記事ID140280のサムネイル画像

【メーカー別】ペグハンマーのおすすめ人気ランキング11選【キャンプに最適】

ホームセンターなどでも気軽に購入できるペグハンマー。代用品で満足している方は多いのではないでしょうか。今回はそんなペグハンマーの魅力や選び方、おすすめ商品をご紹介します。高コスパの商品やMSRなど人気メーカーの商品も!ペグハンマー選びの参考にしてください。

キャンプに必須!ペグハンマーの魅力

アウトドアなどでテントを設置する際に、固定するためにペグを打ち込む必要がありますよね。このペグを打つ作業ですが、意外にも力が必要でなかなか上手く固定できないとお困りの方も多いのではないでしょうか。

 

そこで便利なのが、ペグハンマーです。このアイテムを使うことで、軽い力でも固い地面にペグを楽に打つことができて手に負担がかかりません。そこで今回はペグハンマーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

編集部イチオシのペグハンマーはこちら!

kinlight

ペグハンマー

価格:1,850円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

負担を軽減する仕組みがあり、デザインもおしゃれ

キャンプなどのアウトドアに最適でおすすめしたいのが、こちらのペグハンマーです。ヘッドは丈夫な焼入れ真鍮を使うことで、他のものよりも硬度が非常に高いといった特徴があります。よって打撃時の際の衝撃を緩和して、腕への負担を抑えて影響を失くします。またハンドル部分は木製にすることで、軽量化を計り疲れにくくしています。

 

便利なストラップも付いていて、落下を防いで危険のリスクを低下させます。安全性も高く、手軽に使えておすすめのペグハンマーです。1本持っていると様々な場所で使えて、木工作業なども行えて作業が今よりもっとはかどります。力がいるため上手くできるか不安な方が多いペグを引き抜く作業も、後部に設けられたフックとホールを使うことで楽に行えます。

 

固い地面からもサッと抜くことができ、形状の異なる種類のペグを引き抜く際も役立つのでいざという時に使えるように用意しておくと便利です。またこの商品の魅力は、デザインにもあります。ペグハンマーは実用性に優れたものが多いので、あまりおしゃれなものがありません。ですがこの商品であれば洗練されたデザインで、どんなテイストのテントとの相性も抜群です。これからアウトドアや作業で使いたいといった方は、是非この商品を使ってみてはいかがでしょうか。

素材銅・スチール・かしの木重量576g
ペグ抜き可能サイズ30×12×3cm

ロコミをご紹介

金槌なんかどれも一緒でしょ?と思ってピトン打ち用のハンマーを使ってましたが、やっぱり違いますね。
普通のハンマーは肘辺りまで衝撃がきますが、これは確かに衝撃を吸収しているようです。ペグの打ち込みが楽になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

タープ・テントのペグ打ちに使いました。
価格は安いのに充分使えますし見栄えもいいです。
収納用の袋さえ用意すればペグ抜きの先でテントやタープの生地を傷めるのを気にせずに持ち運べるとて便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプは頻繁にしていて、今までは木槌とか普通のハンマーを使用していました。
しかし、いちいち工具箱からハンマーだけを取り出してキャンプに行くのが面倒だし、いっそペグ打ち専用にハンマー買っちゃえって事でこの商品にたどり着きました。
そして商品が届いて実際に使用してみての感想は楽。

出典:https://www.amazon.co.jp

ペグハンマーの選び方

便利なアイテムとしてアウトドアに欠かせないアイテムですが、どうやって選んだら良いのかが分からない方も多いと思います。なのでこの記事を参考に、使いやすいペグハンマーを探してみましょう。

ペグハンマー選びのポイント

選ぶ際に以下の2点を抑えておくと、機能性に優れた商品が見つかりやすいですよ。初めて使用される方は特に、この2つの項目にこだわって選ぶことをおすすめします。

ポイント①:重さは500~600gのものがおすすめ

商品によって重さが異なります。金属でできているものほど重く、耐久性も高いです。初めて購入される方は比較的軽いものを選びがちですが、実は重さを持たせたペグハンマーの方が少ない力で打ち込むことができるので楽に作業が行えます。

 

反対に軽いものだと、その分力を入れる必要があるため時間がかかります。当然それなりのパワーが必要になり、手にも負担がかかります。なので作業の効率を高めるためにも、500~600gぐらいの重さがあるものが最適です。

ポイント②:ペグ抜きの形状にも注目する

ペグハンマーを購入する際は、ペグを抜く部分の形状にもこだわっておきましょう。主にホール型・くちばしフック型の2種類があります。ホール型は穴にペグのかえしを通し、ペグを引き抜くタイプです。ほとんどのペグに対応するので、最初はこちらを選んでおくと間違いありません。

 

くちばしフック型は、ペグの穴にフックを通して引き抜くタイプで、ホールの付いたペグに最適です。それぞれ特徴が異なるので、時前に確認しておきましょう。心配な場合は、この両方が備わった商品を選んでおくと安心です。

素材で選ぶ

素材によって耐久性や価格が変わってきます。それぞれメリット・デメリットがあるので、時前に把握しておくことで自分が使いやすい素材のものが選びやすくなります。

「金属製」は重みがあり耐久性も抜群

ペグハンマーには、商品によって使われている素材が異なります。例えばしっかりと打ち込みたい、あま手の力がないといった場合は銅などを用いて作った金属製のペグハンマーがおすすめです。

 

軽いゴム製のものとは違い、全体的に重さがあるのが特徴です。これなら高い耐久性を持ちながら、軽い力のみで簡単に使うことができます。また商品によっては、衝撃を緩和してくれる効果もあり手を傷めにくいメリットがあります。

「ゴム・プラスチック製」は耐久性は低いが高コスパ

初心者の方や、手軽に持ち運びたい方はゴムやプラスチック製のものがおすすめです。お手軽な価格で購入できる商品も多く、コスパにも優れています。また軽量タイプのペグハンマーが多いので、携帯性もあり重さが負担になりにくいといったメリットがあります。

 

ただし打ち込む際に力が必要で、手に負担がかかりやすいです。また耐久性が低いものが多く、すぐに壊れてしまう場合があります。なので1度のみ使いたい、予備として置いておきたいといった時に使うようにしましょう。

おすすめメーカーで選ぶ

メーカーに絞って選ぶのもポイントの一つです。中にはアフターサービスが充実しているメーカーもあるので、購入後もサービスを受けたい場合はメーカーのものが最適です。

コールマン(Coleman)

コールマンとはアメリカの会社であり、あらゆるキャンプ用品を製造・販売しているメーカーです。キャンプ用品を買い揃えるならコールマンといった方も、多いのではないでしょうか。また有名ブランドとコラボレーションをしたりと、多数の商品を展開しています。

 

元々は海外向けの商品を取り扱っていましたが、日本向けに改良を重ねることで国内でも人気が高く愛用者が多くいます。そんなコールマンから販売されているペグハンマーは、とにかく耐久性が高く作業がしやすいととても好評です。

ロゴス(LOGOS)

ロゴスとは、株式会社であるロゴスコーポレーションから出ているブランドです。1985年に誕生したブランドですが、実はアウトドア用品よりもファミリー向けのキャンプ用品に力を入れています。

 

使いやすいさだけでなく、デザイン性まこだわった商品が多くお値段もお手軽だと大変人気です。ペグハンマーに関してはあまり商品数はありませんが、明るいカラーを取り入れて紛失しにくくするなど細かな工夫が施されています。

スノーピーク(snow peak)

スノーピークとはあらゆる登山用品の不満を、解消したいという思いから誕生しました。また世の中にないもの、他にないものをつくるといったコンセプトを持ちオリジナル商品の開発に力を入れています。

 

そんなメーカーから販売されているペグハンマーは、アウトドアメーカーの中でもトップクラスを誇る品質を持っています。非常にクオリティーも高いので、アウトドアグッズを長く愛用したい方にもおすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAM)

ユニフレームとは、1985年に生まれて日本の風土・文化を背景にしたアウトドアグッズを多数展開しています。どんなハードな状況にも対応し、長く使ってほしいといった思いが込められた商品が多いです。

 

ペグハンマーに関しても、素材にこだわったり機能性にも力を入れることで、実用性に優れた商品が多く使う度に愛着がわきますよ。

エムエスアール(MSR)

エムエスアールは1969年にクライミング用品の販売から始まり、安全で品質の高いものを作り発信していくといった思いから誕生しました。そのためどんな環境にも対応できるものや、耐久性が備わったものなど細部にまでこだわった商品が多いです。

 

ペグハンマーに関しても、ただペグを打つ・抜くだけでなくあらゆる使い方ができるデザインを取り入れています。信頼性もあり高い支持を得ているメーカーです。

コスパの高いおすすめペグハンマー3選

第3位

Kuyang

ペグハンマー

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で耐久性があると好評

鋼を採用することで、錆びにくく耐久性も高いです。フックが付いているので、ペグを引っ掛け簡単に抜くことができます。さらに固定用のロープフックが付いているので、ハンマーを誤って落下させるといったリスクを低下させます。

 

またブルーで統一されたカラーは、シンプルでおしゃれです。女性でも簡単にペグを打ち込めて、収納袋付きで尖った部分を露出することがなく運べて安全です。Y型の鍛造ペグが10枚付いていて、簡単に3段階に分けて使えます。

 

ただし付属の袋が破れやすいため、この順位となりました。本体自体は頑丈で軽量で使いやすく、予備用としても持っておくと便利です。コスパも高くお手軽な価格で、初心者用として選んでおいても間違いありません。

素材鋼・アルミ合金重量368g
ペグ抜き可能サイズ29×11cm

ロコミをご紹介

見た目のかっこよさとペグの打ちやすさと抜きやすさに驚きました。
特に抜くのが引っ掛けて引っ張るだけという楽さ。
撤収時間の短縮にも貢献してくれそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

FLYFLYGO

ペグ ソリッド セット

価格:4,099円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

忘れ物防止に便利な、蛍光ロープ・ゴム付き

ペグ・ペグハンマー・ケースが揃い、コスパに優れたおすすめの商品です。一式全てが手に入るので、買い忘れなども防ぎ持ち運びもできるのでいつでも使えます。ケースが付いていることで、セットアイテムが散らばるといったこともなく安心です。

 

またフックの穴に蛍光ロープを、ペグには夜光ゴムリングを付けていることで草むらなどに紛れても一目見て発見できます。荷物が多いアウトドアシーンでも、こういった便利な機能があることで忘れ物を失くせます。

 

スチール製で作られているので、固い地面でガンガン叩いても壊れません。

素材スチール重量180g
ペグ抜き可能サイズ30cm

ロコミをご紹介

太いスチールペグが買えるなら充分お値段以上の価値があります。
テントのおまけで付いてくるプラペグやアルミペグとは比較にならない実用性があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

YOGOTO

ペグハンマー

価格:1,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利な収納ケース付きで、携帯性も有り

ペグをガンガン打ち込めるので、頑丈にテントなどを固定できて安全性を高めることが可能です。引っ掛ける穴と、カギフックでペグを固い地面からも楽に抜けて手間がかかりません。すっぽ抜け防止の安全ベルトが付いているなど、機能性も充実しています。

 

さらに収納ケースが付くので、携帯性もありおすすめです。従来の商品の改良を続けて、さらにリニューアルしました。とても頑丈でアウトドア以外にも、工事などの作業時にも役立ちます。自重で力を入れなくても使えるといったメリットがあります。

 

プロも愛用している方が多いほど、機能性が高いと人気のペグハンマーです。普段使いから仕事用まで、様々な使い方ができて持っておくと重宝しますよ。

素材スチール重量-
ペグ抜き可能サイズ12×28cm

ロコミをご紹介

ハンマー部分のがっしりした作りに木の質感がとても良いなと感じました。
ペグは打ち込みやすいです。引き抜きも楽々できます。
ハードに使っても大丈夫な印象でした。またケース付きなのがとてもありがたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパの高いおすすめペグハンマー商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5181385の画像

    YOGOTO

  • 2
    アイテムID:5181390の画像

    FLYFLYGO

  • 3
    アイテムID:5181400の画像

    Kuyang

  • 商品名
  • ペグハンマー
  • ペグ ソリッド セット
  • ペグハンマー
  • 特徴
  • 便利な収納ケース付きで、携帯性も有り
  • 忘れ物防止に便利な、蛍光ロープ・ゴム付き
  • 軽量で耐久性があると好評
  • 価格
  • 1880円(税込)
  • 4099円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 素材
  • スチール
  • スチール
  • 鋼・アルミ合金
  • 重量
  • -
  • 180g
  • 368g
  • ペグ抜き
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • サイズ
  • 12×28cm
  • 30cm
  • 29×11cm

金属製のおすすめペグハンマー3選

第3位

KonCosy

ペグハンマーセット

価格:1,899円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

緊急時にも役立ち、セットでとてもお買い得

便利なセット商品で、とてもお買い得ですよ。ソリッドペグのが鋭く、どんな状態の地面にも使えて使いづらさが一切ありません。穴の部分はハンマーを掛けたり、ペグを抜いたりする際に使えてあると嬉しい機能が満載です。

 

さらにハンドルフックが付いていることで、握力のない女性の方でも簡単に使えて便利です。専用のペグが付いてくるので、テントの設置もスムーズに行えるメリットがあります。グリップは手触りが良いので、嫌なチクチク感や使いにくさはありません。

 

カラーがオレンジなので、見つけやすいといった魅力もあります。キャンプなどにも使えますが、登山やキャンプから緊急用のハンマーとしても活躍します。

素材鋼・アルミ重量575g
ペグ抜き可能サイズ30×11cm

ロコミをご紹介

いままでは折りたたみのできる軽いハンマーを使っていたのですが、力が伝わりづらく何度も叩かなければいけないため、手への負担が大きく大変でした。
今回こちらを使用しましたが、思ったより手に伝わる衝撃が小さく、ペグ打ちの作業が楽に感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

バリイチゴ屋

ペグ打ちハンマー

価格:2,080円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレス素材を使用して、錆びずに綺麗に使える

シンプルなデザインは、アウトドアでも大活躍間違いありません。固い地面でもペグが楽に打てて、抜く際もストレスをかけることなくサッと抜けます。

 

重さを持たせることで、力が入れやすく固定がしっかりと行えます。持ち手はプラスチック製で軽いので、負担がかからずに女性の方でもお使いいただけます。効率良く力を込めて使うことができ、おすすめのペグハンマーです。

 

ヘッドの後部は、突起があり円形のヘッドのペグを抜く際に使えて便利です。重労働な作業もこのアイテムさえあれば、手軽に行えてアウトドアも思う存分楽しめます。ステンレス素材を採用し、錆びも気になりません。

素材ステンレス重量315g
ペグ抜き可能サイズ30.5×9cm

ロコミをご紹介

キャンプのために買いました。とてもしっかりとしたペグハンマーなのでペグもちゃんと入ります。
袋も付いているので持ち運ぶのにとても便利です!

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

バリイチゴ屋

ペグ打ちハンマー

価格:2,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

固定がしっかり行えて、リーズナブル

硬い地面でも簡単にペグが打てて、抜く時も手間が要りません。ヘッドの重さなど、全面的にバランスを考えて、使いやすさにこだわった魅力が溢れる商品です。テントやなどを、確実にしっかりと固定することができます。

 

また持ち手が木製で、手に馴染み高いグリップ力を誇ります。よって固い地面でもペグを効率が良く、強く打ち込むことができます。これ1本で全ての作業が行えて、便利でおすすめのペグハンマーです。

 

打撃時のすっぽ抜けを防ぐために、ベルトも付いているので安全面も備わっていて便利です。使い方も簡単で、比較的リーズナブルなのでお試しにいかがでしょうか。

素材ステンレス・銅重量580g
ペグ抜き可能サイズ30×11cm

ロコミをご紹介

ヘッドがステンレスのためとても固く、その素材の固さゆえにペグを叩く回数が少なくて済みます。
ペグ抜きに関してもどこかのハンマーと瓜二つの作りですので普通に使用できます。
ヘッドからカラビナでループが着いているので飛んでいくことは無いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

金属製のおすすめペグハンマー商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5181349の画像

    バリイチゴ屋

  • 2
    アイテムID:5181355の画像

    バリイチゴ屋

  • 3
    アイテムID:5181364の画像

    KonCosy

  • 商品名
  • ペグ打ちハンマー
  • ペグ打ちハンマー
  • ペグハンマーセット
  • 特徴
  • 固定がしっかり行えて、リーズナブル
  • ステンレス素材を使用して、錆びずに綺麗に使える
  • 緊急時にも役立ち、セットでとてもお買い得
  • 価格
  • 2580円(税込)
  • 2080円(税込)
  • 1899円(税込)
  • 素材
  • ステンレス・銅
  • ステンレス
  • 鋼・アルミ
  • 重量
  • 580g
  • 315g
  • 575g
  • ペグ抜き
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • サイズ
  • 30×11cm
  • 30.5×9cm
  • 30×11cm

コールマンのおすすめペグハンマーはこちら

第1位

コールマン

スチールヘッドハンマー2 2000012872

価格:6,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さらにリニューアルして、持ちやすい

手に馴染みやすく、使いやすいと好評のおすすめのペグハンマーです。高強度タイプで、しっかりと打ち込めて壊れにくく使う度に愛着がわきます。優しく触れる天然木を使用することで、木の温かみを感じられます。

 

適度な重量を持たせることで、バランスが良く作業が楽に行えます。ペグも抜くことができるので、これさえあればアウトドアがもっと快適に楽しくできます。従来のものよりも、グリップを太くすることで握りやすくなりました。

 

さらに持ち手部分は長さがあるので、持ちやすさも抜群です。ベルトがおしゃれで、手に取り付けておけば落下などの事故も防ぎます。

素材スチール・天然木 重量-
ペグ抜き可能サイズ10×30cm

ロコミをご紹介

使い易く、耐久性にも問題無いです。
良い商品だと思います。ペグの引き抜きにも使い易いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ロゴスのおすすめペグハンマーはこちら

第1位

ロゴス

パワーペグハンマー 71996513

価格:4,950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

固い地面もこれなら安心

固い地面にも対応して、スムーズに作業が行えます。ペグを打つ・ペグを抜くことができ、1つで2役こなす便利なペグハンマーです。オレンジカラーがワンポイントとなり、目立つので見つけやすく失くしにくいです。

 

さらにペグとの接触部分が広めに作られていることで、打ちやすさも抜群です。目的を失いにくく、ペグを打つ作業が短時間で終われます。安全性も考えて、固定ベルトが付いていて使用時も安心です。

 

運ぶ際も手にベルトを巻き付けて置けば、落下することもなく楽に運べます。足元などの落下を防いで、思わぬ事故を防ぐ効果もあります。耐久性も高く、壊れにくいので長く愛用できます。 ただし重量が重たいので、持ち運びには不向きです。

素材重量680g
ペグ抜き可能サイズ11.5×30.5cm

ロコミをご紹介

女の私でもしっかりとペグを打ち込むことができます。
いざペグを打ち込み始めるとその重量感が良い仕事をしてくれます。
このペグパンを買ってからは設営も撤去もスイスイできます!

出典:https://www.amazon.co.jp

スノーピークのおすすめペグハンマーはこちら

第1位

スノーピーク

ペグハンマー PRO.C N-001

価格:6,820円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑りにくいので、作業がスムーズに行える

強靭なソリッドステークを打ち込む際に、便利なペグ専用のハンマーです。ヘッド部分は重量を持たせることで、バランスが良く使いやすいと好評です。確実にペグを打ち込むことができ、おすすめのペグハンマーです。

 

またヘッドはソリッドステークと、同じ鍛造なので丈夫で耐久性にも優れています。ヘッドの打撃部分の素材には、銅を採用しています。よって食いつきが良く、滑りにくいので作業の効率も上がります。

 

銅ヘッドの打ち込み音も気にならずに、衝撃も緩和するので手首に負担がかからないといったメリットを持っています。

素材銅・スチール・かしの木重量670g
ペグ抜き可能サイズ35×120×290mm

ロコミをご紹介

値段以上の価値がありました。
力を加えなくてもガンガン刺さるし、ペグを抜くのも実に簡単。
こんなに簡単だったけと思うほど。

出典:https://www.amazon.co.jp

ユニフレームのおすすめペグハンマーはこちら

第1位

ユニフレーム

REVOハンマー

価格:5,093円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実用性に優れていて、おしゃれで多機能

ただペグを打ち込むだけでなく、その他の機能も充実させた多機能性のペグハンマーです。シンプルながらおしゃれなデザインで、アウトドアにも最適です。高強度の炭素鋼をヘッド部分に使い、高品質でおすすめのペグハンマーです。

 

さらにハンドルはしっかり握れて滑りにくく作っていることで、使い勝手も良く1つ持っておくと便利です。

 

半円状の溝でペグに付いた土を、こすり落とすことが可能で汚れが付いた状態で持って帰る心配もなくなります。綺麗な状態で保管できるので、土などからの細菌も増やしません。グリップエンドはカギ型にすることで、すっぽ抜けを防止しています。

素材炭素鋼・ステンレス鋼・EPDMゴム 重量700g
ペグ抜き可能サイズ295×130×30mm

ロコミをご紹介

ハンマー部とペグの引き抜き部が便利。
それと、曲がったペグを修正する機能がとても使い勝手がいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

MSRのおすすめペグハンマーはこちら

第1位

MSR

ステイクハンマー  37777

価格:4,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

地面に立てて保管でき、紛失しにくい

ヘッド部分は錆に強いステンレス素材を使用しているので、いつでも綺麗な状態を保てます。さらにステイクが打ち込みやすく、初めて使う方にもおすすめしたいペグハンマーです。ヘッド部分が重く平らなので、地面に立てて置くことも可能で置き場所に困りません。

 

またボトルオープナーも付いているなど、遊び心があるデザインが魅力的です。様々な状況でも対応でき、アウトドアで持っていると役立ちます。持ちやすいハンドルで、手にしっかりとフィットします。

 

もちろん手への負担にもこだわり、グリップ部分はアルミ製なので重さが負荷になりません。

素材28.5cm 重量312g
ペグ抜き可能サイズステンレス・アルミ

ロコミをご紹介

MSRのジュラペグが普段使いの私には、実用性からみて、こちらのほうが何枚も上手です。
劇的に重量が軽くなったうえ、打ち込みに何ら問題なく、後ろの釘抜きの部分でミニグランドホグが楽に引き抜けます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ペグハンマーの使い方

いざペグハンマーを使うとなっても、正しい使い方をしないと怪我をする恐れがあるので時前に知っておきましょう。まずはハンマーの持ち方です。安全に使用するためにも、ストラップが付いている場合は手に巻き付けるようにしてください。

 

次にハンマーを持つ位置です。力を入れたい場合は長く、正確に打ち込みたい場合は短く持つと上手くいきます。この時しっかりと手にフィットさせて、手から離れないようにすることが大切です。次はペグを抜く方法です。

 

ペグを抜く際はフックをソリッドに掛ける方法と、ホールをペグのフックに掛ける方法の2通りがあります。以下の記事ではより詳しく説明しているので、参考にして使用前に必ず使い方を把握しておきましょう。

 

おすすめのペグハンマーで設営をラクに

今回はおすすめのペグハンマーをご紹介しましたが、お探しの商品は見つかりましたでしょうか。このアイテムはテントなどを安全に固定するために必ず必要になるので、忘れないようにしましょう。また作業を楽にしてくれるので、買い揃えておくことをおすすめします。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ