記事ID140103のサムネイル画像

【据え置きからビルドインまで】食洗機のおすすめ人気ランキング10選

家事を楽にしてくれるアイテム「食洗器」。据え置きタイプやビルドインタイプなど多様な商品が販売されています。今回はそんな食洗器をタイプ別にご紹介。開き方や容量・機能性など、食洗器を選ぶときに知っておきたいポイントがたくさん!是非参考にしてください。

食洗機を使うメリット

食後の一番面倒な作業といえば食器洗いです。面倒でも洗わないわけにはいかず、食洗機を購入するのも高いと考え、なかなか手を出せない方も多いはずです。しかし、食洗機には食器洗いを楽にするだけでなく、沢山のメリットがあります。

 

まず、食洗機では手洗いよりも少ない水量で洗うことができるので、節水にも繋がります。また、高温で洗浄するので、油汚れなどもしっかりと落とせ、さらに熱湯消毒の容量で殺菌・除菌効果も得られます。

 

最近では、価格帯も安価になってきた上に、狭い日本のキッチンでも置けるようにコンパクトなサイズも沢山販売されています。初期投資はある程度必要になりますが、一度購入してしまえば、大幅な時間の節約でストレスから解放してくれます。

編集部イチオシのおすすめの商品はこちら!

Panasonic

食器洗い乾燥機 プチ食洗 NP-TCM4-W

価格:39,638円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクト設計で小家族にピッタリ

この食洗機は、据え置きタイプのコンパクトサイズなので、今まで家のキッチンには置けないと考えていた方でも、設置することが可能です。食器は18点ほど入れることができるので、家族3人分程度の量であれば余裕で洗浄できます。

 

スピーディコースを選択すれば、洗浄時間は約29分で完了。ドアは前開きタイプなので、上下左右の余分なスペースは必要ありません。コンパクトタイプは、食器の入れ方一つを取ってもコツが必要になるのですが、これは雑に入れてもかなり綺麗に洗浄してくれます。

 

何しろコンパクトサイズなので、一人暮らしの家や狭いキッチンでも設置していただけます。初めての食洗機としても、価格も控えめなのでおすすめです。

サイズ幅470×奥300×高460mm重量約12kg
タイプ据え置きドア前開き
乾燥機能

口コミを紹介

価格が安く基本性能を満たしているので,★本製品は抜群のコストパフォーマンスです。
乾燥を使わず,洗うだけでイイなら,本製品のスピーディコースは最高です。乾燥を使ってももちろんOK♪また,当たり前のことですが高音の熱湯で洗うので,殺菌もできて安心です。

出典:https://www.amazon.co.jp

トータルで考えると光熱費的には乾燥の分損になりそうだが、そんなこと気にならないくらい便利。時間プライスレス。特に弁当箱として使っているタッパーを洗うのが本当に楽になった。こびりつき汚れが残っても、油はすでに取れているので洗い直しても全く不快ではない。幸せ。

出典:https://osusume.excite.co.jp

2人分の食器が大体入ります。大きい食器は手洗いしてますが、細かいものだけでも洗ってくれるのは大助かりです。箸やスプーンを洗う手間が省けたのが特に大きいです。もっとはやく買えばよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

食洗機選びのポイント|機能性

食洗機の選び方のポイントとして、まず挙げられるのが機能性です。設置するキッチンの広さや、家族構成などによっても適した機能は異なりますので、しっかりとチェックしましょう。

乾燥機能

食洗機の中には、乾燥機能が搭載されていないモデルも存在ます。しかし、乾燥機能が搭載されていない場合は食器を拭く手間が余分にかかってしまいます。熱風で乾燥させる商品なら、しっかりと水分が蒸発しますし、殺菌効果も期待ができます。

 

しかし、洗浄機能だけのものに比べて洗浄から乾燥まで完了するのに時間がかかってしまうというデメリットも。また、熱風で乾燥させているので、洗浄後、すぐに取り出すと熱すぎて火傷の危険もあるので注意が必要です。

 

中には、火傷防止のために、乾燥中の高温の排気が人に触れないように配慮して設計されている製品や、乾燥後はしばらくドアが開けられないようになっている食洗機もあります。お子様がいるご家庭では、こういった配慮がなされた商品を選ぶようにしましょう。

省エネ

手洗いで食器などを洗う際には、どうしても水やお湯を出しっぱなしにして洗うことが多くなるので、水道代もかさんでしまいます。しかし、食洗機では商品によって使用水量や消費電力が異なり、手洗いよりも抑えられる場合があります。

 

ただし、手洗いではかからない電気代がかかることもまた事実です。食器用洗剤も食洗機専用のものを使用しなければなりません。しかし、節水に関しては手洗いよりも断然お得です。

 

節約につながれば、地球環境に優しいだけでなく、水道代や電気代にも大きくかかわってくるので要チェックです。毎日、長期間使用し続ける食洗機だからこそ、省エネであるかどうかをしっかり比較して選ぶことが重要です。

静音性

食洗機は洗う際の水の音や、乾かす際の送風の音が発生します。製品によってレベルは異なりますが、以外と大きい音がなってしまう食洗機もあります。そのため、マンションなどの集合住宅にお住いの方や夜間に使用する予定がある場合は、必ず静音性もチェックしましょう。

 

また、小さなお子様などがいらっしゃるご家庭でも、睡眠の妨げにならないように静音タイプがおすすめです。静音タイプを選ぶ基準としては、騒音のレベル45db以下の商品が良いでしょう。

 

45db以下であれば、図書館や閑静な住宅地程度の静かさなので、睡眠の妨げや近所迷惑になることもありません。静音性はかなり重要なポイントなので、必ずチェックしましょう。

ビルドインタイプから選ぶ

食洗機には2種類のタイプがあります。ビルトインタイプは、キッチンにはめ込むような形で設置されるので、業者による設置工事などが必要です。賃貸では設置できません。ただし、容量が大きいので人気です。ビルトインタイプの特徴を見ていきましょう。

開き方で選ぶ

ビルトインタイプには、スライドオープンタイプとフロントオープンタイプの2種類の扉の開き方が存在します。開き方によってどのような違いが生まれるのか、見てみましょう。

スライドオープン|姿勢はラクラク!

スライドオープンは、箱状の本体を手前に引いて開け閉めするタイプです。フロントオープンタイプに比べて、開けた時の高さが変わらないので、食器を入れるときの姿勢が楽です。また、節水性が高いので、省エネにも繋がります。

 

洗剤では、ジェルタイプの洗剤が使えるため、下部に収納を設置できる機種あります。しかし、容量が小さめなので、食器を入れる順番にコツが必要です。容量にも違いがあり、浅型のミドルタイプと深型のディープタイプがあります。

 

ミドルタイプは庫内の高さが低いので、あまり大きな食器や鍋などを入れることができませんが、食洗機の下に収納スペースが生まれます。ディープタイプは庫内に高さがあるので、大きめの食器も入れられますが、下の収納スペースは確保できません。

フロントオープン|大きな要領で

フロントオープンは、扉を手前に倒すことで庫内が現れるタイプです。スライドオープンに比べて大容量なので、大家族でも安心。何回かに分けて洗う必要もありません。大型の調理器具でも簡単に入れることができます。

 

ただし、食器を入れる際にはしゃがんだり中腰になったりする必要があるため、姿勢を保つのが大変です。ドアを足にぶつけて痛めてしまうトラブルも多く、注意が必要です。また、スライドオープンに比べると節水性や機能性は劣ってしまいます。

 

食器を出し入れする際には、水滴が床に落ちる可能性もありますので、注意が必要です。人数の多い大家族や、お鍋などの調理器具も食洗機で洗いたいという方には、容量が多いフロントオープンがおすすめです。

据え置きタイプから選ぶ

マンションや狭いキッチン、賃貸で設置工事ができない方におすすめなのが据え置きタイプです。据え置きタイプにも様々な商品がありますので、違いをしっかりチェックして、自分の家のキッチンに適している商品を選びましょう。

容量で選ぶ

まずは容量の違いを見てみましょう。家族の人数によっては容量が少ないと何度も稼働させなければならなくなります。キッチンの広さ、設置できるスペースなどによって適した容量がありますので、しっかりチェックしておく必要があります。

大型|家族向け

大型の食洗機は、大きさからもわかるように、内容も大容量です。4人暮らし以上の家族向けです。容量が小さいと、大きいサイズの食器やお鍋などを入れると、他の食器を一度に入れられるスペースが無くなりますので、稼働させる回数が増えてしまいます。

 

稼働の回数が増えれば節水の意味もありません。大容量サイズには、どんぶりや大皿などの大きな食器や鍋などの調理器具が入るタイプもあるので、大皿だけを手洗いする必要もなくなります。

 

ただし、大型なので設置には十分なキッチンスペースが必要です。幅はもちろんのこと、奥行きも深いので、一人暮らし向けタイプのマンションや、キッチンが狭い家には設置することができませんので、注意が必要です。

コンパクト|一人暮らし向け

コンパクトタイプの食洗機は、一人暮らしや少人数の家族用の1~3人向けのサイズです。中には水切りカゴの代わりに、ちょっとしたスペースに置くことができるサイズの商品もあるので、食洗機を設置するスペースが無いと諦めていた方にもおすすめです。

 

ただし、設置場所を取らない代わりに、庫内も狭くなってしまいますので、大皿やどんぶりなどを入れることができない食洗機もありますので、注意が必要です。鍋などのキッチンツールを洗うことはできないと考えておくべきです。

 

また、お皿などの入れ方一つで密集しすぎてしまい、汚れが落ちにくくなってしまう原因にも繋がるので、入れ方のコツをつかむ必要があります。食洗機に入れやすい食器を揃えていくことも視野に入れましょう。

ドアの開き方で選ぶ

次は据え置きタイプの食洗機の、扉の開き方に注目してみましょう。扉の開き方によっては設置できなかったり、しっかりサイズを測って設置しないと扉が十分に開かないトラブルにもなりかねませんので、しっかりチェックしましょう。

前開き式

前開き式は、扉全てを手前に倒すように開閉するものです。そのため、扉の開け閉めには正面側に十分なスペースを確保しておく必要があります。本体の縦のサイズがもう一つ手前に置けるほどのスペースがあれば十分です。

 

ただし、上部にスペースが確保できなくても、ドアの開閉に支障がないので、上部に仕切りのあるようなカウンターキッチンや出窓に設置することも可能です。また、上部の空間を確保できるのであれば、その分上にものを乗せておくことも可能です。

 

洗浄中は本体も温まりますので、他の電化製品や温度で影響を受けないものを置くように注意してください。乾燥機能が搭載されているものは、高温の排気の出口が上部についていないかどうかを確認することも大切です。

上下2枚前開き式

上下2枚前びらき式は、上下のドアが中心部分で別れており、それぞれが手前に開くタイプのことです。このタイプは、食器カゴが上下2段にわかれていることが多いので、上下に無駄なデッドスペースを作ることなく食器を設置できます。

 

取り皿などの小さめの食器は上に、大きめのお皿などは下のカゴに入れるようにすると、汚れの落ち方に影響なくスッキリ収納できます。ただし、下部のドアは手前に開き、上部のドアは上にスライドするような形で開きます。

 

そのため、設置する際にはドアの正面と上部にスペースを確保しておく必要があります。製品によっては、扉を開けても上部にスペースが残るものもあるので、ちょっとした物を置いておくことも可能です。

上部スライド式

上部スライド式は、主に下部の小さめのドアは手前に開き、上部の大きめのドアは上にスライドして開くタイプです。少ないですが、一枚扉のみが上に開くタイプも存在します。上下2枚前開き式と同様に前方と上部に少しずつスペースを確保しておく必要がありました。

 

上部スライド式は上部に開く扉の方が大きいため、上に広くスペースを確保しておく必要があります。しかし、開口部が広いので、食器の出し入れがしやすいというメリットがあります。庫内も広く確保してあるので、大きめの食器や鍋なども洗浄することが可能です。

 

ただし、上部には物を置いておくスペースがありませんので、注意が必要です。上部スライド式の食洗機を購入する際は、必ずドアを開けた状態での本体サイズを確認しましょう。

スライドオープンのおすすめビルドイン食洗機3選

第3位

MITSUBISHI

EW-45R2S ビルトイン食器洗い乾燥機

価格:49,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

除菌洗浄&除菌乾燥で衛生的

ビルトインの食洗機でこの低価格は非常にお買い得です。値段からして機能が心配という声もありますが、機能性も十分、安心の日本ブランドであるMITSUBISHIの製品です。洗浄力は、ターボ噴射を搭載しており、様々な角度から水を噴射。隅々まで綺麗に洗浄してくれます。

 

また、高温の水流を食器に当てることで、頑固な汚れもしっかり落とし、手洗いでは実現できない除菌洗浄が可能になりました。また、たっぷりの温風で乾燥させるので、乾燥時も除菌できる優れものです。

 

業界最小の静音設計で、静音34.5dBと図書館よりも静かなので、深夜に食洗機を使用したい家庭や小さな子様がいるご家庭でも、近所迷惑や睡眠の妨げにならず、気軽に使えます。

タイプディープサイズ幅45cm
内容量42L(約5人分)乾燥機能

口コミを紹介

自分で取り付けました。P社製より安くても機能は変わりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Rinnai

ビルトイン食器洗い乾燥機 RKW-404A-SV

価格:53,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さなお子様がいるご家庭でも安心の機能

この食洗機もビルトインタイプには珍しい低価格を実現。別売りで「銀イオンカートリッジ」を付けることができるため、一般の食洗機よりもさらに細菌の繁殖を抑制することも可能です。

 

タワーウォッシャー、からっとキープ機能、ソフト排気で今までよりも使いやすくなっています。ソフト排気は乾燥時の高温の排気を抑えてくれる機能なので、小さなお子様がいらっしゃるご家庭には安心。

 

また、つかまり立ちをし始めたお子様が火傷等をしないように、引き出しを開けたままスイッチを入れることが出来ないようにも設定されている、安心設計に特化した食洗機です。

タイプディープサイズ高さ450x幅448x奥行620.5
内容量41L乾燥機能

口コミを紹介

取り付けもドライバーとスパナだけで一時間かからずしっかり取り付けできました。配水管と排水管、アースとコンセントの接続が出来るのであればど素人の私でもできましたのでこちらでの購入をお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Panasonic

ビルトイン食器洗い乾燥機 NP-45MD8S

価格:101,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量で大家族でも一気に洗える

こちらの食洗機は、幅45cmのディープタイプなので、約6人分の食器が一度に洗える大容量のハイグレードモデルです。大皿なら6枚、グラスも最大14.5cmの高さのものまで入り、様々な食器に対応しています。

 

節水性が高いため、非常に経済的です。標準コースであれば、1日2回の使用を1年間繰り返したとして、手洗いよりも節水は約53.7tとなり、約23700円もの節約に繋がる計算です。手洗いよりも時間短縮につながる上に、かなりの節約にもつながります。

タイプディープサイズ幅45cm
内容量約6人分乾燥機能

口コミを紹介

設置は1人作業のDIYです。今までは下段も引き出しになってましたが、引き出しごと撤去しました。若干悩むとこもありますが、親切な取説もあり1.5時間くらいで撤去と設置が完了です。洗浄力も前のに比べたら格段に良くなってると思います。あと、洗浄、乾燥完了時の音も消せることが分かりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

スライドオープンのビルドイン食洗機比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5169670の画像

    Panasonic

  • 2
    アイテムID:5169691の画像

    Rinnai

  • 3
    アイテムID:5169705の画像

    MITSUBISHI

  • 商品名
  • ビルトイン食器洗い乾燥機 NP-45MD8S
  • ビルトイン食器洗い乾燥機 RKW-404A-SV
  • EW-45R2S ビルトイン食器洗い乾燥機
  • 特徴
  • 大容量で大家族でも一気に洗える
  • 小さなお子様がいるご家庭でも安心の機能
  • 除菌洗浄&除菌乾燥で衛生的
  • 価格
  • 101800円(税込)
  • 53800円(税込)
  • 49800円(税込)
  • タイプ
  • ディープ
  • ディープ
  • ディープ
  • サイズ
  • 幅45cm
  • 高さ450x幅448x奥行620.5
  • 幅45cm
  • 内容量
  • 約6人分
  • 41L
  • 42L(約5人分)
  • 乾燥機能

フロントオープンのおすすめビルドイン食洗機2選

第2位

ミーレ

G4720SCiW 食器洗い乾燥機

価格:327,800円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外メーカーならではの大容量で大満足

海外の食洗機メーカーとしてはおなじみのミーレのビルトイン食洗機です。フロントオープンタイプなので、約7人分(51点)、日本規格では約9人分もの食器を一度に洗浄できる大容量が魅力です。

 

日本製にはないカラーの、ブリリアントホワイトがキッチンの清潔感をアップさせてくれます。予約タイマー機能付きで、残時間表示も3ケタのデジタル表示なので見やすいです。運転音も46dBと図書館並みの静かさなので、時間帯を気にせず稼働させられます。

タイプディープサイズ幅45cm
内容量7人分・51点乾燥機能

口コミを紹介

運送会社の方と、わたしの二人で、トラックから玄関に敷いた毛布まで、荷おろししました。あとは、毛布を引きずれば、一人で運べます。ミーレの買い換えでしたので、設備は問題ないと思ったのですが、給水の接続が進化していて、改良が必要でした。

出典:https://review.rakuten.co.jp

第1位

リンナイ(Rinnai)

ビルトイン食器洗い乾燥機 RSW-F402C-SV

価格:95,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食器のセットのしやすさと納得の大容量

こちらはフロントオープンタイプの食洗機です。フロントオープンだからこそ実現できる、納得の大容量と、食器の入れやすさが最大の魅力です。平皿や丼など、様々な形や種類の食器をセットできるので、無駄なく洗浄できます。

 

洗浄力と節水性もアップし、一度に使用する水量は12L。上下2段回転ノズル搭載で隅々までキレイに汚れを落としてくれます。海外メーカーが目立つフロントオープンタイプには珍しい、安心の日本製なので長くご使用いただけます。

タイプディープサイズ幅45cm・奥行60cm
内容量56点(約8人分)乾燥機能

口コミを紹介

いい買い物でした! ずぼらな私は、余洗いなしで使ってますが洗い残しはほぼありません。海外メーカーではフロントオープンの食洗機はありますが、国内メーカーは現時点でリンナイしかありません。故障した時サポートが期待できる国内メーカーにしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

フロントオープンのビルドイン食洗機比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5169712の画像

    リンナイ(Rinnai)

  • 2
    アイテムID:5169733の画像

    ミーレ

  • 商品名
  • ビルトイン食器洗い乾燥機 RSW-F402C-SV
  • G4720SCiW 食器洗い乾燥機
  • 特徴
  • 食器のセットのしやすさと納得の大容量
  • 海外メーカーならではの大容量で大満足
  • 価格
  • 95800円(税込)
  • 327800円(税込)
  • タイプ
  • ディープ
  • ディープ
  • サイズ
  • 幅45cm・奥行60cm
  • 幅45cm
  • 内容量
  • 56点(約8人分)
  • 7人分・51点
  • 乾燥機能

【家族向け】大型のおすすめ据え置き食洗機はこちら

パナソニック

食器洗い乾燥機 NP-TZ100-W

価格:77,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナノイーXの風で庫内も食器も常に清潔

4人家族、1日分の食器が一度に洗えてしまう大容量な食洗機です。設置性が高く、正面置き、縦置きはもちろん、カウンターや出窓にも設置が可能なので、どんなキッチンでも設置することが出来ます。

 

「ナノイーX」を含んだ風を送ることで、自動で庫内のニオイを抑制・除菌してくれるので、食べ物に直接触れる食器も常に清潔にしておくことが可能です。手洗いで1回の水量が約75Lなのに対し、この食洗機は約11Lと節水効果は抜群。

 

1日に2回使用しても、電気代は1年間で約18700円も節電できます。さらにエコナビ運転にすれば、水温や室温を自動でチェックし、もっと省エネで使用することが出来ます。

サイズ幅550×奥行344×高さ598mm内容量約50L(40点)
乾燥機能ドアタイプ前開きドア

口コミを紹介

とても良い。まず、洗い物の時間がとられない。めんどくささが無い。手洗いより綺麗です笑笑カレーをぶち込みましたが、匂いもなく綺麗に取れました笑笑

出典:https://www.amazon.co.jp

一人暮らしにもおすすめのコンパクト食洗機はこちら

Panasonic

食器洗い乾燥機 プチ食洗 NP-TCM4-W

価格:37,250円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約29分で面倒な食器洗いが終了!

この食洗機は、据え置きタイプのコンパクトサイズなので、今まで家のキッチンには置けないと考えていた方でも、設置することが可能です。食器は18点ほど入れることができるので、家族3人分程度の量であれば余裕で洗浄できます。

 

スピーディコースを選択すれば、洗浄時間は約29分で完了。ドアは前開きタイプなので、上下左右の余分なスペースは必要ありません。コンパクトタイプは、食器の入れ方一つを取ってもコツが必要になるのですが、これは雑に入れてもかなり綺麗に洗浄してくれます。

 

何しろコンパクトサイズなので、一人暮らしの家や狭いキッチンでも設置していただけます。初めての食洗機としても、価格も控えめなのでおすすめです。

サイズ幅470×奥行300×高さ460mm内容量3人用(18点)
乾燥機能ドアタイプ前開き

口コミを紹介

2人分の食器が大体入ります。大きい食器は手洗いしてますが、細かいものだけでも洗ってくれるのは大助かりです。箸やスプーンを洗う手間が省けたのが特に大きいです。もっとはやく買えばよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

前開き式のおすすめ据え置き食洗機はこちら

エスケイジャパン

Jaime 食器洗い乾燥機 SDW-J5L

価格:35,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業界初のタンク式でどこでも設置可能

キッチンの形状や狭さから、食洗機を設置することを諦めていた方におすすめしたい商品です。この食洗機は、給水のためのホースを水道に繋ぐ必要がなく、裏面に設置されたタンクに給水することで洗浄してくれる業界初の食洗機です。

 

一回の使用で約17Lの節水になり、約2人分の食器であれば一度に洗浄が可能です。タンクの容量は約6Lで、少ない水量でもキレイに汚れを落としてくれます。ドアは前開きなので、タンク部分を開けておけば、物を上に置くことも可能です。

 

ただし、排水の際はホースを通して水を捨てる必要があります。付属の排水ホースは1mほどの長さですので、長さが足りない方は好みの長さの食洗機専用の排水ホースを別に購入しましょう。

サイズW490×D472×H505内容量2〜3人分(12点)
乾燥機能

口コミを紹介

タンク式の食洗機は業界初だと思いますし、コレで本当に食器が綺麗になるのだろうかと、買うまでは正直半信半疑だったのですが、拍子抜けするくらい簡単に使うことができ、購入して1週間ほどですが既に生活必需品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

上下2枚前開き式のおすすめ据え置き食洗機はこちら

パナソニック

食器洗い乾燥機 NP-TR9-W

価格:32,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バイオパワーで見えない汚れもしっかり落とす

上下2枚開きの扉は、手前のスペースを広く開けて置く必要がないため、奥行きのない日本の狭いキッチンでもコンパクトに設置することが可能です。また、静音化設計にすることにより、34.5dBと図書館よりも静かな動作音を実現しました。

 

さらに、エコナビを搭載しているので、エコナビのスイッチをオンにしておくだけで、食洗機が水温と室温を自動で検知。その都度、汚れが落ちやすく無駄のない最適な水温にで、エコな動作を自動で行ってくれます。

 

パナソニックの最大のセールスポイントは「バイオパワー除菌」です。バイオの力によって、目に見えない小さな汚れまでキレイに落としてくれるので、手洗いよりも断然、清潔を保つことが可能です。

サイズ550×347×564mm内容量45点
乾燥機能

口コミを紹介

食器をゆっくり洗う暇がないのでとても助かっています。
お値段も電器店より全然安くてよい買い物ができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

上部スライド式のおすすめ据え置き食洗機はこちら

AQUA

食器洗い機 ADW-GM1-W

価格:43,477円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

熱に弱いプラスチックまで洗浄可能

アクアの食洗機の最大の特徴は、庫内がステンスなので汚れや傷が付きにくく、毎日使用する食器も清潔に保つことが出来ます。食べカスなどを取る残さいフィルターは目が細かく、細かい汚れもしっかりキャッチ。

 

上・中・下段に4つのノズルが搭載されており、高圧の水流で隅々までキレイにしてくれるクワトロシャワー洗浄でパワフルに洗浄。ヒーターレス送風乾燥なので、熱に弱いお子様の食器も洗浄できます

 

水量も手洗いの5分の1まで抑え、電気代も年間で11400円も節約することが可能です。まさに家族に最適の食洗機と言えるでしょう。

サイズ幅485×奥行390×高さ475mm内容量4人分(24点)
乾燥機能

口コミを紹介

3人家族にはちょうどいいです。夜は1回分くらいしか入りませんが 1日2回くらい使用です。手洗いする頻度の感覚で使っていつもきれいな状態を保てるので気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

食洗機の使い方

食洗機は非常に便利なものですが、さらに効果を発揮させるために正しい使い方を知っておきましょう。きこびりつきや油汚れがひどい場合には、食洗機に投入する前の予洗いをしっかり行いましょう。中には予洗い機能が搭載されている食洗機もあります。

 

また、汚れの度合いによってはパワフルコースやスピードコースなどの使い分けも必要です。次に知っておくべきなのは、洗剤の入れ方です。食洗機専用の洗剤を必ず使用してください。投入方法は食洗機によって違いますので、チェックしてください。

 

食器の並べ方も重要で、水が出る箇所をしっかり把握した上で、全体に水流が当たるように置かないと、汚れが落ちていないなどのトラブルにも繋がります。食洗機のクセをしっかりと把握してから使用するようにしてください。

 

 

食洗機の使い方について、さらに詳しく紹介している記事があります。パナソニックのビルトイン食洗機の記事ですが、食洗機をさらに快適に使いこなす参考になりますので、気になる方はこちらの記事をご覧ください。

おすすめの食洗機で時短!

食洗機を導入することで最も得られるものは時間のゆとりです。手洗いで削られていた食後のまったりとした時間も、家族でテレビを見たりなど、ゆっくりと過ごすことができます。毎日の家事を少しでも時短で過ごしたいという方は、ぜひ食洗機を導入してみてください。

 

さらにもっと食洗機について詳しく知りたいという方は、ビルトイン食洗機のおすすめ記事や、人気の食洗機のおすすめ商品をご紹介している記事がありますので、ぜひもこちらの記事をご覧ください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ