記事ID140250のサムネイル画像

宅建の参考書おすすめランキング10選【絶対合格へのバイブル】

就職に役立つ人気の法律資格である宅建士。そんな宅建士合格を独学で目指す受験生に必要不可欠なのが参考書です。しかしどのような宅建参考書を選べばよいのかわからないという方も多いと思います。そこで今回は宅建参考書の選び方を解説し、人気でおすすめの参考書を紹介します。

宅建合格は参考書の選び方から

法律をこれまで一度も勉強したくことがないという方には難関な国家資格とされている宅建。しかし宅建の受験勉強として予備校に通いたいけど、予備校へ通うには5万円から10万円という高額な費用がかかるため、通えないという方も多くいます

 

そんな受験生の強い味方が独学に役立つ参考書です。参考書には初学者用から経験者用、図解が付いているものなど様々な参考書が展開しており、初めての受験生にとってはわからないことだらけです。

 

そこで今回は宅建参考書の選び方を解説し、人気でおすすめの宅建参考書をランキング形式で紹介していきます。

 

 

編集部のイチオシ宅建参考書はこちら!

東京リーガルマインド

出る順宅建士 合格テキスト 権利関係

価格:2,530円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

深い理解で万全対策!

こちらの宅建参考書は、宅建受験生から支持され続けるロングセラーの、出る順シリーズです。難易度の高い問題にも揺るがぬ力がつくよう、随一の知識量で宅建試験で問われる学習範囲を解説したテキストです。

 

初学者からリベンジを狙うという経験者まで幅広く対応できるように随所に工夫をこらしています。大幅な法改正が行われる2020年四家んい対応できるよう、改正部分の知識もしっかり解説しています。

 

何を学ぶのかが一目瞭然で、冒頭部分の学習内容のポイントで、出題傾向に合わせた勉強方法のアドバイスをまとめたおすすめの参考書です。

口コミを紹介

まず、この商品の特徴は、いち早く民法改正に対応していること。
今までの勉強で正しかったものが、2020年4月の民法改正で時効の期限などが変更になるので、注意が必要です。
去年までの参考書を使うのはお勧めできません。
そして、内容としては解りやすい部類に入ると思いますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

民法を中心に権利関係の論点をわかりやすく編集したテキストです。宅建の試験では権利関係を法令と判例の両方の観点から問う設問が多く出題されます。特に近年は複雑な社会課題を背景に難問も増えてきています。また2020年は民法の改正もあるので要注意の試験範囲です。このテキストは権利関係に集中してインプットの実力を養えるところがポイントです。民法の解釈は宅建の基礎部分なので宅建の試験対策にじっくり取り組みたい方にオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

文字もはっきり大き目行間すっきりで初期老眼の私にも読みやすかったです。^^
重要度ランクがはっきりイラスト教授の表情でABC段階を表されていて
「超頻出」の力の入り加減にこっちも応!って気分になります☆

出典:https://www.amazon.co.jp

宅建参考書の選び方

自分にあった宅建参考書を選ぶにはいくつかのポイントがあります。以下では自分にあった宅建参考書を手に入れるためのポイントを解説していきます。

自分に合った内容かを確認する

宅建参考書には基本から解説しているもの、図解付きのもの、マンガ形式のものなど、内容に違いがあります。自分が読みやすい内容のものを選びましょう。

初学者には「基本から解説しているもの」

宅建参考書には初学者に向けられたものから、何度か試験にチャレンジしたけれども残念ながら落ちてしまったという経験者向けのものまで様々な受験生を対象としたものが展開しています。

 

そこで初学者には、法律の基礎から解説しているものがおすすめです。宅建は法律問題が出題されるので、法律初学者にはまず法律の基礎知識が必要になります。そこで宅建の参考書選びでは、基礎から説明されているものが必要になります。

 

逆に、宅建試験を経験している受験生で、最初の受験の際に法律の基礎をしっかりと学習しているのであれば、基礎を学ぶ時間を応用に役立てるほうが効率的なので、そのような参考書を選ぶと良いでしょう。

文字ばかりが苦手という方には「図解付きのもの」

普段からどうも文字ばかりの本が苦手という受験生には、図解付きで詳しく解説しているものがおすすめです。また、中には全ページカラーというような参考書も展開しています。これらは、活字だけの本だと飽きてしまうというような受験生にはおすすめです。

 

さらに、重要ポイントをカラー表示することで視覚的に頭に入りやすくしている参考書は人気がありおすすめです。宅建試験は法律系の国家資格のため、書いている内容も難しいものばかりという印象があります。

 

そんな中で、ピンクやイエローなど柔らかいカラーを使うことで表現方法を優しく印象付けることができます。

法律用語に慣れていない方には「法律用語の解説付きのもの」

法律系国家資格の宅建参考書には、「錯誤」や「意思表示」「瑕疵」などといった難しい法律用語が登場しますが、法律初学者にとってはひと目みただけでは、何を言っているのか理解できないはずです。

 

そんな法律用語に慣れていない方には、法律用語の解説付きの参考書がおすすめです。中には初学者の受験生で、この法律用語の解説がついていない参考書を購入してしまい、後で法律用語の解説書をわざわざ購入したという受験生もいます。

 

経済的負担をできるだけ減らしながら、効率的な学習を可能にするためにも、法律用語の解説付きの参考書がおすすめです。

マンガ好きには「ストーリー仕立てのマンガ形式」

普段からよくマンガを読むというようなマンガファンには、ストーリー仕立てのマンガ形式の参考書がおすすめです。

 

近年の資格試験用の参考書には、初学者にも読みやすいように、受験生を主人公としたマンガ形式の参考書が展開しています。それは宅建参考書にも適用されています。

 

どのような形式であれ、自分が最も読みやすく、学習しやすい参考書を選ぶうえでは、マンガ形式の参考書も是非おすすめです。

商品レビューなどをチェックして選ぶ

宅建参考書を実際に使った受験生のナマの声は、説得力があります。そこで商品のレビューを参考にして選ぶのもポイントです。

レビューを確認して「評価の良いものを選ぶ」

インターネットが普及した現在において、参考書を購入した人が実体験に基づいて良い商品、悪い商品をレビューで書き残すことが当たり前になっています。

 

実際にこの商品レビューは、その後に参考書を選ぼうとしている人たちの基準となっているのでとても便利です。そして宅建の参考書を選ぶ際にはまずは星の数を見て大まかな評価を確認し、良い評価の参考書の内容を詳しくチェックしてみると良いでしょう。

 

また、できるだけ多くの評価がされている宅建の参考書がおすすめです。多くの評価がされている宅建の参考書は、それだけ売れていることを意味しており、客観的に判断するための良い材料になります。

実際に使っている人の「良い点を参考にして選ぶ」

商品レビューで良い評価か悪い評価かを大まかに判断したら、次はどこに注目をしていくかを解説します。その注目すべき点は、実際に使っていて合格しているかどうか、そして具体的にどのような部分が良かったのかをチェックします。

 

例えば初学者の方が使いやすかったのか、それとも経験者にとって使いやすかったのかは大きな違いがあります。また、良い部分ばかりではなく、悪かった部分もしっかりとチェックしておく必要があります。

 

例えば、その悪かった部分が自分にとって最も重要としている部分なのか、あるいはそうではないのかによっても購入の決断に大きな影響を与えます。

宅建参考書のタイプで選ぶ

宅建参考書は、基本書と過去問集など様々なタイプをひとくくりにして参考書と呼ばれています。以下ではそれぞれのタイプの特徴を紹介します。

受験勉強スタート時は「基本書」

宅建試験への挑戦を決意し、まずスタート時に買い揃えるなら基本書タイプがおすすめです。宅建参考書の基本書タイプは、どのような学習が必要で、学習スタート時点から、本試験までのスケジュールを確認するところからはじまります。

 

そして、基本書によってバラつきはありますが、最も効率的な学習スケジュールを示している場合があるので、参考になることがたくさん記載されています。

 

民法や宅地建物取引法などの基礎を学び、それぞれの関連性や判例の意味など、基本的な知識を身につけるためにおすすめです。

ある程度基本をおさえたら「演習・過去問集」

受験勉強をスタートさせ、基本書である程度の基礎的知識が身に付いたら、演習問題集や過去問集がおすすめです。この演習問題集や過去問集を実際に解くことで、これまで学習してきた知識がどれほど身に付いたのかを確認することに役立ちます。

 

宅建試験問題は、ほとんどが過去に出題された問題の中から出題されるとされているので、過去問集は非常に重要な参考書とされています

 

ただし、基本書を読み込むことなく、いきなり過去問集を購入してしまうと、解けるはずもなく、効率の良い学習とはいえないので気を付けましょう。

宅建参考書のおすすめ人気ランキング10選

第10位

東京リーガルマインド

宅建士 合格のトリセツ 基本テキスト

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

基礎から本試験までしっかりサポート

こちらの宅建参考書は、基礎から本試験までしっかりサポートする、イチから合格のチカラをつける宅建フルカラーテキストです。

 

法律が苦手な受験生、宅建受験は今回がはじめてという受験生も合格を勝ち取れるよう、試験攻略のカナメとなる知識をやさしく・ポイントをおさえて解説しています。どうしたらわかるんだろう、と悩む受験生に応える、まさに取扱説明書のように頼れるテキストです。

 

初学者も安心のLEC人気講師による読みやすくてイメージしやすい出題知識の丁寧な解説、出題傾向に合わせた重要度ランクを表示、腕試しに最適な本試験の過去問題を収録しています。

タイプ基本書/過去問対象初学者~経験者
内容カラー/図解ページ数503

口コミを紹介

充実した内容のテキストと解説付きで理解しながら問題を解ける良質な問題集が合わさった参考書です。
フルカラーでイラストも多用されていて非常にわかりやすく効率的に合格したい方に相応しいですね。
充実した内容で厚みも34mmやや分厚いですが3分割可能なので持ち運びにも便利ですね。
勉強の最終チェックに使いたい社労士の参考書です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

KADOKAWA

水野健の宅建士1冊目の教科書

価格:1,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全ページオールカラーで抜群にわかりやすい

こちらの宅建参考書は、LEC人気講師がゼロからでも宅建に合格できる最短ルートへ導く人気の参考書です。最大の特徴は、全ページオールカラーで抜群にわかりやすい点にあります。

 

資格の総合スクールLECで人気の水野講師が初学者に向けて宅建試験合格への最短ルートへ導き、合格率平均15%の膨大な試験範囲から必要な基礎知識が一冊でつかめるお得な参考書です。

 

実際の講義をベースに試験に出るところを凝縮し、重要事項は図表で整理、記憶に定着しやすく、10時間で読み切れる見開き構成が人気です。

タイプ基本書対象初学者
内容図表ページ数224

口コミを紹介

宅建士に興味がない人でもこの本を読んで、受験したら合格するんじゃないかと思わせてくれるほど分かりやすくハードルを下げて解説しています。一通り読んで過去問を解いてもそれなりに正解できる感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

U-CAN

ユーキャンの宅建士 まんが入門

価格:2,420円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コレなら読める、入門書の決定版

こちらの宅建参考書は、通信教育大手のユーキャンから発売している人気の参考書です。こちらの参考書の最大の特徴は、4コマまんがと丁寧な解説の繰り返しで、テンポよく読み進められる点にあります。

 

そのため、初学者も学習経験者も宅建の全体像が楽しみながら掴めるわかりやすさNo.1の入門書です。主人公の青空カケルが就職した桃山不動産は、お客さんを口説き始める女性社員や人形を片手に腹話術で営業する先輩など、到底信じがたい会社というストーリーです。

 

イメーシしやすく楽しいマンガで難しい内容も記憶に定着させることができる人気の宅建参考書です。

タイプ入門書対象初学者
内容マンガページ数272

口コミを紹介

知識の羅列本だけだと頭に入りにくい宅建士試験の勉強ですが、まんが形式で「なぜそうなるのか」という知識の背景や存在理由などが示されるので、大変頭に入りやすい一冊。初学者の方はまず本書を通読して、その後他のシリーズ・テキスト(『ユーキャンの宅建士速習レッスン』や『同 テーマ別問題集』など)に進むと効率的かと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

TAC出版

みんなが欲しかった! 宅建士の問題集

価格:2,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

分野別分冊で圧倒的に使いやすい問題集

こちらの宅建参考書は、宅建受験対策の歴史を変える、みんなが欲しいシリーズの手軽でストレスフリーな問題集です。最大の特徴は分野別分冊で圧倒的に使いやすい問題集という点です。

 

これまでの過去問から約270問を厳選して収録し、分野別に3分冊した圧倒的に使いやすい問題集です。各科目のはじめに、その科目で学習する論点や問題数、目標点をまとめ、はじめに論点の全体像をつかむことによって、学習効果が高まります。

 

また、応用的な知識や試験対策に必要な知識をまとめているので、しっかり確認することで確実な実力アップにつなげることができます。

タイプ問題集対象経験者
内容3分冊ページ数648

口コミを紹介

解説付きで理解しながら問題を解ける良質な問題集です。
とにかく効率的に合格したい方に相応しいですね。
分野別に3冊に分けられるので持ち運びに便利ですね。
勉強の最終チェックに使いたい宅地建物取引士の問題集です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

TAC出版

わかって合格(うか)る宅建士 基本テキスト

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TAC自慢の“珠玉の合格ノウハウ"を惜しみなく投入

こちらの宅建参考書は、TAC自慢の珠玉の合格ノウハウを惜しみなく投入した人気の参考書です。最大の特徴は、読みやすさで大好評のフルカラーテキストという点です。直近の出題傾向や民法大改正をきっちり反映し、読みやすさで大好評です。

 

知識がビジュアルで直感的にわかるフルカラーデザインで、付属の赤シートを使えば、キーワードや重要数字の暗号もバッチリです。いつでもどこでも手軽でラクラク学習できる取り外し可能な4分冊構成になっています。

 

直近の令和元年度試験もきっちり反映し、群を抜く本試験の分析力で、今年の合格をしっかりサポートします

タイプ基本集対象初学者
内容4分冊式/赤シート/フルカラーページ数744

口コミを紹介

まず一番良いのは、4分冊できるので、手軽に持ち歩けることです、電車の中で勉強することが多いので助かります。
二つ目は、直近の令和元年度試験も網羅しているので、安心!!合格目指します。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

TAC出版

スッキリわかる宅建士 中村式戦略テキスト

価格:2,970円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

戦略的最強テキスト

大手資格予備校のTAC出版から発売しているこちらの宅建参考書は、合格までの最短距離を最高の効率で突っ走るための戦略的最強テキストです。宅建の膨大な試験範囲を十分に分析し、試験に出るところだけを内容に盛り込んだ人気の参考書です。

 

初学者でもスムーズに理解できるように、事例や図表、イラストを用いて具体的に説明することで、わかりやすさを徹底追及しています。分野ごとに4冊に取り外すことが可能な造本で、取り外して持ち歩くことで、どこでも学習を行うことができます。

 

巻頭には、宅建試験の学習で学ぶ範囲の全体像を大づかみできる宅建ワールド攻略チャートを掲載したおすすめの宅建参考書です。

タイプ基本書対象初学者
内容図表/イラストページ数708

口コミを紹介

宅建の参考書はたくさんありますが、このシリーズが1番好きです。
分割できるので持ち運びやすい、多色カラーでないのでシンプルで読みやすい。問題文があり、考えながら理解し読み進められる。また、具体的な文なのでとっつきやすいです。
初めて宅建を学ぶ人にはオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

U-CAN

ユーキャンの宅建士 過去12年問題集

価格:2,860円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

よくわかる解説が試験に活きる

こちらはユーキャンの講師陣が、過去12年間分の試験を徹底分析してまとめ、誌上講義のようなアドバイスには、解法のテクニックが満載のおすすめの過去問集です。

 

民法改正にも完全対応し、試験の傾向と対策におすすめです。最大の特徴は、誌上で講義うを受けているような実践的なアドバイスで、講師による吹き出しコメントで、出題の狙いがよくわかります。

 

また、ページをめくらずに解ける問題文は、集中できると好評で、持ち運びにも便利で隙間時間にも使いやすいおすすめの問題集です。

タイプ過去問集対象経験者
内容図解ページ数856

口コミを紹介

値段、質、量とも優れた過去問集です。
正答率が記載されているので、確実に取るべき問題かチャレンジングな問題かひと目で判別できます。
過去問をとにかく解きまくることが合格への近道であることは間違いありません。
そういう点では合格に最も近い問題集であると言えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

TAC出版

みんなが欲しかった! 宅建士 合格へのはじめの一歩

価格:1,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本気でやさしい入門書

こちらの宅建参考書は、宅建受験を考えた受験生の最初の1冊としておすすめのオールカラーの入門書です。スタートアップ講座と入門講義の2部構成で、宅建試験の全体像をしっかりつかむことができるおすすめの参考書です。

 

合格のために何をすべきかが一目瞭然のスタートアップ講座が特徴で、宅建士とはどのような資格か、また、どんな試験なのか、どのような学習をすればよいのかをイラストや図解付きでわかりやすく記載しています。

 

売上ナンバーワンの宅建士の教科書から基本となる知識をピックアップし、まず学習のはじめにっ身につけたい知識をコンパクトにまとめています。法律や不動産の学習がはじめての方も、この入門講義を読めば、この後の学習が、よりスムーズになります。

タイプ入門書対象初学者
内容図解/イラストページ数284

口コミを紹介

宅建士の受験に興味を持った人が最初に読むのに最適なテキストです。
宅建士は民法と宅建業法が中心の法律系の資格なので法令と判例の理解が欠かせませんが、そういう勉強のエッセンスをわかりやすく解説していると思います。
暗記だけでは解答できない試験なのでこういう入門書で全体像を正しく掴むことが不可欠です。受験入門用のテキストとしてオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

TAC出版

スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト

価格:3,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

宅建士テキストの最終形態を実現

こちらの宅建参考書は、極限まで絞り込んだ、合格までの最短距離を最高の効率で突っ走る最強テキストに、過去問スーパーベストを一体化させ、宅建参考書の最終形態を実現させたおすすめの参考書です。

 

初学者でもスムーズに理解できるように、事例や図表、イラストを用いて具体的に説明することで、わかりやすさと使いやすさを実現しています。また、過去15年分の過去問から選び抜いた究極の97問を掲載、重要論点をもれなくカバーし、問題文の読み方から詳しく解説。

 

テキストも過去問も分野別の分冊方式を採用、テキスト編、過去問スーパーベスト編とも、各分野ごとに4冊に取り外すことが可能です。

タイプ基本書+過去問対象経験者
内容図解ページ数948

口コミを紹介

過去他社の本を使用しましたが、根本的に分かっていなかったことから冒頭から記載されており、スッキリ理解できました。今年は合格できそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

TAC出版

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

合格の土台を作る1冊

大手資格予備校のTACから発売しているこちらのテキストは魔法のようによくわかる、合格の土台を作るおすすめの一冊として人気の宅建参考書です。最大の特徴は、宅建受験用テキストの歴史を変えると言われた、パッとみてわかるフルカラーテキストにあります。

 

読むというよりは、パッとみてわかる本で、魔法のようによくわかる教科書で知識を習得することができます。論点をやさしい言葉でわかりやすくまとめ、文字量をできる限り少なくしています。

 

法律用語はかみ砕いた表現を用いたり、補足説明をつけたりすることで、初学者でも理解しやすくなっています。フルカラーの図解やイラストを用いて、重要ポイントを徹底的に整理し、苦手な論点は本文とセットで学習できるおすすめの宅建参考書です。

タイプ基本書対象初学者~経験者
内容フルカラー/図解付きページ数646

口コミを紹介

フルカラーで見やすく、丁寧で解りやすい説明で使いやすいテキストです
3冊に分冊できるので、持ち運びに便利、すきま時間学習にもぴったりです
赤シートも対応で暗記確認も問題なくできます
これ1冊で合格は無理ですが、補助的な1冊としてあると便利です
試験日にも持って行き、最後まで勉強の手助けになる1冊だと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

宅建参考書を有効活用するためのアイテム

宅建参考書をさらに有効活用するためのアイテムとしてあげられるのが消せるカラーペン、ポストイットです。

参考書に書き込むには消せるカラーペン

宅建参考書を読み進めていく中で、重要なポイントや、自分の苦手な部分はカラーペンでラインを引いたり、書き込んだりする受験生も多いかと思います。

 

しかし、几帳面な受験生などは、曲がってしまったら嫌、間違えたら消せないなどという理由から躊躇してしまう受験生も多くいます。そこでおすすめなのが消せるカラーペンです。

 

消せるカラーペンなら、曲がってしまったり、間違えてしまっても後で消せるので躊躇なくラインを引いたり、書き込むことができます

重要ポイントにはポストイットがおすすめ

宅建参考書の中で重要なポイントについてはカラーペンでラインを引くだけではなく、ポストイットを貼って書き込むのもおすすめです。消せるペンを持っていなくても、参考書を汚すことなく需要論点をチェックすることができます。

 

また、ポストイット自体に書き込むこともできるので、ポイントを独自に解説して記入しておくこともできるので便利です。

 

また、ポストイットは様々な大きさのものが展開しているので、書き込むスペースやカラーなど違いがあり、自分の使いやすいポストイットを選ぶことができます。

自分に適した宅建参考書を選んで短期合格を目指そう

ここまで宅建参考書の選び方と人気でおすすめの参考書をランキング形式で紹介してきましたが、気になる参考書は見つかりましたでしょうか。自分のレベルに合わせた、読みやすい人気の宅建参考書を選んで、短期合格を目指しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ