テープのりのおすすめ人気ランキング20選【使い心地とコスパが決め手】

ちょっとしたものを貼る時に便利なテープのり。従来ののりと違い、手を汚すこともなく、シワなく貼れるというメリットも。そこで今回はおすすめのテープのりの中から、特に人気のテープのりをおすすめポイント別にランキング形式でご紹介します。

手を汚さずにきちんと貼れるテープのり

書類の貼付や手紙などの封をする際に欠かせないのが、のり。セロハンテープなどもありますが、大きな面などをぴったり貼る際や、シワやたるみなく貼りたい時や、などは、やはりのりでなければ、ということが良くあります。

 

そんな時におすすめなのが、修正テープなどと同じ要領で使えるテープのり。持ち歩きもたやすく、のり面に手指が触れることもないので、不用意にのりをつけてしまって書類を汚す心配もなく、塗布面を乾燥させる時間を割く必要もありません。

 

さらにテープのりは日進月歩の進化を遂げており、用途やコスパに合わせてさまざまなタイプのテープのりが発売されています。

 

編集部イチオシテープのりはこちら!

PR

コクヨ(KOKUYO)

テープのり ドットライナー プチプラス

小型なのに10mの大容量

スリムタイプのペンケースや、ポーチにも入る小型サイズのテープのり。学校へ持って行くのはもちろん、コンビニエンスストアなど出先でコピーをとってから投函したい手紙などの封をするのにも、便利です。

 

さらに持ち歩いていてテープ面が汚れることを防いでくれるフルカバーキャップ付き。幅も7mmと使いやすいうえに、テープの長さは10mと使い勝手も抜群。初めてのテープのりにもおすすめです。

全長 10m テープ幅 7mm
サイズ 5.6cm×3cm

口コミをご紹介

旧タイプ合わせ一体何個買ったでしょう。
オフィスではリップのりしか無いのですが、自腹でもこちらを使っています。
サイズも持ち運びに便利なため、チケット、写真など思い出の紙切れをその場でモレスキンにスクラップしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミニサイズで使いやすくかわいいです。スライド式でスッと使えるのが便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

筆箱にコンパクトに収まるのでこればかり使っています。
長持ちするし、粘着力もあり、なんの問題もなしです!!

出典:https://www.amazon.co.jp

テープのりの選び方

様々な文具メーカーから、テープ幅や粘着力別にさまざまなタイプが発売されているテープのり。その中から自分が必要なテープのりを選ぶのに、注目すべき点をポイント別にご紹介します。

粘着力で選ぶ

どんなタイプののりであれ、やはり一番気になるのは貼った時にいかにぴったりと接着するかということ。そこで粘着力別のテープのりの選び方をご紹介します。

しっかり貼れるタイプ

テープのりは、当然ながらテープ幅の長さが、接着面となります。そのため広い面積の紙などをテープのりのみで隅々まで糊付けすることは、現実的ではありません。

 

子供の図画工作やリメイク小物の製作などで、広い面を強力に接着したい場合は、粘着力が高いタイプのテープのりを使用するのがおすすめ。

 

さらに、テープの接着面もスリット状やドット状など、密着性とのり切れの両方に工夫されているものであれば、接着したいものの周囲をのりで汚す心配も少なくて済むというメリットもあります。

後からはがす時も跡がきれいなタイプ

テープのりには貼ってはがせるタイプのものも多く、ちょっとしたメモや写真などの仮貼りなどにおすすめ。また、普通のメモなどを付箋仕様にしたり、ポスターなど一時的に掲示しても、その後はきれいに保管しておきたいものを貼るのにも便利です。

 

しかし、うっかり封筒などの口止めをするのに、貼ってはがせるタイプのテープのりを使用すると郵送の途中にはがれてしまうといったことにもなりかねません。

 

うっかりミスをせず、便利に貼ってはがせるタイプのテープのりを使うためには、粘着力別にテープのりの保管場所を分ける、テープのり本体に大きく粘着力のタイプが表示されているものを選ぶ、本体の色別で区別するなどの工夫をするようにしましょう。

サイズで選ぶ

テープのりのメリットの1つが、携帯しやすい比較的コンパクトなものが多いという点があります。そこで、本体サイズやテープ幅でテープのりを選ぶポイントをご紹介します。

デスクで使うテープのり

片手で操作できるテープのりは、職場のデスクなどで使う時におすすめ。接着したいところにピンポイントで、のりを貼ることのできるスタンプタイプならぴったりです。

 

ラインを引くように使う従来のテープのりのように、最後の方はテープをなめらかに引くことができないというリスクも少なくて済むので無駄もなく、コスパ的にも高ポイントですが、リフィルがないタイプや、あっても他のタイプのテープのりより扱いが少ないことも多いというデメリットもあります。

ペンケースに入るテープのり

学校の授業中や塾、あるいは外出先などで、のりを使いたい時に手を汚さずに使えるテープのりはとても便利な文具の1つ。ペンケースやポーチなどに入るコンパクトサイズのテープのりなら、かさばらずに持ち歩けます。

 

さらに携帯している時にホコリやゴミなどが接着面に付いたり、うっかりテープがカバンの中のものなどに付着しないように、しっかりとキャップやカバーが閉まるタイプなら、安心です。

テープ幅で選ぶ

一般的なテープのりのテープ幅はおおむね10mm以下のものが主流となっています。しかし、より広い接着幅が欲しい時などには、テープ幅の広いものがおすすめ。

 

また貼ってはがせるタイプのテープのりでも、大型ポスターや重量のあるものを仮止めする際などには、負荷を分散させるためにも幅の広いテープのりがおすすめです。

持ちやすさで選ぶ

携帯して使うシーンも多いテープのりですが、より便利に使うにはコンパクトさだけではなく、持ちやすさも大切なポイント。

 

なぜなら手に持った時によりフィットする形や大きさであれば、テープのりを引き出す時にもよれたり、曲がったりせずにスムーズに作業が進められるからです。

 

そのためには、使用時にはボディ部分を大きく引き伸ばして使えるタイプのテープのりがおすすめ。またデスク上で使うタイプなら、テープのりを貼りたい対象物に合わせて、持ち方が変えられるタイプも便利です。

コスパで選ぶ

毎日のようにテープのりを業務や学校で使う、という場合にはコストとの兼ね合いも大切です。

詰め替え可能なタイプ

テープを引き出す際に、よりなめらかに使えるようにギアに特殊な構造のタイプが使われているタイプの本体や、本体にキャラクターがプリントされているなどデザイン性の高いものなどの場合は、詰め替えリフィルが使えるタイプの方が長い目で見れば、コスト面でもパフォーマンス性が高くなります。

 

その際は、リフィルが自宅や会社近辺、あるいはネットなどで入手しやすいものを選ぶのがおすすめ。せっかく機能性の高いテープのりでも、なかなかリフィルが手に入らない、あるいは本体とほぼ同じ価格というのであれば、コスパの面でのメリットが低くなってしまいます。

使い切りタイプ

使い切りタイプのテープのりのメリットは、とにかくすぐ使えるということ。引き出しの中でテープのりを見つけても、肝心のテープの在庫が切れていたのでは、使いたい時に使えません。

 

その点、詰め替える手間もいらずに使える使い切りタイプなら、手持ちの個数がイコール使えるテープのりの数となって、在庫確認も楽々。さらにひとまずは個数を揃えたいイベントなどの際には、リーズナブルな価格の使い切りテープのりがおすすめです。

 

補助機能で選ぶ

手を汚すことなく気軽に使えるのがテープのりのメリットですが、接着面が歪んでしまったり、はみ出してしまったのでは、その便利さも台無しです。そこで、便利な補助機能のついたテープのりも数多く発売されています。

 

例えば封筒の口止めなどの際には、封筒の端ぴったりに貼るための、ガイド機能のついたものがおすすめ。他にもスタンプタイプのテープのりなどには、ピンポイントでテープのりを貼るためのガイドが付いたものもあります。

 

その他にも、テープのりを貼りつけた紙や写真に、のりの成分が染み込まないように3重構造になっているものや、変色を抑制するACID FREEを採用したものなどもおすすめです。

しっかり貼れるテープのりのおすすめ2選

2位

PLUS(プラス)

テープのり ノリノビーンズ

小型でも握りやすい形状

ペンケースや書類ケースにもしまえる小型ながらホールド性が高く、使い勝手が良いと人気のテープのり。しかも使っているうちに、万が一たるみが生じても、簡単に直せるテープ巻き取り穴が付いています。

 

特にこの「強力に貼れる」タイプは、従来品の約2倍という接着力でしっかり貼れるのが強み。厚みのある封筒の口止めをする時や、提出書類の添付書類を貼り付ける際などに、威力を発揮します。

全長 8m テープ幅 6mm
サイズ 58×17×30 (mm)

口コミをご紹介

使い切りなのがちょっともったいない可愛らしいデザイン。
大人の親指より一回りほど大きいくらいのサイズで厚さもなくかさばりません。
小さいながらも粉じん防止のカバーがついていてこだわりが感じられます

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コクヨ(KOKUYO)

テープのり ドットライナー パワー

人気のドットライナーシリーズで最強の接着力

のりをファイバー素材でサンドするように挟んだ3層構造になっているテープのり。のりの厚みとテープの強度が高く、両面テープのようになっているので、紙関係のものだけでなく、プラスチック素材のものにもしっかり貼ることができます。

 

さらにのり面にはスリットが入っているため、曲線や円状に貼るのも楽々で、のり切れも抜群。便利な詰め替え仕様なので、コスパ的にも高ポイントです。

全長 10m テープ幅 10mm
サイズ 124×25×67 (mm)

口コミをご紹介

やや大きめですが、いつもはテープのりとして便箋の封などに使っています。協力で、安心できます。また、ポスターなどを壁に貼っていますが、クロスを痛める事なく剥がすことができて、重宝してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

しっかり貼れるテープのりの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 全長 テープ幅 サイズ
1
アイテムID:5220171の画像
テープのり ドットライナー パワー 329円

詳細を見る

人気のドットライナーシリーズで最強の接着力

10m 10mm 124×25×67 (mm)
2
アイテムID:5220166の画像
テープのり ノリノビーンズ 660円

詳細を見る

小型でも握りやすい形状

8m 6mm 58×17×30 (mm)

貼ってはがせるテープのりのおすすめ4選

PR

トンボ鉛筆

テープのり ピット タックC スタンダード

アシッドフリーのテープのり

スティックのりでもおなじみの、ピットシリーズのテープのり。従来のタイプのテープのりに比べて3倍の接着力でしっかり貼れるのに、はがす際には跡が残らず、きれいにはがせるのがうれしいのりです。

 

その秘密は、のりの成分が紙に浸透しすぎないようにしてくれる浸透ブロック粒子構造のおかげ。メモや領収書の仮止めや、オリジナルの付箋を作るのにもぴったり。詰め替え用もあるのでコスパも申し分ありません。

 

 

 

全長 7m テープ幅 8.4mm
サイズ 28x20x75 (mm)

口コミをご紹介

勉強するとき、雑誌にコメントを残したいときなど、本を汚したくないのでこういった商品を探していました。教科書などをスキャンしてはっておけば次から一々探さなくてすみます。はって、はがしてが普通のふせんと同じようにでき、いまのところは元の紙が傷むというようなことはなさそうです。これから重宝しそうです

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

スリーエム(3M)

はってはがせるテープ

くり返しはってはがせるので便利

コピー紙など薄い紙の資料や、写真などの貼りつけに便利な両面テープ様のテープのり。厚さわずか0.065mmという極薄フィルムを使用して作られているので、貼り付けた時にも、ぼってりとした感じにもなりません。

 

本体カバーなどは付属していないので、携帯するよりもデスク周りなどで使うのがおすすめ。

全長 10m テープ幅 19 mm
サイズ 97×26×123 (mm)

口コミをご紹介

写真を貼って またはがせるのがとても便利です。
また購入したいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

PLUS(プラス)

テープのり ノリノハイパー

すぐれた粘着力にはがしやすさもプラス

跡を残さずきれいにはがせるのり部分と、中芯、さらにノリノシリーズでトップクラスの高い粘着力を誇る強力のり部分の3層構造が特徴のテープのり。はがせるタイプのテープのりは、はがす度に段々と粘着力が弱まるのが玉にキズ。

 

その点、このノリノハイパーは元々の粘着力が3層構造のおかげで高いため、同じ回数を貼り直しても、他のものよりしっかりした粘着力を保つことができます。何度も掲示したいポスターや、お知らせなどにおすすめです。

全長 12m テープ幅 15mm
サイズ 100x28x60 (mm)

口コミをご紹介

仕事でダンボールにA5サイズの紙を貼ることがありますが、問題無く貼れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

PLUS(プラス)

テープのり ノリノポッド(キレイにはがせる)

コンパクトな貼りなおし可能テープのり

ほこりやゴミが付着しやすい、ヘッド部分を保護するシャッターキャップが付いていため、携帯するのにも便利なコンパクト型のテープのり。手帳やカレンダーなどにメモなどを仮貼りしたい時や付箋を作りたい時などにおすすめです。

 

詰め替え用のテープ交換は、本体にカートリッジを載せるだけで、簡単につめ替えることができます。また、のり面の色は落ち着いたクリーム色なので、裏に透けて悪目立ちするようなこともありません。

 

 

全長 10m テープ幅 6mm
サイズ 20×35×78(mm)

口コミをご紹介

子供は学校で、私は仕事でと、家族全員で使っています。今までのテープのりと違って、送り出しと巻き取りがひっついて取れなくなるトラブルもなく、毎回最後まで綺麗に使えるので、とても気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

貼ってはがせるテープのりの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 全長 テープ幅 サイズ
1
アイテムID:5220183の画像
テープのり ノリノポッド(キレイにはがせる) 902円

詳細を見る

コンパクトな貼りなおし可能テープのり

10m 6mm 20×35×78(mm)
2
アイテムID:5220193の画像
テープのり ノリノハイパー 387円

詳細を見る

すぐれた粘着力にはがしやすさもプラス

12m 15mm 100x28x60 (mm)
3
アイテムID:5220195の画像
はってはがせるテープ 513円

詳細を見る

くり返しはってはがせるので便利

10m 19 mm 97×26×123 (mm)

デスクで使うおすすめテープのり2選

2位

ニチバン

テープのり はんこのり 強粘着

2通りの使い方ができるテープのり

ハンコのようにポンと押しても、従来のテープのりのようにライン引きしても、接着させることができる便利なテープのり。のり面はドット仕様で、のり切れが良いので小さなものから大きなものまで幅広く貼ることができます。

 

本体のカラーバリエーションは3色。詰め替えテープもあるので、コスパ的にも高ポイント。強力接着タイプながら、変色を防ぐアシッドフリーのりのため、写真など大切なものを貼る時にもおすすめです。

全長 6.5m テープ幅 7mm
サイズ 52×28×157 (mm)

会社用に利用してたが自宅用にも購入。封筒に封をする時に糊だと手や机が汚れるがこれだと下紙も用意しなくても良く大変便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コクヨ(KOKUYO)

テープのりドットライナー スタンプ

ポンと押すだけで片手でのり付け可能

スタンプのように片手で押すだけで、簡単にのり付けできるタイプのテープのり。角からはみ出さずにきっちり貼りたい時に便利です。さらにキャップ部分を開くと、従来のテープのりのようにライン引きしても使える2WAY方式になっています。

 

スタンプ仕様で使った時で、おおよそ600回分貼ることができます。詰め替え式のため、コスパ的にも申し分ありません。

全長 6.5m テープ幅 8.4mm
サイズ 31×10×91 (mm)

口コミをご紹介

とっても使いやすいです。
ハンコを押すように押すだけなので簡単に使う事が出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

デスクで使うおすすめテープの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 全長 テープ幅 サイズ
1
アイテムID:5220230の画像
テープのりドットライナー スタンプ 231円

詳細を見る

ポンと押すだけで片手でのり付け可能

6.5m 8.4mm 31×10×91 (mm)
2
アイテムID:5220221の画像
テープのり はんこのり 強粘着 218円

詳細を見る

2通りの使い方ができるテープのり

6.5m 7mm 52×28×157 (mm)

ペンケースに入るおすすめのテープのり2選

2位

ニチバン

テープのり tenori イチオシ

約500回分と使い勝手は抜群

ポンと4か所に押すだけで、プリント貼りや写真貼りができるテープのり。テープを貼りたい位置に、スタンプ感覚でポンと押せる便利なガイド付きです。コンパクトなので、ペンケースに入れて、持ち歩くのも楽々。


1つ6mm四方のスタンプは約500回分が押せるので、使い切りタイプでも高コスパ。キャップも付いているので、携帯時にうっかり何かにのり面が接着してしまうこともありません。

全長 3.5m テープ幅 6mm
サイズ 23×65×23 (mm)

口コミをご紹介

親子3人で1つずつ使っています。 ワンプッシュでノリ付け、簡単で重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コクヨ(KOKUYO)

テープのり ドットライナー スティック

コクヨのキャンパスブランドのテープのり

スリムタイプのペンケースや立つタイプのペンケースにも楽々収納できる、スティックタイプのテープのり。ヘッド部分が回転するため、直線だけでなく、曲線状に貼ることもできます。

 

さらに貼って約1分以内なら貼り直しが可能なため「何だか歪んだかも」という時にも便利。約6時間後にはしっかり接着するので、新聞の切り抜きやコピーなどをたくさん貼りたい自学ノートなどにもおすすめです。

全長 8m テープ幅 6mm
サイズ 23×23×86 (mm)

口コミをご紹介

リップタイプと比較して、はみ出たりすることが無いので、とにかく塗りやすい。又、接着力もあるので、気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ペンケースに入るおすすめのテープのりの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 全長 テープ幅 サイズ
1
アイテムID:5220200の画像
テープのり ドットライナー スティック 346円

詳細を見る

コクヨのキャンパスブランドのテープのり

8m 6mm 23×23×86 (mm)
2
アイテムID:5220225の画像
テープのり tenori イチオシ 594円

詳細を見る

約500回分と使い勝手は抜群

3.5m 6mm 23×65×23 (mm)

詰め替え可能なタイプのおすすめテープのり6選

6位

サンスター文具(Sun-Star Stationery)

テープのり ドットライナー コンパクト

キャラクター文具好きにおすすめ

可愛らしいキャラクター文具を、数多く手がけるサンスター文具から発売されているテープのり。ディズニーデザインコレクションシリーズと銘打たれたこのテープのり、本体はコクヨのドットライナーコンパクトと同じものが使われています。

 

そのため、詰め替え用のリフィルもコクヨのドットライナーコンパクト用でOK。人と違うドットライナーコンパクトを使いたいという人や、ディズニーファンにおすすめです。

全長 11m テープ幅 8.4mm
サイズ 21×77×35 (mm)

口コミをご紹介

ウッドストックが好きで、近所に売っていなかったので購入。
すごく可愛いのでウッドストック好きならオススメです!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

トンボ鉛筆

テープのり メッシュカット 貼るタイプ

塗ったのり面がはっきり見えて便利

薄いブルーののりがメッシュ状になっているので、貼ったのり面がくっきり見えて、塗り残しが少なくてすむテープのり。さらにメッシュに沿って切れるため、のり切れも抜群です。

 

ヘッド部分はぴたっと接着面にフィットし、音も小さいゴム仕様。シンプル構造でテープ交換も簡単です。

全長 12m テープ幅 8.4mm
サイズ 49×21×97 (mm)

口コミをご紹介

スクラップブッキングを趣味にしているので、テープ糊は必須。メッシュカットが使いやすいので毎回まとめて購入しています。

出典:https://review.rakuten.co.jp

4位

コクヨ

テープのり ドットライナーホールド

封筒の口止めもOKの接着力

業務や冠婚葬祭の案内などで、封筒の糊付けを大量にしないといけない時などに特に便利なテープのり。手に本体を持ち、のり付けしたいものを差し込んで引くだけで、のり面が付着するため、周囲を汚すこともありません。

 

本体の置き方を反対向きにすれば、従来のテープのりと同様にライン引きする要領でも使用できます。さらにカチカチと押せば、ホッチキスのように狙ったところにピンポイントで接着することも可能。面倒な事務仕事の効率が格段に上がります。

全長 16m テープ幅 8.4mm
サイズ 71×37×98mm

口コミをご紹介

普通ののりだと、キレイに貼ったつもりでも乾いてくるとシワになってます。
だけど・・・このテープのりはキレイに貼れる、手は汚れない・・・と とっても便利だと思いました。
今までの封筒ののり付けは一体なんだったの???と自分に言い聞かせたいです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

3位

PLUS(プラス)

テープのり ノリノプロ (しっかり貼れる)

全長22mとクラス最高の大容量

テープのりを使う上での悩みの1つであるたるみを抑制するために、特殊構造のギアを搭載した仕様となっているノリノプロ。

 

さらに使い続けるうちに、ヘッド部分にたまりがちなカスなどのゴミを取り除いてくれるクリーンローラーも付いているので、22mと大容量でも最後まで無駄なくスムーズに使えます。

 

また端までぴっちり貼りたい時に便利な「はしピタガイド」付きなので、塗りムラなくきちんと貼れるようになっています。

全長 22m テープ幅 8.4mm
サイズ 45×24×93 (mm)

口コミをご紹介

プッシュオープンキャップなので、キャップがなくなる心配が無いのは嬉しいです。はしピタガイドを使うと本当にはみ出ず糊付けできて封筒もきれいに閉じられるのは気持ち良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

トンボ(Tombow)

テープのり ピットエアー

最後まで軽い使い心地が実現

使い続けるうちにだんだんと、テープを引く感覚が重く感じられるテープのり独特のデメリットを、トンボ鉛筆の独自機構であるエアータッチシステムを搭載することで解消した、画期的な使い心地のテープのり。

 

最後まで引きやすいので、使い切りまで気持ちよく使えます。さらに静音設計や、詰め替え簡単なシンプル構造、のり切れの良いパワーネットテープ採用など、毎日の作業中に頻繁にテープのりを使う人にぜひおすすめです。

全長 16m テープ幅 8.4mm
サイズ 43×26×96 (mm)

口コミをご紹介

ほとんど抵抗を感じずに引くことができます。
とても気に入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コクヨ(KOKUYO)

テープのり ドットライナー 強粘着

人気のドットライナーの定番タイプ

先端のヘッド部分がローラー状になっているため、ライン引きする際にも軽く引くだけで、しっかり接着できるテープのり。のり面は小さいドット形状になっているので、のり切れが良く、周囲を汚しません。

 

本体自体はシンプル構造で、詰め替え時も簡単に詰め替えることができます。16mと大容量で、たっぷり使えるので、スクラップブッキングやレシート管理など、日常的によくテープのりを使う人にもおすすめです。

全長 16m テープ幅 8.4mm
サイズ 50×94 (mm)

口コミをご紹介

雑誌の記事や写真をノートに切り貼りするさいに便利だと思い購入しました。
結果としてはもう大活躍でなくてはならない存在です

出典:https://www.amazon.co.jp

詰め替え可能なタイプのテープのりの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 全長 テープ幅 サイズ
1
アイテムID:5220255の画像
テープのり ドットライナー 強粘着 231円

詳細を見る

人気のドットライナーの定番タイプ

16m 8.4mm 50×94 (mm)
2
アイテムID:5220250の画像
テープのり ピットエアー 279円

詳細を見る

最後まで軽い使い心地が実現

16m 8.4mm 43×26×96 (mm)
3
アイテムID:5220267の画像
テープのり ノリノプロ (しっかり貼れる) 354円

詳細を見る

全長22mとクラス最高の大容量

22m 8.4mm 45×24×93 (mm)
4
アイテムID:5220270の画像
テープのり ドットライナーホールド 864円

詳細を見る

封筒の口止めもOKの接着力

16m 8.4mm 71×37×98mm
5
アイテムID:5220176の画像
テープのり メッシュカット 貼るタイプ 387円

詳細を見る

塗ったのり面がはっきり見えて便利

12m 8.4mm 49×21×97 (mm)
6
アイテムID:5220280の画像
テープのり ドットライナー コンパクト 300円

詳細を見る

キャラクター文具好きにおすすめ

11m 8.4mm 21×77×35 (mm)

使い切りタイプのおすすめテープのり4選

4位

PLUS(プラス)

テープのり ノリノコロ

粘着力もあるのにのり切れも抜群

コンパクトで携帯するのにも便利なサイズながら、12mと容量もたっぷりあるテープのり。プラスの独自開発技術であるカーボンファイバー入りフラットテープ採用で、のり切れの良さと接着力が両立しているため、使い勝手も抜群です。

 

シームレスキャップ付きで、ホコリやゴミからのり面をしっかり保護。文房具屋さん大賞でも、のり部門5位入賞を果たした実力派テープのりです。

全長 12m テープ幅 6mm
サイズ 33×17×63 (mm)

口コミをご紹介

手のひらサイズで使いやすいです。親子で使わせてもらいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

トンボ(Tombow)

テープのり ピットパワーエッグ

しなるヘッド部分でしっかり接着

ころんとしたたまご型シェイプのテープのり。手のひらにすっぽり収まるコンパクトサイズながらホールド性が高く、しっかりと接着できます。さらにしなるヘッド部分で、塗布したい面に密着できるので、のりムラがなくキレイにのり付けすることができます。

 

さらにヘッド全体を覆うため、携帯する時にのり面にゴミやホコリが入らない、開閉式のフルカウルヘッドカバー付き。すっきりとしたスケルトンデザインで、男性にもおすすめです。

全長 6m テープ幅 6mm
サイズ 28×19×69 (mm)

口コミをご紹介

貼っている途中で切れてしまったり、上手く回らなかったりすることなく、スムーズにはれるのでとても満足してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

カウネット

カウネット テープのり

リーズナブルなテープのりを探しているならおすすめ

コクヨの100%出資連結子会社である、カウネットのオリジナルテープのり。使い切りタイプですが、リーズナブルな値段なので、大量にテープのりを用意したいオフィスや、イベント、学校行事などの時に便利です。

 

テープ幅は6mmと細めで、6mm横掛けのノートなどに貼る際にもおすすめです。

全長 8m テープ幅 6mm
サイズ 30×15×70 (mm)

口コミをご紹介

今までは取り換え式を使っていたけど、コスト的にみても、使い捨てで充分、もっと早くこっちにすれば良かった、使ってみると、とにかくスムーズにのりずけできる。

出典:https://review.rakuten.co.jp

1位

トンボ(Tombow)

テープのり ピットスライド

本体がスライドするのでフィット感アップ

本体がスライドして伸びるため、使用する時にはしっかりとホールド性が高く、さらに収納時にはコンパクトになるため、スリムタイプのペンケースやポーチの中でもかさばらないテープのり。

 

もちろんスライド部分を伸ばして使用中に、スライドカバーが戻ってしまわないようにロック機構も搭載されています。2012年度にはグッドデザイン賞も受賞している人気商品。カラー違いの3個パックなので、職場の仲良し同士でシェアするのにもおすすめです。

全長 8m テープ幅 8.4mm
サイズ 29×22×65 (mm)

口コミをご紹介

もともと詰め替え用のテープのりを使用していたのですが、詰替のりのカートリッジ置き場所に苦労したのでこちらに乗り換えました。小型で取り回しがしやすく、商品すべてが「詰め替えずすぐ使える」というのは意外と便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

使い切りタイプのテープのりの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 全長 テープ幅 サイズ
1
アイテムID:5220237の画像
テープのり ピットスライド 453円

詳細を見る

本体がスライドするのでフィット感アップ

8m 8.4mm 29×22×65 (mm)
2
アイテムID:5220286の画像
カウネット テープのり 113円

詳細を見る

リーズナブルなテープのりを探しているならおすすめ

8m 6mm 30×15×70 (mm)
3
アイテムID:5220294の画像
テープのり ピットパワーエッグ 372円

詳細を見る

しなるヘッド部分でしっかり接着

6m 6mm 28×19×69 (mm)
4
アイテムID:5220301の画像
テープのり ノリノコロ 1,518円

詳細を見る

粘着力もあるのにのり切れも抜群

12m 6mm 33×17×63 (mm)

慣れたスティックのりがやはり良いという人向け

「テープのりの便利さはわかるけれど、やっぱり慣れたスティックのりが良い」という人や、「自由研究や図画工作などで、大量ののりを使用する時はスティックのり」という人もいます。

 

スティックのりの人気おすすめ10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

テープのりの悩みの種である「たるみ」の解消法

便利なテープのりを使う上で悩みの種の1つが、使っているうちにテープがたるんできてしまうこと。のりが無駄になってしまうだけでなく、使い心地にも大きな影響が出てしまいます。

 

せっかくの便利なテープのりを、最後まできっちり使い切るためには邪魔なたるみをなくすのが一番の近道。人気のテープのりを数多く販売しているコクヨの公式動画にはそのたるみの解消法が詳しく紹介されています。

 

今までたるみで困っていたという人はもちろん、これからテープのりを使うという人も是非一度チェックしてみて下さい。

中学生や高校生に人気のかわいいテープのり

小学校時代と比較すると受け取るプリントの量も増える中学生や高校生。また学習塾や、予備校などで配布される板書プリントなども、それに連動するように増える一方という声も。

 

そんな時に、かわいいテープのりを使えば、気分転換したり、友達とのコミュニケーションにも役立ちます。

のり面がさまざまな模様になったテープのり

のり面がハート柄やスター柄の模様になっているタイプのテープのりは、特に中学生や高校生に人気のアイテム。もちろん貼ってしまえば模様は隠れてしまいますが、のりで貼るという作業自体の楽しさが違います。

 

詰め替え用テープも用意されているので、コスパも抜群です。限定柄も随時発売されているので、ぜひチェックしてみて下さい。

スタンプ式のテープのり

従来の引き出して使うテープのりとは違いますが、ハンコのようにポンと押し出すことで貼れるシール式ののりもおすすめ。写真を仮止めしたり、リフィルの穴の補強に使うこともできます。

便利なテープのりで作業効率を上げよう

今回は、テープのりのおすすめ商品をランキング形式でご紹介させていただきました。テープのりは、価格やサイズ、用途によって選ぶことが重要です。今回ご紹介したおすすめのテープのりの中から、ご自分に合ったテープのりを選んで活用してみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月19日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

のりのおすすめ人気ランキング25選【事務作業から学業におすすめ】

のりのおすすめ人気ランキング25選【事務作業から学業におすすめ】

文房具・文具
【2021年春】最新版!おすすめ文房具ランキング【学生・社会人向け】

【2021年春】最新版!おすすめ文房具ランキング【学生・社会人向け】

文房具・文具
iPhone手帳型ケースのおすすめ人気ランキング20選【機種・デザイン別】

iPhone手帳型ケースのおすすめ人気ランキング20選【機種・デザイン別】

AV・情報家電
メガネレンチのおすすめ人気ランキング21選【DIYなどでも重宝】

メガネレンチのおすすめ人気ランキング21選【DIYなどでも重宝】

工具
方眼ノートのおすすめ人気ランキング25選【幅広い用途に使える】

方眼ノートのおすすめ人気ランキング25選【幅広い用途に使える】

文房具・文具
洗い桶のおすすめ人気ランキング20選【水や洗剤の節約に大活躍】

洗い桶のおすすめ人気ランキング20選【水や洗剤の節約に大活躍】

バス用品