記事ID140152のサムネイル画像

【超絶高画質を楽しめる】8Kテレビのおすすめ人気ランキング4選

映像を描き出す画素数が増え、かつてとは比較にならないほどの高画質な放送を自宅で楽しめるようになってきた現在、最も注目を集めているテレビと言えば8Kテレビに他なりません。そこで人気の8Kテレビと共に8K放送や受信する際の注意点をご紹介します。

新4K8K放送開始から1年

2018年末に新4K8K放送が始まって1年が経過しました。その間、各メーカー共に4Kテレビや8Kテレビを次々に発表し、本格的な4K8K時代が到来しています。

テレビの主流はフルハイビジョンから4Kへ移行

これまでの2Kと4K、8Kを比較すると各放送のスペックの格差は大きくなる一方です。具体的には2K放送の画面解像度は最大1,920ドット×1,080ドットですが、4K放送は3,840ドット×2,160ドットとなっています。

 

また8K放送では約7,680ドット×4,320ドットと2Kと比較して画素数は約16倍となるため、より一層臨場感や質感に満ちた高精密映像が楽しめます。さらに転送レートも2Kと比較すると、4Kで最大1.3倍、8Kで約4倍になりより滑らかでダイナミックな映像も期待できます。

 

もちろん新4K8K放送スタート以降も従来の2Kの地デジや右旋円偏波のBS、CSを受信し続けることは可能です。しかしその一方で、せっかくの高精密放送を楽しむための4Kや8K放送向けのテレビに買い替えを進めている人も少なくありません。

 

国内で入手できる8K対応テレビや8Kテレビは

現在8K放送を行っているチャンネルは、NHKのBS8Kだけです。その8K放送を受信するためには、テレビ本体で受信が可能な8Kチューナー内蔵の8Kテレビ、もしくはチューナーを外付けすることで受信可能な8K対応テレビが必要です。

 

現行では8K対応テレビと8Kテレビを国内向けに発売している日本のメーカーはシャープのみです。海外に目を向けてもLGや、ソニーが中国や北米向けに発売している8Kテレビのみとなっています。

 

新4K8K放送スタートから1年を経たこの先、他のメーカーからも国内向けの8Kテレビや8K対応テレビが発売されることが期待されます。

編集部イチオシの8Kテレビはこちら!

シャープ(SHARP)

8K対応 液晶テレビ 8T-C60AW1

価格:296,802円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

8Kチューナーと組み合わせれば、本格8K放送が楽しめる

8K対応テレビと8Kテレビとを比較した場合、初期導入コストに大きな違いが出てきます。テレビそのものだけでなく、受信環境を整えるために2K4K8K対応のアンテナなど、関連機器の購入も必要となってきます。

 

その点、テレビの買い替えなどで「どうせなら4Kだけでなく8Kまで対応できるテレビは欲しいが、今すぐ8K放送を見る必要はない」という人にはこちらのモデルがおすすめ。

 

従来の地デジや2KBS放送といったテレビや、ネット動画の「Android TV」や「Netflix」、「Paravi」「YouTube」なども、今まで通り簡単に楽しむことができます。さらに今後8Kチューナーや8Kオーディオシステムを導入すれば、本格8K放送を楽しむ時にテレビを買い替えする必要もありません。

 

2Kや4Kの受信映像を8K放送画質にアップコンバートできる「AQUOS 8K Smart Engine PRO」を搭載しているため、全体的に明るくすっきりとした画像描写で、リビングでの視聴にぴったり。Google アシスタントといったスマートスピーカーとの連携も可能です。

 

ただし重量は38.5kgと同クラスの4Kテレビや4K対応テレビと比べると、かなり重さがあるので注意が必要です。また視野角は176度あるものの、画面パネル正面からの視聴が原則となるので設置スペースの問題が生じるケースがあります。

 

とはいえ、「おはよう・おやすみタイマー」や「明るさセンサー」などの機能も充実。取り扱い説明書がリモコンボタン操作1つで、画面に表示できるのも便利。AQUOSユーザーなら月額300円で加入できる音楽配信サービス「ココロミュージック」も高音質で楽しめます。

対応できる放送8K/4K/フルHD画素数7680x4320
HDR対応HDRの種類HDR10 / HLG
搭載チューナー地デジ/2KBS/2K110度CSVODあり

口コミをご紹介

BS4Kはほぼ見ていません。広告ばかりで見たい番組がない。
つまりこのテレビは現在、過去、未来とNHK8K専用機ということになります。
たまにD850で撮った4500万画素の写真を写したりしていますが。

出典:https://www.amazon.co.jp

最高にいい
今から買う
@5

出典:https://www.amazon.co.jp

真正面で見ると、高解像度で楽しめます。但し、30度ほど角度がつくと彩度が大きく劣化します。昔のTN液晶のような感じ。特に、ドラマのような人の顔で顕著。風景物は目立ちにくいので、店舗で確認する時には要注意です。
・8Kの録画は、専用のHDDではなくても可能でした。2万円の8TB_HDDで可能です。
・HDDの容量の制限は不明です。8TBまでは実証出来ましたが、16TB(8TBのRAID_0)が可能かどうかは分かりません。
・アンテナは、60cmの左旋パラボラを設置。

出典:https://www.amazon.co.jp

8Kテレビの選び方

4Kテレビの約4倍、2Kテレビの約16倍の画素数を誇る8Kテレビ。高価な買い物になるため、失敗したくないのが本音です。そこで8Kテレビを選ぶポイントをご紹介します。

8K対応テレビから選ぶ

チューナーが搭載されていない8K映像が受信可能なテレビのことを8K対応テレビと呼びます。現在国内で広く流通している8K対応テレビはシャープ製のみで、その他には一部家電販売店で韓国LGエレクトロニクスの有機EL8K対応テレビが販売されているだけです。

 

入手のしやすさや、周辺機器とのリンクの容易さを考えると現行ではシャープ製の8K対応テレビのラインアップから設置スペースに合わせて選択するのがおすすめの選び方です。

8Kテレビから選ぶ

チューナーが本体に搭載され、8K放送をテレビ本体のみで受信可能なテレビを8Kテレビと呼びます。こちらも現行では国内で流通しているのはシャープ製のみとなります。画面サイズは60、70、80型の3サイズが発売されています。

 

新4K放送の中でも左旋円偏波が必要になるチャンネルを視聴するために、受信アンテナや周辺機器自体も、この機会に2K4K8K対応アンテナなどに切り替えるという人はこちらの8Kテレビを選ぶのがおすすめです。

 

 

8K対応テレビのおすすめ人気ランキング2選

第2位

シャープ(SHARP)

70V型 液晶テレビ LC-70X500

価格:280,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4K放送に地デジ、BDも8K解像度にアップコンバート可

8K対応の70型液晶テレビ「LC-70X500」4K放送や地デジ放送、BDソフトの映像も8K解像度にアップコンバートして画面表示してくれるため、高解像度の映像が気軽に楽しめるのが魅力の1つ。

 

さらに豊かな色再現を約束する「リッチカラーテクノロジープロ」や、液晶画面のエリア毎にLEDバックライトの輝きをコントロールすることで、よりメリハリのある映像に仕上げる「メガコントラスト」技術なども搭載されているので、まるでスクリーンの迫力そのままの映像が自宅で楽しめます。

 

また8K画像でのHDR規格であるHLGとPQ方式に対応しているため、映像の奥行き感や質感までよりリアルに視聴できます。もちろん8K/4K放送受信機対応の HDMI端子を4端子搭載しているので、別売りの8Kチューナーを接続すれば8K放送を楽しめる点も見逃せません。

対応できる放送8K/4K/フルHD画素数7680x4320
HDR対応HDRの種類PQ / HLG
搭載チューナー地デジ/2KBS/2K110度CSVODなし

口コミをご紹介

4K と何が違うかはあまりわかりませんが、
気になったのでポチっとしました。
意外と早くついたので良かったです。
値段も安くいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミをご紹介

第1位

シャープ(SHARP)

60V型 液晶テレビ 8T-C60BW1

価格:250,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Google アシスタントも使える8K対応テレビ

従来の地上デジタル放送(2K)や4K放送、また2Kあるいは4K規格のブルーレイディスクなど様々な映像を8K規格の3,300万高画素へアップコンバートしてくれる新開発8K画像処理エンジン「Medalist Z1」が搭載されているため、全ての映像を高解像度で楽しめる8K対応テレビ。

 

8Kスポーツビューモードでは、8K画像表示の高細密さに加えて、転送スピードの速さでボヤケを低減し、動きの速い映像もリアルな臨場感そのもの。さらに搭載されたオーディオシステムのスタジアムサラウンド機能で、まるでその場にいるような音声も楽しめます。

 

 

対応できる放送8K/4K/フルHD画素数7680x4320
HDR対応HDRの種類HDR10/ HLG
搭載チューナーBS4K/地デジ/2KBS/2K110度CSVODあり

口コミをご紹介

地デジも4Kも大変綺麗で、満足です。有機と迷いましたが、結果良かったと思います。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

8K対応テレビの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5175531の画像

    シャープ(SHARP)

  • 2
    アイテムID:5175506の画像

    シャープ(SHARP)

  • 商品名
  • 60V型 液晶テレビ 8T-C60BW1
  • 70V型 液晶テレビ LC-70X500
  • 特徴
  • Google アシスタントも使える8K対応テレビ
  • 4K放送に地デジ、BDも8K解像度にアップコンバート可
  • 価格
  • 250000円(税込)
  • 280000円(税込)
  • 対応できる放送
  • 8K/4K/フルHD
  • 8K/4K/フルHD
  • 画素数
  • 7680x4320
  • 7680x4320
  • HDR
  • 対応
  • 対応
  • HDRの種類
  • HDR10/ HLG
  • PQ / HLG
  • 搭載チューナー
  • BS4K/地デジ/2KBS/2K110度CS
  • 地デジ/2KBS/2K110度CS
  • VOD
  • あり
  • なし

8Kテレビのおすすめ人気ランキング2選

第2位

シャープ(SHARP)

60V型 液晶テレビ 8T-C60AX1

価格:358,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新4K8K衛星放送用の8Kチューナー内蔵

新4K8K衛星放送を受信できる8Kチューナーを内蔵した液晶8Kテレビ。Android TVにも対応しており、さまざまな放送を1台で楽しめます。さらにUSB外付けハードディスクを接続することにより、簡単に地上デジタル、BS・110度CSデジタル放送の録画が可能。

 

AQUOSのブルーレイなどと接続して使用する場合は、それに準じた操作パネルを画面上に表示してくれるので、再生などが簡単に行えます。また音声で見たい番組の検索や、エアコンの操作ができるGoogleアシスタントに対応しているのも便利です。

対応できる放送8K/4K/フルHD画素数7680x4320
HDR対応HDRの種類HDR10/ HLG
搭載チューナーBS8K/BS4K/地デジ/2KBS/2K110度CSVODあり

口コミをご紹介

存在感、満足感を得られる商品です。 購入して良かったです。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

第1位

シャープ(SHARP)

80V型 液晶テレビ 8T-C80AX1

価格:1,550,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さまざまな賞に輝いた最高峰8Kテレビ

高精細で広色域、さらに約3300万画素、1秒間あたり120枚の画像を実現した8K倍速液晶パネルを採用した80V型8K液晶テレビ。

 

さらに、新4K8K放送採用のHLG方式のHDR映像と、ウルトラHDブルーレイ採用のHDR10の2つのHDR映像入力に対応しているので、白飛びや黒つぶれを防止して豊かな色のグラデーションを再現してくれます。

 

そのほかにも3Dノイズリダクションや倍速補完表示などにより、なめらかで鮮やかな映像を楽しむことができる8Kテレビ。80V型と大型パネルなので、正面からの視聴距離が1メートル以上確保できるリビングなどでの使用がおすすめです。

対応できる放送8K/4K/フルHD画素数7680x4320
HDR対応HDRの種類HDR10/ HLG
搭載チューナーBS8K/BS4K/地デジ/2KBS/2K110度CSVODあり

口コミをご紹介

量販店での視聴ですが、凄まじい高画質です 8K放送と4K録画放送を視聴させてもらいましたが、凄いの一言につきます。ただし、80インチの製品だけです。バックライトの技術が良いものが使われており、それが高画質に繋がっています。勿論、お値段が高いので簡単に買える人は少ないと思いますが、現在、最高の商品です。これで8K.4K放送の画質を見ると、今まで興味のなかったオペラや自然の番組や自分の視野を広げてくれる製品です

出典:https://www.amazon.co.jp

8Kテレビの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5175509の画像

    シャープ(SHARP)

  • 2
    アイテムID:5175552の画像

    シャープ(SHARP)

  • 商品名
  • 80V型 液晶テレビ 8T-C80AX1
  • 60V型 液晶テレビ 8T-C60AX1
  • 特徴
  • さまざまな賞に輝いた最高峰8Kテレビ
  • 新4K8K衛星放送用の8Kチューナー内蔵
  • 価格
  • 1550000円(税込)
  • 358200円(税込)
  • 対応できる放送
  • 8K/4K/フルHD
  • 8K/4K/フルHD
  • 画素数
  • 7680x4320
  • 7680x4320
  • HDR
  • 対応
  • 対応
  • HDRの種類
  • HDR10/ HLG
  • HDR10/ HLG
  • 搭載チューナー
  • BS8K/BS4K/地デジ/2KBS/2K110度CS
  • BS8K/BS4K/地デジ/2KBS/2K110度CS
  • VOD
  • あり
  • あり

8Kと4Kの違いとは

今さら聞きにくいことの1つに4Kや8Kって結局何のことなのか、ということが挙げられます。そこでここからは4Kや8Kの違いについてご紹介します。

8Kと4Kの性能の違い

そもそも4Kや8Kの「K」とは水平方向の画素数を表す数値のことです。つまり4Kなら水平方向の画素数が4000画素、8Kなら同じく水平方向の画素数が8000画素、ということになるのです。

 

さらに4Kテレビの場合は縦横の比率が16対9になるため、垂直方向の画素数も考慮すると約800万画素、8Kなら約3300万画素という計算ができます。すなわち画素数が増えることは、より細部に至るまでの美しい描写が可能になるということなのです。

 

したがって4K放送や新4K8K放送では、今までぼやけていた部分までくっきり鮮明に見ることができます。また、HDR表示が可能となったことにより、リアルで見る映像に近い陰影や階調表現が可能となっているのです。

4K放送と新4K8K放送の違い

ケーブル放送や「Netflix」、「Amazonプライムビデオ」などで展開されていた4K放送。それに対して2018年末に始まった新4K8K衛星放送は、これまでのBSや110度CS放送で使われている右旋円偏波と言われる電波に加えて、左旋円偏波と呼ばれる電波も使われています。

 

右旋円偏波で放送されているのは現時点で、「NHKBS4K」や「BS朝日4K」、「BSTBS4K」、「BSテレ東4K」、「BSフジ4K」、「BS日テレ4K」といった民放キー局の4K放送です。

 

対して左旋円偏波で放送されるBSは有料の「ザ・シネマ4K」や無料の「ショップチャンネル4K」、2020年末に放送開始予定の有料の「WOWOWBS4K」です。また110度CSの提供する有料の「スターチャンネル4K」や「J SPORTS1~4」も左旋円偏波が利用されます。

 

また現状唯一8K放送を実施している「NHKBS8K」も左旋円偏波を採用しているため、こういった左旋円偏波採用の4K~8K放送を楽しみたい人は既存のBS受信関連機器に加えて左旋円電波を受信するための機器が必要になるのです。

8Kテレビと4Kテレビの違い

4Kと8Kの違いとしてはその画素数がまず第一に挙げられますが、先行した形の4Kと比べると8Kテレビやその周辺機材には注意するべきポイントがあります。

 

まず第一に4K番組については、録画のための外付けHDDやBDレコーダーがすでに複数のメーカーから発売されています。特に4Kチューナーを内蔵したBDレコーダーは、「4K対応テレビはあるがチューナーがない」という人には便利なアイテムです。

 

しかし8K番組が録画できるレコーダーや、8Kチューナーは現状ではシャープ製しか発売されていません。また対応機種もシャープ製の8Kテレビ、もしくは8K対応テレビとの組み合わせで使うことが前提とされているため、現状ではテレビ関連製品をすべてシャープ製でそろえる必要があります。

8Kチューナーも合わせてチェック

それでは実際に8K放送を楽しみたい時に、チェックしておかなくてはいけない周辺機器についてご紹介します。

8K放送を楽しむための8Kチューナー

現在8K対応テレビに接続して新4K8K放送を楽しめるためのチューナーは、シャープ製のチューナーのみ。そこで8Kチューナーを接続する際の注意点をご紹介します。

8Kチューナー「8S-C00AW1」の録画画質はDRモード

同じシャープ製の8Kレコーダーと接続する際の録画モードはDRモードです。このDRモードとは放送そのままの画質で記録できる機能のことを指します。HGやHBのように放送データを圧縮して録画するわけではないので、8Kそのままの映像を楽しむことができます。

 

ただし録画には同じシャープ製の8K対応USBハードディスク「8R-C80A1」が必要です。

カテゴリー2のHDMIケーブル接続が必要

この8Kチューナーにはアンテナ出力端子が搭載されているので、アンテナ分配をしなくてもチューナーとテレビとを簡単に接続できます。

 

この8Kチューナーと接続できる8K対応テレビは現在メーカー発表によればHDMI端子を4端子搭載する LC-70X500、8T-C60AW1、LV-70002、LV-85001の全てシャープ製の8K対応テレビ、モニターとなっています。

 

また、このチューナーと上記に該当するテレビやモニターを接続するには、伝送速度18Gbps対応のカテゴリー2のハイスピードHDMIケーブルを別途用意する必要があります。

 

BS・110度CSデジタルのハイビジョン放送は視聴不可

4Kと8Kに対応している「8S-C00AW1」ですが、BS8K放送用が1基、BS4Kと110度CS4K用が2基搭載されているものの、2K放送用の地デジチューナーや、2K放送用BSチューナー及び110度CSチューナーは搭載されていません

 

そのため2020年末に始まるWOWOW4K放送をこのチューナーで視聴したい場合には、4K8K対応BSアンテナへの交換が必要となります。

8K録画のためのレコーダーもチェック

8K番組の録画用としては、現在名発売されているのはシャープ製のHDDレコーダーのみとなっています。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

ハードディスクは大容量

4Kレコーダーに関しては、 HDDとBDレコーダーの2種類が現在発売されています。それに対して8K放送を録画が可能な8Kレコーダーはシャープ製のHDDレコーダー「8R-C80A1」のみです。

 

容量は4テラバイト2基の8テラバイトと大容量で、100Mbps換算で8K放送なら170時間、30Mbps換算で4K放送なら約520時間の録画が可能です。

データの高速書き込みが可能

HDDを2基に分けて内蔵していることにより、高速で安定した8K録画が可能となっています。これは8K放送の追いかけ再生や、8K放送を録画しながら同時に他の番組を再生するとなると転送レートが合算で約200Mbpsを超えてしまうのを防ぐため。

 

2基に分散したHDDを単一ドライブとして機能させることにより、200Mbps以上の転送レートになっても、信号処理などをより安定して行うことができるため、8Kの美しい映像そのままの録画が可能となっています。

 

 

8Kの優れた三次元立体音響を体感できる専用オーディオ

8K放送の醍醐味は高画質だけでなく、その音質の高さにもあります。まるで包み込まれるような立体音響をより楽しめる専用オーディオシステムも発売されています。

8K放送の22.2マルチチャンネル音響方式は、前後左右に加えて上下方向にもチャンネルを配置し、あらゆる方向から音声が流れる3次元音響方式が採用されています。その三次元立体音響を再現したのが、8Kシアターバーシステム。

 

同じシャープの8K機器と組み合わせることで、劇場用に開発されたドルビーアトモス音響システムを自宅にいながら体感できるオーディオシステム。高音質のハイレゾ再生にも対応しているので、コンサートやライブ映像、映画などがより一層の迫力で楽しめます。

8Kテレビ導入の前にまずは4Kテレビをチェックしたい人にはこちら

人気のおすすめ4Kテレビ10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

8Kテレビで超絶高画質を楽しもう

今回は、8Kテレビのおすすめ商品をランキング形式でご紹介させていただきました。8Kテレビは、まだまだ高額商品になるため、価格や設置する部屋のスペース、見たい放送などによって選ぶことが重要です。今回ご紹介したおすすめの8Kテレビの中から、自分のニーズに合った機種を選んで8K放送を楽しんでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ