記事ID140965のサムネイル画像

【おしゃれ感UP】万年筆のインクおすすめ人気ランキング25選

ペンを使って字を書くことが減ってきている現代社会においてあえて字を書くことにこだわりたい人には万年筆がおすすめ。この記事では万年筆のインクに焦点を絞っておすすめの万年筆のインクをご紹介。万年筆のインクの選び方から使い方まで分かりやすくご説明します

多彩な種類から好みの色を選べるのが万年筆のインクの一番のメリット

最近では、万年筆で字を書くことがちょっとしたブームなのをみなさんご存知でしたか?万年筆で字を書くためにはインクが必須です。ですが、一言で万年筆のインクといっても、インクは種類が多くあります。

 

同じ色のインクですらちょっとした違いがあるので迷ってしまいがちです。万年筆を買った方は、次にインクにこだわるべきです。というのも、万年筆のインクにこだわっていくと自分の新しい世界が見えてくるからです。

 

万年筆だけでは、書き心地や持ちやすさぐらいしか選び方がないです。しかし、万年筆のインクならたくさんの種類やカラーがあるのでバリエーションに富んでいます。

 

そこで今回は万年筆のインクの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

編集部イチオシのおすすめ万年筆インクはこちら!

パイロットコーポレーション

パイロット 万年筆インキ iroshizuku

価格:1,070円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夜空を思わせる美しい色

日本には、美しい自然の風景や景色があります。そんな魅力を十分に落とし込んだのがこちらの「irohashizuku-色彩雫」シリーズです。日本の自然をイメージして作られたこのインクはあなたのさらなる万年筆で書く喜びを与えてくれます。

 

中でもこの商品は青色なのですが、青は青でも月の光のおかげで少し緑色になっています。なので、日本の夜空を思わせるような唯一無二の色となっています。

 

またこの「irohashizuku」は「日本パッケージデザイン大賞2011」にて、家庭用品・一般雑貨部門で金賞を受賞したこともあります。

口コミを紹介

日々、愛用しているパイロット万年筆「コクーン」用としてコンバーターとともに購入しました。
深みのある青でとても気に入ってます。
仕事の出先で大事な書類にサインをしている時にインク切れという失態をしてしまい、やむをえず、代わりのペンでサイン・・・そのサインの出来栄えはご想像にお任せします。
唯一無二の色であり、ボールペンのインクでは表現できないなにかがあると思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

月夜を購入しました。
ブルーブラックより、やや黄・緑がかった色合いです。 また少し醒めたような褪せた感じで
それが落ち着いた和風な感じを引き立てているように思います。とても気に入りました

出典:https://www.amazon.co.jp

その名と宣伝文の示すとおり、緑がかった静かな青色です。ロイヤルブルー系の華やかさはありませんが、家族の寝静まった深夜にモノを書くには似合いの、すごく情緒のある色合いだと思います。色見本で見るよりは少し薄い感じかな?iroshizukuは本当に楽しくて良いですね。文具屋に行くたびに誘惑されて困りますが。

出典:https://www.amazon.co.jp

万年筆のインクの選び方

ではここから万年筆のインクの選び方を見ていきましょう。インクの種類はメーカー会社によって様々です。なので、それぞれの性質や特徴などをしっかりと理解して選びましょう!

インクの種類で選ぶ

万年筆のインクの種類は大きく分けて3種類あります。なので、しっかりとその3種類の特徴を知らずに購入した後に「なんか違った」とならないように理解しておきましょう。

使いやすい「染料インク」

万年筆のインクの中で最も種類が多くてメジャーなのがこの「染料インク」です。カラーバリエーションが豊富にあるのでほとんどの方がこの染料インクを使っています。また染料インクは水に溶けやすいのでインク切れを起こした際に、カンタンにメンテナンスができます。

色が変化していく「没食子インク」

没食子インクの特徴は、時間が経つと書いた時の色と変化する特殊なインクということです。ということはつまり、色の移り変わりを楽しむことができるわけです。この没食子インクは長期間保存にも効果的で、残しておく大事な書類に書くときにも有効です。

にじまない「顔料インク」

水と色褪せに強いのがこの「顔料インク」です。なので長期的に保存する書類などに書くときに最適です。カラーは黒や紺色がメインで他の色はあまりないのでバリエーションが少ないのも特徴的です。顔料インクはこまめにメンテナンスをする必要があるので、ある程度万年筆を使ったことのある方におすすめです。

インクの形状で選ぶ

万年筆のインクにはカードリッジタイプとボトルタイプの2種類があります。最近の万年筆は、どちらのタイプにも適応しているのでここら辺は好みで選ぶといいです。

手軽なカートリッジタイプ

カードリッジタイプはカンタンに使えて携帯しやすいのが特徴的です。というのも、カードリッジタイプはインクの入ったチューブを万年筆に差し込むという形で補充することができるのです。なので難しいことは一切なく手を汚さずに補充することができるので人気です。

 

多彩な色を楽しめるボトルタイプ

万年筆のインクといったらイメージするのがこのボトルタイプだと思います。ボトルタイプはその名の通り、瓶に入ったインクのことで万年筆にコンバーターという吸引器を着けて補充するものです。インクの量が多いというのがメリットですが、携帯しにくいというのもデメリットとしてあります。

カラーで選ぶ

やはりインクの醍醐味といえばカラーです。インクのカラーはたくさんの種類があるのでご自身の使用用途に合ったカラーを選びましょう。

ビジネスユースなら ブラック

万年筆をビジネスといった仕事で使うようであればブラックが無難だと思います。ブラックは白と相性がいいのでくっきりとした文字を書くことができます。ブラックと一言でいってもメーカーによって漆黒や極黒といったカラーもあるので、自分の目で見て決めることをおすすめします。

万年筆の定番カラー ブルーブラック

ブルーブラックもブラックと同じく万年筆のインクでは定番のカラーです。文字を書いた直後はまだ黒色ですが、時間が経つと少し紺色になるのがブルーブラックの特徴です。なので、少しおしゃれ感を演出することができるので手帳に書く女性に人気のカラーです。

とにかく好みを探す カラーインク

カラーインクは自分の好きな色で書きたいという方におすすめです。カラフルなデザインを描いたりするのはもちろん、日記や手帳などをキレイに書きたいという人にとっては最適です。カラーはメーカー会社によって、デザインが違うので自分の好みを見つけるまで探すのがいいでしょう。

万年筆と同じメーカーのものを選ぶ

あなたがもし使っている万年筆があるのなら、それと同じメーカーのインクを使うのがおすすめです。というのも、同じメーカーだとその万年筆に合うように作られているものがほとんどです。なので使いやすいのはもちろんのこと万年筆を傷めずに長続きさせることができます。

おすすめのメーカーで選ぶ

メーカーでインクを選ぶのも一つの方法です。メジャーなインクメーカー会社であればほとんどの人が使っているものなので安心して使用することができます。さらにおすすめのメーカーならレビューが多いので選ぶ際の材料にもなるのでいいです。

セーラー

セーラーは筆記具を作る日本のメーカー会社で1911年に始まった老舗です。万年筆のインクとしては他と比べるとやや高い価格にあります。ですが、最近では20mlのミニサイズのインクを販売しているので初心者の方でも手をつけやすいものとなっています。

プラチナ

プラチナ万年筆は、なんといっても安い価格でインクを販売しているのが特徴です。さらにただ安いだけでなくインクと一緒にリザーバーも同封した上で、低価格でインクを販売しているので、コスパもバッチリです。

 

最近では自分の好みのカラーを自由にカスタマイズできるサービスを開始していて評判を集めています。

ペリカン

ペリカンはスイスに本拠地がある文具メーカーです。文具メーカーなので万年筆のインクに留まらず、黒板に使うチョークや絵具といった文具全般を作っているメーカーです。

 

このペリカンが創業したのは1832年ということで文具業界の中でもかなり老舗です。中でもボトルインクはデザイン性が高いことで評判です。

万年筆の染料インクのおすすめ3選

第3位

プラチナ万年筆

プラチナ万年筆 万年筆ボトルインク 60cc ブルーブラック

価格:955円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インクリザーバー付き

インクリザーバーという補充するための補助具がこの商品にはついているのでインクを溜めることができます。なので、インクが少なかったとしてもリザーバーによって液面が高くなるので吸い込みやすいです。

 

カラーはブルーブラックなので、履歴書や手帳など幅広く活用することができます。昔の万年筆のインクの特有でもあった匂いはないです。なので匂いが気になるという方はこの商品がおすすめです。

サイズ57×57×63mm質量180g
容量60ccブルーブラック

口コミを紹介

プラチナのブルーブラックは昔ながらの酸性インクなので愛用しています。古典インクを止める企業が多い中、作り続けてくれるのはありがたいことです。水に濡れてもしっかり残ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

セーラー万年筆

セーラー万年筆 万年筆 染料ボトルインク 50ml ブルーブラック

価格:814円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セーラー万年筆定番のボトルインク

とてもキレイな色なのが特徴的で初心者の方でも使いやすい商品となっています。ベーシックなカラーなので幅広い使い道があります。

 

ボトルインク用のリザーバーはついてきませんが、別途で購入すれば問題はありません。レビューでも気にせず購入した方が多いです。

サイズ53x44x70mm/50ml質量272g
容量50mlブルーブラック

口コミを紹介

この手の製品ですので品質や使い勝手などは普通です。色はかなり濃い目のブルーブラックで気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

セーラー万年筆

セーラー万年筆 顔料カートリッジインク 極黒

価格:389円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単なカードリッジタイプ

万年筆は補充が大変というイメージがありますが、こちらはカードリッジタイプなのでカンタンに補充することができます。ただ詰め替えるだけでいいのでわざわざコンバーターを使って吸収する時間を省くことができます。

 

普通の万年筆のインクでは水に弱いのが難点ですが、こちらは超微粒子のインクを使っているので耐水性があります。なので書きやすいし水に弱いという心配がありません。

サイズ6.5×49.5mm質量-
容量1.5g

口コミを紹介

万年筆のインクは、ブルーブラック派でしたが、黒も良いですね。インクの裏抜けが気になっていたのですが、モレスキンの手帳に書いて見て感動しました。ナノインク、考えた方は天才です!前ほど紙質を気にせず、思う存分書けますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

万年筆のおすすめ染料インク比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5242440の画像

    セーラー万年筆

  • 2
    アイテムID:5242423の画像

    セーラー万年筆

  • 3
    アイテムID:5242383の画像

    プラチナ万年筆

  • 商品名
  • セーラー万年筆 顔料カートリッジインク 極黒
  • セーラー万年筆 万年筆 染料ボトルインク 50ml ブルーブラック
  • プラチナ万年筆 万年筆ボトルインク 60cc ブルーブラック
  • 特徴
  • 簡単なカードリッジタイプ
  • セーラー万年筆定番のボトルインク
  • インクリザーバー付き
  • 価格
  • 389円(税込)
  • 814円(税込)
  • 955円(税込)
  • サイズ
  • 6.5×49.5mm
  • 53x44x70mm/50ml
  • 57×57×63mm
  • 質量
  • -
  • 272g
  • 180g
  • 容量
  • 1.5g
  • 50ml
  • 60cc
  • ブルーブラック
  • ブルーブラック

万年筆の没食子インクのおすすめ3選

第3位

WROLEM

ローレル&クリングナー ボトルインク

価格:1,265円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

没食子インクだから水に強い

没食子インクなので水に強いです。なので書いた文字が滲むことがないです。こちらの商品は深い紫色なので、日記や手帳に書く用としておすすめです。

 

滑らかに書けることが評判ですが、書く紙によっては紙の裏に写る可能性があります。なので、書く際には高級紙などを使うのがおすすめです。

サイズ-質量-
容量-

口コミを紹介

古典インクでは珍しい紫色のインク。金属の腐食が気になるので、ペン先が金の万年筆を使っています。滑らかに書けて、文字の濃淡がわかりやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

プラチナ万年筆

プラチナ万年筆 ボトルインク

価格:1,564円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色の変化を楽しむ万年筆用インク

こちらのインクは万年筆の筆跡の濃淡を強化しているので文字が深いものになっています。さらに文字を書いてからしばらくすると、筆跡が黒く変化していくという効果もあります。

 

耐水性と長期保存性に優れているのがこのインクの特徴です。ということで紙の裏にインクが付きにくい性質でもあります。なので実用性に優れていて書類やメモなのにもおすすめです。

サイズ57x57x63mm質量176g
容量60ccカシスブラック

口コミを紹介

他社のユニボール・シグノにボルドーブラックという廃番になったお気に入りの色があり、ずっとそれに近い色を探していました。このインクはクラシックインクなので、時間が経つと色が落ち着いてくるのですが、その最終的な色がまさにボルドーブラック。すばらしい。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ROHRER & KLINGNER

ROHRER & KLINGNER ボトルインク サリックス

価格:1,265円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

落ち着いた紺色

黒すぎず青すぎないのがこのインクの特徴です。古典ブルーブラックとも言われており古典の伝統的なカラーを生み出します。

 

また書いたときには青色に変化しますが、時間が経つと徐々に黒色になっていきます。なので時間が経つにつれて耐水性がでます。

サイズ-質量499g
容量50mlブルーブラック

口コミを紹介

古典ブルーブラックインクのなかでも古典的伝統的らしい特徴があります。書いたときは青く時間が経つと化学変化で黒に近づき耐水性が結構でてきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

万年筆のおすすめ没食子インク比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5242553の画像

    ROHRER & KLINGNER

  • 2
    アイテムID:5242530の画像

    プラチナ万年筆

  • 3
    アイテムID:5242507の画像

    WROLEM

  • 商品名
  • ROHRER & KLINGNER ボトルインク サリックス
  • プラチナ万年筆 ボトルインク
  • ローレル&クリングナー ボトルインク
  • 特徴
  • 落ち着いた紺色
  • 色の変化を楽しむ万年筆用インク
  • 没食子インクだから水に強い
  • 価格
  • 1265円(税込)
  • 1564円(税込)
  • 1265円(税込)
  • サイズ
  • -
  • 57x57x63mm
  • -
  • 質量
  • 499g
  • 176g
  • -
  • 容量
  • 50ml
  • 60cc
  • -
  • ブルーブラック
  • カシスブラック

万年筆の顔料インクのおすすめ3選

第3位

Pelikan

ペリカン ボトルインク ブルーブラック

価格:777円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

書く意欲が湧くインク

ボトルが高級なデザインなので、書きたい気持ちを沸き立ててくれます。中でもこちらのブルーブラックは耐水性と耐光性に優れているので書類はもちろん、日記や手帳などにも使い道があります。なので、いろんな場面で使う方におすすめです。

 

こちらの商品はコンバーターを使って補充をするのですが、コンバーターは1回補充してしまえば1週間以上使い続けることができるので日頃から万年筆を使う方にもおすすめです。

サイズ-質量181g
容量-ブルーブラック

口コミを紹介

PARKERの付属品のブルーブラックを使ってみたところ、やはり「普段の明るい系が良い」と、本商品とペリカンのロイヤルブルー、万年筆と同じPARKERのブルーを検討。一番鮮やかな本商品にしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

セーラー万年筆

顔料ボトルインク ストーリア 20ml レッド

価格:815円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水に強く裏抜けしにくい

水に強いという耐水性に優れているのでカラーイラストを作るときには、絵の具などと併用して使うこともできます。他にもカラーが全8色ついているので初心者の方でも選びやすい商品となっているのでおすすめです。

 

ボトルインクというと、重量があり携帯しにくいというのがデメリットでしたが、この商品は20mlという本来のボトルインクよりもだいぶ少ない量なのでより使いやすくておすすめです。

サイズW34xD34xH56.3mm質量94g
容量20mlレッド

口コミを紹介

耐水性のイラスト・筆記用ブルーインクとして使い続けています。
価格以外なにも文句がありません。
滑らかさ、書き味、色のノリ、耐水性、後退しない発色いずれにおいても優れています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

プラチナ万年筆

万年筆ボトルインク ブラック

価格:955円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

発色がキレイ

カードリッジ型のブルーブラックのインクよりもこちらの方が発光が良いということで人気があります。また耐水性にも優れていて万が一水に濡れてしまったとしても書いた文字が消えることも滲むこともないので安心です。

 

こちらの商品では古典インクを使用しており色が黒く変化するようにされています。なので、本来のブルーブラックよりも色の変化が大きいのも特徴です。

サイズ縦57mm× 横57mm× 高さ63mm質量180g
容量60cc

口コミを紹介

万年筆と同じメーカーがいいかなと思ってこれにしましたが、カートリッジのブルーブラックよりもかなり発色よく、綺麗なので気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

万年筆のおすすめ顔料インク比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5242629の画像

    プラチナ万年筆

  • 2
    アイテムID:5242617の画像

    セーラー万年筆

  • 3
    アイテムID:5242590の画像

    Pelikan

  • 商品名
  • 万年筆ボトルインク ブラック
  • 顔料ボトルインク ストーリア 20ml レッド
  • ペリカン ボトルインク ブルーブラック
  • 特徴
  • 発色がキレイ
  • 水に強く裏抜けしにくい
  • 書く意欲が湧くインク
  • 価格
  • 955円(税込)
  • 815円(税込)
  • 777円(税込)
  • サイズ
  • 縦57mm× 横57mm× 高さ63mm
  • W34xD34xH56.3mm
  • -
  • 質量
  • 180g
  • 94g
  • 181g
  • 容量
  • 60cc
  • 20ml
  • -
  • レッド
  • ブルーブラック

カートリッジタイプの万年筆のインクのおすすめ3選

第3位

モンブラン

MONTBLANC モンブラン インク ロイヤル ブルー

価格:909円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「書くことは貴重な贈り物」がコンセプト

インクがカードリッジ型なので手を汚さずに簡単にインク交換をすることができます。さらにこちらの商品はカードリッジのインクの中でも、小さめのサイズなので携帯にも便利です。

 

染料インクなので万年筆のメンテナンスを行う際にスムーズに行うことができます。メンテナンスを簡単に行うことができるので、万年筆自体にも優しく長く愛用することができます。

サイズ8.6 x 6 x 1 cm質量20 g
容量8本入り

口コミを紹介

オイスターグレー、非常にバランスの良いグレーです。黒すぎず、薄すぎず、読みやすく、かつ黒のインクとははっきり違う色合いを出しています。普段のメモ取りにこのカートリッジを入れたモンブランの万年筆を使っていますが、非常に快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Pelikan

ペリカン インクカートリッジ ブルーブラック

価格:432円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ショートサイズで携帯しやすい

滑らかな書き心地はもちろんあるので初心者の方におすすめの商品です。カラーもオーソドックスなものなので使い勝手がいいです。

 

またメタルケースがかっこいいのも特徴です。カラーバリエーションも豊富にあるので選び方も多彩です。

サイズ-質量18.1g
容量6本入りブルーブラック

口コミを紹介

無印のアルミ丸軸に使用してます。
ペリカンのインクはなめらかでひっかかりが無くて乾きも速いので愛用してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

㈱パイロットコーポレーション

パイロット カートリッジインキ 黒

価格:758円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くて愛用しやすい

カードリッジの詰め替え用として十分な性能を持っています。値段も安くて使いやすいことからコスパがいいと評判の商品なのでおすすめです。

 

インクの乾きの良さも早いなので、初めて万年筆のインクを購入しようと考えている方にもおすすめの商品です。

サイズ-質量45.4g
容量-

口コミを紹介

インクの色はブラックを使用していますが、文字が締まって見えるのが良いです。それとインクの乾きが程よい速さで気にいっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

【カートリッジ】万年筆インクのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5243158の画像

    ㈱パイロットコーポレーション

  • 2
    アイテムID:5243147の画像

    Pelikan

  • 3
    アイテムID:5242800の画像

    モンブラン

  • 商品名
  • パイロット カートリッジインキ 黒
  • ペリカン インクカートリッジ ブルーブラック
  • MONTBLANC モンブラン インク ロイヤル ブルー
  • 特徴
  • 安くて愛用しやすい
  • ショートサイズで携帯しやすい
  • 「書くことは貴重な贈り物」がコンセプト
  • 価格
  • 758円(税込)
  • 432円(税込)
  • 909円(税込)
  • サイズ
  • -
  • -
  • 8.6 x 6 x 1 cm
  • 質量
  • 45.4g
  • 18.1g
  • 20 g
  • 容量
  • -
  • 6本入り
  • 8本入り
  • ブルーブラック

ボトルタイプの万年筆のインクのおすすめ4選

第4位

セーラー万年筆

ボトルインク 四季織 十六夜の夢 桜森

価格:815円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

季節を描くカラー

日本の自然をイメージして作られたインクで文字を書くことで季節を感じることができます。全16色も種類があるので自分の描きたいカラーを選べるのでバリエーションに富んでいます。

 

とても発色がよくて、字も書きやすいのが特徴的でもあります。ですが、インク特有の匂いがするので匂いが気になる方は避けた方がいいかもしれません。

サイズ34x34x58mm/94g質量99.8g
容量20mlピンク系

口コミを紹介

蒼天とはよく言ったものでまさに夏の晴れた日の青空と言う感じの色です。
色が先か名前が先か分かりませんが、非常に鮮やかで美しくとても気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Pelikan

ボトルインク タンザナイト

価格:2,103円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感あふれるボトルインク

高級感が出ているボトルインクで滑らかな書き心地を実現することができているのがこの商品です。カラーは味に深みが出るもので万年筆で書く力の強さによって違うので、バリエーションが多く文字を書くことができます。

 

ボトルの容量は50mlでパッケージもおしゃれなものになっています。なので、大切な人への贈り物として購入される方もいます。

サイズ-質量281g
容量50mlブラックブルー

口コミを紹介

これまで色々なブルーブラックを試してきましたが、本製品のタンザナイトがもっともしっくりきます。とてもブラックに近い、でもブルーもしっかり残っている。上品で落ち着きのある色味です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

モンブラン

モンブラン 万年筆 ミッドナイトブルー 青

価格:1,952円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペンに優しい

この商品はミッドナイトブルーという美しい真夜中をイメージして作られたカラーです。エレガントに見えるそのカラーは力強さと優しさを実現してくれます。

 

こちらの商品は染料インクということで、万年筆の洗浄がしやすいです。なので、万年筆を長く使い続けてたいと考えている方にはおすすめです。

サイズ-質量295g
容量60mlミッドナイトブルー

口コミを紹介

ブルーブラック系の色が好きで使っています。これ以前はパイロットのブルーブラック、その前はペリカンのブルーブラックを使いました。濃さ(黒に近い)はモンブラン>ペリカン>パイロットの順。色の好みはペリカン>モンブラン>パイロットの順。しかし水に強いのはパイロットのようです。きれいな色で気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

セーラー万年筆

顔料ボトルインク 極黒

価格:1,562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水に強いから滲まない

水に強いインクということで目詰まりしにくいので染料インクと変わらない商品です。なので快適な書き心地を実現することができています。書いた紙の裏にも写りにくいので、日記や手帳、書類などにもかけるのでおすすめです。

 

カラーとしては黒色でハッキリとした発光をするのも特徴です。滑らかに書くことができるので初心者の方にもおすすめです。

サイズW53×D44×H70mm質量203g
容量50ml

口コミを紹介

感想としては素晴らしいの一言。
顔料インクなので目詰まりや、キャップのつけ忘れによる乾燥でペン先をだめにしてしまうのではないかなど心配していたのですが、その心配は無用でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

【ボトルタイプ】万年筆インクのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5243212の画像

    セーラー万年筆

  • 2
    アイテムID:5243199の画像

    モンブラン

  • 3
    アイテムID:5243188の画像

    Pelikan

  • 4
    アイテムID:5243178の画像

    セーラー万年筆

  • 商品名
  • 顔料ボトルインク 極黒
  • モンブラン 万年筆 ミッドナイトブルー 青
  • ボトルインク タンザナイト
  • ボトルインク 四季織 十六夜の夢 桜森
  • 特徴
  • 水に強いから滲まない
  • ペンに優しい
  • 高級感あふれるボトルインク
  • 季節を描くカラー
  • 価格
  • 1562円(税込)
  • 1952円(税込)
  • 2103円(税込)
  • 815円(税込)
  • サイズ
  • W53×D44×H70mm
  • -
  • -
  • 34x34x58mm/94g
  • 質量
  • 203g
  • 295g
  • 281g
  • 99.8g
  • 容量
  • 50ml
  • 60ml
  • 50ml
  • 20ml
  • ミッドナイトブルー
  • ブラックブルー
  • ピンク系

ブラックカラーのおすすめ【万年筆のインク】3選

第3位

プラチナ万年筆㈱

カートリッジインク 黒

価格:730円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定したインク

インクとしての品質は優れているのはもちろんのこと、値段も安いというコスパが良い商品となっています。無難な黒色のインクなので幅広い場面で使うことができます。なので初心者の方にもおすすめです。

 

またこの商品のインクの中には金属ボールが入っていて、インクを補充するときにスムーズに補充することができます。

サイズ-質量49.9g
容量10本入りブラック

口コミを紹介

品質が優れていることに加え即納、超安価と優れた梱包に安心してる。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

LAMY

ラミー LAMY 万年筆用 カートリッジインク 1箱5本入り×3箱セット ブラック LT10BLK [並行輸入品] (ブラック)

価格:1,020円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボールペンより鮮やか

一般に売られている万年筆のインクのブルーカラーではインクが滲みがちです。さらには、文字に濃淡が付きにくく紙の裏にインクがついてしまうのもしばしば。しかし、この商品は他と比べて紙の裏があまり滲まないですし、濃淡が付きやすいことで人気です。

 

色もブルーの中でも比較的明るい色なので文字を書いていて爽やかな気持ちにさせてくれます。価格も安いので初心者の方におすすめです。

サイズ-質量40.8g
容量5本入りブラック

口コミを紹介

使いやすいです。
黒と赤を使っていますが、断然赤の方が使います
万年筆の線の細さがちょうど良いですね

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Schneider

インクカートリッジ ブラック

価格:1,320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

はっきり濃く書ける

こちらの商品のインクは速乾性に優れているのが特徴です。例えば、走り書きをしたときにはたいていのインクでは手が汚れてしまいます。ですが、こちらの商品ではその速乾性のおかげでインクが手につきにくいです。

 

さらにこちらはボトルの中にカードリッジタイプが入っているので、インクの補充としての役割を終えたとしても、その後小物入れとして使うことができます。

サイズ約38.5mm質量18.1g
容量30本入りブラック

口コミを紹介

イタリア製の万年筆にもつかえましたし。そのほかの万年筆、シェーファなどもにも使えました。値段が安いうえに、なめらかです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブラックカラーのおすすめ万年筆インク比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5243313の画像

    Schneider

  • 2
    アイテムID:5243288の画像

    LAMY

  • 3
    アイテムID:5243237の画像

    プラチナ万年筆㈱

  • 商品名
  • インクカートリッジ ブラック
  • ラミー LAMY 万年筆用 カートリッジインク 1箱5本入り×3箱セット ブラック LT10BLK [並行輸入品] (ブラック)
  • カートリッジインク 黒
  • 特徴
  • はっきり濃く書ける
  • ボールペンより鮮やか
  • 安定したインク
  • 価格
  • 1320円(税込)
  • 1020円(税込)
  • 730円(税込)
  • サイズ
  • 約38.5mm
  • -
  • -
  • 質量
  • 18.1g
  • 40.8g
  • 49.9g
  • 容量
  • 30本入り
  • 5本入り
  • 10本入り
  • ブラック
  • ブラック
  • ブラック

ブルーブラックカラーのおすすめ【万年筆のインク】3選

第3位

セーラー万年筆

染料ボトルインク ブルーブラック

価格:814円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

王道なデザイン

王道な万年筆のインクでブルーのカラーもとてもキレイなものになっています。文字を書いてから時間が経つとブルーだった色がグレーになったりと味が出るものになっています。

 

王道なインクということで、昔のような匂いも演出しています。なので、人によってはインクの匂いがダメという人もいるので匂いが気になる方は注意した方がいいです。

サイズ53x44x70mm質量272g
容量50mlブルーブラック

口コミを紹介

とても綺麗な青です。赤チンみたいに金光りするところも面白くて気に入っています。
でも今回買ったのは光りません。仕様変更したのかな?

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

LAMY

カートリッジインク ブルーブラック

価格:349円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

愛着が湧くカラー

カードリッジ型のこのインクは、手を汚さずにインクを変えることが可能です。色は落ち着いた色味があるブルーブラックとなっています。ブラックとブルーの中間のようなデザインになっているのでちょうどいい色合いを見つけ出すことができます。

 

万年筆用カードリッジの中でも、こちらの商品は5本入りパックなので比較的インクの残量を気にせず使用できるのでおすすめです・

サイズ6.8cm×0.7cm質量9.1g
容量1.3mlブルーブラック

口コミを紹介

穴に差し込むだけでインク補充完了!とっても楽です。
もうコンバーターを使うことはないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

PARKER

ボトルインク ブルーブラック

価格:720円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級さを味わいたいならこれ

この商品のインクは「クインク・インク」というものを使用しています。こちらは、もっと滑らかな書き心地を実現するために作られたもので速乾性に優れていて、快適に文字を書くことを目指したインクです。

 

色はブルーブラックであり視覚的に優しいものになっています。さらにそれだけではなく、文字を書いていくとその色合いがおしゃれに見えるのでおすすめです。

サイズ-質量159g
容量57mlブルーブラック

口コミを紹介

コストを気にせずガンガン使えるインクとしてブルーブラックを購入。
色味はパイロット色彩雫の月夜をもっと青に寄せた感じで気に入りました。
これが国産オシャレインクよりも格段に安いのだからお得です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブルーブラックカラーのおすすめ万年筆インク比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5243375の画像

    PARKER

  • 2
    アイテムID:5243350の画像

    LAMY

  • 3
    アイテムID:5243335の画像

    セーラー万年筆

  • 商品名
  • ボトルインク ブルーブラック
  • カートリッジインク ブルーブラック
  • 染料ボトルインク ブルーブラック
  • 特徴
  • 高級さを味わいたいならこれ
  • 愛着が湧くカラー
  • 王道なデザイン
  • 価格
  • 720円(税込)
  • 349円(税込)
  • 814円(税込)
  • サイズ
  • -
  • 6.8cm×0.7cm
  • 53x44x70mm
  • 質量
  • 159g
  • 9.1g
  • 272g
  • 容量
  • 57ml
  • 1.3ml
  • 50ml
  • ブルーブラック
  • ブルーブラック
  • ブルーブラック

カラーインクのおすすめ【万年筆のインク】3選

第3位

プラチナ万年筆

万年筆インク カラーインク

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリジナルカラーが作れる

時間で色が変わるのがこのインクの特徴です。なので、カラーの選び方次第で自分だけのカラーを作り出すことができます。手帳や日記を使う際におしゃれな文字を書くことができるので楽しい気持ちにさせてくれます。

 

 

サイズ-質量99.8g
容量-レッド

口コミを紹介

単色使用の場合は、最初の「マゼンタ」が筆記用紙によっては「ヒナゲシ色」になったり「ワインレッド」になったりする。このあたりも一気に「Noir」方向に進む KWZ と比べて穏やかな印象。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ナカバヤシ(Nakabayashi)

万年筆インク カラーインク

価格:1,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

浮世絵みたいなインク

書き始めはブルーインクになっていますが、乾いていくにつれて色はまるで錆びついたように緑色になっていきます。その姿はまさに浮世絵をイメージしたかのようなデザインです。

 

こちらのインクは材料も優れていて高い原材料を使っています。他にも国内で製造されているから安全性もあります。

サイズ W42×D42×H68mm質量181g
容量40ml錆緑

口コミを紹介

軽い気持ちで買ったのですがあまりのエモさに大好きなインクになりました…
買って損はないです…!

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

セーラー万年筆

万年筆インク カラーインク

価格:815円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

季節を描いたカラー

毎日の生活が豊かになるように作られたのがこのインクです。自然にめぐまれたデザインをそのままインクに落とし込んだ商品となっています。

 

カラーの種類も豊富にあるので、自分の好みにあった商品を選ぶことができます。

サイズW34×D34×H58mm質量94g
容量20mlブルー系

口コミを紹介

今更説明不要だと思いますが、このインクレッドフラッシュがきれいなインクでおススメですよ。インク沼在住のため、個人輸入したOrganics StudioやRobert Osterのインクなんかに比べても遜色ないですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

カラーインクのおすすめ万年筆インク比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5243471の画像

    セーラー万年筆

  • 2
    アイテムID:5243451の画像

    ナカバヤシ(Nakabayashi)

  • 3
    アイテムID:5243415の画像

    プラチナ万年筆

  • 商品名
  • 万年筆インク カラーインク
  • 万年筆インク カラーインク
  • 万年筆インク カラーインク
  • 特徴
  • 季節を描いたカラー
  • 浮世絵みたいなインク
  • オリジナルカラーが作れる
  • 価格
  • 815円(税込)
  • 1600円(税込)
  • 1980円(税込)
  • サイズ
  • W34×D34×H58mm
  • W42×D42×H68mm
  • -
  • 質量
  • 94g
  • 181g
  • 99.8g
  • 容量
  • 20ml
  • 40ml
  • -
  • ブルー系
  • 錆緑
  • レッド

万年筆の使い方

万年筆は洗浄したりメンテナンスをすることで長持ちさせることができます。ですが、一番のメンテナンスは万年筆を使い続けることです。正しいインクの補充の仕方、万年筆のお手入れのやり方をすれば長く使い続けることが可能です。

ここでは万年筆のインクの補充の仕方を種類ごとに紹介します。インクがボトルタイプかカードリッジタイプなのかでやり方が全然違うのでぜひ知っておきましょう。

ボトルタイプの使い方

コンバーター式の場合

コンバーター式でインクを補充する場合はまず万年筆にコンバーターをつけます。そして、万年筆のペン先全体をインクの中に入れます。インクの中に万年筆を入れる時にペン先とインク瓶が当たらないように注意しましょう。

 

コンバーターの吸入ノブをゆっくりと回しインクを吸い上げていきましょう。上手く吸い上げられない場合はもう1度同じことを繰り返してみましょう。

 

インクを吸い上げることができたら吸入ノブを回して2,3滴ほどインクを落としましょう。その後、周りについているインクをティッシュなので拭きとればインクの補充は完了です。

吸入式の場合

吸入式の場合は、まず吸入ノブが左に止まるまで回してください。これによってピストンが下に下がります。そしたらペン先全体をインクの中に入れます。ここでペン先とインク瓶がぶつからないように注意しましょう。

 

次にゆっくりと吸入ノブを右に回してインクを吸い上げます。上手くいかない場合はもう1度同じことをやってみましょう。

 

インクをペンに吸い上げることができたら吸入ノブを左に回して2,3滴インク瓶に戻します。最後にペンについたインクをティッシュなどで拭きとれば補充は終了です。

カードリッジタイプの使い方

カードリッジタイプの使い方はまず万年筆の軸を外します。このとき万年筆のペン先を上向きにするのを忘れないようにしましょう。そこに用意したカードリッジをそのまま差し込んでいきます。

 

カードリッジを差し込むことができたら万年筆の軸を元に戻ししばらく待ちます。しばらく待つとカードリッジのインクが万年筆のペン先にきます。そうしたら最後に試し書きをして問題がなければ補充は完了です。

多彩な色を楽しむ万年筆のインク【まとめ】

今回は、万年筆のインクのおすすめ商品を人気ランキング別に紹介していきました。万年筆のインクは種類や性質によって書くときに違いが出てくるので、ちゃんと確認しながら選ぶことが重要です。今回紹介した商品の中から自分に合うと感じたものがあればぜひ購入してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ