記事ID140482のサムネイル画像

ギターアンプのおすすめ人気ランキング15選【2020年最新版】

ギターアンプは使う場所やシチュエーションによって適しているものがそれぞれです。材質にこだわった真空管のタイプや、初心者におすすめの価格が安い小型のタイプなどもあります。今回は人気のギターアンプをおすすめのランキングにして紹介します。

ギターアンプの種類と選び方をご紹介

ギターアンプの音は迫力があって演奏が楽しめます。大きな音が出るだけでなく、コントローラーを調整することで音を歪ませたりもできます。エフェクターが搭載されたギターアンプであればさらにバリエーションのある音色を楽しめるでしょう。

 

自宅で練習をするために使うのであればヘッドホンアウトがある小さなサイズが適していますし、ライブハウスで使うのであれば出力が大きいものでなければいけません。ギターアンプの種類を知って、用途に合ったものを使い分けられるようにするのがベストです。

大きさやメーカーの種類を知ろう

アンプの大きさはワット数で判断することが多いでしょう。小型であれば 5W~10Wが豊富にあります。20Wあれば自宅で練習するには十分な大きさです。中型であれば30W~50wの出力が出ます。ホールで使うような大型サイズであれば100W以上もあります。

 

メーカーならマーシャル・フェンダーなど伝統のあるギターブランドが出しているアンプは定番でしょう。Voxなどのコスパが良く迫力がある音を楽しめるメーカーもあります。日本であればヤマハ・BOSS・ローランドなどのアンプが人気です。   

自分の目的を理解して選ぼう

アンプは環境やシチュエーションに合わせて使いやすいものを選びましょう。自宅で練習する目的であれば、5W~10Wの小型サイズで十分演奏ができます。ヘッドホンアウトがついていたり、音楽メディアと一緒に演奏できるAUX端子がついているタイプだと便利です。

 

スタジオの音合わせや小規模ライブは20W~30W程度のギターアンプが適しています。大きなホールで演奏する場合には100W以上のアンプが必要でプロが使います。アマチュアで100Wのアンプを使う事はほぼありませんが、知識として知っておくと良いでしょう。

ギターアンプの選び方

ギターアンプはサイズの違いだけでなく、機能や音色にもバリエーションがあります。何を基準に選んでいいのかがよく分からない場合には、コントロールがシンプルなものや、憧れのアンプメーカーから選んでみるのも良いでしょう。 

 

大きさで選ぶ

アンプは演奏をする場所の広さに応じて適切なサイズを選びましょう。演奏する場所に合わない大きさのアンプを選んでしまうと、音が大きすぎたり逆に小さすぎたりします。演奏を聴く人が心地よく聴ける程度の音が出る大きさを選ぶのが大切です。 

~20W

小型のアンプは3W・5W程度のサイズや、もっと小さいものであれば1Wもあります。自室で楽しむ目的でギターを弾くなら、小さなワット数のギターアンプでも十分でしょう。ギターの練習用であれば10W~20W程度は出る方が良いかも知れません。

 

現在はシールドが不要な超小型ミニアンプもあります。ギターに直接プラグを差し込んで使いますので、ギターアンプを置く場所がない場合でも安心して演奏できるでしょう。超小型アンプはヘッドホン端子がついていたりと、ひとりで練習するのに適しています。

~100W

中型サイズのギターアンプは30W・40W・50W程度の出力になります。自宅で練習用に使うには出る音が大きく、スタジオでの音合わせなどに使うのに適しています。40W以上あれば、小さなライブハウスでの演奏にも使えるサイズです。

 

100W以上の出力があるギターアンプは、大きなホールなどで使うものです。大きな規模のライブハウスではないのであれば、40W~100W程度のの出力でも十分使えるでしょう。

形状で選ぶ

ギターアンプは大きく分けると2つの形状があります。ヘッドアンプとスピーカーが一体型になった「コンボ」と、ヘッドアンプとスピーカーがセパレートしている「スタック」です。それぞれ特徴がありますのでチェックしておくのがおすすめです。

コンボアンプ

コンボアンプのメリットは、出力の高さと比較して大きさがコンパクトな点です。持ち運びも簡単なので、自宅での練習用・野外での演奏・スタジオでの音合わせなど色々なシチュエーションで使いやすいでしょう。

 

色や機能もアンプによってそれぞれ個性があります。色々なサイズや機能がある中から選べるのも魅力で、エフェクターやチューナーが搭載されていたりと、便利な機能がついているタイプも多いです。

スタックアンプ

スタックアンプは、ヘッドアンプとスピーカーがセパレートしているのが特徴です。メリットは好みのヘッドアンプとスピーカーを、選んで組み合わせできるところでしょう。アンプが2つに分かれているので持ち運びしにくいのがデメリットです。

 

オリジナルのサウンドを作りたい場合には、スタックの方が楽しめるでしょう。ヘッドアンプだけでも持っておくと、プリアンプ・パワーアンプの調整ができますので、ライブハウスのスピーカーと組み合わせて使えます。

音質で選ぶ

アンプから出力される音は大きく分けると2種類あります。真空管を使った柔らかくナチュラルな音が出るタイプと、デジタル技術が使われていて安定した音が出るタイプです。好みの音が出るギターアンプを選んで使うのがおすすめです。

真空管

真空管を使ったギターアンプは、ナチュラルで温かみがあり、アンプ本来の音が出るのが特徴です。キメの細かい歪んだ音がでますので、ナチュラルなディストーションを出したい場合には、真空管のギターアンプを使ってみるのも良いでしょう。

 

難点としては真空管には寿命があるところです。真空管の寿命が近づいてくると、音が小さくなってきます。また音が歪まなくなるのも寿命が近づいているときの症状です。真空管の寿命が来たら買い替える必要が出てきます。

モデリング

モデリングアンプはデジタル技術を使っているため、場所や環境に関わらずいつでも安定した音が出せるのがメリットです。何十種類ものプリセットやエフェクター機能が搭載されているものも珍しくありません。

 

コンピューターとチップで動作していますので、ファームアップによって新しいプリセットをアンプに取り込むこともできます。デジタル技術を使った硬い音質が特徴のトランジスタアンプと比べても、非常に品質が高くなってきています。

メーカーで選ぶ

ギターアンプはメーカーによっても特徴が違います。外見だけでなく音質にもメーカーで個性があるため、音の特徴をチェックしておきましょう。持っているギターとの相性で選ぶのもおすすめです。

フェンダー

フェンダーのギターアンプはクセがないサウンドが出るのが特徴です。ギターメーカーとしても世界的に有名で伝統のある会社なので、アンプを選ぶのに迷った場合にはフェンダーを使うのがおすすめです。

 

相性が良いのはストラトやテレキャスなどのシャープな音が出るギターです。バランスのとれたクリアな音が好みの場合にもフェンダーが適しています。

マーシャル

低音域と高音域が充実していて、ハードロック系の音が似あうのがマーシャルのギターアンプです。真空管を使ったアンプであれば、コントロールで歪ませることで温かみのありながら迫力のあるサウンドが出ます。

 

マーシャルのアンプと相性が良いギターはレスポールです。レスポールの丸みがあるサウンドは、マーシャルと組み合わせることで独特の粘りを出します。

vox

voxのギターアンプは、煌びやかでまろやかな音が出るのが特徴です。ハードロック系のサウンドにも合いますし、クリーントーンでジャズを演奏するのもおすすめです。アコースティック系の演奏をする場合にも適しています。

 

相性が良いのは、エレキギターであればレスポールです。またセミアコ・エレアコなどのアコースティックギターと組み合わせても美しい音が出ます。

ギターアンプおすすめ10選

第10位

ヤマハ(YAMAHA)

GA15II

価格:5,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

練習用に最適な小型アンプ

良質な音が出るコスパの良いギターアンプです。DRIVEとCLEANの2チャンネルがありますので、エフェクター不要で歪んだ音が作れます。

 

オーディオプレーヤーと接続可能なAUX端子がついています。ヘッドフォンをつけて演奏できますので、自宅の練習用としてもぴったりでしょう。

出力15Wサイズ29.1cm×18.9cm×30cm
重量5kg

口コミを紹介

高音、低音もしっかり出ます。電源入れる時と切る時ボッソっと可愛い音がします。大きいアンプはボンと大きい音がしますよ。
とにかくクリーンが綺麗に出ます。お買い得だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

VOX(ヴォックス)

MINI5 Rhythm

価格:12,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンプ・モデルを11種内蔵している

ハイゲイン系からクリーン系まで全部で11種類のアンプモデルが内蔵されています。コーラス・ディレイ・リバーブなどのエフェクターも8種類搭載されているのが魅力です。

 

リズム機能はトータルで99種類入っています。自宅で練習するのにも適していますし、持ち運びが簡単なのでミニライブなどでも活躍します。

出力5Wサイズ26.9cm×17.9cm×26.7cm
重量3.5kg

口コミを紹介

15名程度のミニライブで使いました。エレアコとエレキをABフットスイッチで切り替えて、アンプはラインに設定しエレキにエフェクターをかませてたら、支障なく使えました

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

VOX

Ikebe Original Pathfinder10

価格:5,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Pathfinder10のイケベオリジナルカラー

VOXアンプの中でも人気の「Pathfinder10」から出ているイケベオリジナルカラーです。ダイヤモンドグリルクロスがブラックで、ロゴがシルバーになっています。

 

切り替えが簡単なクリーンとオーバードライブのスイッチです。ヘッドホン端子が付いていますので、自宅で練習するのに適しています。

出力10Wサイズ38cm× 26cm×17cm
重量4.8kg

口コミを紹介

多機能なものよりシンプルな機能の方が壊れにくいだろうと考え、このアンプにしました。
筐体は頑丈な印象です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

Roland(ローランド)

MOBILE-AC

価格:17,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなサイズのアコースティック用ギターアンプ

小さなサイズですが美しい音が楽しめるコースティック用のアンプです。電源がACアダプタと電池のため、屋外の演奏も簡単にできます。

 

空間合成式コーラス・アコースティック用にチューンしたリバーブが付いています。マイクとオーディオ入力ができる3チャンネル仕様で、練習にもライブにも便利でしょう。

出力2.5W+2.5Wサイズ28cm×10.8cm×17.7cm
重量2.5 kg

口コミを紹介

野外で演奏してみて、電池で駆動時も不安なく演奏できてそんなに広いところでなければ十分な音量だし、音質もクリアーで扱いやすいのがとてもよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

ヤマハ(YAMAHA)

THR5A

価格:20,741円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レトロな外見のエレアコ用ギターアンプ

非常に質の良い音が楽しめるコスパの良いギターアンプです。コーラス・リバーブなどのエフェクターのほかコンプレッサーも搭載されています。

 

チューナー内蔵・バッテリー駆動・USBありです。ギターを演奏する時に便利な機能が搭載されていて、自宅や屋外など様々なシチュエーションで使えます。

出力5W+5Wサイズ27cm×16cm×12cm
重量2kg

口コミを紹介

どこで演奏しても自然な音色が出るので、アンプを使ってることを忘れてしまいます。いつまでも気持ち良く弾いていられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

BOSS

KATANA-MINI

価格:12,200円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなコントロールのギターアンプ

小さなサイズですが音が良いのが特徴です。コントロールはシンプルなので、色々な音色を出して楽しみたい場合にはエフェクターと組み合わせるのがおすすめです。

 

オーディオプレーヤーと接続可能なAUX端子が付いていて自宅での練習用に適しています。軽量でバッテリー駆動のため屋外で演奏するのも簡単です。

出力サイズ23cm×11.6cm×18.1cm
重量1.2 kg

口コミを紹介

3代目に選びました。自宅で弾くことが多く、15W、40Wではヘッドフォンで深夜に練習していますが、刀miniは8Wだからヘッドフォン無しで練習できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

ORANGE

Crush 20W Guitar Amp

価格:23,138円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オレンジのカラフルな外見が特徴

クリアとオーバードライブのほかリバーブがついています。音質が良いのでシンプルな楽曲であればエフェクターなしでも楽しめるでしょう。

 

チューナーがついているのも魅力です。こちらのアンプとギターがあれば、どこでも気軽に演奏が楽しめます。

出力20Wサイズ37.5cm×32.5cm×19.7cm
重量7.15kg

口コミを紹介

見た目も音も、そしてリバーブ付きなのもとても良い!お勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

MARSHALL

CODE25

価格:20,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歴代のマーシャルトーンを忠実にモデリング

14種類のMSTプリアンプ・4種類のMSTパワーアンプ・8種類のMSTスピーカーキャビネットが搭載されています。コンプレッサー・ディストーション・オートワウ・コーラス・フランジャーなど24種類のエフェクターも入っていて演奏が充実するでしょう。

 

iOS・Androidのデバイスで専用アプリを接続すると、プリセットを他のCODEユーザーと共有できます。フットコントローラーの接続で30種類のプリセットの作成、パネルファンクションのコントロールもできます。

出力25Wサイズ35cm×34cm×21.5cm
重量6.1kg

口コミを紹介

"Marshall" の名に恥じぬ,想像以上の商品でした。
真空管にこだわらず、購入して正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Pignose

エレキギター用ミニアンプ 7-100-R

価格:12,210円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロギタリストにも愛用者が多いアンプ

1970年代に発売されて以降、有名人やプロギタリストにも愛用者が多いことで知られているギターアンプです。エリッククラプトンがよく使っていたり、レッドツェッペリンのレコーディングで使われたりもしています。

 

音質が良いことに加えて、操作がシンプルな点や耐久性の高い素材が使われているのも魅力です。レトロで可愛い外見のデザイン同様に、スピーカーから出てくる音も真空管アンプに似た味のある独特の雰囲気です。

出力3Wサイズ15.5cm×21cm×10cm
重量 1.9kg

口コミを紹介

何といってもボリューム一個だけで気持ちのよい音が出てくるというシンプルさが快適です。また長年変わらない個性的でチープシックなデザインは小さい乍ら存在感は大型アンプに負けません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Fender(フェンダー)

MUSTANG GT 40

価格:20,973円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wi-FiとBluetoothが使えるデジタルギターアンプ

21種類のモデリングアンプと47種類のエフェクターが搭載されていて、様々な音色が楽しめるギターアンプです。ファームウエアのアップデートによって今後もプリセットが増えていくところも魅力でしょう。

 

アーティストプリセットが多数搭載されている点も注目です。日本からは「LUNA SEA」のINORAN、「L'arc~en~Ciel」のKen、「フジファブリック」の山内総一郎などを含め、海外アーティストのプリセットも充実しています。

出力40Wサイズ26.7cm×38.73cm×21.0cm
重量6.25 kg

口コミを紹介

ライブハウスや大きな場所で演奏する予定のない人はGT 40をオススメします。
GT 40でもカフェのライブも十分使用できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ギターアンプの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5198214の画像

    Fender(フェンダー)

  • 2
    アイテムID:5198204の画像

    Pignose

  • 3
    アイテムID:5198209の画像

    MARSHALL

  • 4
    アイテムID:5198221の画像

    ORANGE

  • 5
    アイテムID:5198199の画像

    BOSS

  • 6
    アイテムID:5198179の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 7
    アイテムID:5198187の画像

    Roland(ローランド)

  • 8
    アイテムID:5198185の画像

    VOX

  • 9
    アイテムID:5198175の画像

    VOX(ヴォックス)

  • 10
    アイテムID:5198170の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 商品名
  • MUSTANG GT 40
  • エレキギター用ミニアンプ 7-100-R
  • CODE25
  • Crush 20W Guitar Amp
  • KATANA-MINI
  • THR5A
  • MOBILE-AC
  • Ikebe Original Pathfinder10
  • MINI5 Rhythm
  • GA15II
  • 特徴
  • Wi-FiとBluetoothが使えるデジタルギターアンプ
  • プロギタリストにも愛用者が多いアンプ
  • 歴代のマーシャルトーンを忠実にモデリング
  • オレンジのカラフルな外見が特徴
  • シンプルなコントロールのギターアンプ
  • レトロな外見のエレアコ用ギターアンプ
  • コンパクトなサイズのアコースティック用ギターアンプ
  • Pathfinder10のイケベオリジナルカラー
  • アンプ・モデルを11種内蔵している
  • 練習用に最適な小型アンプ
  • 価格
  • 20973円(税込)
  • 12210円(税込)
  • 20500円(税込)
  • 23138円(税込)
  • 12200円(税込)
  • 20741円(税込)
  • 17800円(税込)
  • 5000円(税込)
  • 12690円(税込)
  • 5890円(税込)
  • 出力
  • 40W
  • 3W
  • 25W
  • 20W
  • 5W+5W
  • 2.5W+2.5W
  • 10W
  • 5W
  • 15W
  • サイズ
  • 26.7cm×38.73cm×21.0cm
  • 15.5cm×21cm×10cm
  • 35cm×34cm×21.5cm
  • 37.5cm×32.5cm×19.7cm
  • 23cm×11.6cm×18.1cm
  • 27cm×16cm×12cm
  • 28cm×10.8cm×17.7cm
  • 38cm× 26cm×17cm
  • 26.9cm×17.9cm×26.7cm
  • 29.1cm×18.9cm×30cm
  • 重量
  • 6.25 kg
  • 1.9kg
  • 6.1kg
  • 7.15kg
  • 1.2 kg
  • 2kg
  • 2.5 kg
  • 4.8kg
  • 3.5kg
  • 5kg

初心者におすすめのギターアンプ5選

第5位

VOX(ヴォックス)

MINI3-G2 IV

価格:8,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

11種類のアンプタイプを内蔵している

クリーンから超ハイゲインまで11種類のアンプタイプを内蔵しています。コンプレッサー・コーラス・ディレイ・リバーブなどのエフェクターも入っています。

 

小さなサイズで持ち運びが便利な点も特徴です。ACアダプタのほか電池でも駆動しますので、屋外での演奏にもぴったりです。

 

出力3Wサイズ262cm×174cm×223cm
重量3.0kg

口コミを紹介

まずは エフェクターを使わなくても 綺麗なクリーントーンから そこそこのディストーション(ドンシャリちっく)まで出せますので シールド一本あれば お手軽に練習できます

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

MARSHALL

MG10 GOLD

価格:8,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅の練習におすすめのマーシャルギターアンプ

チャンネルはクリーンとオーバードライブの2つで、コントロールの操作がシンプルです。オーディオに合わせて演奏できるMP3入力端子とヘッドホン端子が付いています。

 

小さなサイズですが出力が10Wなので自宅での練習用には十分です。自宅で楽しく演奏するためのアンプとしてもおすすめでしょう。

 

出力10Wサイズ31.5cm×29.5cm×18cm
重量4.8kg

口コミを紹介

小さいサイズでしたが、音も良くデザインが最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

VOX(ヴォックス)

amPlug2 AC30

価格:3,085円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シールド不要の超小型ギターアンプ

ギターとアンプをつなぐシールドが不要で、ギターに直接差し込んで使う超小型アンプです。MP3プレイヤーに合わせて演奏できるAUXイン端子と、周囲に迷惑をかけずに演奏できずヘッドホンアウト端子が搭載されています。

 

非常に小さなサイズですがクリーンな音からクランチ系の歪んだ音まで出すことができます。コーラス・リバーブ・ディレイのエフェクターも搭載されてるのも注目です。アンプを置くスペースがなくても演奏を楽しめるでしょう。

出力サイズ86mm×80mm×31mm
重量40g(電池含まず)

口コミを紹介

そのままギターに差せばすぐに弾けます。
音も良いです。
リバーブ、コーラス、ディレイもかかります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

VOX(ヴォックス)

Pathfinder 10

価格:5,311円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトながら迫力のあるサウンドが楽しめる

クリーンとオーバードライブのスイッチが搭載された、シンプルな操作のギターアンプです。小さなサイズですが音の質は良いので、自宅での練習のほか小さな規模であればライプ演奏も可能でしょう。

 

ヘッドホンアウト端子が付いていますので、深夜の練習にも便利です。音色はシンプルなので、凝った音にしたい場合にはエフェクターをつなげて演奏するのがおすすめでしょう。外見はVOXらしいダイヤモンド・グリル・クロスが特徴です。

 

 

出力10Wサイズ38cm×17cm×26cm
重量4.8kg

口コミを紹介

気に入った点はOver Drive搭載な所です。
今日はがっつりエフェクター使う程じゃないけど、気持ち音に変化欲しいなって日とかに使うと良いですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Fender(フェンダー)

FRONTMAN 10G 100V JPN DS

価格:6,270円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ギターの初心者におすすめのフェンダーアンプ

ゲインコントロールとオーバードライブスイッチで、軽いオーバードライブから強いディストーションまで出せるギターアンプです。コントロールの操作はシンプルなので、ギターの初心者にはぴったりでしょう。

 

AUX端子が搭載されていますのでオーディオの曲に合わせながら演奏することが可能です。ヘッドホンアウト端子がついていて、深夜の練習でも周囲に迷惑をかけません。昔ながらのフェンダーらしいデザインも注目です。

出力10Wサイズ26cm×28cm×14.6cm
重量3.8kg

口コミを紹介

小型トランジスタアンプですが、フェンダーっぽい感じは出てると思います。
イコライザーにミドルはありませんが、ODスイッチを押すことで
低域が(高域も)ややスッキリし中域が出てきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者におすすめのギターアンプの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5198139の画像

    Fender(フェンダー)

  • 2
    アイテムID:5198143の画像

    VOX(ヴォックス)

  • 3
    アイテムID:5198136の画像

    VOX(ヴォックス)

  • 4
    アイテムID:5198145の画像

    MARSHALL

  • 5
    アイテムID:5198148の画像

    VOX(ヴォックス)

  • 商品名
  • FRONTMAN 10G 100V JPN DS
  • Pathfinder 10
  • amPlug2 AC30
  • MG10 GOLD
  • MINI3-G2 IV
  • 特徴
  • ギターの初心者におすすめのフェンダーアンプ
  • コンパクトながら迫力のあるサウンドが楽しめる
  • シールド不要の超小型ギターアンプ
  • 自宅の練習におすすめのマーシャルギターアンプ
  • 11種類のアンプタイプを内蔵している
  • 価格
  • 6270円(税込)
  • 5311円(税込)
  • 3085円(税込)
  • 8700円(税込)
  • 8580円(税込)
  • 出力
  • 10W
  • 10W
  • 10W
  • 3W
  • サイズ
  • 26cm×28cm×14.6cm
  • 38cm×17cm×26cm
  • 86mm×80mm×31mm
  • 31.5cm×29.5cm×18cm
  • 262cm×174cm×223cm
  • 重量
  • 3.8kg
  • 4.8kg
  • 40g(電池含まず)
  • 4.8kg
  • 3.0kg

正しいギターアンプの使い方や設定方法をご紹介

ギターアンプの使い方は、アンプの形状(コンボ・スタック)や、搭載されている機能によって違います。ここではユーザーが多い、コンボアンプの基本的な使い方について紹介します。

アンプの使い方

ギターアンプを使う時に、はじめにするのはアンプに電源を入れてギターをつなぐことです。電源は電池で駆動するタイプとアダプタでコンセントに接続して駆動するタイプがあります。ギターとアンプはシールドで接続するのが一般的です。

 

アンプに「INPUT」と表記された配線の差し込み口は、ギターに繋いだシールドを接続する部分です。「VOLUME」を少しづつ回して音を大きくしていきましょう。「PHONE」と表記された配線の差し込み口にはヘッドフォンを接続できます。

 

設定方法

音質を調整する時には、はじめに「GAIN」をゼロ・「TREBLE」「MIDDLE」「BASS」を真ん中にします。ギターを鳴らすとクリーンの音が出ますので、TREBLE・MIDDLE・BASSを回しながら、好みの音が出る位置を探しましょう。

 

クリーンの状態で好みの音が作れたらGAINを回して音を歪ませます。GAINのレベルが高ければ高いほど強く歪みますので、どの程度の歪ませ具合が良いか、コントロールを回しながら調整していきます。

ギターとアンプで演奏する時には、必ず必要になるチューナーのほか音に効果を加えるエフェクターなど、様々なアイテムを使います。以下の記事ではおすすめのギターアイテムを紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

好みの音が出るギターアンプを見つけよう

ギターアンプは迫力のある音で演奏できるのが魅力です。搭載機能・メーカー・使用素材などによって音に個性が出ますので、好みのアンプを選んで使いましょう。ぜひお気に入りのアンプを見つけてギターライフを楽しんでください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ