子犬用シャンプーのおすすめランキング15選【パピーなど人気商品も】

子犬も人間と同様に、汚れによる肌トラブルが起こるため、適度なシャンプーが必要です。子犬用シャンプーには薬用・美容用だけでなく、トイプードルなどの犬種に特化したものや、低刺激のものもあります。今回はおすすめの子犬用シャンプーをランキング形式で紹介していきます。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

子犬のシャンプーでお肌も毛並みもキレイに!

子犬も人間と同じく、毎日の生活のなかで毛や肌に汚れが付着するため、そのままにしていると臭い・かゆみ・肌トラブルの原因につながります。しかし、子犬は成犬や人間と比べると大変デリケートなため、シャンプーはどれがいいか悩む飼い主の方も多いことでしょう。

 

そんな時におすすめなのが「子犬用シャンプー」です。成犬用に比べて肌や毛に低刺激・着色料不使用などに配慮されているものが多く、トイプードルをはじめとしたシャンプーが難しい子犬の身体も優しく洗い上げられます

 

そこで今回は、子犬用シャンプーの選び方やおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。購入を悩まれている方はぜひ参考にしてください。子犬をシャンプーする時の方法・コツなども解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

子犬用シャンプーの選び方

子犬用シャンプーにもたくさん種類があります。その中から愛犬に合ったシャンプーを選ぶのは難しいものです。ここからは子犬用のシャンプーを選ぶ時に基準にしたいポイントをご紹介します。

目的別で選ぶ

子犬用のシャンプーには大きく分けてm薬用シャンプーと美容シャンプーの2種類があります。種類によってそれぞれの特徴がありますので、目的に合った種類を選びましょう。

痒みやフケを抑えたいなら「薬用シャンプー」

アトピーやアレルギー、皮膚炎などさまざまな症状に悩まされている場合は「薬用シャンプー」がおすすめです。様々な肌トラブルやノミに合わせた成分が含まれているため、子犬が抱えている症状に合わせて使い分けられます。

 

また薬用シャンプーのなかには、ダニ・ノミ対策にぴったりな虫よけ成分が入っているものもあるため、肌トラブルに悩んでいなくても、虫除け対策として使用するのもおすすめです。もし愛犬に合う薬用シャンプーが分からない時には、獣医師に相談しながら選びましょう。

毛並みをサラサラにしたいなら「美容シャンプー」

子犬の毛並をより美しく保ちたい・ふわふわに仕上げたい場合には「美容シャンプー」がおすすめです。シャンプーにコンディショニング・保湿成分が含まれているため、毛のツヤ出し・ボリュームアップが期待できます。特に長毛種の子犬のボディケアにぴったりです。

 

美容シャンプーのなかには、人間用のシャンプーと同じような成分が含まれているものも多いですが、思わぬ肌トラブルにつながる可能性もあるため、まずは無添加のシャンプーを選ぶことが大切です。

特徴・期待できる効果で選ぶ

一見同じような子犬用シャンプーでも、含まれている成分によって期待できる効果が異なります。そのため、シャンプー後の仕上がり・悩みに合った特徴・成分を持つシャンプーを選びましょう。

ボリュームアップを考えているなら「ノンシリコン」のものを

長毛種の愛犬のケアにおいて、毛のボリュームアップを考えている場合には「ノンシリコン」のシャンプーがおすすめです。一般的な犬用シャンプーに含まれるシリコンは、毛の表面をコーティングする役割があるため、まとまりのある毛に整える分、ボリュームが出にくい傾向にあります

 

ノンシリコンの場合、子犬の毛をコーティングすることがないため、ふんわり柔らかい洗い上がりになります。そのため、シャンプー後の柔らかさ・ボリュームを重視したい場合にもおすすめです。

毛ヅヤをアップしたいなら「保湿成分」を含むシャンプーがおすすめ

シャンプー後の仕上がり・毛ヅヤを重視したい場合には、水溶性イオウやオートミールをはじめとした「保湿成分」が入っている子犬用シャンプーがおすすめです。

 

シャンプー後の子犬の肌や毛は、うるおいが逃げやすい状態になっているため、そのままにしておくと肌の乾燥・毛のパサつきの原因につながります。そのため、トリートメントと併せて使うことで、より美しくツヤのある毛並みに仕上がります。

低刺激にこだわりたいなら「無添加」がおすすめ

肌トラブルの予防を考えている場合には「無添加」のシャンプーがおすすめです。特に香料や着色料・エタノール(アルコール)・石油系界面活性剤などが含まれているものは、肌トラブルを引き起こす可能性が高いので、できるだけ添加物が少ないものを選ぶことが重要になります。

 

また無添加系シャンプーのなかでもオーガニック由来のものは、自然由来でありながら、薬品と同じ効果が期待できるものも多いため人気です。例えば、消炎作用効果が期待できるティーツリー由来成分、虫よけにはユーカリレモン由来成分などがあります。

いい匂い・成分にこだわるなら「高級シャンプー」もおすすめ

子犬用シャンプーを選ぶ時に、配合されている成分の質・特徴にこだわりたい場合には「高級シャンプー」と呼ばれる商品もおすすめです。人間が使う高級シャンプーにも配合されている高品質な保湿成分・洗浄成分を採用しているものが多いため、洗い上がりが美しい点が魅力です。

 

また、数種類のアロマをブレンドした商品も多いため、身体の臭いが気になる場合のケアにもおすすめです。

犬種・ライフスタイルに合わせて選ぶ

同じ子犬でも、犬種やライフスタイルによって、毛や肌の状態は少しずつ違っています。そのため、子犬用のシャンプーを選ぶ時には犬種・ライフスタイルに合わせて選ぶことも大切です。

チワワ・トイプードルなどの小型犬には「乾燥肌向け」がぴったり

チワワやトイプードルなどといった、小型犬のケアには「乾燥肌向け」と書かれているシャンプーがおすすめです。小型犬は大型犬とは違って室内飼いをすることが多いため、エアコン・暖房の影響を受け、肌や毛が乾燥しやすい傾向にあります。

 

乾燥肌向けのシャンプーには、保湿・うるおい成分を含んでいるため、皮膚への刺激が少ない点が特徴です。乾燥しやすい小さな子犬の肌に、うるおいを与えながら洗い上げます。

柴犬・ラブラドールなどの大型犬には「オイリー肌向け」がおすすめ

柴犬・ラブラドールなどの中型~大型の犬種の場合は「オイリー肌向け」のシャンプーがぴったりです。これらの犬種は皮脂の分泌量が多く、小型犬に比べて散歩の距離・頻度が高いのが特徴です。

 

オイリー肌向けのシャンプーの場合、洗浄成分にこだわられているものが多いため、古い皮脂・汚れもしっかり洗い流せます。毛のベタつき・臭いが気になる場合にもおすすめです。

肌に優しく仕上げたいなら「泡立ちの良さ」をチェック

子犬の身体への負担を減らすには「シャンプーの泡立ちの良さ」も重要です。泡立ちが悪いとゴシゴシと擦らないといけないので、子犬の肌に負担がかかってしまううえ、毛が絡まる原因にもなります。

 

泡立ちの良いシャンプーを使うことで、子犬の肌を傷付けずに、優しく包み込んで洗い上げられます。最近では泡で出てくるポンプタイプのシャンプーも発売されており、泡立てる手間がかからないのが魅力です。

身体の臭いが気になるなら「香り」もチェック

愛犬の臭いが目立ってきた場合には、シャンプーの「香り」で選ぶことも大切です。犬の嗅覚は人間の100万倍以上あるとも言われています。そのため人間が良い香りだと思っていても、犬にとってはとてもきつい臭いに感じることもあります。

 

だからといって、やはり子犬の体の臭いも気になるもの。全くの無香のシャンプーでなくても良いと思いますが、できるだけ微香のものを選んであげると良いでしょう。

 

ほとんどのシャンプーが乾かすと香りは落ち着きますが、中には乾いた後も香りがきつく残るものもあるので、口コミなどでチェックするのをおすすめします

シャンプーの時間を短縮するなら「リンスインシャンプー」がおすすめ

シャンプーにかかる時間を短縮したい場合には「リンスインシャンプー」がおすすめです。シャンプー後は基本的に、リンスやコンディショナーで潤いを与える必要があります。リンスインシャンプーには毛・肌を保護するリンス成分が入っているため、シャンプーだけでケアが完了します。

 

特に子犬は長時間お風呂に入れていると、ストレスで体調を崩してしまうこともあるため、時間を短縮してあげることで愛犬へのストレス緩和にもつながります。ただし、肌が敏感な場合やアレルギー体質である場合には、肌に合わない可能性がありますので注意してください。

どれがいいか迷ったら「トリマーが推奨しているシャンプー」もチェック

子犬用シャンプーのなかには、配合されている成分・シャンプー後の仕上がりなどにおいて「トリマー推奨」と記載されているものもあります。

 

ペットケアのプロであるトリマーが推奨しているものであれば、目的・肌トラブルに合わせた成分が配合されているものが多いため、愛犬に合ったものが見つかりやすくなります。選ぶ際には、獣医師・トリマーがどのような点を評価しているかをしっかり確認することが大切です。

【薬用】子犬用シャンプーの人気おすすめランキング7選

1位

ライオン商事

ペットキレイ 顔まわりも洗える泡リンスインシャンプー 子犬・子猫用

シャンプーに慣れていない子犬のケアにぴったり

洗浄成分の100%が植物ベースで作られている、肌に優しい子犬・子猫用シャンプーです。ポンプを押すだけでクリーミーな泡テクスチャーが出てくるため、泡立てる手間がなく、子犬の肌に負担をかけずにシャンプーができます。

 

また「肌への優しさ」にこだわられており、弱酸性・無着色・アルコール無添加な点も魅力です。せっけんの優しい香りになっており、身体の臭いが気になる時のケアにもおすすめです。

容量 230ml 主な成分 水、保湿剤、洗浄剤、防腐剤、マリンコラーゲン など

口コミを紹介

肌が弱いと獣医師さんに言われたうちの子(柴)用に使っています。子犬用ですが、肌に問題を抱えるうちの子にはあっているみたいです。シャンプーをあまり嫌がらなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

Bellbee

ハッピーピーター ドッグシャンプー

数多くの雑誌でも紹介されている子犬用シャンプー

浸透力の高いエミューオイル・天然モズクのヌメリ海藻エキスを配合した、保湿力にこだわられたオーガニックシャンプーです。保湿効果が高いだけでなく、ホホバオイルが毛穴につまった汚れを落としてくれるので、身体をスッキリと洗い上げます。

 

虫よけ効果のあるレモンユーカリも配合されているので、ノミやダニ防止効果も期待できます。シャンプーをしている最中は少し香りはありますが、毛を乾かすとふんわり優しい香りが広がります。

容量 250ml 主な成分 オーガニックホホバ油、ティーツリー、レモンユーカリ、エムーオイル など

口コミを紹介

刺激もなく優しい原料のおかげで肌トラブルも一切なくいつでもふんわりかわいくいられて助かります。目に入っても痛がる様子はありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

中野製薬

ゾイック (ZOIC) クイックハーフ 仔犬用

高い洗浄力・速乾性が好評の低刺激シャンプー

「トリートメントをしたような仕上がり」に注目したリンスインシャンプーです。子犬・シニア犬にも使えるように低刺激アミノ酸成分をベースに作られています。また、植物性フラボノイドの緑茶エキスが、臭いの発生を防いでくれます。

 

シャンプー後はベタベタせず、ボリュームのあるふんわりとした毛並みに仕上げてくれます。速乾性があるので、ダブルコートで乾きにくい毛を持つ柴犬などにもおすすめしたい商品です。

容量 300ml 主な成分 ソメイヨシノ葉エキス、緑茶エキス、紫外線吸収剤、シナノキエキス など

口コミを紹介

ポメラニアンに使用。ふわっふわサラサラになりました〜(^^)リンスをしなくても絡まりは無さそうです。もう少し泡立ちがよければ☆5でした!

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ヴェドロスバイオサイエンスラボラトリーズ

シーディーム (C-DERM) パピーシャンプー 8オンス(237ml)

天然成分100%の子犬用シャンプー

アロエベラやローズマリー・コンドルスなど、天然オーガニック成分100%で作られた子犬用シャンプーです。特殊濃度で配合しているので、子犬はもちろん敏感肌の犬でも使えます。

 

希釈タイプのシャンプーで肌の状態に合わせて、5~10倍に薄めて使うのが特徴です。10倍に薄めても泡立ちが良く、優しく洗い流せるため、肌トラブルが気になる愛犬のケアにもおすすめです。

容量 237ml 主な成分 アロエベラ、ローズマリー、グリチルリチン、コンドルス など

口コミを紹介

皮膚の弱いアトピーがあった愛犬も本当に助かりました。今2代目の愛犬にも使って正解です。刺激が無く毛もフワフワ艶々。臭いも良い。これ以上のシャンプーはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

たかくら新産業

メイドオブオーガニクス・フォー・ドッグ オーガニックシャンプー

子犬のデリケートな肌をケアする無添加系シャンプー

オーガニック認定成分のオイル成分をはじめ、オリーブ・アロエベラなどといった、万が一子犬の口に入っても問題がない植物成分100%で作られています。

 

肌に優しい成分がベースになっているため、乾燥肌や敏感肌の子犬のケアにもぴったりです。同じ種類のコンディショナーを使うことで、さらにふんわりとした毛並みに仕上がります。

容量 300ml 主な成分 オリーブ油、ココナッツ油、アマニ油 など

口コミを紹介

本当に良いシャンプーってこんなのを言うんだなーと思いました。泡立ち泡切れも良く、乾かした後もしっとりとても自然な仕上がりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

アース・ペット

JOYPET お肌のことを考えた薬用リンスインシャンプー ナチュラルリーフの香り

優しい香りでスッキリ洗い上げてくれるシャンプー

肌への負担が少ない、天然のアミノ系界面活性剤をベースに作られた子犬用シャンプーです。みずみずしい新緑をイメージした、ナチュラルリーフの香りが、身体の臭いをすっきり消臭してくれます。

 

その他の成分についても、植物由来の成分で構成されている点がポイント。フケやかゆみなどを防ぐ効果のあるカンゾウ抽出エキス、お肌や毛にうるおいを与えてくれるカワラヨモギエキスが配合されています。

容量 300ml 主な成分 塩酸アルキルジアミノエチルグリシン、カンゾウ抽出末、カワラヨモギエキス など

口コミを紹介

凄く毛が柔らかくなります。とても泡立ちも良く使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ニチドウ

ミラクル パピーシャンプー

実績35年以上で信頼度抜群の子犬用シャンプー

35年以上の実績があるパピーシャンプーであり、発売以来多くのトリマー・愛犬家の方に親しまれています。泡立ち・泡切れが良く、初めてのシャンプーにも使いやすいとして人気です。

 

人間の赤ちゃん用シャンプーと同じ原料の純植物性でできているので、肌を優しく洗い上げます。刺激が少なく、目に入っても痛くないのも人気のポイントです。

容量 400ml 主な成分 -

口コミを紹介

洗い上がりは被毛もフワフワ。香りも数日間は持つのでとても良いものだと思います。購入してからは週に一度のペースで何度か使用していますが、使用する度に毛艶が良くなっているような気がします。

出典:https://www.amazon.co.jp

【薬用】子犬用シャンプーの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 主な成分
1
アイテムID:5830269の画像
ペットキレイ 顔まわりも洗える泡リンスインシャンプー 子犬・子猫用 960円

詳細を見る

シャンプーに慣れていない子犬のケアにぴったり

230ml 水、保湿剤、洗浄剤、防腐剤、マリンコラーゲン など
2
アイテムID:5830045の画像
ハッピーピーター ドッグシャンプー 1,793円

詳細を見る

数多くの雑誌でも紹介されている子犬用シャンプー

250ml オーガニックホホバ油、ティーツリー、レモンユーカリ、エムーオイル など
3
アイテムID:5830049の画像
ゾイック (ZOIC) クイックハーフ 仔犬用 940円

詳細を見る

高い洗浄力・速乾性が好評の低刺激シャンプー

300ml ソメイヨシノ葉エキス、緑茶エキス、紫外線吸収剤、シナノキエキス など
4
アイテムID:5830061の画像
シーディーム (C-DERM) パピーシャンプー 8オンス(237ml) 3,780円

詳細を見る

天然成分100%の子犬用シャンプー

237ml アロエベラ、ローズマリー、グリチルリチン、コンドルス など
5
アイテムID:5830067の画像
メイドオブオーガニクス・フォー・ドッグ オーガニックシャンプー 1,800円

詳細を見る

子犬のデリケートな肌をケアする無添加系シャンプー

300ml オリーブ油、ココナッツ油、アマニ油 など
6
アイテムID:5830077の画像
JOYPET お肌のことを考えた薬用リンスインシャンプー ナチュラルリーフの香り 720円

詳細を見る

優しい香りでスッキリ洗い上げてくれるシャンプー

300ml 塩酸アルキルジアミノエチルグリシン、カンゾウ抽出末、カワラヨモギエキス など
7
アイテムID:5830073の画像
ミラクル パピーシャンプー 1,273円

詳細を見る

実績35年以上で信頼度抜群の子犬用シャンプー

400ml -

【美容】子犬用シャンプーの人気おすすめランキング8選

1位

NICO

NICOシャンプー オーガニック

動物病院やトリマーも愛用のオーガニックシャンプー

「肌・毛に優しく働きかける」ことをテーマとしたシャンプーであり、乳幼児へのスキンケアとしても使われている成分を使用し、防腐剤の代わりにワサビ発酵エキスを採用するなど、配合成分にとことんこだわられています。

 

シャンプー中の肌への負担も考えられている点もポイント。肌なじみが良くなるように、クロモジ葉・ラベンダーなどのハーブウォーターが配合されています。

容量 100ml 主な成分 ココイルメチルタウリンNa、ラベンダー水、ローズ水 など

口コミを紹介

シャンプーだけなのに、サラ艶の被毛になりました。オーガニック、添加物なしだと、たいてい使用したときに被毛ギシギシになりますが、nicoはさらさら指通りがよく、正直驚きました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

たかくら新産業

A.P.D.C. ティーツリーシャンプー

完全無農薬のティーツリーで愛犬のスキンケア

100%無農薬で育てられたティーツリーと天然成分のみで作られているシャンプーです。かゆみや炎症を抑える効果が期待できるティーツリーの他にも、皮膚・毛を柔らかくするヒアルロン酸が配合されているので皮膚トラブルに悩む愛犬のケアにもおすすめです。

 

少量でもなめらかな泡がたくさん作れるため、子犬のデリケートな肌を優しく洗い上げてくれる点もポイント。ティーツリーの爽やかな香りが広がることから、シャンプー後の仕上がりも良いと好評です。

容量 500ml 主な成分 ティーツリーオイル、紅藻エキス、ヒアルロン酸ナトリウム など

口コミを紹介

泡切れもとても良いですが、我が家ではシャンプーで全身をアワアワにした後、シャンプーブラシで全身をときつけてから流しています。さらに泡切れが良くなり、トリートメント無しでも しっとりしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ラ・ファミーユ

ラ・ファミーユ アミノ酸ドッグシャンプー

低刺激にこだわられた高級シャンプー

シャンプー嫌いな愛犬のケアにも使えるように、配合成分に配慮された犬用シャンプーです。目に入っても負担が少ない低刺激処方で、子犬からシニア犬まで様々な年齢・犬種にも使えます。

 

また洗浄成分には、人の高級シャンプーにも採用されているアミノ酸ベースのものを採用しているため、ツヤのあるふわふわの毛に仕上げてくれます。

容量 250ml 主な成分 -

口コミを紹介

こちらの商品はうちの子の毛質、体質にあったみたいで、汚れもよく落ちるしリンスなしでもドライヤー時のブラシ通りが良くて乾きも早くなって、ふわふわになります。リンスの手間もはぶけて嬉しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ニチドウ

ペットエステ マッドシャンプー 低刺激子犬用

ペットのプロ専門の高品質ブランドが手掛ける子犬用シャンプー

パリの「エスプリ」と日本の科学技術が生み出した、ペットのプロ専門の高品質ブランドシャンプーです。シルクタンパク質が毛をしなやかに保ち、泥ミネラル成分が毛穴につまった汚れを吸着・除去します。

 

保湿成分としてゼニアオイエキスやキューカンバーエキス、パリエタリアエキスなどの天然成分が使われている点も魅力的です。「子犬用のシャンプーはできるだけ成分にこだわりたい」という飼い主の方におすすめです。

容量 350ml 主な成分 アオイエキス、キューカンバーエキス、パリエタリアエキス など

口コミを紹介

泡立ちがとてもきめ細かくて、他社の他のシャンプーと比較して格段に違います。うちの犬がマラセチア菌で、かぶれが酷いのでこういうのを探していました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

中野製薬

ゾイック (ZOIC) ゾイック N パピドール シャンプー

サラサラな仕上がりは毛の絡まり防止にぴったり

アミノ酸系ベースの子犬用シャンプーであり、低刺激の泡が優しく身体を洗い流してくれます。さらに緑茶エキスのフラボノイドが身体に付いたニオイを吸着し、身体の臭いを抑える効果も期待できます。

 

またカオチン化コンディショニング成分が毛の絡まりや毛玉を防ぎ、毛ヅヤをアップさせてくれます。そのため、毛のパサつき・絡まりが気になる愛犬のケアにおすすめです。

容量 300ml 主な成分 緑茶エキス、ヒアルロン酸、コラーゲン ほか

口コミを紹介

パピーの頃からずっと愛用。被毛に優しくドライにかかる時間も短く済むのでとても助かってます。ドライヤーを当てながらスリッカーとコームを使って真っ直ぐ丁寧に乾かすとトリミング後のようにふんわりと仕上がります。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ライオン商事

ライオン (LION) ペットキレイ 水のいらない リンスインシャンプー フローラルせっけんの香り 愛犬用 200ml

水が苦手な子犬にも使える拭き取りタイプ

水が苦手な犬や初めてシャンプーをする子犬のケアにも使いやすい、拭き取りタイプのシャンプーです。使用時には水を使わず、洗った後はタオルで拭き取るだけでいいので、時間がなくサッとシャンプーを済ませたい時にもおすすめです。

 

泡で出てくるタイプのシャンプーなので、泡立てる時間が必要ないのも人気のポイント。初めてのシャンプーをする子犬にはもちろん、散歩終わりの愛犬の足を洗う時にも活用できます。

容量 200ml 主な成分 精製水、エタノール、クレンジング剤(食品添加物)、被毛保護剤、グレープフルーツ種子抽出エキス など

口コミを紹介

ティシュに泡を出してから軽くもんで馴染ませてから目の周りを拭いています。お値段もお手軽だし、汚れ落ちは結構、優秀な方だと思います。我が家では定番です。お尻周りや足元の汚れにも使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

中野製薬

ゾイック スピーディワントリートメントシャンプーP

トイプードルのケアに特化したシャンプー

クルクルの毛で洗いにくいプードル・トイプードル専用のシャンプーです。特殊シルクPPT配合を配合しており、乾いた後は毛が絡まりにくく、毛玉にもなりにくいのが特徴です。

 

また緑茶エキスに含まれる消臭成分フラボノイドが身体の臭いを抑えてくれます。

容量 250ml 主な成分 ワサビノキ種子エキス、オウゴンエキス、緑茶エキス など

口コミを紹介

一番気に入ってるポイントは、乾きが速い!!コンディショナーをしなくてもふわふわになります。香りもきつくないので、気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

アイリスオーヤマ

無添加リンスインシャンプー 犬猫用 600ml MRS-600

肌に優しくコスパ最強の犬用シャンプー

ローズマリー・アロエベラ・カミツレといった3種類のハーブエキスを含んだシャンプーで、肌へしっとりしたうるおいを与えてくれます。泡立ちも良く、モコモコの泡が作れるので、肌への負担が少ないのも人気の理由のひとつです。

 

泡切れも良く洗い流すのに時間がかからないので、短時間でシャンプーを終わらせたい時にもおすすめです。

容量 600ml 主な成分 アロエベラエキス、ローズマリーエキス、カミツレエキス など

口コミを紹介

幼犬にも使えてリンス成分も入っているのでゴワゴワしません。肌に様わい子もいるので試してみましたが、肌のトラブルも起きません。

出典:https://www.amazon.co.jp

【美容】子犬用シャンプーの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 主な成分
1
アイテムID:5830273の画像
NICOシャンプー オーガニック 3,432円

詳細を見る

動物病院やトリマーも愛用のオーガニックシャンプー

100ml ココイルメチルタウリンNa、ラベンダー水、ローズ水 など
2
アイテムID:5830274の画像
A.P.D.C. ティーツリーシャンプー 1,509円

詳細を見る

完全無農薬のティーツリーで愛犬のスキンケア

500ml ティーツリーオイル、紅藻エキス、ヒアルロン酸ナトリウム など
3
アイテムID:5830276の画像
ラ・ファミーユ アミノ酸ドッグシャンプー 1,980円

詳細を見る

低刺激にこだわられた高級シャンプー

250ml -
4
アイテムID:5830287の画像
ペットエステ マッドシャンプー 低刺激子犬用 1,140円

詳細を見る

ペットのプロ専門の高品質ブランドが手掛ける子犬用シャンプー

350ml アオイエキス、キューカンバーエキス、パリエタリアエキス など
5
アイテムID:5830288の画像
ゾイック (ZOIC) ゾイック N パピドール シャンプー 1,247円

詳細を見る

サラサラな仕上がりは毛の絡まり防止にぴったり

300ml 緑茶エキス、ヒアルロン酸、コラーゲン ほか
6
アイテムID:5830289の画像
ライオン (LION) ペットキレイ 水のいらない リンスインシャンプー フローラルせっけんの香り 愛犬用 200ml 430円

詳細を見る

水が苦手な子犬にも使える拭き取りタイプ

200ml 精製水、エタノール、クレンジング剤(食品添加物)、被毛保護剤、グレープフルーツ種子抽出エキス など
7
アイテムID:5830290の画像
ゾイック スピーディワントリートメントシャンプーP 990円

詳細を見る

トイプードルのケアに特化したシャンプー

250ml ワサビノキ種子エキス、オウゴンエキス、緑茶エキス など
8
アイテムID:5830291の画像
無添加リンスインシャンプー 犬猫用 600ml MRS-600 440円

詳細を見る

肌に優しくコスパ最強の犬用シャンプー

600ml アロエベラエキス、ローズマリーエキス、カミツレエキス など

子犬をシャンプーする時のやり方・コツ

初めて子犬を飼ってシャンプーをする時、どのようにすれば良いのが悩む人も多いでしょう。ここからは子犬にシャンプーする時のやり方・コツをご紹介します。

子犬に恐怖心を与えないシャンプーのやり方

「子犬のシャンプーは小さいから洗面所でする」という方もいますが、洗面所は床からの高さがあるため、シャンプー中に子犬が暴れて落ちてしまい、骨折や大けがにつながる危険性があります。そのため、子犬のシャンプーはお風呂場などの広い場所で行いましょう。

 

シャンプーを始める前に、全身の汚れをしっかりと洗い流します。お湯の温度は35~37℃を目安に設定し、身体を濡らしておくと泡立てたシャンプーがへたりにくくなります。身体を濡らす時は、お尻から頭へ少しずつずらしていくと怖がりにくいのでおすすめです。

 

シャンプーをする時は、首からお尻に向かって優しく洗うとともに、顔・頭はタオルで汚れを拭き取ってください。洗い流す時はお尻から頭に向かって行い、洗い終わった後はしっかりとタオルドライをしてあげましょう。

シャンプーをする前に準備はしっかりしておく

初めて子犬をシャンプーする場合は、怖がって暴れることがあります。少しでもスムーズにシャンプーを進めるために、事前にしっかりと「準備」をしておくことが大切です。

 

シャンプー液はバケツなどに入れ、しっかりと泡立てておきます。そうすることで、時間をかけずに子犬を洗うことができます。シャンプー後に身体を拭くタオルは、3枚ほど準備しておきましょう。

 

またシャンプーをする直前にはブラッシングをしておくのも大切です。ブラッシングせずにそのままシャンプーをすると、汚れや抜け毛などが絡まって、毛玉になって取れにくくなってしまいます。ここまで準備ができたらいよいよシャンプー本番です。

子犬のシャンプーの開始時期・頻度

特に初めて子犬を飼う場合、「いつからシャンプーをしていいのか分からない」と悩む方も多いことでしょう。ここでは、子犬のシャンプーの開始時期・頻度について解説しています。

初めてのシャンプーは「ワクチン接種から2週間後」ぐらいがおすすめ

成犬と違って、子犬はまだ免疫力がないため、ワクチン接種をしていないうちからシャンプーをすると、子犬が体調を崩してしまう可能性もあります。そのため、初めてのシャンプーは少なくとも生後2ヶ月頃に行われる「1回目のワクチン接種から2週間後」を目安に行うようにしましょう

 

また、シャンプーができる目安の時期になったからといっても、いつでもシャンプーをして良いわけではありません。子犬は免疫力だけでなく体力も少ないため、実際にシャンプーをする時には、子犬自身の体調が整っている時のみ行いましょう。

シャンプーの頻度は「月1~2回程度」に抑えよう

毎日の生活のなかで愛犬の臭い・汚れが目立ってくると、どうしてもお風呂に入れたくなる飼い主も多いことでしょう。しかし、あまりこまめに愛犬をシャンプーしていると、皮膚や毛に必要なうるおいまで洗い流してしまうため、返ってベタつき・乾燥の原因になってしまいます。

 

特に子犬の場合、新しい環境・ライフスタイルに適応するまでに時間がかかるうえ、何度もお風呂に入れていると体調を崩してしまう可能性もあるため「月1~2回程度」に留めておくことが大切です。

その他の便利な子犬用グッズもチェック

その他の便利な子犬用グッズは下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

まとめ

子犬用シャンプーは低刺激である以外にも様々な特徴を持っています。トイプードルなどのシャンプーが難しい犬種に合わせた商品もあるため、子犬の肌質に合わせて選んであげてください。ぜひお気に入りのシャンプーを見つけて、いつでもキレイな肌と毛並みを保てるようにしましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年10月05日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

チワワ用シャンプーのおすすめ人気ランキング15選【美しい毛並へ】

チワワ用シャンプーのおすすめ人気ランキング15選【美しい毛並へ】

犬用品
犬用シャンプーのおすすめランキング20選【犬種・目的別】

犬用シャンプーのおすすめランキング20選【犬種・目的別】

犬用品
【清潔に保つ】トイプードル用シャンプーのおすすめ人気ランキング15選

【清潔に保つ】トイプードル用シャンプーのおすすめ人気ランキング15選

猫用品
子猫用シャンプーのおすすめ人気ランキング20選【オーガニック】

子猫用シャンプーのおすすめ人気ランキング20選【オーガニック】

猫用品
【市販品も多数】安全で人気のおすすめドッグフードランキング25選

【市販品も多数】安全で人気のおすすめドッグフードランキング25選

犬用品
ネイルオイルの人気おすすめランキング25選【ハイポニキウム育成に!ドラッグストアで買えるものも】

ネイルオイルの人気おすすめランキング25選【ハイポニキウム育成に!ドラッグストアで買えるものも】

ネイル