記事ID140775のサムネイル画像

初心者向け!おすすめの万年筆ランキング20【プレゼントにも】

色の変化や書き心地を楽しめるのが万年筆の魅力。デジタル時代の現代にあえて文字や絵を書くのを楽しみたい人には万年筆がおすすめです。この記事では初心者のための万年筆の用途別選び方と初心者の人におすすめの万年筆を厳選してランキング形式でご紹介します。

理想の万年筆に出会う

大人になってたしなみとして万年筆を持ちたいと思ったことはありませんか?

実は「文字を書く」という行為には自律神経を整える癒やしの効果もあります。文字を書くための道具として万年筆に注目が集まっています。

 

でも、いざ万年筆を買おうにも何をどうえらべばよいか入り口から迷ってしまいますよね? そこで今回は【初心者の万年筆】の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

編集部イチオシの初心者向け万年筆はこちら!

パイロット

コクーン

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

万年筆初心者におすすめ

コクーンは手頃な価格で多彩な色展開をしている男女共におすすめできるパイロットの初心者向けの万年筆です。

 

廉価版の万年筆は軸がプラスチックが多いですが、コクーンは軸に金属製を採用していて程度な重さがあって筆圧をかけない万年筆の独特の書き方を身に着けやすくなっています。

 

初心者には硬めの書き味がおすすめである条件にもマッチしています。硬めではあっても滑らかな書き味も両立している上にデザインも良しで入門として誰にでもおすすめできる万年筆です。

口コミを紹介

初心者にも手を出しやすい価格と、デザインに惹かれ購入。
今ではなくてはならない生活のパートナーとなっており、いろんなインクを試して、充実した万年筆ライフを送っています。愛着がすごい・・・

出典:https://www.amazon.co.jp

ペン先はF。万年筆にしてはかなり細字で、ボールペン代わりに使えるレベル。
かなり硬めでカリカリした書き味で滑らかさは感じられないことには好みが分かれるかも。

でもインクフローは十分です。というかこれだけ細字で、この値段でインクがかすれないって何気にすごい。

出典:https://www.amazon.co.jp

人気の万年筆ということで、メモ書き用か手帳用にと追加購入してみました。
金属ボディーで、適度な重さがあり、kakunoと同じニブとはいえ、高級感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者のための万年筆の選び方

万年筆といってもメーカーもモデルも千差万別。その中から一本を選ぶのはとても大変です。こだわるポイントを絞って選択しましょう。

デザインで選ぶ

モノを自分で選ぶときに大切なのはデザインです。気に入ったデザインであれば多少の欠点もご愛嬌です。自分の直感を信じましょう。

好きな色で選ぶ

自分にとって好きな色で選ぶのは良い選択です。持っていて気分が上がる色、ラッキーカラーを取り入れるのも方法の一つです。多彩な色の万年筆があるので手頃な価格のシリーズものを全色揃える楽しみもあります。

 

使うシーンを考えてビジネスシーンで使うなら黒、紺を選ぶなどTPOも考えましょう。

しっくりくる素材で選ぶ

万年筆は持ってみてしっくりくる素材があります。樹脂製や木製、アルミ製など素材によって質感も重さもさまざまです。例えば自分にあった重心バランスも長い時間書いていても疲れにくい要素です。

 

重めが良いとか、触り心地が良いなど自分で持ってしっくりきた万年筆を選びましょう。

装飾が気に入ったモノを選ぶ 

万年筆にはさまざまな意匠が凝らされています。ペン先にイラストが描いてあったり模様があしらってあったりペン軸もインクの色が透けるスケルトンタイプや漆、蒔絵が施されたものなどがあります。気に入った装飾の万年筆がみつかったら候補にしてください。

ペン先(ニブ)の素材で選ぶ

万年筆といえば金のペン先(ニブ)をイメージしますが、金ばかりが万年筆のペン先というわけではありません。また、書くときに直接紙に触れる部分ですので書き心地を左右する重要な要素です。筆記感は好みの分かれるところです。必ず金ペンが推奨されるわけではありません。

 

ここでは代表的な2つのペン先をご紹介します。

 

万年筆ならではの書き味を楽しみたい人|金ペン

金ペンは金を素材としたペン先です。インクの腐食に強いことと柔らかく弾力を持たせやすいのが特徴です。ペン先が柔らかいと長時間書くときに疲労が少ないとされています。

 

万年筆のペン先には「18k」「14k」が採用されています。金の含有率が高いほどコストはあがり柔らかくなります。純金である24kは柔らかすぎるためペン先としては使われていません。

 

コストは高いですが長く使えるということと、金は柔らかい素材なので使えば使うほど自分の書き方でペン先の形が変わっていくのを楽しむことができることが大きなメリットです。

 

気をつけなくてはならないのは「14金仕上げ」「18金ゴールドプレート」などで鉄ペンに金メッキを施した金メッキペンなので金ペンを選ぶときに注意が必要です。

お手軽に万年筆を楽しみたい人|鉄ペン

鉄ペンはペン先の素材に鉄や鉄の合金(ステンレス)を使用したペン先です。 金に比べるとインクの腐食には強くはないですがコストパフォーマンスに優れています。

 

安いからといって品質が悪いわけではなくステンレス素材も進化しているのであえて鉄ペンを選ぶ人もいます。書き心地はボールペンに近いということと、手頃な価格で手に入ることから初心者の人におすすめです。

インクの補充方式で選ぶ

インクの補充タイプも大きく分けて2つあります。どちらにもメリットとデメリットがあります。使う用途によってインクの補充方式を選ぶと良いです。この他にも両方に対応する両用式もあります。

カートリッジ式

カートリッジ式とはカートリッジを交換することで万年筆のインクの補充をする方式です。カートリッジを交換するだけなのでインクの補充が簡単です。カートリッジさえ持っていれば出先でのインク切れにも対応可能です。

 

ボールペンの芯交換と同じ感覚で気軽に扱うことができるため初心者むけのモデルに多く採用されています。

 

 

コンバーター式(吸入式)

コンバーター式(吸入式)とは万年筆の軸にコンバーターという吸引器具をとりつけてインクの入ったボトルに万年筆のペン先をいれて吸い上げて補充する方式です。インクの補充に一手間かかります。慣れないうちは手やペン先をよごしてしまうこともあります。

 

インクの補充にはインクボトルが必要になるため出先でインクが切れたら補充が困難です。オフィスや書斎で使用するのに向きます。

 

そんなデメリットを補ってあまりあるのがインクの選択肢がたくさんあることです。例えば「黒」だけでもたくさんの種類があるので使ってみたいインクがあればコンバーター式か両用式を選びましょう。

カートリッジ・コンバーター両用式

カートリッジとコンバーター(吸入器)のどちらも使用できるタイプです。気軽に使えるカートリッジと、さまざまなインクを楽しめるコンバーター式の良いとこ取りですが、異なるインクを使用するときには注意が必要です。

使用用途でペン先のサイズ(太さ)を選ぶ

万年筆のペン先にはたくさんのサイズ(太さ)が展開されています。ペン先のサイズにはそれぞれ得意分野がありますので適材適所で使用用途によってペン先を選びましょう。

「極細」EF(エキストラファイン)|手帳用途

手帳などに小さい文字を書くことが多いなら「極細」 EF (エキストラファイン)を選びましょう。簿記用途や画数の多い漢字を書くときなども一本の線が細いので極細が推奨です。少し硬めの書き味です。

「細」F(ファイン)|ノートや手紙

一般的な大学ノートや手紙、便箋などのサイズにしっかり文字を書き込むならば「細」F(ファイン)が良いです。実務的なサイズといえます。繊細な文字をしっかり書くことができます。

「中字」M(ミディアム)|定番品 履歴書など公式文書

一般的な万年筆を楽しむのなら「中字」M(ミディアム)です。手紙の宛名や履歴書など公的な書類に最適です。比較的しっかり文字を書きたいときにおすすめです。中字や太などではインクの濃淡やなめらかな万年筆の書き心地を楽しめます。

「太」B(ブロード)|契約書にサインするとき

車を買ったり家を買ったり、会社で大きな取引にかかわったり重要な契約書をかわす機会のときには存在感のある字が書ける「太」B(ブロード)を選びましょう。 

「ミュージック」MS|本来は楽譜用

ミュージックは元々は音符を書くためのペン先です。縦の線は太く横の線は細くなるのが大きな特徴です。デザイン文字を書くときによく利用されます。人と被りたくない個性的な人には「ミュージック」MSです。

おすすめブランドから選ぶ

万年筆のルーツは古代エジプトですが、日本語を書くために使うなら国産ブランドがおすすめです。一般的に国産の万年筆は海外モノよりも同サイズでもペン先が細い傾向があります。漢字は画数が多いので細いペン先が漢字にはあっています。

パイロット万年筆

パイロットは100年以上の歴史を誇る総合文具メーカーです。「フリクションボール」 「Dr.グリップシリーズ」などのヒット商品を持っています。 万年筆の分野でも国内最大手で初心者向けの万年筆「カクノ」やぺン感覚で扱える「キャップレス」など初心者向けのシリーズが幅広く展開されています。

 パイロット万年筆のおすすめポイント

・こだわりとしてペン先を素材から自社で一貫生産している

・ペン先の種類が豊富 15種類

・安定した品質管理 品質にムラが少ない

・廉価モデルから高価格帯まで幅広いモデル展開でお気に入りを見つけられる

セーラー万年筆

セーラー万年筆は明治44年創業 国産初の14k金ペン万年筆を生み出した実績をもつ広島で生まれた職人集団のメーカーです。充実した万年筆のラインナップはもちろんインクも多彩な展開をしていて万年筆のさまざまな楽しみ方を教えてくれるメーカーです。

 

セーラー万年筆のおすすめポイント

・程よいインクフロー(インクの出方)

・万年筆のサイズ感が良い 大きすぎす長すぎず

・変わったペン先がたくさんあること 反り返ったペン先など(ふでDEまんねん)

・made in japanにこだわり

・国産で唯一21kのペン先も選択可能

・日本語を書くため縦書きしやすいペン先

プラチナ万年筆

プラチナ万年筆は100年の歴史を誇る老舗国産の万年筆メーカーです。 インクカートリッジを世界で初めて発売しました。インク乾燥の対策や素材の加工の技術力に強みを持っています。プラチナ万年筆には独自のスリップシール機構があり万年筆の弱点であるインク関係のトラブルが起きにくく初心者にはおすすめです。

プラチナ万年筆のおすすめポイント

  ・インクフロー(インクの出)が絞られているため画数の多い漢字でも滲みにくい

  ・とめ はらいなど美しい漢字を書きやすい

  ・インクの乾燥対策 スリップシール機構

 

パイロットのおすすめ万年筆おすすめランキング3選

第3位

パイロット

カヴァリエ

価格:3,773円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムな軸で女性に人気

カヴァリエは細身のペン軸で持ち歩きやすいスタイリッシュな一本です。光にあたると模様が浮き出てくるペン軸がとてもおしゃれです。やさしい色の展開とシンプルで細身なデザインで女性におすすめです。

ペン先特殊合金インク方式両用式

口コミを紹介

これは高級感に加えて、細いのに持ちやすく、何より滑りません。色も上品で個性的で、使い続けたくなるアイテムです。書き味はやや硬めですが、十分書きやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Pilot

プレラ 色彩逢い

価格:2,635円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鮮やかな色彩が目を引く万年筆 

プレラはスケルトンモデルをふくめてカラーバリエーションが豊富で、好きな色で選べる万年筆です。手頃な価格ながらコンバーターが付属していてさまざまなインクを楽しんでみたい初心者におすすめモデルです

ペン先特殊合金インク方式両用式

口コミを紹介

私の初めての万年筆で色々と探し悩みましたが、こちらのプレラ色彩逢いにして良かったです。とても使いやすく書きやすい!
買って良かったです。リピしたいなと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

パイロット

kakuno|カクノ

価格:760円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パイロットのエントリーモデル

ペン先のイラストがかわいいカクノは初めて持つ万年筆としてジュニア用に設計されていますがその書き味は大人でも十分満足できるクオリティーです。鉛筆と同じ六角形でころがり防止と正しい持ち方をガイドする役割を持たせるなど細かい配慮がなされている万年筆です。

ペン先特殊合金インク方式両用式

口コミを紹介

万年筆が好きで、過去に「うん万円」のモンブラン,、プラチナ(こちらは一万円くらいの安いやつ)、LAMYとか変遷を繰り返してましたが、税抜き千円のKAKUNOが一番書き味がいいのは何故か(笑) 使ってるモレスキンノートで裏抜けしないモンブランのPermanent Blueのインクとの相性も良く、最高です。ここまでくるのに大分無駄な投資をしてしまいました(笑)

出典:https://www.amazon.co.jp

パイロット万年筆の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5225993の画像

    パイロット

  • 2
    アイテムID:5225994の画像

    Pilot

  • 3
    アイテムID:5226001の画像

    パイロット

  • 商品名
  • kakuno|カクノ
  • プレラ 色彩逢い
  • カヴァリエ
  • 特徴
  • パイロットのエントリーモデル
  • 鮮やかな色彩が目を引く万年筆 
  • スリムな軸で女性に人気
  • 価格
  • 760円(税込)
  • 2635円(税込)
  • 3773円(税込)
  • ペン先
  • 特殊合金
  • 特殊合金
  • 特殊合金
  • インク方式
  • 両用式
  • 両用式
  • 両用式

セーラーのおすすめ万年筆おすすめランキング4選

第4位

セーラー SAILOR

レクル パワーストーン カラー ガーネット

価格:2,510円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーで気分が上がる

鮮やかなボディカラーが目を引くパワーストーンをイメージして作られた万年筆です。色に宝石ことばの意味を持たせていて「ローズクォーツ=愛 平和 美」など女性の気分を上げてくれる一本です。お守りとして持ち歩きたくなる万年筆です。

ペン先ステンレスインク方式両用式

口コミを紹介

見た目に惹かれて購入しました。
写真より実物の方がかわいいです。かなりキラキラ感があります。
見た目・書き味総合でこのお値段だとお買い得だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

セーラー万年筆

ふでDEまんねん

価格:729円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

筆文字も書ける

ふでDEまんねんは特殊なペン先で筆文字を書くことができる万年筆です。ペンを持つ角度によって線の太さを変えることができます。太字から細字まで一本でカバーできる万年筆です。慣れも必要ですがオンリーワンの魅力があります。

ペン先ステンレス(金メッキ)インク方式両用式

口コミを紹介

万年筆、太書き用として買いましたが、書いた感じは筆ペンです。しかも普通の筆ペンより書きやすい。普通の筆ペンで太字にしたり強弱を加えるとき、かなり押し付けて書く必要がありますがこれは本当に寝かすだけ。それでかなり細い線からかなり太い線まで描けます。一度使うと多少病みつきになる可能性もある面白いペンです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

セーラー万年筆

ハイエースネオ ブラック

価格:492円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムで普段遣いに最適

ハイエースネオ手に馴染みやすい細めのペン軸で普段使いに最適です。廉価モデルながらペン軸にはアルミと樹脂を採用。機能は本格派でインクの補充は両用式でさまざまなインクを楽しめます。最初の一本に最適な万年筆です。

ペン先ステンレスインク方式両用式

口コミを紹介

低価格帯の万年筆ではかなり良い書き味と思います。初めはカリカリ感が強くてこれはダメかと思ったのですが、安くてもきちんとした万年筆で、だんだんペン先がこなれて自分仕様に育っていきました。

数ヶ月すると高級な万年筆と遜色ない書き味に!!むしろ軸の細さと軽さによるまるで羽根のように軽い筆記感、潤沢なインクフローで、日常の使用には最適な一本になりました。気兼ねなくちょっと雑に扱ってもOKなので気楽でいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

セーラー万年筆

プロフィットジュニア スケルトン

価格:1,540円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スケルトンデザインにインクが映える

丸みを帯びたバランス型のデザインが特徴のプロフィットジュニアはセーラー万年筆の廉価モデルの一本です。基本的性能が高い上、スケルトンタイプはペン芯までもが透明であることが印象的。限定モデルなど多彩なモデル展開があり、選ぶ楽しみもある万年筆です。

ペン先ステンレスインク方式両用式

口コミを紹介

ちょっとカリカリした感じだったのでラッピングフィルムで研いで使いました

すべて透明にこだわっている感があっていいと思います

インク色がよく映えます

出典:https://www.amazon.co.jp

セーラー万年筆の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5226741の画像

    セーラー万年筆

  • 2
    アイテムID:5226712の画像

    セーラー万年筆

  • 3
    アイテムID:5226695の画像

    セーラー万年筆

  • 4
    アイテムID:5226683の画像

    セーラー SAILOR

  • 商品名
  • プロフィットジュニア スケルトン
  • ハイエースネオ ブラック
  • ふでDEまんねん
  • レクル パワーストーン カラー ガーネット
  • 特徴
  • スケルトンデザインにインクが映える
  • スリムで普段遣いに最適
  • 筆文字も書ける
  • カラーで気分が上がる
  • 価格
  • 1540円(税込)
  • 492円(税込)
  • 729円(税込)
  • 2510円(税込)
  • ペン先
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス(金メッキ)
  • ステンレス
  • インク方式
  • 両用式
  • 両用式
  • 両用式
  • 両用式

プラチナのおすすめ万年筆おすすめランキング3選

第3位

プラチナ万年筆

プロシオン

価格:3,606円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一等星のようにキラリと光る一本

上質な質感でビジネスシーンでの使用におすすめなのがプロシオンです。プラチナ万年筆ならではのスリップシール機構を採用。初心者向けの硬めのペン先でありながらしなりもあって線の強弱も楽しめる万年筆です。

ペン先ステンレスインク方式両用式

今回は細字(F)。線の太さはプレピーでいうと0.3程度です。
「おもしろいニプだ」という感想は聞いていましたが、本当にこれって鉄ペン先なの? と疑ってしまう滑らかさです。

そしてなんと言っても「インクが入れやすい!」。新しい吸口はとてもインクが入れやすいです。本当に手が汚れなくなりました。素人が言うのもなんですが、良いペンです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

プラチナ万年筆

プレジール

価格:707円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

これまでなかった1000円万年筆

スタイリッシュなアルミの軸が印象的なプレジール。ペン先はプレピーと同様なので書き味は少し硬めながら程よい重さで滑らかに書きやすい一本です。インクが乾きにくいスリップシール機構採用で普段遣いに気兼ねなく使える初心者向けの万年筆です。

ペン先ステンレスインク方式カートリッジ式

口コミを紹介

ペン先と首軸がpreppyと同じですが、こちらの方がボディが重いため、軽い筆圧で書けます。
スリップシールのキャップなので頻繁に使い続ける必要が無いのと、クラシックインク・ピグメントインクを使用可能なので、保存しておきたい記録を、紙を選ばす(裏抜けしない)、外に持ち運びもできる(耐水性がある)という点で便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

プラチナ万年筆

プレピー

価格:302円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界一売れている万年筆

お手軽価格で万年筆を楽しみたいなら最適なのはプレピーです。廉価版ながら使い捨てではなくでインクはカートリッジ交換で補充できます。インクの乾燥に強いスリップシール機構を採用しています。色展開が豊富で気軽にカラーインクを楽しむことができます。

ペン先ステンレスインク方式両用式

口コミを紹介

きれいな色が7色あり、手紙を書くときも使い分けています。軽くて持ちやすく、筆先も滑らかです。

出典:https://www.amazon.co.jp

プラチナ万年筆の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5225763の画像

    プラチナ万年筆

  • 2
    アイテムID:5225767の画像

    プラチナ万年筆

  • 3
    アイテムID:5225772の画像

    プラチナ万年筆

  • 商品名
  • プレピー
  • プレジール
  • プロシオン
  • 特徴
  • 世界一売れている万年筆
  • これまでなかった1000円万年筆
  • 一等星のようにキラリと光る一本
  • 価格
  • 302円(税込)
  • 707円(税込)
  • 3606円(税込)
  • ペン先
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • インク方式
  • 両用式
  • カートリッジ式
  • 両用式

金ペンのおすすめ万年筆おすすめランキング5選

第5位

プラチナ万年筆

美巧 14K レッド

価格:5,009円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実用的な金ペン

14kスタンダードはプラチナ万年筆の金ペンのエントリーモデルです。ペン先に14kを使用していてエントリーモデルながら金ペンの滑らかな書き心地を楽しめます。細めの軸と軽さも特徴で軽快な書き味を楽しむことができます。

ペン先14kインク方式両用式

口コミを紹介

装飾なく軽量かつ手軽なカートリッジ式というあたり、無駄を削ぎ落とした道具としての万年筆の到達点の一つであると言えるのではないでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

パイロットコーポレーション

キャップレス

価格:13,898円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノック式でロングセラー

キャップレスは1963年からのロングセラーモデル。パイロットの世界初のノック式万年筆です。キャップのあけしめがないためペン感覚で使用することができます。カジュアルなタイプから王道デザインまで展開しているので好みの一本を見つけることができます。

ペン先18kインク方式両用式

口コミを紹介

ノック式がこんなに便利とは思いませんでした。書き味も満足で、適度な重さもあり十分に満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

セーラー万年筆

プロムナード

価格:6,459円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

金ペンのエントリーモデル

セーラー万年筆の金ペンエントリーモデルはプロムナードです。どこに出しても恥ずかしくない王道デザインで仕上げも上々です。コンパクトサイズで持ち歩きしやすく、金ペンでありながらしっかりとした書き味ではあるものの鉄ペンとの違いははっきり感じられます。

 

ペン先がこなれてこれば書き味の変化も楽しむことができます。

ペン先14kインク方式両用式

口コミを紹介

手に取りやすい価格で金ニブを味わうことが出来ます。重量という面では不満がありますが、カジュアルに使える金ニブのペンとしては優秀だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

プラチナ萬年筆

#3776センチェリー ブラックインブラック

価格:6,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

気品ある万年筆

プラチナ万年筆の本格万年筆の定番モデルが#センチュリー3776です。存在感のある大型のペン先が特徴。インクが乾きにくいスリップシール機構を採用されています。金ペンの魅力を十分堪能できるモデルです。

ペン先14kインク方式両用式

口コミを紹介

初めて万年筆を購入しました。入門として最高だと思います。
字が上手いほうではありませんが、初心者でもなめらかな書き心地で書きながら気持ちを落ち着かせてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

PILOT

パイロット 万年筆 カスタム74 細字 ブラック FKKN-12SR-BF

価格:9,604円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

金ペンのベンチマーク

カスタム74はパイロット社創業74周年でつくられた記念モデル。

 

アクリル樹脂の仕上げがとても美しい万年筆です。多彩なモデル展開を誇るパイロット万年筆の中で本格派の定番モデルです。日本語の書きやすさに配慮されていて握りやすい太めの軸とどっしりとしたデザインが特徴的です。

 

ペン先は11種類展開されていて使用用途にあった字幅のペン先を選択可能。適度な重量バランスで長時間の筆記も疲れません。1万円程度でありながら金ペン特有のやわらかい書き心地を楽しめます。

ペン先14k インク方式両用式

口コミを紹介

万年筆は、14金のペン先で、適度にしなり、味のある字が書けます。
感動的に滑らかな書き心地で非常に満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

金ペンの万年筆の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5227112の画像

    PILOT

  • 2
    アイテムID:5227597の画像

    プラチナ萬年筆

  • 3
    アイテムID:5227625の画像

    セーラー万年筆

  • 4
    アイテムID:5227678の画像

    パイロットコーポレーション

  • 5
    アイテムID:5227782の画像

    プラチナ万年筆

  • 商品名
  • パイロット 万年筆 カスタム74 細字 ブラック FKKN-12SR-BF
  • #3776センチェリー ブラックインブラック
  • プロムナード
  • キャップレス
  • 美巧 14K レッド
  • 特徴
  • 金ペンのベンチマーク
  • 気品ある万年筆
  • 金ペンのエントリーモデル
  • ノック式でロングセラー
  • 実用的な金ペン
  • 価格
  • 9604円(税込)
  • 6900円(税込)
  • 6459円(税込)
  • 13898円(税込)
  • 5009円(税込)
  • ペン先
  • 14k
  • 14k
  • 14k
  • 18k
  • 14k
  • インク方式
  • 両用式
  • 両用式
  • 両用式
  • 両用式
  • 両用式

鉄ペンのおすすめ万年筆おすすめランキング5選

第5位

schneider

シュナイダー 万年筆 レイシリーズ

価格:1,771円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

普段使いに長く使える

レイシリーズはドイツの文具メーカー シュナイダーの万年筆です。人間工学に基づいた グリップしやすいデザインでひっかかりのないなめらかな書き心地も味わうこうがでます。 鉄ペンではありますが、しなりのあるペン先を実現しています。お手頃価格でやわらかいペン先の万年筆を使いたい人のおすすめです。

ペン先イリジウムインク方式両用式

口コミを紹介

同じ鉄ペンでも、国内ものよりも書き味が滑らかに感じます。
書き心地は非常にいいです。軸が太めなのも、持ちやすくていいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

TWSBI

ツイスビー 万年筆  エコ クリア

価格:5,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

近未来的デザイン

エコクリアは台湾の文具メーカー ツイスビーの万年筆です。インクは吸入方式で中身が透けるスケルトンタイプ、近未来的なデザインで男性向けの一本です。 限定色などもあるので自分だけの一本を探したい人におすすめです。

ペン先ステンレススチールインク方式尾栓回転吸入式

口コミを紹介

男性の万年筆としては握り心地も書き味も満点です。ペンの滑りは予想以上になめらかで、今後のメインテナンスのことを考えると、購入して良かったと思いました。
透明なのは、見た目は安っぽいと思う人もありそうですが、実用の面からはとても良いことだと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

schneider

Schneider シュナイダー Base ベース 万年筆

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キレイな字がかける万年筆

ベースはドイツ シュナイダー社が日本のために制作した万年筆です。ペンを握ってみるとわかりますが、指の当たる部分がラバーになっていて手が疲れにくい設計になっています。 海外製でありながら国産と同等の線の細さで漢字との相性も良いです。

ペン先イリジウムインク方式両用式

口コミを紹介

適度なインク量と最高に気持ちいい書き味こんなに快適な万年筆初めてです…。ペン先が硬いのですが、尖っていなくて、いろんな方向に自在に書けます!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

オート

オート 万年筆 プラウド

価格:1,650円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人の雰囲気の万年筆 

オートは国産の万年筆メーカー。プラウドはそのエントリーモデルでありながらお値段以上の書きやすさと質感で評価の高い一本です。お手軽価格ながらドイツシュミット社製のペン先を採用していてで万年筆の独特な書き心地を楽しむことができます。

ペン先スチールインク方式カートリッジ式

口コミを紹介

期待を裏切る良さがあります。ペン先が引っかかることなくヌラヌラ書けます。この価格帯のベストバイでは。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

LAMY

サファリ ホワイト

価格:2,192円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LAMY ラミーの定番モデル

ドイツ生まれのラミーの定番モデルがサファリです。そのポップなデザインとカラフルな色展開が魅力です。ペン軸はプラスチック製でくぼみがあり正しい持ち方をガイドしてくれます。おしゃれな初めての万年筆を探している人におすすめです。

ペン先スチールインク方式両用式

口コミを紹介

初めての万年筆として購入しました。インクがするすると出て筆圧もほぼいらず非常に物が書きやすいです。このカジュアルなデザインもとっつきやすさというか、普段使いとしていいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

鉄ペンの万年筆の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5227803の画像

    LAMY

  • 2
    アイテムID:5227862の画像

    オート

  • 3
    アイテムID:5227918の画像

    schneider

  • 4
    アイテムID:5227948の画像

    TWSBI

  • 5
    アイテムID:5228009の画像

    schneider

  • 商品名
  • サファリ ホワイト
  • オート 万年筆 プラウド
  • Schneider シュナイダー Base ベース 万年筆
  • ツイスビー 万年筆  エコ クリア
  • シュナイダー 万年筆 レイシリーズ
  • 特徴
  • LAMY ラミーの定番モデル
  • 大人の雰囲気の万年筆 
  • キレイな字がかける万年筆
  • 近未来的デザイン
  • 普段使いに長く使える
  • 価格
  • 2192円(税込)
  • 1650円(税込)
  • 2200円(税込)
  • 5400円(税込)
  • 1771円(税込)
  • ペン先
  • スチール
  • スチール
  • イリジウム
  • ステンレススチール
  • イリジウム
  • インク方式
  • 両用式
  • カートリッジ式
  • 両用式
  • 尾栓回転吸入式
  • 両用式

コンバーター式(吸入式)万年筆 インクの補充方法

step1 キャップを開けペン軸を外す

 ↓

step2 空のコンバーターをインク芯に取り付ける(メーカー純正品をつけること)

 ↓

step3 インク瓶に首軸まで入れる

 ↓(インク瓶の底にペン先が当たらないように )

step4 吸入ノブを右に回してインクを吸入する

 ↓(一回で吸い上げれなければペン先を浸けたまま2−3度繰り返す )

step5 インクが満タン補充できたら2.3滴インク瓶に戻す

 ↓

step6 インクを拭き取る

 ↓

step7 ペン軸を取り付けキャップをつける

初心者向け|万年筆のかんたんメンテナンス

万年筆の一番のお手入れ方法は使うことです。しかし以下のときにはお手入れが必要です。

 

 ・インクの出が悪い時

 ・インクを使い切ったとき

 ・インクを交換するとき

 ・しばらく使わないとき|しまって置くとき

 ・ひさしぶりに使うとき

 

万年筆のお手入れは水洗いが基本となります。インクの補充方式によって少し異なりますのでそれぞれのインク補充方式に分けてご説明します。両用式の場合はコンバーター式でお手入れします。

カートリッジ式万年筆のお手入れ

step1 ふたと軸を外す

 ↓

step2 カートリッジを引き抜いて外す

 ↓

step3 ペン先を水を入れたコップに入れる 一晩浸す

 ↓

step4 洗い流す  

 ↓

step5 水分を拭き取る

コンバーター式(吸入式)万年筆のお手入れ

step1 ふたと軸を外す

 ↓

step2 水を入れたコップにペン先を浸す

 ↓

step3 インクを吸い上げる要領で水を吸い上げる

 ↓

step4 水の出し入れをする  

 ↓

step5 コンバーターを取り外してキレイな水にペン先を一晩浸す

 ↓

step6 洗い流す

 ↓

step7 水分を拭き取る        

万年筆を長く使うために気をつけたいこと

キャップはキチンと締める

万年筆にとって一番のトラブルの元はインクの乾きです。そのために使わないときにはマメにキチンとキャップをしめることが大切です。どうしてもキャップが邪魔になってしまう人はキャップレスというキャップを必要としないモデルを選びましょう。

筆圧に気をつける

万年筆の一番大切でコストがかかっている部分がペン先です。筆圧が強いとペン先に強い力がかかって傷んでしまいます。大切な万年筆を長く愛用するために筆圧をかけすぎない持ち方と書き方をマスターしましょう。

キャップの扱いに注意

万年筆で意外に多いのがキャップのトラブルです。万年筆の開け締めで無理な力がかかったりキャップを落として破損してしまうこともあります。万年筆のキャップにはペン先の保護とインクの乾燥を防ぐ大切な役割があるのでペン先同様にキャップも大切に扱いましょう。

 

もし破損した場合はメーカーに相談してみましょう。

カートリッジとコンバーターはメーカー純正を推奨

好みの万年筆に好きなインクを組み合わすことができるのが万年筆の楽しみですが、カートリッジやコンバーターは対応する純正品のみ使用できます。パイロットの万年筆にはパイロット純正品のみ使用できます。

不適切な使い方で壊れた場合保証の対象から外れてしまうので注意が必要です。

お気に入り万年筆を見つけよう

いかがだったでしょうか。予算によっては金ペンを選ぶことも可能です。鉄ペンで安い価格で魅力的な万年筆はたくさんあります。 自分にあった万年筆は必ずみつかります。最初の一本はこの20選の中から選べば間違いなしです。初めての万年筆選びの参考にしてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ