記事ID140251のサムネイル画像

タイヤカバー人気おすすめランキング9選【屋外での保管に】

タイヤを屋外で保管しようとすると、紫外線やほこりなどで劣化してしまいます。ビニール袋で代用しても完全に遮光や防水はできない上、すぐに破けてしまいますよね。そこで今回は、おすすめの人気なタイヤカバーをランキング形式でご紹介します。

タイヤカバーのメリットは?

普段使いのノーマルタイヤ、雪が降る冬の時期にはくスタッドレスタイヤをシーズン毎に交換しているという方も多いのではないでしょうか。ゴムで出来ているタイヤは保管方法に注意しないと寿命が大幅に削られてしまうため、保管方法は重要なポイントです。

 

タイヤカバーを装着してタイヤを保管することで紫外線や雪、雨から守り自然劣化を防いでくれるため、タイヤの性能が長持ちします。また省スペースで保管できるため、タイヤラックの設置が難しいような狭いスペースでもタイヤの保管を行えるのもメリットです。

 

さらにタイヤラックよりも低価格で購入できるのもタイヤカバーの魅力の1つです。種類によっても異なりますが2千円以下から4000円前後で購入できるため、手軽にタイヤを保管したいという方にはおすすめです。

編集部イチオシのおすすめの商品はこちら!

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

タイヤカバー TE-700E

価格:815円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れたフッ素撥水加工タイヤカバー

こちらの「アイリスオーヤマ タイヤカバー TE-700E」は、低価格でありながら機能性に優れており人気の高いタイヤカバーです。素材にポリエステルを使用していることで、タイヤカバーの保管性能に関わる軽さと耐久性に優れています。

 

さらに紫外線をブロックしてくれる効果もあるため、紫外線からタイヤを守り劣化を防ぎます。タイヤカバーの表面にはフッ素撥水加工であるシルバーコーティングを施されているため、タイヤの変質や劣化から保護してくれる優れものです。

 

紫外線による酸化や劣化、雨や雪、台風などの天候変化による劣化、ホコリ・チリといった汚れからタイヤを守ってくれるため、屋内外に関係なく使用できるのもポイントです。そのためタイヤの劣化の原因となる項目からタイヤカバーでしっかりとブロックしたい方にぴったりです。

 

 裾部分はバタつきを防ぐため「ワンタッチひも止め」が標準装備されているため、保管中の快適さにも優れています。このひも止めが装備されていることで強風などの際に騒音を引き起こす可能性を防ぎ、近所迷惑にもならず安全にタイヤを保管できます。

 

伸び縮みや型崩れもしにくく、また摩擦や擦れにも強い素材であるためタイヤカバーを使用する季節に適しており、しっかりとタイヤを保護してくれます。

 

容量普通自動車用タイヤ(4本)素材ポリエステル
サイズ幅70x高さ100cm撥水性
防水性遮光性
取っ手-洗濯-

口コミを紹介

ロックストッパー付きのひもで裾をしっかりと縛ることができ、20m/Sの強風でもせり上がることはありませんでした。
最低限の撥水性は確保されており、今のところ保管タイヤに大きく染み出してはいません。
(*上部に雨水が溜まらない工夫は必要です)
製品の仕上げ具合も合格点で、この価格ならパフォーマンスは十分満足と言えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

想定以上にしっかりしていていいです。自転車用の屋根の下に置いていますが、台風の時も安心でした。
8か月くらい使っていますが、劣化もなくGoodです。
数々ある中から、アイリスオーヤマの安心感で選びました。良い買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

5年以上も長持ちしてくれたので、この値段でのコスパは大きいです!

保管は、それぞれのタイヤをビニール袋に入れたあと、それを4本積み重ねて屋外の軒下、南側に保管しています。
雨にはほぼ濡れず、冬以外は1日に2、3時間日差しが直接当たる場所ですが、その時期に保管しているスタッドレスタイヤに劣化は見当たりません(厳密にはわかりませんが)。

出典:https://www.amazon.co.jp

タイヤカバーの選び方

タイヤカバーと一言にいっても容量や機能、使いやすさはメーカーや種類によっても大きく異なります。ここではタイヤカバーを選ぶ際に注目したいポイントについて紹介していきます。

容量で選ぶ

タイヤカバーには4本まとめて収納するフルタイプと1本ごとに収納する1本用タイプの2種類があります。タイヤをどのように保管するのかによって適した容量が異なるため、収納場所に合わせて選ぶようにしましょう。

フルタイプ

タイヤを横にして上に積み上げて保管したいという方であれば、タイヤを複数まとめて収納が出来るフルタイプのタイヤカバーがおすすめです。タイヤ全体をすっぽりと覆い被せるタイプのフルタイプは、タイヤ全体をしっかりと保護したいという方に適しています。

 

タイヤ全体をしっかりと覆うことができるため、ホコリやチリといった劣化の原因からしっかりとタイヤを保護してくれます。そのためフルタイプを選ぶ際には隙間ができないような少し余裕のあるサイズ感のものを選びましょう。

 

タイヤカバーにはそれぞれ適応しているタイヤサイズが記載されていることがほとんどなので、タイヤ側面に記入されているサイズと、タイヤカバーの適応しているサイズがあうものを選ぶようにすることがポイントです。

1本用タイプ

タイヤを縦置きして収納したいという場合や、何カ所かに分けて収納したいという場合には、1本用タイプのタイヤカバーがおすすめです。1本ずつタイヤを収納することで、ホコリやチリなどの汚れからよりしっかりとカバーすることが可能です。

 

1本ずつ別に収納することで、持ち運びや移動がしやすいため力の弱い女性の方でも扱いやすいのが魅力です。また「右前」「左後」など取り外したタイヤの位置別に収納することで、次回のタイヤ交換の際に目安にしやすくおすすめです。

 

タイヤのローテーションなどの関係で2本ずつ保管するという場合にも、1本用タイプが適しています。使用しないタイヤカバーはたたんで収納しておくことでスペースも取らず、よりコンパクトにタイヤを保管することが可能です。

機能で選ぶ

タイヤの劣化を防ぐためには機能にも注目してタイヤカバーを選ぶことが大切です。ここではタイヤカバーにおいてチェックしておきたい機能について紹介していきます。

撥水性・防水性

タイヤは濡れた状態のまま長時間放置していると変質やひび割れを起こすため、タイヤカバーにおいて撥水性や防水性は機能の中でも重要なポイントです。特に屋外で保管するという方は撥水性や防水性が高いものを選ぶようにしましょう。

 

またホイールは水分が残っているとサビて劣化の要因となるため、ホイール付の状態で保管するという場合にも防水性や撥水性に注目して選ぶことが大切です。雨風などでタイヤカバーの内部に水分が入らないように、撥水や防水コーティングされているものを選びましょう。

 

撥水や防水コーティングが施されている場合であっても、完全防水でない場合もあります。そのため、屋外で保管するという場合にはどの程度防水してくれるのか、また水が浸入した場合の対処法などを事前に確認しておくことが大切です。

遮光性

ゴムで作られているタイヤは直射日光によって劣化が進行していくため、遮光性の高いタイヤカバーを選ぶことが大切です。また紫外線もタイヤの性能を低下させる要因とされるため、そうした観点からも遮光性の高さは必須といえます。

 

夏の気温が高く湿度が高い環境はタイヤにとって悪影響であるため、夏の時期のタイヤを保管するという方は遮光性が高いタイヤカバーを選ぶようにしましょう。

 

特に積雪の季節に装着するスタッドレスタイヤは、ゴムが柔らかくその分劣化しやすいとされています。そのためスタッドレスタイヤは適切な保管をすることで、劣化を防ぎ1年でも長く愛用することにもつながります。

取っ手付き

タイヤカバーはタイヤを保管するために使用するものですが、取っ手や肩紐など持ち手がついているものを選ぶことで持ち運びがしやすく便利です。取っ手があることでタイヤカバーの脱着もしやすく、移動も手軽に行えます。

 

ホイールが装着されたスタッドレスタイヤは重いもので10kg程度の重量になることもあるため、持ち運びのしやすさも考慮したタイヤカバーを選びましょう。また力の弱い女性の方はタイヤサイズが小さいものでも重労働となるため、取っ手付が重宝します。

 

フルタイプの場合はタイヤを重ねた後にかぶせるタイプがほとんどですが、1本用タイプでは1本ずつ移動させたり自動車に乗せたりと移動させる機会も多いです。そのため、1本用タイプを選ぶ際には取っ手や肩紐がついているということにも注目して選ぶようにしましょう。

収納のしやすさで選ぶ

タイヤ交換は想像以上に重労働であり、タイヤカバーにおいても収納のしやすさや取り出しやすさは外せないポイントといえます。1人でも手軽に収納できるタイヤカバーであれば、タイヤ交換時の負担を軽減することが可能です。

 

ワンタッチベルトがついたものやマジックテープで固定するような細部の作りまでこだわってつくられているタイヤカバーは、収納しやすくおすすめです。メーカーによって収納しやすく工夫された商品が販売されているため、収納しやすさにも注目して選びましょう。

 

またタイヤカバーにはタイヤの位置を示すマークがついた商品も販売されており、どの位置のタイヤなのかが一目でわかりやすいです。タイヤの保管は長期間となるため、こうしたタイヤの位置が把握しやすいものを選ぶのもポイントといえます。

フルタイプのおすすめタイヤカバー3選

第3位

メルテック(meltec)

タイヤカバー TC-02

価格:773円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイヤ位置確認シール付きで交換時も安心

車庫など屋内で保管するという方におすすめなのが、こちらの「メルテック タイヤカバー」です。紫外線に強いポリエステルを使用し、薄手ながらタイヤからホコリやちり、紫外線、雨風などから保護してくれます。

 

タイヤカバーの裾には紐とコードロックがついているため、風にあおられてバタつくのを防ぎます。さらにタイヤ位置確認シールが付属されているので、次回タイヤ交換時の目安にしやすく効率的にタイヤ交換を行えます。

容量フルタイプ素材ポリエステル
サイズ直径67×高さ82cm撥水性-
防水性遮光性
取っ手×洗濯-

口コミを紹介

215/65R16×4本収納で直径厚みともにまだ余裕があります。
生地の目が細かくてゴワゴワしていないのでタイヤにかぶせるのも楽でした。
※銀色の非常用持ち出し袋のような生地です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

TEMOCE

タイヤカバー

価格:2,099円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

紫外線からしっかり守るタイヤカバー

しっかりとした素材のオックスフォードに耐久性を高めるために高密度二重層のコーティングが施されています。これにより一層タイプよりも耐久性、防水、遮光性にも優れており、タイヤの劣化を助長する天候からタイヤを守ります

 

防塵性にも優れているこちらの商品は、ほこりやチリ、化学物質が含まれている黄砂からもしっかりと保護してくれます。タイヤカバーには調節可能なアジャスター付きなので、しっかりとタイヤを包みます。

容量フルタイプ素材オックスフォード・PVCコーティング
サイズ直径73×高さ110cm撥水性
防水性遮光性
取っ手洗濯-

口コミを紹介

外に51シーマ用のアルミ
255/50/18のタイヤを外に出してるがすっぽり入り
あまり余裕はないが雨風晒されないのがとてもいい

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Mr.You

タイヤカバー

価格:2,369円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優れた防塵防水性能で場所を問わず保管できる

独自のオックスフォードポリエステル生地の両面にシルバーコーティングを施しているため、雨や雪、風にも強く丈夫なタイヤカバーです。厚めのしっかりとした生地でタイヤ全体を保護することでタイヤの劣化から保護してくれます。

 

タイヤにかぶせてファスナーを閉めるだけなので収納も手軽に行えます。またタイヤカバー下端には紐とストッパーが装備されているため、タイヤサイズによってしっかりとフィットするように調節することも可能です。

容量フルタイプ素材ポリエステル
サイズ直径73×高さ110cm撥水性
防水性遮光性
取っ手×洗濯-

口コミを紹介

しっかりした丈夫な素材の物を探していたので、適度な厚みのある素材で形もしっかりしているので、気に入りました。
雨風をしのいで長持ちしてくれる事を期待しています。
4本のタイヤを重ねて保管した所に掛けるカバーは、場所を取らないコンパクトな保管が出来るかと思うので、気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

フルタイプのタイヤカバーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5183121の画像

    Mr.You

  • 2
    アイテムID:5183161の画像

    TEMOCE

  • 3
    アイテムID:5183183の画像

    メルテック(meltec)

  • 商品名
  • タイヤカバー
  • タイヤカバー
  • タイヤカバー TC-02
  • 特徴
  • 優れた防塵防水性能で場所を問わず保管できる
  • 紫外線からしっかり守るタイヤカバー
  • タイヤ位置確認シール付きで交換時も安心
  • 価格
  • 2369円(税込)
  • 2099円(税込)
  • 773円(税込)
  • 容量
  • フルタイプ
  • フルタイプ
  • フルタイプ
  • 素材
  • ポリエステル
  • オックスフォード・PVCコーティング
  • ポリエステル
  • サイズ
  • 直径73×高さ110cm
  • 直径73×高さ110cm
  • 直径67×高さ82cm
  • 撥水性
  • -
  • 防水性
  • 遮光性
  • 取っ手
  • ×
  • ×
  • 洗濯
  • -
  • -
  • -

1本用タイプのおすすめタイヤカバー3選

第3位

ボンフォーム(BONFORM)

タイヤバッグ

価格:1,512円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びに便利で使いやすい

ファスナーで開閉して入れるだけの手軽さが魅力のこちらのタイヤカバーは、シンプルな使いやすさが特徴です。取っ手がカバー全体に通っているため、しっかりとタイヤを支えて持ち運びがしやすいように工夫されています。

 

ナット収納袋、タイヤの位置を示したシールがついているため、次回のタイヤ交換をより効率的に行えます。厚手の素材はしっかりとしており繰り返し使用できるため、コスパにも優れています。

容量1本用タイプ素材ポリエステル
サイズ-撥水性-
防水性-遮光性-
取っ手洗濯-

口コミを紹介

タイヤは室内のロフトに運ぶのですが、以前まではゴミ袋サイズのビニールに入れて保管していました。
交換を依頼する際に車に積み込むのですが、ビニールだと両手がふさがってしまい、階段などで危険を感じたため購入しました。
16インチのタイヤですが、サイズも確認して少し余裕のある袋でした。持ち手があると肩にかけて運べるので階段や少し距離を運ぶ方にはとても良いものだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

FIELDOOR

タイヤトート

価格:4,384円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

面ファスナー式で力の弱い方でも簡単収納

収納がしやすいタイヤカバーを探しているという方におすすめなのがこちらの「FIELDOOR タイヤトート」です。面ファスナー式でタイヤを回しながら取り付けるため、力の弱い女性の方でも簡単に収納することができます。

 

またナットなどタイヤ交換した際に余ったナットなどを収納可能なポケットや、タイヤの位置などを控えておけるクリアポケットがついているのもポイントです。取っ手がついているため、持ち運びもしやすいのも魅力の1つです。

容量1本用タイプ素材ポリエステル
サイズ240cm×49cm撥水性-
防水性-遮光性-
取っ手洗濯-

口コミを紹介

タイヤ交換する時に、ホイールの汚れがズボン等に付くのが嫌で購入しました。
タイヤ全周とホイールの外部分をカバーするので汚れを気にする事なくタイヤの運搬ができ
快適でした。

今までは、タイヤが服に触れない様に少し離して持ってたので面倒だったのですよね。

素材もしっかりしており、マジックテープで大きさも調整できるので不満もありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Mr.You

タイヤカバー

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイヤ劣化の要因をしっかりブロック

容量1本用タイプ素材ポリエステル
サイズ直径73㎝撥水性
防水性遮光性
取っ手×洗濯-

1本用タイプのタイヤカバーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5183295の画像

    Mr.You

  • 2
    アイテムID:5183226の画像

    FIELDOOR

  • 3
    アイテムID:5183248の画像

    ボンフォーム(BONFORM)

  • 商品名
  • タイヤカバー
  • タイヤトート
  • タイヤバッグ
  • 特徴
  • タイヤ劣化の要因をしっかりブロック
  • 面ファスナー式で力の弱い方でも簡単収納
  • 持ち運びに便利で使いやすい
  • 価格
  • 2380円(税込)
  • 4384円(税込)
  • 1512円(税込)
  • 容量
  • 1本用タイプ
  • 1本用タイプ
  • 1本用タイプ
  • 素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • サイズ
  • 直径73㎝
  • 240cm×49cm
  • -
  • 撥水性
  • -
  • -
  • 防水性
  • -
  • -
  • 遮光性
  • -
  • -
  • 取っ手
  • ×
  • 洗濯
  • -
  • -
  • -

機能的なおすすめのタイヤカバー3選

第3位

期会屋

Eustoma タイヤカバー

価格:4,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細部までこだわって作られた長持ちカバー

こちらのタイヤカバーはタイヤの設置面には汚れにくい加工、フチ部分には万が一避けた際も食い止めるリックストップ加工が施されています。そのためタイヤをしっかり保護するのはもちろんのこと、タイヤカバー自体も長く使用できるためコスパに優れています。

 

タイヤを回しながら収納するマジックテープ式なので女性でも簡単に収納しやすく、取っ手もついているため移動にも便利です。タイヤの位置などをメモできるクリアポケット、ナットなどの部品を収納するポケット付など細部までこだわってつくられています。

容量1本用タイプ素材ポリエステル
サイズ展開時:250×50cm撥水性-
防水性-遮光性-
取っ手洗濯-

口コミを紹介

今まで使用していた保管袋がボロボロになり、こちらを購入。
念の為、タイヤラックカバーと合わせて購入しましたが、大切なタイヤを雨風凌ぎ、大切に保管出来ます。
中にあるシートがタイヤだけでなく、ホイールの内外を傷つきから守ってくれるのも、Good!
因みに、私は日産セレナの16インチ純正ホイール&タイヤの保管用に使用してます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

CVGLOBAL

タイヤ保管カバー

価格:1,399円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手入れ簡単で長く使えるタイヤカバー

しっかりとして丈夫な素材であるオックスフォードに防水PVC塗装を施しているため、耐久性と撥水性能を高めたタイヤカバーです。紫外線にも強いため、タイヤの劣化をしっかりと防ぎたいという方におすすめといえます。

 

またこちらのタイヤカバーではお手入れの手軽さがポイントで、水でサッと表面を流したら乾いたタオルで拭き取るだけで完了です。そのため黄砂やホコリやチリが気になるという方でも、サッとお手入れでき綺麗な状態が長持ちします。

容量フルタイプ素材ポリエステル
サイズ直径73×高さ110cm撥水性
防水性遮光性
取っ手×洗濯

口コミを紹介

そのままタイヤ保管すると劣化が進むのでちょうどいいサイズのカバーだったので重宝しています。
カバーがあるので使わないシーズンまで車庫以外でも置いておけるのが便利です。

カバーも丈夫そうなんですぐ壊れる心配はなさそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

CARMARO

タイヤカバー

価格:3,380円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単ステップの収納方法ですばやくタイヤを保管

厚めのポリエルテル素材を使用したこちらのタイヤカバーは、タイヤを収納する口が大きく広がるため簡単にタイヤを出し入れすることが可能です。塗れや摩擦にも強い素材で作られているため、タイヤを長時間保存するには最適なアイテムです。

 

またこちらのタイヤカバーの特徴としてタイヤの適合サイズが広いという点があげられます。紐を絞って調節することができるので、タイヤの大きさに合わせてフィットさせることが可能です。

容量1本用タイプ素材ポリエステル
サイズ直径80×高さ47cm撥水性
防水性遮光性
取っ手洗濯-

口コミを紹介

思っていたより生地が厚く丈夫そうです。
持ち手がついていてタイヤの重さにも耐えられるので持ち運びもしやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

機能的なタイヤカバーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5183338の画像

    CARMARO

  • 2
    アイテムID:5183823の画像

    CVGLOBAL

  • 3
    アイテムID:5183843の画像

    期会屋

  • 商品名
  • タイヤカバー
  • タイヤ保管カバー
  • Eustoma タイヤカバー
  • 特徴
  • 簡単ステップの収納方法ですばやくタイヤを保管
  • お手入れ簡単で長く使えるタイヤカバー
  • 細部までこだわって作られた長持ちカバー
  • 価格
  • 3380円(税込)
  • 1399円(税込)
  • 4480円(税込)
  • 容量
  • 1本用タイプ
  • フルタイプ
  • 1本用タイプ
  • 素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • サイズ
  • 直径80×高さ47cm
  • 直径73×高さ110cm
  • 展開時:250×50cm
  • 撥水性
  • -
  • 防水性
  • -
  • 遮光性
  • -
  • 取っ手
  • ×
  • 洗濯
  • -
  • -

タイヤのメンテナンスにワックスがおすすめ

タイヤカバーは紫外線やホコリなどの汚れ、雨風などをブロックしてくれますが、保管する前にしっかりと手入れをしておくことが大切です。タイヤを交換した後は劣化の原因となる汚れや油などをブラシで水洗いして落としておきましょう。

 

また水分もタイヤの劣化の要因となるため、水洗いした後は陰干しでしっかりと乾燥させることも大切です。その他にも日常のタイヤメンテナンスとしてタイヤワックスの利用をすることで、タイヤをより長く愛用することが可能です。

 

タイヤワックスには機能や使用方法など様々な種類があるため、しっかりと使用目的に適したものを選ぶことが大切です。タイヤワックスの選び方について下記の生地で詳しく紹介しているため、こちらもぜひ参考にしてみてください。

【劣化を防ぐ】おすすめのタイヤカバー

ここまでタイヤを長持ちできるタイヤカバーの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。タイヤを少しでも長持ちさせるためにもタイヤカバーを利用して雨や紫外線などから守り、正しく保管することが大切です。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ