記事ID140096のサムネイル画像

【メーカー別!初心者必見】ジョギングシューズのおすすめ人気ランキング17選

ジョギングシューズは足の負担を軽減して快適に走るために欠かせないアイテムです。アディダスやナイキなど数多くのシューズがありますが、自分の足に合ったシューズを探すのは大変ですよね。そこで今回は初心者さん必見の選び方と、おすすめのジョギングシューズをご紹介します!

ランニングとジョギングの違い

ランニングもジョギングも同じ走る行動なので、違いはないと感じている人も多いでしょう。でも実は、体に掛かる負荷がそれぞれ違っています。

 

ランニングは息が弾む程の早さで走ります。トレーニングや走る事が趣味などの目的がある人に向いています。カロリーの消費量も多いですが、強く地面を蹴る力が必要なのでその分体への負担も大きいです。

 

ジョギングは喋りながらでも走れる早さです。健康を維持する為に取り入れられ、ランニングのウォーミングアップとして走る人もいます。本格的に走ることに慣れていない体を、ジョギングで軽く動かしてからランニングへと繋がりやすくします。

 

そこで今回は、ジョギングシューズの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

 

編集部イチオシのおすすめの商品はこちら!

ナイキ

オデッセイ リアクト2

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気の最高級モデルライン

オデッセイは最高級のモデルラインでもあり、冒険・探求という意味をもっています。独自で開発されたリアクトシリーズのコンセプトは「ふわ かる びよーん」で、履くと軽くふわふわとした感触があります。飛べるような軽さと履き心地を可能にしたフライニット素材が必要な部分をサポートしてくれます。

 

フライトニットテクノロジーは靴下を履いているかのようなフィット感と耐久性を追求しています。耐久性のある糸を使い編み込んで作っているので、抜群の伸縮性と軽さが実現しています。とにかく履き心地が良く通気性も良くリピーターも多いシリーズです。

 

ソールには既存のズームエアソールから変更して、プラスチックのようなポリウレタン系リアクトソールを使用しています。耐久性を高めてリアクトクッショニング性が弾むような柔らかいソールになっています。足の中央からかかと部分の素材は、しっかりとしたシンセティックに変わり地面に触れた時の感触を快適にしています。

 

足先部分にはフラニットアッパーに変わって全体のバランスを良くしておりタイトなジョギングシューズにしています。フィット感を強く感じる人にはサイズを少し大きいめのものを選ぶことをおすすめします。ジョギングに限らず、バスケットボールなどのスポーツや初心者のトレーニングシューズとしても使える一足です。

 

フライトニットは使い込んでいくうちに伸びてきてしまうので、長く履けるようにするためにはしっかりとしたケアをする必要があります。もしくは同じシリーズを揃えて交互に使っていく方法であれば履き心地をキープできます。

 

着地した時に足が内側に傾くオーバープロネーションを防ぐ為にダイナミックサポートテクノロジーを搭載していましたが、現在はかかと部分にヒールシェルフを搭載しています。走った後に足の疲れやダメージを感じる人ががリアクトを試してもらえるとその違いが実感できるはずです。

 

サイズ展開25.0 ~ 29.0cm足囲2E
重量199g素材Synthetic, Fabric,synthetic
ヒール10mm

口コミをご紹介

フリーランみたいに軽く、履いた時はきつく感じましたが、逆に足首もしっかりホールドしてくれ、足先も緩くも無く、指に無理な負担もかからず、靴ひもで調節せずフィットしました。実際に走って見ると少し前傾するだけで自然と足が出て頑張らなくてもそこそこそこのスピードが出る感じで、ストレスを全く感じませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

私は普段アディダスなら26.5を使用していますが、この靴は27.0を購入しました。履いてみた感想としては、27.5でも良かったと思えるほどのサイズ感でした。普段の一回り、二回り大きいサイズをお勧めします。靴の性能としては、非常に軽く通気性も抜群、厚底で足の疲れも感じません。

出典:https://www.amazon.co.jp

足首直下をフィットさせ他はニットで緩くそれでいて耐久性を持たせ、といったこれまでのランニングシューズの常識をひっくり返し、加えてソールに大幅な耐久性アップをもたせた、本気のランニングシューズです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ジョギングシューズの選び方

ジョギングなど定期的に走るのであれば専用のシューズを選びましょう。通気性やクッション性などに特徴のあるシューズを選ぶと足や体への負荷が軽減されます。

①足のサイズに合わせて選ぶ

ジョギングシューズを選ぶ時に最も大切なのは足のサイズを正確に知る事です。正しいサイズの測り方やシューズの選び方をご紹介します。

サイズの正しい測り方

足のサイズは足の長さと足囲(ワイズ)から測定します。足の長さは親指の先からかかとまでを測り、足囲は親指の付け根と小指の付け根までを一周して長さを測ります。長さが異なることもある為、片方だけでなく両足の長さを測りましょう。

 

足囲サイズは「E」の表記が日本人の標準となり「2E」や「3E」になっていく程に足の幅が広くなっていきます。反対に「C」や「B」の表記は足の幅が狭いタイプです。足囲はメーカーやシューズごとに違うので、サイズの詳細は公式サイトでその都度確認して下さい。

 

やや余裕のあるものがベスト

正確な足のサイズが測れたら足にあったジョギングシューズを選びましょう。健康状態や靴下などを履くことも考慮して、実測値よりも1cmから1.5cmほど大きめのサイズをおすすめします。

 

一般的に男性はかなり大きめのシューズを選び、女性は反対に小さめでタイトなシューズを選ぶことが多いです。きちんとしたサイズを把握していないと足を痛めてしまう原因になってしまうので注意しましょう。

 

②ランナーのレベルに合わせた「クッション性」と「反発性」で選ぶ

初心者は反発性が低くクッション性の高いタイプ、中級者から上級者は反発性の高いタイプが向いています。走り方によってクッション性を選ぶと負担が軽減されます。

 

初心者

初心者にはクッション性の高いジョギングシューズがおすすめです。走ることに慣れていない筋力のない人や体重のある人は足に負担が掛かりやすくなっているので負担を軽減してくれるクッション性が必要です。

 

走ることに慣れてきたら、クッション性だけでなく反発性のあるシューズも試してみましょう。地面を蹴る動作をスムーズにするためにも、ある程度の反発性があると楽に走ることができます。

 

中~上級者

中級者から上級者には薄く、軽量のジョギングシューズがおすすめです。走ることに慣れているためスピードも速くなり、地面に接する時間が短くなるのが特徴です。この場合はクッション性を重視せずとも負担なく走ることができます。

 

走る時だけでなくトレーニングや負荷をかけたくない場合には、初心者と同じくクッション性のあるシューズを持っておくと使い分けができます。

 

③軽量すぎても走りにくい!靴の重量で選ぶ

ジョギングシューズの重さは軽ければ軽いほどいいというわけではありません。使われている素材やソールの厚みによっても違いはありますが、初心者であればクッション性の高いシューズで且つ重量は250gを目安にするといいでしょう。

 

重量が軽いほど走りも軽くなりますがソールの部分が薄くなるので、クッション性が低く初心者には向いていません。中級者から上級者であればコンパクトで軽量のシューズがおすすめですが、長距離を走るのであればやはりクッション性のあるシューズのほうが安心です。

 

④素材で選ぶ

足の甲の部分を覆うアッパーには硬い素材や柔らかい素材があります。伸縮性のある素材であればフィット感ある履き心地です。

 

近年はニット製の素材を使ったシューズが増えており、縫い目をつけずストレスを感じさせないシームレスタイプも人気です。他にもメッシュ素材を使用してムレにくい通気性のあるシューズも多く登場しています。

 

ミッドソールには衝撃を吸収する素材が使われていますが、現在の主流はジェル素材やポリウレタン、エチレンビニールアセテートです。ポリウレタンは耐久性とクッション性が高く、エチレンビニールアセテートは軽量で反発性が高い素材です。

 

人気メーカー別ジョギングシューズの特徴

スポーツシューズを扱うメーカーの中でも、人気のあるジョギングシューズの特徴をメーカー別にご紹介します。

ナイキ

ナイキは陸上選手のランニングシューズを作る為に設立されましたが、近年ではバスケットボール選手の活躍でバスケットシューズのイメージが強くなっています。

 

ナイキのシリーズには、ランニング効果を高める「Zoom(ズーム)」・反発性とクッション性の高い「React(リアクト)」・筋肉に刺激を与えて足を強化する「Free(フリー)」の3種類があります。初心者はリアクトとフリー、中級者以上にはズームタイプがおすすめです。

 

アディダス

アディダスのジョギングシューズには高反発でクッション性の優れた「BOOSTフォーム」があり、BOOST含有率が高いほどクッション性と反発性も強くなります。反対に含有率が低いシューズは安定性が良くなります。

 

また、滑りにくくグリップ性の高い「コンチネンタルラバーソール」と、安定感とコントロール性を高める「トルションシステム」が搭載されています。タウンユースにも使えるデザインが人気です。

 

ニューバランス

ニューバランスは元々、偏平足を矯正するために作られたブランドです。足囲も他の海外ブランドよりも幅が広くなっており日本人向きのシューズと言えます。クッション性や安定性に定評があり、レース用に設計されたシューズまで幅広く取り扱っています。

 

ニューバランスでは独自のフィッテングシステム「ウイズサイジング」で足の幅ごとにシューズを作り分けています。その為、標準の足幅の人から更に幅の広い人まで同じデザインのシューズを履くことが可能になりました。

 

ブランドのこだわりと空き心地のフィット感は「スニーカー界のロールスロイス」と絶賛されており、あのファッションデザイナーのラルフ・ローレンもニューバランスを愛用していた程です。

 

 

レディースにおすすめジョギングシューズ5選

第5位

MIZUNO

マキシマイザー 19

価格:1,678円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マルチに活躍するシューズ

ジュニアシューズですが小柄な女性でも履けるジョギングシューズです。普段履きからウォーキング・ジョギング、フィットネスまでオールマイティに対応しています。

 

アウトソールラバーには通常よりも耐摩耗性の高い素材を使用しているので、耐久性も申し分ありません。フィット感があるので余裕が欲しい人は普段よりもサイズの大きいものを推奨します。

 

サイズ展開21.0 ~ 25.0cm足囲2E
重量170g素材合成繊維
ヒール3cm

口コミをご紹介

ちょっと大きめを頼んでしまったかな、と心配していましたが通常よりも若干小さめなきがします。ピッタリでした。素材も柔らかく履きやすそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

ASICS

KANMEI 2

価格:2,977円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アマゾン限定モデル

街歩きや短い距離を走るのにピッタリなシューズです。ニット素材をを使用しているのでとても軽く履き心地も柔らかです。立体設計が施されゆとりを持ち場柄もフィット性も備えています。

 

アウターソールには耐久性と弾力性のあるエチレンビニールアセテートを使用。毎日履いていても劣化しにくい素材です。

 

サイズ展開22.5 ~ 26.0cm足囲3Dワイド
重量170g素材SYNTHETIC FIBER
ヒール4cm

口コミをご紹介

足にちょうどよくフィットし、快適に本気ウォーキング出来ています。ウォーキング目的でなければ、24.5センチにするべきでしたが、今はこのフィット感に満足しています。デザインもカッコ良く、通勤服にも合わせられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

adidas

GLX 4 W

価格:3,256円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丈夫で頼れる履き心地

着地する際に衝撃を和らげてくれる、柔らかくクッション性のあるミッドソールと通気性の良いメッシュアッパーが足を心地よくサポートします。日常からスポーツ、トレーニングまでマルチに対応しています。

 

足囲も3Eと広くとってあり、ジョギングシューズを履くと指が痛くなる人や足の幅が広い人におすすめです。

サイズ展開22.0 ~ 28.0cm足囲3E
重量293g素材合皮
ヒール2.5cm

口コミをご紹介

私は足が大きくしかも幅広甲高で2Eだと25cmでもきつく感じます。あまりスポーツシューズで3Eは見ない中やっと見つけた商品でした。しかもadidasだし好きな色でクッション性もあり値段も安く即買いでした!履いた感じは少し余裕があり靴下を履いてちょうど良い感じです。買って良かったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

PUMA

Flexracer

価格:6,490円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カジュアルシューズとしても履きやすい

インソールにもこだわったトレーニングにも走り込みにも適したシューズです。屈曲性や履き心地、通気性も確保して様々なシーンで着用できます。

 

フレックスレーサーのアッパー部分は通気性のある柔らかな素材です。ソールには相性の良いエチレンビニールアセテート素材を使用しています。

 

サイズ展開22.5 ~ 30.0cm足囲-
重量-素材合成繊維 合成樹脂
ヒール3cm

口コミをご紹介

さすがにプーマなので履き心地はよく、ランニングにもウォーキングにも良いです。軽くてフィットして疲れません。普段履きも最適です。やや幅は狭めなので足の幅が大きい人には
すこし窮屈かもしれません。個人的には良い製品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

New Balance Japan,Inc. =New Balance=

FRESH FOAM RISE

価格:3,618円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1枚メッシュで仕上げたアッパー

丸くボリュームのあるFRESH FOAM(フレッシュフォーム)がフィット感とクッション性の心地よさを融合したシューズです。アッパー部分はニット素材なので伸縮性があり指先を締め付けることはありません。

 

厚みのあるソールで足の運びをスムーズにし、底のパーツも足に掛かる圧力を分散して滑りにくくなっています。

 

サイズ展開22.0 ~ 29.0cm足囲B
重量-素材-
ヒール3.5cm

口コミをご紹介

毎日のウォーキング用に購入しました。歩きやすいです。冬着用なので、甲が少しスースーして寒い時もありますが、通気性がよいので、良しとします。何といってもお値段が安いのが魅力的でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

レディースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5167891の画像

    New Balance Japan,Inc. =New Balance=

  • 2
    アイテムID:5167876の画像

    PUMA

  • 3
    アイテムID:5167896の画像

    adidas

  • 4
    アイテムID:5167887の画像

    ASICS

  • 5
    アイテムID:5167885の画像

    MIZUNO

  • 商品名
  • FRESH FOAM RISE
  • Flexracer
  • GLX 4 W
  • KANMEI 2
  • マキシマイザー 19
  • 特徴
  • 1枚メッシュで仕上げたアッパー
  • カジュアルシューズとしても履きやすい
  • 丈夫で頼れる履き心地
  • アマゾン限定モデル
  • マルチに活躍するシューズ
  • 価格
  • 3618円(税込)
  • 6490円(税込)
  • 3256円(税込)
  • 2977円(税込)
  • 1678円(税込)
  • サイズ展開
  • 22.0 ~ 29.0cm
  • 22.5 ~ 30.0cm
  • 22.0 ~ 28.0cm
  • 22.5 ~ 26.0cm
  • 21.0 ~ 25.0cm
  • 足囲
  • B
  • -
  • 3E
  • 3Dワイド
  • 2E
  • 重量
  • -
  • -
  • 293g
  • 170g
  • 170g
  • 素材
  • -
  • 合成繊維 合成樹脂
  • 合皮
  • SYNTHETIC FIBER
  • 合成繊維
  • ヒール
  • 3.5cm
  • 3cm
  • 2.5cm
  • 4cm
  • 3cm

メンズにおすすめジョギングシューズ5選

第5位

NIKE(ナイキ)

ズーム ライバル フライ W

価格:5,478円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本の駅伝がヒントになったシューズ

高反発のズームエアが前足部分に搭載し、編み込み構造のフィットバンドが足の中央部を包み込むようにサポートしています。耐久性に優れているクラッシュパッドが着地した時の衝撃を吸収します。

 

シンプルな配色なのにメーカーのロゴがアッパー部分から大きく描かれ、口コミでもデザインが格好いいと高評価されています。

 

サイズ展開24.0 ~ 29.0cm足囲3E
重量-素材合成素材
ヒール-

口コミをご紹介

思っていた物とバッチリでした。サイズも普通の靴とのサイズ間はほぼ同じかと思います。私は28.0ですが、たのんだ靴も同じサイズを購入しましたが全く同じサイズでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

adidas

adizero takumi sen 5

価格:8,061円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マラソントップアスリート用モデル

つま先部分を内側から補強してアッパー部分の性能を上げスッキリとしたデザインを採用しています。さらに熱を加えて強化されたフォージドファイバーが通気性はそのままでシューズの硬度を高めました。

 

ランナーの走行を研究して新素材のBOOSTフォームを前足部分に搭載。吸収性・耐久性・反発性を併せ持った革新的な素材として使われています。

 

サイズ展開22.0 ~ 30.5cm足囲E
重量-素材合成繊維 合成皮革
ヒール2.5cm

口コミをご紹介

はじめて、マラソンシューズを買いましたが、とてもよかったです!元値よりとても安くなっているので、選びましたが、デザインもよくとても気に入っています。かかとのクッションもよく、靴擦れの心配などは今のところ全くないです!

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

ASICS

GEL-NIMBUS 21

価格:9,138円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雲のように軽く走れる

GEL-NIMBUS(ゲル ニンバス)は雲という意味を持つ人気のシリーズです。主に長距離を走る際にその機能性を感じることができます。アッパー部分には2種類のメッシュ素材が使われていて安定さと柔軟性を実現しています。

 

かかと部分にはグラつきを抑えてくれるヒールカウンターを搭載しました。また、負荷がかかる部位にはGELが組み込まれ衝撃から守ります。

 

サイズ展開24.5 ~ 32.0cm足囲-
重量-素材合成繊維
ヒール-

口コミをご紹介

縫製は丁寧で質感は向上しています。またクッション性も良くなっているように感じます。
ただ、初めて履いた時はきつく感じましたが、履き続けるうちに足に馴染み、足との一体感が前モデルよりも得られるように感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

New Balance Japan,Inc. =New Balance=

HANZO R V2

価格:8,804円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コラボレーションでさらに進化

N.Lab(ミムラボ)とのコラボレーションで作られたレーシングモデルです。3Dプリンタでアーチ部分を立体的にしフィット性を高め安定性も向上させています。Dと2Eの選べる足囲展開で幅広な日本人の足にも向いています。

 

ミッドソールには反発性と軽量さのある素材を使用しています。アッパー部分には蒸れないメッシュ素材を使用して走行時もブレないサポート性も持ち合わせています。

 

サイズ展開23.5 ~ 29.0cm足囲D 2E
重量-素材合皮
ヒール3cm

口コミをご紹介

履き心地はソフトな感じを持ちつつ、フィット感がありストレスを感じません。ソールのほうは反発力が高く、フォームがきちんと出来ている人なら自然と前に進む感じだと思います
また、反発力がある割には固さもそれほどではなく適度なクッション性も感じられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

MIZUNO

ウエーブライダー 22

価格:9,899円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライド感が軽い走りを実現

クッション性・安定性・反発性のバランスを高いレベルで実現させるライド感が特徴のシューズです。ウェーブには波形形状プレートを用いて着地の硬さを感じさせない設計と揺れやブレを最大限に抑えたスムーズライド機能を搭載しました。

 

ミッドソールとヒール部分には大小の穴を開けて衝撃の吸収性を高めています。かかと部分には柔らかく包み込む形状のカウンターを取り入れ吸いつくようなフィット感を実現しました。

 

サイズ展開23.0 ~ 30.0cm足囲2E 4E
重量-素材合皮
ヒール4cm

口コミをご紹介

足を入れた瞬間から、その重厚感から足全体がしっかり包み込まれているという感じを受けました。(今まで感じたことのない安心感です。)歩き始めて走り出して感じることは、とにかくフワフワです。踵の部分だけでなく母指球~小指球の所もやさしいクッションを感じることができます。着地時の衝撃をシッカリ吸収してくれているのが実感できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

メンズのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5167905の画像

    MIZUNO

  • 2
    アイテムID:5167899の画像

    New Balance Japan,Inc. =New Balance=

  • 3
    アイテムID:5165424の画像

    ASICS

  • 4
    アイテムID:5167897の画像

    adidas

  • 5
    アイテムID:5167903の画像

    NIKE(ナイキ)

  • 商品名
  • ウエーブライダー 22
  • HANZO R V2
  • GEL-NIMBUS 21
  • adizero takumi sen 5
  • ズーム ライバル フライ W
  • 特徴
  • ライド感が軽い走りを実現
  • コラボレーションでさらに進化
  • 雲のように軽く走れる
  • マラソントップアスリート用モデル
  • 日本の駅伝がヒントになったシューズ
  • 価格
  • 9899円(税込)
  • 8804円(税込)
  • 9138円(税込)
  • 8061円(税込)
  • 5478円(税込)
  • サイズ展開
  • 23.0 ~ 30.0cm
  • 23.5 ~ 29.0cm
  • 24.5 ~ 32.0cm
  • 22.0 ~ 30.5cm
  • 24.0 ~ 29.0cm
  • 足囲
  • 2E 4E
  • D 2E
  • -
  • E
  • 3E
  • 重量
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 素材
  • 合皮
  • 合皮
  • 合成繊維
  • 合成繊維 合成皮革
  • 合成素材
  • ヒール
  • 4cm
  • 3cm
  • -
  • 2.5cm
  • -

初心者におすすめのジョギングシューズ3選

第3位

new balance

バーサタイル CUSH+

価格:6,072円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アマゾン限定のモデル

ニューバランスの中でも最も柔らかい素材「CUSH+(クッシュプラス)」は、ミッドソールに使われ反発性もあり蹴りだしもスムーズです。

 

バーサタイルは足を入れやすくする為にラスト(木型)を採用しています。かかと部分にはヒールカウンターがあり硬くなっているので足の出し入れも快適に行えます。

 

サイズ展開22.0 ~ 25.5cm足囲B
重量-素材メッシュ
ヒール5cm

口コミをご紹介

厚手の靴下を着用した場合ですと少々窮屈かなと感じることがありますが、一般的な厚みの靴下だと特に窮屈さは感じません。重さはとても軽く、クッションも効いているので脚へのダメージも軽減されていると感じます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ASICS

JOLT 2

価格:2,836円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

走りに必要な機能が搭載

走りをサポートしてくれるベーシックな機能を搭載しているシューズです。ジョギングをはじめ、ウォーキングや旅行でも気軽に履けるモデルなので購入する時に迷ったらこのシューズをおすすめします。

 

シンプルなデザインと豊富なカラーバリエーションで人気のシリーズです。「JOG 100 2」の後継モデルということもありシリーズを愛用している人達からの評価も高いです。

サイズ展開22.0 ~ 30.0cm足囲4E
重量-素材合成
ヒール3.5cm

口コミをご紹介

デザイン最高にかっこいいし!軽くてそこが分厚いのがいいとこでした走ってる時も足の裏に負担があまりかからない感覚がしたので!これからもランニングやプライペートで活躍してくれそうです!

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

MIZUNO

マキシマイザー 21

価格:2,999円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュに進化したシューズ

人気のシリーズ・21代目となるマキシマイザーは、低価格なのに機能性が高いシューズです。足囲は広めの3Eでつま先を締め付ける事がない広さです。アッパー部分には人工皮革が施されており強度があり、耐久性も兼ね備えています。

 

前モデルから大きな変更はありませんが、ソールのデザインやアッパー部分のフィット感が心地よくなっています。

 

サイズ展開21.0 ~ 30.0cm足囲3E
重量-素材ポリエステル
ヒール2.5cm

口コミをご紹介

今まで安価な靴を使用していたので本商品の良さが強く実感出来ました。何よりも耐久性に優れている。月に100キロ歩いても靴底に穴があく事が無かったので定期購入しています。足の負担も大分軽減しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者におすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5167872の画像

    MIZUNO

  • 2
    アイテムID:5167870の画像

    ASICS

  • 3
    アイテムID:5167871の画像

    new balance

  • 商品名
  • マキシマイザー 21
  • JOLT 2
  • バーサタイル CUSH+
  • 特徴
  • スタイリッシュに進化したシューズ
  • 走りに必要な機能が搭載
  • アマゾン限定のモデル
  • 価格
  • 2999円(税込)
  • 2836円(税込)
  • 6072円(税込)
  • サイズ展開
  • 21.0 ~ 30.0cm
  • 22.0 ~ 30.0cm
  • 22.0 ~ 25.5cm
  • 足囲
  • 3E
  • 4E
  • B
  • 重量
  • -
  • -
  • -
  • 素材
  • ポリエステル
  • 合成
  • メッシュ
  • ヒール
  • 2.5cm
  • 3.5cm
  • 5cm

中~上級者におすすめのジョギングシューズ3選

第3位

MIZUNO

ウエーブソニック

価格:5,874円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トレーニングに最適なシューズ

瞬発系のトレーニングや長距離を走る持久系トレーニングにぴったりのシューズです。ソールには安定さとクッション性の高い素材を使用しています。つま先をかかとよりも4ミリ低くして足の接地をしやすく設計しました。

 

波形プレート・ミズノウェーブをソールや足の中央部に内蔵し、弾力性の高いスポンジ素材のU4icX(ユーフォリックエックス)がクッション性と反発性を高めています。

 

サイズ展開22.5 ~ 28.5cm足囲2E
重量-素材合成繊維
ヒール2.5cm

口コミをご紹介

前日まで履いていた靴より軽くなり、1km当たり5秒ほど速く走れました。まあ、以前のものは普通のジョギング~ランニングの練習用だったので、比較する酷ですが。なお、ウェーブソニックは軽量化、通気性優先のため、水がしみこむので雨の日は気をつけて下さい。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

New Balance Japan,Inc. =New Balance=

HANZO C

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

忍者のように早く走れる

HANZO(ハンゾー)シリーズはランナーをサポートするレースデイシューズです。シリーズの名前やロゴには素早く走れる忍者がモチーフにされています。HANZO Cには抜群の軽量性がありスピードを出せる設計がされています。

 

シームレスのアッパー部分は通気性とフィット感が良く長距離ランナーも快適に走れます。ミッドソールにはメディアル ポストを搭載して内側に倒れないように硬度を高めています。

 

サイズ展開25.0 ~ 29.0cm足囲D 2E
重量-素材合皮
ヒール3cm

口コミをご紹介

ソールは高反発かつ適度なクッション性を備えており、グリップも効いていて地面を掴んで前に進む推進力が得られやすく、非常に優秀。日々のジョグからポイント練習まで、様々なシーンをこの一足で対応可能。まさに万能シューズ。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ASICS

SORTIEMAGIC RP 4

価格:8,789円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スピード重視ならこのシューズ

シューズテクノロジー技術を搭載した競技用シューズです。スピードを重視するランナー向けにおすすめです。

 

衝撃を和らげて、反発性を発揮するSPEVA(スピーバ)素材が運動に合わせた形状に変化します。シューズの軽量化にはSOLYTE(ソライト)素材を使用し、アウターソールには優れたグリップ性を備えたトレット材のDUOSOLE(デュオソール)を採用しました。

 

MAGICVENTIRATION(マジックベンチレーション)システムを搭載して、熱のこもりやすいシューズ内部を換気します。

 

サイズ展開22.5 ~ 28.5cm足囲E 3E
重量-素材合成繊維
ヒール2cm

口コミをご紹介

軽いです。私は甲高幅広な日本人の足そのものですが、横幅のきつさは感じませんでした。ひもで調節出来るのが良いです。いつも24cmか24.5cmか迷いますが、今回は24cmを購入しました。サイズぴったりでした。皆様のご参考になれば幸いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

中~上級者のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5167906の画像

    ASICS

  • 2
    アイテムID:5167910の画像

    New Balance Japan,Inc. =New Balance=

  • 3
    アイテムID:5167908の画像

    MIZUNO

  • 商品名
  • SORTIEMAGIC RP 4
  • HANZO C
  • ウエーブソニック
  • 特徴
  • スピード重視ならこのシューズ
  • 忍者のように早く走れる
  • トレーニングに最適なシューズ
  • 価格
  • 8789円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 5874円(税込)
  • サイズ展開
  • 22.5 ~ 28.5cm
  • 25.0 ~ 29.0cm
  • 22.5 ~ 28.5cm
  • 足囲
  • E 3E
  • D 2E
  • 2E
  • 重量
  • -
  • -
  • -
  • 素材
  • 合成繊維
  • 合皮
  • 合成繊維
  • ヒール
  • 2cm
  • 3cm
  • 2.5cm

おすすめのランニングシューズはこちらから

ジョギングに慣れ、ランニングへとステップアップしたい人はジョギングシューズの記事を参考にして下さい。

ジョギングシューズで楽しく快適に走ろう!

ジョギング初心者から上級者のランナーまでを対象にしたジョギングシューズを紹介しましたがあなたに合うシューズは見つかったでしょうか。サイズの測り方や特徴を知り、自分に合うシューズでジョギングを楽しみましょう。

TOPへ