記事ID140532のサムネイル画像

ココナッツオイルのおすすめ人気ランキング15選【肌・顔・体に塗る】

ダイエットや美肌に効果的といわれるココナッツオイル。中鎖脂肪酸が豊富で、コーヒーやお菓子に入れて摂取できる今話題のアイテムです。今回はそんなココナッツオイルの人気商品を種類別にランキング形式でまとめました!おすすめの食べ方や使い方も紹介します!

ココナッツオイルの効能

中鎖脂肪酸が多いことで普通の油よりも4・5倍分解が速い為、ココナッツオイルはダイエット効果が期待できますね。太りやすい体質を改善したいのであれば、普段に食事で使う油をココナッツオイルにしてみましょう。

 

しかし、ココナッツオイルはそれだけでなく、強い抗酸化作用がある「トリコトリエノール」が含まれていることでシミ・シワ・毛穴の改善などスキンケアが望めます。美容の効能があるから、女性に人気があるわけです。

 

そこで今回は【ココナッツオイル】の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

編集部のイチオシのココナッツオイルはこちら!

ジャローフォーミュラズ(Jarrow Fromulas)

エキストラバージンココナッツオイル

価格:1,011円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

健康・美容効能が望めるココナッツオイル

あっさりとしたテイストが特徴的で、コーヒーなどの味を邪魔しないココナッツオイルです。しかし、甘味がないことでコーヒーの酸味を残したままに本来の味を楽しむことができます。

 

コールドプレスでココナッツオイルの風味を残し、栄養価が高いことで健康・美容効果が望めるでしょう。リッチで豊かなココナッツ風味がくせになり、絶妙なテイストを生み出します。

 

454gと大容量で、たっぷり使えるのに価格もリーズナブルな点がランキングや口コミでも人気の理由でしょう。安全面・おいしさ・美容や健康効能と様々な角度から期待できるココナッツオイルです。

種類エキストラバージンココナッツオイル内容量454g
製法低温圧搾産地アメリカ
認証Organic as per directive

口コミを紹介

当方肌の保湿なんてしたことなかった野郎ですが、肌はカサつかなくなるし、しかもオイルなのに思いの外ベタつかないし、余計な香料や保存料が入っているわけでもないので調子がよいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

つけた場所はすべすべになるし、敏感肌ですが全く問題なく使えるので無くなったらリピートすると思います。
お化粧前に使うとパウダーがヨレやすいですがリキッドファンデだと問題ないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

とても良いです!ここ2年以上カサカサしていた腕の部分が使用10日くらいで治ってきています。ココナッツの匂いも僅かながらしますし、なぜかベタつかない。

出典:https://www.amazon.co.jp

ココナッツオイルの選び方

市販されているココナッツオイルは色んな種類があり、どれがいいのか迷ってしまいます。そこでココナッツオイルの選び方のコツを学びましょう。

種類で選ぶ

ココナッツオイルは主に3つのタイプに分かれます。バージンココナッツオイル・エキストラバージンオイル・RBDココナッツオイルの特徴を見てみましょう。

バージンココナッツオイル|健康や美容効果

生のココナッツから抽出したオイルで、ココナッツ本来の風味があって栄養価も高いのが特徴です。健康だけでなく美容効果を期待する人にもおすすめで、飲むスキンケアとして重宝するでしょう。

 

ココナッツオイルにはエクストラバージンココナッツオイルがありますが、バージンオイルとの違いについては日本では明確にされていません。とにかく栄養価が高くて健康・美容にこだわりたいのであれば、バージンココナッツオイル以上のグレードを選んでください。

 

人気モデルのミランダ・カーさん・道端ジェシカさんも摂取しているというココナッツオイルだからこそ、一度は試してみたいオイルです。

エキストラバージンオイル|料理で活用

バージンココナッツオイルよりもグレードアップしたのがエキストラバージンココナッツオイルです。香りや品質において特上とされるオイルで、とにかく上質なココナッツオイルを探している人におすすめでしょう。

 

ココナッツの香りを十分に堪能できる料理に適しており、最初はちょっとクセがありますが慣れてくるとやみつきです。成分と風味が損なわれていない為、十分にココナッツオイルの効能を堪能できるでしょう。

 

無農薬タイプで体に優しく作用し、成分を重視して作られているからこそ人気の秘密と言えます。

RBDココナッツオイル|無臭で使いやすい

乾燥させたココナッツに化学溶剤を使ったものが、RBDココナッツオイルです。精製されていて香りがないことで、ココナッツのニオイが苦手な人でも安心して使えるのが魅力的でしょう。

 

無臭で使い勝手が広がり、体に塗るスキンケアとしても重宝します。ただし、精製されていることでココナッツ本来の栄養分が失われてしまう為、健康・美容効果においてはあまりおすすめできません。

 

価格は安い点が魅力ですが、より効果を期待するのであればバージンココナッツオイル以上のグレードをおすすめします。

製法は栄養素の高い「コールドプレス」

ココナッツオイルの栄養にこだわるのであれば、非加熱製法のコールドプレスがおすすめです。40度以下の低温でじっくり加熱して圧搾することで、ココナッツ本来の栄養素・成分が残ります

 

最低限の処理の為、香りや味が損なわれずにまるで南国にいるようなリラックスムードを味わえるでしょう。ちなみにニオイが苦手な人は加熱製法が良く、胚乳を乾燥させて細かく砕き、加熱をしながら圧搾して精製されたココナッツオイルから作られます。

 

ココナッツの栄養を大事にしたいのであれば、非加熱タイプのコールドプレスを選びましょう。

 

産地は世界最高水準のフィリピン・スリランカ産

ココナッツオイルには色んな種類があり、原産国も様々です。その中からおすすめなのが、フィリピン・スリランカ産のココナッツオイルで、味・品質ともに世界の最高水準で安心して使えます。

 

特にスリランカ産はサラリとしていて食べやすく、舌触りが良いのが特徴のココナッツオイルです。勿論、味や香りの好みは人それぞれで、ランキングなどで人気があっても自分はNGのこともあるでしょう。

 

まずは試供品などで自分に合うかどうかチェックしてから選ぶと、失敗せずにおいしいココナッツオイルを選べます。

安全性はオーガニック認証をチェック

ココナッツオイルを選ぶ時、最も大事なのが配合されている成分でしょう。オーガニック認証をされているのかどうかが決め手となり、農薬の有無・土壌の安全性・品質・成分量など厳しくチェックされます。

 

主なオーガニック認証の種類は、日本の農林水産省が認定している「有機日本農林規格」・アメリカで認定されている「USDAオーガニック」・ヨーロッパで認定されている「ORGANIC 欧州連合」です。これらの基準に適していればおすすめの商品と言えるでしょう。

 

どの認定も高水準で、できるだけ複数の認定を受けているココナッツオイルを選ぶとより安全です。

中鎖脂肪酸の割合をチェック

ココナッツオイルには、ダイエットに効果的な中鎖脂肪酸が含まれています。しかし、商品によって配合されている割合が異なる為、必ずチェックが必要であり60から80%の割合が通常です。

 

基準となるのが60%以上で、この割合を目安にしてココナッツオイルを選ぶと失敗がありません。そもそも、中鎖脂肪酸は、オリーブオイルなどの普通の油よりも4・5倍も分解力が高いのが特徴です。

 

体内に蓄積されないことで脂肪にもなりにくいということから、ダイエットを希望している人におすすめのオイルでしょう。

「MCTオイル」は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

ココナッツオイルは肌の保湿(スキンケア)にも使える?

精製されていないココナッツオイルを選ぶと、人為的な手が加えられていないことで有効成分が期待できます。ビタミン・マグネシウム・カリウムなどのミネラル成分が豊富でしっとりと保湿スキンケアが望めるでしょう。

 

ただし、直接体に塗るのはNGとされており、精製タイプでも不純物が残ることで体に負担がかかるからです。ココナッツオイルを体に塗るのであれば食用タイプではなく、化粧用を選ぶようにしましょう。

 

又、食用タイプでも体に塗るのが大丈夫なタイプもあり、購入する時は必ず効能・使用方法などをチェックしてください。

バージンココナッツオイルのおすすめ4選

第4位

Niugini Organics

バージン ココナッツオイル

価格:1,240円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供にも安心・おすすめのココナッツオイル

有機認定の他に、世界でも最も厳しいとされるオーストラリアの有機認定・ヨーロッパの有機認定も受けている安心・安全なココナッツオイルです。又、低温圧搾製法により、無精製・無香料・保存料無添加の100%のココナッツオイルは子供にもおすすめでしょう。

 

赤道に近いパプアニューギニアは常に温かく湿気も多く、降水量も一定していることで高品質のココナッツオイルが育ちます。自然に落ちたココナッツを使い、無添加で作られたココナッツオイルだからこそおすすめできるのです。

種類バージンココナッツオイル内容量320ml
製法低温圧搾産地-
認証オーストラリアの有機認定(ACO)・ヨーロッパの有機認定(EU)

口コミを紹介

顔に塗って、体に塗って、髪にも塗っています。
柔らかく匂いも良く、肌も良くなっている。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

Happy Coconut LLC

【有機JAS認定】有機バージンココナッツオイル

価格:1,448円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

消化吸収を助けダイエット効能を助けるココナッツオイル

厳しい検査に合格した「オーガニック認定商品」のおすすめココナッツオイルです。ココナッツの実をふんだんに使用した贅沢なココナッツオイルで、やや濃厚でコクがあるのが特徴的でしょう。

 

南国の甘いココナッツオイルの香りで、アジアンやエスニック系料理・香辛料が大好きな人におすすめです。又、中鎖脂肪酸が67.33%含まれていることで、一般の油の4倍近くの成分が消化吸収を促進させます。

種類バージンココナッツオイル内容量500ml
製法低温圧搾産地スリランカ
認証日本有機栽培認定食品(有機JAS)・ヨーロッパ有機栽培認定・米国有機栽培認定(USDA organic)

口コミを紹介

乾燥肌なので、色々な化粧水等を試していたんですが、どれも保湿の持続性がなく色々探していたところ、友人にココナッツオイルを勧められました。
早速試してみた所、しっとりとした状態が化粧水とは比べ物にならないぐらい持続します!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

株式会社レインフォレストハーブジャパン

バージンココナッツオイル

価格:1,630円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

化学物質を使っていない安全でおすすめのココナッツオイル

甘く香ばしい香りで、ココナッツ本来の香りを堪能したい人にぴったりのオイルです。化学物質や熱を用いてオイルを食用に精製せずに、安心して食べられるのが魅力的と言えるでしょう。

 

コーヒー・紅茶と言った飲み物の他に、ドレッシングやバターとしても代用できます。又、未加工のココナッツオイルで、保存料を使わずに漂白・外見・味に関する加工もしていないことから長期保存が可能です。

 

24度以下でココナッツオイルが白く固まってしまっても、そのままバターのように使うことができます。

種類バージンココナッツオイル内容量500ml
製法低温圧搾産地フィリピン
認証日本有機栽培認定食品(有機JAS)・日本有機栽培認定食品

口コミを紹介

コーヒーに入れて飲んだり、菓子材料として使っていますが、美味しいです。
ケースがプラでなく瓶なのも良いです。
この時期は気温によって固まったり溶けて透明になったりしていますが香りが良く味も好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

株式会社レインフォレストハーブジャパン

有機JASオーガニックバージンココナッツオイル

価格:1,680円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

妊婦さんも安心して食べられるバージンココナッツオイル

妊娠中や授乳中の人でも安心して食べられるバージンココナッツオイルです。味やお腹の調子が気になる人は、ジュースやヨーグルトに混ぜるととても食べやすくて子供も率先して食べてくれるでしょう。

 

有機栽培・冷圧法での採油・未精製で安定性が高くて数年の長期保存ができます。純度が高いことで効能が期待できるのが魅力的であり、油の粒子が細かくサラサラしていることからスキンケアにも最適です。

 

甘く香ばしい香りが特徴的で、使う度に風味を思う存分に楽しめてコーヒー・紅茶・お茶・ジュース・ヨーグルトに入れることもできます。

種類バージンココナッツオイル内容量500ml
製法低温圧搾産地タイ
認証日本有機栽培認定食品(有機JAS)・米国有機栽培認定(USDA organic)・ヨーロッパ有機栽培認定

口コミを紹介

夜寝る前にこれを溶かした白湯を飲んでいます。
トイレも絶好調です。
はじめて飲む方は小さじ1杯だけにしたほうがいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

バージンココナッツオイルのおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5208952の画像

    株式会社レインフォレストハーブジャパン

  • 2
    アイテムID:5208965の画像

    株式会社レインフォレストハーブジャパン

  • 3
    アイテムID:5208972の画像

    Happy Coconut LLC

  • 4
    アイテムID:5208980の画像

    Niugini Organics

  • 商品名
  • 有機JASオーガニックバージンココナッツオイル
  • バージンココナッツオイル
  • 【有機JAS認定】有機バージンココナッツオイル
  • バージン ココナッツオイル
  • 特徴
  • 妊婦さんも安心して食べられるバージンココナッツオイル
  • 化学物質を使っていない安全でおすすめのココナッツオイル
  • 消化吸収を助けダイエット効能を助けるココナッツオイル
  • 子供にも安心・おすすめのココナッツオイル
  • 価格
  • 1680円(税込)
  • 1630円(税込)
  • 1448円(税込)
  • 1240円(税込)
  • 種類
  • バージンココナッツオイル
  • バージンココナッツオイル
  • バージンココナッツオイル
  • バージンココナッツオイル
  • 内容量
  • 500ml
  • 500ml
  • 500ml
  • 320ml
  • 製法
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 産地
  • タイ
  • フィリピン
  • スリランカ
  • -
  • 認証
  • 日本有機栽培認定食品(有機JAS)・米国有機栽培認定(USDA organic)・ヨーロッパ有機栽培認定
  • 日本有機栽培認定食品(有機JAS)・日本有機栽培認定食品
  • 日本有機栽培認定食品(有機JAS)・ヨーロッパ有機栽培認定・米国有機栽培認定(USDA organic)
  • オーストラリアの有機認定(ACO)・ヨーロッパの有機認定(EU)

エキストラバージンオイルのおすすめ5選

第5位

cocowell (ココウェル)

エキストラバージンココナッツオイル エクスぺラー

価格:1,536円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

劣化しにくい安定した風味がおすすめのココナッツオイル

採りたての果肉を粉砕してから熱を加えずに40度以下の温風で乾燥させ、水分を0.1パーセント以下になるまで取り除いてから低温圧搾したココナッツオイルです。オイルと水が接する時間を短くできる為、劣化しにくい品質で安定したオイルとして人気があります。

 

ほんのり香ばしいココナッツの甘い香りが特長で、風味を堪能したい人におすすめです。グリーンのラベルは爽やかなイメージで、どんな場所に置いても違和感がなくおしゃれに演出できます。

種類エキストラバージンココナッツオイル内容量360g
製法低温圧搾産地-
認証-

口コミを紹介

最初から購入目的はクレンジングなので少しでも安く買いたかったので良かった。
ここのココナッツオイルはとても質の良いものなのでまたリピします

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

CIVGIS(チブギス)

有機JAS認定オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル

価格:1,598円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌に優しいココナッツオイル

タイの有機農園で無農薬栽培されたココナッツの果肉を、低温圧搾して作られたココナッツオイルです。保湿力が高いことでスキンケアとしてもおすすめであり、乾燥肌の人にぜひ使ってほしいオイルと言えるでしょう。

 

農薬は勿論のこと、添加物も一切含まれていないことで肌に優しく、耐熱性にも優れていて加熱調理にもおすすめです。又、有機日本農林規格認定のココナッツオイルで安心・安全に使うことができます。

種類エキストラバージンココナッツオイル内容量450ml
製法低温圧搾産地タイ
認証有機JAS認定

口コミを紹介

知名度が低いため、他メーカーの同容量の製品に比べて格安ですが、品質は遜色ありません。某有名高級スーパーでも取り扱っているのでクオリティは折り紙付きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

株式会社レインフォレストハーブジャパン

JASオーガニック認定 有機エキストラバージンココナッツオイル

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

香りが心地よいアロマタイプのココナッツオイル

ほどよいココナッツの香りを楽しめるアロマタイプのココナッツオイルです。ドレッシングやコーヒーに入れるとおいしく食すことができ、熱・光・酸素による酸化に強くて加熱調理にもマッチします。

 

又、分子が小さくて消化しやすい中鎖脂肪酸が多いことで、エネルギーに変わりやすくダイエット目的の摂取にも優れています。無臭ではない為、ココナッツの香りが好きな人におすすめのオイルでしょう。

種類エキストラバージンココナッツオイル内容量365g
製法低温圧搾産地ベトナム
認証ヨーロッパ有機栽培認定・日本有機栽培認定食品(有機JAS)・米国有機栽培認定(USDA organic)

口コミを紹介

こちらのココナッツオイルは初めて購入しましたが、甘いココナッツの香りがするタイプです❣️他メーカーのオイルも4種類使いましたが、無臭のオイルは苦手でした!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

SOMA FACTORY

有機JAS オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

体に塗ることもできるココナッツオイル

有機栽培されたココナッツを生の果肉のまま、コールドプレスして抽出された無精製のココナッツオイルです。コーヒー・紅茶に混ぜて飲んだり、ドレッシングや炒め物にしたりと幅広く活用できます。

 

又、ボディマッサージ・ヘアケアなどにも代用が可能で、スキンケア用品としてもおすすめです。体内への消化スピードは通常の脂肪酸の約4倍で、代謝スピードはおよそ10倍とされています。

 

ダイエットしたいけどなかなか成功しないという人は、積極的にココナッツオイルを使ってみましょう。

種類エキストラバージンココナッツオイル内容量500ml
製法低温圧搾産地スリランカ
認証日本有機栽培認定食品(有機JAS)

口コミを紹介

ホントに有機なのかな、と思い、農政局に問い合わせたら検査機関を教えてくださり、
尋ねた結果、ちゃんと有機でした!
あとは抽出方法ですが、おそらくちゃんとされていると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ブラウンシュガーファースト

オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル

価格:1,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

風味を残して美容・健康の効能が望めるココナッツオイル

新鮮さ・おいしさ・品質にこだわった、お店の看板商品となっているココナッツオイルです。収穫したばかりの新鮮なココナッツの胚乳のみを使い、遠心分離でオイルを抽出しています。

 

化学物質を使った精製をしていないことでココナッツの優しい風味があり、美容・健康の効能も期待できるのが魅力的です。離乳食やベビー飲料としても安心できる、おすすめのココナッツオイルとして注目されています。

種類エキストラバージンココナッツオイル内容量425g
製法低温圧搾産地タイ
認証有機JAS

口コミを紹介

こちらはエキストラバージンとのことで、もしかしたら大丈夫かな?と試してみました。美味しい…嬉しい…フライパンにオイルを落としてパンと砂糖とシナモンでパリッとさせるのがお気に入りです。

出典:https://www.amazon.co.jp

エキストラバージンオイルのおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5209277の画像

    ブラウンシュガーファースト

  • 2
    アイテムID:5209291の画像

    SOMA FACTORY

  • 3
    アイテムID:5209311の画像

    株式会社レインフォレストハーブジャパン

  • 4
    アイテムID:5209328の画像

    CIVGIS(チブギス)

  • 5
    アイテムID:5209345の画像

    cocowell (ココウェル)

  • 商品名
  • オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル
  • 有機JAS オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル
  • JASオーガニック認定 有機エキストラバージンココナッツオイル
  • 有機JAS認定オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル
  • エキストラバージンココナッツオイル エクスぺラー
  • 特徴
  • 風味を残して美容・健康の効能が望めるココナッツオイル
  • 体に塗ることもできるココナッツオイル
  • 香りが心地よいアロマタイプのココナッツオイル
  • 肌に優しいココナッツオイル
  • 劣化しにくい安定した風味がおすすめのココナッツオイル
  • 価格
  • 1900円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 980円(税込)
  • 1598円(税込)
  • 1536円(税込)
  • 種類
  • エキストラバージンココナッツオイル
  • エキストラバージンココナッツオイル
  • エキストラバージンココナッツオイル
  • エキストラバージンココナッツオイル
  • エキストラバージンココナッツオイル
  • 内容量
  • 425g
  • 500ml
  • 365g
  • 450ml
  • 360g
  • 製法
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 低温圧搾
  • 産地
  • タイ
  • スリランカ
  • ベトナム
  • タイ
  • -
  • 認証
  • 有機JAS
  • 日本有機栽培認定食品(有機JAS)
  • ヨーロッパ有機栽培認定・日本有機栽培認定食品(有機JAS)・米国有機栽培認定(USDA organic)
  • 有機JAS認定
  • -

RBDココナッツオイルのおすすめ3選

第3位

cocowell (ココウェル)

リキッドココナッツオイル

価格:2,279円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

甘い香りが控えめで苦手な人も安心のココナッツオイル

ココナッツの果肉から採ったココナッツオイルです。中性脂肪になりにくくて酸化しにくいオイルとして、長く保存が可能、そしてココナッツオイルの特有の甘い香りも控えめで香りが苦手な人でも安心して食べられます

 

又、冬の寒い時期や冷蔵庫でも固まらない為、調理したい時にサッと使えて便利なオイルと言えるでしょう。

種類RBDココナッツオイル内容量280g
製法低温圧搾産地-
認証-

口コミを紹介

ココナッツの味も香りも控えめ(ほとんどない)で、料理の邪魔をしないと思います。
コーヒーに入れて飲みましたが、サラサラで使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ココウェル

プレミアムココナッツオイル

価格:1,026円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バター代わりに使えるココナッツオイル

劣化しにくいココナッツオイルで、調理油の他に炒め物や揚げ物にも使えます。バターの代わりにトーストに塗ってもおいしく食べられ、体に優しくてダイエット中の人でも問題ないです。

 

少量でも使いやすい口栓が付いており、使う時にサッと出せます。又、しっかりと栓をすることができて、いつでも新鮮なココナッツオイルを使えることがランキングや口コミでも人気の秘密でしょう。

種類RBDココナッツオイル内容量460g
製法-産地フィリピン
認証-

口コミを紹介

無臭のココナッツオイルではこれが一番無難だと思います。
口栓付きなので夏はそのまま使えるし、冬はパウチごと湯煎にかけられるので非常に便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

株式会社レインフォレストハーブジャパン

JASオーガニック認定 有機調理用 ココナッツオイル

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無臭で日本食などにも使えるココナッツオイル

独特のココナッツオイルの香りがしない無臭タイプで、日本食など繊細な料理をする人におすすめです。又、天然の中鎖脂肪酸が主成分の為、光・酸素・熱に強くどんな料理にも利用できます。

 

クセがないことで色んな料理に対応できるのが、このココナッツオイルのメリットと言えるでしょう。

種類RBDココナッツオイル内容量456g
製法-産地フィリピン
認証日本有機栽培認定食品(有機JAS)・日本有機栽培認定食品

口コミを紹介

一袋使い切りましたが、今のところ
よく見かける緑色のパッケージのココナツオイルとの違い分からず
品質は良さそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

RBDココナッツオイルのおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5210495の画像

    株式会社レインフォレストハーブジャパン

  • 2
    アイテムID:5210507の画像

    ココウェル

  • 3
    アイテムID:5210512の画像

    cocowell (ココウェル)

  • 商品名
  • JASオーガニック認定 有機調理用 ココナッツオイル
  • プレミアムココナッツオイル
  • リキッドココナッツオイル
  • 特徴
  • 無臭で日本食などにも使えるココナッツオイル
  • バター代わりに使えるココナッツオイル
  • 甘い香りが控えめで苦手な人も安心のココナッツオイル
  • 価格
  • 2380円(税込)
  • 1026円(税込)
  • 2279円(税込)
  • 種類
  • RBDココナッツオイル
  • RBDココナッツオイル
  • RBDココナッツオイル
  • 内容量
  • 456g
  • 460g
  • 280g
  • 製法
  • -
  • -
  • 低温圧搾
  • 産地
  • フィリピン
  • フィリピン
  • -
  • 認証
  • 日本有機栽培認定食品(有機JAS)・日本有機栽培認定食品
  • -
  • -

スキンケアにおすすめのココナッツオイル3選

第3位

Nature's Way(ネイチャーズウェイ)

Coconut Oil-extra Virgin

価格:1,212円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低温圧搾製法で有効成分が効果的なココナッツオイル

低温圧搾製法によって、ココナッツの栄養を残しているからこそ健康や美容効能が望めるココナッツオイルです。燃焼しやすい中鎖脂肪酸が含まれていることで、ダイエットをしている人におすすめのオイルと言えるでしょう。

 

髪や肌にも良いことから、体に塗ることができる為、乾燥しやすい肌質の人はココナッツオイルを定期的に使ってみてください。

種類エキストラバージンココナッツオイル内容量454g
製法低温圧搾産地-
認証-

口コミを紹介

お値打ちで助かります!
すぐに届いて愛用してます。
パイ生地にもクッキーにも使えて、健康に良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

アライドコーポレーション

チャオコー ココナッツオイル

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイエットの効能が期待できるココナッツオイル

タイで一番品質の高いココナッツブランドのチャオコーのバージンココナッツオイルです。トランス脂肪酸・コレステロールゼロで消化吸収に優れている点から、脂肪になりにくくダイエット効果が望めます

 

酸化に強いオイルで、炒め物や揚げ物など加熱しても問題がなく、バターの代わりとしてパンに塗ったりコーヒーや紅茶に入れてもおいしく飲めて幅広く活用が可能です。

種類バージンココナッツオイル内容量157g
製法-産地タイ
認証-

口コミを紹介

ココナッツの香りが強すぎずとても食べやすいです。
ココナッツオイルはこればかりを使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

KIRKLAND(カークランド)

オーガニック ココナッツオイル

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スキンケアにも使えるコストコのココナッツオイル

コストコのオリジナルブランド・バージンココナッツオイルです。2285gとたっぷりの量が特徴的であり、食用はもちろん、スキンケア・ヘアケア用としても定評があるオイルとして人気があります。

 

有機栽培されたココナッツのバージンオイルを使用し、アメリカ有機認定を取得した商品として安心・安全です。

種類バージンココナッツオイル内容量2285g
製法-産地フィリピン
認証USDA(アメリカ有機認定)

口コミを紹介

まずはそのまま食してみると、舌触りは少々オイリーですが後を引かない喉ごしでまろやかな甘味。ココナッツの風味がよく漂います。

出典:https://www.amazon.co.jp

スキンケアにおすすめのココナッツオイル比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5210515の画像

    KIRKLAND(カークランド)

  • 2
    アイテムID:5210546の画像

    アライドコーポレーション

  • 3
    アイテムID:5210554の画像

    Nature's Way(ネイチャーズウェイ)

  • 商品名
  • オーガニック ココナッツオイル
  • チャオコー ココナッツオイル
  • Coconut Oil-extra Virgin
  • 特徴
  • スキンケアにも使えるコストコのココナッツオイル
  • ダイエットの効能が期待できるココナッツオイル
  • 低温圧搾製法で有効成分が効果的なココナッツオイル
  • 価格
  • 2880円(税込)
  • 972円(税込)
  • 1212円(税込)
  • 種類
  • バージンココナッツオイル
  • バージンココナッツオイル
  • エキストラバージンココナッツオイル
  • 内容量
  • 2285g
  • 157g
  • 454g
  • 製法
  • -
  • -
  • 低温圧搾
  • 産地
  • フィリピン
  • タイ
  • -
  • 認証
  • USDA(アメリカ有機認定)
  • -
  • -

ココナッツオイルの使い方&食べ方

巷で人気のココナッツオイルですが、どうやって使ったらいいのか、食べ方など知らない人も多いでしょう。そこで、画期的な使い方や食べ方を紹介します。

ココナッツオイルの使い方・効能

ココナッツオイルを正しく使うと、より良い効能が期待できます。主に注目されている使い方を紹介しましょう。

食事で使ってダイエット効果

ココナッツオイルが人気の火付けとなったのが、ダイエット効果が望めるからです。いつもの食事にココナッツオイルをちょい足しすることで脂肪燃焼につながり、スリムなボディを目指すことができます。

 

代謝アップにつながりますが、過剰摂取せずに1日スプーン2・3杯を目安に摂るようにすると継続しやすいです。気になる揚げ物も代用すればカロリーカットになり、スムージーのように飲みものに使うと飽きません。

保湿クリームとしてマッサージ効果

ココナッツオイルは食べるだけでなく、肌に塗ることもできます。勿論、商品によっては顔に塗るのは良くない成分が入っていることもあって注意が必要ですが、無害であればスキンケアとして使えるでしょう。

 

ココナッツオイルには保湿効果があるとされており、リンパに沿ってマッサージをすることで血行が良くなります。結果的に基礎代謝が上がることで、栄養成分が全身に行き渡って脂肪燃焼につながるでしょう。

 

ヘアクリームとしてパサつきケア

ココナッツオイルは肌に塗ることができることから、髪にもおすすめのオイルです。ココナッツオイルは保湿効果が期待でき、ヘアクリームとしてパサついた髪をケアするオイルと言えるでしょう。

 

パーマやカラーリングを繰り返すとキューティクルが剥がれて、髪がパサついてしまいます。ココナッツオイルを髪に塗って頭皮のマッサージをしてから眠ると、翌朝にはツヤのある美髪を目指せておすすめです。

日焼け止めとしてUVカット

ココナッツの意外な使い道としては、日焼けを抑える対策です。オイルを塗ると日焼けを助長してしまいそうですが、ココナッツオイルは高い効果は望めないものの、ちょっとしたお出かけであれば対応できます。

 

市販の日焼けを抑えるクリームは成分によって肌に負担になることもあり、敏感肌の人には向きません。天然成分のココナッツオイルであれば、肌がデリケートな人でも安心して使えるでしょう。

ペットケアにも使える

ココナッツオイルは人間だけが使うものと言ったイメージが強いですが、猫や犬などペットにも使えます。人間にとって優しい成分であればペットにも同じように使え、ボディに塗ることもできるでしょう。

 

又、毛のケア・傷口からの感染予防にも効果的であり、体に塗るだけでなくエサに混ぜることで口臭予防・消化の促進にも期待できます。大切なペットの健康・美容の為にぜひココナッツオイルを活用してみましょう。

ココナッツオイルを食用に

効率よくココナッツオイルの効能を期待したいのであれば、正しく食べることが大事です。どんな点に注意すべきか、挙げてみましょう。

ドレッシングとして使う

ココナッツオイルは、ドレッシングとして使うのが定番でしょう。レタスや大葉をちぎったサラダに、温めたココナッツオイルをまわしかけ、最後にナンプラーや鷹の爪を散らせばエスニック・サラダの完成です。

 

野菜が苦手な人でもココナッツオイルの風味でおいしく食べることができ、いつもの料理が豪華な一品に変身します。アジア料理でまとめたい日の献立として、ココナッツオイルドレッシングがおすすめです。

ホットドリンク・ラテ

いつも一息つく時に飲むホットドリンクがあれば、ココナッツオイル入りに変えてみましょう。温めた豆乳にココナッツオイルを一さじほど入れて、砂糖・シナモンで香りを付ければココナッツオイル豆乳ラテの完成です。

 

ココナッツオイルの甘い香りと、シナモンのスパイシーな香りが口の中に広がってやみつきになるでしょう。仕事や学業の合間の休憩に飲むと、気持ちがリフレッシュされてやる気がみなぎります。

炒め物の油として使う

炒め物の料理の時に、サラダ油やごま油と同じようにココナッツオイルを使ってみましょう。例えば「豚肉とピーナッツのココナッツオイル・炒め」で、豚肉を細かく切ってココナッツオイルで炒めるだけで完成です。

 

ローストしたピーナッツが加わることで、甘みが増してしっかりした食感が出て食べ応えがあります。あつあつの一皿はお酒にもすごく合い、冷めてもおいしく食べられることでお弁当にもおすすめです。

栄養豊富なココナッツオイルで、キレイを維持!

今回は、ココナッツオイルの効能や編集部のおすすめ商品、更に選び方や種類別ランキング、そして使い方&食べ方について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。お菓子作りで使うことが多いココナッツオイルも普段の食事やスキンケアオイルとして代用できます。ぜひ、ココナッツオイルの魅力を体感してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ