記事ID140997のサムネイル画像

【高音質】2020年最新フルワイヤレスイヤホン人気ランキング15選

フルワイヤレスイヤホンは、Bluetooth接続によりコードレスのイヤホンのことで、別名トゥルーワイヤレスイヤホン、完全ワイヤレスイヤホンとも呼ばれます。iPhoneやandroidでも使えるため、街中でもよく見かけますよね。今回は、フルワイヤレスイヤホンを紹介します。

フルワイヤレスイヤホンのメリット

フルワイヤレスイヤホンは有線によるタッチノイズから解放される事や持ち運びがラクな事、コンパクトで軽量な事、片耳でも聞ける事などのメリットが沢山あります。通勤中やスポーツでも利用できて毎日がより楽しくなります。

 

デメリットにはイヤホンを無くしてしまう事や音がきれてしまう事、耳に合わない場合もある事、バッテリーの容量が少ない事などがよく挙げられますが各メーカーでそれぞれ工夫されていてデメリットを感じさせないものも増えています。

 

中には10時間以上再生できる便利なフルワイヤレスイヤホンもあります。様々なものがあるので悩む方も多いです。そこで今回はフルワイヤレスイヤホンの選び方おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

編集部イチオシのフルワイヤレスイヤホンはこちら!

Apple(アップル)

PowerbeatsPro

価格:23,832円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完全ワイヤレスイヤホン

最長9時間も再生ができて充電ケースを使用すると24時間以上可能です。調整できるイヤーフックなので、軽くて安定した付け心地です。耐汗、防沫仕様なのでスポーツをする時にも安心です。左右のイヤーバッドでボリュームとトラックを簡単に調整できます。

 

音声機能や自動再生、一時停止機能もついています。ダイナミックな音域とノイズアイソレーションでバランスの良いパワフルな高音質を体感できます。通話も音楽もApple H1 ヘッドフォンチップ搭載しているので音が途切れにくいです。

 

ケースを開けるとすぐに使用でき、iPhoneに近づけるとApple WatchやiPad、Macとも自動的に接続できるので便利です。デザインもオシャレで通勤中や勉強、スポーツなどどんな場所でも使用できます。

音質ダイナミックな音域とノイズアイソレーションで高音質コーディック
連続再生可能時間9時間

口コミを紹介

遮音性と完全ワイヤレスの両方を求めて通勤用途に買い増しました。結果としては大正解です。Appleファミリー製品としてのiPhoneとの安定した接続性はそのままにフック型の安定感ある極めて軽いつけ心地、耳とのフィット感も最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

大変綺麗な音です。低音含めバランス良く出ている印象です。自称音質厨はSENNHEISERでも買っとけばいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

高音・中音・低音をバランスよく鳴らしてくれます。若干中音が前に出てるように感じます。非常に聴きやすい音作りです。どのような曲もオールラウンドに鳴らしてくれますが、ポップスが最も向いているようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

フルワイヤレスイヤホンの選び方

フルワイヤレスイヤホンは通勤中やスポーツ、勉強中などに音楽を聞いたりできて配線もないので邪魔になりません。音切れや音楽の遅滞などが少ないものも増えていてバッテリー容量も大きいものも増えています。

 

収納ケースと充電器が一体化されているものも多くて収納しながら充電できるので便利です。そんなフルワイヤレスイヤホンには色々なメーカーから様々な製品が出ているので、どういったポイントで選べば良いのか確認しておきましょう。

音質で選ぶ

ワイヤレスイヤホンの音質は、コーデックの種類や機器との相性により異なります。コーデックは、Bluetooth通信を行う時に音楽などのデータを圧縮変換する方式の事です。一番よく使用されているコーデックは、アイホンなどのApple製品との相性が良いAAcです。

 

他には、アンドロイド製品と相性が良いaptX(アプトエックス)があり、aptX LLはaptXよりも音の再現性が高いです。コードが煩わしいですが、音質にこだわるなら3.5mm径ステレオミニ接続による有線タイプを選ぶのも一つです。

 

マイク付きリモコンがあれば通話にも対応できます。イヤホンとコードが着脱できるモデルなら断線しなくてもいいです。音質は音楽を楽しみたい方には特に重要なので、購入前にはよく確認しておきましょう。

対応コーディックで選ぶ

ワイヤレスで音源を聞く時には、スマートホンなどの端末からワイヤレスイヤホンに音源データが転送されます。その時に容量や速度を問題なく転送するためにデータの圧縮や変換をします。その際に音声データを圧縮、変換する規格がコーデックと言われるものです。

 

コーディックの違いで圧縮率や圧縮方法などが異なり、音楽が遅延する事や音質に大きく影響が出てくる場合もあるので事前に確認しておいた方が良いポイントです。コーディックにはapt-XやSBC、AAC、DACがあります。それぞれ見てみましょう。

apt-X

aptXはSBCやAACよりも高品質で遅延を少なくしたコーデックです。aptXは元のデータに近い形で音楽を転送できるので、音楽をより楽しむ事ができます。ワイヤレスイヤホンの性能が一気に進化したのはaptXができたおかげです。

 

Androidは新しい機種のものならaptXに対応しているので高音質で音楽を楽しめます。端末によっては対応していないものもあるので、購入前に端末に対応しているのかを確認しておくと安心です。

SBC

SBCは一番、標準的な規格です。購入の際にコーディックの記載がない場合にはSBCの場合が多いです。SBCはイヤホンやスマートホンの機種に関係なく接続できる標準的なものなので便利ですが、圧縮を優先するので音質の劣化や遅延する事もあります。

AAC

AACは高音質にデータの圧縮が可能なので、広く使用されています。SpotipyやAmazon musicなどの音楽サービスなどにも使用されています。AppleによりAACを利用するソフトや機器が増えました。地上デジタル放送やワンセグにも使用されているコーディックです。

 

Apple製品のiPhoneなどはAACを使用しているため、ワイヤレスイヤホンもAAC対応のものを選びましょう。アイホンを利用されている方はコーディックがAACのものを選べば間違いなく使用できます。

DAC

DACはDigital to Analog Converterの略称でデジタルからアナログに変換する回路という意味です。DACを使用されているフルワイヤレスイヤホンはノイズをなるべく感じさせないように作られています。ノイズを少しでも無くしたい方はDACを選びましょう。

連続再生可能時間で選ぶ

フルワイヤレスイヤホンは小型モデルが多いです。そのため、バッテリーの容量が小さくて再生できる時間も短いものが多いです。大体、2~3時間前後のイヤホンが多くて収納ケースに充電機能を付けて長時間の使用ができるようにしているものが多いです。

 

中には、充電ケースはイヤホンを収納するだけで充電を開始するものが多く、10分~15分で1時間ほど使用できるような急速に充電できる機能が付いたケースもあります。高機能になるほど価格も上がりやすいです。

 

また、最近はロールスワッピング機能を搭載してフルワイヤレスイヤホンでも長時間の再生ができるものもあります。通勤中なら2~3時間前後の再生時間でも問題ないので、自分がどういった場面で使う事が多いのかを考えて選びましょう。

接続安定性で選ぶ

フルワイヤレスイヤホンは駅や街の中などの人混みの中では混線して音切れやノイズが位になる場合があえいます。高性能なフルワイヤレスイヤホンでも使用するデバイスや環境によりそういった事が起こる場合もでいます。


少しでも接続を安定させたい場合にはNFMIに対応しているものを選びましう。NFMIは補聴器などの医療分野で使われている技術を応用しているので音切れやノイズの発生を効果的に抑える事ができます。


また、Bluetoothのバージョンにより接続の安定性も異なります。最新バージョンは5.1ですが、数字が大きいほど新しいです。最新のものの方が安定した接続になります。受信側と送信側が同じバージョンに対応しているとより性能を発揮します。

 

機能で選ぶ

フルワイヤレスイヤホンを選ぶ時には機能にも注目しましょう。防水機能やハンズフリー通話、ノイズキャンセリング機能はあるととても便利な機能です。便利な機能が色々と付いていると値段が高くなるので、自分に必要な機能なのかを確認しましょう。

防水機能

防水を重視する場合には防水機能の等級を確認しましょう。とIPX4のようにIPXと数字表されていて数字が大きいと防水性能が高いです。IPと数字2つで表現されているものもあります。IPコードの数字の1つめは防塵性、2つめの数字は防水性を表しています。

 

数字が大きい製品のほど防塵性と防水性が高いです。スポーツや水泳をしながら使用する場合には防水機能が高いものを選びましょう。IPX4は水しぶきやスポーツの汗くらいなら大丈夫です。水中で使用する場合には水没試験をクリアしているIPX8のものを選びましょう。

ハンズフリー通話

ハンズフリー機能はスマートフォンで通話をする時に持たないで通話ができるイヤホンの事です。鞄にスマートフォンが入っている時にもイヤホンをしていれば取り出さずに話すことができます。家事などをしながらも通話ができるので便利です。


また、音楽の再生や一時停止なども簡単に操作できます。カメラと連動させるとイヤホンのボタンを押すと写真がとれるものもあります。また、音声アシスタント接続してSiriやGoogleアシスタントを使用できる便利なタイプもあります。

 

ノイズキャンセリング機能

電車や人混みなどの音が気になる場所で音楽を聴くと、よく聞こえない方も多いと思います。そんな時にノイズキャンセリング機能がついていると、気になる騒音を抑えて音楽を快適に聞く事ができます。耳栓としての効果も高いです。

 

おすすめのメーカーで選ぶ

フルワイヤレスイヤホンは煩わしい有線が無いので多くの方が愛用しています。音楽以外にも通話などもできるのが大きな魅力です。フルワイヤレスイヤホンは様々なメーカーから出ていて機能やデザインもそれぞれ違います。おすすめのメーカーに紹介します。

 

SONY(ソニー)

フルワイヤレスイヤホンは様々なメーカーから色々な製品が出ています。中でもソニーやジャブラ、ボーズは聞いた事がある方も多いと思います。ソニーのオーディオ機器は国内、外から高い評価があります。

 

ワイヤレスでもハイレゾ相当の音質で音楽が楽しめたり、LDACなどの独自技術の開発も行われています。DSEE HXやノイズキャンセリング機能、外音取り込み機能などの高性能なモデルも豊富に取り揃えています。

BOSE(ボーズ)

Bose(ボーズ)は、1964年から始まりました。最初はスピーカーを主に製造していましたが、1980年以上はヘッドホンやイヤホンも手掛けています。技術の高さと音質の良さは多くの方に人気で愛用者も増えています。

高音質のおすすめフルワイヤレスイヤホン5選

第5位

ヤマハ(YAMAHA)

完全ワイヤレスイヤホン

価格:7,936円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中型TW-E3A(A)

ヤマハの独自技術のリスニングケアで音量に合わせて音のバランスを調整します。耳への負担も減らせます。音や音楽の躍動感、ダイナミクス、音質などを正確に伝えます。TrueWirelessTM Stereo Plusに対応しています。IPX5相当の生活防水なので安心です。

音質高音質コーディック
連続再生可能時間6時間

口コミを紹介

音は本当に良い。ボーカルがとてもクリアに聞こえるしギターやベースなど変なノイズもなく気持ちよく聞こえる。それでいてドラムなど低音部もちゃんと低音として存在感がある。これなら電車移動とかで長時間聞いても疲れない。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

JPRiDE(ジェイピー・ライド)

完全ワイヤレスイヤホン

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TWS-520

スタイリッシュでオシャレなワイヤレスイヤホンです。IPX5の防水仕様なので雨の日も安心して使用できます。ランニング中も途切れない安定した接続で、長時間の使用も可能です。DSP性能に定評のある最新のチップセットを使用していて音質が良いです。

音質最新チップセットで高音質コーディックACC
連続再生可能時間6時間30分~7時間50分

口コミを紹介

音質は期待以上、同価格帯の有線イヤホンより良いですね一万円クラスに匹敵するのではないでしょうか。低音もそこそこしっかり出ていて個人的には全く問題ありません、以前使っていたオンキョーの有線の1万円クラスのイヤホンより良いかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

ワイヤレスイヤホン

価格:3,383円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツにもおすすめ

通信障害が少ないです。フル充電をで長時間の使用が可能です。イヤホンは軽くて片耳で4.7gです。XS/S/M/Lのカナルイヤーピースが付属しています。充電のケースから出し入れすると作動し、通話や曲の停止なども簡単に操作できます。

音質REALTEKチップセットとBluetooth5.0で高音質コーディックatpX HD/AAC
連続再生可能時間4時間~35時間

口コミを紹介

かんたんペアリング!AndroidスマホのBluetooth画面を開いて設定押せば即認識!本体のボリューム下げておかないと大音量でビックリしますよ。低音が効いていい感じです。家の中で隔たりがなければ10メートル以上クリアに使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Apple(アップル)

最新モデル

価格:17,904円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自動で電源が付いて接続します。全てのAppleのデバイスで簡単に設定できます。Hey Siriと声をかけると簡単にアクセスします。デバイスとワイヤレス接続が速いです。ケースに入れると充電できます。

音質高音質コーディック
連続再生可能時間18時間

口コミを紹介

音質はAppleらしい音で、すごく良いというより、慣れた安心の音というのが正しいです。何よりシームレスな接続性は純正しかありえないレベルです。iPhone、Apple Watch、AirPodsとの連携は最強です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

YIHAI

ワイヤレスイヤホン

価格:5,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2020最新Bluetooth5.1

最先端のチップBluetooth 5.1+EDRが搭載されています。充電ケースの収納部分にマグネットが装備しているのでイヤホンが無くなりません。片耳3.4gと軽量で防水仕様になっているので安心して使用できます。ノイズキャンセリング機能で聞き取りやすいです。

音質バランスの良い高音質コーディック
連続再生可能時間20時間

口コミを紹介

3cm×3cmくらいの正方形のケースですごくコンパクトです。ポケットに入れていても膨らみを気にしなくていいのが良いです。音質も十分で、一回の充電で6時間持つとのことなので、仕事の行き帰りが長い私にとってはとても重宝してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

高音質のおすすめの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5244282の画像

    YIHAI

  • 2
    アイテムID:5244212の画像

    Apple(アップル)

  • 3
    アイテムID:5244111の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 4
    アイテムID:5243969の画像

    JPRiDE(ジェイピー・ライド)

  • 5
    アイテムID:5243225の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 商品名
  • ワイヤレスイヤホン
  • 最新モデル
  • ワイヤレスイヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • 特徴
  • 2020最新Bluetooth5.1
  • スポーツにもおすすめ
  • TWS-520
  • 中型TW-E3A(A)
  • 価格
  • 5380円(税込)
  • 17904円(税込)
  • 3383円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 7936円(税込)
  • 音質
  • バランスの良い高音質
  • 高音質
  • REALTEKチップセットとBluetooth5.0で高音質
  • 最新チップセットで高音質
  • 高音質
  • コーディック
  • atpX HD/AAC
  • ACC
  • 連続再生可能時間
  • 20時間
  • 18時間
  • 4時間~35時間
  • 6時間30分~7時間50分
  • 6時間

連続再生時間の長いのおすすめフルワイヤレスイヤホン5選

第5位

BOSE(ボーズ)

完全ワイヤレスイヤホン

価格:29,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

限定カラー

外れにくくてスポーツをしている時にも安心して使用できます。ボーズ独自の技術でクリアでパワフルな音を楽しめます。ケースは充電もできます。1回で5時間再生できてフル充電で10時間使用できます。Bluetooth接続はいつも安定しています。

音質パワフルな高音質コーディック
連続再生可能時間10時間

口コミを紹介

音質は最高です。高音の抜けや低音、中音全てが完全ワイヤレスで1番だと思います。操作はボタンなので確実に操作することができます。バッテリーの持ちも良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

SoundPEATS(サウンドピーツ)

TrueFree+

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤレスイヤホン

RealtekチップセットとBluetooth5.0を搭載しています。音が途切れるのを最小限に抑えました。充電ケースからだすと自動でスペアリングします。両耳と片耳で聞けるモードがあります。操作はボタンなので押し間違いを防げます。イヤーピースは4種類あります。

音質高音域まで再生できる高音質コーディックAAC
連続再生可能時間35時間

口コミを紹介

鳴らし方のセッティングが非常に良くなっていて音の各楽器の分離感や音場が広がった感じで音質にかなりの向上が感じられます。また、音の良さの要因はイヤホンの形状が耳の穴にキッチリ入り密閉&遮音に優れた形を取っている事も関係しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Totemoi

Bluetooth5.0ワイヤレスイヤホン

価格:5,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2020年最新版

イヤホンの騒音を低減してクリアで綺麗、バランスの良い高音質を体感できます。通勤中やスポーツなど様々な場所で問題なく使用できます。ボタンで電源オン/オフや音楽の再生、電話を切る、Siriなどの機能が簡単に行えます。

音質透き通った高音質コーディックACC
連続再生可能時間両耳の再生が最大200時間

口コミを紹介

中音域のボーカルに厚みがあり、低音はほど良く響き、高音域はとてもクリアで透明感があります。また、分離感に優れていることもわかりました。完全ワイヤレスイヤフォンは少し不安でしたが、聞いてみていい買い物ができたと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Gaosa

令和最新版イヤホン

価格:4,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

8000mAh超大容量ケース付き

Bluetooth5.0で遅れが無いです。片耳と両耳の使い分けもできるので2人で使用する事も可能です。通話もクリアに聞こえます。収納ケースは8000mAh容量バッテリーがが装備されていて収納しながら充電ができます。IPX7完全防水だから安心です。

音質クリアでバランスの良い高音質コーディックAAC
連続再生可能時間7.5時間

口コミを紹介

シンプルなデザインですが、イヤホン自体でも充電ケースでもおっしゃれです。耳にフィット感も高くて、落ちにくいです。中音、低音はいい感じです。高音の伸びも全く問題ないです。バランスよく、同クラスのイヤホンの中に比較的にコスパ高いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

OTOKU 電気屋

Bluetooth5.0+EDR搭載ワイヤレスイヤホン

価格:4,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2020新版

CVC8.0ノイズキャンセリング機能で騒音の中でも通話がしやすいです。IPX6の防水なのでスポーツの時に使用しても安心です。両耳でも片耳でも使用できてワンタッチで簡単に操作できます。耳に快適でしっかりフィットします。

音質クリアな高音質コーディック
連続再生可能時間5~6時間

口コミを紹介

これなら電池のあり、なしが良く分かります。ケースの電池残量も%表示で分かりやすい!両耳あるので必要に応じて片耳や両耳で使い分けることが出来ます。ペアリングをしておけば自動でスマホと繋がります。最初の設定だけでかなり便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

連続再生時間の長いのおすすめの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5244820の画像

    OTOKU 電気屋

  • 2
    アイテムID:5244757の画像

    Gaosa

  • 3
    アイテムID:5244712の画像

    Totemoi

  • 4
    アイテムID:5244556の画像

    SoundPEATS(サウンドピーツ)

  • 5
    アイテムID:5244518の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 商品名
  • Bluetooth5.0+EDR搭載ワイヤレスイヤホン
  • 令和最新版イヤホン
  • Bluetooth5.0ワイヤレスイヤホン
  • TrueFree+
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • 特徴
  • 2020新版
  • 8000mAh超大容量ケース付き
  • 2020年最新版
  • ワイヤレスイヤホン
  • 限定カラー
  • 価格
  • 4580円(税込)
  • 4880円(税込)
  • 5380円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 29700円(税込)
  • 音質
  • クリアな高音質
  • クリアでバランスの良い高音質
  • 透き通った高音質
  • 高音域まで再生できる高音質
  • パワフルな高音質
  • コーディック
  • AAC
  • ACC
  • AAC
  • 連続再生可能時間
  • 5~6時間
  • 7.5時間
  • 両耳の再生が最大200時間
  • 35時間
  • 10時間

防水機能付きのおすすめフルワイヤレスイヤホン5選

第5位

Jabra

EliteActive65t

価格:15,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Alexa対応

防塵・防滴に対応していてIP56準拠です。接続は途切れにくく通話もクリアに聞こえます。シリコンラバーでしっかりフィットします。音声アシスタントがボタ1つで簡単にできます。専用のアプリを使用して自分好みのサウンドに調整できます。

音質自分好みにできる高音質コーディック
連続再生可能時間15時間

口コミを紹介

音飛びが全くなくなり快適なことや外れることを気にしなくて済むこと、長時間つけていても耳が痛くなることがないので快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

AVIOT

ワイヤレスイヤホン

価格:8,882円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TE-D01g

コンパクトでオシャレな外観のワイヤレスイヤホンです。防水性能はIPX7です。最新技術により音切れを最小限に抑えています。イヤホンが落ちる事なく耳にしっかりフィットします。通話やアシストにも簡単に接続できます。

音質コーディック
連続再生可能時間10時間

口コミを紹介

いい音です。低音も良く出ています。装着感も良く、耳から落ちることはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

BOSE(ボーズ)

完全ワイヤレスイヤホン

価格:20,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トリプルブラック

軽くて外れにくいデザインで長時間使用しても快適です。クリアでパワフルでなサウンドです。IPX4の防滴仕様です。デュアルマイクを搭載していて周りが騒がしくてもクリアに通話ができます。SiriやGoogle Assistantへの接続ができます。

音質高音質コーディック
連続再生可能時間10時間

口コミを紹介

ランニングや水泳などのスポーツ中や部屋でケーブルから開放されてのイヤホンで音楽をききたい人などに適していると思います。実際、自分はジムでのキントレや公園でのランニング、家聞きに使用していますが半年使っても音が途切れたことは2.3回しかないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Jabra

完全ワイヤレスイヤホン

価格:23,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Elite75t

2台のスマートホンと接続できます。音楽や通話の音質を自分の好みに設定できます。手の平サイズのコンパクトなワイヤレスイヤホンで持ち運びにも最適です。AlexaやSiri、 Google Assistantに接続できます。

音質高音質コーディック
連続再生可能時間7.5時間

口コミを紹介

一言でいえば十分な高音質です。全体的なバランスとしては、低音が強めなので、低音重視の人に特におすすめです。かなりの重低音まで沈み込み、量感もたっぷりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ソニー(SONY)

ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン

価格:22,533円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

WF-1000XM3

低音から人の声などの中高音まで幅広いノイズを低減させます。3点で固定するので耳にフィットしやすいです。10分充電で90分の再生ができて便利です。充電が保管するケースでできます。電話をかけたり天気予報を調べる事も可能です。

音質ハイレゾ相当の高音質コーディック
連続再生可能時間24時間

口コミを紹介

耳の周りに空間ができて音が響き渡る感じ特に低音がうるさすぎるとかもなく、バランス良く聞こえます。ノイキャン性能は非常に高い。

出典:https://www.amazon.co.jp

防水機能付きのおすすめの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5245549の画像

    ソニー(SONY)

  • 2
    アイテムID:5245536の画像

    Jabra

  • 3
    アイテムID:5245515の画像

    BOSE(ボーズ)

  • 4
    アイテムID:5245484の画像

    AVIOT

  • 5
    アイテムID:5245260の画像

    Jabra

  • 商品名
  • ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • 完全ワイヤレスイヤホン
  • ワイヤレスイヤホン
  • EliteActive65t
  • 特徴
  • WF-1000XM3
  • Elite75t
  • トリプルブラック
  • TE-D01g
  • Alexa対応
  • 価格
  • 22533円(税込)
  • 23800円(税込)
  • 20100円(税込)
  • 8882円(税込)
  • 15800円(税込)
  • 音質
  • ハイレゾ相当の高音質
  • 高音質
  • 高音質
  • 自分好みにできる高音質
  • コーディック
  • 連続再生可能時間
  • 24時間
  • 7.5時間
  • 10時間
  • 10時間
  • 15時間

フルワイヤレスイヤホンの使い方・付け方

フルワイヤレスイヤホンの使い方や付け方は説明書をよく確認する事が大切です。一般的な流れを説明します。まず、電源をオンにします。ケースから出すと自動でオンになるものも多いです。次にスマートホンなどの再生機器をオンにします。

 

するとワイヤレスイヤホンにデバイス名が出てきます。デバイス名をタッチして接続します。この作業は2回目からは自動で行われます。耳にイヤホンを入れますが耳の形は人それぞれなので付属のイヤーチップで合うものを探すか別売りのものを試しましょう。

 

イヤホンは小さく潰してから耳の中に入れるとフィットしやすいです。その後はイヤホンのボタンを押して曲の再生や一時停止、通話などを選びます。紛失を防ぐためにも使用した後には必ずケースに戻すようにしましょう。

 

 

フルワイヤレスイヤホンで高音質な音楽を楽しもう!

フルワイヤレスイヤホンは音切れや接続が不安定になる事などのデメリットが気になる方も多いですが各メーカー、様々な技術で軽減されています。有線が無いだけで快適に音楽や通話が楽しめるので是非、購入してみて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ