記事ID140374のサムネイル画像

レザーマンのおすすめ人気ランキング12選【多機能・高品質】

1本持ってれば何かと役立つ多機能ツールがレザーマンです。レザーマンには、チャージやウェーブ、MUTなどの代表モデルがあり、サイズや機能も様々。どれが自分にとって最善のモデルなのか迷ってしまいますよね。そこで今回は人気ランキング形式でおすすめのレザーマンをご紹介します。

専用工具にも見劣りしないレザーマンの機能性

アウトドア・アクティティーやDIYなどを行うときにあると便利なのがコンパクトな本体に多機能を詰め込んだマルチツールですが、マルチツールのブランドとして代表的な存在として知られているのが1983年にアメリカで生まれたレザーマンです。

 

レザーマンのマルチツールは、米軍にも採用されるほどの実績を持っており、専門性の高い業務の現場において世界中のプロたちに愛用されていますが、その精巧な作りと使用感は一般ユーザーからも信頼されており、日常からアウトドアにおける使用まで幅広く活躍しています。

 

レザーマンのブランドからは多種多様なモデルが販売されていますが、今回は、レザーマンのマルチツールを選ぶ際に注目したいポイントについてご説明するとともに、おすすめの商品をランキング形式で紹介したと思います。

編集部イチオシのレザーマンはこちら!

LEATHERMAN(レザーマン)

FREE P4(フリー P4)

価格:25,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新機構で圧倒的な使いやすさを実現

機能性・実用性にデザイン性を備えて「手の平サイズの工具箱」とも称されるレザーマンのマルチツールですが、本製品「FREE P4(フリー P4)」は、精度が高いプライヤーをメインツールとして合計21もの機能を盛り込んだマルチパーパス・プライヤーツールです。

 

特筆すべきは、ツール類の使いやすさです。本体に新テクノロジーのマグネットを採用することにより、片手でサッとセットアップが可能にするなど、ユーザーからのフィードバックを反映して、従来モデルとは次元が異なる操作性の良さを実現しています。

 

また、プライヤー以外の全てのツールをハンドルの外側に装備することで、フリーアクセスを実現したことも「FREE P4」の特徴です。爪を引っ掛けて取り出す必要がなくなり、ツールにダイレクトにアクセスできるようにしたことで従来製品のストレスを解消しました。

材質ステンレススチール全長10.8cm(収納時)
重さ244g機能数21

口コミを紹介

この親指の腹で開くのを見つけたときは、うれしくて迷わずポチッてしまいました。
片手で開くといってもナイフ類は安全装置があり、片手では開かない構造ですので安全です。

出典:https://www.amazon.co.jp

プライヤー型ツールで、プライヤー以外のすべてのツールが外側から取り出し可能な商品は他のメーカーでもありますが、片手で取り出し・収納ができるのはこの商品だけだと思います。
取り出しには慣れが必要ですが、爪で引っ掛けて取り出すことに比べれば使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

よく吟味して選びました。思い通りの商品でした。
使いやすさはもちろんですが、いつでも思い通りに働いてくれるという安心感あります。信頼できる商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

レザーマンの選び方

レザーマンと一口に言っても様々な種類があるので、どれを選んだらいいか困ってしまいます。そこでレザーマンを選ぶ際のポイントをいくつかに絞ってご説明しながら、あなたにとって最適なモデルを探していきたいと思います。

タイプで選ぶ

レザーマンのマルチツールは、最も代表的なタイプのフルサイズをはじめ、ヘビーデューティーなどいくつかのタイプに分類されます。この項目では各種タイプの特徴を挙げながらご説明したいと思います。

フルサイズモデル

レザーマンを代表するモデルと言えるのがフルサイズのマルチツールです。「ウェーブ」や「チャージ」など15~19もの機能を装備したハイスペックのマルチツールを揃えており、いずれも専用工具にも匹敵するほどの使い心地の良さを持ちます。

 

中でも汎用性が高く人気のモデルが「ウェーブ」ですが、アウトドアアクティビティーやホビー用途を得意とする「サイドキック」、作業現場向けの専用モデルなど、細かな用途に対応するモデルを用意することで一般ユーザーからプロユーザーまで対応します。

 

すっきりしたデザインの中に多機能を詰め込んだフルサイズのマルチツールを1本持っていれば、アウトドアアクティビティーをはじめ家庭における修理やDIYなど様々な場面で幅広く活躍してくれそうです。

 

ヘビーデューティーモデル

フルサイズより一回りほども大きく重厚感のあるモデルがヘビーデューティーです。ずっしりとした頑丈な作りが魅力的ですが、激しい使用にも耐える本格派のマルチツールとなっており、プロの作業現場でも数多くの製品が愛用されています。

 

ヘビーデューティーモデルとしては、米軍の要望を受けてアーミー向けに作られた「MUT(マット)」や、レスキューの現場を想定して作られた「スーパーツール」などのマルチツールを用意しており、専門性の高い用途の中での扱いやすさにも配慮がされています。

 

アーミーやレスキューなどの特殊な現場にも対応するほどの本格的な機能を持ちますが、丈夫な作りのマルチツールは、一般ユーザーがDIYなどに使うのにもおすすめです。また、風格の漂うボディーはユーザーの所有欲も満たしてくれるのではないでしょうか。

軽量・コンパクトなモデル

レザーマンのマルチツールは、本格的な機能を詰め込んでいるために重量とサイズが大きくなってしまうことが難点ですが、フルサイズのモデルやヘビーデューティーのモデルでは大きすぎるという要望に応えるミドルツールも用意されています。

 

ミドルツールのモデルとしては、「スケルツール シー・エックス」などが用意されますが、高品質と軽量という相反する要素を高次元で融合させた「スケルツール シー・エックス」は、荷物を少しでも軽くしたいクライマーにも人気のモデルとなっています。

 

また、コンパクトモデルとしてはマイクラなどのキーチェーンツールも用意されます。その名前の通り、キーホルダーにぶら下げておくことができるほどのコンパクトさを持ち携帯性が高いことが特徴で、日常のあらゆる場面で活躍してくれそうです。

用途で選ぶ

レザーマンのマルチツールを購入する前に具体的な用途を想定しておけば商品選びを間違うことはないでしょう。この項目ではいくつかの用途を挙げながら、それに対応するモデルがいずれであるかをご紹介していきます。

専門的なツールとして使う

コンパクトなボディーの中にナイフやプライヤーなどの多機能を詰め込んだレザーマンのマルチツールは専用の工具にも匹敵するほどの品質を持っており、とくにヘビーデューティーツールは、その機能性の高さからプロたちが現場で用いるツールとしても愛用されています。
 
プロのツールとして最も代表的と言えるのが米軍にも正式に採用されている「MUT(マット)」ですが、警察や救急隊の使用を想定して作られた「スーパーツール」もプロの現場で多くの採用実績を誇ります。
 
これらのヘビーデューティーツールは、災害時の備えとして一般ユーザーが所有していても役立つ場面がありそうです。また、ヘビーデューティーツール以外では、医療用ハサミがベースの「ラプター」も台湾の消防本部に採用されるほどの性能を備えたモデルとなっています。

プロの工具として使う

レザーマンのマルチツールは、アーミーやレスキューほどの特殊な弁場での用途を想定していないモデルであっても、頑丈さと本格的な品質、使いやすさを兼ね備えており、プロが使う工具として頼もしい性能を発揮してくれます。

 

ヘビーデューティーツールの「OHT(オー・エイチー・ティー )」は、レザーマンの主要な装備であるプライヤーがスプリングアクションによる取り出しが可能となっており、使い方は片手で振るだけで対応できます。また、ツールをロックするときも片手でオーケーです。

 

慣れれば迅速に操作ができるので、現場作業におけるストレスを軽くしてくれるのではないでしょうか。また、アーミー向けの「MUT」よりも一般的に使用頻度の高いツールを備えていることもおすすめのポイントと言えます。

アクティビティーに

本格的な品質を持つ多機能をぎゅっと詰め込んだレザーマンのマルチツールは、プロたちが現場で使う道具としてだけではなく、アウトドアアクティビティーやレジャーを楽しみたい人のためのツールとしても人気です。

 

例えばキャンプを楽しみたいという人であれば、フルサイズモデルの「サイドキック」はいかがでしょうか。アウトドアにおける使用を想定してロングサイズのノコギリを装備しているので、アクティビティーで活躍してくれることは間違いなしです。

 

また、登山を楽しむには「スケルツール シー・エックス 」はいかがでしょうか。レザーマンのミドルツールの品質を維持しながら軽量を実現するための工夫が施されており、携帯する装備品を少しでも軽くしたい人には最適なモデルと言えます。

機能性で選ぶ

多機能と高品質を持つレザーマンの製品ですが、せっかく買っても使う機会がないようではマルチツールとしての意味がありません。汎用性や携帯性に優れたモデルを選んでおけば、レザーマン本来の多機能を存分に活かすことができるのではないでしょうか。

汎用性のあるモデルはどれ?

専門性のある業務に対応するような多機能を詰め込んだ様々なタイプのマルチツールが用意されるレザーマンですが、どれを選べば良いのかわからないという人には、汎用性の高いモデルをおすすめします。

 

フルサイズモデルの「ウェーブ」には、ドライバーやカッター、やすりなどの平均的な機能が詰め込まれており、これ1本があるだけで様々な使い方に対応してくれます。どのモデルを選べば良いかわからなければ、このモデルがおすすめです。

 

また、コンパクトな「マイクラ」は、文具のように気軽に使うことが出来て、日常の使用からアウトドアまで幅広く対応します。携帯しておくのにも便利なサイズなので、あらゆるシーンで活躍してくれることでしょう。

ナイフレスのモデル

レザーマンのマルチツールには憧れるものの、日常的に携帯するには銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)が気になってしまうという人もいるかもしれません。刃渡りが6cmをこえる刃物を携帯してはならないことになっていますが、素人には判断しづらいところです。

 

そんな人のために最適なモデルと言えるのが、日本のユーザーたちから寄せられた要望に応えてレザーマンツールジャパンが独自に開発を手掛けたモデルである「スタイル シー・エス ナイフレス」です。

 

レザーマンのマルチツールで主要な機能のひとつであるナイフが敢えて省かれていますが、品質はベースとなる「スタイル シー・エス」そのもの。ナイフの代替としてハサミがメインとなっており、日常の使い勝手でも不便に感じることはなさそうです。

特殊なモデル

レザーマンのマルチツールには、ナイフやプライヤーをメインの装備としない特殊な形状が特徴のモデルも用意されています。それらの中でも人気が高いモデルと言えるのが、ブレスレット型の形状をしている「トレッド」です。

 

「トレッド」は「工具を身に纏う」という新しい発想から開発されたウェアラブルツールとなっており、ステンレススチール製のスリムな本体の中に、六角レンチ、ドライバー類、SIMカードピックなど29ものツールを装備していることに驚いてしまいます。

 

また、「トレッド」以外にも個性的な形状が特徴のモデルはまだまだありますが、「バイ・ザ・ナンバー」や「ラプター」は、それらの中でも携帯性に優れたモデルです。汎用性も高いので身に着けておけば約に立つ場面は多いのではないでしょうか。

フルサイズのレザーマンおすすめ3選

PR

LEATHERMAN(レザーマン)

ウェーブ プラス WAVP-N

価格:17,496円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日常用でもプロユースでも活躍する代表的モデル

レザーマンのマルチツールの中で、最も代表的なモデルと言えるのが「WAVE PLUS(ウェーブ プラス)」です。約10cm、重さ241gというサイズの中には、プライヤーやワイヤーカッター、直刃、波刃、ノコギリ、ヤスリなど18の機能が盛り込まれています。

 

「ウェーブ プラス」は、「手のひらサイズの工具箱」と例えられるとおり、日常の使用はもちろん、アウトドアやプロユースといった使い方にも対応します。主要な18の機能は、ハンドルを閉じた状態からでもワンハンドで即座に取り出すことが可能なことも優れたポイントです。

 

また、「ウェーブ プラス」の最新モデルとなる本製品では、154CMステンレス製ワイヤーカッターを新たに装備。高硬度を実現するとともに取り換え式となっており、過酷な使用で破損した時にも交換が可能となりました。

材質ステンレススチール全長10cm(プライヤー収納時)
重さ241g機能数18

口コミを紹介

使用時にツールがカチッと固定されるので、安心して使える。
ナイフ類は切れ味が良く、マルチツールとしてはハイスペックだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

LEATHERMAN (レザーマン)

チャージプラス TTi CHGP/T-N

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能もデザインも最高位のフラッグシップモデル

レザーマンのマルチツールの中でもフラッグシップモデルとなるのが「チャージプラス TTi」です。最新版の本製品では、新たにプライヤー部分に154CMのステンレス製ワイヤーカッターを装備して交換することを可能としました。

 

ブレードには最⾼級鋼材となるS30Vステンレスを使⽤するほか、ハンドル部分にはチタンプレートを採用。フラッグシップモデルに相応しく高級感と耐久性に優れており、デザイン性の面においても魅力的な作りとなっています。

 

機能面ではワイヤーカッターやカッティングフックなど19の機能に加え、ビットキット9本が付属します。また、ケースは耐久性に優れる⾼品質ナイロンを使⽤しており、アウトドアからハードワークまで対応する仕様となっています。

材質ステンレススチール、チタンハンドル全長10cm(プライヤー収納時)
重さ252g機能数20

口コミを紹介

値段が値段だけに普段使いには躊躇します。とりあえず、こういったマルチツールは持っているだけで男心をくすぐってくれるのでそれだけで満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

LEATHERMAN(レザーマン)

サイドキック SDKN

価格:8,090円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドア・ユースを想定したスペックを装備

「サイドキック」のメインツールとなるノコギリは、アウトドア・ユースを基準として考えられたものでロングサイズを装備するのが特徴です。大きめなサイズのノコギリは、アウトドア以外にも木工のクラフトなどを作るのにも活躍してくれるのではないでしょうか。

 

また、スプリングアクションのプライヤー部分には新発想で開発されたワイヤーカッターを装備。ナイフには20HCの直刃ナイフと420HCの小型波刃ナイフを別々に装備します。もちろん、切れ味と精度もレザーマンのマルチツールとして相応しいものです。

 

コストパフォーマンスの高さで人気の「ウイングマン」の兄弟モデルとなる製品ですが、本製品はアウトドアアクティビティーを想定した仕様となっているので、キャンプやハイキングなどでレザーマンの使用を考えている人におすすめです。

材質ステンレススチール全長9.7cm(プライヤー収納時)
重さ198.4g機能数14

口コミを紹介

焚き火で、フェザースティツクの作成や、木の皮を切るのにノコギリを使用。
焚き火用の薪は購入したのをそのまま使える焚き火台などがあればこれで十分。
料理の簡単な野菜のカットにもナイフを使用しましたがよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

フルサイズのレザーマンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5190867の画像

    LEATHERMAN(レザーマン)

  • 2
    アイテムID:5191530の画像

    LEATHERMAN (レザーマン)

  • 商品名
  • サイドキック SDKN
  • チャージプラス TTi CHGP/T-N
  • 特徴
  • アウトドア・ユースを想定したスペックを装備
  • 機能もデザインも最高位のフラッグシップモデル
  • 価格
  • 8090円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 材質
  • ステンレススチール
  • ステンレススチール、チタンハンドル
  • 全長
  • 9.7cm(プライヤー収納時)
  • 10cm(プライヤー収納時)
  • 重さ
  • 198.4g
  • 252g
  • 機能数
  • 14
  • 20

ヘビーデューティーなレザーマンおすすめ3選

第3位

LEATHERMAN(レザーマン)

OHT コヨーテタン MOLLEタイプケース付 OHTNM

価格:15,317円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スプリングアクションでプライヤーが振り出し可能

レザーマンの主要な装備であるプライヤーが折り畳み式からスライド式に進化したのが「OHT(オー・エイチー・ティー )」です。片手でプライヤーが取り出せるようになっており、ハンドルを軽く握り振ってやるだけでプライヤーが取り出せます。

 

プライヤーの操作にはスプリングアクション機構を採用しており、取り出しから使用までの一連を片手での操作が可能です。また、ハンドル内に装備されたその他の機能も片手で取り出せるので、現場で求められる迅速な作業に対応します。

 

使いこなすには少々コツを必要とするようですが、慣れれば機能的に使えるのが魅力的なモデルです。ミリタリーツールの「MUT」とは異なり、一般的にも使用頻度の高いツールを装備するので多くのユーザーが満足できるのではないでしょうか。

材質ステンレススチール全長11.5cm(プライヤー収納時)
重さ280.6g機能数16

口コミを紹介

以前より購入したいと思っていましたが現状は満足です。今年のキャンプにて本格デビューを検討しているので楽しみにしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

LEATHERMAN(レザーマン)

SUPER TOOL300 レザーケース付き ST300L

価格:12,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

激しいプロユースにも耐える工夫が盛り沢山

ヘビーデューティーな仕事の現場から一般的な業務まで様々なプロユースに耐え得るマルチツールがレザーマンの「SUPER TOOL(スーパーツール)」ですが、従来モデルの「SUPER TOOL 200」に代わる最新モデルとなるのが「SUPER TOOL 300」です。

 

最新モデルで一番の特徴となるのは、154cmステンレス鋼材を採用した取替え式ワイヤーカッターです。警察や救急救命隊などの現場ではスペック以上の作業に使われることも多々ありますが、別売りの取替え式ワイヤーカッターを準備しておけば激しい使用にも応えます。

 

また、現場での作業においてはツールを取り出す際に手袋をした状態での操作が多くなりますが、本製品は爪掛けが大きくハンドルの欠き取りも幅広く取られるなど、スムーズな取り出し操作ができる工夫も施されています。

材質ステンレススチール全長11.5cm(プライヤー収納時)
重さ272.1g機能数19

口コミを紹介

仕事柄、車内のツールボックスには中にはしっかり道具が積んであるんですが、ワザワザ取りに戻るのも手間ですし、いろんな道具を身に付けてお客様の車を傷付けても大変です。そう考えるとこの商品は腰に1つあるだけで本当に色々できる工具です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

LEATHERMAN(レザーマン)

MUT ブラック MOLLEタイプケース付 MUTBKNM

価格:26,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軍隊での使用を想定した高品質と頑丈さ

米軍からの要望を受けて開発されたミリタリープロツールが「MUT(マット)」です。実戦を体験した兵士の意見を参考にして様々な機能を装備しており、M16などのライフル銃の専用ツールとしてメンテナンスに対応するものとなっています。

 

米軍の使用には究極のスペックが要求されますが、「MUT」は厳しい要求水準をクリアしてNSNを取得しており、その高品質と頑丈さは仕事などにおける日常の使用はもちろん、オフタイムのアウトドアを楽しむときや家庭でのDIYなどで多用途に活躍してくれそうです。

 

レザーマンの製品の中でもミリタリーに特化したモデルとなり、使用する機会が限られる日本ではオーバースペックかもしれませんが、ミリタリースペックを持つ独特のデザインと存在感は、ユーザーの所有欲を満たしてくれる魅力的なものと言えるのではないでしょうか。

材質ステンレススチール全長12.7cm(収納時サイズ)
重さ317g機能数16

口コミを紹介

各ツールの剛性も非常に高く、キレ味も良いです。ノコギリは半貫の棒も楽に切れるくらいの切れ味ですので、MUT一つ持っているだけで、いちいち工具箱を引っ張り出してくる必要がなくなります。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヘビーデューティーなレザーマンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5190905の画像

    LEATHERMAN(レザーマン)

  • 2
    アイテムID:5190948の画像

    LEATHERMAN(レザーマン)

  • 3
    アイテムID:5190914の画像

    LEATHERMAN(レザーマン)

  • 商品名
  • MUT ブラック MOLLEタイプケース付 MUTBKNM
  • SUPER TOOL300 レザーケース付き ST300L
  • OHT コヨーテタン MOLLEタイプケース付 OHTNM
  • 特徴
  • 軍隊での使用を想定した高品質と頑丈さ
  • 激しいプロユースにも耐える工夫が盛り沢山
  • スプリングアクションでプライヤーが振り出し可能
  • 価格
  • 26900円(税込)
  • 12960円(税込)
  • 15317円(税込)
  • 材質
  • ステンレススチール
  • ステンレススチール
  • ステンレススチール
  • 全長
  • 12.7cm(収納時サイズ)
  • 11.5cm(プライヤー収納時)
  • 11.5cm(プライヤー収納時)
  • 重さ
  • 317g
  • 272.1g
  • 280.6g
  • 機能数
  • 16
  • 19
  • 16

軽量・コンパクトなレザーマンおすすめ3選

第3位

LEATHERMAN(レザーマン)

スタイル シー・エス ナイフレス STCLTJ

価格:4,376円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レザーマンツールジャパン独自のナイフレスモデル

レザーマンの人気製品「STYLE CS(スタイル シー・エス)」をベースとして、レザーマンツールジャパンが独自に開発したモデルが「STCLTJ」です。本製品の最大の特徴は、以前よりユーザーからの要望が多かったというナイフレスのモデルとなっていることと言えるでしょう。

 

ナイフの代替パーツには「WINGMAN」と「REV」の人気機能である『パッケージオープナー』を装備しており、段ボールの開封作業や紐切り作業などに最適な仕様となっています。また、代替パーツは刃物の町である関市で製造されていることも注目のポイントです。

 

ハサミをメインとするナイフレスのモデルになったことで、ベースとなる「STYLE CS」よりも携帯する際にも安心になったとも言えます。日常での使い勝手に配慮された独自のモデルとしておすすめです。

材質ステンレススチール全長7.5cm(ハサミ収納時)
重さ41g機能数6

口コミを紹介

ブレードレスでメインのプライヤーの代わりにハサミとパッケージオープナーを装備、私にはこれだけで購入意欲十分です
とにかくコンパクトでカッコいい飽きの来ないデザイン常備します。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

LEATHERMAN(レザーマン)

スケルツール シー・エックス ナイロンケース付き SKCN

価格:13,348円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質と軽量を兼ね備えたスケルトンボディ

レザーマンのマルチツールは、必要な機能を高い品質を保ちながら装備したことから重量が増えてしまうことが難点でしたが、高品質と軽量という相反する要素を高次元で融合させたモデルが「SKELETOOL CX(スケルツール シー・エックス )」です。

 

「スケルツール シー・エックス」は、レザーマンのミドルサイズツールの強度をベースとしながら軽量と携帯性を重視して機能数を最小限まで絞り込み、わずか142gの本体重量を実現。携帯品を1gでも軽くしたい登山者や作業者などに最適なマルチツールとなりました。

 

ハンドル部分をはじめとして、各所のパーツやツール類には肉抜き加工が施されることにより軽量を実現していますが、スケルトンボディは軽いだけでなくデザイン性の面でも優れており、ユーザーの所有欲も満たしてくれそうです。

材質ステンレススチール、DLCコーティングカーボンファイバーハンドル全長10cm(プライヤー収納時)
重さ142g機能数7

口コミを紹介

バイク雑誌で見て一目ぼれしました。沢山ある種類の中で、もっともシンプルで軽量でクールな(個人的な好みで、カーボンが使われている部分ですが)これにしました。期待通りの質感と重量感、カチッとした操作感が気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

LEATHERMAN(レザーマン)

マイクラ MICSV

価格:4,610円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日常的に使用頻度の高いハサミや爪ヤスリを装備

レザーマンの主要な装備であるバネ付きプライヤーをあえてはずしたモデルが「マイクラ」です 。コンパクトで使いやすいことから1996年の発売からロングセラーの製品となっており、現行モデルの中では最も古い歴史を持つモデルとなっています。

 

プライヤーの代替としては、日常的に使用する頻度の高いハサミをメインツールとして装備。スプリングアクションを採用しているので使い心地も良いものとなっています。ほかにも爪ヤスリや爪クリーナーなどの便利なツールを装備しており、指先のパーソナルケアにも最適です。

 

また、6色もの豊富なカラーが用意されるのも本製品の特徴と言えます。文具のように気軽に使えるモデルですが、マイナスドライバーやナイフなど過酷な仕事もこなすツールも装備されているのも嬉しいポイントです。

材質ステンレススチール全長6.5cm(ハサミ収納時)
重さ51g機能数10

口コミを紹介

使っているうちにどんなカラーでも傷ついてしまいますが、ステンレスシルバーなら使い込んだ味わいとして納得できると思います。
さすがにハサミやナイフの切れ味が落ちてきましたが、まだまだ使っていこうと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量・コンパクトなレザーマンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5191265の画像

    LEATHERMAN(レザーマン)

  • 2
    アイテムID:5191259の画像

    LEATHERMAN(レザーマン)

  • 3
    アイテムID:5191150の画像

    LEATHERMAN(レザーマン)

  • 商品名
  • マイクラ MICSV
  • スケルツール シー・エックス ナイロンケース付き SKCN
  • スタイル シー・エス ナイフレス STCLTJ
  • 特徴
  • 日常的に使用頻度の高いハサミや爪ヤスリを装備
  • 高品質と軽量を兼ね備えたスケルトンボディ
  • レザーマンツールジャパン独自のナイフレスモデル
  • 価格
  • 4610円(税込)
  • 13348円(税込)
  • 4376円(税込)
  • 材質
  • ステンレススチール
  • ステンレススチール、DLCコーティングカーボンファイバーハンドル
  • ステンレススチール
  • 全長
  • 6.5cm(ハサミ収納時)
  • 10cm(プライヤー収納時)
  • 7.5cm(ハサミ収納時)
  • 重さ
  • 51g
  • 142g
  • 41g
  • 機能数
  • 10
  • 7
  • 6

特殊モデルのレザーマンおすすめ3選

第3位

LEATHERMAN(レザーマン)

バイ・ザ・ナンバー10 BN10

価格:1,055円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルさと軽さを極めたマルチツール

レザーマンのマルチツールの中でもシンプルさを極めたモデルが「BY THE NUMBER(バイ・ザ・ナンバー)」シリーズです。キーホルダーに付けて手軽に持ち運ぶことができるポケットツールとなっており、日常的に役立つ機会が多い便利な機能を装備します。

 

本製品「バイ・ザ・ナンバー10」は、100%ステンレススチール製の本体に5サイズのレンチ、フラットプラスドライバー、栓抜き、ボックスオープナーの4つの機能を装備。携帯しておけば手放すことが出来ないツールとなってくれることでしょう。

 

また、「バイ・ザ・ナンバー」シリーズには、本製品以外にもボックスレンチの形状が異なる「バイ・ザ・ナンバー6」やスクレーパーを備えた「バイ・ザ・ナンバー5」なども用意されているので、あなたにとって最適なモデルが見つけられるのではないでしょうか。

材質ステンレススチール全長6.3cm
重さ14g機能数4

口コミを紹介

日本のカギと大体同じサイズなのでキーホルダーに一緒にぶら下げています。
キャンディーの缶を開ける、段ボールを開ける、そのほか使い方によっては色々と使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

LEATHERMAN(レザーマン)

ラプター HOLSTERケース付き RAP

価格:11,232円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レスキューの現場で多数の実績を持つモデル

医療用ハサミをベースに開発されたマルチツールが「RAPTOR(ラプター)」です。一風変わった見た目が特徴的ですが、消防隊員やレスキュー隊員の要望を集約しており、台湾の消防本部に採用されるなど確かな性能を秘めています。

 

装備される機能は、420HCの折り畳みメディカルハサミやシートベルトカッターなど合計6つ。レスキューが現場に到着した緊急時を想定して、安全で迅速に任務を遂行するための機能を満載しています。

 

また、窓ガラス割りとしても使用できることから、ユーザー自身が万一の事故などに遭遇した際にも役に立ってくれるのではないでしょうか。各国の救急現場でその性能を発揮している製品ですが、一般の方がアウトドアアクティビティーで使うのにも最適な内容です。

材質ステンレススチール、ガラス繊維樹脂ハンドル全長12.7cm(収納時)
重さ164g機能数6

口コミを紹介

ハサミは医療バサミの中でトップクラスともいえる切れ味でジーパンかた金具も簡単に切断します。
リングカッターも同様で鍵などつけるリングもいとも簡単に切断しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

LEATHERMAN(レザーマン)

ブレスレット TREAD LT TRDBK-LT

価格:27,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムなブレスレットに実用性的な機能を装備

マルチツールとしては業界で初となるウェアラブルツールが「TREAD LT(トレッド LT)」です。一見すると17-4ステンレススチール製のおしゃれなブレスレットのようですが、本製品もレザーマンらしく多種多様で機能的な29種ものツールを装備しています。

 

バンドパーツ内に装備されるツールは、六角レンチ、ドライバー類、SIMカードピック、栓抜きなど29機能。また、従来型のメトリックトレッドと比較して重量を10%削減、幅は20%スリムになるなど、機能性を維持しながらよりファッショナブルな外見とされています。

 

軽さとスリムさを追求することで快適性を実現した本製品は、機能性と実用性を兼ね備えた本製品は、「ALWAYS ON & BE PREPARED(備えよ常に)」というレザーマンの製品コンセプトをまさに体現したようなモデルと言えそうです。

材質17-4ステンレススチール、DLCコーティング全長内周22cm(調節可能)
重さ156g機能数29

口コミを紹介

見た目も好みで、急に工具が必要になった時も結構頑丈で頼りになりました。
25年の保証もついてるのでドンドン使っていけるのが安心です。

出典:https://www.amazon.co.jp

特殊モデルのレザーマンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5191550の画像

    LEATHERMAN(レザーマン)

  • 2
    アイテムID:5191361の画像

    LEATHERMAN(レザーマン)

  • 3
    アイテムID:5191386の画像

    LEATHERMAN(レザーマン)

  • 商品名
  • ブレスレット TREAD LT TRDBK-LT
  • ラプター HOLSTERケース付き RAP
  • バイ・ザ・ナンバー10 BN10
  • 特徴
  • スリムなブレスレットに実用性的な機能を装備
  • レスキューの現場で多数の実績を持つモデル
  • シンプルさと軽さを極めたマルチツール
  • 価格
  • 27500円(税込)
  • 11232円(税込)
  • 1055円(税込)
  • 材質
  • 17-4ステンレススチール、DLCコーティング
  • ステンレススチール、ガラス繊維樹脂ハンドル
  • ステンレススチール
  • 全長
  • 内周22cm(調節可能)
  • 12.7cm(収納時)
  • 6.3cm
  • 重さ
  • 156g
  • 164g
  • 14g
  • 機能数
  • 29
  • 6
  • 4

正規品を選ぶには

レザーマンのマルチツールを購入する際に正規品であるどうかが心配になるという人は多いのではないでしょうか。正規品を購入するには、日本の正規輸入代理店であるレザーマンツールジャパン株式会社が販売する商品を買うのが確実であると言えます。

 

レザーマンツールジャパン株式会社のオンラインショップで購入することが可能ですが、実店舗で現物を確認して購入したいのであれば、全国にある正規品の取扱店舗をレザーマンツールジャパン株式会社のホームページで確認することもできます。

 

また、並行輸入品は安価で販売されていますが、フェイクではない商品であってもレザーマンツールジャパン株式会社の25年保障の対象外となってしまいます。確実なサポートを受けたいのであれば、正規販売店での購入がおすすめです。

 

もしもの時のために1本は備えておきたい

今回はレザーマンのおすすめ人気商品と選び方のポイントについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。レザーマンのマルチツールは、多機能を備えた便利なアイテムですが、あなたにとって最適なアイテムを探す参考になればと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ