記事ID140169のサムネイル画像

【快適に過ごせる】ダイソンの扇風機のおすすめ人気ランキング10選

ダイソンの扇風機は、羽がないことにより見た目がスタイリッシュなだけでなく、安全性が高いことも特徴です。ここではダイソンの扇風機の選び方や、おすすめの商品を紹介していくので、扇風機を購入しようと思っているのなら見逃せない内容です。

ダイソンの扇風機は便利で多機能

ダイソンの扇風機は、従来の扇風機とは異なり羽のない独自の形状が特徴です。なので、小さな子どもがいても指を挟んでしまう心配はありません。お手入れも一般的な扇風機のように1枚ずつ羽を掃除するのではなく、雑巾などでサッと吹くだけで済ませられます。

 

また、ダイソンの扇風機は空気清浄機能などが搭載されているモデルがあったりと、多機能であることも特徴になっています。

 

今回はダイソンの扇風機の選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介していくので、ダイソンの扇風機の購入を迷っているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

編集部イチオシのダイソンの扇風機はこちら!

DYSON

Pure Hot + Cool HP04

価格:50,551円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台3役の多機能扇風機

ダイソンの扇風機の選び方やランキングを見て行く前に、まずは編集部イチオシの商品を紹介します。今回、編集部よりおすすめしたいのがPure Hot + Cool HP04です。送風と温風、空気清浄の1台3役と多機能扇風機になっています。

 

夏場や冬場などに便利に使える冷風と温風の2種類の送風ができるので、季節に選ばずに活躍します。本体に装着されたHEPAフィルターが、PM0.1などの微粒子をキャッチするのも魅力的です。

 

350°の首振りが可能な商品なので、部屋の隅々までキレイな空気を届けられます。また、3つの内蔵センサーが部屋の空気質をチェックして、本体のディスプレイやアプリで最大24時間分のデータをグラフ表示することもできます。

 

リモコンの操作がしやすくて、取扱説明書も図があって分かりやすいので、機械の扱いに慣れていなくても扱いやすくなっています。デザイン性に優れているので、どこに置いても素敵な雰囲気を演出してくれます。

 

ナイトモードでは音がとても静かになるので、音を気にせずに使うことができることが口コミでも好評です。旧モデルのHP03との大きな違いは吹き出し口が大型化したことで、風が直接あたるのが嫌いなら背面から吹き出すようにすることも可能です。

 

多機能な扇風機と使えるのが人気の理由です。どのダイソンの扇風機を購入すればいいのか迷っているのであれば、ぜひ今回編集部よりおすすめした、こちらの扇風機の購入してみてください。

 

 

 

 

重量5.7kg本体寸法幅24.8×奥行き24.8×高さ76.4cm

口コミをご紹介

ナイトモードでは音はほとんど気になりません。大きさはありますが、シンプルなデザインで邪魔になりません。アプリで操作出来るので便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

一台で三役なので一年中使え、収納スペースもスッキリ❗️部屋もスッキリ❗️ただ少し重いです

出典:https://www.amazon.co.jp

個人的な感想ですが、音は全く気になりません。シャープの加湿空気清浄機の方が遥かにうるさいです。リビングが暖かくなり、本当に良かったと思っています。
届いた時の箱の大きさにビックリです。
意外に大きい箱でしたが、リビングに置くと違和感なく使えてます。
暖かい風を回してくれるので、暖房嫌いの私ですが、これには満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイソンの扇風機の選び方

ダイソンの扇風機を選ぶ時には、どのような機能があるのかなどを知っておくと選びやすくなります。購入する前にしっかりとチェックしておきましょう。

ダイソンの扇風機の便利な機能での選び方

ダイソンの扇風機には、さまざまな便利が機能が搭載されています。それらの機能について紹介していきます。

送風機能

ダイソンの扇風機には、「Air Multiplierテクノロジー」が搭載されていて、これは毎秒290リットルのスムーズで力強い風が送り出される機能のことです。直進性の強い風に加えて、本体の首ふり機能を併用することにより、部屋の隅々まで風を届けることができます。

 

効率よく部屋の空気を循環させられることにより部屋の湿度ムラを減らせます。また、扇風機には涼風と温風を出せる1台2役のモデルもあり、このようなモデルはオールシーズン対応できるので、一年中使える便利な扇風機です。

空気清浄機能

ダイソンの扇風機には、後方に風を送る空気清浄機能の「ディフューズドモード」が搭載されています。この機能があることで、ダイソンの扇風機は空気清浄機としても使えます。

 

HEPAフィルターが空地中の微細な花粉やアレル物質などをチェックして、クリーンな空気を送り出します。また、内部のセンサーが部屋の空気の状況を自動で検知や分析をして、リアルタイムで通知する機能があるモデルも販売されています。

 

扇風機中央部分のディスプレイに室内の空気の状態が表示されるので、ディスプレイを確認することにより、常に部屋の空気の汚れを把握することができます。

温風機能

温風機能が付いているダイソンの扇風機は、いずれも1200W以上のハイパワーヒーターが搭載されています。セラミックプレートにより温められた風の力で部屋全体を素早く温められます。

 

選ぶときの気をつけたいのが暖房床面積です。基本的にはコンクリート住宅8畳までになっていて、最上位モデルのみ10畳までです。広い部屋を温めるのは難しいので、スポット暖房として活用するのに向いています。

ジェットフォーカス

ダイソンの扇風機のジェットフォーカス機能では、狭い範囲のみに暖かい風を送れる「フォーカスモード」と、広範囲に暖かい風を届けられる「ワイドモード」を使い分けられます。部屋の中の人数に合わせて使い分けることで、効率よく温風を届けられます。

ダイソンの扇風機のフィルターや対応畳数をチェック

ダイソンの扇風機を選ぶときには、フィルターや対応畳数を知っておくことも重要です。特に対応畳数を確認しておかないと、せっかく扇風機を購入しても性能を発揮しきれないこともあります。

フィルター

ダイソンの扇風機の空気清浄フィルターには、PM0.1レベルの超微小粒子状物質を99.95%除去できる「グラスHEPAフィルター」が使われています。それにより一般的な空気清浄機よりも気流のスピード制御で超微小粒子状物質もキャッチしやすくなっています。

 

フィルター素材には活性炭が使われていて、顆粒状活性炭の層により、ニオイや有害な塗料などの刺激臭を取り除けます。フィルターのフレームはゴム製により気密性が高くなっていて、空気を内部に留めて漏らさない構造です。

 

ダイソンの線風紀は新しいフィルターに交換するだけなので、定期的に掃除をする必要がなくお手入れも簡単なこともメリットです。フィルターの交換時期の目安は、1日12時間使っても約1年間と長く、交換時期になると自動でお知らせサインが表示されます。

対応畳数

対応畳数は、ダイソンの扇風機のモデルによって違います。対応畳数は、部屋の広さに対して、扇風機の風力や清浄機能が対応しているかを知る基準です。扇風機の対応畳数と扇風機を設置する部屋の広さがつり合っていないと快適に過ごせない可能性があります。

 

なので、部屋の隅々までダイソンの扇風機の風を届けるためには、部屋の間取りに合わせたモデル選びが重要です。事前に部屋の広さを確認しておくようにしましょう。

ダイソンの扇風機のスマホ連携などの機能

ダイソンの扇風機にはスマホ連携できる機能があります。連携することにより便利に使うことができたり、より高度な機能が使えるようになります。

リモコン

ダイソンの扇風機には、専用のリモコンが付属しているモデルや、スマートフォンアプリ「Dyson Link アプリ」と連動しているモデルが販売されています。離れているところからでも操作ができるので便利に使えます。

 

寝る直前や仕事先から扇風機の操作ができたり、旅行先や出張先からでも操作が可能です。しばらく家を空けるときでも、遠隔操作で空気清浄機能を使えば、いつでも自宅の部屋の空気を清浄できます。

スマホ連携機能

ダイソンの扇風機は、スマートフォンと連携することにより高度な機能が使えます。時間や曜日などの細かいスケジュール設定や、部屋の空気の状態のモニタリングなどができます。

他に知っておきたいダイソンの扇風機の機能

ダイソンの扇風機には、他にも便利に使える機能が搭載されています。ですが、ここから紹介する機能は、使う人によっては不要な機能です。扇風機を選ぶときには、その機能が必要かどうか考えて選ぶのがおすすめです。

上下角度調整

ダイソンの扇風機には、左右の首ふり昨日は全機種に搭載されていますが、上下の角度調整は機種によってはできないのもあります。ですが、上下の角度調整ができないのは、すべて背が高いタワータイプなので、それほど重要な要素ではないかもしれません。

オートモード

オートモードは、センサーによって室内の空気の状態を検知しながら、状況に応じて扇風機が自動的に風量を調整してくれる機能のことです。温風機能と同時に使うのであれば、湿度を設定しておくだけで自動でパワーを調整してくれる便利な機能です。

 

この機能は使う人によって不要な場合もあるので、ダイソンの扇風機を選ぶときには、よく考えて選ぶようにしましょう。

ナイトモード

ナイトモードを設定すると、ディスプレイが消灯して風量控えめで静音運転になります。風量は手動でも設定可能なので、手動で風量を設定するのが手間に感じないのであれば、ナイトモードがなくても問題ありません。

ダイソンの扇風機のおすすめ人気ランキング10選

第10位

Dyson(ダイソン)

ダイソンクール AM07DCBN

価格:27,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静かでありながらもパワフルな風を作れる

本体内部の乱気流を大幅に削減して音を抑えているのが特徴です。本体下部にヘルムホルツ式空洞を作りモーター音を吸収させていることにより、24dBと静かでありながらもパワフルな風で快適な空間を作り出しています。

 

リモコン付きで簡単に操作することができて、スリープタイマー機能は15分~9時間に設定できるので、快適に眠れます。手入れはサッと拭くだけと簡単なことも大きなメリットです。

重量2.85Kg本体寸法幅23×奥行き23×高さ100.7cm

口コミをご紹介

風の角度は上の方に上がっていく感じなのでイスに座って離れると頭の上を通過します。あと、リモコンの受信部が一番下にあるので座ってると手元からの操作では反応しないので腕を上げて下に向けて操作する必要があります。ただ、風は扇風機とは違って自然の風の様です。音さえ静かなら外で風に当たっている様です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第9位

Dyson

AM05

価格:95,996円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

効率的に部屋の中を涼しくできる

冷却ファンは、強力な気流で空気を循環させることにより、効果的に部屋の中を涼しくすることができます。また、暖かい風を遠くまで送る機能が搭載されているので、夏でも冬でも活躍するモデルです。

 

安全装置機能が付いていて、転倒時に自動で止まります。また、目に見えるところに熱源がなく、プロペラの回転がないので、小さな子どもがいる家庭でも安心して使えます。

重量2.38Kg本体寸法幅20×奥行き20×高さ57.9cm

口コミをご紹介

脱衣室で使用するために購入しました。温度設定もできて満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第8位

Dyson(ダイソン)

Pure Cool Me BP01GC

価格:18,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びが簡単

持ち運びが簡単で、一人暮らしや個室にも適している小型・軽量タイプです。コンパクトでありながらも密閉性の高いフィルターにより、PM0.1の微粒子までも99.95%除去できます。ディスプレイでフィルターの寿命を確認できて、面倒なフィルター掃除は不要です。

 

独自のDyson Core Flowテクノロジーで清浄された涼しい風を必要な場所へと届けられます。スリープタイマーを30分から8時間の範囲で設定できるので、睡眠中も涼しく快適に部屋の状態を保つことができます。

重量4.48Kg本体寸法幅24.5×奥行き24.5×高さ40.1cm

口コミをご紹介

商品に関しては満足です。
ただ、強さを最大にするとやはりうるさいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第7位

Dyson

AM09

価格:37,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

正確な温度コントロールができる

こちらのモデルは、正確な湿度コントロールができます。暖かい空気も涼しい空気も出せるので、夏でも冬でも使えるので便利です。

 

羽がなく露出した発熱体がないので、子どもがいる家庭でも安心して使えます。サッと服だけで掃除が済むので便利です。

 

サーモスタット機能やスリープタイマーに転倒自動停止機能が付いているので、寝ている時も安心して使えるモデルになっています。

重量2.68Kg本体寸法幅20.4×奥行き20.4×高さ59.5cm

口コミをご紹介

主に乳児の寝室がメインの使用場所です。設定した温度で効率よく温めてくれています。風による埃の舞い上がりもないようでクリーンな感じを受けています。引き続き利用したいと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第6位

Dyson(ダイソン)

Pure Hot + Cool Link HP03

価格:42,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夏は扇風機として冬はヒーターとして使える

こちらのモデルは、夏は扇風機として冬はヒーターとして使えるので1年中活躍します。パワフルな風で夏は涼しく、冬は素早く均一に部屋を温めてくれます。

 

PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去できる空気清浄機能付きでグラスHEPAフィルターが花粉やPM2.5などを除去します。

 

オートモードで適切な風量を自動で調整。ナイトモードも搭載されているので、快適に眠ることができます。リモコンが付いているので楽に操作することができます。

重量4.01Kg本体寸法幅22.2×奥行き22.2×高さ63.2cm

口コミをご紹介

睡眠時の空気循環として使ってます。
エアコンのしたにおいて、空気循環するにはちょうどよいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第5位

Dyson(ダイソン)

DP01 Pure Cool Link

価格:32,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気清浄機としても活躍する

空気清浄機として使えるので、1年中使うことができます。夏はパワフルでスムーズな風で部屋を涼しくして、快適に過ごせるようにしてくれます。

 

グラスHEPAフィルターで花粉やPM2.5などを除去できるので、小さな子どもがいる家庭や、アレルギーがある方にもおすすめできるモデルです。

 

ナイトモードが搭載されているので、眠っている間も快適に過ごせるようにしてくれます。アプリで部屋の空気の状況を視覚的に確認できるのも便利です。

重量3.03Kg本体寸法幅35.5×奥行き22.0×高さ61.6cm

口コミをご紹介

デザイン、機能、文句なしです。スマホアプリですべてコントロールできますね。 他社に比べて価格は高いですが購入してよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

ダイソン

AM06

価格:18,986円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ムラのないスムーズな風を作れる

周囲の空気を巻き込んで気流を増幅させて、ムラのないスムーズな風を作れます。羽がないので子どもが触っても安全です。

 

スリープタイマー機能付きで、15分から9時間の範囲で設定可能です。なので、寝ている間も快適に過ごすことができます。

 

リモコンが付いていて電源のオン・オフや、10段階の風量調整・首振り機能・スリープタイマーの設定が可能です。本体の上の部分にリモコンを置ける場所があります。

重量1.83Kg本体寸法幅35.6×奥行き14.7×高さ55.2cm

口コミをご紹介

ファンがないので、巻き込まれやが無く安全で手入れがしやすいので良いと思います。
ただ、強めの風を出すとモーター音がうるさく感じました。
中くらいの風だと気になりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

ダイソン

Pure Cool TP00

価格:39,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

部屋干しやペットの臭いも安心

空気清浄機能が付いているので、1年中使うことができます。HEPAフィルターが搭載されているので、PM0.1レベルの超微細粒子物質まで99.5%除去できます。

 

不快な臭いも除去できるので、部屋干しやペットの臭いも安心です。ナイトモードが搭載されているので、就寝中も部屋の空気を快適に整えてくれます。

重量3.70Kg本体寸法幅19.6×奥行き19.6×高さ101.8cm

口コミをご紹介

音が静かで爽やかで、クーラーが嫌いな人は、とっても良く眠れます

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Dyson(ダイソン)

Pure Cool Link TP03

価格:38,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

気になる臭いを抑えられる

空気清浄機能が付いていて、グラスHEPAフィルターで花粉やPM2.5などを除去できます。高齢の方や小さな子どもがいる家庭にもおすすめです。

 

活性炭を3倍に増やしてトリス緩衝液を浸透させた活性炭フィルターで、気になる臭いを抑えられます。また、アプリを使えば空気の状態を手軽に確認可能です。リモコンが付いているので、簡単に操作できます。

重量3,72Kg本体寸法幅19.6×奥行き19.6×高さ102.2cm

口コミをご紹介

スマホ操作も出来て便利だが、ほとんどオート運転で夜寝てる時はタイマーで停止させ、朝自動で動くが、ホコリやチリ以外に匂いなんかも取れてる感じがします。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ダイソン

Pure Cool TP04

価格:55,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでありながらも風力がある

接地面がコンパクトでありながらも、風力があるのが特徴のモデルです。全高は105.4cmと高く、スリムなシルエット。空気清浄機能が搭載されていて、350°の首振りがキレイな風にのせて部屋全体へと届けてくれます。

 

専用のアプリをスマートフォンなどのインストールすることにより、室内の空気の状態をグラフ化して見ることもできます。リモコンも搭載されているので、遠隔操作ができることも魅力的なポイントです。

重量5.43Kg本体寸法幅22.3×奥行22.3×高さ105.4cm

口コミをご紹介

リビングに置き、夏は扇風機としても使えます!風量を10にすると音が気になりますので5に設定して使う事が多いです!外出しても携帯アプリで家の空気の汚れを見れて操作できますので便利です!

出典:https://www.amazon.co.jp

ダイソンの扇風機の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5172472の画像

    ダイソン

  • 2
    アイテムID:5172417の画像

    Dyson(ダイソン)

  • 3
    アイテムID:5172470の画像

    ダイソン

  • 4
    アイテムID:5172481の画像

    ダイソン

  • 5
    アイテムID:5172485の画像

    Dyson(ダイソン)

  • 6
    アイテムID:5172461の画像

    Dyson(ダイソン)

  • 7
    アイテムID:5172498の画像

    Dyson

  • 8
    アイテムID:5172504の画像

    Dyson(ダイソン)

  • 9
    アイテムID:5172508の画像

    Dyson

  • 10
    アイテムID:5172440の画像

    Dyson(ダイソン)

  • 商品名
  • Pure Cool TP04
  • Pure Cool Link TP03
  • Pure Cool TP00
  • AM06
  • DP01 Pure Cool Link
  • Pure Hot + Cool Link HP03
  • AM09
  • Pure Cool Me BP01GC
  • AM05
  • ダイソンクール AM07DCBN
  • 特徴
  • コンパクトでありながらも風力がある
  • 気になる臭いを抑えられる
  • 部屋干しやペットの臭いも安心
  • ムラのないスムーズな風を作れる
  • 空気清浄機としても活躍する
  • 夏は扇風機として冬はヒーターとして使える
  • 正確な温度コントロールができる
  • 持ち運びが簡単
  • 効率的に部屋の中を涼しくできる
  • 静かでありながらもパワフルな風を作れる
  • 価格
  • 55980円(税込)
  • 38800円(税込)
  • 39780円(税込)
  • 18986円(税込)
  • 32800円(税込)
  • 42500円(税込)
  • 37500円(税込)
  • 18000円(税込)
  • 95996円(税込)
  • 27700円(税込)
  • 重量
  • 5.43Kg
  • 3,72Kg
  • 3.70Kg
  • 1.83Kg
  • 3.03Kg
  • 4.01Kg
  • 2.68Kg
  • 4.48Kg
  • 2.38Kg
  • 2.85Kg
  • 本体寸法
  • 幅22.3×奥行22.3×高さ105.4cm
  • 幅19.6×奥行き19.6×高さ102.2cm
  • 幅19.6×奥行き19.6×高さ101.8cm
  • 幅35.6×奥行き14.7×高さ55.2cm
  • 幅35.5×奥行き22.0×高さ61.6cm
  • 幅22.2×奥行き22.2×高さ63.2cm
  • 幅20.4×奥行き20.4×高さ59.5cm
  • 幅24.5×奥行き24.5×高さ40.1cm
  • 幅20×奥行き20×高さ57.9cm
  • 幅23×奥行き23×高さ100.7cm

ダイソンの扇風機の特徴

ダイソンの扇風機を購入しようと思っている時に気になるのが、他のメーカーの扇風機と比較して、どのような特徴があるのかではないでしょうか。ダイソンの扇風機の特徴や魅力などを紹介していくので、扇風機を選ぶ時の参考にしてみてください。

風力の安定感

ダイソンの扇風機の大きな特徴として風力の安定感があります。羽がないので、どこから風が発生しているのか不思議に思われるかもしれませんが、ダイソンの扇風機は、本体下部のモーターから空気を発生させています。

 

上部の円形または楕円形の輪の内側にあるスリットから、一定の風量が出る仕組みになっています。ダイソン独自のAir Multiplierテクノロジーにより、従来の扇風機のような風量のムラがなく、スムーズな送風を実現しています。

独自の形状

ダイソンの扇風機は、他のメーカーの扇風機にはない独自の形状が代名詞になっています。シンプルでありながらもスタリッシュなデザインで、どのような部屋やインテリアにも馴染みやすいことが特徴です。

 

家電だけど家電らしくないデザインをしているので、部屋にダイソンの扇風機を設置することで、近未来的に見せてくれるという効果も期待できます。

 

羽がないことで、子どもが指を入れてしまいケガをしてしまうという事故などが起こりにくいので、安心して置けるということもダイソンの扇風機のメリットと言えます。

シリーズは性能別にラインナップされている

ダイソンの扇風機の初期モデルは送風機能のみでしたが、現在は加湿機能や空気清浄機能など、さまざまな機能が付いているモデルが販売されています。おおまかに分類すると6つのタイプがラインナップしています。

 

・扇風機のみのタイプの「Cool」・扇風機+空気清浄機タイプ「PUre Cool」・扇風機+空気清浄機+スマホ操作タイプ「Pure Cool Link」・扇風機+ファンヒータータイプ「Hot+Cool」・扇風機+空気清浄機・ファンヒータータイプ「Pure hot+Cool」・扇風機+空気清浄機・ファンヒーター・スマホ操作タイプ「Pure Hot+Cool Link」

 

複数の機能が付いているダイソンの扇風機は、特に引っ越しで新しい生活をはじめるときに一台で済ませられたりするので便利です。設置スペースを少なく出来るというメリットもあります。

手入れが簡単

従来の扇風機は、羽にホコリが付きやすいというデメリットがあります。その一方でダイソンの扇風機は羽や、それを覆うためのカバーもないので、簡単に掃除できるというメリットがあります。

ダイソンの扇風機のデメリット

ダイソンの扇風機は高機能でメリットが多くありますが、その一方でいくつかのデメリットもあります。まず扇風機としては高額なので、コストを重視して扇風機を選びたいのであればおすすめしにくくなっています。

 

空気清浄機能が付いたモデルは、高額なフィルターユニットの定期的な交換も必要です。機能を個別で見ると、それぞれの専門家電に性能で劣ることもあります。

 

台座面積が小さいので、やや倒れやすいこともデメリットと言えます。ダイソンの扇風機の購入を検討しているのであれば、上記のデメリットについても考えてから選ぶようにするのがおすすめです。

ダイソンの扇風機は便利で高機能

ダイソンの扇風機は、羽がないのが特徴です。なので、子どもがいる家庭には特におすすめできます。一般的な扇風機に比べて音も静かな傾向もあります。空気清浄機としての機能も兼ね備えているモデルであれば、スペースをとらずに空気をキレイにできることも魅力です。ここで紹介してきたことが、ダイソンの扇風機を選ぶ時の参考になれば幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ