記事ID140261のサムネイル画像

東芝テレビのおすすめ人気ランキング10選【高画質が好きな人必見】

高画質テレビにはさまざまなものがありますが、絶対に外せないのが東芝です。高画質テレビの開発をリードしてきた東芝が作るテレビは、見る人を魅了するテレビばかりといえるでしょう。今回は、東芝テレビの選び方とおすすめ商品を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

東芝テレビできれいな映像を楽しむ

日本のテレビ業界において、技術的志向が強いメーカーが東芝です。テレビのブランド名はレグザであり、映像エンジンに定評があります。4Kテレビの開発で頭一つ秀でており、よりきれいで繊細な映像を見たい人におすすめといえるでしょう。

 

東芝は、テレビを開発する理念として「テレビはブラウザ」を掲げています。そのため、テレビに繋げる回路の開発には特に力を入れており、これが海外メーカーに委託生産しながらも画質の統一が出来ている要因にもなっているのです。

 

今回は、映像にこだわる人にも定評のある東芝テレビについて紹介します。テレビ自体はネットの発達によって以前よりは衰退気味ですが、まだまだ生活に必要不可欠なものなので、ぜひ参考にしてみてください。

編集部のイチオシ東芝テレビはこちら!

東芝

X930シリーズ 65X930

価格:408,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝のフラグシップテレビ

パネルは4K対応の2019年版有機ELパネルを採用しており、黒つぶれや白とびを最大限減らして明確かつきれいな映像を実現しています。特に、黒を表現する技術は国内最高峰なので、映像の鮮明さに驚くかもしれません。

 

さらに、部屋の明るさを色温度センサーで常に把握しています。これにより、テレビが自動で最適な画面を映し出してくれるのです。他にも、見たい映像に合わせて豊富なモードを選択可能なため、常に最適な高画質映像を楽しむことができるでしょう。

 

音質に関しても、有機ELレグザオーディオシステムPROと呼ばれるスピーカー&マルチアンプを搭載しており、よりきれいで迫力のある音を聴くことができます。画面から生で聴こえてくるような印象を受けるでしょう。

 

また、タイムシフトマシンにより、見逃した番組でも簡単に見返すことができるため、忙しい人でも安心してテレビを見ることができます。録画も、家庭の状況に合わせた設定が可能です。東芝レグザの技術を隅から隅まで堪能できるテレビなので、ぜひ使ってみてください。

サイズ幅144.7cm×高さ84.4cm×奥行き26.7cm重量47.5kg
映像処理エンジンレグザエンジン Professional端子HDMI×7、ARC、USB×4、光デジタル、LAN、ヘッドホン

口コミを紹介

HD、SDの画質が非常に良く低解像のソースでも色乗りや粗の処理が良い。

出典:https://review.kakaku.com

口コミを紹介

画面の大きさにはもう何とも思いませんが、4K番組はきれいですね。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

口コミを紹介

画質は最高です。特に映画など。

出典:https://www.biccamera.com

東芝テレビの選び方

東芝テレビのブランドであるレグザには、独特の特徴があります。まずは、どんな特徴があるのかを把握して、自分に合うテレビを選ぶ参考にしてみてください。

サイズで選ぶ

レグザには、それぞれの部屋に合わせたサイズが定められています。大きすぎず小さすぎないテレビを選ぶことで、より快適に視聴することができるのです。

3畳部屋

1人暮らしの人や、子供部屋に置くテレビとしておすすめなのが、19・24・32・40V型です。レグザでサイズに合ったシリーズは、S22・V31などが当てはまります。あまり大きいサイズではありませんが、性能は折り紙付きなので選ぶ価値はあるでしょう。

 

テレビはサイズの関係から、部屋のスペースを取りがちにです。しかし、レグザのテレビは省スペースでも置きやすい設計になっているため使いやすいでしょう。場合によっては、先程よりサイズアップも図れるため、ぜひ活用してみてください。

6畳部屋

6畳程度の広さにテレビを置く場合、サイズは43・49・50V型がおすすめです。レグザのシリーズでは、M520X・M530X・BM620X・RZ630X・Z730Xなどが当てはまります。このあたりから、一般家庭に置くサイズといえるでしょう。

 

部屋のリビングや個人の部屋に置くサイズとしてはちょうどよく、価格も高めになっています。とはいえ、テレビの相場価格としては妥当なものばかりであり、予算として10~15万円と考えておけば十分手に入るため、ぜひ参考にしてみてください。

8畳部屋

8畳を超える広さの部屋になると、それなりに大きなサイズのテレビが必要になってきます。サイズは、55・65Vが基準になり、体感的にもかなり大きく感じることでしょう。その分、大画面でテレビを視聴することができます。

 

レグザのシリーズでは、M520X・M530X・BM620X・Z30X・X830・Z920・Z930などが当てはまります。サイズが大きくなるため、価格も高めのものが多いですが、長く使うことや部屋に合ったテレビを購入することを考えれば、購入して損することはないでしょう。

機能で選ぶ

レグザのテレビは、高い技術力で作られています。そのため、画質や録画機能を始めとして、かなり高い水準でテレビを楽しむことができるのです。

画質・映像

レグザには、レグザエンジンと呼ばれる独自の映像処理エンジンが搭載されています。これにより、動きの速い映像でもきれいに描写することが可能なのです。総合的にみても、東芝の映像処理エンジンは最高峰の性能を発揮することが可能といえるでしょう。

 

また、テレビのパネルや高画質処理機能もかなり高い水準にあり、より鮮明でリアルな映像を楽しむことができます。シリーズごとに使われるパネルや搭載機能は多少異なるので、購入する際によく確認しておいてください。

録画・再生

レグザは画質だけでなく、録画や再生でも高い評価を受けています。特に、レグザから始まったUSB録画機能は信頼性が高く、気軽に大量の番組を録画・再生することができるのです。USB録画は他のテレビでも可能ですが、レグザならさらに楽な操作になるでしょう。

 

また、レグザのシリーズで多少異なりますが、6チャンネルまるごと録画やチャプター分割再生、おまかせ録画などの便利な機能が充実しています。録画・再生ならレグザで間違いないといわれることも多いため、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

ネット機能

レグザシリーズには、ほとんどにネット機能が搭載されています。そのため、家のどこに設置しても、ネットを介して動画や衛星放送を楽しむことが可能です。ネット機能をよく使う人にはうってつけの機能だといえるでしょう。

 

しかし、小さいサイズのS22やV31には、一部ネット機能がついていない場合もあります。もし、小さいサイズのテレビを購入予定なら、シリーズ名とネット機能を確認してから選ぶことをおすすめします。

その他機能

画質や録画・再生機能に目がいきがちですが、音質もレグザは優れています。はっきりとした音声と重低音を再現する「レグザパワーオーディオシステム」、「重低音バズーカオーディオシステム」など、音質にも手を抜いていません。

 

しかし、ネット機能と同様、音質機能もシリーズによって違いがあるため、選ぶ際には注意しておきましょう。音響機器を自分ですでに持っている人は別ですが、テレビのみで音質にこだわりたいなら確認しておいてください。

東芝テレビのおすすめ人気ランキング10選

第10位

東芝

REGZA 32S22

価格:30,784円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手軽に手に入るレグザ

レグザシリーズの中で、最もお手軽に手に入るテレビです。シンプルなデザインかつレグザにおける最低限の機能が備わっています。とはいえ、レグザの特徴である高画質は変わらないので、問題なく視聴することができるでしょう。

 

搭載されているレグザエンジンは最低限のものとなっています。しかし、最低限のレグザエンジンですら、実際に視聴することで画質の鮮明さがかなり際立っているのです。日常的に使うなら全く問題ないレベルなので安心してください。

 

また、テレビを視聴するだけでなく、ゲームをプレイする際にも映像モードでよりきれいな映像を楽しむことができます。価格もお手頃なので、とりあえずレグザがどういったテレビか知りたい人は、ぜひ選んでみることをおすすめします。

サイズ幅73.4cm×高さ44cm×奥行き15.9cm重量5kg
映像処理エンジンレグザエンジンファイン端子HDMI×2、ARC、USB、光デジタル、LAN

口コミを紹介

画質、価格もよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

東芝

REGZA 32V31

価格:38,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

地デジをきれいに見られるテレビ

地デジビューティーと呼ばれる機能があり、これによって地デジ放送で起こるノイズをカットしてきれいな映像を流してくれます。文字も見やすくなるので、目があまりよくない人にも優しいテレビだといえるでしょう。

 

また、ゲームをよくプレイする人には瞬足ゲームダイレクトがおすすめです。この機能を使うことでレスポンスが早くなるため、格闘ゲームなどで反応速度を求められる場合も対処しやすくなります。

 

機能もさることながら、見た目もかなりスマートになっています。そのため、部屋に置いてもすっきりとした印象を与えることができ、場所も取りにくくなっているのです。価格も5万円以下とお得なので、ぜひ選んでみてください。

サイズ幅73.5cm×高さ50.7cm×奥行き15.8cm重量5.5kg
映像処理エンジンレグザエンジンファイン端子HDMI×2、USB、光デジタル、LAN、ヘッドホン

口コミを紹介

画像も綺麗で、ダブル録画もできて、音声くっきりでドラマや映画でも人の声がはっきり聞こえて嬉しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

東芝

REGZA 50M520X

価格:108,162円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4Kできれいに見れるテレビ

4Kチューナー内蔵のため、より高画質で映像を楽しむことができるテレビとなっています。やはり、時代は4Kに移行し続けているため、1台あると世界が変わってくるでしょう。また、地デジ放送でもノイズ低減によりきれいな映像を楽しむことができます。

 

画面は二画面分割に対応しており、きれいな映像を1度に楽しむことも可能です。さらに、4K対応の高画質ゲームをプレイする際も、このテレビなら繊細で迫力のある世界観を十二分に表現できるでしょう。

 

テレビのサイズも最大65Vまであるため、サイズアップを図りたいときも選びやすくなっています。価格はサイズによって異なり、最も高くなると15万円前後ですが、見合った性能を持ち合わせているので、おすすめです。

サイズ幅112cm×高さ67.7cm×奥行き18.2cm重量18kg
映像処理エンジンレグザエンジン Evolution端子HDMI×4、ARC、USB×2、光デジタル、LAN、ヘッドホン

口コミを紹介

今まで、何故REGZAを購入しなかったのか。コスパ、画質、番組表、タイムシフト機能等まさに、液晶テレビの最高位です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

東芝

REGZA 43M530X

価格:75,592円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

繊細度が増したテレビ

レグザエンジン Evolutionから進化した、レグザエンジンEvolution-Sを搭載したテレビであり、さらなる高画質を再現しています。より細かい部分まで忠実に再現できるようになっており、高画質を求める人にはおすすめのテレビといえるでしょう。

 

また、レグザエンジンの進化により、地デジのノイズもさらに軽減されています。これにより、通常のテレビ番組でもきれいな映像を楽しむことができるのです。録画でも、4K放送を見ながら、別の4K放送を録画できるため、高画質のまま映像を楽しむことができます。

 

M520Xよりも優れた高画質を表現できるため、買い替えを検討している人はぜひ選んでみてください。価格もM520Xとそこまで差がなく、サイズも同じラインナップのためバージョンアップが簡単にできます。

サイズ幅95.9cm×高さ59.7cm×奥行き16.8cm重量10kg
映像処理エンジンレグザエンジン Evolution-S端子HDMI×4、USB×2、光デジタル、LAN、ヘッドホン

口コミを紹介

大画面の迫力や4Kの美しさに大変満足しています。

出典:https://review.kakaku.com

第6位

東芝

REGZA 43BM620X

価格:99,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音に重点を置いたテレビ

レグザシリーズの中でも、音に重点を置いて作られているテレビです。クリアな音を演出する「クリアダイレクトスピーカー」に加えて、重点音を響かせる「重低音バズーカウーファー」も内蔵されています。

 

スピーカーとウーファーが一緒になっていることで、よりクリアで臨場感のある音を再現することが可能になりました。高画質が目立つレグザですが、このシリーズなら音にもこだわって映像を楽しむことができるのです。

 

音という面では、レグザはどうしても他メーカーと比べられがちです。しかし、このシリーズなら画質と音の両立が図れるため、よりテレビを楽しむことができるでしょう。お得なテレビなので、ぜひ使ってみてください。

サイズ幅96.7cm×高さ62.9cm×奥行き19.1cm重量14kg
映像処理エンジンレグザエンジン Evolution端子HDMI×4、ARC、USB×2、光デジタル、LAN、ヘッドホン

口コミを紹介

今までもレグザでしたので使いやすいし画像が一段ときれいです。満足!

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

東芝

REGZA 50RZ630X

価格:125,427円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイムシフト機能で見逃しをなくすテレビ

RZ630Xシリーズ最大の特徴として挙げられるのが、タイムシフトマシンです。この機能は、例えば前日に見忘れていた番組があった場合、番組表で遡って選択するだけで再度視聴ができるというものなのです。

 

テレビにおいて録画し忘れたという事態は多く、見たい番組を見逃した経験がある人は多いでしょう。しかし、このテレビを選べば、これから先、番組を見逃すことがほとんどなくなります。特に、忙しい人にはうってつけのテレビだといえるでしょう。

 

さらに、自分が視聴している番組の傾向をテレビが記録しており、傾向にあった新しい番組を紹介してくれる機能もあります。今まで知らなかった番組を知る機会にもなるため、ぜひ活用してみてください。

サイズ幅112cm×高さ69×奥行き20.9cm重量20.5kg
映像処理エンジンレグザエンジン Evolution-S端子HDMI×4、ARC、USB×4、光デジタル、ヘッドホン

口コミを紹介

とにかくタイムシフトが便利。年末年始はフル活用で寝不足になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

東芝

REGZA 49Z730X

価格:130,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

AI技術を取り入れたテレビ

レグザエンジンにAI技術を取り入れたテレビです。以前のレグザエンジンと同様に高画質になることはもちろん、深層学習と呼ばれる機能により、映像に合わせた画質の調整を行えるようになっています。

 

光が少ないシーンや光が多いシーンなどを自動判別するため、より自然に高画質を楽しむことが可能です。また、動きのあるシーンと少ないシーンも判別できるため、視聴していて不自然に感じることは限りなく少なくなるでしょう。

 

さらに、音質にもこだわっており、従来の重低音バズーカオーディオシステムより優れた性能を持つオーディオシステムが搭載されています。過去の番組を再度視聴できるタイムシフトマシンもあるため、よりきれいかつ便利にテレビを見られるでしょう。

サイズ幅110.5cm×高さ70.5cm×奥行き23.5cm重量16.5kg
映像処理エンジンレグザエンジン Professional端子HDMI×4、ARC、USB×4、光デジタル、LAN、ヘッドホン

口コミを紹介

画質は良くなっているようで、娘がピクサーのブルーレイを視聴していて「髪の毛一本一本まで綺麗になってる!」と喜んでいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

東芝

REGZA 55X920

価格:383,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さらなる高画質を目指したテレビ

4K有機ELパネルを使ったテレビであり、さらにパネルに合わせて調整したレグザエンジンも搭載されています。ただでさえ高画質なレグザのテレビですが、専用処理エンジンにより、その性能は飛躍的に向上しています。

 

特に、どこまで透き通るような黒を鮮明に表現できるようになっており、見るだけで引き込まれる感覚を覚えるでしょう。地デジ放送で視聴する際にも高画質化が図れており、常にきれいな映像を楽しむことが可能です。

 

また、低音から高音まで幅広くカバーできるスピーカーも搭載されているため、きれいな映像と一緒に音も楽しむことができます。全体的に高い性能を誇るテレビなので、ぜひ試してみてください。

サイズ幅122.6cm×高さ72.2cm×奥行き25.1cm重量37.5kg
映像処理エンジンレグザエンジン Evolution PRO端子HDMI×4、ARC、USB×4、光デジタル、LAN、ヘッドホン

口コミを紹介

薄型で画面も綺麗です。満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

東芝

REGZA 55X830

価格:203,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Xシリーズを試したい人向け

レグザのXシリーズのうち、多少機能を抑えたテレビです。とはいえ、高画質であることに変わりはなく、有機ELパネルから見ることのできる映像は誰もが目を見張るものとなるでしょう。価格も抑えめで、手が出しやすいです。

 

他のXシリーズと違う点として、過去の番組を遡って視聴できるタイムシフトマシンと音質を上げたオーディオシステムPROがないことが挙げられます。特に、タイムシフトマシンがあるかどうかでは使い勝手が違うため、選ぶ際には迷う点だといえるでしょう。

 

しかし、価格面から見ても、多少の機能を我慢することで、レグザの最高峰技術を用いた高画質を気軽に体感できるのは大きなメリットです。自分の予算と相談しながら、ぜひ1度試してみてください。

サイズ幅122.6cm×高さ75.1cm×奥行き20.3cm重量23.5kg
映像処理エンジンレグザエンジン Professional端子HDMI×4、ARC、USB×2、光デジタル、LAN、ヘッドホン

口コミを紹介

画質進化、東芝生き返った。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

東芝

REGZA 55X930

価格:250,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2019年のフラグシップテレビ

2019年における東芝レグザのフラグシップテレビです。4K有機ELパネルと高画質をさらに引き上げるためのレグザエンジン Professionalの搭載はもちろんのこと、過去の番組を見られるタイムシフトマシンや音質を高める有機ELレグザオーディオシステム PROも揃っています。

 

さらに、内蔵マイクもテレビに搭載されているため、話すだけで操作が簡単に行えます。音声入力の精度は高く、リモコンがなくてもストレスなくテレビを自由自在に操作することができるでしょう。

 

また、部屋の明るさに応じて色を自動調整するAIも搭載されるなど、テレビとしてはかなり使い勝手がよい商品となっています。選んで損することはほとんどないため、ぜひ使ってみてください。

サイズ幅122.6cm×高さ72.2cm×奥行き25.1cm重量37.5kg
映像処理エンジンレグザエンジン Professional端子HDMI×7、ARC、USB×4、光デジタル、LAN、ヘッドホン

口コミを紹介

文句の付け所がないハイエンドテレビ。

出典:https://www.amazon.co.jp

東芝テレビのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5182285の画像

    東芝

  • 2
    アイテムID:5182277の画像

    東芝

  • 3
    アイテムID:5182273の画像

    東芝

  • 4
    アイテムID:5182272の画像

    東芝

  • 5
    アイテムID:5182271の画像

    東芝

  • 6
    アイテムID:5182270の画像

    東芝

  • 7
    アイテムID:5182269の画像

    東芝

  • 8
    アイテムID:5182267の画像

    東芝

  • 9
    アイテムID:5182260の画像

    東芝

  • 10
    アイテムID:5182259の画像

    東芝

  • 商品名
  • REGZA 55X930
  • REGZA 55X830
  • REGZA 55X920
  • REGZA 49Z730X
  • REGZA 50RZ630X
  • REGZA 43BM620X
  • REGZA 43M530X
  • REGZA 50M520X
  • REGZA 32V31
  • REGZA 32S22
  • 特徴
  • 2019年のフラグシップテレビ
  • Xシリーズを試したい人向け
  • さらなる高画質を目指したテレビ
  • AI技術を取り入れたテレビ
  • タイムシフト機能で見逃しをなくすテレビ
  • 音に重点を置いたテレビ
  • 繊細度が増したテレビ
  • 4Kできれいに見れるテレビ
  • 地デジをきれいに見られるテレビ
  • お手軽に手に入るレグザ
  • 価格
  • 250000円(税込)
  • 203800円(税込)
  • 383800円(税込)
  • 130000円(税込)
  • 125427円(税込)
  • 99800円(税込)
  • 75592円(税込)
  • 108162円(税込)
  • 38180円(税込)
  • 30784円(税込)
  • サイズ
  • 幅122.6cm×高さ72.2cm×奥行き25.1cm
  • 幅122.6cm×高さ75.1cm×奥行き20.3cm
  • 幅122.6cm×高さ72.2cm×奥行き25.1cm
  • 幅110.5cm×高さ70.5cm×奥行き23.5cm
  • 幅112cm×高さ69×奥行き20.9cm
  • 幅96.7cm×高さ62.9cm×奥行き19.1cm
  • 幅95.9cm×高さ59.7cm×奥行き16.8cm
  • 幅112cm×高さ67.7cm×奥行き18.2cm
  • 幅73.5cm×高さ50.7cm×奥行き15.8cm
  • 幅73.4cm×高さ44cm×奥行き15.9cm
  • 重量
  • 37.5kg
  • 23.5kg
  • 37.5kg
  • 16.5kg
  • 20.5kg
  • 14kg
  • 10kg
  • 18kg
  • 5.5kg
  • 5kg
  • 映像処理エンジン
  • レグザエンジン Professional
  • レグザエンジン Professional
  • レグザエンジン Evolution PRO
  • レグザエンジン Professional
  • レグザエンジン Evolution-S
  • レグザエンジン Evolution
  • レグザエンジン Evolution-S
  • レグザエンジン Evolution
  • レグザエンジンファイン
  • レグザエンジンファイン
  • 端子
  • HDMI×7、ARC、USB×4、光デジタル、LAN、ヘッドホン
  • HDMI×4、ARC、USB×2、光デジタル、LAN、ヘッドホン
  • HDMI×4、ARC、USB×4、光デジタル、LAN、ヘッドホン
  • HDMI×4、ARC、USB×4、光デジタル、LAN、ヘッドホン
  • HDMI×4、ARC、USB×4、光デジタル、ヘッドホン
  • HDMI×4、ARC、USB×2、光デジタル、LAN、ヘッドホン
  • HDMI×4、USB×2、光デジタル、LAN、ヘッドホン
  • HDMI×4、ARC、USB×2、光デジタル、LAN、ヘッドホン
  • HDMI×2、USB、光デジタル、LAN、ヘッドホン
  • HDMI×2、ARC、USB、光デジタル、LAN

設置するときは注意する

高画質で性能も高いレグザですが、実際に部屋で設置するときには注意する必要があります。特に、テレビの端を掴んで運ぶ際、あまり強く握りすぎるとパネルが損傷することもあるのです。

 

パネルが損傷すると、せっかくの高画質性能がうまく発揮されないこともあります。また、故障の原因にもつながるため、設置は慎重に行うことをおすすめします。大切に扱うことで、きれいな映像を楽しむことができるでしょう。

高画質テレビで視聴するなら東芝を選ぼう

東芝のテレビであるレグザについて紹介しました。東芝は、高画質テレビの開発を常にリードしてきたメーカーです。そのため、どのテレビも購入者の期待に沿ったものばかりとなっています。どれも優れたテレビばかりなので、よく考えて選んでみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ