので、家庭用として十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

テントファクトリー(Tent Factory)

キャリーワゴン オールランド TF-MXCW-OLG

価格:6,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カバーは取り外して丸洗い可能

アウトドアシーンを応援するスタンダードでリーズナブルなキャンプ用品ブランド「キャンプファクトリー」製のキャリーワゴンです。本体収納部カバーは取外し可能なので、汚れても丸洗いできます。そのためアクティブなシーンでも問題なく使用可能。

 

使用しない時はコンパクトに折りたたむことができ、タイヤまでカバーすることができる便利なキャリーバッグが付属されています。シンプルながら使い勝手の良いキャリーカートです。

耐荷重約80kgサイズ93x51x57cm
折りたたみサイズ53x21x75cm本体重量9.8kg

口コミをご紹介

スポーツ少年団で使うグランドライン4袋(1袋20㎏)を車から倉庫まで運搬する時など便利。キャリーで運んでも重いが、手持ちで運ぶことを考えると大分楽だ。30キロの子供を乗せたりしてみたが、特に問題ない。故障もしていない。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

タンスのゲン

ENDLESS BASE 折りたたみ キャリーワゴン

価格:9,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量195Lながら折りたたみ簡単

羽毛布団・テレビ台・ベッドなど生活を豊かにする高品質な商品を生み出すブランド「タンスのゲン」のキャリーワゴンです。アウトドアシーンにフィットする迷彩柄がポイントで、耐荷重は150kg、195Lの大容量です。

 

高耐久スチールフレームを採用した堅牢さも魅力で、大型ですが組み立て・折りたたみはワンタッチで簡単にできます。折りたたみ時は非常にコンパクトで専用ケースが付属されているのも魅力です。

耐荷重150kgサイズ103×69×68cm
折りたたみサイズ22x68x87cm本体重量約13kg 

口コミをご紹介

まずは想像以上に簡単な取り扱いに感動でした。持ち手の形状1本のバー形状が多い中、リヤカータイプのコの字の持ち手です。押しても引いても中に入って、おなかで引っ張る事も出来ます。この形状が実物を見てやっぱりこの品物を選んで良かったと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

DOD(ディーオーディー)

キャリーワゴン C2-237-KH

価格:13,356円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水を弾くPVCコーティングされた強化メッシュ素材

高品質なキャンプ用品ブランド「DOD」のキャンプやBBQなどで大活躍の折りたたみ式ワゴンです。PVCコーティングされた強化メッシュ素材を採用しているので、防水性に優れています。

 

小物を収納できる便利なポケットも搭載し、コンパクトに折りたたむことが可能。折りたたんでも自立し、転がして運ぶことができるキャリバーグが付属されています。

 

 

耐荷重100kgサイズ約53×95×60cm
折りたたみサイズ約20×30×80cm本体重量約13.5kg

口コミをご紹介

他社と色合いなどの雰囲気も異なり、キャンプ場では素敵な雰囲気を醸し出しています。しっかりした作りで、長期間使用できそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

テントファクトリー(Tent Factory)

キャリーワゴン Dタイプ TF-MXCWDC-CAT

価格:12,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザイン製抜群の底深タイプ

渋いカラーデザインが目を引く「テントファクトリー」製のキャリーカートです。積載量に優れた底深タイプで、ゴンの外へはみ出てしまうような高さのある荷物も綺麗に収まります。

 

さらに、付属のハイメッシュカバーと組み合わせれば、さらに荷物落下の確率を下げて安全に運搬することが可能です。

耐荷重約80kgサイズ93×51×60cm
折りたたみサイズ53×21×75cm本体重量9.8kg

口コミをご紹介

わんこを乗せるために購入しましたぁ。
スペースもありゆったりとしているのでいいかんじです。洗うこともできるので助かります

出典:https://www.amazon.co.jp

折りたたみ式のキャリーカートのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5271788の画像

    テントファクトリー(Tent Factory)

  • 2
    アイテムID:5271774の画像

    DOD(ディーオーディー)

  • 3
    アイテムID:5271758の画像

    タンスのゲン

  • 4
    アイテムID:5271753の画像

    テントファクトリー(Tent Factory)

  • 5
    アイテムID:5271738の画像

    Aoomiya

  • 商品名
  • キャリーワゴン Dタイプ TF-MXCWDC-CAT
  • キャリーワゴン C2-237-KH
  • ENDLESS BASE 折りたたみ キャリーワゴン
  • キャリーワゴン オールランド TF-MXCW-OLG
  • キャリーカート 折りたたみ
  • 特徴
  • デザイン製抜群の底深タイプ
  • 水を弾くPVCコーティングされた強化メッシュ素材
  • 大容量195Lながら折りたたみ簡単
  • カバーは取り外して丸洗い可能
  • 台車型でありながら耐荷重200kg
  • 価格
  • 12700円(税込)
  • 13356円(税込)
  • 9999円(税込)
  • 6700円(税込)
  • 4799円(税込)
  • 耐荷重
  • 約80kg
  • 100kg
  • 150kg
  • 約80kg
  • 200kg
  • サイズ
  • 93×51×60cm
  • 約53×95×60cm
  • 103×69×68cm
  • 93x51x57cm
  • 約32×45.4~59.5×41~93cm
  • 折りたたみサイズ
  • 53×21×75cm
  • 約20×30×80cm
  • 22x68x87cm
  • 53x21x75cm
  • 約32×11×45cm
  • 本体重量
  • 9.8kg
  • 約13.5kg
  • 約13kg 
  • 9.8kg
  • 約3.4kg

おすすめのテーブル機能キャリーカート5選

第5位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

ストレッチ 伸縮4輪キャリー TYPE2 ブラウン

価格:10,623円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなカバーとホイールの同色カラー

日本のアウトドア用品総合ブランド「キャプテンスタッグ」のホールと本体カバーが同色のおしゃれカラーが目を引くキャリーカートです。

 

テーブルは付属されていませんが、別途で天板を用意すれば、テーブルとして利用することができます。飲料水置きに最適な外側に取り付けられた2つの小物用ポケットも嬉しいポイントです。

耐荷重約80kgサイズ約1130×520×965mm
折りたたみサイズ約520×760×200mm本体重量約12.3kg

口コミをご紹介

運動会やBBQで大活躍です。カラーもかわいいので気に入ってます。私は天板を作成してキャリーカート兼テーブルとして使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

オウルテック

折りたたみキャリーカート OWL-VAFC01

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

蓋がテーブルになるレジャーシーンで活躍のキャリーカート

パソコンやスマホの周辺機器からキャリーカートまで幅広い分野を手掛ける「オウルテック」のコンパクトキャリーカートです。

 

積荷を保護する蓋が、そのままテーブル代わりになるので、コンパクトさと相まってレジャーシーンで大活躍します。折りたたみ時に蓋を綺麗に収納できるのもポイントです。

耐荷重30kgサイズ45x37x46cm
折りたたみサイズ45x8x46cm本体重量3kg

口コミをご紹介

かなり静かで夜遅くに使うこともあるので助かっています。以前そっくりな物を使っていましたがうるさくて参っていたので購入してとても役立っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

FIELDOOR(フィールドア)

折りたたみキャリーカート

価格:3,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

組み立て簡単な蓋テーブル付き

買い物などの普段使いに最適な「フィールドア」製の折りたたみ式キャリーカートです。コンパクトタイプですが、耐荷重は35kgと十分。

 

コンパクトにコンパクト収納でき、蓋はテーブル代わりになるので、買い物だけでなく、子供の運動会などでも活躍します。

耐荷重35kgサイズ44×38×40cm
折りたたみサイズ44×9×45cm本体重量約3.3kg

口コミをご紹介

すごく便利です。我が家にはなくてはならない物になっています。5年ほど前に購入しましたが車に乗るときには必ず積んでおくほどです。マンション住まいの方にはとてもオススメです

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ワック(WAQ)

アウトドアワゴン テーブルセット

価格:14,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型タイヤ搭載のテーブル付属キャリーワゴン

アルミテーブルが付属されたキャリーワゴンです。本体自体が大型なため、積載量が大きい他、複数人用のテーブルとして使用できるのが魅力。

 

子供を載せて運べるほどの高い安全性を持ち、大型タイヤ搭載によって、オフロードでも安定して運搬できるのもポイントです。

耐荷重150kg サイズ49×95×90cm
折りたたみサイズ34×23×82cm本体重量-

口コミをご紹介

車購入を機にキャリーワゴン探して色々試したりもしましたが
自立する点、フレームの耐久度、公園などで芝生や未舗装の道を通る際の操作性や踏破性(タイヤの性能)など他のメーカー製品より優れてると購入後に改めて感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

FIELDOOR(フィールドア)

ワイルドマルチキャリー アルミロールテーブル

価格:15,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルミロールテーブルと取り付けるアダプター付き

耐荷重150kgで大量の荷物を運搬できる「フィールドア」製のキャリーワゴンです。アルミロールテーブルが付属されているので、アウトドアで食事や一息つきたい時に重宝します。

 

アルミロールテーブルを取り付けるためにはアダプターが必要なため、付属されているか確認しましょう。収納時はコンパクトにまとめられ、自立させることもできるのが魅力です。

耐荷重150kgサイズ約105×62cm×91~62cm
折りたたみサイズ約36×29×77cm本体重量約13kg

口コミをご紹介

太くて大きいタイヤというかコマがとてもいいです、荷物もたくさんのせても平気ですし持つところがT型じゃないので長い時間引っ張っていてもつらくなかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

テーブル機能キャリーカートのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5271843の画像

    FIELDOOR(フィールドア)

  • 2
    アイテムID:5271834の画像

    ワック(WAQ)

  • 3
    アイテムID:5271831の画像

    FIELDOOR(フィールドア)

  • 4
    アイテムID:5271820の画像

    オウルテック

  • 5
    アイテムID:5271805の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 商品名
  • ワイルドマルチキャリー アルミロールテーブル
  • アウトドアワゴン テーブルセット
  • 折りたたみキャリーカート
  • 折りたたみキャリーカート OWL-VAFC01
  • ストレッチ 伸縮4輪キャリー TYPE2 ブラウン
  • 特徴
  • アルミロールテーブルと取り付けるアダプター付き
  • 大型タイヤ搭載のテーブル付属キャリーワゴン
  • 組み立て簡単な蓋テーブル付き
  • 蓋がテーブルになるレジャーシーンで活躍のキャリーカート
  • おしゃれなカバーとホイールの同色カラー
  • 価格
  • 15900円(税込)
  • 14280円(税込)
  • 3600円(税込)
  • 3300円(税込)
  • 10623円(税込)
  • 耐荷重
  • 150kg
  • 150kg
  • 35kg
  • 30kg
  • 約80kg
  • サイズ
  • 約105×62cm×91~62cm
  • 49×95×90cm
  • 44×38×40cm
  • 45x37x46cm
  • 約1130×520×965mm
  • 折りたたみサイズ
  • 約36×29×77cm
  • 34×23×82cm
  • 44×9×45cm
  • 45x8x46cm
  • 約520×760×200mm
  • 本体重量
  • 約13kg
  • -
  • 約3.3kg
  • 3kg
  • 約12.3kg

キャリーワゴンテーブルの自作方法とは?

キャリーカートのテーブルは、別売りで購入することもできますが、キャリーカートのサイズやフレームによっては自作することもできます。

 

ワゴンのサイズに合う必要な天板枚数を用意し、安全のため角取りをします。そしてオイルステイン塗りして、ニスで仕上げていきます。最後に紐やロープで組み立てて完成です。

 

キャリーワゴンテーブルの自作に関する詳細は下記の記事で紹介しています。是非チェックしてみて下さい。

 

最適なキャリーカートで快適に運搬

ここまでキャリーカートのおすすめランキング25選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ここで紹介した製品はほんの一部で、他にもたくさんのキャリーカートがあります。アウトドアや買い物がもっと快適になるように自分にぴったりのキャリーカートに出会えるといいですね。

 

その他のキャリーカートのおすすめ人気ランキングは下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ