記事ID140754のサムネイル画像

【ノスタルジアの魔術師】おすすめ恩田陸作品25選【直木賞作品も】

ノスタルジアの世界を堪能したいなら「ノスタルジアの魔術師」と呼ばれる直木賞作家・恩田陸作品はおすすめです。ミステリー・ホラー・青春と幅広いジャンルで、読者を魅了します。今回は、恩田陸作品の選び方やおすすめランキングを中心に、新刊や絵本なども紹介します。

恩田陸はノスタルジアの魔術師

直木賞と本屋大賞をダブル受賞していることでも有名な恩田陸。「ドミノ」や「蜂蜜と遠雷」などバラエティーに富んだジャンルを発表していながら、どの作品もノスタルジーへと誘う世界観が特徴的。いつの間にかどこか懐かしくも不思議な魅力にハマっていた、それが恩田陸の作品世界です。

 

実は「恩田陸」がペンネームであったことはご存知でしたでしょうか?恩田姉妹と会社員時代の先輩の名前から、パっと思い浮かびつけたということ。恩田陸の作品の浮遊感ある不思議な世界のように、男か女かわからない名前にしようと考えていたそうです。

 

そこで今回は恩田陸作品の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

編集部イチオシのおすすめ商品はこちら!

幻冬舎

蜜蜂と遠雷(上)

価格:788円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音楽界の寵児となることが約束されている芳ヶ江国際ピアノコンクール。自宅に楽器を持たない青年、天才としてもてはやされながらも母の死後、ピアノの弾けなくなった少女。さまざまな思いがぶつかり合うコンクールを描いた大傑作。

 

恩田陸でまずおすすめしたいのがこの「蜂蜜と遠雷」。エンタメ作品が受賞することの多い直木賞を受賞したことでも話題になりました。今までの恩田陸よりも軽い文体で読みやすく、疾走感のある読みごたえは、恩田陸を初めて読む方にもおすすめ。

 

恩田陸の作品をどれから読もうかまよったならば、今が話題の「蜂蜜と遠雷」から。上・下とありますが、読みやすいので読書を普段しない方にもおすすめですよ。

出版年月日2019/4/10ページ数331ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

娘がピアノを習っているために買ってあげたら、自分がはまってしまった!
ピアノを弾けないおやじなのに、音楽の世界観が頭の中で広がっていった。

出典:https://www.amazon.co.jp

音楽が全くわからない私ですが、まるで最初から音楽の知識があるような錯覚をした上で最後まで読むことができました。
これはすごい技術だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

瞬く間にストーリーに引き込まれ、文字通り寝る間を惜しんで読了。
冒頭、短編小説のように登場人物が紹介される。

出典:https://www.amazon.co.jp

恩田陸作品の選び方

まずは自分の好きな作品や、読書の頻度を参考に選ぶのがベター。恩田陸は不思議な世界観やノスタルジー色の強い作風が有名ですが、文体のクセが強いわけではないので、比較的読みやすい作家といえるでしょう。

好きなジャンルで選ぶ

好きなジャンルがあればそこから読むのがベスト。すでに他の作家の特定のジャンルを読んでいるとリンクすることもあり、さらに読みやすくなりますよ。

ミステリー系

恩田陸の代表ジャンルといえばミステリーといえるでしょう。恩田陸作品のどのジャンルにも共通して言えるのですが、謎めいた雰囲気が作品全体を覆っているので、特にミステリーとの相性がいいですね。

 

恩田陸作品のミステリーの特徴は、決定的な事件が発生してその謎を解く、というわけではないところ。謎めいた雰囲気や近未来の不穏な空気がミステリー色をより強めるといったのが恩田陸のミステリー作品の特徴です。

 

探偵が事件を解決するというタイプではないですが、そうでないからこそ恩田陸のミステリーはどっぷりとハマれる世界観が魅力的。

青春系

謎めいた雰囲気やさまざまなジャンルを発表している恩田陸のミステリーと対を成す代表ジャンルは意外にも青春。不穏な空気や謎めいた雰囲気も得意ですが、ノスタルジーへと誘う要素は誰もが経験した学生時代や幼少時代の郷愁が強いからでしょう。

 

地の文で読者を引っ張るというよりも、作中の登場人物の会話で青春を感じさせる作品が多いのが特徴的。ですので、他のジャンルよりも読みやすい作品が多いので、恩田陸作品を初めて読むという方にもおすすめです。

 

いわゆるスポコンや少年をテーマとした冒険、という青春とは違いますが誰の胸にも響く青春を感じたい方におすすめ。

ファンタジー・コメディ系

恩田陸の作品を一度は読んだことがあり、もっと恩田陸の世界観に浸りたいという方におすすめなのが、ファンタジー・コメディ作品。どこか浮遊感のある、幻想的な世界観をつぶさに描き出す恩田陸の作風は恩田陸好きにはたまりません。

 

コメディ作品もあることにはありますが、数は多くはありません。おなかを抱えて笑うというよりも、静かな可笑しみを楽しむといった作風が特徴的。

 

ミステリー・青春は恩田陸の代表ジャンルですが、代表ジャンルをすでに読んだ方やまた違う恩田陸の魅力を知りたい方におすすめです。

ホラー系

実はホラーにも定評のある恩田陸作品。どこか不透明で不穏な空気がホラーとマッチして、ホラー小説ファンも間違いなく楽しめるのが特徴的。お化け屋敷のように、驚愕の連続という作風ではありませんが、じっとりとした恐ろしさを体感できます。

 

恩田陸のホラー作品は、読破後にも残るホラー感がたまりません。もちろん読んでいる間も楽しめますが現実に繋がるようなうっすらとしたホラーの影が、まだ自分のすぐそこまで伸びているのではないか、という独特なホラーを楽しめます。

 

もともとホラー作品を好んで読んでいた方、恩田陸のホラー要素に惹かれた方におすすめです。

SF系

科学に基づいたハードSFとは異なりますが、藤子・F・不二雄でいうSF(少し不思議)のテイストが強いのが特徴的。それゆえに恩田陸の世界観にマッチしていますね。恩田陸のミステリー作品に通じるものもありますので、恩田陸のミステリー作品が好きな方におすすめ。

 

以外にもノスタルジーを彷彿とさせる要素が強い恩田陸作品のジャンルでもあります。SFと聞くとなにやら難しい専門用語ばかり出るのではないか、と思われる方もいるかとは思いますが、気にせず肩の力を抜いて読むことおすすめ。

 

小説よりも映画のSFが好きな方におすすめ。恩田陸の意外な作風を感じられるジャンルでもあります。

エンタメ系

恩田陸作品のエンタメ作品は少ないですが存在します。純文学風のテイストが強い恩田陸ですが、意外にもエンタメ作品が受賞する直木賞を受賞しています。恩田陸の引き出しの多さを感じさせますね。

 

本をあまり読まない方はエンタメ作品から入るといいでしょう。込み入った設定や、難しい文体ではないので、他の恩田陸作品よりも比較的、読みやすいのが特徴的。

 

恩田陸作品をまだ読んだことがない方、読書はあまりしていないかたにおすすめのジャンルです。

恩田陸作品の認知度で選ぶ

日本を代表する小説家である恩田陸。読んだことがなくとも、タイトルだけは知っているという方も多いはず。ドラマや映画化されていれば、読んだことがなくてもきっと興味が湧くはずです。

有名作品から選ぶ

もしまだ恩田陸作品を読んだことがないということであれば、有名作品から読むことをおすすめします。有名作品はテレビドラマや映画化されていたり、文学賞を受賞していることもあるので、なんとなくその作品の概要を知っていることもあり、比較的読みやすいはず。

 

有名作品は文体や作風が読みやすくなっている作品が多く、最後まで読み切れますので、読書をあまりしないかたや初めて恩田陸の作品を読むという方にもおすすめです。

 

これから恩田陸の作品を読み始めようというかたや、恩田陸の作品から読書を習慣づけようというかたにおすすめ。

知られていない作品を選ぶ

すでに恩田陸作品を読んだことがある方は、有名作品以外の作品を読むことをおすすめします。より恩田陸の作風が掘り下げられている作品が多く、濃厚な恩田陸の世界観に浸れるのが特徴的。

 

ページ数が多い作品や、すこしばかり難解な作品が多いですが、普段から本を読んでいる方であればそこまで難しい作品が多いというわけではありません。恩田陸の意外な一面を知ることのできる作品もありますので、有名作品でない作品の楽しさを知ることができますよ。

 

恩田陸作品をある程度読んだ方や、読書家におすすめ。

ページ数で読みやすい作品を選ぶ

最後にページ数の多さをチェック。普段からどの程度本を読んでいるかで判断したり、一日のうちどのくらい読書に時間を割けるかを考慮して選びましょう。

サクっと読むなら400ページ以下

短編・中編小説、あるいは400ページ以下の小説であれば、読書をあまりしない方でも最後まで読むことができます。特に試し読みをしたいというかたや、読書をまったくしていないというかたは短編小説を読むことをおすすめ。

 

もし短編や中編小説にも慣れ、読書が習慣になってきたのであれば400ページ以下の長編小説にトライしてもいいでしょう。また、通勤や通学のスキマ時間に少しずつ読むというかたにもおすすめです。

 

読書は少しずつ読むのが好きという方や、読書がまだ習慣ではない方におすすめ。

しっかりと読みたいなら500ページ以上

500ページ以上ともなると、長編小説の中でもかなり骨太な作品といえるでしょう。ある程度、読書をしていないと途中で挫折することもあります。ですので、本当に読み切ることができるのかを考慮に入れたうえでトライするのがベター。

 

500ページ以上の作品は一般的にその作家の特徴や作風がより濃密に表現されたものが多いので、恩田陸の世界観をさらに深く掘り下げたいかたにおすすめです。通勤・通学のスキマ時間ではなく、休日にたっぷり時間をとって読書するのがいいですね。

 

恩田陸の世界観が好きな方や、読書好きの方におすすめ。

本を置く場所がなければ電子書籍

タブレットやスマホで手軽に読みたい、本を置く場所がない、そんな方は電子書籍で読むことをおすすめどんなにページ数が多くてもタブレットやスマホの容量さえあればどこへでも、何冊でも持ち運び可能なのがうれしいところ。

 

好きなときにいつでも読めるというのは読書好きの方にとって見逃せないメリット。とりあえず購入して好きな時に読めるといった自由な時間の使い方もできるのも◎。

 

タブレットやスマホで小説や雑誌を読んでいる方、これ以上家に本を置くスペースがない方に電子書籍をおすすめします。

ミステリー系のおすすめ恩田陸作品6選

第6位

講談社

黄昏の百合の骨

価格:726円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃厚な恩田陸ワールドをミステリーで

百合の香りに包まれた洋館で、主人公・理瀬の祖母が転落死を遂げます。祖母の一見、不可解な遺言により、美しい叔母二人と出会うことになった理瀬。次々と起こる事件の中で理瀬は…

 

恩田陸の理瀬シリーズと呼ばれている作品群の一つ。すでに理瀬シリーズを読んだことがある方におすすめ。ミステリーとファンタジーな世界観がたまりません。

出版年月日2007/4/13ページ数416ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

ついつい引き込まれて一気に読んでしまいます。久しぶりのおもしろさでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

講談社

三月は深き紅の淵を

価格:734円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一つの本を巡るミステリー

趣味が読書という主人公の鮫島。たった一人に一晩だけ貸すことの許されている「三月は深き紅の淵を」をめぐるミステリー。

 

こちらの作品は恩田陸作品の理瀬シリーズの関連作となっています。もちろんこれだけを読んでも楽しめますのでご安心を。短編集となっていますので、試し読みにも最適。

出版年月日2001/7/13ページ数448ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

こちらを後で読んだためか、第4章が非常にわかりやすく感じました。中編をつなぐ一筋の流れが絶妙に織り込まれています。パズルを解くと言うよりも、糸を織り込んでいく小説だなぁと感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

講談社

麦の海に沈む果実

価格:785円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

理瀬シリーズ好きに

3月以外の転入生は破滅をもたらすと呼ばれる学園に、2月最後の日に通うことになった主人公の理瀬。迷い込んだ不思議な世界で展開する、恩田陸ワールド全開のミステリー。

 

こちらも主人公が理瀬である、「理瀬シリーズ」のひとつ。もちろんこれだけを読んでもいいのですが、シリーズを通して読むこともおすすめ。耽美な世界と摩訶不思議な世界観の中でうごめく謎が恩田陸らしさを強調しています。

出版年月日2004/1/15ページ数396ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

。彼女が他のもろもろの作品に登場するのは、ファンならご承知でしょうが、初めての人でもどきどきしながら読み急ぐほど楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

集英社

ネバーランド

価格:572円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

謎めくなかでも爽快な青春ミステリー

男子寮で居残りを言い渡された男子四人組。年越しをする中でさまざまな事件が起き、4人の中の秘密が明らかになっていくのですが…

 

恩田陸の不思議な世界、というよりもノスタルジー色が強いといえる青春ミステリー。ほかの作品群に比べてライトな文体なので、初めての方にもおすすめです。

出版年月日2000/7/25ページ数272ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

前にもどこかで書いているかもしれないが、彼女の作品を読むと幸せな学生生活を送った人だろうなあと楽しい気持ちになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

角川グループパブリッシング

ユージニア

価格:692円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

謎が謎を呼ぶミステリー

旧家で起きた大量毒殺殺人事件。数々の証言をもとに浮かび上がる犯人像。動機は、誰が、どうして、いくつもの謎が交錯する、創造力をフルに刺激するミステリー。

 

恩田陸のミステリー作品の中でも特に謎めいた雰囲気が強い傑作。もどかしさや、ハッキリした解決とはならないのですが、想像の果てに浮かび上がる自分なりの答えが持てる、すばらしいミステリーです。

出版年月日2008/8/25ページ数420ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

人物描写が巧みで、一人ひとりを多方面から観察する手法は読者を引きつけ推理をさらに深めさせる。犯人像は絞り込めるが動機が伝わらない。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

新潮社

六番目の小夜子

価格:605円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デビュー作×傑作

謎の転校生、津村沙世子。謎めいた雰囲気、そしてその美貌は瞬く間に彼女を有名にします。しかし、転校先の高校では何十年にも渡って受け継がれている奇妙なゲームがあり…

 

恩田陸のデビュー作にして傑作。テレビドラマ化されたこともあり認知度の高い作品となっています。ミステリー×ホラーの印象が強いですが、学園をテーマにしていることもあり、どことなくノスタルジーを感じる場面もあるのが特徴的。

出版年月日2001/2/1ページ数339ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

ドラマが面白くて、この本を買いました。
数回読み返ししているが、毎回、面白い。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミステリー系の恩田陸作品商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5230673の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:5230604の画像

    角川グループパブリッシング

  • 3
    アイテムID:5230589の画像

    集英社

  • 4
    アイテムID:5230580の画像

    講談社

  • 5
    アイテムID:5230564の画像

    講談社

  • 6
    アイテムID:5227846の画像

    講談社

  • 商品名
  • 六番目の小夜子
  • ユージニア
  • ネバーランド
  • 麦の海に沈む果実
  • 三月は深き紅の淵を
  • 黄昏の百合の骨
  • 特徴
  • デビュー作×傑作
  • 謎が謎を呼ぶミステリー
  • 謎めくなかでも爽快な青春ミステリー
  • 理瀬シリーズ好きに
  • 一つの本を巡るミステリー
  • 濃厚な恩田陸ワールドをミステリーで
  • 価格
  • 605円(税込)
  • 692円(税込)
  • 572円(税込)
  • 785円(税込)
  • 734円(税込)
  • 726円(税込)
  • 出版年月日
  • 2001/2/1
  • 2008/8/25
  • 2000/7/25
  • 2004/1/15
  • 2001/7/13
  • 2007/4/13
  • ページ数
  • 339ページ
  • 420ページ
  • 272ページ
  • 396ページ
  • 448ページ
  • 416ページ
  • 電子書籍
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり

青春系のおすすめ恩田陸作品5選

第5位

河出書房新社

ブラザー・サン シスター・ムーン

価格:300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爽快感のある青春小説

楽しい青春時代を分かち合った楡崎綾音・戸崎衛・箱崎一のザキザキトリオ。彼女らの美しく、笑いあった日々をアルバムをめくるように回想していく、さわやかな青春小説。

 

本書はタイトル以外の作品も収録されており、その中には大学時代の先輩との対談も挿入されていますので、ファン必見。恩田陸作品の中でも無垢な青春を描いた作品です。

出版年月日2012/5/8ページ数229ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

主人公3人の視点でそれぞれに大学時代を回想する。そして今いる居場所を確かめる。今はもう思い出すこともないが、実はあいつとの出会いって分岐点だったよな、なんてことありますよね。「あの頃って青春だったんだな」と気がつくことが...

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

集英社

蛇行する川のほとり

価格:616円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音をたてて崩れるあこがれ

美術部のあこがれ先輩から夏合宿に誘われた主人公の毬子。しかし、そんな胸の躍るような時間はつかの間、どこか謎めいた雰囲気のなかで、かつての幼少時代の記憶が思い返されるのですが…

 

純粋な青春小説というよりも、青春をベースとした恩田陸ワールドの強い作品。序盤のさわやかさから一転、クライマックスまでの引き込まれる描写は必見です。

出版年月日2010/6/25ページ数352ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

恩田陸さんの作品は複雑すぎてわからなくなる作品も多いけど、
これはきっちり回答も出してくれてすっきりと読み終えることができました。
オススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

集英社

蒲公英草紙 常野物語

価格:682円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

傑作感動青春小説

集落の名家・槙村家の聡子嬢の話し相手を務めるのは主人公である峰子。ある日、聡子の予言で、不思議な能力を持つ一族がやってくるというのですが…

 

切なくも読了後の爽快感が気持ちの良い感動青春小説。少年少女の世界観と感動のドラマのマッチが◎。

出版年月日2008/5/20ページ数280ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

この日記を書いた女性が時を越えて回想する、昔まだ自分が子供だった頃の話です。
子供の頃にあった切なくて、それでいて忘れることのない鮮明な記憶。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

角川書店(角川グループパブリッシング)

チョコレートコスモス

価格:880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

演劇の世界で身を焦がす少女たち

圧倒的なオーラ、華やかな美貌で天才の名をほしいままにする響子。大学でまだ演劇部に入ったばかりの少女・飛鳥。伝説のプロデューサーが仕掛ける奇妙なオーディションに挑む二人ですが…

 

演劇の世界に身を置く二人の戦いが青春を思わせる傑作。恩田陸の不思議な世界観は少し影を潜め、どちらかというと青春やノスタルジーの作風が強いのが特徴的。

出版年月日2011/6/23ページ数562ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

演劇の小説ですが演劇を全く知らなくても楽しめます。
登場人物に感情移入しやすく描写も丁寧なのですぐに物語に入り込めます。
そして恩田陸は天才を書くのが上手い。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

新潮社

夜のピクニック

価格:781円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ただいっしょに夜を歩いているだけで

全校生徒が夜通し歩き続ける学校行事「歩行祭」。ただ夜を親友や、すこし好きな人、時には嫌いなクラスメイトと歩き続けるだけなのに、ノスタルジーに強く訴えかける青春小説の決定版。吉川英治文学新人賞・短編を受賞した作品。

 

多部未華子主演で映画化したことでも有名な恩田陸の代表作。ただ夜を歩く、それだけなのに胸に強く響く青春の郷愁はたまりません。

出版年月日2006/9/7ページ数455ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

久しぶりに青春ど真ん中の小説を読みましたが、やはりいいものですね。なんとも甘酸っぱいような。何とも自分の心までリセットされたような気持ちです

出典:https://www.amazon.co.jp

青春系の恩田陸作品商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5231162の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:5231132の画像

    角川書店(角川グループパブリッシング)

  • 3
    アイテムID:5230757の画像

    集英社

  • 4
    アイテムID:5230741の画像

    集英社

  • 5
    アイテムID:5230711の画像

    河出書房新社

  • 商品名
  • 夜のピクニック
  • チョコレートコスモス
  • 蒲公英草紙 常野物語
  • 蛇行する川のほとり
  • ブラザー・サン シスター・ムーン
  • 特徴
  • ただいっしょに夜を歩いているだけで
  • 演劇の世界で身を焦がす少女たち
  • 傑作感動青春小説
  • 音をたてて崩れるあこがれ
  • 爽快感のある青春小説
  • 価格
  • 781円(税込)
  • 880円(税込)
  • 682円(税込)
  • 616円(税込)
  • 300円(税込)
  • 出版年月日
  • 2006/9/7
  • 2011/6/23
  • 2008/5/20
  • 2010/6/25
  • 2012/5/8
  • ページ数
  • 455ページ
  • 562ページ
  • 280ページ
  • 352ページ
  • 229ページ
  • 電子書籍
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり

ファンタジー・コメディ系のおすすめ恩田陸作品5選

第5位

新潮社

私と踊って

価格:693円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

恩田陸の引き出しの多さを感じさせる短編集

表題作は天才舞踏家・ビナ・バウシュをモチ-フにした作品。ホラーやSF、ミステリーにわたるまでさまざまなジャンルを横断した短編集ですが、全体には強くファンタジーの世界観が横たわっています。

 

19編の短編集なので、試し読みしたいかたにおすすめ。さまざまなジャンルがあるので、自分にあったジャンルを見極められるのが特徴的。恩田陸ワールドは強いですが読みやすい短編集です。

出版年月日2015/4/30ページ数321ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

作品によって書体や字組みを変えたり、著者自身も後書きで言っている
ように、ちょっと星新一風のSFぽいものがあったり、見た目も変えて
楽しませてくれる一冊。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

朝日新聞出版

ネクロポリス 上

価格:792円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

恩田陸ワールドへようこそ

舞台は英国と日本の文化が入り交ざりあった「V.ファー」のアナザーヒル。主人公のジュンは文化人類学のためにアナザーヒルを訪れますが、多くの人々は詩社との交流のためにアナザーヒルを訪れ…

 

恩田陸の中でも特に変わった世界観を楽しめるのが本書。現実離れしている分、より没入感の強い作風となっています。

出版年月日2009/1/9ページ数478ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

以前よんで、また読みたくなったので買いました。
世界観がおもしろいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

新潮社

ライオンハート

価格:825円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時空を超えて何度でも

17世紀のロンドンで、19世紀のシェルブール、20世紀のフロリダ。時空を超えて何度も深く愛し続けるファンタジー・ラブストーリー。

 

恩田陸では珍しい濃厚なラブストーリーを扱った作品。SFファンタジー的な世界観は健在で、恩田陸ファンも楽しめる作品となっています。

出版年月日2004/1/28ページ数397ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

なんか不思議だけど胸がきゅーんとする本だった。エリザベスとヘンリーね。なるほど、出会いはいつも…(内緒)変わった題だから、なかなか手にしなかった。早く読めばよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

講談社

七月に流れる花

価格:616円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

恩田陸の目から見た学園

中途半端な6月に転入してきた主人公・ミチル。友達ができないのではないかという思いに駆られる中、終業式にミチルはあるものをみてしまうのですが…

 

学園や少年少女が青洲を思わせますが強くファンタジー色を残す作品。本書をご覧になった方はぜひ「八月は冷たい城」もどうぞ。

出版年月日2018/9/20ページ数176ページ
電子書籍あり
第1位

集英社

光の帝国 常野物語

価格:544円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

恩田陸の淡く優しいファンタジー

不思議な力を秘めた常野一族。普通の人々のなかで暮らす彼らは一体どこからきて、何をするのか。彼らを巡る短編集。

 

恩田陸の作品でたびたび登場する常野一族をテーマにした短編集。現実離れした世界観なのに、どことない郷愁へと誘う作風は一見の価値アリ。

出版年月日2000/9/20ページ数288ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

基本理屈でなく「感じる」スタイルで、本当の優しさとは何か考えさせられた。

出典:https://www.amazon.co.jp

ファンタジー・コメディ系の恩田陸作品商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5231392の画像

    集英社

  • 2
    アイテムID:5231470の画像

    講談社

  • 3
    アイテムID:5231258の画像

    新潮社

  • 4
    アイテムID:5231237の画像

    朝日新聞出版

  • 5
    アイテムID:5231220の画像

    新潮社

  • 商品名
  • 光の帝国 常野物語
  • 七月に流れる花
  • ライオンハート
  • ネクロポリス 上
  • 私と踊って
  • 特徴
  • 恩田陸の淡く優しいファンタジー
  • 恩田陸の目から見た学園
  • 時空を超えて何度でも
  • 恩田陸ワールドへようこそ
  • 恩田陸の引き出しの多さを感じさせる短編集
  • 価格
  • 544円(税込)
  • 616円(税込)
  • 825円(税込)
  • 792円(税込)
  • 693円(税込)
  • 出版年月日
  • 2000/9/20
  • 2018/9/20
  • 2004/1/28
  • 2009/1/9
  • 2015/4/30
  • ページ数
  • 288ページ
  • 176ページ
  • 397ページ
  • 478ページ
  • 321ページ
  • 電子書籍
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり

ホラー系のおすすめ恩田陸作品4選

第4位

徳間書店

禁じられた楽園

価格:935円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

奈落へ突き落されるホラー

建築学部の主人公・平口は平々凡々な毎日を姉と過ごしていました。そんな時に同級生でカリスマ的な人気を誇る鳥山が現れ、普通の生活から一変していくのですが…

 

普通の学園生活から、異常な人物によって一変する落差を楽しめるホラー小説。グロテスクな描写ではなく、不気味さや底知れぬ恐怖が好きな方に。

出版年月日2020/3/6ページ数576ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

まさかの展開。
まさかのラスト。

恩田ワールド全開でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

新潮社

球形の季節

価格:649円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

奇妙なウワサが広がって…

四つの高校が隣り合わせになったある町では奇妙なうわさが広がっていました。その噂の真相を突き止めるべく、「地歴研」のメンバーは調査を始めるのですが…

 

学園モノを背景としながらモダンなホラーを楽しめる良作。ミステリーを得意とする恩田陸ですが、ラストのオチに期待するのではなく、ホラーの雰囲気に浸るのがおすすめ。

出版年月日1999/1/28ページ数341ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

この何とも言えない、読者に考えさせる余韻が恩田ワールドなのかな~と思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

双葉社

MAZE

価格:611円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人を惑わせる迷宮

一度足を踏み入れた人間は、もう戻ることはできないというアジアの果てにある白い建造物。その謎に取り掛かるべく立ち上がった主人公・神原恵弥はウィルスハンターなのですが…

 

恩田陸の人気シリーズであるウィルスハンター神原恵弥シリーズの第一作。ミステリーとホラーの下限がちょうどよく読みやすい文体が◎。

出版年月日2015/4/16ページ数264ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

第1位

集英社

エンド・ゲーム 常野物語

価格:792円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

常野シリーズ第三作

常に「あれ」と対峙していきた主人公の時子。常野一族と疎遠であった時子は母親が倒れたことをきっかけに連絡をするのですが…

 

常野シリーズの第三作。SFやファンタジー、バトルが入り混じりますが、テイストとしてはホラー。常野シリーズ好きにはたまらないすばらしい作品です。

出版年月日2009/5/20ページ数368ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

シリーズを通して私には重厚感、質量感のある面白い作品だった。まだまだ続くそうなので、これからも楽しみだ。

出典:https://www.amazon.co.jp

ホラー系の恩田陸作品商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5246704の画像

    集英社

  • 2
    アイテムID:5246690の画像

    双葉社

  • 3
    アイテムID:5246657の画像

    新潮社

  • 4
    アイテムID:5231573の画像

    徳間書店

  • 商品名
  • エンド・ゲーム 常野物語
  • MAZE
  • 球形の季節
  • 禁じられた楽園
  • 特徴
  • 常野シリーズ第三作
  • 人を惑わせる迷宮
  • 奇妙なウワサが広がって…
  • 奈落へ突き落されるホラー
  • 価格
  • 792円(税込)
  • 611円(税込)
  • 649円(税込)
  • 935円(税込)
  • 出版年月日
  • 2009/5/20
  • 2015/4/16
  • 1999/1/28
  • 2020/3/6
  • ページ数
  • 368ページ
  • 264ページ
  • 341ページ
  • 576ページ
  • 電子書籍
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり

SF系のおすすめ恩田陸作品3選

第3位

文藝春秋

夜の底は柔らかな幻 上

価格:682円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

近未来の設定がたまらない

舞台は架空の近未来、治外法権が横行する国、途鎖国。在色者とよばれる身分でありながら、警察官であることを隠している主人公の有元実邦は途鎖国に密入国する計画を立てるのですが…

 

「マトリックス」「ブレード・ランナー」が好きな方におすすめしたい作品。ハードSFではないですが、SFマニアも楽しめる良作です。

出版年月日2015/11/10ページ数398ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

恩田陸のSFものはどんな舞台設定だろうとドキドキしながら読むのが好きだ。
この作品も冒頭から惹きつけられた。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

早川書房

ロミオとロミオは永遠に

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

熾烈な競争に待つものとは

日本人のみが地球に残り、有害な化学物質の除去に従事する未来。その世界での出世レースに生き残る最良の方法は大東京学園の卒業総代になることでしたが…

 

恩田陸の郷愁、学園モノでの爽快さと残酷さ、さらにSFの世界観の見事な描写が秀逸な作品。本格SFでありながら、ライト層でも楽しめるすばらしい作品で酢。

出版年月日2002/11ページ数485ページ
電子書籍なし

口コミを紹介

恩田陸さんらしくないというか、恩田陸さんがこんな作品も書いていたんだというか、非常に異色の作品。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

幻冬舎

月の裏側

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

きみ、ほんとにニンゲン?

九州のある都市で起きた謎の失踪事件。ですが、失踪人はひょっこり戻ってきて一見普通に自分たちの暮らしをまたはじめるのですが、いずれの失踪人も記憶はなく…

 

いわゆる「ボディスナッチャー」モノではあるのですが、恩田陸の世界観がひねりを加え見事な作品に仕上がった傑作。ゾクゾクするホラー感と奇妙なSF感がたまりません。

出版年月日2002/8/1ページ数461ページ
電子書籍あり

SF系の恩田陸作品商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5246821の画像

    幻冬舎

  • 2
    アイテムID:5246795の画像

    早川書房

  • 3
    アイテムID:5246779の画像

    文藝春秋

  • 商品名
  • 月の裏側
  • ロミオとロミオは永遠に
  • 夜の底は柔らかな幻 上
  • 特徴
  • きみ、ほんとにニンゲン?
  • 熾烈な競争に待つものとは
  • 近未来の設定がたまらない
  • 価格
  • 713円(税込)
  • 円(税込)
  • 682円(税込)
  • 出版年月日
  • 2002/8/1
  • 2002/11
  • 2015/11/10
  • ページ数
  • 461ページ
  • 485ページ
  • 398ページ
  • 電子書籍
  • あり
  • なし
  • あり

エンタメ系のおすすめ恩田陸作品2選

第2位

幻冬舎

上と外

価格:50円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

密林でてんちゃわんやの大事態

両親の離婚で離ればなれになった家族が年に一度、アフリカのG国で夏休みを過ごします。しかし、突然のクーデターで予想もつかない事態になり…

 

息もつかせぬ怒涛の展開がノンストップで迫りくるエンタメ作品。恩田陸の今までの作品とは一味違う、エンタメ巨編をぜひ。

出版年月日2003/02ページ数510ページ
電子書籍なし

口コミを紹介

この小説の恩田陸らしさというのはちょっとわからないというくらい、新しいジャンルに挑戦した印象を受ける。しかもしっかり成功させているのがすごい。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

KADOKAWA

ドミノ

価格:704円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドミノのように続く笑いそして笑い

一億円の契約書を今か今かとまつオフィス、下剤を盛られながらもオーディションに挑む子役、どうしても待ち合わせに就くことのできない老人。彼らの運命が交錯するとき、とんでもないことが起こるのですが…

 

恩田陸の普段の作風とは毛色の違う、コメディ・エンタメ作品。まさにドミノのように怒涛の連続、そして抱腹絶倒。一度は読んでいただきたい傑作です。

出版年月日2004/1/23ページ数384ページ
電子書籍あり

口コミを紹介

濃いめの登場人物たちが多数登場し、勢いよく物語は展開していきます。
ジェットコースターのような読後感・・・。

出典:https://www.amazon.co.jp

エンタメ系の恩田陸作品商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5246924の画像

    KADOKAWA

  • 2
    アイテムID:5246875の画像

    幻冬舎

  • 商品名
  • ドミノ
  • 上と外
  • 特徴
  • ドミノのように続く笑いそして笑い
  • 密林でてんちゃわんやの大事態
  • 価格
  • 704円(税込)
  • 50円(税込)
  • 出版年月日
  • 2004/1/23
  • 2003/02
  • ページ数
  • 384ページ
  • 510ページ
  • 電子書籍
  • あり
  • なし

新刊をチェックしよう

絶えずベストセラーを発表する恩田陸。作品のクオリティーもバツグンで多作である恩田陸ですが、新刊である「土曜日は灰色の馬」も要チェック。こちら恩田陸のエッセイとなっているので、恩田陸の生のことばで恩田陸に迫った内容となっています。

 

ですので、今までに恩田陸の作品を読んだことがある方や、恩田陸ファンのかたにおすすめ。不思議な作風、ノスタルジーの郷愁といった彼女の作風がなぜ作られたのかを垣間見ることができます。

 

恩田陸ワールドの原点を知りたい方や、フィクションではなくエッセイを読みたいかたにおすすめです。

 

 

直木賞作家・恩田陸の絵本もチェック

実は恩田陸は絵本作品も発表していることをご存知でしょうか?奇妙な世界観と絵本とのマッチは言うことなし。大人も読める絵本として有名で、ゾクっとする怖い絵本が多いのが特徴的。

 

こどもでも理解できる内容なので、親子で読むことをおすすめします。小学生中学年前後であれば、怖い要素はありますが楽しめる内容となっています。

 

恩田陸ファンであれば絵本もぜひ読んでいただきたい、と強くおすすめできます。絵本の世界でも恩田陸ワールド全開ですよ。

恩田陸ワールドを体感しよう

恩田陸ワールドはノスタルジーと不思議な世界への橋渡し。直木賞と本屋大賞を受賞した日本を代表する作家の作品をこの機会にたっぷりと楽しむのはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ