記事ID140446のサムネイル画像

箱アイスのおすすめランキング15選【大容量で満足感が得られる】

足しげくコンビニにアイスを買いに行く煩わしさから解放してくれる箱アイス。今回はそんな箱アイスを、カップ・コーン・棒アイス・その他の4種類に分けて、ランキングで紹介します。おすすめの商品のほかに、おすすめの選び方も説明します。

箱アイス(ファミリーパック)と普通のアイスの違い

どのコンビニにでも置いてある箱アイス。「ファミリーパック」「ファミリーサイズ」と呼ばれることもあるように、普通のアイスよりも大容量なのが特徴です。食べすぎを懸念する方もいらっしゃるでしょうが、1個あたりのサイズが小さく、カロリーもその分低いことが多いです。

 

また、さまざまな種類のアイスがセットになっているケースもあり、1箱で異なる味を楽しめるのも醍醐味です。低価格でそこで今回は箱アイスの選び方おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

編集部のイチオシ箱アイスはこちら!

ワールドギフト

クリ―マリー プレミアムアイスキャンディ

価格:5,395円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SNS映えする豪華な棒アイス

編集部イチオシの箱アイスはこちら。『プレミアムアイスキャンディ』です。若者を中心に多くの人に親しまれているコールド・ストーン・クリーマリーが手がける棒アイスです。

 

トッピングがふんだんに盛られていて、見て楽しい、食べておいしいアイスになっているのが特徴的。具体的にはいちごやアーモンド、マンゴーなどが乗っています。SNS映えするアイスを探している方におすすめです。

1個/本あたりのカロリー-容量75ml×10本

口コミを紹介

お中元として親戚に送りました。
高級感があって喜ばれました。
数が多くないことがかえって良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

妹家族に送りました。
家でパーティする時に、来客に出して
喜ばれたそうで良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

かわいいイチゴだ

出典:https://www.amazon.co.jp

箱アイスの選び方

箱アイスのランキングを見る前に、まずは選び方を押さえておきましょう。ここでは自分好みの箱アイスを見つけるコツについて、掘り下げて解説していきます。

アイスの形で選ぶ

アイスの形は、大きく分けて「カップ」「コーン」「棒アイス」「その他」の4種類です。それぞれどのような特徴やメリットがあるのかについて、詳しく説明します。

カップ

カップに入ったアイスをスプーンですくって食べるタイプ。箱アイスの中でも、特に種類が多い形状と言えます。

 

コーンや棒アイスと違って、食べている途中に溶けてしまっても手を汚さないという大きな利点があります。別途スプーンを用意するのが面倒な方は、以下のいずれかのアイスを選びましょう。

棒アイス

1本あたりの容量が少なめで完食しやすいタイプのアイスです。棒を集めて応募する懸賞キャンペーンが実施されている商品もあるので、ワクワクしたい方におすすめ。夏はさっぱりソーダ味、冬は濃厚バニラ味など、季節に合わせて選び分けるのも楽しそうです。

コーン

棒アイスと似ていますが、こちらは持つ部分まで美味しく食べられます。やわらかくて食べやすい「レギュラーコーン」と、ザクザクした食感が特徴的な「ワッフルコーン」の2つに分けられるので、好みに応じてセレクトしましょう。

その他

上記以外には、1粒1粒個包装されている小さいサイズのアイスがあります。また、ケーキのような形状で、切り分けて食べるタイプのアイスもあります。手軽に少量ずつ食べたい場合には前者を、他の人とシェアしてワイワイ食べたい場合は後者を選びましょう。

アイスの種類で選ぶ

アイスは、乳固形分が高い順に「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」に分けられます。水分が多い「氷菓」も根強い人気を誇ります。このカテゴリによって濃厚さや後味が大きく異なるため、風味にこだわりがある方は参考にしてみてください。

カロリーで選ぶ

「アイスが食べたい。でも、カロリーが気になってしまう」という方も少なくないでしょう。カロリーを特に気にされるのは、ダイエット中の女性でしょうか。この場合はパッケージの「栄養成分表示」と書かれた部分を見比べてみてください。

 

ちなみに、1つひとつが小さい粒タイプのアイスや氷菓は、基本的にカロリーが低いことが多いです。逆にトッピングが多いアイスやサイズが大きいアイスが高カロリーな傾向にあるので、このような違いにも注目して箱アイスを選びましょう。

原材料や栄養素で選ぶ

箱アイスのパッケージには、「特定原材料7品目が含まれているか否か」「どのような栄養素が入っているのか」などが記載されています。安心してアイスを食べたいなら前者をチェックしておくべきですし、機能性の高いアイスを選びたいなら後者もあわせて確認しておくと良いです。

2019年発売の新商品かどうかで選ぶ

流行に敏感な方、珍しい味のアイスを食べてみたい方、期間限定のスイーツに目がない方は、発売日に注目してみてください。スタンダードな箱アイスを購入して食べ続けるだけでは得られないような感動と新鮮さを味わえるでしょう。

 

たとえばこのあと紹介している『ピノ ショートケーキアソート(2019年11月4日発売)』はかわいい見た目・テイストの箱アイスです。また、今回は取り上げませんでしたが、『ステラおばさんのクッキーサンドアイス チョコチップ(2019年12月3日発売)』も目新しさがあります。

コストパフォーマンスの高さで選ぶ

箱アイスを購入するときは、容量・値段・満足度のバランスが重要です。基本的には容量が少なくて値段が高いものより、安くてたくさん食べられる方が良いでしょう。しかし、容量が少なくても、味が濃厚だったりトッピングが豪華だったりする場合は満足度が高くなります。

 

また、プレゼント用として選ぶ場合は、容量が少なめでパッケージが豪華なものの方が上品に見えるでしょう。このように、食べるシーンやアイスの特徴などを踏まえ、自分が「コストパフォーマンスが高い。あるいは満足度が高い」と判断できるものを選ぶと後悔しにくいです。

アイスのテイストで選ぶ

最後にご紹介するのは、アイスのテイストです。箱アイスのテイストは、大きく「バニラ」「チョコ」「抹茶」「フルーツ」「その他」の5種類に分けられます。

バニラ

アイスの中で1番スタンダードと言えるのがバニラです。アイス屋にも必ずバニラはありますし、「どのテイストよりも好き」というファンも多いはずです。そんなバニラにはプレーンな味で食べやすいという特徴がありますが、実は味は製品ごとに違いが見られます。

 

たとえばバニラビーンズの芳醇な香りが癖になるアイスもあれば、牛乳の風味が濃いアイスもあります。シャーベットみたいなシャリシャリ感が味わえるアイスも珍しくはありません。どんな系統のバニラアイスが好きなのか押さえておけば、より的確に選べるでしょう。

チョコ

バニラやコーヒー、ミントなど、ほかのテイストと組み合わされることが多い味です。また、チョコソース・チョコチップ・パリパリチョコ・ココアパウダー・チョココーティングなど、まったく違う形や食感に化けることもあり、広く親しまれています。

 

ちなみにチョコを中心に販売しているメーカーが箱アイスを販売しているケースもあります。ラインナップの半数近くがチョコ味のアイスでありながらも、それぞれ苦味やトッピングで微妙にテイストを変えてある手の込みようが注目ポイントです。

抹茶

和テイストのアイスの中でも、特に知名度が高いのがこちら。プレーンなタイプが主流ですが、黒蜜がかかっているタイプや、あんこ・餅が練り込まれているタイプ、チョコアイスのコーティングとして使用されることもあります。

 

ちなみに、抹茶アイスは製品によって苦味・甘味の程度が大きく異なるため、慎重に吟味してから購入した方が良いです。香り高い抹茶アイスを堪能したい場合は抹茶の老舗メーカーから販売されている箱アイスを選ぶことをおすすめします。

フルーツ

「オレンジ」「メロン」「マンゴー」「キウイ」「パイナップル」など、フルーツ特有の甘酸っぱさを存分に生かしたアイスも多いです。爽やかで夏でも食べやすいだけでなく、カラフルで見ているだけでも楽しくなるでしょう。

 

また、編集部のイチオシで紹介したように、フルーツがふんだんにトッピングされているアイスも存在します。フルーツを入れて固めた棒アイスもおしゃれな雰囲気があります。こういったアイスは非常に見栄えが良いので、プレゼントとして検討してもよさそうです。

その他

場所を問わずよく見かける主要なテイストは上記のとおりですが、ほかにも多種多様な味の箱アイスが販売されています。たとえば和菓子を彷彿とさせる「きなこ」「あずき」「黒みつ」「お茶」「餅」は、ほっこりできる、しっかりとした甘さが特徴的です。

 

一方、「ソーダ」や「ヨーグルト」は、何個食べても飽きが来ないようなさっぱりとした風味が魅力的です。さらに、「ティラミス味」「ショートケーキ味」「ビスケット味」など、ほかのお菓子をモチーフにしたアイスも続々登場しています。

【カップ】箱アイスの人気ランキング5選

第5位

江崎グリコ

パナップマルチ

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クローバー型のソースがトレードマーク

パナップの8箱セットです。1箱には6個入っていて、合計で48個食べられます。3,480円(2020年2月時点)で1個あたりの価格が100円を切るほど安いのが注目ポイント。

 

テイストはバニラをベースに、それぞれいちごソース・ぶどうソース・メロンソースが入っています。甘酸っぱくてそれほどサイズも大きくないため、子供でも食べやすいでしょう。

1個/本あたりのカロリーメロン104kcal・いちご105kcal・ぶどう106kcal容量564ml×8箱

口コミを紹介

もうバラ売りでは見かけない旧タイプのパナップですが、箱買いの価値は十二分にあります。
個人的には、数あるアイスの中でも屈指ですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

財宝

アイス 詰め合わせ

価格:3,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンダードなアイスを食べたい方へ

アイスの中でもメインのテイストと言えるバニラ・チョコ・抹茶を、それぞれ4個ずつセットにしています。

 

トッピングが入っておらず、アイスそのものの風味が存分に堪能できます。シンプルで味わい深いアイスを食べたい方におすすめです。

1個/本あたりのカロリーバニラ172kcal・抹茶192kcal・チョコ210kcal容量90ml×12個

口コミを紹介

美味しくて 満足。
バニラだけを選べたのも嬉しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

フェディー

ミックスセット 12個入 アイス

価格:5,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自分用にもプレゼント用にもぴったりな箱アイス

バニラ・ピスタチオナッツ・チョコ・いちご・塩キャラメル・マンゴー味のアイスのセットです。珍しいテイストがいくつか見受けられるため、特別感を味わいたい場合におすすめ。

 

また、パッケージに高級感があって見栄えが良いため、大切な人へのプレゼントにも適しています。

1個/本あたりのカロリーバニラ147kcal・チョコ194kcal・ピスタチオ154kcalなど容量110ml×12個

口コミを紹介

親しくしてる事務所のスタッフさん達(オバサンズ)が大変喜んでました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ゴディバ (GODIVA)

カップアイス 9個

価格:5,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チョコアイスをたくさん食べたい方へ

プレゼントにぴったりなチョコを取り扱っていることで有名なGODIVA(ゴディバ)の箱アイスです。

 

ラインナップはチョコが中心ですが、ほかにもバニラ・いちご・クリームブリュレ・ヘーゼルナッツプラリネなどがあります。ぜいたくな気分を味わいたい方は、ぜひ検討してみてください。

1個/本あたりのカロリー-容量-

口コミを紹介

高級感があり、とても美味しかったです。
お友達にぜひ送りたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

明治

メイバランス アイス バニラ味

価格:5,247円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランスよく栄養補給したいならこれ

バニラアイスのみがセットになった箱アイスです。普通に食べても良いですし、クレープやパフェなど手作りスイーツの材料にするのも良いでしょう。

 

タンパク質・カルシウム・鉄・亜鉛・食物繊維・ビタミン・ミネラルと言った栄養素を手軽に補給したい場合にも適しています。

1個/本あたりのカロリー100kcal容量80ml×6個

口コミを紹介

食が細い母の為に購入しました。日頃からアイスクリームが好物である事、容量が小さめで1、2回で食べきれる点などが良かったようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

【カップ】箱アイスの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5194863の画像

    明治

  • 2
    アイテムID:5194813の画像

    ゴディバ (GODIVA)

  • 3
    アイテムID:5194770の画像

    フェディー

  • 4
    アイテムID:5194739の画像

    財宝

  • 5
    アイテムID:5194718の画像

    江崎グリコ

  • 商品名
  • メイバランス アイス バニラ味
  • カップアイス 9個
  • ミックスセット 12個入 アイス
  • アイス 詰め合わせ
  • パナップマルチ
  • 特徴
  • バランスよく栄養補給したいならこれ
  • チョコアイスをたくさん食べたい方へ
  • 自分用にもプレゼント用にもぴったりな箱アイス
  • スタンダードなアイスを食べたい方へ
  • クローバー型のソースがトレードマーク
  • 価格
  • 5247円(税込)
  • 5400円(税込)
  • 5400円(税込)
  • 3499円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 1個/本あたりのカロリー
  • 100kcal
  • -
  • バニラ147kcal・チョコ194kcal・ピスタチオ154kcalなど
  • バニラ172kcal・抹茶192kcal・チョコ210kcal
  • メロン104kcal・いちご105kcal・ぶどう106kcal
  • 容量
  • 80ml×6個
  • -
  • 110ml×12個
  • 90ml×12個
  • 564ml×8箱

【コーン】箱アイスの人気ランキング3選

第3位

江崎グリコ

江崎グリコ ジャイアントコーン

価格:2,405円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トッピングが良いアクセントになっているアイス

トッピングのチョコとナッツが特徴的なタイプ・コーンもアイスもトッピングもすべてチョコのタイプ・アイスにクッキーが練り込まれているタイプの3種類が入っています。

 

コンビニでも取り扱われているため、知名度が高いアイスと言えます。近くにコンビニがない場合は、通販で販売されている箱アイスを検討してみてください。

1個/本あたりのカロリークッキー&チョコ231kcal・ミルク&チョコ245kcal・チョコナッツ260kcal容量140ml×20本

口コミを紹介

どのコーンカップよりもサクサクカリカリ度が高いと思います。硬すぎないし、中がチョコでコーティングされてて、食べ応えもすごい。私は日によって選ぶ味を変えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

山田乳業

アイスクリームミックス3本 日世コーン セット

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソフトクリームを自作しよう

フロム蔵王のアイスクリームミックスと、日世のシュガーコーンがセットになった商品です。別途アイスクリームメーカーを用意しておけば、自分でソフトクリームを作れます

 

できたてのソフトクリームをいつでも楽しみたい方、子供と一緒にソフトクリーム作りをしたい方におすすめです。

1個/本あたりのカロリー-容量アイスクリームミックス500ml×3本・コーン6本×4箱

口コミを紹介

美味しくてやみつきになります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

オハヨー乳業

ジャージー牛乳ソフト

価格:3,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

牛乳風味で食べやすいソフトクリーム

洗練されたデザインのパッケージが印象的なソフトクリーム。コーン部分はもなかのように柔らかく、食べやすいです。

 

味は牛乳の風味をぎゅっと閉じ込めたような感じで、コクがあります。牧場で食べるようなアイスを手軽に自宅で楽しみたい方におすすめです。

1個/本あたりのカロリー202kcal容量180ml×16袋

口コミを紹介

食べてみたら・・・あ、ミルキーのような甘さ。
でも、甘ったるくなく爽やかな甘さだ。
リピートしたいね!

出典:https://www.amazon.co.jp

【コーン】箱アイスの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5194924の画像

    オハヨー乳業

  • 2
    アイテムID:5194911の画像

    山田乳業

  • 3
    アイテムID:5194899の画像

    江崎グリコ

  • 商品名
  • ジャージー牛乳ソフト
  • アイスクリームミックス3本 日世コーン セット
  • 江崎グリコ ジャイアントコーン
  • 特徴
  • 牛乳風味で食べやすいソフトクリーム
  • ソフトクリームを自作しよう
  • トッピングが良いアクセントになっているアイス
  • 価格
  • 3880円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 2405円(税込)
  • 1個/本あたりのカロリー
  • 202kcal
  • -
  • クッキー&チョコ231kcal・ミルク&チョコ245kcal・チョコナッツ260kcal
  • 容量
  • 180ml×16袋
  • アイスクリームミックス500ml×3本・コーン6本×4箱
  • 140ml×20本

【棒アイス】箱アイスの人気ランキング4選

第4位

明治

それいけ!アンパンマン 元気わくわくキッズアイス

価格:3,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1本で2度楽しめる棒アイス

子供向けの小さなサイズのアイスです。カロリーも他のアイスと比べると、10分の1から20分の1くらいの11kcalでヘルシーです。

 

また、特定原材料7品目を使っておらず、安心して口にできるのも注目すべきポイント。テイストはりんご味が中心となっています。

1個/本あたりのカロリー11kcal容量15ml×15本

口コミを紹介

一袋にたくさん入っているので、お得感もあるし、程よい甘さでさっぱりしていて口当たりも良いためとても重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

森永乳業株式会社

れん乳氷バー

価格:3,350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食べやすい甘さの棒アイス

中にとろりとしたれん乳ソースが入っていて、1本で満足感が得られる棒アイスです。れん乳が好きな方、がっつり甘いアイスを食べたい方に適しています。

 

カロリーが低め(63kcal)で、心配することなく2本目を食べられるのも嬉しいポイントと言えるでしょう。パッケージに描かれたノスタルジックな牛のイラストもかわいいです。

1個/本あたりのカロリー63kcal容量45ml×7本

口コミを紹介

我が家で非常に人気のの商品でしたが、店頭にないので非常に助かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ロッテ

カルピスアイスバー

価格:2,278円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爽やかな味のアイス

誰でも一度はカルピスを飲んだことがあるでしょう。そんな、独特な甘みと爽やかさが癖になる飲み物を、棒アイスにしたのがこの商品です。

 

食感がシャリシャリしているところと、あっさりした味でどの年代でも食べやすいのがポイントです。

1個/本あたりのカロリー32kcal容量43ml×10本

口コミを紹介

一個当たりが小さいのが良いです。
ちょっとだけ食べたい時もあるので。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

井村屋

BOXあずきバー

価格:1,710円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

和テイストな棒アイス

アイスは通常、バニラやチョコなど、洋風な味が採用されることが多いです。しかし、こちらはあずきを採用した和風な味を堪能できます。

 

レンジで溶かし、中に餅をいくつか入れて、ぜんざいとして食べるのもおすすめです。もちろんそのままでもおいしく食べられます。

1個/本あたりのカロリー110kcal容量65ml×6個

口コミを紹介

冷蔵庫から気軽に取り出せて食べられる。どこから食べても甘みがあって食べられる。夜中でも食べても大丈夫。

出典:https://www.amazon.co.jp

【棒アイス】箱アイスの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5194971の画像

    井村屋

  • 2
    アイテムID:5194964の画像

    ロッテ

  • 3
    アイテムID:5194951の画像

    森永乳業株式会社

  • 4
    アイテムID:5194944の画像

    明治

  • 商品名
  • BOXあずきバー
  • カルピスアイスバー
  • れん乳氷バー
  • それいけ!アンパンマン 元気わくわくキッズアイス
  • 特徴
  • 和テイストな棒アイス
  • 爽やかな味のアイス
  • 食べやすい甘さの棒アイス
  • 1本で2度楽しめる棒アイス
  • 価格
  • 1710円(税込)
  • 2278円(税込)
  • 3350円(税込)
  • 3680円(税込)
  • 1個/本あたりのカロリー
  • 110kcal
  • 32kcal
  • 63kcal
  • 11kcal
  • 容量
  • 65ml×6個
  • 43ml×10本
  • 45ml×7本
  • 15ml×15本

【その他】箱アイスの人気ランキング3選

第3位

森永乳業

ピノ ショートケーキアソート

価格:3,564円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2019年11月4日発売の新商品

パッケージのとおり、ショートケーキを彷彿とさせるバニラ・いちご・ミルクティー味のアイスが入っています。個包装で、食べる量を自分で調整できるのが最大の特徴です。

 

アイスは外側がピンク色でかわいいので、女性へのちょっとしたプレゼントにも向いているでしょう。2019年11月4日に発売された新商品のため、新しい物好きには特におすすめです。

1個/本あたりのカロリー32kcal容量10ml×24粒

口コミを紹介

美味しい➰めちゃ美味しい。
定番にして欲しい。
ピンクのかわいいコーティングに酸味のある甘さがいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

森永乳業

ビエネッタバニラ

価格:4,258円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴージャスなアイスケーキ

中にパリパリチョコが入っていて食べ応えがあるアイスです。ケーキのような見た目で、切り分けて数人で食べるとちょうど良いくらいのボリュームです。

 

530mlのアイスが6個入っているので、すぐに食べきってしまう心配もいらないでしょう。女子会や子供とのおやつタイムにぴったりなアイスを探している方は、ぜひ検討してみてください。

1個/本あたりのカロリー887kcal容量530ml×6個

口コミを紹介

家族みんなが気に入っています。
歳を取るとバニラのあっさり感が良い感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

オハヨー乳業

ガトーショコラ

価格:4,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃厚な一口チョコアイス

濃厚なチョコの風味が幸せな気持ちにさせてくれるアイスです。ビターチョコを使用しているため、甘すぎるアイスが苦手な方でも食べやすいでしょう。

 

なめらかな食感でくちどけも良いので、お値段以上の満足感を得られるはずです。一口サイズのチョコアイスを探している方におすすめです。

1個/本あたりのカロリー41kcal容量10ml×21個

口コミを紹介

すごく美味しいです!何箱かストックしています。小さく、一口サイズで小腹が空いた時などに良いかなと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

【その他】箱アイスの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5195000の画像

    オハヨー乳業

  • 2
    アイテムID:5194992の画像

    森永乳業

  • 3
    アイテムID:5194980の画像

    森永乳業

  • 商品名
  • ガトーショコラ
  • ビエネッタバニラ
  • ピノ ショートケーキアソート
  • 特徴
  • 濃厚な一口チョコアイス
  • ゴージャスなアイスケーキ
  • 2019年11月4日発売の新商品
  • 価格
  • 4380円(税込)
  • 4258円(税込)
  • 3564円(税込)
  • 1個/本あたりのカロリー
  • 41kcal
  • 887kcal
  • 32kcal
  • 容量
  • 10ml×21個
  • 530ml×6個
  • 10ml×24粒

カップタイプにはスプーンが欠かせない

カップタイプのアイスを食べるとき、どのスプーンを使っても同じだと侮っていませんか。そんな方におすすめなのが「アイススプーン」です。これは、カチカチに凍ったアイスでもスムーズにすくって食べられる優れものです。

 

冷凍庫から出してすぐ食べられる利便性の高さから、アイスが好きな方を中心に話題になっています。そんなアイススプーン10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

箱アイス(ファミリーパック)を買い置きしておこう

今回はおすすめの箱アイスをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。自分が好きな味、食べてみたい味のアイスはランクインしていたでしょうか。アイスは箱でまとめて買っておくとスーパー・コンビニに行く手間も省けるので、ぜひ買い置きを検討してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ