記事ID140859のサムネイル画像

【2020年春最新版】鉄製フライパンおすすめ人気ランキング20選

焦げにくく、高温での調理に向く鉄製フライパン。そのため、チャーハンなどの中華料理を美味しく仕上げることができます。ただ、鉄製以外のフライパンと比べると重いというデメリットもありますが、最近では軽量化した鉄製フライパンが無印やニトリからも販売されています。

鉄製フライパンのメリット

鉄製のフランパンは、熱い料理を美味しく作るときに便利です。便利な理由は鉄製のフライパンの特徴にあります。鉄製のフライパンの最大の特徴は焦げにくさで、焦げにくい特徴を活かし高温料理を作る人は多いです。

 

一般的に高温で食材を炒めると焦げやすいですが、鉄製のフライパンは熱に強い性質があり焦げにくいです。このことは耐久性に繋がりますが、実際鉄製のフライパンを10年以上使い続けている人はいます。

 

鉄製のフライパンは使えば使うほど油膜が付きやすい性質がありますが、フライパンに油膜が付くと食材がフライパンにくっつきにくくなります。食材がフライパンにくっつかなければ、使用後洗うときに楽です。

 

鉄製のフライパンは他のフライパンと比較すると重たいデメリットはありますが、総合的に考えたらメリットの方が多いです。そこで今回は鉄製のフライパンの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

 

編集部イチオシの鉄製フライパンはこちら!

deBUYER(デバイヤー)

本格シェフ使用 5610.2

価格:4,735円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

編集部一押しの理由は長持ちしやすいことと、さまざまな料理に使えることがあります。長持ちしやすい理由には、オーガニックビーワックスの塗布があります。オーガニックビーワックスを塗布することで、未使用時の酸化を防いでいます。

 

デバイヤーのオーガニックビーワックスは加工品ではなく、蜜蝋と呼ばれる天然成分を使用しています。フライパン以外では蝋燭、つや出し剤、化粧品などに使われていますが、蜜蝋は錆の防止に効果的です。

 

デバイヤーの鉄製のフランパンは使い込むほど油が馴染む仕様で、急には黒くなりません。フライパンが黒くなり処分する人はいますが、デバイヤーの鉄製のフランパンはなかなか黒くなりません。

 

デバイヤーの鉄製のフランパンは、一般の鉄製のフライパンと比較しても火の通りはよいです。火の通りがよければ、満遍なくステーキや肉を炒めることができます。万遍なく焼けたステーキや肉は大変美味しいです。

 

デバイヤーの鉄製のフランパンは、ホットケーキを焼く時にも便利です。デバイヤーのフライパンで焼くホットケーキは焼き方にムラがなく、ホットケーキ本来の美味しさを最大限に引き出します。

口コミを紹介

厚みがあって、肉やハンバーグが美味しく焼けます。実家も鉄使ってて、その後実家離れて家庭持ってもずっと鉄フライパンを使ってきました。やっぱり重いですが、普段から鉄フライパン使ってるので若干大丈夫。30後半女性です。振れますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

購入後三年経過しました。
不都合なく、焦げ付きもなく、他社の鉄フライパンと比べても
とても良いコンディションです。

出典:https://www.amazon.co.jp

鉄フライパンは初めての購入でしたが、劇的にうまくできるようになりました。中途半端なものを購入しなくて良かったです。相棒として長く付き合っていきたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

鉄製フライパンの選び方

鉄製のフライパンはニトリや無印でも購入できますが、選ぶときはポイントを押さえることが大切です。ポイントを押さえることで、最適な鉄製のフライパンを選ぶことができます。以下では選ぶときのポイントを紹介しています。

サイズで選ぶ

鉄製のフライパンをサイズで選ぶのは大切なことですが、サイズで選ぶときは作る料理の量を考慮してください。一人分の料理しか作らないのに、大サイズのフライパンを選ぶのは間違っています。

 

鉄製に限らずフライパンは同じ種類であっても、さまざまなサイズを用意していることが多いです。そのため鉄製のフライパンを購入するときは、自分に適したサイズをしっかり見極めることが大切です。見極めのポイントは、作る量よりも少しだけ大きめのサイズを選ぶことです。

空焼き不要のタイプから選ぶ

一般的に鉄製のフライパンは錆止め剤を火で焼き切る焼き込み作業が必要ですが、焼き込み作業は煙が出るのが難点です。煙が気にならない方であれば一般の鉄製のフライパンで構いませんが、煙が苦手な人は焼き込みが不要な鉄製のフライパンを選びましょう。

 

焼き込み不要のフライパンは、空焼きが不要と明記されていることが多いです。万が一明記されていない場合は、店員に問い合わせてください。メーカーのホームページがあれば、ホームページでも確認できます。

重さで選ぶ

フライパンで料理を作るときはフライパンを動かすことが多いですが、あまりにも重たければ動かすときに大変です。重たさの基準は人によって異なりますが、基本的には片手で楽に動かせるものをおすすめします。

 

ネットショップで鉄製のフライパンを購入するときは重たさが実感できませんが、どうしても重たさを確かめたい人は、店頭の類似品で確かめることをおすすめします。

持ち手で選ぶ

鉄製のフライパンの使いやすさは、持ち手も関係しています。以下では鉄製のフライパンの持ち手に採用されている材質を見ていきますが、それぞれの特徴についても紹介します。

鉄製|耐久性がよい

鉄の持ち手は耐久性が良いのが特徴ですが、長時間使用すると持ち手まで熱くなるのが難点です。そのため鉄の持ち手を選ぶときは、長いタイプが筒型に加工されたものをおすすめします。

鉄以外の金属製|軽いのが魅力

鉄以外の金属製の持ち手にはアルミ合金、ステンレス、チタンなどがありますが、それぞれに特徴があります。アルミ合金は軽いのが特徴で、ステンレスは錆びにくく丈夫なのが特徴、チタンは耐久性がよく錆に強いといわれています。

木製|交換できるタイプがある

木製の持ち手は、熱が手に伝わりにくいのでおすすめします。しかし木製の持ち手は繋ぎ目が劣化しやすく、最悪の場合は繋ぎ目が折れる可能性があります。そんなデメリットがあるため、持ち手だけ交換できるタイプが登場しています。

樹脂製|熱に強い

樹脂製の持ち手も熱が手に伝わりにくいですが、木製と同じく繋ぎ目が劣化しやすいのがデメリットです。そんなデメリットがあるため、最近は繋ぎ目だけ違う材質を使っているモデルが増えてきました。

持ち手が鉄製のおすすめ鉄製フライパン5選

第5位

パール金属(PEARL METAL)

HB-1517

価格:1,110円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オール熱源

物作りで有名な新潟県燕三条産のフライパンですが、低価格帯でありながらオール熱源に対応しています。サイズごとに値段は異なりますが、目的に合ったサイズを選んでください。

 

持ち手部分は鉄が使用されていますが、アクリル樹脂塗装をしています。アクリル樹脂塗装は耐候性、耐水性、耐アルカリ性、耐油性に効果を発揮するため、床用の塗料に用いられることもあります。

 

こちらのフライパンが適している料理はソテーやステーキと商品ページに記載されていますが、目玉焼きや卵焼きも問題なく調理できます。工夫次第ではホットケーキも焼けます。

サイズ(約)全長370×幅185×高さ135mm、皿の高さ38mm重量(約)520g
IH

口コミを紹介

家の調理器具がIHになってしまったため、それまで愛用していた丸底中華鍋が使用不可に。
本当はIHは嫌いで、特に鉄鍋など使うのに向いていないのですが仕方ありません。
それでもやっぱり鉄鍋・鉄フライパンは使いたい。そこで当商品を購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

島本製作所

鉄 味一鉄 底厚 日本製

価格:2,541円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コックの意見から生まれたフライパン

こちらはコックの意見から生まれたフライパンで、底は厚く側面は薄くなっています。このような仕様にすることで、熱をムラなく均一に広げています。また熱による変形が少ないため、油の回りも均一です。

 

業務用でも使えるフライパンですが、初心者の人の評判もよいです。初心者の人でも使いやすいのは、黒皮鋼板を使用しているからです。

 

黒皮鋼板は熱の保有力に優れており、急激に温度が変化することがありません。そのため初めての人であっても、食材を焦がしにくいです。

サイズ24×4.6cm重量898g
IH対応

口コミを紹介

初めての鉄フライパンだったので最初は少し不安でしたが
今ではテフロンパンには戻れないくらいお気に入りです
ちゃんと熱して油を引けば全然焦げ付きませんし
側面が薄く重さが軽減されているデザインなので片手で振ることも可能です

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

和平フレイズ(Wahei freiz)

MA-9956

価格:2,378円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗うときに楽

こちらのフランパンの材質は鉄ですが、高級鋼板「ブルーテンパー材」を使用しています。ブルーテンパー材はフライパン用に開発された鋼板で、油ののりがよいといわれています。油ののりがよければ料理は美味しくなります。

 

高級鋼板「ブルーテンパー材」を使用するだけではなく、焼き入れをし酸化皮膜を作っています。酸化皮膜を作ることで、錆びにくくしています。洗うときは洗剤は不要で、タワシでゴシゴシこするだけでよいです。

 

ハンドルは本格仕様の共柄で高級感を感じます。こちらのフライパンは高級鋼板「ブルーテンパー材」を使っているので、耐久性に期待する人におすすめします。

 

サイズ約21.5×39×12cm重量553g
IH×

口コミを紹介

思っていたよりずっと焼き加減の調整ができてとても満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

柳宗理(Yanagi Sori)

ふた付き YT-13

価格:3,840円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

そのまま食卓に出せる

こちらのフライパンは、コンパクトサイズで蓋付きです。一般の鉄のフライパンよりも厚みがあるのが特徴で、熱を多く保有させます。熱を多く保有させることで、熱は全体に行き渡りやすくなります。

 

こちらのフライパンは海外からの評価も高いですが、可愛い形状を評価する声が多いです。可愛い形状なので、そのまま食卓に出しても違和感はありません。

サイズ約24.7×17.8×4.2cm重量960g
IH

口コミを紹介

とても重い、使う度に手入れが面倒だ・・・これを補って余りある効果があります。これを使ったソテーは、全くの別物。例えて言えば500円のモモ肉が2,000円のサーロインに変わってしまいます。手放せません!

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

岩鋳(Iwachu)

南部鉄器24012

価格:4,620円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

熱の伝達効率がよい

こちらのフライパンの焼き面には細かな凹凸があるため、油馴染みがよく錆びにくいです。また食材に多くの鉄分を含ませるため、鉄分が不足している人は効率的に摂取できます。

 

肉厚のある形状は熱を保有しやすく、効率的に食材に熱を伝えます。このことはレビューでも触れる人が多く、異口同音に美味しい料理に仕上がると言っています。少し値が張るフライパンですが、美味しい料理を食べたい人は使う価値があります。

 

熱の伝達効率のよいこちらのフランパンは、ステーキや肉料理が好きな人におすすめします。またキャンプ場で使っても人気が出そうです。

サイズ41×26×(H)10 内径23.5cm 深5cm重量2.3Kg(発送重量)
IH

口コミを紹介

テフロンのフライパンを一年くらいで買い替えてばかりで何かいいものはないかと探していました。
鉄というとすぐ錆びる、くっつくという先入観で選択肢になかったのですが、ちゃんと手入れすれば大丈夫ということを知り購入を決意。
結果、大大大満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

持ち手が鉄製のフライパンの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5234795の画像

    岩鋳(Iwachu)

  • 2
    アイテムID:5234758の画像

    柳宗理(Yanagi Sori)

  • 3
    アイテムID:5234771の画像

    和平フレイズ(Wahei freiz)

  • 4
    アイテムID:5234954の画像

    島本製作所

  • 5
    アイテムID:5234745の画像

    パール金属(PEARL METAL)

  • 商品名
  • 南部鉄器24012
  • ふた付き YT-13
  • MA-9956
  • 鉄 味一鉄 底厚 日本製
  • HB-1517
  • 特徴
  • 熱の伝達効率がよい
  • そのまま食卓に出せる
  • 洗うときに楽
  • コックの意見から生まれたフライパン
  • オール熱源
  • 価格
  • 4620円(税込)
  • 3840円(税込)
  • 2378円(税込)
  • 2541円(税込)
  • 1110円(税込)
  • サイズ
  • 41×26×(H)10 内径23.5cm 深5cm
  • 約24.7×17.8×4.2cm
  • 約21.5×39×12cm
  • 24×4.6cm
  • (約)全長370×幅185×高さ135mm、皿の高さ38mm
  • 重量
  • 2.3Kg(発送重量)
  • 960g
  • 553g
  • 898g
  • (約)520g
  • IH
  • ×

持ち手が鉄製以外の金属製のおすすめ鉄製フライパン5選

第5位

ラバーゼ(La Base)

LB-094

価格:4,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち手がアルミニウム合金なので軽い

「la base」は料理研究家の有元葉子さんのキッチンブランドですが、比較的低価格帯なのが魅力です。比較的低価格帯ですが、フライパンに適したブルーテンパー材を使用しているので本格的です。

 

使用後の後始末は簡単で、お湯をかけタワシで洗うだけです。フライパンの後始末を面倒くさく感じる人はいますが、こちらのフライパンであればほとんど手間はかかりません。使い始めは中性洗剤で洗う必要がありますが、最初だけなので面倒さは感じないでしょう。

 

975gの重量は軽量とは言えませんが、持ち手がアルミニウム合金なので意外に軽く感じます。持ち手のアルミニウム合金は焼き付け塗装をしており、簡単には折れ曲がりません。

 

サイズ386×264×86mm重量975g
IH

口コミを紹介

最初は重いし、取っ手が熱で熱くなるのでは?と、届いた品物を見て『失敗したかも』と、思いました。
でも、そんな思いを吹き飛ばすように 錦糸卵が綺麗に出来てビックリしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Vita Craft(ビタクラフト)

スーパー 鉄 錆びにくい 2002

価格:7,260円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防錆技術が優れている

こちらのフライパンは、窒化4層加工することで錆を抑えています。窒化4層加工は、船舶などに使われている防錆技術を応用しています。低価格帯ではないですが、長く使えるので十分に元は取れます。

 

また空焼きが不要で、調理の前準備が省略できます。このことは、忙しい人にとっては有り難いことです。使用後の油ひきも不要で後始末が楽です。熱くなりにくいステンレス製のハンドルは初心者に優しく、初心者であっても熱々の料理に挑戦できます。

サイズ直径26.0x深さ4.3cm、板厚約0.16cm重量962g
IH

口コミを紹介

鉄製なので耐久面は文句なし、さらに取っ手も金属なので安心です。
(取っ手は金属ですが、熱くはならないので素手で使用できます)
衛生面が気になり洗剤を使って洗っていますが、しっかりと水分をふき取り油引きをすれば引っ付きが気になることはありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

山田工業所(Yamada Kougyoujyo)

146-06940

価格:9,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で初心者も扱いやすい

こちらのフライパンの重量は449gですが、一般の鉄製のフライパンと比較すれば軽量です。軽量になった理由には板厚を1.2mmまで薄くしたことがありますが、普通は板厚を薄くすれば衝撃の際に凹みやすいです。

 

山田工業所はこの難しい課題に、打ち出し加工という方法で挑みました。打ち出し加工は数千回叩くことで鉄の分子を細かくし、鉄そのものを丈夫にする方法です。鉄そのものが丈夫になれば、少々板厚が薄くても問題はありません。

 

軽量の鉄製のフライパンを求める人は多く、レビューでもそのことについて触れる人は多いです。フライパンが軽量であれば、力の弱い女性であっても難なく扱えます。

サイズ21×36×高さ12cm重量449g
IH×

口コミを紹介

3人家族には30cmでピッタリでした!
ノーマル1.6mm厚の中華は底が丸いのですが、こちらは底が平らです。
なのでフライパンとしても中華鍋としても鍋料理をやるにも使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

前田家

チタンハンドル いため鍋 30cm

価格:19,653円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち手が熱くならない

こちらのフライパンは持ち手が熱くならないため、高温料理が作りやすいです。熱くならないのは持ち手にチタンを使っているからですが、チタンには他のメリットもあります。

 

他のチタンのメリットには強度が強い、錆びにくい、軽いといったものがありますが、特に軽いというのは大きな魅力です。一般的に鉄製のフライパンは重たいですが、持ち手が軽ければ意外に重たさを感じません。

 

商品ページには重量は記載されていませんが、キャッチフレーズに「軽い」という文字を含ませているのは、軽さに対してこだわりがあるからでしょう。決して安いとは言えないフライパンですが、耐久性と使いやすさを求める人は検討してもよいでしょう。

サイズφ300H×最小65mm(最大100mm) 柄長:150mm重量未記載
IH×

口コミを紹介

美味しく頂いてます!有難うございました!
又、機会がありましたらお取引宜しくお願いします。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

第1位

山田工業所

HF-22

価格:10,584円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

打ち出し加工で丈夫

こちらは山田工業所のHANAK0シリーズのフライパンで、打ち出し加工をしています。しかし重量は907gと、さほど軽くはありません。それでもIHを含む多くの熱源に対応しているのは魅力です。

 

打ち出し加工のメリットには鉄が丈夫になるだけではなく、表面に細かな凸凹ができることがあります。表面に細かな凹凸を作ることで、油ののりや油馴染みをよくしています。油ののりがよくなれば食材がフライパンにくっつきにくくなり、目玉焼きなどが調理しやすいです。

 

少し値が張るフライパンですが、長期間使いたい人、美味しい料理を作りたい人にはおすすめします。HANAK0シリーズのファンは多いですが、いずれの人も料理の仕上がりを評価しています。

サイズ22×36.5×高さ5.3cm 板厚2.3mm 柄長さ15cm重量907g
IH

口コミを紹介

今までの山田工業所の22センチフライパンは、ハンドル(柄)の部分がやや重く、
IHだとフライパンの先がほんの若干浮き上がる欠点があったが、このフライパンはハ
ンドルがチタンであるため軽く、きちんと100%接地してくれる。フライパン全体も
ますます軽くなり、使いやすさがさらに増した。

出典:https://www.amazon.co.jp

持ち手が鉄製以外の金属製のフライパンの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5237166の画像

    山田工業所

  • 2
    アイテムID:5237125の画像

    前田家

  • 3
    アイテムID:5236198の画像

    山田工業所(Yamada Kougyoujyo)

  • 4
    アイテムID:5236285の画像

    Vita Craft(ビタクラフト)

  • 5
    アイテムID:5237203の画像

    ラバーゼ(La Base)

  • 商品名
  • HF-22
  • チタンハンドル いため鍋 30cm
  • 146-06940
  • スーパー 鉄 錆びにくい 2002
  • LB-094
  • 特徴
  • 打ち出し加工で丈夫
  • 持ち手が熱くならない
  • 軽量で初心者も扱いやすい
  • 防錆技術が優れている
  • 持ち手がアルミニウム合金なので軽い
  • 価格
  • 10584円(税込)
  • 19653円(税込)
  • 9800円(税込)
  • 7260円(税込)
  • 4400円(税込)
  • サイズ
  • 22×36.5×高さ5.3cm 板厚2.3mm 柄長さ15cm
  • φ300H×最小65mm(最大100mm) 柄長:150mm
  • 21×36×高さ12cm
  • 直径26.0x深さ4.3cm、板厚約0.16cm
  • 386×264×86mm
  • 重量
  • 907g
  • 未記載
  • 449g
  • 962g
  • 975g
  • IH
  • ×
  • ×

持ち手が木製のおすすめ鉄製フライパン5選 

第5位

杉山金属

KS-3044

価格:1,652円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食材がフライパンに付きにくい

このフライパンは軽さが評判で、レビューでも軽さについて触れているものが多いです。軽さの評価が高いフライパンですが、特殊加工による耐久性も評価してよいでしょう。

 

軽さと耐久性以外のメリットには、油馴染みのよさがあります。油馴染みがよい理由は表面の凸凹にありますが、肉眼では見えない凹凸なので美観を損なうことはありません。凹凸加工しているフライパンは、食材がフライパンにくっつきにくいです。

 

こちらのフライパンは、初めてフライパンを使う人におすすめします。おすすめする理由は、何と言っても軽さにあります。フライパンが軽ければ、食材をひっくり返すときに楽です。

サイズφ265×420×100mm重量767g
IH

口コミを紹介

元調理人です 今はリタイアして閑職となり料理は自分用に作ってます 鉄のフライパンを買うにあたり使用頻度の高い26㎝で何枚か比較したら此方のフライパンが良さそうなので購入しました 杉山金属さんは初めて知りましたが実際に手に取って見るとコスパが高く出来の良いフライパンです

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

タクミジャパン(TakumiJAPAN)

MGFR24

価格:2,948円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

熱の伝導効率がよい

こちらのフライパンは健康と美味しさをテーマにしていますが、マグマプレートを導入することでテーマを実現しています。マグマプレートは内側と外側に細かな凹凸を付けたプレートで、取り入れることで熱伝導がよくなります。

 

熱伝導がよくなれば食材の芯まで一気に火を通すことが可能になり、食材の旨味が放出しにくくなります。芯まで火が通った料理は食感がよいです。

 

独自のプレートは鉄分も効果的に溶出し、食材の美味しさを最大限に引き出します。こちらのフライパンは味にうるさい人と、健康的に食物を摂取したい人におすすめします。

サイズ径24.3×全長44.6×手高8.1重量971g
IH

口コミを紹介

以前の安物と大きく違う点はやはり熱伝導率の高さ。
あっという間に加熱されます。
また、どういう原理かわかりませんが、作った卵焼きのふっくら度が全く違います。
特に出来立ての時の差異が明らかです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

IEOKE

フライパン26cm鉄

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

交換可能な持ち手

こちらのフライパンは持ち手に天然木を使用していますが、天然木は防カビ、防菌、防虫作用があります。これらの働きは、フライパンの持ち手を長持ちさせるためには大切です。

 

持ち手は交換可能タイプで簡単に交換できます。持ち手の破損が原因でフライパンを取り替える人はいますが、簡単に交換できるタイプであれば取り替える必要はありません。

 

本体重量が比較的重たいのが難点ですが、利便性と耐久性は大きなメリットです。こちらのフライパンは、耐久性と利便性に期待する人におすすめします。

 

サイズ径26×全長47×手高7cm重量1.5kg
IH

口コミを紹介

長年の間、ティファールのフライパンを使っていましたが、テフロンにもそろそろ飽きて来て、買い換えようと思いました。高齢なので、鉄のフライパンは重さを気にして中々踏み切れませんでしたが思い切って購入。買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

リバーライト(Riverlight)

極ジャパン26cm

価格:6,165円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汎用性がある

こちらのフライパンは中華鍋にも使えるため汎用性は高いです。また特殊熱処理をしているので錆びにくいです。このフライパンは、さまざまな料理に挑戦したい人におすすめします。

 

汎用性の高いフライパンですが、最初に油ならしをする必要があります。また使うたびに、油返しもする必要があります。油ならしと油返しの方法は商品ページに記載されているので、購入する人は参考にしてください。

サイズ26x46x12.8cm 深さ/5cm 底面直径/17.5cm重量948g
IH

口コミを紹介

油ならし、油かえしは必要ですが、この作業をしたせいか、不快感なく使えます。
卵焼きもおいしい。
多少こびりついても湯沸かしの湯とササラでとれてます。

こんなに鉄フライパンが使いやすいとは。もっと早く使えばよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

煌(Kirameki Japan)

ブラック直径28cm

価格:4,344円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美味しさを追求したフライパン

こちらのフライパンは、ダブルファイバーライン加工をしています。ダブルファイバーライン加工をすることで、金属表面に凹凸を付けています。凹凸を付けることで油馴染みがよくなり、錆びにくいフライパンになります。

 

ダブルファイバーライン加工は調理にも効果的で、レビューでもそのことについて触れている人はいます。こちらのフライパンは耐久性を求める人と、美味しく調理したい人におすすめします。

サイズ29×49×16cm重量971g
IH

口コミを紹介

調理をして炒め鍋なのでフライパンより高さがありフチがゆるくカーブをしているためちょうど鍋ふりをしても食材が飛び出さず食材が焦げず調理できます
しかし、鉄製なので油の量を少し減らして調理すると肉など少し焦げ目を付けて調理することもできます

出典:https://www.amazon.co.jp

持ち手が木製のフライパンの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5236386の画像

    煌(Kirameki Japan)

  • 2
    アイテムID:5236395の画像

    リバーライト(Riverlight)

  • 3
    アイテムID:5237897の画像

    IEOKE

  • 4
    アイテムID:5236378の画像

    タクミジャパン(TakumiJAPAN)

  • 5
    アイテムID:5236382の画像

    杉山金属

  • 商品名
  • ブラック直径28cm
  • 極ジャパン26cm
  • フライパン26cm鉄
  • MGFR24
  • KS-3044
  • 特徴
  • 美味しさを追求したフライパン
  • 汎用性がある
  • 交換可能な持ち手
  • 熱の伝導効率がよい
  • 食材がフライパンに付きにくい
  • 価格
  • 4344円(税込)
  • 6165円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 2948円(税込)
  • 1652円(税込)
  • サイズ
  • 29×49×16cm
  • 26x46x12.8cm 深さ/5cm 底面直径/17.5cm
  • 径26×全長47×手高7cm
  • 径24.3×全長44.6×手高8.1
  • φ265×420×100mm
  • 重量
  • 971g
  • 948g
  • 1.5kg
  • 971g
  • 767g
  • IH

持ち手が樹脂製のおすすめ鉄製フライパン5選

第5位

タフコ(Tafuco)

A-2254

価格:1,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

底が深いので鍋料理もできる

強火に強く底が深いのが特徴です。中華料理は高温で一気に炒めることが多いですが、こちらのフライパンであれば安心です。また深型タイプは混ぜ返しに便利で、IH調理器を使うときに助かります。

 

持ち手はフェノール樹脂ですが、持ち手と本体はワイヤーで接続しています。ワイヤーで接続することで、持ち手の熱さを緩和しています。こちらのフライパンは、炒め物と鍋料理を作る人におすすめします。

サイズ約23x39.5x10.9cm重量835g
IH

口コミを紹介

初めてタフコ倭シリーズの商品を購入しました。大きさ、深さに大変満足しています。二人暮らしにはピッタリの物でした。シーズニングも簡単に出来るし、ベリーグットです!流石に日本製は信頼できると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

藤田金属(Fujita-kinzoku)

066202

価格:1,623円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

蓋が浮きにくい

こちらはコンパクトなフライパンですが、特徴はおなべのような形状です。おなべのような形状は鍋料理に便利で、鍋料理が好きな人は助かります。また揚げ物の調理にも使えるので、お酒のアテを作る時にも便利です。

 

フライパンのハンドルはアップハンドルタイプで、蓋が浮きにくいのが特徴です。蓋が浮きにくいタイプは、鍋料理や餃子を作るときに便利です。こちらのフライパンは、使い始めの空焚きが不要です。

サイズ20 x 38.5 x 10.5cm ; 853g重量862g
IH

口コミを紹介

初めに30分程センサー無しの家庭用ガスコンロで空焼きを済まし、以後料理の度に油返しをして。
と、言ってもまだ空焼きから4回しか使用してないですが、焼きそばはテフロンでは出せない感じに仕上がり大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

下村企販

34698

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

底が深く揚げ物にも使える

こちらのフライパンは底が深く、揚げ物料理に使えます。また満水容量は約2.8Lで、鍋料理にも使えます。汎用性が高いので、さまざまな料理を作りたい人におすすめします。

 

さまざまな熱源に対応しているので、キャンプの調理道具としても使えそうです。キャンプ場では熱源が限られてきますが、こちらのフライパンであればさまざまなキャンプ場で活躍するでしょう。

サイズ約幅42×奥行24.6×高さ14cm重量1.36Kg
IH

口コミを紹介

餃子を作ったときにお店のような焼き上がりになり
良さを感じました。大量に作る必要があった為
同時に普通の厚さのフライパンでも焼きましたが焦げ付いて、ダメでした。
良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

柳宗理(Yanagi Sori)

鉄フライパン18cm

価格:2,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

注ぎ口が左右にある

このフライパンはファイバーライン加工をし、表面に凹凸を付けています。凹凸を付けることで油馴染みをよくし、焦げ付きとこびりつきを防いでいます。

 

フライパンで作った料理は傾け食器に移し替えますが、状況によっては通常とは逆の方向に傾けたいでしょう。こちらのフライパンは左右に大きな注ぎ口があるので、左右どちらにも傾けやすいです。

 

完成度の高いフライパンなので、初心者にも上級者にもおすすめします。この価格帯でこれだけの完成度は、特筆すべきことです。

 

サイズ33.8 x 21.8 x 6.5cm ; 503g重量662g(発送重量)
IH

口コミを紹介

フッ素加工のフライパンを長年使っていましたが、2.3年ごとにフッ素の効果がなくなり買い替えるのが面倒なので、思い切って鉄のフライパンにしてみました。油ならしの手間はありますが、フッ素加工の物とは全然違って熱の通りが早く、美味しそうな焼き色がすぐにつきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

双葉工業

OMF-1

価格:3,791円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者も使いやすい

料理研究家の小田真規子さんが企画したフライパンで、初心者に優しい仕様になっています。フライパンには十分な深さとカーブがあり、食材を均等に広げやすいです。

 

食材を均等に広げれば、効率的に炒めることができます。こちらのフライパンには際立った特徴はありませんが、効率的に食材を炒めたい人におすすめします。対応している熱源は多く、さまざまなシーンで活躍するでしょう。

サイズ全長(ハンドルまで)38.5×径21×高さ(ハンドルまで)9.8cm重量780g
IH

口コミを紹介

自宅はIHコンロなのでガスのように焼けないのですが、此方の鉄製フライパンなら焼き目も付いてカリっと焼けます。

出典:https://www.amazon.co.jp

持ち手が樹脂製のフライパン比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5236418の画像

    双葉工業

  • 2
    アイテムID:5236425の画像

    柳宗理(Yanagi Sori)

  • 3
    アイテムID:5236429の画像

    下村企販

  • 4
    アイテムID:5236415の画像

    藤田金属(Fujita-kinzoku)

  • 5
    アイテムID:5236410の画像

    タフコ(Tafuco)

  • 商品名
  • OMF-1
  • 鉄フライパン18cm
  • 34698
  • 066202
  • A-2254
  • 特徴
  • 初心者も使いやすい
  • 注ぎ口が左右にある
  • 底が深く揚げ物にも使える
  • 蓋が浮きにくい
  • 底が深いので鍋料理もできる
  • 価格
  • 3791円(税込)
  • 2500円(税込)
  • 3300円(税込)
  • 1623円(税込)
  • 1280円(税込)
  • サイズ
  • 全長(ハンドルまで)38.5×径21×高さ(ハンドルまで)9.8cm
  • 33.8 x 21.8 x 6.5cm ; 503g
  • 約幅42×奥行24.6×高さ14cm
  • 20 x 38.5 x 10.5cm ; 853g
  • 約23x39.5x10.9cm
  • 重量
  • 780g
  • 662g(発送重量)
  • 1.36Kg
  • 862g
  • 835g
  • IH

ニトリや無印の鉄製フライパンもおすすめ! 

無印良品やニトリにも魅力的な鉄製のフライパンはありますが、ここではおすすめの商品を紹介します。無印良品とニトリはネット販売もしているので、近所になくても購入はできます。

お値段以上!ニトリの鉄製フライパン

ニトリの商品はコストパフォーマンスがよいといわれていますが、鉄製のフライパンに関しても値段以上の価値を感じます。以下の商品は本格的なフライパンでありながら、価格は非常に安いです。

無印の鉄製フライパンはシンプルでおしゃれ

無印商品はシンプルでおしゃれな製品が多く、それを武器に若年層のファンを増やしています。鉄製のフライパンもシンプルでおしゃれです。無印の鉄製のフライパンは使い始めと使用後にお手入れが必要ですが、お手入れを怠らなければ長く使えます。

お気に入りの鉄製フライパンで美味しい料理を!

鉄製のフライパンは比較的重たいというデメリットはありますが、美味しい料理を作りたい人にはおすすめします。鉄製のフライパンの価格はさまざまですが、自分に合ったものを選んでください。

 

 

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ