記事ID140274のサムネイル画像

【お菓子やコーヒーに】生クリームのおすすめ人気ランキング11選

お菓子作りに欠かせない生クリーム。様々なメーカーから販売されていますが、料理の隠し味やコーヒーなど飲み物に合わせることもできます。そして実は動物性や植物性などさまざまな種類があります。今回は、そんな生クリームのおすすめランキングを用途に合わせた種類別でご紹介します。

お菓子やコーヒーにピッタリの生クリーム

お菓子作りなどの材料に欠かせない材料の「生クリーム」。お菓子だけでなくコーヒーに入れたり料理に使えたりと、ひとつ常備しておくと便利なアイテムです。本格的な料理やお菓子作りにはおいしい生クリームがおすすめです。

 

ただ一般的に生クリームと呼ばれるものは、種類も多く、使い方によって向きや不向きが出てきます。またさまざまなメーカーが販売していますので、どれがおいしいのか迷っている方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は生クリームの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

編集部のイチオシの生クリームはこちら!

明治

生クリーム フレッシュクリームあじわい40

価格:1,912円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロも愛用している本格的な生クリーム

編集部一押しの生クリームは、「明治 フレッシュクリームあじわい40」です。明治の業務用サイズの生クリームなのでたっぷりの生クリームが欲し方におすすめ。こだわりの味わい製法で作られていて、ミルクの風味が強く感じられます。口コミでも高評価の人気商品。

 

乳脂肪分の割合は40%と高く、クリームのコクや濃厚な甘みが感じられます。パティシエやシェフなどプロも愛用している本格的な生クリームで、ケーキだけでなく料理との相性が抜群なのも特徴です。

 

従来製法の脂肪率43%のクリームよりも脂肪率が3%低いにも関わらず、同じくらいの脂肪感があり、ミルクの風味たっぷりの生クリームです。料理やデザートなど幅広い用途におすすめです。

 

新技術で乳本来の自然のおいしさを追求し、新鮮な牛乳を濃縮してミルクの風味を高めています。さらに味の良さだけでなく、ほかの食材から出た不快なにおいを抑える機能もあるので、くせのある食材との相性が良いのもポイント

 

賞味期限は出荷日より1週間前後なので、早めに使い切ることがおすすめです。生クリームは開封して空気に触れた時から劣化が始まります。ですから開封したら、できるだけすぐに使ってしまうのがよいでしょう。

 

また少し風味が落ちますが、生クリームは冷凍庫保存が可能です。長く保存したい場合は、冷蔵よりも冷凍がおすすめ。ホイップせずに冷凍した場合は、水分と脂肪分とに分離してしまうことがあるので、砂糖を加えて角がたつくらいにホイップしてから冷凍保存しましょう。

 

種類動物性内容量1000ml
脂肪量40.0%賞味期限当店出荷時10日~6日

口コミを紹介

みんなで大満足のバターを作りました。すっごく美味しかったといっていただきました。
生クリームがおいしいから、おいしいバターができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

濃厚より、割とサッパリしてるように感じました!私は好きです!

出典:https://www.amazon.co.jp

ほぼ2,3年前(?)の十勝フレッシュ100並みにおいしいです。課題は量が多いのと価格の問題。賞味期限は変動アリです。

出典:https://www.amazon.co.jp

生クリームの選び方

まずはランキングに入る前に、生クリームを選ぶ際のポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

「動物性」か「植物性」で選ぶ

生クリームは、動物性のものと植物性のものがあります。ただし厳密には、動物性の乳脂肪分が18%以上のもののみ生クリームと表示できます。

 

ですから植物性のものは生クリームではありませんが、実際には植物性のものも生クリームの代用として多く使用されています。そこでここでは植物性のクリームも含めた選び方についてご紹介します。

コクのある味わい「動物性」

牛乳を原料とした乳脂肪でできているのが動物性の生クリームです。濃厚なコクと豊かな風味が魅力で、熱にも強いため、煮込み料理やオーブン料理にも使用できます。色はクリームがかった白です。賞味期限が短く、脂肪分の割合が高いほどお値段も高くなります。

 

また牛乳の代わりに料理に加えたり、ホワイトソース代わりに使用することもでき、生クリームを加えることで、料理のコクが増し一段と美味しく仕上がります。また食品添加物不使用の商品が多いため、体に不要なものは取り入れたくないという方にもおすすめです。

 

ただし動物性の生クリームは植物性に比べて分離しやすく、ぼそぼそしやすくなる点には注意が必要です。

軽くてしつこすぎない甘み「植物性」

植物性油脂を主原料としているのが植物性の生クリームです。動物性のクリームに比べて、乳本来のコクや風味に欠けますが、クセのない、軽くあっさりした味わいです。また賞味期限が長く、買い置きしやすいのも特徴です。

 

さらに動物性に比べて価格が安い点もメリットです。そして見た目にこだわり、お菓子を真っ白に仕上げたいときには、植物性脂肪の生クリームがおすすめです。

 

動物性に比べるとコレステロール値も低く、低脂肪タイプの商品もあるため、コレステロールや脂肪分が気になる方は、あっさりした植物性を選ぶのがよいでしょう。

生クリームの種類で選ぶ

市販されている生クリームは、液体タイプ、冷凍タイプ、スプレータイプの3種類があります。それぞれの特徴をご紹介しますので、使う目的に合ったものを選んでください。

好みの硬さに仕上げられる「液体タイプ」

液体タイプは、動物性にも植物性にもどちらのタイプにもありますが、自分で泡立てる必要があります。ですから泡立てた時に自分の好みの硬さに仕上がられるというメリットがあります。業務用の1000mlタイプと使いきりの200mlタイプがあります。

 

解凍してすっぐに使える「冷凍タイプ」

冷凍タイプは、すでにホイップしてあるホイップクリームを冷凍してあるもので、解凍してすぐにしぼり出すことができるのがメリットです。泡立てる手間がかからず、長期の保存にも適しています。お菓子作り初心者の方やお子さんにも扱いやすいタイプです。

 

 

ワンプッシュで少量しか使わないときに便利な「スプレータイプ」

ワンプッシュでホイップクリーム出すことができるスプレータイプは、手軽に使えて便利なのがメリットです。泡立てたりする時間がない、少量ずつちょこちょこ使いたい方におすすめのタイプです。

 

また賞味期限が長いので、冷蔵庫で保存できますが、ノズルにカビがついてしまうこともあります。ですから使用後はしっかりノズル部分をきれに拭き取り、清潔に保管するようにしましょう。

脂肪分の割合で選ぶ

生クリームは、乳脂肪分の割合でいくつかの種類に分けることができます。生クリームを使用する目的に応じて、ぴったりのものを選ぶには、乳脂肪の割合をチェックするとのがおすすめです。

コーヒーや紅茶|20%

脂肪分が20%程度のものは、あっさりした味わいでコーヒーや紅茶などの飲み物に入れるのがおすすめです。最近はタピオカドリンクやカフェドリンクを自宅で楽しむ方も増えています。デザート感覚で飲めるおしゃれなドリンクに生クリームを使いたい方は、20%を目安に選びましょう。

 

ただし、脂肪分が少ない生クリームは泡立てにくいので、ウインナーコーヒーなどホイップクリームをのせて使いたい場合には、注意が必要です。

お菓子作りやデコレーション|30%~40%

脂肪分30.0%〜40.0%の濃厚でコクのある生クリームは、デコレーションケーキなど、生クリームがメインになる料理に使うと味をしっかり楽しめます。シチューやスープに入れると、コクが増すのでおすすめです。

 

また軽い口当たりにしたいプリンやムースなどには、35%程度の中くらいのタイプがおすすめです。しっかりとしたミルクの風味を残しつつ、あっさりとした味わいに仕上がります。

 

そしてシチューなどのしっかりとしたコクが欲しい料理に入れるなら、脂肪分40%以上の生クリームがおすすめです。濃厚でまろやかな味わいに仕上げることができます。またデコレーション用のクリームを作るときも、脂肪分の多いものの方が泡立ちやすく、濃厚なクリームに仕上がります

賞味期限を確認しておこう

生クリームを使うときに気になるのが賞味期限です。すぐに使いたいのか、長期保存したいのかで選ぶのもひとつの方法です。無添加の動物性の生クリームは1週間から10日ほどの賞味期限が一般的なので、早めに使い切ることが大切。

 

添加物なしの天然の素材なので、すぐに使い切ってしまえる必要量だけを購入しましょう。また多少の風味が落ちますが、生クリームは冷凍庫保存できます。長く保存したいなら、冷蔵よりも冷凍がおすすめです。

 

一方で添加物の入ったホイップクリームは、比較的賞味期限が長いのですが、やはり開封後はすぐに使い切るのがよいでしょう。どちらも見た目やにおいに異常がないかを確認することも大切です。

動物性(無添加)のおすすめ生クリーム3選

第3位

オーム

生クリーム42% 

価格:2,049円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

生クリームメインのお菓子作りにおすすめ

口どけがよく、濃厚な風味の無添加の生クリームです。乳脂肪分が42%と高く、生乳本来のおいしさが際立ちます。ガトーショコラやチーズケーキの生地に加えると美味しさが増し、濃厚さが出せるのが魅力。

 

オールマイティに応用出来るのでプロのパティシエにも多く愛用されています。本格的なお菓子作りを目指す方におすすめの生クリームです。メレンゲ状にホイップするときは分離しないように注意が必要です。

種類動物性内容量1000ml
脂肪量42%賞味期限12~7日

口コミを紹介

お菓子作りで、好きな生クリームはと聞かれれば、迷わずこの生クリームをあげるでしょう。滑らかで艶やかなうちに仕上げ、その美味しさを堪能して欲しい!!!!

出典:https://review.rakuten.co.jp

第2位

タカナシミルク楽天市場店

特選北海道純生クリーム47

価格:2,924円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃厚で豊かなコクと風味が楽しめる

タカナシの人気の生クリームです。北海道産の原材料を使い乳脂肪が47%と高く、生クリームの濃厚な風味をしっかりと楽しめます。ミルクの風味は上質で、とてもクリーミーです。タカナシの生クリームの中でもプロ用の品質を家庭用サイズにした本格的な商品。

 

良質な生乳から作られた生クリームの味は、1度食べたら病みつきになる美味しさが魅力です。料理にもお菓子作りにも、万能に使えます。料理やお菓子をワンランクアップしたいと考えている方におすすめの生クリームです。

種類動物性内容量200ml×4個
脂肪量47%賞味期限11日程度

口コミを紹介

上品でまろやか あと口も まったく くどいさはなく 凄くおいしいです。時間がたっても ダレることも無くとても優秀!

出典:https://review.rakuten.co.jp

第1位

中沢乳業

フレッシュクリーム 45%

価格:542円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一流シェフにも愛用される不動の人気商品

プロ愛用の本格フレッシュクリームを家庭で手軽に味わいたい方におすすめの商品。乳脂肪分45%の純生クリームです。生クリームの逸品として高い評価を得ており、2013年度モンドセレクション金賞を受賞しています。

 

北海道の牧場で育った乳牛の生乳から集めた乳脂肪がおいしさの秘密。乳脂肪45%ならではのコクのあるまろやかな舌ざわりが特徴です。

 

低温で静かにホイップすると、つやのあるなめらかなホイップクリームに仕上がります。シチューなどのコクを活かしたいお料理にはもちろん、オムレツへの隠し味にもおすすめ。

種類動物性内容量200ml
脂肪量45%賞味期限出荷時点で7日前後

口コミを紹介

フランスに行っていた友人が、中沢のクリームはフランスのクリームより美味しいと言うことで購入しました。有名ケーキ屋さんのケーキの味を自分で作ることができました

出典:https://www.amazon.co.jp

動物性(無添加)生クリームの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5180678の画像

    中沢乳業

  • 2
    アイテムID:5180897の画像

    タカナシミルク楽天市場店

  • 3
    アイテムID:5180892の画像

    オーム

  • 商品名
  • フレッシュクリーム 45%
  • 特選北海道純生クリーム47
  • 生クリーム42% 
  • 特徴
  • 一流シェフにも愛用される不動の人気商品
  • 濃厚で豊かなコクと風味が楽しめる
  • 生クリームメインのお菓子作りにおすすめ
  • 価格
  • 542円(税込)
  • 2924円(税込)
  • 2049円(税込)
  • 種類
  • 動物性
  • 動物性
  • 動物性
  • 内容量
  • 200ml
  • 200ml×4個
  • 1000ml
  • 脂肪量
  • 45%
  • 47%
  • 42%
  • 賞味期限
  • 出荷時点で7日前後
  • 11日程度
  • 12~7日

植物性のおすすめ生クリーム3選

第3位

明治

デザートホイップ × 3個

価格:998円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

絞るだけで簡単なホイップクリーム

明治のホイップ済み生クリームです。容器を手でギュッと押すだけでクリームが出てきて、クリームが中から漏れることはないので、お子さんでも簡単に扱えます。お菓子の仕上げやコーヒーなどの飲み物に、使いたい時に使いたい分だけ簡単に利用でき便利。

 

さっぱりとした味わいですが、植物性油脂の生クリームとしては、甘さ控えめでミルク感が強めなのが特徴です。

 

 

種類植物性内容量250ml×3個
脂肪量47%賞味期限製造日含む101日

口コミを紹介

スポンジケーキ作るために買ったけど簡単に塗ってショットケーキやクリスマスケーキに変身してよかったと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

マルサンパントリー

ルヴェール

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽い味わいが特徴の植物性クリーム

口当たりがよく、軽い味わいが特徴の植物定の生クリームです。ホイップしやすくなっているため、初心者でも簡単にメレンゲ状のキメの細かいクリームが作れます。植物性油脂を使っているので分離しにくいところも魅力。

 

型崩れしにくく、デコレーションケーキにも使いやすいでしょう。泡立てた翌日でも、生クリームに比べ分離しにくく、パサつきにくいのが特徴です。離水しにくく冷凍にも向いています。

種類植物性内容量1000ml
脂肪量35.0%賞味期限10日程度

口コミを紹介

コーヒーゼリーやレアチーズケーキ作りにジャンジャン使ってます。植物性なので日持ちもしますし、スーパーで小分けで購入するよりお安いです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

第1位

めいらく

乳製品を使っていない 豆乳入りホイップ

価格:228円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豆乳を使用したマイルドなホイップクリーム

乳製品の代わりに豆乳を使用したホイップクリームです。 乳製品を一切使用していないので、乳アレルギーがあるなど、乳製品を食べられない方に最適な商品です。きめ細やかでなめらかなクリームからは、ほんのりと豆乳の香りも。豆乳がお好きな方にもおすすめです。

 

ケーキのデコレーションはもちろん、料理に使用するのもよいでしょう。ただし、デコレーションしたあと、型崩れしやすい点は注意が必要です。食べる直前に冷蔵庫から出すか、なるべく早く食べるようにしましょう。

種類植物性内容量200ml
脂肪量0%賞味期限製造日より100日

口コミを紹介

記念日のケーキとバレンタインに使用しました。
食べた後の胃もたれが軽いので中高年には大変おすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

植物性生クリームの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5180786の画像

    めいらく

  • 2
    アイテムID:5180831の画像

    マルサンパントリー

  • 3
    アイテムID:5180961の画像

    明治

  • 商品名
  • 乳製品を使っていない 豆乳入りホイップ
  • ルヴェール
  • デザートホイップ × 3個
  • 特徴
  • 豆乳を使用したマイルドなホイップクリーム
  • 軽い味わいが特徴の植物性クリーム
  • 絞るだけで簡単なホイップクリーム
  • 価格
  • 228円(税込)
  • 648円(税込)
  • 998円(税込)
  • 種類
  • 植物性
  • 植物性
  • 植物性
  • 内容量
  • 200ml
  • 1000ml
  • 250ml×3個
  • 脂肪量
  • 0%
  • 35.0%
  • 47%
  • 賞味期限
  • 製造日より100日
  • 10日程度
  • 製造日含む101日

コーヒーにおすすめの生クリーム3選

第3位

ADEKA

エースホイップ19

価格:1,208円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

生クリームとのブレンドにもおすすめ

口どけがまろやかで、風味が良くキメが細かいクリームです。動物性に加えて植物性の生クリームをブレンドし、バランスの取れた味わいなのが特徴です。動物性の乳脂肪分含有量が19%と脂肪分が少ないのでコーヒーなどの飲み物に最適です。

 

また型崩れしにくくデコレーションをするときに使いやすいところもポイントです。ホイップして搾り出した形を保持したいときにも向いているホイップクリームです。

種類動物性内容量1000ml
脂肪量19%賞味期限
第2位

MEGMILK

料理がクリーミー

価格:288円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

常温保存でき便利なクリーム

乳脂肪分の割合が15%の生クリームです。脂肪分の割合が低いので、あっさりした味わいでコーヒーや紅茶などの飲み物におすすめ。開封前は常温保存できるため、常備しておくこともできて便利です。

 

その他にも熱を加える料理にも最適。長時間煮込んだり、オーブンを使用してもおいしく仕上げることができます。さらに、ワインやレモンを使用した料理にも。植物性脂肪と乳脂肪のバランスが抜群なので、後味もすっきりしています。

種類乳等を主要原料とする食品内容量200ml
脂肪量15%賞味期限製造日含む90日間
第1位

メグミルク

ホイップ低脂肪 12個

価格:1,866円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低脂肪・低コストが魅力のクリーム

脂肪成分が25%もカットされており、低脂肪な生クリームです。ケーキなどのデコレーションに使用するよりは、コーヒーなどのドリンクに入れたり、料理やお菓子に混ぜて使うのがおすすめ。お手頃価格で購入できるのも嬉しいポイントです。

 

あっさりと食べやすい味わいで、軽めのクリームが欲しい方にもおすすめです。植物性のホイップクリームなので、崩れにくいのも魅力。日常使いにもぴったりのクリームです。

種類植物性・乳等を主要原料とする食品内容量200ml×12
脂肪量賞味期限製造日含む90日間

コーヒーにおすすめの生クリームの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5180932の画像

    メグミルク

  • 2
    アイテムID:5180912の画像

    MEGMILK

  • 3
    アイテムID:5180924の画像

    ADEKA

  • 商品名
  • ホイップ低脂肪 12個
  • 料理がクリーミー
  • エースホイップ19
  • 特徴
  • 低脂肪・低コストが魅力のクリーム
  • 常温保存でき便利なクリーム
  • 生クリームとのブレンドにもおすすめ
  • 価格
  • 1866円(税込)
  • 288円(税込)
  • 1208円(税込)
  • 種類
  • 植物性・乳等を主要原料とする食品
  • 乳等を主要原料とする食品
  • 動物性
  • 内容量
  • 200ml×12
  • 200ml
  • 1000ml
  • 脂肪量
  • 15%
  • 19%
  • 賞味期限
  • 製造日含む90日間
  • 製造日含む90日間

スプレータイプのおすすめ生クリーム

ザーネワンダー

ザーネワンダー ホイップクリーム 3本セット

価格:1,970円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンプッシュで簡単で便利なスプレータイプ

ワンプッシュですぐにクリームが使えるスプレータイプの商品です。使う前に冷蔵庫で3~4時間冷やしてから、プッシュするだけでホイップクリームが出てくる便利さが魅力。泡立てる必要がないので、片付ける手間がかからず楽なのもポイントです。

 

開封後でも冷蔵庫に保存しておけば、1カ月ほど持ちます。扱いやすいので、お料理初心者の方やお子さんでも楽しく使うことができます。ホイップクリームをちょこちょこ使うご家庭におすすめの商品です。

種類乳等を主要原料とする食品内容量250ml
脂肪量26%賞味期限開封後は要冷蔵で1か月間

口コミを紹介

コーヒーの上に乗せてウインナコーヒーにして楽しんでいます。変なクセもなく、なかなか美味しいクリームです。

出典:https://www.amazon.co.jp

生クリームの作り方

ここからは生クリームの作り方をご紹介します。上手に作るにはコツがありますのでぜひ参考にしてみてください。

①冷水で冷やす

生クリームをあらかじめ冷蔵庫で冷やしておきましょう。ボウルや泡だて器などの道具も冷やしておいたほうが良いでしょう。

 

そして生クリームは、必ず冷やしながら泡立てるのがコツです。生クリームを泡立てるボウルと氷水を入れるボウルを2つ用意します。なおボウルと泡立て器に一滴でも水や油がついていると生クリームが分離してうまく泡立ちません

 

油分や水分がついていない事をしっかりと確認しておきます。そして氷水の入ったボウルに、生クリームの入ったボウルを当てて、ボウルごと冷やされている状態を持続させながら泡立てましょう。

②適した硬さに泡立てる

生クリームをボウルに入れたら、グラニュー糖を加えます。そして泡立て器で空気を含ませるように泡立てましょう。全体にとろみがつき、泡立て器ですくい上げるとトロッと流れ落ちてしまう状態が6分立てです。ババロアなどの柔らかい生地に使用するのに向いています。

 

さらに少し混ぜ、泡立て器ですくい上げると、トロッと落ち、跡が積もってから、ゆっくりと消える状態が7分立てです。7分立ての生クリームは、デコレーションケーキのスポンジに塗るのに最適。

 

そしてさらに泡立て、すくい上げるとポタリと落ちる状態が8分立です。8分立てのクリームは、デコレーション用に絞り出す際に適した硬さです。生クリームの固さによって適するお菓子が違いますので、作りたいものに適した硬さに泡立てましょう。

生クリームで甘く濃厚な味わいに

生クリームの選び方のポイントやおすすめの商品をご紹介してきましたがいかがでしたか?生クリームにはいろいろなタイプがありますが、それぞれの特徴を知ることで、より美味しいお料理やお菓子が作れます。ぜひ生クリームを使って甘く濃厚な味わいのお菓子や料理を作ってくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ