記事ID140744のサムネイル画像

【その書き間違いはなかったことに】修正液のおすすめランキング15選

うっかり書き間違った、という時のリカバリーにおすすめの文房具と言えば修正液でしょう。修正テープが普及した現在でも、大切な書類はやはり修正液でという人も少なくありません。そこで、便利な修正液をタイプ別・用途別におすすめポイントと共にご紹介します。

一部分だけを直したいなら修正液におまかせ

一生懸命に描いた作品や、あれこれ頭を悩ませながら考えた文章であればあるほど、あと少しで完成という時に書き間違えてしまったり、滲んでしまった時の「しまった」という気持ちは強くなるものですよね。

 

一から書き直せるものならともかく時間がなかったり、他の用紙の都合がつかなかったりした時のお助けの神となるのは、修正液に他なりません。

 

そこで今回は修正液の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

編集部イチオシ修正液はこちら!

ぺんてる

ノック式修正ボールペン

価格:178円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

振らずに使えるノック式

片手でノックするだけで、すばやく使えて修正作業がスピーディに進められるノック式修正ペン。先端の直径は0.7mmと極細のため、修正しているところが目で確認しやすく、はみ出す心配もありません。

 

詰め替えリフィル式で、本体の下部分から修正液の残量を目視できるため、取り換え時の確認も簡単。キャップやふたはありませんが、クリップが上がるとペン先が戻るシステムが取り入れられているため、ペンケースの中などでの修正液の漏れも防止されています。

容量0.75ml使い方ペンタイプ

口コミをご紹介

文房具好きの知人に薦められたのがこのノック式修正ペンでした。
この細さなら手帳のペンホルダーに刺したまま持ち運べるしすぐに修正できるのが便利です。

出典:https://review.rakuten.co.jp

修正液の選び方

一般に販売されている修正液には大きく分けて、ペンタイプとボトルタイプがあります。それ以外の修正液選びのポイントも合わせてご紹介します。

消したいインクの種類で選ぶ

書き損じを修正する場合、もともとの文字を何で書いたかによって使用する修正液のタイプも分かれます。

油性インクで書いた文字を消す場合

油性マジックやペンなどで書かれた文字や線などをきれいに消したい時は、油性専用の修正液を使用しましょう。

 

後述する油性・水性両用でも消せないことはありませんが、油性の修正液の方がカバー力が高いものが多いので、特に濃い線やくっきりとした色インクを使用した文字などを消すには油性用がおすすめです。

油性・水性両方のインクで書いた文字を消す場合

水性インク専用の修正液は、現在、万年筆用の修正液以外にはほとんど市販されていません。そのため、水性インクで書いた文字や線を消したい時は、油性・水性両方に使えるタイプの修正液を使用するのが一般的です。

 

また使用した筆記具の確認が難しい時なども、とりあえず油性・水性両方に使える修正液での修正が無難です。

修正液の塗り方で選ぶ

修正液を修正したい文字や図に塗る方法には、大きく分けて刷毛で塗るタイプと、ペンでなぞるように塗るタイプの2つがあります。

刷毛で塗る

ボトルタイプに付属した刷毛で塗る方法は、広範囲をベタ塗りするように修正する場合に特に威力を発揮します。柔らかい素材で作られている刷毛は、重ね塗りしても紙の表面を傷めることも少なく、うっかり破れたりするリスクもほとんどありません。

 

一方で、うまく刷毛を扱えない場合などには必要以上に厚塗りになってしまうこともあり、結果として修正箇所が悪目立ちしてしまうことも。

 

また使用後の刷毛やキャップの拭き掃除をきちんとしておかないと、次回使用する際にキャップが開かない、刷毛が固まってしまっている、といったトラブルに見舞われることもあるので要注意です。

ペンタイプで塗る

先端チップ部分から修正液が出るペンタイプの修正液は、刷毛のように塗布部分が大きくなってしまうこともなく、修正液を塗る面積を必要最小限にしたい場合などに便利です。

 

ペン先が細ければ細いほど、修正している箇所を確認しながら塗ることができるため、うっかり他の場所にまで塗ってしまうといった心配もありません。

 

さらに内部加圧式やノック式の修正ペンの場合は、使用前にいちいち振る必要もなく、使いたい時にすぐ使えます

用途で選ぶ

修正液の目的はもちろん書き損じなどの修正ですが、中には修正対象の用紙に合わせたものや特殊用途向けの修正液もあります。

はがき・封筒の修正に使う

はがきなどの書き損じや、書類送付などに使う茶封筒の表書きの修正には気を遣うもの。少しでも目立たず修正したいのが本音ではないでしょうか。

 

そんな時に便利なのが、はがきや茶封筒の修正用に作られた修正液です。それぞれ官製はがきの地色や、茶封筒の色に修正液の色を寄せて作られているため、塗ったところが目立たずに済みます。

 

事務仕事や冠婚葬祭などでたくさんの手紙やはがきの送付を引き受ける必要がある際などは、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。

特殊用途用の修正液から選ぶ

修正液を広くとらえると、いわゆるホワイトと呼ばれる漫画などの画材用の修正液や、万年筆用などの修正液も仲間の1つと言えるでしょう。

 

こうした画材としての修正液は、従来の修正液よりも1個当たりの容量が多いため、使用頻度が低い場合は、全量を使い切る前に揮発してしまって使えなくなってしまうこともあるので、購入の際には使用計画を立ててからがおすすめです。

振らずに使えるノック式から選ぶ

ノック加圧式と呼ばれるペン型の修正液は、後端をノックすることで液を加圧して、ペン先へと送り出す仕組みとなっているため、使用前に修正液を攪拌するために振る必要がありません。

 

そのため使いたい時にすぐ使える速効性に優れており、出先での書類作成時などに携帯するのにおすすめです。

価格で選ぶ

様々な文具メーカーから発売されている修正液ですが、身近なところでは、セリアやダイソーといった100均ショップでも修正液を購入できます。

 

今回はご紹介できませんでしたが、セリアで販売されている修正リキッド&テープは、1本に修正テープとペンタイプの修正液がセットされた商品で、コスパが高いと評判を集めています。

 

また文具メーカーの修正液でもペンタイプには便利な詰め替え式タイプなどもあるので、自分の使用頻度を考えて、無駄にならずに使い切れるサイズの修正液を選ぶようにしましょう。

おすすめの油性インク用修正液3選

第3位

カズキ

カズキ 修正液ミスノン W-400

価格:295円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手頃な値段で使いやすい

油性マジックなどで記入した文字の書き間違い、それを修正したい時に便利な油性専用の修正液です。使い方はマニキュアの刷毛タイプとなっており、広い範囲の修正をしたい時などにおすすめ

 

べったりと厚塗りになってしまいそうな時などには、粘度を見ながら水で薄めて使えます。リーズナブルな値段なので、惜しみなく使えるのも高ポイントです。

容量20ml使い方刷毛タイプ

口コミをご紹介

安定の修正液。水で薄めて使える不思議な商品です。長くお世話になっております、なくなったら困るお品。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

コクヨ(KOKUYO)

修正液

価格:253円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水で薄めて使える

普通紙コピーや、油性マジックペン、油性ボールペンなどの文字の修正におすすめの刷毛タイプ修正液。しばらく使用していなかったせいで、伸びが悪くなった時などには、水で薄めて使うこともできます。

 

刷毛は平筆タイプの毛先となっているので、細かい部分の修正から比較的広く塗りつぶす形での修正まで対応可能です。

 

容量20ml使い方刷毛タイプ

口コミをご紹介

ペン式の修正液はワンタッチで便利ですが先端が乾燥し詰まってしまい、テープ式はメカが壊れやすく使用できなくなりこの方式に変更しました。使用中に段々乾燥し粘度が上がって来ますが「うすめ液」を補充することで長期間の使用が可能です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ライオン事務器

修正液

価格:312円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

速効性で早い書き直しが可能

マニキュアタイプのボトルと刷毛の組み合わせの修正液。速乾性のため、時間がない時の修正作業もスピーディに進めることができます。カバー力が高いため、下の図や文字が透けにくく、修正した箇所が悪目立ちするリスクも少なくて済みます。

 

付属の刷毛はしなやかでハリのある毛先で、細かい文字や箇所の修正から、広い範囲の修正まで使い方は自由自在。刷毛についた余分な修正液をボトルの口でしごくように落とすと、閉める際にキャップとボトルの間に付着して固まりやすいので、注意してください。

容量20ml使い方刷毛タイプ

口コミをご紹介

修正液はしばらく使わないと直ぐ固まるのですが、
ミスノンは、なかなか固まりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

おすすめの油性インク用修正液の比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5241535の画像

    ぺんてる

  • 1
    アイテムID:5240793の画像

    ライオン事務器

  • 2
    アイテムID:5241232の画像

    コクヨ(KOKUYO)

  • 3
    アイテムID:5241501の画像

    カズキ

  • 商品名
  • ノック式修正ボールペン
  • 修正液
  • 修正液
  • カズキ 修正液ミスノン W-400
  • 特徴
  • 振らずに使えるノック式
  • 速効性で早い書き直しが可能
  • 水で薄めて使える
  • 手頃な値段で使いやすい
  • 価格
  • 178円(税込)
  • 312円(税込)
  • 253円(税込)
  • 295円(税込)
  • 容量
  • 20ml
  • 20ml
  • 20ml
  • 使い方
  • 刷毛タイプ
  • 刷毛タイプ
  • 刷毛タイプ

おすすめの油性・水性両用修正液7選

第7位

ゼブラ(ZEBRA)

修正ペン

価格:190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

携帯しやすい修正ペン

1文字だけ、といったような細かな修正をしたい時に威力を発揮する修正液。ペン先部分は非常に細くなっており、修正したい箇所以外に修正液が付いてしまったり、周囲を汚してしまう心配もありません。

 

キャップ部分はクリップが付いているので、ペン立てのふちなどに立てかけておく時に便利。漫画などの画材としても使えます。

容量2.5g使い方ペンタイプ

口コミをご紹介

使い心地は不可無しです
ペン先がボールペンタイプなのが気に入りました

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

三菱鉛筆

修正液 ペンタイプ

価格:197円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用替え芯もある修正ペン

1回使い切りタイプが多い修正ペンの中では珍しい、専用替え芯があるノック式修正ペン「 ホワイティア」。持ちやすいペンタイプになっているので、書き損じの場所をなぞるように修正することも可能です。

 

さらにキャップには回転式クリップも付いているので、バインダーやノートに挟んで持ち歩くこともできます。軸の一部が透けるようになっているので、修正液の残量が一目でわかるのも高ポイントです。

容量使い方ペンタイプ

口コミをご紹介

以前使っていたノック式修正ペンは修正液の量が少し少なかったのですが、これは丁度いい量が出て使いやすいです。替芯もあるので長持ちしそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

ぺんてる

修正液

価格:330円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

先端部分の直径はわずか0.78mm

修正ペン本体が程よく柔らかいため、ギュッと押せば、修正液を出す量を自分でコントロールできる、便利な修正ペン。ペン先にはステンレス素材が採用されており、修正したいところをピンポイントで修正できます。

 

さらに、乾くと表面がなめらかになるので、上から再び細かな文字や線などを書きたい時にも、ぴったりです。

容量12ml使い方ペンタイプ

口コミをご紹介

この短さと太さがなんとも握り具合が良いし、持ちやすくもあります。
それに修正液が細い先端から適量、しっかり、かといって多すぎず
出るところが本当によくできた修正ペンだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

カウネット

修正液

価格:217円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

速乾タイプですぐ修正できる

先端部分の直径はわずか0.42mmと、まさに超極細と呼ぶのにふさわしい修正液。速乾タイプなので、修正してすぐに書き直したい時にもおすすめです。

 

修正テープでは目立ちすぎたりする場合も、ほとんど目立たずにスマートに修正できます。ボディ部分にある程度太さがあるのでしっかりと持ちやすく、使用中に先がブレて余計なところまで修正液が付いてしまう、といった失敗もありません。

容量4.2ml使い方ペンタイプ

口コミをご紹介

先端が超極細でほんの少し修正したい時に便利です。
直径約9cmでコンパクト持ち歩きや筆箱にも入れやすく
透明キャップにはポケットや手帳にも差し込めるようになっています。

出典:https://review.rakuten.co.jp

第3位

コクヨ

修正ペン

価格:235円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

線引き修正などにぴったり

ボディ部分をいちいち押さなくても液が出て修正できる、スーパーキャップ加圧方式を採用した修正ペン。先端はボールペン用チップと同じものが使用されているので、ボールペンを使う感覚で使えます。

 

特に細かい文字などの修正や、定規を使いながらの線引き修正には威力を発揮。水性・油性共用タイプでオフィスで扱うほとんどの書類の修正におすすめ。約150m分とたっぷり容量なのも高ポイントです。

容量使い方ペンタイプ

口コミをご紹介

コレ、とってもオススメです。10年以上愛用しています。
職場で色んなメーカーの修正液を試しましたがこれがダントツで最高に良かったです。ちょうどいい量の液が出る、早く乾く、ペン先が詰まらないのでストレスがありません。

出典:https://review.rakuten.co.jp

第2位

ぺんてる

修正ペン

価格:180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

先端芯径はわずか0.78mm

極細ステンレスパイプを採用し、細かな文字の修正に便利な、持ちやすく使いやすいペン型修正液。油性インキ、水性インキ両用タイプなので、コピー紙から文字を1つだけ、あるいは数字を1つだけ消すような時にも便利です。

 

キャップや軸には再生材を使用し、環境にも優しい製品。7mlとペンタイプとしては容量が多く、使い勝手の面でも高スペックです。

 

 

容量7ml使い方ペンタイプ

今まで修正テープを使っていましたが、小さな文字を消そうとすると、まわりの文字も消えてしまい、どうにかしようとぐちゃぐちゃ。これを買ってからは、それがなくなりとても満足しています。ノートにかけられる。乾くのも早い。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ぺんてる

修正液

価格:355円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1983年発売のロングセラー

それまで刷毛タイプばかりだった修正液を、より簡単に使えるようにと開発された修正液。発売から35年以上のロングセラー商品であり、修正液といえばこの独特のフォルムのボトルが思い浮かぶという人も多いのでは。

 

ペン先内部にある独自の弁構造により、紙に押し付けるだけで修正液が出てくる仕様となっており、使用後のペン先の拭き取り作業も簡単です。また、同じぺんてるからは、先端の芯の直径が0.78mmの極細タイプが白色ボディで販売されています。

 

青と白で見分けやすくなっているので、デスクの上に並べておくのにもおすすめです。

容量18ml使い方ペンタイプ

口コミをご紹介

色々な新商品が出て、いちおう使ってみましたが、この商品以上は、ありません。
乾くの待つ手間は、かかりますが、これでないとダメです。
どの筆記用具でも、ストレスなく消せます。

出典:https://www.amazon.co.jp

おすすめの油性・水性両用修正液の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5241207の画像

    ぺんてる

  • 2
    アイテムID:5241245の画像

    ぺんてる

  • 3
    アイテムID:5241435の画像

    コクヨ

  • 4
    アイテムID:5241191の画像

    カウネット

  • 5
    アイテムID:5241561の画像

    ぺんてる

  • 6
    アイテムID:5241345の画像

    三菱鉛筆

  • 7
    アイテムID:5241362の画像

    ゼブラ(ZEBRA)

  • 商品名
  • 修正液
  • 修正ペン
  • 修正ペン
  • 修正液
  • 修正液
  • 修正液 ペンタイプ
  • 修正ペン
  • 特徴
  • 1983年発売のロングセラー
  • 先端芯径はわずか0.78mm
  • 線引き修正などにぴったり
  • 速乾タイプですぐ修正できる
  • 先端部分の直径はわずか0.78mm
  • 専用替え芯もある修正ペン
  • 携帯しやすい修正ペン
  • 価格
  • 355円(税込)
  • 180円(税込)
  • 235円(税込)
  • 217円(税込)
  • 330円(税込)
  • 197円(税込)
  • 190円(税込)
  • 容量
  • 18ml
  • 7ml
  • 4.2ml
  • 12ml
  • 2.5g
  • 使い方
  • ペンタイプ
  • ペンタイプ
  • ペンタイプ
  • ペンタイプ
  • ペンタイプ
  • ペンタイプ
  • ペンタイプ

おすすめのはがき・封筒用修正液3選

第3位

セーラー万年筆

修正字消しペン

価格:226円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

茶封筒だけでなくクラフト紙にもおすすめ

修正液の色自体を茶封筒の色味に合わせてあるので、白浮きせずに修正できるのが嬉しい専用修正ペン。A4サイズなど大きなものの発送に茶封筒をよく使用するという場合は、ぜひ常備しておきたい1本です。

 

特に最近ではエコの観点から、再生クラフト紙を使用したノートやはがきなどが無印良品などを始めとするメーカーから発売されているので、そちらの修正にも使えて便利。スクラップブッキングの台紙がクラフト紙の時にも、おすすめです。

 

 

容量使い方ペンタイプ

口コミをご紹介

写真アルバムの用紙がクラフト紙だったので、コメントを間違えた時に使いたくて購入しました。クラフト紙よりも明るめのベージュなので少し目立つのが残念ですが、ホワイトよりはまだ良いので使っています…笑

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

セーラー万年筆

修正字消しペン

価格:521円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約100m分も修正できる修正ペン

先端部分にステンレスチップを使用し、よりなめらかに修正液を塗ることができる工夫が施されたペンタイプの修正液。

 

修正液の色は官製はがきの色に合わせてあるので、色浮きする心配もありません。出にくいなと思う時は、ペン自体をよく振った後に空気抜きをすれば、かすれることなく修正液を出すことができます。

 

容量はたっぷり100m分なので、職場などに1本常備しておくと安心です。

容量使い方ペンタイプ

口コミをご紹介

懸賞にハガキを送るのですが、書き間違えが多く何とかならないかと藁にもすがる思いで購入しましたが、どこを修正したのか分からない程綺麗に修正できます。書き間違えが多いという方オススメです!

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ぺんてる

ペン修正液

価格:551円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

はがきの地の色に合わせた修正液

ペン先の先端芯径が約1mmと他のペンタイプの修正液よりも若干太くなっている、はがき用の修正液。修正液の色は、官製はがきの地の色に合わせてあるので、修正箇所が悪目立ちすることもありません

 

修正液の量は本体をプッシュすることで調整できるため、使用中に指先や周囲を汚してしまう心配もなし。油性水性インキ両用タイプなので、筆記具を選ばず使えます。またペンタイプなので、携帯する際も便利です。

容量使い方ペンタイプ

口コミをご紹介

官製はがきはめっきり出番が減りましたが、最近また増えてきたクリーム色の紙用に活躍中。お陰でライフノートやセブン&アイ限定のロジカル、エトランジェなどが遠慮なく使えるようになりました。白だとどうしても目立ってしまうので…。

出典:https://www.amazon.co.jp

おすすめのはがき・封筒用修正液の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5241157の画像

    ぺんてる

  • 2
    アイテムID:5241146の画像

    セーラー万年筆

  • 3
    アイテムID:5241569の画像

    セーラー万年筆

  • 商品名
  • ペン修正液
  • 修正字消しペン
  • 修正字消しペン
  • 特徴
  • はがきの地の色に合わせた修正液
  • 約100m分も修正できる修正ペン
  • 茶封筒だけでなくクラフト紙にもおすすめ
  • 価格
  • 551円(税込)
  • 521円(税込)
  • 226円(税込)
  • 容量
  • 使い方
  • ペンタイプ
  • ペンタイプ
  • ペンタイプ

特殊用途の修正液2選

LAMY

万年筆修正ペン

価格:330円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水性のブルーインク修正専用

万年筆で書いた文字を修正したい時は、専用の修正液を使用するという人も少なくありません。従来からあるインキ消しを使うという手もありますが、携帯できないのが難点でした。

 

そういった悩みを解消してくれるのが、ドイツの文房具メーカーから発売されている、こちらのペンタイプの修正液。片方で書き間違い箇所を消し、もう一方で書き直すようになっています。

 

気を付けたいのは水性のブルーインクのみに対応しているということ。ブルーブラックなどのインクの場合は、思ったほど消したい文字が消えないことがあるので、注意してください。

容量使い方ペンタイプ

口コミをご紹介

ペリカンのスーパーシェリフがなかなか売っていない(あっても送料が高い)
と思ってた矢先、大好きなラミーから修正ペンが出たので即効買いました。
ラミーとペリカンのブルーしか試していませんが面白いほどインクを消すことができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミをご紹介

ドクターマーチン

ペンホワイト

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロの漫画家にも愛好家が多い

非常に伸びが良く、下の絵や文字が透けてしまうといった失敗も少ない修正液。乾いた時にポロポロと塗布面が剥がれ落ちることも少ないため、ポスターや掲示物などの修正にも適しています。

 

マニキュアタイプの瓶と刷毛仕様になっていますが、キャップ部分が若干細くなっているので、使用後はきちんと汚れを拭きとっておくことが必須。修正液が飛び散ったままでキャップを閉めてしまうと、非常に開けにくくなってしまうので要注意です。

容量29.5ml使い方刷毛タイプ

口コミをご紹介

漫画原稿に使用。ミスノンでは消えない筆ペンが消せる。そしてポスカのように水で溶く必要がなく便利。ペンにつけて細かい描写もできてとても重宝する。

出典:https://www.amazon.co.jp

修正液と使い分けたい修正テープ

おすすめの修正テープ10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

修正液が固まって出ない時の対処法

修正液を使う際の困りごととして一番に挙げられるのが、「いざ使おうと思った時に修正液が出ない」ということが挙げられます。

 

特に開封した直後に使用した後、放置してしまっていた修正液をしばらくぶりに使おうとなった際に、出なくなってしまったという人が多いのですが、こうしたトラブルは保管の際の一工夫である程度防ぐことができます。

 

まず最も肝心なのは修正液の使用後すぐにペン先をきれいに拭いておくことと、保管時はペン先を上向きにしておくことです。ペンケースに入れたままで保管しておくと、うっかりカバンの中で上下が逆になっていることもあるので注意しましょう。

 

ハケタイプの場合は、修正液自体はうすめ液などで再生できる場合もあるのですが、そもそもボトルキャップが固まってしまって開かない、ということがありますので、使用後はキャップの内外の汚れをティッシュや綿棒できちんと拭き取っておきましょう。

修正液が服や手についてしまった時の対処法

刷毛タイプの修正液をうっかり手につけてしまったり、洋服にこぼしてしまったということはありませんか。便利な修正液も、使い方を誤るとそれ自体がやっかいな汚れになってしまうことがあります。

手や顔に付いてしまった時

修正液を使う際にきちんとキャップを閉めないまま振ったりすると、手や顔に修正液が飛び散ってしまうことがあります。油性、水性・油性両用を問わず、まずはぬるま湯で洗いましょう。

 

爪を立てて、こそげとるようにして汚れをとろうとする人もいますが、皮膚を傷めることもあるので、身体洗い用のスポンジかボディタオルの使用がおすすめ。一度に全て落とし切ろうとせず、ゆっくりと丁寧に洗いましょう。

 

万が一にも修正液が目に入ってしまった時には、すぐさま流水で洗眼し、すみやかに眼科医の診察を受けて下さい。

洋服に付けてしまった時

うっかり洋服に付けてしまった時、慌てて水に浸けたり、ゴシゴシとこすってしまうとかえって被害が広がってしまうことがあります。

 

まずはこぼした場所に水たまりがでるほどであれば、吸い取れる分だけをティッシュなどでそっと吸い上げるようにして拭き取り、そのまま乾燥させましょう。十分に乾いたら、手でもむようにして修正液を落としてください。

 

その後、変色や落としきれなかった修正液がある場合は、染み抜き専門のクリーニング店などに相談してみて下さい。絹やリネン、ウールといった天然素材の場合は特に、素人判断をすると取り換えしのつかないことがあるので、注意しましょう。

修正液を上手に使いこなそう

今回は、修正液のおすすめ商品をランキング形式でご紹介させていただきました。修正液は、価格や消したいインクの種類、修正液の使い方によって選ぶことが重要です。今回ご紹介したおすすめの修正液のの中から、ご自分に合った修正液を選んで活用してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ