記事ID140937のサムネイル画像

【2020年最新】最高のミステリー小説・推理小説おすすめ25選

一度読み始めるとページをめくる手が止まらない推理小説・ミステリー小説。日本のみならず海外でも人気のジャンルで、名探偵が活躍する探偵小説や、予想を裏切るどんでん返し系などさまざまな作品があります。今回は初心者にもおすすめの推理・ミステリー小説ランキングを紹介します。

国内・海外でも人気の推理・ミステリー

時代を問わず、年代を問わず、国内海外の作品を問わず、数ある小説のジャンルの中で色あせない人気を誇っているのが「推理小説」です。初心者向けから最後の最後まで分からない大どんでん返しと幅広く、読む度にどんどんミステリーの世界へ引きこまれていきます

 

今まで味方だと思っていた人が、意外にも犯人だったという設定も面白く、ファン層は限りなく広いです。しかし、推理小説と言っても幅が広く、本屋さんに行くとどれがいいのか迷ってしまうでしょう。

 

そこで今回はミステリー小説・推理小説の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

編集部イチオシのおすすめの推理小説はこちら!

講談社

十角館の殺人 <新装改訂版>

価格:946円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どんでん返しが待ち受ける本格推理小説

十角形の奇妙な形をした館がある孤島に大学ミステリー研究会の7人が訪れ、事件に巻き込まれる推理小説です。ミステリー史上最大級の、驚くべき大どんでん返しの結末が待ち受けているストーリー展開が見ものでしょう。

 

館を建てた建築家が、半年前に炎上した青屋敷で焼死し、やがて学生たちを襲う連続殺人事件が起こります。大学ミステリー研究会のメンバーが一人、また一人と殺されていく衝撃は、ガッチリと読者の心をわしづかみです。

 

87年に刊行されてから多くの読者に衝撃を与えたミステリー作品が、新装改訂版として登場しています。ほとんどミステリーを読まない人でもとっつきやすく読めると話題で、初心者でも気軽に読み進められる一冊です。

作者綾辻 行人発売日2007/10/16
作風殺人事件

口コミを紹介

最後まで真犯人が誰なのか分からないストーリー展開は鮮やかで、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」「アクロイド殺し」などの作品が好きな人にはお勧めの一冊である。

出典:https://www.amazon.co.jp

面白い推理小説・ミステリー小説の選び方

推理小説と言ってもジャンルの幅は広く、話の内容が面白くなくて途中で投げ出してしまうかもしれません。どんどん引きこまれるような話の展開が楽しめる推理小説を探してみましょう。

作者で選ぶ

好きな推理小説の作者がいれば、その人の作品で選ぶと失敗しません。日本で代表的な推理・ミステリー小説家を挙げてみましょう。

江戸川乱歩|日本を代表する推理作家

大正から昭和にかけて独特のタッチで推理小説を書きあげた日本を代表する作家です。岩井三郎探偵事務所で働いていた経験をもとに、実際に近い事件の解決などリアルな話の内容にぐっと見入ってしまうでしょう。

 

彼の作品には推理小説の他にも幻想・怪奇小説があるのが特徴で、単純なトリックながら狂気の世界に多くの人を虜にしています。子供のころに一度は読んだことがあるような作品に、大人は懐かしさを感じるでしょう。

「江戸川乱歩」は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

宮部みゆき|ミステリーからSFまで、幅広い作風

27歳のときに書いた「我らが隣人の犯罪」でオール読物推理小説新人賞を受賞し、作家の道に進んだ推理小説家です。ミステリーに限らず、時代小説・ファンタジー・SFと幅広いジャンルの作家としても注目されています

 

推理小説の中に人間ドラマが見られ、人物像や心理・心情が巧妙に描写されているところが読者を魅了する所以でしょう。SFやファンタジーなどはミステリーとはまた違った魅力があり、明るく軽やかな作風です。

 

同じ作者で幅広いジャンルの作品を読みたいのであれば、宮部みゆき作品は絶対に外せない存在でしょう。

綾辻行人|叙述トリックを得意とする人気作家

本格的にミステリーを楽しみたいのであれば、外せない作家が綾辻行人です。1987年に「十角館の殺人」で作家デビューをし、大人気の「館・シリーズ」は多くの人を虜にさせた作品としても注目されています。

 

多くの作品で見受けられるのが、叙述トリックが効いたどんでん返しでそこにはちょっとしたホラー要素もあるでしょう。最後まで分からない話の展開がどんどん引きこまれる所以でもあるのです。

 

本格ミステリー作家クラブの事務局長も務めるほど、推理小説をこよなく愛する作家としてこれからミステリーを読みたい初心者にもおすすめします。

東野圭吾|先の読めない展開と、個性的な登場人物

東野圭吾と言えば映画やドラマとして起用された作品が多く、そこからファンになって本を読む人も多いでしょう。軽く読める初心者向けからディープな上級者向けと幅が広く、ついつい東野ワールドに惹きこまれてしまいます。

 

展開や表現が複雑ではないため、サクッと読めるのが特徴であり、そこにどんでん返しも待っているところに読者の好奇心を刺激するでしょう。先の読めない展開と、個性的な登場人物が人気の秘密です。

 

また、リアルで繊細な心情と共感を得やすいテーマがより一層、多くの人に読まれ愛されるわけです。

赤川次郎|笑いと涙が溢れる、ほんわかと暖かい作風

1976年に28歳で書き上げた「幽霊列車」がオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビューを果たした推理小説家です。長編から短編までサクッと読めるのがおすすめで、「三毛猫ホームズ」シリーズなどは爆発的な人気を誇っています。

 

小・中学生から大人まで幅広いファン層がいて、笑いと涙があふれる、軽快でユーモラスのあるほんわか暖かい作風が特徴です。映画やドラマに起用された作品も多く、時代を問わずに色あせない作品に魅了されることでしょう。

 

小説家デビューのときは妻や娘がいて、サラリーマンの傍らに小説を書いていた経歴があり、ヒットしてからは専業作家として知名度を上げています。青春・ホラー・どんでん返しと幅広いジャンルがあるのも人気の秘密でしょう。

作風で選ぶ

推理小説と言っても色んなジャンルがあり、それぞれの作風で選ぶと失敗しません。代表的な作風を挙げてみましょう。

個性的な主人公が登場する探偵小説

主に殺人・強盗・誘拐・詐欺など、事件や犯罪の発生と解決に向けての経過を描いた推理小説です。色んなタイプの推理小説がある中で、個性的な探偵が活躍する探偵小説は、とても人気があります

 

犯人を推理するドキドキ感と巧妙なトリックに驚き、最終的にはどんでん返しも待っていたりするでしょう。意外と簡単な内容なだけに、本を読むのが苦手な人やミステリーをあまり読んだことがない人でも入り込みやすいです。

 

シリーズとして登場しているタイプやドラマや映画など映像になっているものもあり、過去に賞を受賞している作品もあります。

謎解き・トリックに挑む本格推理小説

数ある推理小説の中で、謎解き・トリック・頭脳派の名探偵が活躍することを目的にした推理小説です。代表的な本格ミステリー作家と言えば、江戸川乱歩・横溝正史などが挙げられるでしょう。

 

名探偵が挑む謎・仕掛けられたトリック・真犯人を突き止める迫力が見もので、ミステリー小説の初心者からちょっとグレードをアップした作品に挑戦したい人にぴったりです。中には血みどろの惨劇や不可能な犯罪があったり、奇想天外な展開にどっと入り込めます。

ほろにがい・甘酸っぱい気分の青春ミステリ

思春期を迎えた男子・女子の日常や成長、中学校や高校での学校生活の中で起こるミステリアスな出来事が爽やかに描かれています。自身の学生時代を思い出しながら、ミステリーを楽しめるのが魅力的でしょう。

 

推理ものによくある殺人事件というとちょっと暗くて悲惨なイメージがありますが、青春がプラスされることでほろにがい・甘酸っぱい気分も味わえます。思春期の複雑な感情も思う存分に楽しめるでしょう。

衝撃の結末が待っているどんでん返し

巧みに施された仕組みによって、読者を驚かせるラストシーンが見もののどんでん返しの推理小説です。予想もつかないようなラストの結末に、びっくり仰天してしまう人もいるかもしれません。

 

見事に騙されて、それを目の当たりにしたときの快感は、何とも言えないほどクセになってしまいます。予想が付かないからこそ、最後まで読みたくなる気持ちが出てきて推理小説があまり好きでなかった人もファンになるでしょう。

初心者でも読みやすい推理小説

推理小説を読みたいけれど、種類がいっぱいあってどれがいいのか分からないという人も多いでしょう。内容が重くなく、サクッと最後まで読めるスタイルが初心者でも読みやすい推理小説です。

 

文字を読むのが苦手・ミステリー小説に興味があってもなかなか踏み出せない・作品が多くて探せないという人は、読みやすい・面白い・驚きや感動があるタイプで選ぶと初心者でもサクッと読めます

 

特に短編やコメディ・ちっくな作品は読みやすく、初心者にとっては入りやすいおすすめの推理小説です。

海外の推理小説・ミステリー小説もおすすめ

推理小説には、日本のものだけでなく海外ミステリーも人気があります。「オリエンタル急行の殺人事件」アガサ・クリスティーを始め、コナンドイルの「シャーロックホームズ」など不可解な謎を紐解いていくのがとても楽しい作品ばかりです。

 

ドラマや映画・シリーズとして登場している作品も多く、本と一緒に映像も楽しめるのが魅力的でしょう。日本の推理小説に飽きてしまったら、外国の有名な推理作家の作品を読破してみてください。

シリーズで選ぶ

有名な推理小説の作家は、シリーズになった作品も人気に火を付ける所以になっていることも多いでしょう。例えば、赤川次郎であれば「三毛猫ホームズ」シリーズは、読者ファンも多くて売り上げ数を伸ばしています

 

また、海外推理小説ではコナンドイルの「シャーロックホームズ」、アガサ・クリスティーの「名探偵ポアロ」のシリーズが日本で人気です。シリーズとして登場している主人公は個性的でユニークな性格が共通しており、ユーモラスなキャラクターが人気の理由でしょう。

映像化作品から選ぶ

推理小説はとても人気が高く、映画・テレビ・漫画・アニメなどメディアミックスになることも多いです。小説からメディアに登場するということは、それだけ人気があるということで要チェックでしょう。

 

つまり、それだけ推理が面白く、どんどん読み進めたくなる内容だからこそ人気作品へとつながっているわけです。まずは小説から入ってドラマや映画を観るという2つの楽しみ方を堪能できます。

 

また、小説とは異なる内容もあり、逆にドラマや映画を観た後で本を読むというのも違う角度から楽しめるでしょう。

初心者におすすめの推理小説・ミステリー小説5選

第5位

文藝春秋

リピート

価格:858円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイムトラベルできる初心者向け推理小説

現在の記憶を持ったまま過去の自分に戻って人生をやり直せるというタイムトラベルの推理小説です。作品をどんどん読み進めていくと、謎解きの要素もあって読者も一緒に参加できるのが魅力的でしょう。

 

主人公や取り巻く人たちの心理戦が、面白くてついつい時間を忘れてのめり込んでしまいます。最後は衝撃のラストだから、最後の最後までハラハラ・ドキドキ感がたまらないストーリー仕立てです。

作者乾 くるみ発売日2007/11/9
作風どんでん返し

口コミを紹介

リピートの真相、懐疑、心の葛藤、どんどんと物語の進行は深みにはまっていく。SF好きな私ですが、それとは違ったドラマの展開もあり、たいへんおもしろい内容でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

講談社

占星術殺人事件

価格:1,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デビュー作でショッキングな推理小説

本格派推理小説を読みたいのであれば、外せない一冊になるでしょう。御手洗のキャラクターが強く手、個性的だからこそ読み手の心をしっかりとキャッチしてシリーズの続きをどんどん読みたくなるわけです。

 

島田荘司のデビュー作でもあるこの作品は、かなりショッキングな展開で事件が進行していくのが特徴でしょう。ちょっと狂気じみた推理小説を読みたいという人に向いている作品として注目度が高いです。

 

昭和十一年に起きた怪奇事件は、一人の画家の遺書から始まり、六人の処女の肉体部分を星座に合わせ合成するというグロな感じが好きな人におすすめでしょう。

作者島田 荘司発売日1987/7/8
作風本格推理小説

口コミを紹介

推理小説は大好きですが、これ以上のものは知りません。軽くておしゃれでスマートで、のタイプの対極に来る作品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

幻冬舎

暗いところで待ち合わせ

価格:510円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミステリーと優しさのある推理小説

視力を無くして一人で暮らす女性と職場の人間関係に悩む男性が、駅のホームで起きた殺人事件に巻き込まれます。犯人として追われた男性が女性の家に逃げ込み、他人の気配におびえながら無視をすることに決めた二人の奇妙な同棲が始まるのです。

 

ミステリーな要素を含みながら、どこか優しさのあるストーリーがほんわかして推理小説・初心者にぴったりでしょう。不思議な生活を送る中で次第に変化が生まれる作品は、ちょっとロマンチックな感情を抱きます。

作者乙一発売日2013/8/9
作風-

口コミを紹介

長編のいわゆる白乙一作品では、この作品が一番好きです。20数年たっても、登場人物たちの孤独の描写であったり、どのように距離が縮まっていくのか、思わず、登場人物たちと同じように息をひそめて読み進んでしまいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

講談社

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb

価格:946円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

詐欺師と少女の奇妙な同居生活・推理小説

詐欺を職業としている2人組の元に、1人の少女が加わって奇妙な同居生活が始まる推理小説です。悪いことばかりしているのにどこか憎めない二人と少女の物語で、読んだ後はなぜか爽やかな気持ちになるのが不思議な感じでしょう。

 

さらに同居人が増えて5人と1匹になって、新たに彼らが企てた大計画は息もつかせぬ驚きの逆転劇へと進んでいきます。そして最後は感動のフィナーレとなって最後の最後まで見逃せません。

作者道尾秀介発売日2011/7/15
作風どんでん返し

口コミを紹介

伊集院光のラジオにゲストで出演した事で作者を知り、アマゾンで検索、タイトルに惹かれて購入したまま忘れてた。
友人からの『タンスの角に足の小指をぶつけた』ってメールで思いだして読み始め、一気に読了。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

講談社

13階段

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人の命について考えさせられる推理小説

ミステリー小説でありながら、人の命について考えさせられる社会派の推理小説です。死刑囚の冤罪を晴らすために、刑務官と前科のある青年が調査を始めるというストーリーで、テンポがよく話は進んでいきます。

 

しかし、死刑囚の記憶は「階段」という記憶のみで、タイムリミットまでに冤罪を晴らすことができるのかがポイントです。ちょっと重たい話でもスピードのある展開から、サクッと初心者でも読めます。

作者高野 和明発売日2004/8/10
作風本格推理小説

口コミを紹介

機械のことだったり、その状況に置かれたときの人の心理だったり、色んな情報を集めて絡めて一つの作品てできるんだろうなと、今さらながら、そんなことに感動しながらワクワクドキドキ、早くページがめくりたくて寝たいけど止められないで読み終えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者におすすめの推理小説・ミステリー小説比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5240093の画像

    講談社

  • 2
    アイテムID:5240289の画像

    講談社

  • 3
    アイテムID:5240314の画像

    幻冬舎

  • 4
    アイテムID:5240320の画像

    講談社

  • 5
    アイテムID:5240404の画像

    文藝春秋

  • 商品名
  • 13階段
  • カラスの親指 by rule of CROW’s thumb
  • 暗いところで待ち合わせ
  • 占星術殺人事件
  • リピート
  • 特徴
  • 人の命について考えさせられる推理小説
  • 詐欺師と少女の奇妙な同居生活・推理小説
  • ミステリーと優しさのある推理小説
  • デビュー作でショッキングな推理小説
  • タイムトラベルできる初心者向け推理小説
  • 価格
  • 713円(税込)
  • 946円(税込)
  • 510円(税込)
  • 1900円(税込)
  • 858円(税込)
  • 作者
  • 高野 和明
  • 道尾秀介
  • 乙一
  • 島田 荘司
  • 乾 くるみ
  • 発売日
  • 2004/8/10
  • 2011/7/15
  • 2013/8/9
  • 1987/7/8
  • 2007/11/9
  • 作風
  • 本格推理小説
  • どんでん返し
  • -
  • 本格推理小説
  • どんでん返し

どんでん返し系ミステリー小説5選

第5位

新潮社

出版禁止

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最後までハラハラ・ドキドキが止まらない推理小説

最後までハラハラ・ドキドキが止まらずに重い展開なのに先へ進みたくなる推理小説です。本当の意味が分かると、ついもう一度読みたくなる作品で衝撃が強すぎて色々と考えてしまうでしょう。

 

作家である主人公が、心中事件で奇跡的に助かった女性へのインタビューが書かれた原稿を手にするところからストーリーが始まります。読んだ後の呆然としてしまうほどの衝撃につい引き込まれてしまうでしょう。

作者長江俊和発売日2017/3/1
作風どんでん返し

口コミを紹介

最後までハラハラドキドキ、究極の愛はカニバリズムなのか、しかし、こうまでも人間は自分勝手な生き物なのか、結局愛は相手のためのものではなく、自分のためのものなんだな、とも思った

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

光文社

ラットマン

価格:649円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

予想を上回るような驚きの推理小説

予想を上回るようなラストの展開に、ワッと驚いてしまうような推理小説です。エンターテイメントとしての要素も含み、だまされた・やられたと思えるような作品との出会いを望んでいる人にぴったりでしょう。

 

アマチュア・ロックバンドのギタリストが、色んな不可解な事件に巻き込まれるという作品で人間の心理が細かく描写されています。どんでん返しのストーリーながら、とても読みやすくミステリー初心者でもサクッと楽しめるでしょう。

作者道尾 秀介発売日2010/7/8
作風どんでん返し

口コミを紹介

鳥肌ものでした。なんども大どんでん返しがあって、そのたびにびっくりした。上手いですね。こういう本をもっといっぱい読みたい

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

祥伝社

幸福な生活

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラストまで目が離せない短編・推理小説

ラストのページをめくると、大どんでん返しの内容にびっくりしてしまう推理小説です。短編の仕様でサクッと読みやすく、初心者でも安心して選べるところが魅力的の作品と言えるでしょう。

 

今までにはないような違ったページを使うという落ちが、とにかく見事でランキングや口コミでも人気です。最後の1行で展開がガラッと変わってしまうスタイルは、どんな風に締めくくるのかワクワクするでしょう。

作者百田 尚樹発売日2013/12/12
作風どんでん返し

口コミを紹介

幸福の裏に隠された衝撃の事実を綴った19の短編集。
また最後の一行にてビックリさせられる結末に持っていく構成力の見事さにあっぱれです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

文藝春秋

イニシエーション・ラブ

価格:638円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

恋愛物語のようなミステリアスな推理小説

一見すると恋愛小説のようなタイトルに見えますが、実際はミステリー要素を含んでいるという推理小説です。一度読んでもあまり納得できず、何度か再読すると納得できるという深みのある内容に仕上がっています。

 

合コンで知り合った女性と恋に落ちるという始まりで、最初は恋愛小説とばかりに思っているとラストでどんでん返しが起こるでしょう。スラスラ読める内容ながら、最後まで話の展開に目が離せません。

作者 乾 くるみ発売日2007/4/10
作風どんでん返し

口コミを紹介

やられました。読了後、「ミステリー小説のはずだけど、ミステリー感ないなぁ。」と思っていて、ふと読書メーターさんの感想を読んだ時に気付きました。まんまと騙されていました。乾くるみ恐るべし。暫くしたら再読だな。(^^;

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

文藝春秋

葉桜の季節に君を想うということ

価格:737円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SMAP中居くんがおすすめするどんでん返しの推理小説

SMAPの中居くんがおすすめしている、どんでん返しの推理小説です。ラストでやられたという悔しい思いがありながら、それでもスカッとした爽快感もあるところがクセになる作品でしょう。

 

物語は、元私立探偵に霊感商法の調査依頼が来るところから始まります。作者の言葉巧みな世界観にぐっと引き込まれ、最後にはやられたと言わざるを得ない感覚とある種の爽快感がたまりません。

作者歌野 晶午発売日2007/5/10
作風どんでん返し

口コミを紹介

どんな"どんでん返し"が待っているのかと、知らずに読み始めました。途中つまらなくなったりもしましたが、その"どんでん返し"が解った時、読書でしか味わえない格別のものがありました。

出典:https://www.amazon.co.jp

どんでん返し系ミステリー小説比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5241109の画像

    文藝春秋

  • 2
    アイテムID:5241128の画像

    文藝春秋

  • 3
    アイテムID:5241150の画像

    祥伝社

  • 4
    アイテムID:5241166の画像

    光文社

  • 5
    アイテムID:5241195の画像

    新潮社

  • 商品名
  • 葉桜の季節に君を想うということ
  • イニシエーション・ラブ
  • 幸福な生活
  • ラットマン
  • 出版禁止
  • 特徴
  • SMAP中居くんがおすすめするどんでん返しの推理小説
  • 恋愛物語のようなミステリアスな推理小説
  • ラストまで目が離せない短編・推理小説
  • 予想を上回るような驚きの推理小説
  • 最後までハラハラ・ドキドキが止まらない推理小説
  • 価格
  • 737円(税込)
  • 638円(税込)
  • 713円(税込)
  • 649円(税込)
  • 637円(税込)
  • 作者
  • 歌野 晶午
  • 乾 くるみ
  • 百田 尚樹
  • 道尾 秀介
  • 長江俊和
  • 発売日
  • 2007/5/10
  • 2007/4/10
  • 2013/12/12
  • 2010/7/8
  • 2017/3/1
  • 作風
  • どんでん返し
  • どんでん返し
  • どんでん返し
  • どんでん返し
  • どんでん返し

海外の推理小説・ミステリー小説おすすめ5選

第5位

ブックオフオンライン楽天市場店

ミレニアム1(上) ドラゴン・タトゥーの女

価格:200円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

失踪事件から始まる謎解き・推理小説

雑誌の責任者がある名家で起こった失踪事件を調査することになったところから物語が始まる推理小説です。人気の作品でシリーズにもなっており、謎解きや残虐な猟奇殺人などもあって読者を飽きさせません。

 

スウェーデンの文化や社会問題についてもリアルに知ることができ、色んな要素を持っているミステリー作品です。独特の世界観がぐっと読者を引きつけ、さらに読み進めたいという欲望を満たしてくれるでしょう。

作者スティーグ・ラーソン発売日2011/9/8
作風本格推理小説

口コミを紹介

ミレニアムの3部作。ちょっと長いので『暇潰しの読書』に向くのか心配でしたが、夢中になってしまった。気が付けば全部読んでた。再度読み直してもまだ面白い。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

楽天ブックス

薔薇の名前(上)

価格:2,530円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

記号論学者エーコが博学を肉づけした推理小説

中世イタリアの修道院で起きた連続殺人事件の秘密は知の宝庫ともいうべき迷宮の図書館であるというところから話が進みます。その図書館にある一冊の書物の存在が関係していることを探り出し、調査に挑むのです。

 

記号論学者であるエーコが博学を肉づけした長編ミステリーだからこそ、読んでいくうちに事件の真相とともに深い知識を得ることができます。エーコが仕掛けた知のたくらみが見ものでしょう。

作者ウンベルト・エーコ発売日1990/2/18
作風本格推理小説

口コミを紹介

この小説の背景がキリスト教神学と修道院でありとても難解且つ複雑であったが、当時の社会情勢も懇切丁寧に描かれており良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

ネットオフ ヤフー店

幻の女 【新訳版】

価格:750円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幻の女が何者なのかミステリアスな推理小説

けんか別れをした妻が殺されたことで、自身に容疑がかかった夫は奇妙なアリバイがあったというところから話が始まります。夫は街で出会った奇妙な帽子の女と過ごしていたということで証人はその人だけです。

 

むしゃくしゃして街をふらついていたときに出会った帽子の女と食事をして、ショー劇場を観て酒を飲んで家に帰ると妻の死体と刑事に出くわします。迫りくる死刑のときに、彼のアリバイを知っている幻の女はどこにいるのか見ものでしょう。

作者ウイリアム アイリッシュ 発売日2015/12/18
作風本格推理小説

口コミを紹介

目次がすでにネタバレになっているのでは!?と心配していましたが、そんな心配は全くの杞憂でした。最後の最後まで、どうなるのかどうなるのかとドキドキハラハラしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

角川文庫

Xの悲劇

価格:624円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

目撃者のいない難事件に挑む推理小説

元シェイクスピア俳優が殺人事件に挑む、探偵推理小説です。結婚披露を終えたばかりの株式仲買人が満員電車の中で死亡し、ポケットにはニコチンが塗られた無数の針がささったコルク玉が入っています。

 

それだけで終わらず第二・第三の殺人が続く中で、主人公がいかに推理していくのかが見ものでしょう。目撃者がいないという難事件にどう挑んでいくのか、読むのが楽しくなってくる本格ミステリー・不朽の名作です。

作者エラリー・クイーン発売日2009/1/24
作風探偵小説

口コミを紹介

中学生の頃、エラリークイーンにはまっていました。そのきっかけになった本です。40年ぶりに読んでます。とても面白いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

早川書房

そして誰もいなくなった

価格:836円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アガサ・クリスティーの代表的な推理小説

海外ミステリー作家と言えば外せない、アガサ・クリスティーの代表的な推理小説です。定番のミステリー小説として、時間が経っても面白くて何度でも読み返したくなる作品と言えるでしょう。

 

孤島に集められた面識のない十人の男女が、童謡の歌詞に合わせて次々と殺害されていくというストーリー展開です。個性の強いキャラクターが登場するだけでも、読むのがワクワクしてしまうでしょう。

作者アガサ・クリスティー発売日2010/11/10
作風どんでん返し

口コミを紹介

文字をたどっていくと同時に頭の中に情景が浮かぶ読感。
ストーリーによるものが大きい。訳も上手だと思うが
圧倒的な緊張感が読み手を引き込むのでしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

海外の推理小説・ミステリー小説おすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5240081の画像

    早川書房

  • 2
    アイテムID:5245111の画像

    角川文庫

  • 3
    アイテムID:5252123の画像

    ネットオフ ヤフー店

  • 4
    アイテムID:5252142の画像

    楽天ブックス

  • 5
    アイテムID:5252166の画像

    ブックオフオンライン楽天市場店

  • 商品名
  • そして誰もいなくなった
  • Xの悲劇
  • 幻の女 【新訳版】
  • 薔薇の名前(上)
  • ミレニアム1(上) ドラゴン・タトゥーの女
  • 特徴
  • アガサ・クリスティーの代表的な推理小説
  • 目撃者のいない難事件に挑む推理小説
  • 幻の女が何者なのかミステリアスな推理小説
  • 記号論学者エーコが博学を肉づけした推理小説
  • 失踪事件から始まる謎解き・推理小説
  • 価格
  • 836円(税込)
  • 624円(税込)
  • 750円(税込)
  • 2530円(税込)
  • 200円(税込)
  • 作者
  • アガサ・クリスティー
  • エラリー・クイーン
  • ウイリアム アイリッシュ
  • ウンベルト・エーコ
  • スティーグ・ラーソン
  • 発売日
  • 2010/11/10
  • 2009/1/24
  • 2015/12/18
  • 1990/2/18
  • 2011/9/8
  • 作風
  • どんでん返し
  • 探偵小説
  • 本格推理小説
  • 本格推理小説
  • 本格推理小説

名探偵が華麗に解決!探偵小説のおすすめ5選

第5位

bookfan 1号店 楽天市場店

警視庁文書捜査官

価格:748円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

不可解事件に挑む推理小説

警部補が、右手首を切断された不可解な殺人事件に挑む推理小説です。文章心理学を学び、文章の内容から生まれや性格などを推理する技術が認められて抜擢された女性警部補が大活躍します。

 

被害者の所持品には、レシートに書かれたアルファベットのカードだけでどこの誰かも分からない状態です。その中で、自称文字フェチであるヒロインが、文字を解読して事件の謎を解いていきます。

作者麻見和史発売日2017/1/25
作風探偵小説

口コミを紹介

本書を原作にしたTVを先に観てから本を読んだが、ドラマとは登場人物やそれぞれのプロフィール、ストーリーも異なっていて、別の物語として楽しめた。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

BUY王楽天市場店

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)

価格:228円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

倒叙形式の本格推理小説

最初から犯人が分かった上でストーリーが展開していく「倒叙形式」の推理小説です。売却されようとしている私設図書館の館長が、借金のために売却しようとしている息子を排除しようと殺害を企みます。

 

また、元・伝説の科警研職員と言われた大学講師の秘密を、准教授に脅されて殺害しようとする作品などオムニバス・スタイルが人気です。見た目は地味ですが、洞察力と推理力に優れた福家警部補の挑戦は圧巻でしょう。

作者大倉 崇裕発売日2008/12/12
作風探偵小説

口コミを紹介

思い浮かんできました。どのエピソードも面白かったです。本家と比較しているレビューがありましたが、まだまだそこまでは達していない感。愛情のシナリオの犯行動機が良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

楽天ブックス

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)

価格:638円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

身近な難題を解決していく推理小説

高校を舞台に、様々な謎に挑む2人の主人公の推理小説です。難事件と言うよりも、普段の生活の中のちょっとした謎を探っているスタイルに、サクッと読みたい人にぴったりの作品と言えるでしょう。

 

たとえば「おいしいココアの作り方」は、ココアを作ってもらったがシンクは乾いています。一体どうやって作ったのか、小さな謎から推理合戦が始まり、真相が浮かび上がるキャラクターなど魅力的です。

作者米澤穂信発売日2004/12/18
作風探偵小説

口コミを紹介

秋期限定まで通しで読みましたが緩いミステリでキャラも立っていて面白かった。
冬期限定が楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

楽天ブックス

隻眼の少女 (文春文庫)

価格:836円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

八つ墓村みたいな不気味な推理小説

自殺する場所を置留めて温泉宿を訪れた大学生が、村の伝説の地で少女の首つり事件に遭遇するという推理小説です。表紙の美少女に目が止まって読み進めていくと、半分で謎が解決されて短編集だと気づきます。

 

しかし、そこからとんでもない展開の第二部が始まって、残虐な殺人事件が続いてまるで「八つ墓村」を思い出すでしょう。クセのあるミステリーながら、ついつい読み進めてしまう麻耶 雄嵩の一冊です。

作者麻耶 雄嵩発売日2013/3/8
作風探偵小説

口コミを紹介

主人公の性格とラストシーンには受け入れがたいものがありますが、ヒロインが最高です。ひどすぎます。周りにいてほしくありません。とても感動しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

楽天ブックス

火車 (新潮文庫)

価格:1,089円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1992年発売の社会派推理小説

1992年に発表された、社会派ミステリーとして注目されている推理小説です。週刊文春ベスト10で第1位、第6回山本周五郎賞受賞などを受賞している作品で、社会の大きなテーマでもある「多重債務」を取り上げている点と謎解きが面白いと高い評価を受けています。

 

休職中の刑事が、銀行員の依頼を受けるものの警察手帳がないため、雑誌記者などを装って捜査を開始するところからストーリーが始まるのです。ベストセラー作家の宮部みゆきが書き上げた究極の推理小説でしょう。

作者宮部みゆき発売日1998/1/30
作風探偵小説

口コミを紹介

この小説を真似する人は後をたたないが、こういうトリックを考え付いた宮部みゆき先生はやはり天才である。
宮部作品は、読む力を養うにはとても良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

名探偵が華麗に解決!探偵小説のおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5252257の画像

    楽天ブックス

  • 2
    アイテムID:5252266の画像

    楽天ブックス

  • 3
    アイテムID:5252277の画像

    楽天ブックス

  • 4
    アイテムID:5252286の画像

    BUY王楽天市場店

  • 5
    アイテムID:5252297の画像

    bookfan 1号店 楽天市場店

  • 商品名
  • 火車 (新潮文庫)
  • 隻眼の少女 (文春文庫)
  • 春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
  • 福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)
  • 警視庁文書捜査官
  • 特徴
  • 1992年発売の社会派推理小説
  • 八つ墓村みたいな不気味な推理小説
  • 身近な難題を解決していく推理小説
  • 倒叙形式の本格推理小説
  • 不可解事件に挑む推理小説
  • 価格
  • 1089円(税込)
  • 836円(税込)
  • 638円(税込)
  • 228円(税込)
  • 748円(税込)
  • 作者
  • 宮部みゆき
  • 麻耶 雄嵩
  • 米澤穂信
  • 大倉 崇裕
  • 麻見和史
  • 発売日
  • 1998/1/30
  • 2013/3/8
  • 2004/12/18
  • 2008/12/12
  • 2017/1/25
  • 作風
  • 探偵小説
  • 探偵小説
  • 探偵小説
  • 探偵小説
  • 探偵小説

2019年~2020年に実写化された推理小説おすすめ5選

第5位

実業之日本社

アリバイ崩し承ります

価格:748円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時計店主に難事件のアリバイを依頼する本格的な推理小説

アリバイ・崩しを承るという時計店の張り紙を見た刑事が、難事件のアリバイを崩す依頼をするという推理小説です。ストーカーになった元夫のアリバイや、郵便ポストに投函された拳銃のアリバイなど7つの事件と謎解きをします。

 

店主の主人公はどのように事件を解決していくのか、とても見ものでしょう。このミステリー小説は人気若手女優を起用・主演にしたドラマとしても登場し、話題沸騰になっている推理小説です。

作者大山誠一郎発売日2019/11/25
作風本格推理小説

口コミを紹介

とても面白かった。短編集だが、一作一作がしっかり作られており、探偵小説の王道だと感じた。(最近こういう小説になかなか巡り会えない) 一作ごと、主人公の探偵少女が解答を出す前に、本を閉じてじっくりとトリックを考えながら読んだ。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

文藝春秋

【第157回 芥川賞受賞作】影裏

価格:1,069円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

岩手を舞台にした人間の心の裏側を見るヒューマン推理小説

岩手県を舞台に、人間の心の裏側や現代社会における繊細なテーマを描いたヒューマン・推理小説です。会社の出向で移り住んだ岩手の地で、ただ一人だけ心を許せる存在だったのが同僚だったがもう一つの顔を知ります。

 

共に釣りをした日々を募る追憶と寂しさが懐かしく、いつしか疎遠になってしまった同僚のもう一つの顔とは何なのか、最後まで見逃せません。大きな崩壊が待ち受けている中で、彼の目には一体何が映るのでしょうか。

作者沼田 真佑発売日2017/7/28
作風ヒューマンミステリー

口コミを紹介

人間関係に対する言葉選びやエピソードが絶妙で、
あぁ、こういう感覚知ってるなと思う表現が心地よかった。
冷静さの中に、ドラマチックなアツさもあって個人的にはすごく好き。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

講談社

罪の声

価格:1,012円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昭和の未解決事件を描いた推理小説

昭和の最大の未解決事件を描いた傑作長編大作の推理小説です。第7回山田風太郎賞を受賞し、週刊文春・ミステリーベスト10第1位や本屋大賞第3位に輝いているおすすめの一冊と言えるでしょう。

 

日本を震撼させた脅迫事件に使われた男児の声が、まったく自分の幼いころのものであったというストーリーから始まります。そこで、大日新聞の記者がこの事件の解決を追い始めるわけです。

作者塩田 武士発売日2019/5/15
作風本格推理小説

口コミを紹介

真相はこれだったんだ。と思ってしまうくらいよくできている。
事件について、わかっている事実と謎の部分があるが、
謎の部分を綺麗に穴埋めし、見事なストーリーになっている。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

実業之日本社

仮面病棟

価格:652円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現役医師が描く病院脱出・推理小説

現役医師を務める小説家・知念実希人による病院内で起こる推理小説です。自分が撃った女の治療を要求するピエロの仮面をかぶった強盗犯が病院に籠城するというストーリーから始まります。

 

犯人は女を治療して脱出しようとしている間に、病院に隠された秘密を知ることになるわけです。閉ざされた病院で繰り広げられる究極の心理戦と、ラストの衝撃は読む人の心をわしづかみするでしょう。

作者知念 実希人発売日2014/12/5
作風どんでん返し

口コミを紹介

お医者さんが書いた医療ものの小説が好きなので読みました。読みやすくて一気読みでした。でも割と最初に犯人の目星がついてしまいました。。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

宝島社

スマホを落としただけなのに

価格:435円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

落としたスマホをめぐる恐怖の推理小説

タクシーにスマホを落としてハッカーに拾われたことから起こる恐怖の推理小説です。恋人が落としたスマホをきっかけに命を狙われるヒロインの恐怖を描いた作品は、映画でも注目されています。

 

主演に人気若手俳優を起用していることで知名度も高く、映画から本を読む人も続出中です。警察組織を巻き込んだサイバー犯罪も見もので、ついつい読者を志駕晃ワールドに引き込んでいきます。

作者志駕晃発売日2017/4/3
作風本格推理小説

口コミを紹介

途中から、犯人はなーんとなくわかったけど、それは、私がミステリーをよく読むからであって、普通の人なら、最後までドキドキしながら読めます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2019年~2020年に実写化された推理小説おすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5240623の画像

    宝島社

  • 2
    アイテムID:5240662の画像

    実業之日本社

  • 3
    アイテムID:5240699の画像

    講談社

  • 4
    アイテムID:5240756の画像

    文藝春秋

  • 5
    アイテムID:5240810の画像

    実業之日本社

  • 商品名
  • スマホを落としただけなのに
  • 仮面病棟
  • 罪の声
  • 【第157回 芥川賞受賞作】影裏
  • アリバイ崩し承ります
  • 特徴
  • 落としたスマホをめぐる恐怖の推理小説
  • 現役医師が描く病院脱出・推理小説
  • 昭和の未解決事件を描いた推理小説
  • 岩手を舞台にした人間の心の裏側を見るヒューマン推理小説
  • 時計店主に難事件のアリバイを依頼する本格的な推理小説
  • 価格
  • 435円(税込)
  • 652円(税込)
  • 1012円(税込)
  • 1069円(税込)
  • 748円(税込)
  • 作者
  • 志駕晃
  • 知念 実希人
  • 塩田 武士
  • 沼田 真佑
  • 大山誠一郎
  • 発売日
  • 2017/4/3
  • 2014/12/5
  • 2019/5/15
  • 2017/7/28
  • 2019/11/25
  • 作風
  • 本格推理小説
  • どんでん返し
  • 本格推理小説
  • ヒューマンミステリー
  • 本格推理小説

このミステリーがすごい!過去の受賞作はこちらから

初めて推理・ミステリー小説を読むという人は、なかなか自分で探せないかもしれません。そんなときにおすすめなのが「このミステリーがすごい!」という雑誌で、人気の推理小説やミステリー小説が載っています。

 

各業界人も注目するという、絶大な信頼を誇る2019年の国内や海外の新作・推理小説をランキングで紹介しているのです。また、最前線で活躍しているミステリー界の作家たちの対談も見ものでしょう。

 

過去に様々な受賞をされている作品なだけに、チェックしておいて損はなく2020年版も発売されています。過去に受賞した作品は下記のURLから確認できるため、人気の推理・ミステリー小説を読みたい人はチェックしてみましょう。

お気に入りの推理小説を探そう!

今回は、編集部おすすめの推理小説や選び方、さらにジャンル別ランキングや過去の受賞した作品が見れる「このミステリーがすごい!」の紹介をしましたがいかがでしたでしょうか。推理小説と言っても幅が広く、探すのが大変です。最新ミステリー小説ランキングなどを参考に、おすすめの推理小説を見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ