記事ID140805のサムネイル画像

【健康・美容に】えごま油のおすすめ20選【使い方や副作用も】

健康や美容に良いと近年人気のえごま油。スーパーで気軽に買えるものから、こだわりの国産商品まで、種類が多くどれを買うか迷ってしまいますよね。今回はえごま油の選び方とおすすめのえごま油20点を紹介します。自分にぴったりのえごま油を見つけましょう!

えごま油の健康効果は?

シソ油やアマニ油など油にも様々な種類がありますが、「えごま油」との違いって何?と感じている方も多いでしょう。「えごま油」には、「α-リノレン酸」というアンチエイジング効果を持つ成分が含まれています。

 

しかし、α-リノレン酸の量自体には、アマニ油などと含まれる量に差はありません。そんな中で、えごま油が注目される理由は、現代社会が抱える「ストレス」を軽減してくれるという効果が期待できるからです。ストレスは、多くの病気の根本的な要因にもなり得ます。

 

その為、ストレス軽減に効果があるというのは、多くの人にとって嬉しい効果でしょう。そこで今回はえごま油の選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

編集部イチオシのおすすめの商品はこちら!

太田油脂

マルタえごまオイル

価格:714円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クセが少なくえごま油の味が苦手な方でも摂取しやすい

えごまオイルを作っている太田油脂は、日本で初めてえごまオイルを食用化しました。マルタのえごまオイルは、日本人に不足しがちなα‐リノレン酸を約60%と多く含んでいるので、ストレスを軽減し、健康的な毎日を過ごす為にもおすすめのえごま油です。

 

えごま油のイメージとして、そのまま食べるとクセや匂いが気になって食べにくいという方が多いと思います。しかし、マルタのえごまオイルはクセもなく、さっぱりとした味わいが特徴のオイルという事もあり、多くの料理に使う事が出来るという点も魅力です。

 

また、少量ずつ使いやすいようにキャップに工夫を施しているので、出過ぎるのを防いでくれます。匂いや味にクセがない分、ドレッシングやお味噌汁に入れたり、使い勝手が良いという点でも人気のえごま油です。

内容量180gα‐リノレン酸含有率60%
生産国中国

口コミを紹介

1年以上続けています。コレステロールや、体脂肪対策にも良いようです。毎朝サラダや納豆にかけて食べていますがおいしいですし、そのまま飲んでも大丈夫です。他のも使ったりしましたが、これが一番いいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

一度別のえごま油を購入したのですが、色や臭いから普通のごま油のようで、摂取しづらかったです。
こちらはそれこそ無味無臭で何にでも使いやすく、私は毎朝ヨーグルトにかけています。

出典:https://lohaco.jp

オリーブオイルや亜麻仁油は独特の味がありますが、こちらは全く癖がなく。サラっとしてるしそのままでも飲めます。コレステロール値を下げるために役立てば最高です。値段も安めなので助かります。

出典:https://lohaco.jp

えごま油の選び方

α-リノレン酸の含有量に注目

えごま油に含まれている「α-リノレン酸」の量は、商品によって含有量に違いがあります。クセが少ないえごま油でない限り、やはりドレッシングやお味噌汁に掛けて使うというのは難しいと感じる方も多いです。

 

その為、少量でも多くのα-リノレン酸を含む商品選びが大切です。えごま油は、あくまでも「油」に分類されるという事もあり、多量に摂取すれば体重の増加やコレステロール値の上昇など逆効果となってしまう場合もあります。

 

その為、少量でもより多くのα-リノレン酸を摂取できる目安として、含有量が60%以上あるものを意識して選ぶようにしましょう。

非加熱・低温圧搾で栄養を逃さない!

えごま油の抽出法には、大きく分けて2種類の方法があります。まず、「低温圧搾法」と言う方法です。低温圧搾法は、えごま種子を40℃で加温し、乾燥させてから圧力を掛けて搾油していく方法で、最もメジャーな抽出法になります。

 

低温でじっくり時間を掛けながら搾油していくという事もあり、加温する事で栄養素が逃げてしまう事を最小限に抑える事が可能です。そして、もう一つの方法は「非加熱搾油」です。非加熱搾油は、一切加熱せずに生のまま搾る為、新鮮なえごま油を抽出できます。

 

しかし、この方法は時間と手間暇が掛かるので、その分お値段もお高めなケースが多いのも特徴です。それでも新鮮が故に、栄養素を豊富に摂取できるという事もあり、原材料や新鮮さにこだわりたい方にはおすすめです。

こだわり派は国産が安心

えごま油の原料である「えごま」は、多くが原産国が外国産であるケースがほとんどです。また、市販の国産えごま油は、原料にこだわりを持った商品も多く、比較的コストが掛かってしまう場合もあります。

 

しかし、やはり国産のえごま油は、品質はもちろん栄養価も高いものが多いという事もあり、安心感があります。その為、品質にこだわりたい方は、国産のえごま油を試してみましょう。

酸化する前に使い切れるサイズを選ぼう

えごま油は、油の中でも酸化しやすいというのが難点です。多くのえごま油は、開封後1~2ヶ月で酸化してしまうので、その期間を目安に使い切るようにしましょう。油が酸化してしまうと、味や匂いが変わってしまうので、美味しく食べる事ができなくなってしまいます。

 

その為にも、1~2ヶ月で使い切れるサイズのものを選び、開封後には冷蔵庫での保管をおすすめします。1日スプーン1杯分を使う場合には、1ヶ月で150g程度の量のものを選ぶと使い切る事ができます。

味わいはさまざま。口コミを参考に選ぼう

えごま油をはじめ健康に良いとされている油の多くは、そのまま摂取する事が難しいケースも多くあります。その為、失敗を防ぐ為にも、口コミを参考にしてから味の好みや手軽に手に入りやすいメーカーのものを選ぶという事も大切です。

 

味にクセがないものはサラダに掛けたり、お味噌汁に掛けて食べるなど使い方の幅も広がるので、味わいについても口コミを参考にすると良いでしょう。実際に試した方の声を参考にして選ぶ事により、初めて試す方も選びやすくなりますよ。

低温圧搾のおすすめえごま油15選

第15位

KOMEGA

生えごま油

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

えごまの香りをダイレクトに感じられる

生えごま油は、100%韓国産無農薬栽培えごま種子を使用している為、油自体の色も濃く、えごま本来の香りを堪能する事ができるおすすめえごま油です。加熱されずに、じっくり時間を掛けて低温圧搾されているので、えごまの栄養素をそのまま感じられます。

 

しかし、えごまの主張が強い味わいという事もあり、料理に使うと味が変わってしまう可能性があるという点に注意が必要です。その為、辛い料理に使う事で、辛みを抑えてまろやかにしてくれるという事もあり、キムチやナムルなどの韓国料理におすすめです。

内容量110gα-リノレン酸含有率60%
生産国韓国

口コミを紹介

多々あるえごま油の中で優れた商品だと思います。毎晩スプーンひと匙飲むのですが翌日の肌の調子が良くなります。この習慣を他社えごま油でも二週間試してみましたが他社製品では同様の結果は現れませんでした。ですから一押しです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第14位

奥出雲中村ファーム

奥出雲産えごま油

価格:4,320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

数量が少ない希少なえごま油

奥出雲産えごま油は、島根県奥出雲町産のえごま種子を手作業で収穫し、低温圧搾法により抽出したえごま油の一番搾りだけをすぐに瓶詰めして作られている安心・安全なえごま油です。

 

低温圧縮で丁寧に作られているという事もあり、熱に弱くすぐに酸化してしまうので、加熱調理には向かないというのが注意点です。しかし、生で摂取する事により、日本人に不足しがちな食の不足を補ってくれる人気のえごま油です。

内容量145gα-リノレン酸含有率67.5%
生産国日本

口コミを紹介

体に良いと聞いたのでこちらを見つけて購入しました。
納豆に混ぜたり、冷奴にかけて食べています。
癖もなく体に良いとの事ですので、また購入したいと思います!

出典:https://review.rakuten.co.jp

第13位

天長食品工業

低温圧搾一番搾り えごま油

価格:2,849円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

香ばしいえごまの香りが特徴

自家栽培のえごまを収穫し、しっかり乾燥させてから時間を掛けて低温圧搾法で仕上げている鮮度抜群のえごま油です。原材料には、100%えごまの実を使用している為、きれいな黄金色をしているのが特徴です。

 

鮮度の良いえごま油は、加熱する事により成分が変化したり、香りに変化がみられる為、そのままサラダに掛けたりという使い方がおすすめです。また、そのまま使用する事により、えごま本来の香ばしさを感じられるので、そのまま飲むのもおすすめの使い方です。

内容量185gα-リノレン酸含有率62.2%
生産国中国

口コミを紹介

リノレン酸の含有量が多く含まれているようなので購入しました。パンにつけて食べていますが、他に何もつけなくても美味しくいただけて、満足しています。効果を楽しみにしています。

出典:https://review.rakuten.co.jp

第12位

エス・エス・ビー

えごま油

価格:929円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食べやすい味とサラッとした食感で使いやすい

えごま油の種を100%使用し、加熱をせずに低温圧搾する事により抽出したえごま油の一番搾りのみを瓶に閉じ込めたこだわりを感じられる逸品です。スーパーでも購入できるので、手軽に始めやすいというのもメリットです。

 

無農薬・保存料・無添加で作られているので、あらゆる副作用を排除して作られているという点も、安心感があります。その為、えごま油本来の味を楽しみたい方にはおすすめです。

内容量115gα-リノレン酸含有率60%以上
生産国

口コミを紹介

中性脂肪が気になり、料理にかけたりヨーグルトに混ぜたりして工夫してとりいれてます
納豆にかけるのは、お勧めできません。
長く続けないとダメだと思います。
しぼりたてだから、香りが独特です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第11位

えごま油

価格:1,760円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サラッとした飲み心地が魅力

サラッとした飲み口が特徴の朝日のえごま油は、一般的なえごま油に比べて飲みやすいのが特徴です。透明感のある黄金色のえごま油は、混じりっ気のない一番搾りだからこそ成せる色味です。

 

また、えごま油の匂いが苦手という方にも嬉しい、クセのないほぼ無味無臭なのも飲みやすいと言われる理由です。その為、朝日のえごま油を料理に使いやすいだけでなく、えごま油本来の味わいを楽しみたい方にも満足して頂ける商品です。

内容量170gα-リノレン酸含有率60%
生産国中国

口コミを紹介

以前デパートで買った中国産の荏胡麻油はちょっと癖があり香辛料を混ぜて使っても臭いが気になるものでしたが、この荏胡麻はスッキリしていてドレッシング用にお酢や香辛料、塩などでアレンジしてサラダなどにかけても美味しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第11位

飛騨えごま本舗

国産えごま油

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

注文を受けてから圧搾する新鮮さ

栽培から圧搾まですべて岐阜県の飛騨地方で行っており、注文を受けてから圧搾するという安心・安全なえごま油です。また、酸化防止の為に、遮光瓶を採用し、鮮度だけでなく長く楽しんで頂けるように工夫されている点も人気の理由です。

 

口当たりもあっさりなので、さっぱりとした飲み口も初めてえごま油を試すという方に使いやすいと評判です。食卓にそのまま出しておいても、おしゃれなボトルなのも嬉しいですよね。

 

 

内容量100gα-リノレン酸含有率60%
生産国日本

口コミを紹介

とっても気に入りました。私は納豆に!妻はサラダに!オイルなのにサッパリしてます。
1本を10日間で使い切りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第10位

庄内野の風ファーム(株)

かける えごま油

価格:5,508円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かける専用のえごま油

国産のえごま油を100%使用し、無農薬にこだわって作られた安心・安全なえごま油です。「食の都」としても有名な山形県庄内産で、かけて食べる事前提に作られているので、クセもなく食べやすいのが特徴です。

 

えごま油は加熱する事により、成分が変性してしまい思わぬ副作用を起こしてしまう可能性があるので、加熱せずに食べるのが正しい摂取方法です。その為にも、クセがなく食べやすいえごま油は、毎日継続して使用しやすいというメリットがあります。

内容量100gα-リノレン酸含有率60%以上
生産国日本

口コミを紹介

内容量も多くて、お得感がありました。 えごま油はクセがなく、スッキリしていていました。 小さじ1杯でいいので、続けられそうです。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

第9位

HANDS

一番搾り 有機えごま油

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有機認定されている安心・安全なえごま油

コレステロール0の一番搾り有機えごま油は、新鮮な一番搾りのえごま油のみを使用しているおすすめのえごま油です。有機JAS認定のえごま種子を中国で栽培した後、日本国内のJAS認定工場で充填されている安全にこだわった商品という点も人気の理由です。

 

やはり、えごま油は成分の変性を防ぐ為にも生で摂取するというのがおすすめです。その為、生のまま口にする事を考えると、安全に配慮された商品を購入したいという方も多いでしょう。そんな方にも納得して頂ける、安心感のある商品です。

内容量190gα-リノレン酸含有率60%以上
生産国中国

口コミを紹介

レビューに凄く臭いがきついなど書かれてあったので少し不安はありましたが気になったので購入しました。
私は全く臭いも気にならず凄く美味しいと思います。何より不味くても安心な商品が欲しかったので…買って正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

ためのぶストア

田子えごま油

価格:5,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなデザインでプレゼントにもおすすめ

青森県の田子町産のえごま油で、無農薬で栽培されたえごまを100%使用した100%国産のえごま油というのも特徴です。安全安心な原料を丁寧に低温圧搾して作られています。

 

また、パッケージもスタイリッシュなデザインなので、プレゼント用としてもおすすめです。3本まとめ買いできるパックもあるので、まとめ買いやプレゼントにも選びやすいというのもポイントです。

内容量115gα-リノレン酸含有率60%以上
生産国日本

口コミを紹介

サラサラして飲みやすいです。又無くなったら購入したいです。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

第7位

フラット・クラフト

えごま油

価格:1,098円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お得な大容量が嬉しい

えごま特有のクセや匂いが少ないので、お子様にも食べやすいと人気の高い商品です。また、搾油時に大豆油やなたね油で使用されるヘキサンを使用せずに、丁寧に搾っているのでえごま本来の味わいを損ないません。

 

また、コールドプレス製法で搾った食用グレードの油をさらに精製する事により、クセのない仕上がりになっています。ライトテイストなので、使い方の幅も広がり、えごま油の味や匂いが苦手という方にもおすすめです。

内容量360gα-リノレン酸含有率60%
生産国中国

口コミを紹介

加熱すると効果は絶対ないので、生野菜にかけて、ポン酢と合わせて食べてます!
少しゴマっぽい味してて、おいしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

Oliva-olea

EGOMA OIL

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すべて日本産にこだわったえごま油

大分県産のえごま種子を100%使用し、低温直圧製法による生絞りで製造されたおすすめえごま油です。すべての工程において日本産にこだわって作られているという事もあり、精油機においても山口県産のものを使う程、製造過程にもこだわっています。

 

また、ギフト用としても見劣りしないボトルと箱のデザインも人気の理由です。混じりっ気のない透明感のある黄金色の色味も、こだわりが感じられるポイントです。

内容量100gα-リノレン酸含有率60%
生産国日本

口コミを紹介

大さじ一杯飲んでみると、次の日から便通が快調に、
驚きでした。           
さっぱりしていてサラダにも合います。

出典:https://www.furusato-tax.jp

第5位

オーガライフプラス株式会社

えごま油

価格:3,680円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

土からこだわった安全製法のえごま油

農薬の使用履歴のない農場で作られたえごま種子だけを厳選し、安心・安全な製法で作らてたえごま油です。えごま種子をそのまま搾った生搾り製法で、無添加・無調整なのも特徴です。

 

じっくり時間を掛けて搾る事により、素材の雑味が出ないように仕上げています。その為、えごま本来の風味や味は損なわず、爽やかな香りとふんわりまろやかな味わいも特徴です。

内容量110gα-リノレン酸含有率55%以上
生産国日本

口コミを紹介

国産で無添加&低温圧搾のえごま油を探していてこちらを注文しました。
色もとても綺麗な黄金色で、パッケージもおしゃれ。
1滴ずつ出しても液だれしにくいのがすごく良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

ムソー

えごま油(低温圧搾)

価格:1,006円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

契約農家で栽培されたえごまだけを使っている

農薬不使用なだけでなく、契約農家で栽培された韓国産えごま種子だけを厳選して作られているおすすめのえごま油です。加熱せず、50℃以下で低温圧搾して作られているという事もあり、新鮮さを損なわずに摂取できる希少なえごま油でもあります。

 

保存料などの添加物は一切使用していないので、小さなお子様からお年寄りまで、幅広い方に安心して使って頂けるという点もおすすめのポイントです。クセもないので、あえ物やサラダにそのまま掛けて食べても、食べやすいと評判の商品です。

内容量165gα-リノレン酸含有率60%以上
生産国韓国

口コミを紹介

1か月で4kg痩せました

出典:https://www.yodobashi.com

第3位

COCONUTCURES INC.

黄金えごま油低温圧搾絞り

価格:2,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

香ばしい風味豊かな香りが特徴

オーガニック基準が厳しい韓国でもオーガニック認証を受けている、安心感のある品質が特徴のえごま油です。有機えごまの畑は、加工する工場のすぐ隣で栽培するなど、徹底した品質管理がそのままえごま油の風味や味に生かされています。

 

味自体はごま油に近い味わいなので、えごま油特有の匂いや味が苦手という方にも人気です。α-リノレン酸の含有率も高く、健康志向の方にも納得して頂けるおすすめのえごま油です。

内容量250mlα-リノレン酸含有率62%以上
生産国韓国

口コミを紹介

オーガニックだからか、クセがあるとレビューて知っても購入しましたが、やはり気になる。不味くはないですがパンにつけてならこの味もありかなと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

フュージョンマーケティング

えごま油

価格:3,600円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低温圧搾製法だから高純度のα-リノレン酸が摂取できる

低温圧搾製法で作られているという事もあり、高純度なα-リノレン酸が摂取できるおすすめのえごま油です。α-リノレン酸は、純度が高い程太りにくく、普段の食生活では補いきれない成分を摂取する事ができます。

 

また、フュージョンマーケティングのえごま油は、α-リノレン酸の含有率が高い点もおすすめのポイントです。純度が高いα-リノレン酸が効率的に摂取できるえごま油は貴重なので、健康志向の方にも人気の高い商品です。

内容量140gα-リノレン酸含有率61.7%
生産国韓国

口コミを紹介

匂いもなくさらっとしていて、使いやすかったです。
血流も良くなりました。
口の部分がもっと細くなってくれたら嬉しいです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

第1位

かつ農園

国産えごま油【静岡県産】

価格:6,470円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心感のある国産が嬉しい

一般的なえごま油の原料は、多くが中国産や韓国産なので、原産地にもこだわりたいという方にも人気の商品です。温暖な気候の静岡県で栽培されたえごま種子を、さらに厳選して選び抜かれたものだけを使っているので、徹底された環境と原料で安心です。

 

毎日3~5gの摂取を継続する事で、美容や健康にも一役買ってくれます。サラッとした飲み口という事もあり、そのまま飲んでもクセもなく、飲みやすいという口コミを多く見られます。

内容量110gα-リノレン酸含有率62%
生産国日本

口コミを紹介

えごま油は、ほとんどが中国産か韓国産が多い中、えごま栽培の過程や搾油の写真もあり、国産の安心を重視して購入させていただきました。
えごま油もサラッとした口当たりで、
キャップも問題なく開ける事ができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

低温圧搾のおすすめえごま油の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5228104の画像

    かつ農園

  • 2
    アイテムID:5228052の画像

    フュージョンマーケティング

  • 3
    アイテムID:5227853の画像

    COCONUTCURES INC.

  • 4
    アイテムID:5227822の画像

    ムソー

  • 5
    アイテムID:5227588の画像

    オーガライフプラス株式会社

  • 6
    アイテムID:5227563の画像

    Oliva-olea

  • 7
    アイテムID:5227552の画像

    フラット・クラフト

  • 8
    アイテムID:5227512の画像

    ためのぶストア

  • 9
    アイテムID:5227473の画像

    HANDS

  • 10
    アイテムID:5227427の画像

    庄内野の風ファーム(株)

  • 11
    アイテムID:5227373の画像

  • 12
    アイテムID:5227347の画像

    エス・エス・ビー

  • 13
    アイテムID:5227316の画像

    天長食品工業

  • 14
    アイテムID:5226477の画像

    奥出雲中村ファーム

  • 15
    アイテムID:5226440の画像

    KOMEGA

  • 商品名
  • 国産えごま油【静岡県産】
  • えごま油
  • 黄金えごま油低温圧搾絞り
  • えごま油(低温圧搾)
  • えごま油
  • EGOMA OIL
  • えごま油
  • 田子えごま油
  • 一番搾り 有機えごま油
  • かける えごま油
  • えごま油
  • えごま油
  • 低温圧搾一番搾り えごま油
  • 奥出雲産えごま油
  • 生えごま油
  • 特徴
  • 安心感のある国産が嬉しい
  • 低温圧搾製法だから高純度のα-リノレン酸が摂取できる
  • 香ばしい風味豊かな香りが特徴
  • 契約農家で栽培されたえごまだけを使っている
  • 土からこだわった安全製法のえごま油
  • すべて日本産にこだわったえごま油
  • お得な大容量が嬉しい
  • スタイリッシュなデザインでプレゼントにもおすすめ
  • 有機認定されている安心・安全なえごま油
  • かける専用のえごま油
  • サラッとした飲み心地が魅力
  • 食べやすい味とサラッとした食感で使いやすい
  • 香ばしいえごまの香りが特徴
  • 数量が少ない希少なえごま油
  • えごまの香りをダイレクトに感じられる
  • 価格
  • 6470円(税込)
  • 3600円(税込)
  • 2680円(税込)
  • 1006円(税込)
  • 3680円(税込)
  • 2900円(税込)
  • 1098円(税込)
  • 5940円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 5508円(税込)
  • 1760円(税込)
  • 929円(税込)
  • 2849円(税込)
  • 4320円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 内容量
  • 110g
  • 140g
  • 250ml
  • 165g
  • 110g
  • 100g
  • 360g
  • 115g
  • 190g
  • 100g
  • 170g
  • 115g
  • 185g
  • 145g
  • 110g
  • α-リノレン酸含有率
  • 62%
  • 61.7%
  • 62%以上
  • 60%以上
  • 55%以上
  • 60%
  • 60%
  • 60%以上
  • 60%以上
  • 60%以上
  • 60%
  • 60%以上
  • 62.2%
  • 67.5%
  • 60%
  • 生産国
  • 日本
  • 韓国
  • 韓国
  • 韓国
  • 日本
  • 日本
  • 中国
  • 日本
  • 中国
  • 日本
  • 中国
  • 中国
  • 日本
  • 韓国

国産のおすすめえごま油5選

第5位

十勝農(みのり)工房&コタニアグリ

国産 えごま油

価格:4,104円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北海道の大自然の中で無農薬栽培されたえごまを使用

北海道十勝で無農薬栽培されたえごまを使い、コールドプレス製法によりじっくり丁寧に搾り、ろ過された手間暇を掛けたおすすめえごま油です。爽やかな香りと風味が持ち味なので、えごま油の香りが苦手な方にも好評です。

 

ボトルもおしゃれで可愛いので、そのまま食卓に出しても見劣りしないというのもポイントです。置いておくだけでもテンションが上がる、と口コミでも定評を得ています。

内容量90gα-リノレン酸含有率44%以上
生産国日本

口コミを紹介

3年くらい続けて購入しています。美味しくいただいています。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

第4位

株式会社新生堂

国産えごまオイル

価格:5,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クセがなくさっぱりした味わいが特徴

マルタの国産えごま油は、こだわりの圧搾製法により丁寧に搾ったクセのない味わいが特徴のえごま油です。クセがなく食べる事ができるので、料理にそのまま掛けて食べるのはもちろん、ヨーグルトやサラダに掛けても食べやすいです。

 

ボトルタイプで軽量設計という事もあり、少量ずつ出せるというのも嬉しいポイントです。えごま油は体には良いですが、摂取のし過ぎは逆効果となってしまうので、少量ずつを意識して摂取する事も大切なポイントです。

内容量100gα-リノレン酸含有率
生産国日本

口コミを紹介

国産材料を使い老舗油屋が製造しているので品質は安心。またテーブルサイズのボトルは食卓において手軽に使用できるボトルスタイルで軽量も楽。毎日の摂りすぎも防止できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

ふるさと鬼無里

えごま油

価格:1,950円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昔ながらの伝統製法で作られた味

鬼無里は、昔からイノシシやクマよけとしてえごまを栽培してきました。その為、鬼無里には数多くのえごま畑が広がっており、今でもすべて手作業でえごま油を作っています。低温圧搾で作られているという事もあり、生食がおすすめです。

 

鬼無里ブランドのえごま油は、作物を守りながら人間の体内も守ってくれる強い味方として長年地元の方にも愛されています。保存料などの添加物を一切使用せずに作っているという事もあり、安心感があります。

内容量45gα-リノレン酸含有率
生産国日本

口コミを紹介

このえごま油は量を考えると高いと思いましたが、食べてみると本当に癖がなくてサラッとしていて食べやすい。
このえごま油と食べ比べてみると、他のえごま油が油臭く感じてしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

山口ごま本舗

えごま油(しそ油)

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほのかなシソの香りが爽やか

山口ごま本舗のえごま油は、シソがプラスされているので、ほのかにシソの香りが香る爽やかさが特徴です。クセがないという事もあり、飲み物に落として使ったり、サラダに掛けて食べても食べやすいです。

 

α-リノレン酸含有率も60%と高い含有率なので、継続して摂取する事で健康改善が期待できます。α-リノレン酸は、体内で作る事ができないので、継続して摂取すれば健康維持にも役立ってくれます。

内容量184gα-リノレン酸含有率60%
生産国日本

口コミを紹介

味噌汁などに入れて飲んでもクセがなくスムーズに飲めました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

有限会社鹿北製油

国産えごま油

価格:7,480円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アレルギーが気になる方にも安心のえごま油

鹿北精油の国産えごま油は「石臼式玉締め搾り」という昔ながらの製法で作られ、手漉き和紙でろ過するだけという機械を使わない伝統的製法を守っている安心感のあるえごま油です。

 

また、多くの会社では大豆油も一緒に作っているというケースが多いですが、鹿北精油では大豆油は作っていないという事もあり、大豆アレルギーの方も安心して食す事ができるでしょう。

 

添加物や化学薬品を一切使用していないという点も、家族皆が安心して摂取できるポイントです。特に、小さなお子様がいるご家庭やお年寄りの方には、添加物を使用せずに作っている国産のえごま油は安心感がありますよね。

内容量100gα-リノレン酸含有率
生産国日本

口コミを紹介

ゴマの風味が強くて これこそが無農薬で作られた油だと感じられるし美味でもある

出典:https://www.amazon.co.jp

国産のおすすめえごま油の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5229140の画像

    有限会社鹿北製油

  • 2
    アイテムID:5229096の画像

    山口ごま本舗

  • 3
    アイテムID:5229076の画像

    ふるさと鬼無里

  • 4
    アイテムID:5229051の画像

    株式会社新生堂

  • 5
    アイテムID:5229030の画像

    十勝農(みのり)工房&コタニアグリ

  • 商品名
  • 国産えごま油
  • えごま油(しそ油)
  • えごま油
  • 国産えごまオイル
  • 国産 えごま油
  • 特徴
  • アレルギーが気になる方にも安心のえごま油
  • ほのかなシソの香りが爽やか
  • 昔ながらの伝統製法で作られた味
  • クセがなくさっぱりした味わいが特徴
  • 北海道の大自然の中で無農薬栽培されたえごまを使用
  • 価格
  • 7480円(税込)
  • 2200円(税込)
  • 1950円(税込)
  • 5400円(税込)
  • 4104円(税込)
  • 内容量
  • 100g
  • 184g
  • 45g
  • 100g
  • 90g
  • α-リノレン酸含有率
  • 60%
  • 44%以上
  • 生産国
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本

摂りすぎ注意!えごま油の一日の目安量と副作用は?

えごま油の1日の摂取目安は小さじ1杯

えごま油の1日の摂取目安は、小さじ1杯程度です。小さじ1杯を超えて摂取し過ぎると、下痢をしたり思わぬ副作用を引き起こしてしまうので注意が必要です。思ったよりも少量というイメージを抱いた方も多いでしょう。

 

えごま油は、摂取量を増やせば効果が高まるというわけではないので、パンに付けて食べたり、サラダやお味噌汁に掛けて食べるなど工夫しながら摂取しましょう。

酸化したえごま油は動脈硬化や発がん性のリスクも

一度開封してしまったえごま油は、時間と共にどんどん酸化していきます。酸化が進んだえごま油は、時間と共に風味や味に変化が起きるだけでなく、動脈硬化や発がん性のリスクが起こる成分へと変化してしまうので注意が必要です。

 

また、摂取のし過ぎはコレステロール値が上昇してしまうなど、思わぬ副作用をもたらすので摂取目安をしっかり守るようにしましょう。正しく摂取する事で初めて、健康維持をサポートしてくれる食品なので、正しく使う事が大切です。

栄養を逃がさずおいしく食べる方法は?

えごま油は、正しい用量と使い方を守れば健康維持が期待できるおすすめの食品です。しかし、えごま油は生で食べる事でえごまの栄養素を損なわず食べる事ができますが、えごま本来の味や香りが苦手という方は、案外多いものです。

そこで、ここではえごま油の栄養を逃さずに美味しく食べる方法を紹介していくので、えごま油の栄養素を損なわずに美味しく食べる方法を参考になさってください。

シンプルな食材との組み合わせがおすすめ

卵かけご飯

卵ご飯は一見するとシンプルな料理ですが、えごま油をプラスする事でバランス良く必要な栄養素を効率よく摂取できるおすすめの組み合わせです。また、えごま油をプラスする事により、コクがプラスされてワンランク上の美味しさを堪能できます。

 

準備する食材も少なくて済むので、家族で食べるにもおすすめの食べ方です。特に、忙しい朝の時間帯にも時短で食事を済ませる事ができるので、忙しいお母さんの強い味方となってくれるでしょう。

えごま納豆

えごま油は、食物からしか摂取できないα-リノレン酸を効率的に摂取できますが、納豆も同じくタンパク質がもちろん、カルシウムや鉄分などの栄養素を効率的に摂取できるおすすめの食材です。

 

えごま油にはダイエット効果もあるので、食事制限をしている方でも栄養の偏りを防ぎながら体重を減らす事も期待できます。また、納豆自体も臭いがきつい食材という事もあり、えごま油の香りが苦手な方でも比較的、食べやすくなります。

そのまま飲むのもおすすめ

えごま油の香りや味が苦手ではない場合には、そのまま飲むという使い方もおすすめです。小さじ1杯程度を目安として摂取しなければならないという事もあり、そのままクイッと飲めるのであれば手軽に摂取できます。

 

また、えごま油は「油」なので、胃が空っぽの状態で摂取してしまうと下痢をしたり、腹痛を起こしてしまう副作用もあるので注意が必要です。その為、えごま油をそのまま摂取する場合には、食後に摂取する事を意識しましょう。

えごま油でもっと健康になろう!

今回は、健康維持におすすめのえごま油を低温圧搾で作られたものと国産のものとに分けて紹介してきましたが、いかがでしたか?えごま油は「油」に分類されるので、小さじ1杯程度を目安に摂取するのがおすすめです。

 

また、酸化したえごま油を摂取してしまうと、成分に変化が起こっている可能性があるので思わぬ副作用を起こしてしまうという事もあり、注意が必要です。しかし、正しい摂取法で用量を守って摂取すれば、嬉しい効果も期待できるのでぜひ健康の為に摂取しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ