記事ID140284のサムネイル画像

幼児にぴったりな絵本のおすすめ人気ランキング11選【年齢別】

幼児に読み聞かせの絵本が買ってみたいという人は必見です。今回は、1歳や2歳、3歳や4歳の幼児におすすめの絵本を年齢別で紹介します。大人も一緒に楽しめるような内容の絵本がたくさん登場するので、迷った時にはぜひ参考にしてみてください。

幼児向けの絵本を買ってみよう

幼児向けの絵本は人気があり、お子さんがいる家庭には必要不可欠です。絵本の読み聞かせをしてあげるというのは、お子さんを楽しませてあげるのと同時に学びや親子関係の絆を強めるのにも効果的です。

 

とは言え、いざ幼児向けの絵本を買ってみようと思ってもどの絵本を買えば良いのか迷ってしまうという人もたくさんいると思います。そこで今回は、幼児向けの絵本のおすすめを見ていきましょう。

 

今回は、年齢別におすすめの幼児向けの絵本を紹介します。幼児というのは基本的に、1歳から6歳までの年齢を示しています。各年齢によって呼んでみたい絵本は異なるので、しっかり心がけながら適切な絵本を選んでみましょう。

編集部イチオシの幼児向け絵本はこちら!

偕成社

はらぺこあおむし

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番で人気の高い絵本

おすすめを見て行く前に、まずは編集部よりイチオシの絵本を紹介します。今回ご紹介おが、偕成社のはらぺこあおむしです。こちらの絵本は幼児向けではありますが、大人でも一緒に楽しめるような絵本になっているので間違いなくおすすめです。

 

また、幼児向けの絵本の定番とも言われているほど人気が高く、注目されています。小さな青虫が成長する過程が描かれていて、ものすごく素敵な内容となっています。絵がとてもカラフルなので、内容が理解できないお子さんでも十分に楽しめると噂です。

 

全体的に頑丈に作られているというのも魅力的で、お子さんでも簡単にページがめくれるようになっています。どの絵本を買えば良いのか迷った時にこそ、ぜひ買ってみてください。海外でも人気の高い絵本です。

本の内容日常系ページ数25ページ

口コミを紹介

私はちょうちょのいもむしを普段いもちゃん、と呼び、かわいがっています。
で、本屋さんでいもちゃんの絵本がある事を知り、このたび思い切って買いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1歳児の子どもたちも大好き。お話のCDを聴いているので 絵本と一緒に歌っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

かばんの中などに入れておきやすいので持ち運びにはいいと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

幼児向け絵本の選び方

それでは次に、幼児向けの絵本の選び方について詳しく紹介していきます。お子さんにぴったりな絵本が買ってみたいという人は、注意しておきたいポイントがいくつかあるのでぜひ頭の中に入れておいてください。

年齢で選ぶ

まず初めに選び方として覚えておきたいのが、年齢です。幼児向け絵本は年齢によっても選んでみたい本が大きく異なってくるので、必ず確認した上で買うようにしてみてください。今回は、1~2歳向け、3~4歳向け、そして5~6歳向けで分けていきます。

1~2歳はカラフルな本や音のある本、仕掛け絵本がおすすめ

まだまだ年齢が小さい1~2歳の幼児には、カラフルな本や音のある本、また仕掛け絵本などがおすすめです。このようなタイプの絵本であれば、言葉が分からなくても興味が持ちやすいという魅力があります。目や耳を使って、絵本を楽しむ事ができるのです。

 

実際に1~2歳向けの絵本は音や色を使って絵本がたくさんあるので、幼児向け絵本を探しているという人はぜひ心がけてみてください。小さな赤ちゃんでも、間違いなく興味が持ちやすくなります。

 

また、なるべくシンプルな内容の本を選んでみるというのも間違いなくおすすめです。絵本を選ぶ際には、ぜひこのポイントについて覚えておいてください。子供にぴったりな絵本が、見つかるかもしれません。

3~4歳は興味が持ちやすい内容のものがおすすめ

3~4歳の幼児に絵本を買ってあげたいという人は、ぜひ興味が持ちやすい内容の幼児向け絵本を買ってみてください。この年齢になると、少しずつ周りの事が見えるようになるので一気に興味の幅も広がります。

 

子供によっても何に興味を持つのかは異なりますが、例えば食べ物や乗り物、動物などの本はこの年の子供にとって興味深い内容かもしれません。逆に、興味のない内容の本を無理やり押し付けてしまうと本を読むのも嫌になってしまうので、気を付けましょう。

 

また、自分の趣味や興味持つものも少しずつ分かり始めるような年利である事も頭の中に入れておくと良いかもしれません。ぴったりな絵本が買ってみたいという人は、必ず参考にしてみてください。

5~6歳は図鑑などの知育絵本がおすすめ

最後に、5~6歳にぴったりな絵本について紹介します。このくらいの年齢のお子さんに本を絵本を買ってあげる場合は、図鑑などの知育絵本が間違いなくおすすめです。知育絵本というのは名前の通り、知識を高めるための絵本となっています。

 

中でも図鑑は絵がたくさん入っているので興味が持ちやすいかもしれません。また、絵を見ながら名前を覚える事ができるので、人気の高い絵本の種類となっています。さまざまな図鑑があるので、興味のある図鑑をぜひお子さんに買ってあげてください。

 

数多くの図鑑を揃えておくだけでも、より知識を幅広く深める事ができるかもしれません。気になるという人は、今回のおすすめでも紹介していくので参考にしてみましょう。もち論、図鑑以外にも少し複雑な内容や考えさせるような絵本もおすすめです。

絵本の内容で選ぶ

実際にどのような内容の絵本があるのかについても次に詳しく紹介します。絵本と言っても選ぶ絵本によって大きく異なるという事をぼ終えておきましょう。そこで今回ご紹介したいのが、昔話、日常系、学び系、そして動物・乗り物系です。

古くから愛されている昔話系

定番の幼児向け絵本が買ってみたいという人は、古くから愛され続けられている昔話系の絵本を買ってみると良いかもしれません。読み手の方も読んだことのあるような絵本が揃っているというのが魅力的です。懐かしい気持ちになるかもしれません。

 

例えば、「ももたろう」や「はなさかじいさん」、「おむすびころりん」などは昔から愛され続けられている絵本です。今でも人気が高いので、ぜひお子さんにも定番の絵本を買ってあげてください。

 

深い内容の昔話系の絵本もあるので、お気に入りが見つかるかもしれません。また、いろんな本があるので自分にとって興味の持ちやすいものが間違いなく見つかります。ぜひ探してみてください。

気軽に読める日常系

日常系のストーリーになっている絵本も、間違いなく幼児にぴったりなのでぜひ参考にしてみてください。日常系と言っても種類はさまざまありますが、毎日起こるような事が絵本になっているので子供も共感しやすいかもしれません。

 

また、ちょっとした時に絵本を思い出して、自分がするべき事に気づけるものです。例えば、「買い物に行く」という内容の絵本を読むだけでも、自分が買い物に行った時に自然と思い出すかもしれません。

 

共感しやすいからこそ、絵本にも興味が持ちやすくなります。間違いなく幼児には向いている内容となっているので、買ってみてください。今回のおすすめでも、多数登場しています。

新しい発見ができる学び系

次にご紹介したいのが、学び系の絵本です。学び系の絵本にもさまざまな種類があるので気になるという人はぜひチェックしてみてください。さりげなく学びを取り入れている絵本などは、得に人気があります。

 

また、学び系の絵本は日常系とも被っている可能性があるという事を覚えておいてください。例えば、「歯磨きの絵本」は日常系でありながらも、歯を磨く方法について学べる可能性があります。

 

絵本を読みながら毎日新しい発見ができると、お子さんの知識も自然と高まって行くでしょう。おすすめの絵本が盛りだくさんなので、気になるという人は参考にしてみてください。

興味が持ちやすい動物・乗り物系

もちろん、特定の内容の絵本を選んでみるというのも間違いなくおすすめです。幼児向けの絵本として、例えば動物系や乗り物系の絵本などがあります。このような内容の絵本は、興味が持ちやすいのです。

 

もともと乗り物や動物に興味を持っているというお子さんはもちろん、そこまで興味を持っていない子供でも絵本を読む事で興味を持ち始めるかもしれません。本を読んでいるうちに、たくさんの種類の動物や乗り物も自然に覚える事ができます。

 

 

本のサイズやページ数で選ぶ

幼児に買ってあげる絵本だからこそ、本のサイズやページ数もチェックしてみるのがおすすめです。本のサイズはさまざまで、小さいものから大きいものまであります。小さい絵本だと持ち運びに便利なので、外出をする時にも持っていけるという魅力があります。

 

一方、大きい絵本だと小さな子供でも分かりやすく興味も持ちやすいかもしれません。また、自分の手でページがめくれるというのも間違いなく大きなメリットです。

 

どのような時に絵本を読むのか考えた上で、適切な本のサイズやページ数を選んでみると良いかもしれません。ぴったりな本を見つけてみるだけでも、間違いなくお子さんにも喜んでもらえます。

海外の絵本も人気が高い

海外の絵本も人気が高いという事を、ぜひ覚えておいてください。日本にはない独特な絵や愛用の絵本も、数多くあります。また、もちろん、海外の作者が描いた絵本もあれば、絵本自体が英語のものもあります。

 

英語の絵本だと、子供にも英語を触れさせてあげる事ができるのでものすごくおすすめです。ただし英語を苦手としているお母さんにとってはストレスになってしまう可能性があるので注意してみてください。

 

 

1~2歳の幼児向け絵本の人気おすすめ商品4選

第4位

偕成社

じゃあじゃあびりびり

価格:660円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラフルで見やすい

偕成社のじゃあじゃあびりびりは、定番で人気の高い幼児向け絵本となっているので迷った時には買ってみると良いかもしれません。特に1~2歳にはぴったりな絵本だと言われていて、全体的にカラフルで見やすいと噂になっているのです。

 

リズム感があるため、内容が理解できない小さな赤ちゃんでも興味が持ちやすいそうです。また、ミニサイズの絵本になっているので持ち運ぶこともできます。一つ買っておくだけでも、間違いなく楽しめるでしょう。

本の内容学び系ページ数22ページ

口コミを紹介

1歳2ヶ月、ふみきりとネコのページがお気に入り。読んであげなくてもパラパラとページをめくって、1人で遊んでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

学研プラス

やさいさん

価格:1,045円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

楽しくて読みやすい

野菜についてしっかり学べる学研プラスのやさいさんも、全体的に楽しい内容となっているので読みやすいと噂になっています。にんじんやだいこんなどなどの野菜が描かれていて、斬新な見た目をしているからこそワクワクするような絵本です。

 

また、仕掛け絵本になっているのも魅力的かもしれません。飽きる事なく、幼児の興味を惹きながらしっかり楽しめますよ。野菜が嫌いだというお子さんも、この本を読んで食べてみようかなという気持ちになるかもしれません。

 

 

本の内容学び系ページ数38ページ

口コミを紹介

仕掛けを開くと、いないいないばぁの好きな1歳のわが子は喜びます。
合わせて本物の野菜も見せていたら、たまにですけど読んだ時に探しに行くようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

こぐま社

くっついた

価格:880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

親子で楽しめる

次にランキングでご紹介したいのが、こぐま社のくっついたです。親子で絆を深めたいという人は、間違いなくこちらの本がお薦めだと言われています。さまざまな動物たちが登場して、鼻をくっつけたり手をくっつけたり、「くっついた」を繰り返します。

 

最後にはお母さんと一緒に「くっついた」をするため、自然とスキンシップが取れるような絵本となっているのです。まだまだ小さい1~2歳くらいの子供には、ぴったりな絵本となっています。迷った時にはぜひ買ってみてください。

本の内容日常系ページ数24ページ

口コミを紹介

この絵本を読むとページをめくりくっついたの度に、計7回くらい頭をくっつけてくれるので至福の一冊となっております!

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ポプラ社

どうぶついろいろかくれんぼ

価格:968円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さい子供でも興味が持てる

ポプラ社のどうぶついろいろかくれんぼも、おすすめしたい絵本となっているので迷っている人はぜひ参考にしてみてください。小さな子供でも興味が持てるような仕掛け絵本で、さまざまな動物が登場します。型抜き絵本になっているので、魅力的かもしれません。

 

全体的にシンプルで、絵本がとてもカラフルなため内容が分からなくても目が引きやすいです。プレゼントなどにもぴったりな絵本だと言われているので、気になるという人はぜひ参考にしてみてください。

本の内容動物系ページ数-

口コミを紹介

内容としては身近な動物が型抜きされており、カラフルで赤ちゃんでも見やすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

1~2歳の幼児向け絵本の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5181859の画像

    ポプラ社

  • 2
    アイテムID:5181863の画像

    こぐま社

  • 3
    アイテムID:5181871の画像

    学研プラス

  • 4
    アイテムID:5181865の画像

    偕成社

  • 商品名
  • どうぶついろいろかくれんぼ
  • くっついた
  • やさいさん
  • じゃあじゃあびりびり
  • 特徴
  • 小さい子供でも興味が持てる
  • 親子で楽しめる
  • 楽しくて読みやすい
  • カラフルで見やすい
  • 価格
  • 968円(税込)
  • 880円(税込)
  • 1045円(税込)
  • 660円(税込)
  • 本の内容
  • 動物系
  • 日常系
  • 学び系
  • 学び系
  • ページ数
  • -
  • 24ページ
  • 38ページ
  • 22ページ

3~4歳の幼児向け絵本の人気おすすめ商品4選

第4位

こぐま社

11ぴきのねこ

価格:1,320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昔から愛されている

3~4歳の幼児向け絵本について、次に紹介していきます。今回おすすめしたいのが、こぐま社の11ぴきのねこです。名前の通り、11匹の猫が登場してものすごく可愛い絵本になっています。

 

力を合わせながらさまざまな事をやり遂げるという内容になっているため、ぜひ一度買ってみてください。ページ数は40ページなので満足度が高く、飽きずに読めるかもしれません。定番で人気の絵本となっています。

本の内容日常系・動物系ページ数40ページ

口コミを紹介

読みきかせで、時間が余ったときなどに、おすすめです。
1ページごとに、つぎはどうなるのか?という好奇心がわいているようで聞いてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

偕成社

ノンタンぶらんこのせて

価格:660円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さりげなく学びに繋げられる

偕成社のノンタンぶらんこのせても、迷った時には候補に入れてみたいおすすめの幼児向け絵本になっています。ノンタンしシリーズは日常系・学び系の絵本となっているため自然とお子さんに「順番」にてついて教えることができます。

 

ゆずる楽しさをしっかり伝えてくれるような内容となっているので、気になる人はぜひ買ってみてください。他のシリーズと合わせて買ってみるというのも、間違いなくおすすめです。全体的にリズムが楽しめるため飽きる事なく読めます。

本の内容日常系・学び系ページ数32ページ

口コミを紹介

ノンタンが、周りとの協調性を教えてくれる素敵な内容。
親が説教するより、この本を読ませたほうが効果ありそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

福音館書店

だるまちゃんとてんぐちゃん

価格:990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

何度も読みたくなるような内容

もう一つ、古くから愛され続けられているような絵本があります。それは、福音館書店のだるまちゃんとてんぐちゃんです。何度も繰り返し読みたくなるような内容になっているので、気になるという人はぜひ買ってみてください。

 

どんな子供も友達に憧れたり羨ましいと思う事があります。その純粋な気持ちをしっかり伝えているような絵本なので、共感がしやすいです。こちらの絵本もシリーズとなっているので、揃えてみてください。

本の内容日常系ページ数28ページ

口コミを紹介

3歳の息子が大好きな本です。やりとり、内容がわかりやすくこどもが、ワクワクしながら
聞いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

こぐま社

しろくまちゃんのほっとけーき

価格:880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングセラーの絵本

少し大きくなった3~4歳のお子さんだからこそ、こぐま社のしろくまちゃんのほっとけーきも欠かせません。ロングセラーでもあるこちらの絵本は、しろくまちゃんがお母さんと一緒にホットケーキを作るという内容の絵本です。

 

ホットケーキを作る工程が描かれていて、見ているだけでもお腹が空いてきます。本を見ながら作ってみるのも、間違いなくおすすめです。ホットケーキが大好きだというお子さんには、ぜひ買ってあげてみてください。

本の内容日常系ページ数22ページ

口コミを紹介

普段の私生活の中で、とても身近に感じられる絵本だと思います。小さなお子様にお勧めです!

出典:https://www.amazon.co.jp

3〜4歳の幼児向け絵本の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5181860の画像

    こぐま社

  • 2
    アイテムID:5181875の画像

    福音館書店

  • 3
    アイテムID:5181878の画像

    偕成社

  • 4
    アイテムID:5181879の画像

    こぐま社

  • 商品名
  • しろくまちゃんのほっとけーき
  • だるまちゃんとてんぐちゃん
  • ノンタンぶらんこのせて
  • 11ぴきのねこ
  • 特徴
  • ロングセラーの絵本
  • 何度も読みたくなるような内容
  • さりげなく学びに繋げられる
  • 昔から愛されている
  • 価格
  • 880円(税込)
  • 990円(税込)
  • 660円(税込)
  • 1320円(税込)
  • 本の内容
  • 日常系
  • 日常系
  • 日常系・学び系
  • 日常系・動物系
  • ページ数
  • 22ページ
  • 28ページ
  • 32ページ
  • 40ページ

5~6歳の幼児向け絵本の人気おすすめ商品3選

第3位

偕成社

もりのゆうびんきょく

価格:880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

和やかな気分になれる

偕成社のもりのゆうびんきょくは、和やかな気分になれると噂の絵本になっています。森の郵便局のはりねずみさんがお弁当と一緒に手紙を食べてしまい、その手紙が誰からだったのか探ろうという内容の絵本になっています。

 

ほのぼおのとした幼児向けの絵本が買ってみたいという人は、ぜひ候補に入れてみてください。他のシリーズもおすすめなので、一緒に検索してみると良いかもしれません。リラックスしながら楽しめます。

本の内容日常系ページ数31ページ

口コミを紹介

絵本から児童書へという時期にいいかな。年長から低学年の子におすすめです。
年長の子に読みました。1人読みもしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

講談社

のりものの本

価格:1,320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

男の子にぴったり

講談社ののりものの本は、定番でおすすめの図鑑となっています。乗り物が大好きだという男の子には特におすすめだと言われているので気になるという人はぜひ買ってみてください。さまざまな乗り物が登場するので、思わずワクワクします。

 

普段だとなかなか見る事のない乗り物などもたくさん登場するというのが魅力的です。バラエティ豊かな乗り物を見るだけでも、間違いなく夢が広がります。興味が持ちやすいので、ぜひ買ってみてください。

本の内容乗り物系ページ数34ページ

口コミを紹介

孫の教科書にちょうど合う情報でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

徳間書店

かようびのよる

価格:1,540円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幻想的でドキドキ感がある

徳間書店のかようびのよるは、幻想的でドキドキ感のあるおすすめの幼児向け絵本となっています。絵がものすごく綺麗で、絵本とは思えないくらいの雰囲気が楽しめます。また、文字がないというのもこちらの絵本の特徴です。

 

絵を見ながら、自分でストーリーを考えたり親子で話し合いながら読めるのです。だからこそ、人気が高いのかもしれません。まさに5~6歳の幼児向けの絵本と言われているので候補に入れてみましょう。

本の内容想像系ページ数30ページ

口コミを紹介

文字はほとんどありませんが、絵で魅せる絵本です。カエルや登場する動物や人間が表情豊かで細かいです。飛び出して来そうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

5〜6歳の幼児向け絵本の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5181881の画像

    徳間書店

  • 2
    アイテムID:5181884の画像

    講談社

  • 3
    アイテムID:5181887の画像

    偕成社

  • 商品名
  • かようびのよる
  • のりものの本
  • もりのゆうびんきょく
  • 特徴
  • 幻想的でドキドキ感がある
  • 男の子にぴったり
  • 和やかな気分になれる
  • 価格
  • 1540円(税込)
  • 1320円(税込)
  • 880円(税込)
  • 本の内容
  • 想像系
  • 乗り物系
  • 日常系
  • ページ数
  • 30ページ
  • 34ページ
  • 31ページ

覚えておきたい読み聞かせのポイント

それでは最後に、幼児に絵本の読み聞かせをする際に覚えておきたいポイントについて商秋します。効果的な読み聞かせを行う事で、お子さんもより高い知性が身に付けられるようになるかもしれません。

 

まず、子供に読み聞かせをしている時には文章を一つ一つ丁寧に読みましょう。また、早口にならないように気を付けるというのも覚えておきたいポイントです。更に、声のトーンをかえてよい分かりやすく読むように心がけてみましょう。

 

読み聞かせを行う時は、子供の想像力を働かせるように促す事が大切です。絵本が読み終わったら感想なども言わず、子供の意見を聞いてあげるのがおすすめです。こちらの記事でも絵本がたくさん紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。

幼児向けの絵本を買って親子の絆を深めてみよう

今回は、幼児向けのおすすめの絵本を紹介していきました。気になる絵本があるという人は、ぜひ買ってみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ