記事ID140564のサムネイル画像

海外ビールのおすすめ人気ランキング13選【飲みたい時に合わせて】

世界中で販売されているビールは約10000種に及ぶと言われています。ラガーやエール、さらに生産国別に様々な種類の海外ビールがあり、どれがいいのか迷ってしまいますよね。今回は海外ビールの人気ランキングとその選び方を初心者の方向けに説明していきます。

海外ビールの魅力って?

毎日の様にビールを飲んでいる方だと、日本メーカーのビールは全て制覇された方もいるかもしれません。海外のビールは合わせると約10000種類もあると言われています。それぞれ製造される国の趣向に応じて販売されているので、多種多様なテイストを味わうことが可能です。

 

これからの季節、気温が上がるにつれて益々美味しくなるビール。今までに味わったことのないテイストを求めている方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、海外ビールの選び方から人気ランキングを紹介しながらその魅力に迫ります。

 

 

編集部のイチオシ海外ビールはこちら!

キリンビール

ハイネケン

価格:5,045円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本でも知名度の高いラガー

編集部イチオシの海外ビールは「ハイネケン」です。オランダのラガービールでビールをあまり飲まない方も一度は聞いたことのあるメーカーでしょう。ハイネケンはラガービールの1種のピルスナーに属します。

 

滑らかな口当たりと、その後からくる苦みのバランスが非常に巧みなので多数の方が飲みやすいと評価しているビールです。そこにフルーティーな香りも加わり爽やかな喉ごしにもなっています。

 

そして、ハイネケン最大の特徴は専用の「A酵母」を配合している点です。オランダだけで醸造されている酵母で、これがハイネケンの絶妙なバランスを生み出しています。一般的なビールの2倍に渡る28日間も醸造することで、キレを感じさせる絶妙なバランスを体現させています。

容量350ml生産国オランダ

口コミを紹介

ライセンス生産とはいえ日本のビールとは味が違います。 チョット日本のビールに飽きたのでこちらを・・・近くのスーパーなどには見当たらないのでアマゾン購入。 バドほど薄くなくて日本のビールのように濃くなくすごく飲みやすいのでお気に入りです。 

出典:https://www.amazon.co.jp

キリンさんが醸造したハイネケンなのでオランダで飲む生ハイネケンと味が違うのは当たり前、でもとても軽くて飲みやすく、パッケージも含めてファンです。

出典:https://www.amazon.co.jp

その辺で売っているビールの中では、飲みやすさと風味のバランスが1番いいと思います
バドワイザーなどはハイネケンよりも飲みやすさのほうに偏っている感じですが
ハイネケンは適度な風味もあり喉越しも良く、これからの季節にぴったりです

出典:https://www.amazon.co.jp

海外ビールの選び方

上記で紹介した様に、海外ビールは全部で10000種類もあると言われています。この膨大なビールの中から自分に合うビールを見つける為には、海外ビールの特徴を知り、選び方を把握しておく必要があります。以下では初心者向けに簡単に説明してきます。

ラガーとエールの違いで選ぶ

ビールはホップを加えた後に発酵して貯蔵した後に、瓶詰めをすることが基本的な過程です。ラガーとエールは上記3段階の中の発酵の方法の違いにより製造されます。ラガーが下面発酵、エールが上面発酵です。この2つの発酵方法の違いを説明してきます。

ラガービールとは

ラガービールは、下面発酵でできたビールを指します。比較的長時間に渡って低温で発酵させる方法の事を表します。このように丁寧に発酵させているので、ラガーの味わいは比較的落ち着いています。

 

雑味があまりなく、香りも穏やかなので日本でも大変親しまれているタイプです。代表例「淡麗」「プレミアムモルツ」です。海外ビールだと「デュンケル」、「ヘレス」がこのタイプにあたります。

 

 

エールビールとは

エールビールは、ラガーとは打って変わって常温で、短時間で発酵させて製造するビールです。故に、ラガーと比べると味は大振りで、コクが強くなっていると同時に苦みも強くなっているのが特徴です。香りは落ち着きあるというよりはフルーティーな爽やかさを持っています。

 

このようなビールは「芳醇甘口」といわれています。初心者向けということで、ラガーの時も紹介しませんでしたが、エールのタイプも多数存在します。今回は、ペールエールを中心に紹介します。

 

クラフトビールの流行とともに流行し始めているエールのタイプで、日本の「淡麗辛口」くらいの苦みが苦手な方でも楽しめるとあって人気を集めています。苦みのビールに挑戦してみたい方におすすめのタイプです。

ビールの生産国で選ぶ

ビール生産国の代表的な地域は欧州です。圧倒的な知名度を持つドイツやベルギー、オランダやチェコなど、多くの国で製造が盛んに行われています。その他にもアメリカやメキシコを含む北米や知名度は向上段階ですが、東南アジアでも製造されています。それぞれの国のビールの主な特徴を紹介します。

ドイツ

ドイツではビール製造に関して厳重なルールがあります。それが「ビール製造の際は、ホップ、麦芽、水、酵母菌だけを使用すること」という規定です。4つの原料以外の副原料の使用が禁止されているので、販売されているビールは主に自然由来の原料を使用しています。

 

ドイツビールのアルコール度数は平均で4.5%~6%前後です。つまり、キレは日本のビールと似たりよったりということです。味わいに関しては自然由来の原料を中心に製造しているので、甘味が強い商品が多数です。その為、ビールが苦手な方でも手に取りやすい商品が揃っています。

ベルギー

ベルギーはビールにおいて独自の文化を開いています。日本でなじみのないラインナップが多数なので、ベルギーでビールを飲んだ人はこぞって「ビールの概念が変わった」と思われるそう。

 

スパイスや香料で味付けされたビールやチョコレートが配合されたもの、さらにフルーティな風味の商品までバリエーションが豊かです。これだけ豊富なラインナップが用意されているので、必ず1人1人に合うビールが見つかるでしょう。

チェコ

チェコはビールの消費量が世界一の国です。そのチェコで一際支持を集めているビールが、ピルスナーウルケルです。一般的なラガービールと比べてコクが強く、苦みも強い仕上がりになっています。

 

さらに、アルコール度数が平均よりも低く非常に飲みやすい喉ごしになっています。日本オンビールの様にキンキンに冷やして飲むのではなく、6度~7度の間で冷やした後に飲むのが適切です。

オランダ

日本で飲まれた初めてのビールはオランダ産といわれています。江戸時代、オランダの商船が使節団に献上したのが始まりだとされています。そんなオランダの代表的なビールといえばハイネケンでしょう。

 

麦芽100%にホップが効いていて、ビールが苦手な人でもぐびぐび飲むことができると言われます。ビールに苦みを求める方には物足りなさがあるかもしれませんが、海外ビール挑戦の第一歩としておすすめです。

イギリス

イギリスのビールの主流は上面発酵で製造されたエールビールです。華やかな香りとコクが楽しめる味に仕上がっています。グラスで少量ずつ香りを楽しみながら飲むのが一般的な飲み方です。

アメリカ合衆国

アメリカは多民族国家なので、様々なビールの趣向を持った人々が集まっています。さらに、ビールそのものの歴史はまだ浅いのでアメリカの特有のビールビアスタイルやビールはありません。

 

しかし、多様性を重んじる国家ならではのユニークなビールが販売されており今後注目したい製造国です。

メキシコ

メキシコビールは炭酸水の様にどんどん飲むことができる飲みやすさは特徴です。スパイシーで濃い味付けの多いメキシコ料理に合うように飲みやすさを追い求めて製造されたことに端を発します。

 

その為、ライムや塩やサルサソースなどの自分好みのフレーバーを入れてアレンジを楽しむことができるのも魅力の1つです。

東南アジア

高温多湿な気候の東南アジアではすっきりした味わいのラガービールが主流です。そんな東南アジアで人気を集めるのがシンガポールのラガービールです。ホップの苦みや香りに甘味が加わることでバランスが良く世界的にも評価の高い仕上がりです。東南アジアに行った際、迷った時はシンガポールビールを飲むことをおすすめします。

海外ビールの人気ランキング13選

第13位

モレッティ

モレッティ

価格:275円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

癖がなくいろんな料理に合う

モレッティは、1859年以降販売されている歴史あるビールメーカーの商品です。長い間その味わいは保たれており、世界40か国で人気を博しています。味わいは爽やかで軽い口当たりが特徴です。

 

きめ細やかな泡。日本のビールと同じくらいのアルコール度数4.6から生まれるほど良いのど越しになっています。飲んだ後にホップの香りが口全体に広がり、穀物の風味が鼻を抜けていきます。

 

この癖のない麦芽の風味が最大の特徴なので、いろんな料理に合わせることができます。食卓に1つ置いておくならこのビールがおすすめです。

容量330ml生産国イタリア

口コミを紹介

はじめて飲んだのはイタリアンレストランでした。
コクがあって苦みも適度、ピザに最高に合いました!
エビスみたいな濃い口のビールが好きな人にオススメです

出典:https://www.amazon.co.jp

第12位

G&C CORP.

クスケーニャ ビール瓶

価格:2,119円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペルーで最も知名度あるビール

クスケーニャプレミアムは、ペルーで最も知名度あるビールで、日本や世界へ最も輸出されている商品です。これまでも数多くのコンテストで国際最高高品質賞を受賞している安定のクオリティが評価されています。

 

100%の純粋な大麦ノーブルタイプのアロマホップを配合し製造されているビールです。味わいの特徴は、炭酸が強くなく後から来る苦みも少ないことです。その為、クセが感じられず、飲みやすい仕上がりになっています。

 

店頭で提供しているお店としては、神奈川県川崎市の「エルカルボルン」が挙げられます。遠方の方で気になった方は是非、通販で購入してみてください。

 

容量330ml生産国ペルー
第11位

都光酒販

イネディット

価格:853円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビールマスターとレストランによる珠玉の1杯

イディネットとは、スペイン語で「前例のない」という意味を表します。「DAMM社」のビールマスターと世界最高のレストランとも謳われる「エル・ブジ」が共同開発した珠玉の1杯です。

 

原料は、水や大麦麦芽、ホップなどの基本的なものからオレンジピール、コリアンダーなど他にない原料も配合しています。この原料をラガーとホワイトビールの2つの醸造法を組み合わせた特殊醸造することでフルーツやスパイスが少し香るフレッシュなビールになっています。

 

ほろ苦いサーモンやツナ、チーズといった食材と組み合わせて飲むのが最適です。香りを逃さないようにワイングラスで飲むこともお忘れなく。

 

容量750ml生産国スペイン

口コミを紹介

ビールですがさっぱりとした飲みごごちでホワイト系が好きな方にはおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第10位

小西酒造

デュベル

価格:5,801円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

悪魔と評される魅惑のビール

デュベルは、その魅力から「悪魔」と名付けられる程のビールです。1918年以来販売開始、以降そのレシピは一度も崩れずに維持されている伝統のビールです。繊細な香りと絶妙な苦みが飲みやすいと同時に癖になると評判です。

 

独自の酵母と長期間に及ぶ熟成期間。この2つがデュベルの魅惑を引き出しています。さらに、瓶内2次発酵という魅惑も加わります。この製法は最も手間がかかる製法であるとされているので、そこから生まれる旨みはまさに、「悪魔」と言っていいのかもしれません。

容量330ml生産国ベルギー

口コミを紹介

 スッキリして軽めな印象ですが、適度な厚みとホップのフルーティー感も兼ね備えています。個人的には苦いとは感じていません。後味はもよくワインのようにおいしく飲めるビールといった感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

欧州麦酒屋 楽天市場店

ラーデベルガーピルスナー

価格:327円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツで初めてのピルスナービール

ラーデベルガーピルスナーは、ドイツで1872年に生まれました。このビールを製造するラーデベルガーは、国内にある約3000の醸造所が多種多様なビールを製造しているにも関わらず一貫してピルスナービールだけを製造することにこだわっています。そのこだわりはドイツでも評価されており、シェアはトップです。

 

ラーデベルガーだけで汲み上げられる柔らかい地下水が主原料です。そして、ドイツの法令に従って自然由来の麦芽、ホップ、酵母を使用している為、非常に上質な仕上がりになっています。

 

円熟した苦みとそこから生まれるコクは格別。仕事が終わった後や運動後にすっきりしたい方にお勧めの1杯です。

 

 

 

 

容量330ml生産国ドイツ

口コミを紹介

ラーデベルガーの歴史に興味を持ち購入しました。
グラスに注ぐと若草の様なホップの香りが沸き上がります。
そのホップの香りの中から、今度はモルトの甘いパンを思わせるような
香りを感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

Anheuser-Busch InBev Japan

ヒューガルデン ホワイト

価格:1,849円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリジナルグラス付属でスグに楽しめる

ヒューガルデン ホワイトは、オリジナルのホワイトグラスが付属しており、スグに楽めるのが魅力の1つです。その為、父の日や母の日、お中元で人気を集めています。味わいの最大の特徴は、フルーティーな所です。

 

 

フルーティーな理由は2つあります。1つが麦芽本来の甘みから来るもの。もう1つがオレンジぴr0により生まれる甘みです。ここにコリアンダーのスパイシーな風味を加えることでより甘みを際立たせることに成功しています。

 

この特徴的な甘みは他にない味わいなので、ビールが苦手な方も充分楽しめるものになっています。一度試していただきたい1杯です。

 

 

容量330ml生産国ベルギー

口コミを紹介

ベルギーで飲んだビールが忘れられず…旅行中の写メから銘柄がわかり、こちらで購入しました。
ビールはあまり好きではありませんが、これは凄くクリーミーで大好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

Cantillon(カンティヨン)

カンティヨン・グース

価格:1,084円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食欲がなくても進むすっきりとした味わい

カンティヨン・グースは、年代の異なるランビッグを3つブレンドして生まれたビールです。ちなみに、「ランビッグ」とは、ベルギービールの1種です。色味はややオレンジ色が強いアンバーな色合い。

 

味わいはレモン、オレンジなどの柑橘系のフルーティーな甘さがベースになっています。柑橘類類特有の鋭い酸味も配合されているので、甘すぎず、すっぱすぎないほど良い仕上がりになっています。

 

その為、食欲のない時にちょっとお酒を入れたいという時でも全然飲むことができる味わいです。

容量375ml生産国ドイツ
第6位

ウエストマール醸造所

ウエストマール トリプル

価格:660円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界の12か所だけで製造されるトラピストビール

エストマール トリプルは、世界に12カ所だけ存在する「トラピスト会修道院」で製造されたビールです。それだけ厳しい基準をクリアしているビールなので、味は申し分ありません。

 

フルーティーな甘みとホップ本来の苦みだけをブレンドしたことで絶妙なバランス、洗練された優雅な風味が魅力の1つです。

容量330m生産国ベルギー

口コミを紹介

抜群のコクで、これぞ本物のビール。
これを飲むと、ほかのビールが飲めなくなるのではとさえ思える。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

ABインベブ

コロナ・エキストラ ボトル

価格:254円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最も流通しているプレミアムメキシカンビール

コロナ・エキストラ ボトルは最も飲まれているプレミアムメキシカンビールです。流通国巣は180にも上ります。独特の飲みやすい味わいとライトな飲み心地で知られるビールですが、最も知られているのはそのユニークな飲み方でしょう。

 

近々に冷やした状態の瓶に8分の1にカットしたライムを詰めてラッパ飲みをする。これがコロナビールの味わい方です。泡がよりきめ細やかやになり、柑橘の味わいがダイレクトに入ってきます。

 

上級者の方はここに塩を加えるそうです。適量の塩を入れるだけで塩のコクがライムのサイン身を強めてさらなる爽快感を得られます。

容量330ml生産国メキシコ

口コミを紹介

お店で飲むと、安くても600円とかしますからね・・・それが270円とかで飲めるんだから、
家飲みはやっぱり経済的。
世界各国の売れ筋ビール、やっぱどれも美味しいですけど、コロナは本当に独特で、
これだけは銘柄を見なくても分かりそう。
独特なのに、スッキリしていてレモンやライムにも良く合う。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

Anheuser-Busch InBev Japan

バドワイザー ビール

価格:4,906円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キングオブビールを目指して

バドワイザー ビールは、長期間の醸造期間にこだわることで知られています。普通のビールは醸造に3週間かけます。しかし、バドワイザーはさらに2週間加えた5週間丁寧に醸造します。

 

こだわりぬいた酵母菌と二条大麦麦芽を含むさまざまな材料をしっくり醸造させることで、ビールと思えないほどのすっきりとした飲みごたえと味わいを生み出しています。このバドワイザーは今では世界各国で製造されていますが、その品質管理も徹底しています。

 

 

毎月各国の工場から原産国のアメリカへサンプルを送付してクオリティの管理を行うことで品質を一定に保つことに努めています。

容量355ml生産国アメリカ

口コミを紹介

今までも時々飲んでおりましたが、飲むたびに「あれ?バドってこんな味だっけ?」と思っておりました。このたびキリンビールのライセンス生産が終了して輸入品になったとのことで早速購入。その昔LAのBarで、ホノルルのホテルで飲んだあの味が帰ってきました!日本製の頃も悪くはなかったですが、やや味が濃い目で「日本ビール」的な感がありました。当たり前ですが輸入品になって本場のすっきり感が味わえるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

南アルプスワインアンドビバレッジ

ベルモルト ゴールド

価格:2,605円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビール王国の神髄

2012年に販売開始された比較的新しいベルモルト ゴールドですが、厳選された原材料から生まれる味わいがベルギーでも高く評価されています。ヨーロッパ産の高級ホップをしようし気品のある香りと苦みを上手く配合しています。

 

アルコール度数にも徹底的にこだわっています。ビールやビール系飲料の多くが5%に度数を設定していることが大半ですが、ベルモルトは6%に設定しています。これがのど越しとキレを格段に向上させることに繋がり、香りを重視のビールファン以外からも評価を受けている理由でしょう。

 

 

容量330ml生産国ベルギー

口コミを紹介

騙されたと思って購入してみたが、騙された、などととんでもない!
うまいじゃん。これはリピーターになるしかないでしょ。安いし。
昔のキリンラガーみたいな苦みが残る大人のビール系飲料といえる。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

モルソンクアーズ

ミラージェニンドラフト

価格:1,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手軽にプレミアムビールを味わえる

アメリカビールの中でも最も知名度があるといっても過言でないのが、ミラージェニンドラフトです。ワールドビアカップでも受賞歴があり名実ともに評価されています。プレミアムビールにしては価格もお手頃で、挑戦しやすい商品です。

 

見た目の爽やかなイメージ通り、クリーンな香りが広がります単調な香りではないので長時間楽しむことができます。味わいとしてはなめらかな飲み口。そこにキレを感じさせる苦みが合わさっている仕上がりになっています。

容量350ml生産国アメリカ
第1位

キリンビール

ドラフトギネス

価格:6,274円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚くほどにクリーミーな味わい

ドラフトギネスは、厳選された素材、1759年から続く伝統のレシピを基に製造されているアイルランドのビールです。抽出用ガスに窒素混合ガスを使用することで、驚くほどクリーミーな味わいを生み出しました。

 

味わいの特徴はローストされた大麦と麦芽が合わさることにより、甘みと苦みが絶妙なバランスで絡み合っています。グラスに注げばきめ細やかな泡が酸化を防いでくれるので、なめらかな口当たりを維持し続けます。

容量330ml生産国アイルランド

口コミを紹介

なんか、エビスといえば、うまいビール みたいなことを言う人がいますけど
本当に、うまいのはコレです。
泡のキメの細かさ、のど越しのやわらかさ、コクのある味わい。
完璧でしょ。

出典:https://www.amazon.co.jp

海外ビールの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5205910の画像

    キリンビール

  • 2
    アイテムID:5205906の画像

    モルソンクアーズ

  • 3
    アイテムID:5205902の画像

    南アルプスワインアンドビバレッジ

  • 4
    アイテムID:5205894の画像

    Anheuser-Busch InBev Japan

  • 5
    アイテムID:5205887の画像

    ABインベブ

  • 6
    アイテムID:5205882の画像

    ウエストマール醸造所

  • 7
    アイテムID:5205876の画像

    Cantillon(カンティヨン)

  • 8
    アイテムID:5205872の画像

    Anheuser-Busch InBev Japan

  • 9
    アイテムID:5205867の画像

    欧州麦酒屋 楽天市場店

  • 10
    アイテムID:5205862の画像

    小西酒造

  • 11
    アイテムID:5205856の画像

    都光酒販

  • 12
    アイテムID:5205848の画像

    G&C CORP.

  • 13
    アイテムID:5205842の画像

    モレッティ

  • 商品名
  • ドラフトギネス
  • ミラージェニンドラフト
  • ベルモルト ゴールド
  • バドワイザー ビール
  • コロナ・エキストラ ボトル
  • ウエストマール トリプル
  • カンティヨン・グース
  • ヒューガルデン ホワイト
  • ラーデベルガーピルスナー
  • デュベル
  • イネディット
  • クスケーニャ ビール瓶
  • モレッティ
  • 特徴
  • 驚くほどにクリーミーな味わい
  • お手軽にプレミアムビールを味わえる
  • ビール王国の神髄
  • キングオブビールを目指して
  • 最も流通しているプレミアムメキシカンビール
  • 世界の12か所だけで製造されるトラピストビール
  • 食欲がなくても進むすっきりとした味わい
  • オリジナルグラス付属でスグに楽しめる
  • ドイツで初めてのピルスナービール
  • 悪魔と評される魅惑のビール
  • ビールマスターとレストランによる珠玉の1杯
  • ペルーで最も知名度あるビール
  • 癖がなくいろんな料理に合う
  • 価格
  • 6274円(税込)
  • 1800円(税込)
  • 2605円(税込)
  • 4906円(税込)
  • 254円(税込)
  • 660円(税込)
  • 1084円(税込)
  • 1849円(税込)
  • 327円(税込)
  • 5801円(税込)
  • 853円(税込)
  • 2119円(税込)
  • 275円(税込)
  • 容量
  • 330ml
  • 350ml
  • 330ml
  • 355ml
  • 330ml
  • 330m
  • 375ml
  • 330ml
  • 330ml
  • 330ml
  • 750ml
  • 330ml
  • 330ml
  • 生産国
  • アイルランド
  • アメリカ
  • ベルギー
  • アメリカ
  • メキシコ
  • ベルギー
  • ドイツ
  • ベルギー
  • ドイツ
  • ベルギー
  • スペイン
  • ペルー
  • イタリア

シチュエーションごとに飲みたい海外ビール

ここまで、様々な海外ビールを紹介してきました。ここからは、それぞれのビールには多様な輝くシーンがあります。バーベキューなどの開放的な環境では「バドワイザー」がお勧めです。

 

クリアで軽い味わいなので、外で勢いよく飲みたい時におすすめです。寒いとき、家飲みを楽しみたい時は芳醇な香りのビールがおすすめ。「ウエストマール」や「シメイ」がお勧めです。お中元や誕生日プレゼントにおすすめしたいのは「イネディット」や「カンティヨン・グース」などの特別感ある商品がおすすめです。

 

とにかく、料理に合うビールが欲しい人は「モレティ」や「カールスバーグ」がおすすめです。癖がなくのど越しがいいので和食や洋食にも合わせやすくなっています。

海外ビールで新たな味を楽しもう

今回は10000種にも及ぶ海外ビールの中から評判のビールを紹介してきました。海外のビールといっても本当に多種多様であることが分かって頂けたと思います。初心者の方はまずは選び方を参考に自分の趣向に合うビールを手に取っていくと、きっとお口に合うビールが見つかるでしょう。快適なビールライフを楽しめることを祈っています。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ