記事ID141110のサムネイル画像

【2020年最新版】液晶ペンタブのおすすめ人気ランキング20選

紙に描くような感じでデジタル絵を描ける影響ペンタブは、ワコムなど多くのメーカーからモデルが出ています。性能や価格がさまざまなので、どれを選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。そこで今回は液晶ペンタブの選び方や、おすすめの商品を紹介していきます。

液晶ペンタブはパソコンで絵を描くのに欠かせない

パソコンで絵を描くときに欠かせないアイテムと言えるのが液晶ペンタブです。まるで絵に描くような感覚で、液晶画面に絵を描くことができます。製品の種類も多く、イラストをこれから描きたいと思っている初心者にもおすすめです。

 

ですが、液晶ペンタブは多くのメーカーから出ていて、性能や価格がさまざまなので、どれを選べばいいのか迷うかもしれません。今回は液晶ペンタブの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を検討しているのならぜひ参考にしてみてください。

編集部イチオシの液晶ペンタブはこちら!

Artisul

D22S

価格:49,999円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな大型液晶ディスプレイ搭載モデル

21.5インチの大型液晶ディスプレイを搭載していながらも、比較的リーズナブルな価格で購入できる液晶ペンタブです。1920×1080のフルHD解像度と、178°の広い視野角を有しています。筆圧レベルは8192に対応しています。

 

画面が大きいことで、作品の細部まで表示することができます。繊細な描画作業をしたいと思っている人におすすめの液晶ペンタブです。

 

充電不要のデジタルペンのP59は、8192段階の筆圧感知と60°の傾き検知が可能です。2つのカスタマイズ可能なショートカットキーも備えています。スタンドは20°~80°内のチルトカルドを好みの角度に調整して自在に描けます。

 

 

 

液晶サイズ21.5筆圧レベル8192

口コミを紹介

15inchのノートPCの隣に設置し普段はデュアルモニタとし、たまにクリスタ等のソフトで絵を描いています。
ワコムの小さい板タブから乗り換えた結果、苦手だったデジタル線画がとてもやりやすくなり、アナログ線画取込用のスキャナを処分することが出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

特にこれといった不満はありません。筆圧感度も良し。ドット抜けなし。
逆にこのサイズで、この価格、これだけの機能がついているので、この製品で良かったと思うほどです。
液タブを考えている方がいらっしゃれば、おすすめできる製品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

このサイズの画面で傾き検知がついてこの値段はコスパ最高だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

液晶ペンタブの選び方

液晶ペンタブの購入を考えていても、多くの商品が出されているので、どれを購入すればいいのか迷ってしまうかもしれません。そこで、まずは液晶ペンタブの選び方のポイントをチェックすることが重要です。

 

サイズやスペックで選ぶ

液晶ペンタブの価格を左右するのがサイズやスペックです。どのような要素が重要なのかを紹介していくので、チェックしておきましょう。

 

サイズは目的に合わせて選ぶ

液晶ペンタブの画面を絵を描くためのキャンパスになるので、サイズ選びがとても重要です。趣味で気軽にイラストを描きたいと思っているのなら、13前後のモデルを選ぶようにするのがおすすめです。本体が軽くて収納するときも便利です。

 

また、液晶ペンタブで本格的にイラストを描きたいと思っているのなら、画面サイズが19インチ以上の大きな液晶ペンタブを選ぶのがおすすめです。小さい画面と比較すると、画面が大きいことで細かい部分の作業を快適に進められるようになります。

 

重量があってデスクに常設して使うことが多くなるので、プロとしてイラストを作成しているような方におすすめです。

 

 

筆圧レベル

筆圧レベルは数字が大きくなるほど感度が高くなり、筆圧の強弱を細かく読み取ることができます。数値が上がるほど価格も上がるので、趣味でイラストを描くのであれば筆圧レベルが1000程度のもの、本格的なイラストを描きたいのであれば2000以上がおすすめです。

 

 

Adobe RGBカバー率

液晶ペンタブで描いたイラストをプリントアウトしたいと思っているのなら、Adobe RGBカバー率をチェックしておきましょう。これは液晶が描写できる再現率を表していて、カバー率が高いほど実際に映し出される色に差が出にくくなります

 

カバー率が低い液晶ペンタブだと、色鮮やかに描いたとしても異なるイメージで出力されてしまうので、仕事で使うのには向いていません。チラシやポスターのデザインを作成して印刷するのであれば、カバー率が90%以上の液晶ペンタブを選ぶようにしましょう。

 

遅延

液晶ペンタブは、ペンを動かしてから実際に描写されるまで、わずかに時間差があります。この遅延が多くなると描きにくくなってしまうのでストレスの原因にもなり、思うようなイラストが描けなくなる可能性もあります。

 

液晶ペンタブを快適に使いたいと考えているのであれば、応答速度が8ms程度のものを選ぶようにするのがおすすめです。

 

 

ショートカットキー

キーボードがない液晶ペンタブは画面で操作することになります。より便利に使えるようになるのがショートカットキーです。独自に機能をカスタマイズできるモデルであれば、作業を効率よく進められるようになります。

 

作業時間を短縮したいと思っているのであれば、ショートカットキーの有無と搭載されている数をチェックしておくようにしましょう。

接続方式

液晶ペンタブとパソコンの接続方式が合っていないと、購入しても使用することができません。

 

一般的に映像ケーブルとしてHDMIケーブルを使うことが多いですが、液晶ペンタブによっては端子が異なるものもあるので、パソコンに搭載されているポートとタブレットの端子を購入する前にしっかりとチェックしておきましょう。

 

OS搭載モデル

液晶タブレットを単体で持ち歩く方には、OS搭載モデルがおすすめです。PCとの接続を離しても使用することができますので、外出先でも使用できます。ただしOS搭載モデルは価格が高いものが多い為、持ち運ぶことがない場合にはOS搭載モデルではないものを選んだ方が良いでしょう。

液晶ペンタブのおすすめメーカー

液晶ペンタブは、メーカーで選ぶという方法もあります。ここからはおすすめのメーカーをいくつか紹介していきます。

 

ワコムは高機能・高価格帯のモデルが多い

液晶ペンタブでトップシェアを持っている国内メーカーがワコムです。高機能・高価格帯のモデル中心に展開していて、多くの支持を得ています。ペンタブレットも多くの製品を出していて、ペン入力の機器に定評があります。

 

フィオン

フィオンは中国のメーカーで、低価格帯を中心に液晶ペンタブを展開しています。初心者でも購入しやすくなっていて、趣味でイラストを描くという人におすすめです。コストパフォーマンスに優れている製品を出していることで人気があるメーカーです。

 

 

XP-PEN

日本国内で設立され、台湾や中国などに開発拠点を置いているメーカーです。液晶タブレット関連製品を幅広くラインナップしていて、価格の安さが特徴であり魅力です。気軽にイラストを楽しみたいと考えている人におすすめです。

 

 

液晶ペンタブのおすすめ商品ランキング20選

第20位

Parblo

Coast10

価格:19,999円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くて持ち運びしやすい

安さで液晶ペンタブを選びたい人におすすめのモデルです。他の液晶ペンタブと比較すると性能面や機能面で劣ってしまいますが、十分に使える性能はあります。サイズが10インチと持ち運びしやすいのもメリットと言えます。

 

 

液晶サイズ10.1筆圧レベル2048

口コミを紹介

安いなりに使える液タブだと思います。説明書が日本語ではないので、少し難しかったですが、なんとか接続できました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第19位

Aibecy1

BOSTO

価格:30,999円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで描きやすい液晶ペンタブ

15.6インチとコンパクトなデザインで場所を取らない液晶ペンタブです。フルHDの改造ででカスタマイズ可能な8個のエクスプレスキーを搭載しています。フルラミネートIPSディスプレイで、ポインタとペン先の位置を一致させて紙の感覚で直感的に描画できます。

 

ペンは60°の傾き検知に対応していて、8192レベルの筆圧感知により正確にペン先のタッチを反映することができます。

 

 

液晶サイズ15.6筆圧レベル8192

口コミを紹介

画面は十分大きくて、解像度は私のコンピュータより良いです、初期画面のカラーもけっこう良かった、自分で調整することもできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第18位

Wacom(ワコム)

One 13

価格:39,800円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パソコンとスマホのどちらでも使える

スマートフォンで液晶ペンタブを使えるモデルです。パソコン環境以外で絵を描きたいと思っている人におすすめです。パソコンとスマートフォンのどちらでも使うことができて。13.3インチと持ち運びしやすくなっています。

 

スマートフォンで使うのであれば、別途OTG変換アダプタが必要になります。アナログのように直感的に絵を描くことができて、傾き検知機能によりカーソルとのズレも生じません。

 

 

液晶サイズ13筆圧レベル4096

口コミを紹介

液タブデビューする人にはサイズも性能もちょうどよく、価格も手ごろなのではないかと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

第17位

HUION

Kamvas Pro12

価格:27,999円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格でも性能が高い

価格が比較的安い液晶ペンタブですが、高い筆圧レベルと描画速度が早いのでコストパフォーマンスに優れています。ペンを傾けたときの線の強弱も感知することができて、流れるようなタッチでキレイな線を引くことができます。

 

色域カバー率が92%と、低価格帯の液晶ペンタブとしては高い性能を有しているのも魅力的です。付属されているペンはバッテリーレスなので充電不要。4つのファンクションキーでショートカットを使うことができるので、作業時間を短縮することができます。

 

 

液晶サイズ11.6筆圧レベル8192

口コミを紹介

この商品が気になっている人は、買って損はない!!それだけは伝えたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第16位

XP-Pen

Artist15.6

価格:28,033円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6つのエクスプレスキーを搭載

コストパフォーマンスに優れている扱いやすい液晶ペンタブで、15.6インチディスプレイの解像度は、1920×1080のフルHD相当です。表面には、粉塵の蓄積を防止することができる高品質なガラスを採用されています。

 

画面横にはカスタマイズすることができる6つのエクスプレスキーを搭載していて、8192レベルの筆圧感度を有していいるP05スタイラスペンにも2つのサイドスイッチが備えられています。

 

 

液晶サイズ15.6筆圧レベル8192

口コミを紹介

初めて液晶タブレット(液タブ)を購入しました。この液タブの性能自体は良かったです。紙に描く感じと言われているのがわかりました。お値段も良し。充電しなくてよいペンも使いやすい。趣味に使う程度なら非常に良いかと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第15位

HUION

Kamvas Pro13

価格:37,230円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で持ち運びしやすい

軽量アルミ合金を採用している軽量でスリムな液晶ペンタブです。本体重量が910gと軽くて13.3インチのコンパクトサイズなので、携帯性に優れています。付属されているデジタルペンのPW507は、筆圧レベル8192、傾き検知60°を有しています。

 

正確な書写や描画をサポートしてくれて、遅延や破線を抑えたスムーズな描き心地です。ディスプレイサイドには、タッチバーと4つのエクスプレスキーを搭載していて、画面スクロールやズームに回転などを簡単に行えるので便利に使えます。

 

 

 

液晶サイズ13.3筆圧レベル8192

口コミを紹介

ワコムのCintiq 13HD からの買い替えです。
どうしても大きいサイズの液タブが欲しいけど、お金がない・・・HUIONにした理由はズバリ、コストとサイズです!

出典:https://www.amazon.co.jp

第14位

Wacom(ワコム)

Cintiq 16

価格:66,420円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

描き心地に優れ光の反射が少ない

15.6インチの液晶ペンタブで、実際に絵を描くことができる範囲は約B5サイズです。手首を使った描画も、肘を起点として腕を使った描画でも、広々と絵を描くことができます

 

ファンクションキーがないのでショートカットは使えませんが、描き心地に優れています。アンチグレアガラス搭載で光の反射が少なく、絵を描くことに集中することができるのも魅力的です。

 

 

液晶サイズ16筆圧レベル8192

口コミを紹介

板タブからの移行組ですが、同人活動程度なら十分かなと感じました

出典:https://www.amazon.co.jp

第13位

XP-Pen

Artist12

価格:18,698円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くて初心者におすすめ

コンパクトなサイズと価格の安さが特徴になっている液晶ペンタブで、初心者におすすめできます。繊細な色の違いを描くのに向いてはいませんが、線画を描くのには十分な性能があります。

 

視差が少しありますが、画面が小さいのでそれほど影響なく使うことができます。趣味でイラストを描くくらいの使い方なら問題ありません。

 

液晶サイズ12筆圧レベル8192

口コミを紹介

タッチパネル型13インチノートPCと組み合わせて使用しています。
ペンの繊細なタッチとノートの二本指タッチによるサイズ調整と回転を組み合わせにより画像編集が楽になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第12位

HUION

GT-191V2

価格:43,999円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

右利きでも左利きでも使いやすい

ドライバーから設定することにより作業領域を簡単に180°回転させることができるので、右利きでも左利きでも快適に使える液晶ペンタブです。178°広視野角IPS液晶パネルを採用していて、1920×1080のフルHD解像度を有しています。

 

画面右下に備えられているボタンで彩度と明るさを調節することが可能です。本体背面のスタンドで、20~80°の角度変更ができるのも便利です。インターフェースは、HDMI・DVI・VGA・USBなどを採用しているので。複数の機器に接続したい人にもおすすめです。

 

 

液晶サイズ19筆圧レベル8192

口コミを紹介

かなり大きな画面なので細かいところも描きやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第11位

XP-Pen

Artist 15.6 Pro

価格:44,828円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

描き味が良く操作性に優れる

15.6インチと絵を描きやすいサイズになっていて、描き味にすぐれている液晶ペンタブです。8つのファンクションキーとリングホイールにより操作性に優れていて、ストレスなく作業に集中することができます。

 

 

液晶サイズ15.6筆圧レベル8192

口コミを紹介

この価格で買える製品としては非常に良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第10位

Wacom(ワコム)

Cintiq 22

価格:106,200円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高解像度ディスプレイで繊細なグラフィックを表示

高解像度ディスプレイと、最新のペンセンサーであるWacom Pro Pen 2を搭載している液晶ペンタブです。21.5インチの液晶パネルは、1920×1080のフルHD解像度で、繊細なグラフィックを表示することができます。

 

画面横には、ワンタッチでショートカットを実行することができるエクスプレスキーが備えられています。扱いやすいバッテリーレス設計で、2つのサイドスイッチはショートカットの割当が可能です。

 

 

液晶サイズ21.5筆圧レベル8192

口コミを紹介

数年使用してきたCintiq13HDから機種変更。
大きいというだけでこれほど描きやすいとは思わなかったので感動。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

HUION

Kamvas Pro16

価格:46,999円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色の表現に優れ操作性にも優れている

液晶画面にフルラミネーション加工が施されていて、サラサラとした描き心地の液晶ペンタブです。筆圧レベルも高く線の強弱がつけやすく、色域カバー率も92%と高いので色の表現にも優れています。

 

6個のファンクションキーとタッチバーがあることにより、操作性にも優れているのも魅力的なポイントです。

 

 

 

液晶サイズ15.6筆圧レベル8192

口コミを紹介

他社に比べて値段が安いので描き心地や操作性など懸念していましたが、実際使ってみると発色も良く描き心地も全く問題なく制作する事ができます!
また、15.6インチとサイズも大き過ぎず小さ過ぎず作業スペースを取らないのも魅力で私にとってはとても描きやすいと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

Wacom(ワコム)

Cintiq Pro 24

価格:227,255円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

頻繁に使う操作を自由に割り当てられる

4K解像度に対応している23.6型の液晶ペンタブです。インターフェースは、USB Type-C・DisplayPort・HDMIを採用していて、同梱されている変換アダプタを使用することにより、mini DisplayPorで接続することもできます。

 

画面へのマルチタッチ操作だけではなく、付属のExpressKey Remoteによる操作も可能です。17のボタンを備えていて、ショートカットや頻繁に使う操作を自由に割り当てることができます

 

 

 

 

 

液晶サイズ23.6筆圧レベル8192

口コミを紹介

とにかくガラスが薄くて、かなり描きたい所にポインタがずれる事なくいけます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

サードウェーブ

DG-D10IWP2

価格:84,333円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

指紋認証センサー搭載

4096段階の筆圧感知ができるWacom feel IT technologiesを搭載している、三菱鉛筆コラボモデルのデジタイザーペンが付属している液晶ペンタブです。指紋認証センサーが搭載されているので、パスワード入力を省略して簡単にアクセスすることができます。

 

また、使いやすいと人気がある定番のペイントツールソフトCLIP STUDIO PAINT DEBUTのシリアルコードが付属しているので、特に初心者におすすめできます。OSはWindows10 Proが採用されています。

 

 

液晶サイズ10筆圧レベル4096

口コミを紹介

持ち運びには重宝してます。ふつうにリュックとかバッグに10インチのケースに入れて持ち運べるので場所を選ばず使えます。
メイン機ではなくサブ用に使うならオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

Wacom(ワコム)

Cintiq Pro 16

価格:165,273円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キーボードをほぼ使わないで絵を描ける

タッチパネルによる画面操作が可能で、スマートフォンのようにキャンパスの移動や拡大・縮小を指で操作することができます。左手デバイスを活用することにより、キーボードをほぼ使わずに絵を描けるのも魅力的です。

 

 

液晶サイズ15.6筆圧レベル8192

口コミを紹介

描き味は非常にアナログに近いと感じました。
描くのが楽しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

GAOMON

PD1161

価格:21,999円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サブの液晶ペンタブとしてもおすすめ

11.6インチの液晶ペンタブで持ち運びしやすいので携帯用としておすすめです。小型でありながらも画面横にはカスタマイズすることができる8つのエクスプレスキーを搭載しています。左側面には5つのメニューキーを備えていて、操作性にも優れています。

 

8192レベルの筆圧感知能力を有しているデジタルペンArtPaint AP50と8本の替え芯とペンホルダーも付属。価格もリーズナブルなので、サブの液晶ペンタブとして購入するのもおすすめです。

 

 

液晶サイズ11.6筆圧レベル8192

口コミを紹介

絵の経験がアナログ、デジタルともに皆無ですが、Twitterとかのイラスト等に興味があり購入しました。
他のペンタブ、液タブを経験したことがないので何ともいえませんが、使いやすいと思います。
後ろの支え?がないためそこらへんは環境だったり工夫が必要かなと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

GAOMON

PD2200

価格:43,999円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

描きやすくてコスパ抜群

21.5インチで40,000円台というコストパフォーマンスに優れている液晶ペンタブです。安くても描き心地に優れていて、ツルツルしすぎていないので、紙に描いているような感覚で使えると口コミでも好評です。

 

 

液晶サイズ21.5筆圧レベル8192

口コミを紹介

基本的に大きくて使いやすい。画面が熱で熱くならないから非常に嬉しい!付属品も良!
ただ、パソコンとの色味かなり違う為キャリブレーションしないといけない。
また、ペンの感度が時々高すぎて画面に触れていなくても反応してしまうことあり。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

XP-Pen

Artist 22E Pro

価格:44,719円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画面が大きくて見え方の差異が少ない

性能や機能に優れていて、イラスト系だけではなく、さまざまな分野で活用することができる液晶ペンタブです。22インチと画面が大きくても色調やコントラストによる見え方の差異が少ないことも特徴になっています。

 

液晶サイズ22筆圧レベル8192

口コミを紹介

他社の液タブ板タブも使用していますが
仕事でも普通に使えるレベルの性能があります
ペンの強弱も狙い通りにつける事ができます

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

HUION

GT-221Pro

価格:39,999円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ショートカットキーが多く作業効率を上げられる

HUIONの液晶ペンタブの中ではサイズがもっとも大きい21.5インチで、解像度は1920×1080です。大画面スクリーンで描きやすく、カスタマイズすることができるショートカットキーが左右各10個あるのも便利です。

 

さらに2つタッチバーとジェスチャー操作により作業効率を上げられます。178度広視野角のIPSで、色と画像の明確さを維持。どの角度からでも画面表現と色を再現することができます。

 

 

液晶サイズ21.5筆圧レベル8192

口コミを紹介

初めて液晶タブレットを使用しましたが、まず作業範囲の広さに感動しました。ペンとのズレも気になりません。液晶の色味もとても良いです。
ショートカットを割り振れるキーも多く、また設定もしやすいので初心者の私でも使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Wacom(ワコム)

Cintiq Pro 24

価格:227,225円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能で機能面にも優れる

23.6インチと大きめの液晶ペンタブで、性能や機能に優れています。4K表示が可能で、Adobe RGBカバー率は99%、最大表示数は10億色以上です。性能が高いだけあって価格も高いですが、その価値があります。

 

機能面にも優れていて、スマートフォンのように画面タッチで操作できるので、キャンパスの移動や拡大・縮小も簡単に行なえます。

 

 

液晶サイズ23.6筆圧レベル8192

口コミを紹介

描き味スムーズ。使い勝手いいです。もっと使いこなしていくつもりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

液晶ペンタブののおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5260023の画像

    Wacom(ワコム)

  • 2
    アイテムID:5260152の画像

    HUION

  • 3
    アイテムID:5260030の画像

    XP-Pen

  • 4
    アイテムID:5259961の画像

    GAOMON

  • 5
    アイテムID:5259853の画像

    GAOMON

  • 6
    アイテムID:5260113の画像

    Wacom(ワコム)

  • 7
    アイテムID:5259833の画像

    サードウェーブ

  • 8
    アイテムID:5259724の画像

    Wacom(ワコム)

  • 9
    アイテムID:5260063の画像

    HUION

  • 10
    アイテムID:5259707の画像

    Wacom(ワコム)

  • 11
    アイテムID:5260072の画像

    XP-Pen

  • 12
    アイテムID:5259765の画像

    HUION

  • 13
    アイテムID:5259937の画像

    XP-Pen

  • 14
    アイテムID:5260037の画像

    Wacom(ワコム)

  • 15
    アイテムID:5259745の画像

    HUION

  • 16
    アイテムID:5259791の画像

    XP-Pen

  • 17
    アイテムID:5259996の画像

    HUION

  • 18
    アイテムID:5260095の画像

    Wacom(ワコム)

  • 19
    アイテムID:5260191の画像

    Aibecy1

  • 20
    アイテムID:5259978の画像

    Parblo

  • 商品名
  • Cintiq Pro 24
  • GT-221Pro
  • Artist 22E Pro
  • PD2200
  • PD1161
  • Cintiq Pro 16
  • DG-D10IWP2
  • Cintiq Pro 24
  • Kamvas Pro16
  • Cintiq 22
  • Artist 15.6 Pro
  • GT-191V2
  • Artist12
  • Cintiq 16
  • Kamvas Pro13
  • Artist15.6
  • Kamvas Pro12
  • One 13
  • BOSTO
  • Coast10
  • 特徴
  • 高性能で機能面にも優れる
  • ショートカットキーが多く作業効率を上げられる
  • 画面が大きくて見え方の差異が少ない
  • 描きやすくてコスパ抜群
  • サブの液晶ペンタブとしてもおすすめ
  • キーボードをほぼ使わないで絵を描ける
  • 指紋認証センサー搭載
  • 頻繁に使う操作を自由に割り当てられる
  • 色の表現に優れ操作性にも優れている
  • 高解像度ディスプレイで繊細なグラフィックを表示
  • 描き味が良く操作性に優れる
  • 右利きでも左利きでも使いやすい
  • 安くて初心者におすすめ
  • 描き心地に優れ光の反射が少ない
  • 軽量で持ち運びしやすい
  • 6つのエクスプレスキーを搭載
  • 低価格でも性能が高い
  • パソコンとスマホのどちらでも使える
  • コンパクトで描きやすい液晶ペンタブ
  • 安くて持ち運びしやすい
  • 価格
  • 227225円(税込)
  • 39999円(税込)
  • 44719円(税込)
  • 43999円(税込)
  • 21999円(税込)
  • 165273円(税込)
  • 84333円(税込)
  • 227255円(税込)
  • 46999円(税込)
  • 106200円(税込)
  • 44828円(税込)
  • 43999円(税込)
  • 18698円(税込)
  • 66420円(税込)
  • 37230円(税込)
  • 28033円(税込)
  • 27999円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 30999円(税込)
  • 19999円(税込)
  • 液晶サイズ
  • 23.6
  • 21.5
  • 22
  • 21.5
  • 11.6
  • 15.6
  • 10
  • 23.6
  • 15.6
  • 21.5
  • 15.6
  • 19
  • 12
  • 16
  • 13.3
  • 15.6
  • 11.6
  • 13
  • 15.6
  • 10.1
  • 筆圧レベル
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 4096
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 8192
  • 4096
  • 8192
  • 2048

液晶ペンタブの導入に必要な環境

液晶ペンタブを購入する前には、導入するために必要な環境を知っておくことも重要です。液晶ペンタブは効果なものなので、しっかりとチェックしておきましょう。

 

HDMI端子があるか確認

液晶ペンタブを接続するためには、基本的にHDMI端子を使うことになります。HDMI端子がなくても使う方法はありますが、面倒なのでHDMI端子があると便利です。

 

また、以外にもUSB端子の空きが1つ必要です。USB端子が足りないのであれば、増設して事前に空きを確保しておくようにしましょう。

 

電源を確保できるか確認

液色タブレットはディスプレイになるので、電力を確保する必要があります。接続するパソコン周りで事前にコンセントを確保しておきましょう。空きがないのであれば増設して液晶タブレット用のコンセントを用意する必要があります。

 

設置スペースがあるか確認

液晶タブレットの大きさによっても変わってきますが、A4サイズより少し大きいくらいのスペースは事前に空けておくようにしましょう。ですが、大きいサイズの影響タブレットになると、かなりのスペースが必要です。

 

導入前に設置スペースがどの程度あるのか事前にチェックしておきましょう。

 

パソコンのスペックが十分か確認

液晶タブレットを導入するためには、パソコンのスペックが十分かどうかも確認する必要があります。液晶タブレットは、基本的に単独で動かすことができないので、パソコン本体につないで使うのが一般的です。なので、接続するパソコンによって動作に差が出てきます。

 

まず重要になるのがメモリです。メモリが大きいほどペイントツールの動作が安定するので、ストレスなく絵を描けるようになります。特に解像度の大きいデータやレイヤーの多いデータを扱うときには、ある程度のメモリがないと動作が止まってしまいます。

 

次に確認したいのはストレージです。HDDでも問題ありませんが、SSDだとHDDの2倍以上の速度が出るので、SSDを用意しておけば快適に液晶タブレットを使うことができます。メモリとストレージは事前にチェックしておくようにするのがおすすめです。

 

液晶タブレットに向いている人

液晶タブレットは、すでに板タブレットで絵を描いている方で操作が上手くいっていなという人には、特におすすめすることができます。板タブはモニターを見ながら描く必要があるので、慣れるまで時間がかかってしまうというデメリットがあります。

 

ですが、液晶タブレットは液晶画面なので、直接モニターを見て描画できるというメリットがあります。実際に描くに線を引くような感覚なので、板タブレットが合わなかった人でも、液晶タブレットなら扱いやすいかもしれません。

 

液晶ペンタブはパソコンで絵を描くのに便利

ここまで、さまざまな液晶ペンタブを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。液晶ペンタブは、使う人の目的によって選ぶべきモデルが変わってきます。ですので、しっかりと選び方をチェックしてから購入するのがおすすめです。

 

ここで紹介した液晶ペンタブは、価格や性能は異なりますがおすすめのものばかりです。気になる商品が見つかったら、ぜひチェックしてみてください。

 

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ