万年筆に合うノートの人気おすすめランキング15選【紙質や裏抜けしないものについても紹介】

万年筆はノートの紙質で書き心地が大きく左右されやすい文房具です。実はノートとはいっても、万年筆のインクが裏抜けしない紙・コスパが安いものなど、豊富な種類があります。今回は、万年筆に合うノートの選び方・おすすめ商品をランキングで紹介します。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

万年筆に合うノートが見つからない?そんな方に

滑らかな書き心地で書くほどに味が出る万年筆は、おしゃれ感もあって多くの愛好家も存在している文房具の1つです。お歳暮やご祝儀・年賀状で使用すれば字が上手く見えたり、風情が出たりするため重宝されます。

 

しかし、書き込む紙を選び間違えるとインクが滲む・裏抜けするなどのトラブルにつながるため、用紙選びに悩む人も多いでしょう。そんな時におすすめなのが「万年筆に合うノート」です。安い値段に加え、インクが裏抜けしない紙質のものが多いため、万年筆をより自由自在に楽しめます。

 

そこで今回は万年筆に合うノートの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。万年筆とノートを使ったおすすめの楽しみ方もまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。

万年筆に合うノートの選び方

「万年筆に合うノート」と一言で表しても、その特徴や機能は様々なものがあるため、選び方に困る人も多いでしょう。ここでは、万年筆に合うノートの選び方をご紹介します。

用途・用紙サイズで選ぶ

同じノートであっても、用途に合わせて用紙サイズを使い分けることで、より使いやすいと感じるものが見つかりやすくなります。使い道が決まっている場合は、ぜひ確認してみましょう。

勉強・日記などで使うなら「B5サイズ」がおすすめ

万年筆に合うノートのなかでも、特にポピュラーな用紙サイズが「B5サイズ」です。A4よりも二回りほど小さいサイズになっているため、スペースが限られる机の上でも気軽に広げて使えるのが魅力と言えます。

 

そのため、たくさんの参考書やノートを広げて行うことが多い勉強などの用途や、気軽に書きやすい点が重要になる日記・メモなどの用途にもおすすめのサイズです。

プリント・コピー用紙などを貼り付けるなら「A4サイズ」が最適

一冊でたっぷり書けるのが魅力の「A4サイズ」は、一般的なコピー用紙・プリントのサイズとぴったり合うサイズ感になっているため、ノートで様々な資料を管理したい時に役立ちます。1ページでのびのびと書き込めるため、図やイラストなども一緒に書きたい時にもおすすめです。

 

しかし、B5サイズに比べるとノート自体が大きいため、机の上で広げにくかったり、バッグなどに入れて持ち運ぼうとすると折れ曲がったりする可能性があります。

ビジネスシーンには「A5・A6サイズ」がぴったり

ビジネスシーンなどで活躍してくれるのが「A5・A6サイズ」と呼ばれるノートです。A5サイズはA4サイズの半分程度の大きさで、A6サイズは文庫本程度のサイズ感になっています。

 

一冊が大変コンパクトなため、バッグやポケットなどに入れて持ち運びやすい点が魅力的。仕事や電話などのメモを取る時など、必要な時にサッと書き込みたい時に活躍してくれます。

ノートの特徴で選ぶ

万年筆は書き方でインクの出方が少しずつ異なり、書く人の癖が出やすい文房具とされています。そのため、ノートの特徴で選ぶことで、自分にとって書きやすい一冊が見つかりやすくなります。

細い文字を書くなら「滲みにくいもの」

文章を美しく見せたい時・細かい文字を書く時などは、万年筆のインクが「滲みにくいもの」を選ぶことで、シャープな線を美しく書き込むことができます。

 

ノートに使われている紙の質によって万年筆のインクの滲みやすさは異なります。滲みやすい紙の場合、線が太くなってしまったり、書いた文字同士がくっついて空白が埋まったりして、読みにくくなってしまいます。

ノートを綺麗に使いたいなら「裏抜けしにくいもの」

ノートを長く、きれいに使い続けたい場合には「裏抜けしにくいもの」から選ぶことをおすすめします。

 

ノートに書いた文字のインクが裏の用紙に付着してしまうことを「裏抜け」と言います。裏抜けをすると見た目が悪いだけではなく、ノートの紙が無駄になってしまうので避けたいところです。そのため、裏抜けしない紙質のものや、吸取紙が付属しているものを選びましょう。

サラサラとした書き心地を重視したいなら「ペン先が引っかかりにくいもの」

サラサラとした書き心地を重視したい方・初めて万年筆を使う方の場合は「ペン先が引っかかりにくいもの」から選んでみましょう。万年筆のペン先は、一般的なボールペンとは違って丸みを帯びているため、ノートの紙質によっては表面の凹凸にペン先が引っかかってしまいます。

 

ペン先が紙に引っかかってしまうと、きれいに直線・曲線が書けなかったり、文字を書く時の癖によっては書きにくく感じたりする場合があります。そのため、凹凸が少ない紙のノートを使うことで、軽い力で文字を書き込めるようになります。

たくさん書き込みたいなら「乾きやすさ」も要チェック

たくさん文字を書き込む場合には「乾きやすさ」もチェックしましょう。乾きにくい紙のノートを使用していると、インクが乾く前にページをめくった時にインクが手に付着したり、前のページに字が移ってしまったりする場合があります。

 

そのため、作品として保存したい人・綺麗に書き留めたい人にもおすすめの選び方と言えます。太乾きやすさは字のペンなどを使用して試し書きすると分かりやすいので、ぜひ確認してみてください。

様々なインクを使うなら「発色の良さ」も確認しよう

カラーインクをはじめ、多彩な万年筆用インクを活用する場合は「発色の良さ」もしっかり確認しましょう。万年筆のインクはたとえ同じ色であっても、書き込む紙の色や素材によって、実際の発色が違います。

 

そのため、お気に入りの万年筆やインクがある人は、ノートのページに試し書きをして、実際のインクの染み込み方・発色をチェックしながら、自分好みの色味が表現できるノートを探してみてください。

用紙の紙質で選ぶ

一言にノートと言っても、使用している紙質はそれぞれ違います。用紙の紙質や種類を意識しながらノートを選ぶと失敗が少なくなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

裏抜けしない紙質が良いなら「上質紙」がおすすめ

「上質紙」と聞いてピンとくる人はあまりいないかもしれませんが、コピー用紙などに使われる身近な紙のことを言います。化学パルプ100%の原料にて製造されており、光沢がないマットな質感が特徴です。

 

耐久性が高いため、申込用紙などの重要書類やハガキなどにも用いられています。インクが紙にほどよく吸引されることから、滲みにくく筆記性に優れています。万年筆との相性も良いとされるので、上質紙のノートもおすすめです。

上質にこだわりたいなら「フールス紙」

「フールス紙」は、明治時代から親しまれてきた高級用紙です。もとはイギリスで使われていたもので、現在でも世界各国の大手文具メーカーが展開する「高級ノート」と呼ばれるノートの用紙に多く使われています。

 

表面はほどよいなめらかさになっており、蛍光染料を使っていないため、文字を書き込む時にも目が疲れにくい点が魅力です。また、吸取紙が必要ないほどにインクの吸収が良く、裏抜けしないことから、万年筆での筆記に適しています。

フールス紙は明治時代から親しまれてきた高級用紙です。もとはイギリスで使われていたもので、現在でも大手文具メーカーのノートに使われています。万年筆にはピッタリの紙質で、裏抜けしにくく書き心地も良いのが特徴です。

安い値段・環境への配慮を考えるなら「再生紙」がおすすめ

古紙を混ぜて作られているのが「再生紙」です。古新聞・古雑誌をほぐして繊維にしたものを使っているため、環境に優しくコストが安いというメリットがあります。主に、雑誌や教科書などといったさまざまな用途で使われています。

 

一方で、万年筆で書く場合には滲みやすさ・裏抜けがデメリットです。しかし「再生フールス紙」のように、再生紙の一種でありながら万年筆のインクにも対応可能な種類も存在しています。

罫線の種類で選ぶ

同じ種類のノートであっても、様々な種類の罫線が採用されている場合があります。罫線の種類によって、文字の書きやすさ・得意とするレイアウトなどが異なるため、ぜひ確認しましょう。

文章をきれいに揃えたいなら「横罫」がぴったり

「横罫」は、ノートに採用されている罫線のなかで最もポピュラーと言える種類です。ページ全体で等間隔に横線が引かれており、文字の大きさや書き方によって「A罫(7mm幅)」や「B罫(6mm幅)」などのように、罫線の幅が異なっています。

 

罫線に沿って文字を書き込めるので、それぞれの文字の高さ・位置を簡単に揃えられる点が魅力です。そのため、文章をきれいにまとめたい時や、書き方に癖がある人におすすめです。

図や表を書き込むなら「方眼罫」が使いやすい

「方眼罫」とは、正方形のマス目が等間隔に並んだ罫線のことを言います。1マスごとに文字を書き込むだけでなく「2×2マス」などのように文字のマス目を揃えて使うことで、自由自在に文字の大きさを変えたり、図や表を書き込んだりできるのが魅力です。

 

また、同じ方眼罫の一種に「ドット罫」がありますが、こちらは基本的に通常の方眼罫と同じ使い方ができるうえ、コピー時に罫線が写りにくいという特徴もあります。

自由なレイアウトを楽しむなら「罫線なし」もおすすめ

「罫線なし」のノートは、言葉の通りページ全体に罫線がプリントされていない無地ものを指します。罫線ありのノートのように、罫線の大きさ・向きに左右されずに書き込めるため、使う人のアイデア1つで様々なレイアウト・用途で活用できます。

 

そのため、頭に浮かんだアイデアやイラストをとにかく書き込みたい時や、自分好みのレイアウトでノートを使いたい時におすすめです。その反面、ガイドとなる罫線が無いので、文章を書き込む時に曲がってしまう場合もある点には注意しましょう。

製本方法で選ぶ

ノートにはさまざまな種類があり、用途や好みに合わせて使い分けることをおすすめします。万年筆に合うかどうかも大切ですが、ここではノートの製本方法で選ぶ方法を紹介していきましょう。

省スペースでの筆記なら「リングノートタイプ」

立ったままメモする場合や、省スペースでの筆記なら「リングノート」がおすすめです。名前の通りページがリングで綴じられているのが特徴です。

 

可動域が広く、リングを中心にノートを折り返せるため、ページの端ギリギリまで筆記しやすいのがメリットです。一方でリングが歪むとノートが開きにくくなったり、筆記中にリング部分が手に当たって邪魔に感じる場合がある点はデメリットと言えます。

高級感を重視するなら「無線綴じタイプ」

リングや糸を使わず綴じたものが「無線綴じタイプ」です。ページ数が多くても製本できるため、たくさん書き込みたい場合や厚みのあるノートが欲しい時におすすめできます。仕上がりが丈夫で高級感があるので、長期保存にも適しています。

 

ただし、無線綴じをすると見開きしにくくなるのがデメリット。ノートの端から端まで万年筆で書き込みたい場合はリング綴じがおすすめです。

コスパの良さ・安い価格にこだわるなら「中綴じタイプ」も

ノートの中央を針金・ホチキスで留める製本方法を取り入れたものが「中綴じタイプ」です。少ないページのノートを製本する時に用いられる技術で、他の種類に比べてコストが安い傾向にあります。ノートを根元までしっかり開けるため、書き込みがしやすい点が魅力です。

 

ページの隅々まで余すことなく使いやすいため、地図・写真などを見開きで掲載したい場合にもおすすめです。その反面、ページをまとめている針金が取れてしまうと、ページがバラバラになってしまう点には注意しましょう。

おすすめのメーカーから選ぶ

万年筆に合うノートは様々なメーカーから登場しています。メーカーによって、紙や機能性などのこだわりが異なるため、特に万年筆初心者は各メーカーの特徴を確認してみましょう。

レトロなデザインが魅力的な「ツバメノート」

昭和22年の創業以来、妥協のない品質を追求し続けているメーカーこそ「ツバメノート」です。万年筆と相性が良いノートを多く展開しており、創業以来変わらないレトロな表紙デザインは多くのファンから愛されています。

 

フルース紙を使用しており、書きやすい・滲みにくい・滑りにくいという万年筆での筆記にぴったりな素材で作られている点が魅力です。また、蛍光塗料を一切使用していないため、目が疲れる心配もありません。

コスパの良さで選ぶなら「無印良品」

「無印良品」はさまざまな日用品を扱うメーカーであり、万年筆に合うノートも販売されています。特に人気の「ダブルリングノート」はページが開きやすく、滑らかな書き心地が評判です。万年筆にありがちな裏うつりの心配もありません。

 

無印良品のノートの価格帯は90~550円ほどであり、コスパも優秀だと言えるでしょう。シンプルなデザインのノートが多いため、普段使いにもビジネスシーンにも向いています。

多彩なデザインで選ぶなら「100均」もおすすめ

ダイソーを始めとした「100均」のノートは、コストパフォーマンスの良さから品質が良くないと思われがちですが、実際はそうではありません。特にダイソーのノート「プレミアムシリーズ」は、裏移りが起こりにくく書き心地も滑らかなので、万年筆に合うノートだと言えるでしょう。

 

高級感のあるデザインも多いため、安物のような印象を与えません。価格帯も100円程度と手軽に購入できるので、とりあえず万年筆を試したい人にもおすすめです。

万年筆に合うノートの人気おすすめランキング15選

1位

ミドリ(MIDORI)

スパイラルリングノートブック シロクマ

オリジナルの紙質が魅力的な筆記性重視のノート

雪原を歩くシロクマをイメージして作られたノートで、筆記性を追求したブランドオリジナルの「MD用紙」を採用しているのが特徴です。表面の凹凸が少ないため、万年筆やボールペンなど、様々な筆記具で軽やかな書き心地を味わえます。

 

100ページものボリュームがあり、全ページ罫線なしデザインになっているため、メモ帳やアイデア手帳・落書き帳など、用途に合わせて多彩な使い方にも活用できます。

紙質 MD用紙 罫線の種類 罫線なし

口コミを紹介

ちょうど良い大きさでスケジュール帳として使ってます。髪の滑らかさがとても好きで書くとかも気持ちいです。もう一つ気に入ったのが角が丸くなっているところ!滑らかで、角が折れることがないのがいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

マルマン

スパイラルノート N246ES

毎日使うことを考えたノート

紙に強いこだわりを持つ文房具メーカー『マルマン』から登場したこちらのノートは、図や表がきれいに書き込める5mm方眼罫を採用しており、各ページを自由自在にレイアウトすることができます。

 

ブランドオリジナルの筆記用紙を採用しており、万年筆では安定感のある書き心地があります。インクの裏抜けもほとんど起こらない点も魅力的です。各ページには細かなミシン目が付いているため、ページを切り取る場合にもノートがボロボロになりません。

紙質 オリジナル用紙 罫線の種類 5mm方眼罫

口コミを紹介

水性ボールペン、万年筆共にインクの馴染みも良く、紙の表面もツルツルでペン先の滑りも良いので大変書きやすい。メモ程度に使うには勿体無いほどしっかりしていて高級感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

創業より続く製造技術で生まれたロングセラー

老舗文房具メーカー「ライフ」が、創業から続くモノづくりの理念を詰め込んだ「ノーブル」シリーズの1つです。品質・書き心地にこだわったオリジナルペーパーを採用しており、東京下町の職人が1つひとつ丁寧に製本しています。

 

高級紙に採用される「レイド(=縞)パターン」を採用しており、ページの凹凸感は独特の心地良い筆記感が味わえます。万年筆で書いた時もにじみ・裏抜けが少なく、モダンな表紙デザインも相まって、文具好きにはたまらないノートです。

紙質 Lライティングペーパー 罫線の種類 方眼罫

口コミを紹介

万年筆のプロですが、お客様がよく使われているので購入してみました。今まで裏写りに悩んでおりましたが、このノートはまったく問題なし!もっと早く買えばよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ビジネスシーンでも活躍してくれるスマートなデザイン

ビジネスパーソンから高い人気を集めているノートブランド『ニーモシネ』から登場したこちらの商品は、表紙に特殊な樹脂を採用したことで、メモを取る時・バッグに入れて持ち運ぶ時にもページが折れ曲がるのを防いでくれます。

 

ページ部分には、耐久性とほどよい厚みを兼ね備えた国産筆記用紙を採用しており、万年筆で書き込んだ時にも裏抜けが起こりにくくなっています。ページには張りがあるため、1枚ずつ切り離しても使いやすい点も人気のポイントです。

紙質 上質紙 罫線の種類 7mm横罫

口コミを紹介

1ページが大きく3つに分けられたレイアウトなので、会議の中で話が飛んだ時でも次の枠にメモを取る。戻ればそちらの枠に戻る。これがあるだけで、かなり情報を分けて書くことができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

PLUS(プラス)

カ.クリエ A4×1/3 プレミアムクロス マットブラック 77-926

なめらかな書き心地で裏抜けしない

耐久性・高級感のあるノート「プレミアムクロス」シリーズの1つで、スーツのポケットやハンドバッグなどにもすっぽり入る、A4用紙三つ折り程度のコンパクトサイズが特徴的です。機能性の高さから『第25回日本文具大賞2016』にて優秀賞を獲得しています。

 

万年筆で書いた時にも裏抜け・裏移りしにくいパスピエクリーム紙を採用。ノート全体が180度しっかり開いて書き込めるため、メモをする時・直線を引きたい時にもストレスフリーになっています。

紙質 上質紙(パスピエクリーム紙) 罫線の種類 5mm方眼罫

口コミを紹介

紙質はよいです。つるんとしてるけど、ボールペンのすべりが良い、水性インクの乾きもよく、裏抜けしにくい。厚みは物足りないけど書き心地は高級ノートのような質感だと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

インク本来の発色の再現にこだわった商品

万年筆での筆記に特化した、セパレートが可能なノートです。万年筆で書きこんだ時の独特な手ごたえはそのままに、引っかかりの少ないストレスフリーな書き心地を実現しています。

 

インク本来の色味の再現することをコンセプトとしており、水に浸かってもふやけない耐久性・裏抜けのしにくさから、万年筆で様々な表現を楽しみたい時にぴったりです。吸取紙をページに挟むことで、書いた直後でもきれいにノートが使える点も魅力です。

紙質 ユポ紙 罫線の種類 罫線なし

口コミを紹介

普通の紙だと、書く時ペンを走らせるとそこそこの頻度で イライラしていましたがこちらの紙は驚くほど滑る イングがノリ易い。素晴らしい これでストレスフリーで書ける!!幸せ!

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

神戸派計画

神戸派計画 ノート GRAPHILO A5 plain

万年筆愛好家たちによって開発された紙を採用

万年筆の書き味にこだわって開発されたこちらのノートは、万年筆愛好家の協力の下作り上げたオリジナル用紙を採用しています。表面の加工時に用いる「填料」の種類・配合方法を工夫したことで、かすれ・引っかかりのない滑らかな書き心地を実現しています。

 

にじみ・線太りが少ないため、シャープな線が書けるうえ、インク本来の発色・豊かな濃淡の表現も楽しめる点も魅力といえます。メモにはもちろん、イラスト作成にもぴったりです。

紙質 オリジナルペーパー 罫線の種類 罫線なし

口コミを紹介

万年筆の書き味にこだわったというだけあって、とても気持ち良く書くことができます。でも、特筆すべきは書き味よりも発色で、自分が知る紙・ノートの中では最も濃淡やフラッシュを楽しむことができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ニトムズ(Nitoms)

STALOGY ノート 365デイズノート A6 方眼 ブルー S4113

365日いつでも手軽に書き込める

時刻用の数字・日付・曜日・罫線という、必要最低限の要素のみを採用したノートです。日記帳やスケジュール帳・バレットジャーナルなど、ユーザーがイメージする用途に合わせて、自由なレイアウトで書けるようにデザインされています。

 

ノートは180度開くため、ストレスフリーに書き込めます。また、各ページは薄い紙を採用しているので、368ページというボリュームがありながらノート本体は大変スリム。ビジネスシーンや旅行時にもおすすめできます。

紙質 - 罫線の種類 方眼罫

口コミを紹介

薄めですがとても書き心地が良い。ですがボールペンだと滑るので万年筆が丁度いいです。中紙が薄いおかげで重量もそこまでなく、持ち歩きがストレスにならないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ミドリ(MIDORI)

MDノート 新書 方眼罫 15002006

シンプルだからこそリピーターの多い一冊

『ミドリ』のロングセラー商品「MDノート」シリーズの1つであり、あえて表紙に装飾を施さない「真っ白デザイン」はシンプルで、男女問わず愛用者の多い逸品です。新書サイズで、上部にはブックマークが付いているため、書いた内容を読み返す時も楽々。

 

ノート全体が180度に綺麗に開く製本方法に加え、万年筆でも裏移りしにくい用紙を採用しているなど、機能性の全てが「書くこと」に特化している点も注目すべきポイントです。

紙質 MD用紙 罫線の種類 方眼罫

口コミを紹介

なんでも自由に書き込めるので、仕事のスケジュールページ、to doリストページ、趣味のページなどを自分で作っています。自由度が高く、手帳サイズで持ち運びに便利、栞に使える紐もついてるのでお気に入りです

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

オキナ

プロジェクトペーパー A4 5ミリ方眼 100枚 PPA45S

アイデアをまとめたい時にぴったりなノート

ページの端から端までのびのび書き込める横型方眼ノートで、図や表などが書きやすい5mm方眼を採用していることから、ビジネスシーン・創作における様々なアイデアをまとめる時にも便利です。

 

また、罫線部分にブルー罫を採用したことで、印刷時に罫線が写りにくく、書いた内容だけをきれいにコピーできるようになっています。

紙質 無塩素漂白紙 罫線の種類 5mm方眼罫

口コミを紹介

計算問題を解く下書きの紙として使用しています。下書きで図を描いたり、線を引いて年度ごとの計算をするのに重宝しています。細かいマスになっているので、下書きがごちゃつかず見やすいのが良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

アピカ

アピカ プレミアムCD ノート 方眼罫 A5 CDC90S

安い価格と極上の書き心地を兼ね備えた一冊

1987年に発売してから多くのヘビーユーザーに愛されてきたノートです。フランス製のハイグレード紙「キュリアスメタル」で作られた表紙は高級感があり、年代・性別問わず、様々なシーンで活躍してくれます。

 

ページにはオリジナルの筆記用紙「A.Silky 865 Premium」を採用。シルクのようになめらかな手触りと、万年筆を用いた時のしなやかな書き心地は、たくさん書き込んでも手が疲れにくいとして人気です。

紙質 A.Silky 865 Premium 罫線の種類 5mm方眼罫

口コミを紹介

私のようなノート初心者にはベスト!とにかく書き心地が良いのでよく書きます。取引先でも書きまくりです。方眼の為、字のサイズや字との間なんかも、なんとなく合わせやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ツバメノート

ツバメノート B5 横罫 100枚 W3011

大学ノートの定番モデル

ノートの老舗ブランド『ツバメノート』の代表的なノートであり、創業当時の昭和1948年から変わらぬデザインが、多くの文具愛好家を虜にしているロングセラー商品です。

 

ページには筆記専用に作られた「ツバメ中性紙フールス」を採用しており、万年筆の水性インクの浸透具合が最適になるように作られているため、裏抜けしにくくなっています。また、劣化しにくい中性紙のため、長期保存にも適しています。

紙質 中性紙 罫線の種類 8mm横罫

口コミを紹介

ペン先が引っ掛かることもなく、スラスラ書けます。インクもにじみません。筆記具を選ばないノートって、今はなかなかお店でも売っていません。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

クオバディス(Quo Vadis)

ロディア WEBNOTEBOOK A6 ドット罫 オレンジ

デイリーユースにぴったりなミニノート

ヨーロッパ・アメリカを中心に高い人気を誇る文房具ブランド『ロディア』から登場したメモ風ハードカバーノートです。ブランドの代表作ともいえるブロックメモのシンプルデザインをベースに、目に優しいアイボリーペーパーを採用している点がポイント。

 

万年筆やボールペンなどの様々な筆記具で書き込んだ場合でも、滑らかな書き心地を実感できます。エラスティックバンドを取り付けているため、携帯時にもノートが広がったり、ページが折れ曲がったりする心配もありません。

紙質 ベラム紙 罫線の種類 ドット方眼

口コミを紹介

もう幾度となく買い足している。万年筆との相性がこれほどよいノートはない。ちょっとしたメモを書くのに、さっと手帳を開き書き留める。万年筆でその時々の記憶、思い、葛藤をこの手帳に書き込んでいる時間は至福ですらある。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

コクヨ(KOKUYO)

ソフトリングノート ス-SV407B-D

めくりやすさ・書きやすさを考えたデザインが魅力

「リング部分が手に当たって痛い・書きにくい」という、リングノート使用時にありがちなストレスに注目した商品です。独自開発したD字型の「やわらかリング」を採用したことで、手に当たっても痛くなりにくく、ページの端が揃ってめくりやすくなっています。

 

書くページは平らに開くため、ノートの隅々までのびのび書き込める点も魅力です。マイクロミシン目が入っているので、ページを切り取る時もキレイに離せます。

紙質 上質紙 罫線の種類 6mm横罫

口コミを紹介

机の上に置けないときは、膝の上でも十分に書き留めることができます。ビジネスバッグへの収まりも良いです。切り取り線は、破ろうと思い故意に扱わない限りは勝手に破れてしまうことはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

オキナ

プロジェクト耐水ノートB6 PWB6

水中でも書き込める特殊な紙質がユニーク

アウトドア・災害時用のノートとしても使えるリングノートで、完全防水を施したユポ紙で作られています。筆記具によっては水中でも書き込めるうえ、5mm罫線を採用したことで文章や表もきれいに書きやすくなっています。

紙質 ユポ紙 罫線の種類 5mm方眼罫

口コミを紹介

独特の心地良い書き味が確かにそのままで、メモをするのが少し楽しくなります。水に強いのはもちろん、耐摩耗性も高いため、切り離したメモ書きを少々雑に扱ってもボロボロになりにくいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

万年筆に合うノートの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 紙質 罫線の種類
1
アイテムID:5844157の画像
スパイラルリングノートブック シロクマ 550円

詳細を見る

オリジナルの紙質が魅力的な筆記性重視のノート

MD用紙 罫線なし
2
アイテムID:5844158の画像
スパイラルノート N246ES 302円

詳細を見る

毎日使うことを考えたノート

オリジナル用紙 5mm方眼罫
3
アイテムID:5844159の画像
ノーブルノート N33 550円

詳細を見る

創業より続く製造技術で生まれたロングセラー

Lライティングペーパー 方眼罫
4
アイテムID:5844160の画像
ニーモシネ N194A 399円

詳細を見る

ビジネスシーンでも活躍してくれるスマートなデザイン

上質紙 7mm横罫
5
アイテムID:5844161の画像
カ.クリエ A4×1/3 プレミアムクロス マットブラック 77-926 357円

詳細を見る

なめらかな書き心地で裏抜けしない

上質紙(パスピエクリーム紙) 5mm方眼罫
6
アイテムID:5844162の画像
ヌルリフィル 1,300円

詳細を見る

インク本来の発色の再現にこだわった商品

ユポ紙 罫線なし
7
アイテムID:5844163の画像
神戸派計画 ノート GRAPHILO A5 plain 770円

詳細を見る

万年筆愛好家たちによって開発された紙を採用

オリジナルペーパー 罫線なし
8
アイテムID:5844164の画像
STALOGY ノート 365デイズノート A6 方眼 ブルー S4113 1,584円

詳細を見る

365日いつでも手軽に書き込める

- 方眼罫
9
アイテムID:5844165の画像
MDノート 新書 方眼罫 15002006 625円

詳細を見る

シンプルだからこそリピーターの多い一冊

MD用紙 方眼罫
10
アイテムID:5844166の画像
プロジェクトペーパー A4 5ミリ方眼 100枚 PPA45S 381円

詳細を見る

アイデアをまとめたい時にぴったりなノート

無塩素漂白紙 5mm方眼罫
11
アイテムID:5844167の画像
アピカ プレミアムCD ノート 方眼罫 A5 CDC90S 601円

詳細を見る

安い価格と極上の書き心地を兼ね備えた一冊

A.Silky 865 Premium 5mm方眼罫
12
アイテムID:5844168の画像
ツバメノート B5 横罫 100枚 W3011 566円

詳細を見る

大学ノートの定番モデル

中性紙 8mm横罫
13
アイテムID:5844170の画像
ロディア WEBNOTEBOOK A6 ドット罫 オレンジ 1,620円

詳細を見る

デイリーユースにぴったりなミニノート

ベラム紙 ドット方眼
14
アイテムID:5844171の画像
ソフトリングノート ス-SV407B-D 452円

詳細を見る

めくりやすさ・書きやすさを考えたデザインが魅力

上質紙 6mm横罫
15
アイテムID:5844172の画像
プロジェクト耐水ノートB6 PWB6 531円

詳細を見る

水中でも書き込める特殊な紙質がユニーク

ユポ紙 5mm方眼罫

万年筆とノートを使ったおすすめの楽しみ方

万年筆とノートを揃えたのはいいものの「何に使おうか悩む」という人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、万年筆とノートでできる様々な楽しみ方をご紹介します。

万年筆インクの多彩な表現が楽しめる「グラデーションイラスト」

カラーインクを使う場合には「グラデーションイラスト」に挑戦してみましょう。通常のノートの場合、水やインクで濡れると紙がふやけてしまったり、きれいに発色しなかったりする場合がありますが、万年筆に合うノートであれば、本来の色味や繊細な濃淡、色の混ざり合いが楽しめます。

 

やり方は、インクを塗りたい場所に万年筆で書き込み、水筆でインクをはらうように滑らせるだけ。色鉛筆などのように力を入れて色を調節する必要がないため、イラスト初心者でも簡単に実践できますよ。インクの色・特徴よる絶妙な違いをぜひ味わってみてください。

万年筆特有の書き味を満喫できる「日記」

万年筆初心者であれば、気軽に始められる「日記」がおすすめです。万年筆はペン先の構造やインクの特徴・紙質によって、実際に書き込んだ時の線の風合いが異なります。そのため、万年筆とノートの組み合わせを変えれば、多彩なニュアンスの書き味・線が楽しめます。

 

時にはトメ・はらいを意識して書いてみたり、またある時には万年筆で書いたイラストを添えてみたりなど、その日の気分に合わせて書き方を変えることで、万年筆が持つ無限の魅力を堪能できます。

その他の万年筆に関する便利な文房具もチェック

その他の万年筆に関する文房具は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

まとめ

ノートの種類・特徴によって、万年筆の魅力は無限に広がっていきます。ぜひ今回ご紹介した選び方やランキングを参考にしながら、あなたの好みに合ったノートを探してみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年10月27日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

方眼ノートのおすすめ人気ランキング25選【幅広い用途に使える】

方眼ノートのおすすめ人気ランキング25選【幅広い用途に使える】

文房具・文具
方眼ノートおすすめ人気ランキング15選【書き方無限大で人気上昇中】

方眼ノートおすすめ人気ランキング15選【書き方無限大で人気上昇中】

文房具・文具
勉強用ノートの人気ランキング24選【子供用も大人用もあり】

勉強用ノートの人気ランキング24選【子供用も大人用もあり】

文房具・文具
手帳用ボールペンのおすすめ人気ランキング25選【おしゃれタイプも】

手帳用ボールペンのおすすめ人気ランキング25選【おしゃれタイプも】

文房具・文具
国産万年筆のおすすめ人気ランキング20選【滑らかな書き味が魅力】

国産万年筆のおすすめ人気ランキング20選【滑らかな書き味が魅力】

文房具・文具
【使いやすさで選ぶ!】文具用ノートおすすめランキング25選

【使いやすさで選ぶ!】文具用ノートおすすめランキング25選

文房具・文具