記事ID140034のサムネイル画像

【高性能で種類が豊富】ロジクールマウスのおすすめ人気ランキング11選

数々のパソコン周辺機器を生み出してきたロジクール。ロジクールのマウスには、無線有線タイプの違いはもちろん、ゲームに適したモデルやボタンに機能を付けられるモデルなど、種類は豊富です。今回はそんなロジクール製のマウスの選び方やおすすめ商品を特集します!

人気が高い!ロジクールのマウスとは?

ロジクールマウスといえば、メーカーの中でもかなり高い人気を誇るものです。人気の秘訣としては、1000円以下の格安マウスから10,000円以上するハイエンドモデルまで揃っていることが挙げられます。

 

また、マウスを使う人の疲労を少しでも軽減するための工夫が細部まで施されているため、仕事・ゲーム関わらず使いやすいことも人気の秘訣といえるでしょう。今回は、接続方式・ボタン・形状・バッテリー・センサー方式について紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

編集部イチオシのおすすめの商品はこちら!

Logicool

Pebble M350GR

価格:2,527円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトかつ周囲になじむマウス

マウスとしてはかなり薄い形状をしており、ポケットに入れても邪魔になりません。公式サイトにもあるように、ミニマリストにおすすめのマウスといえるでしょう。また、周囲に溶け込みやすいマウスでもあるため、パソコンを使用する際もスマートに見えます。

 

色は黒・白・ピンクと3色揃っており、それぞれロジクールのキーボードと調和させることができます。色を揃えることにより、カフェなどで使う際にもおしゃれかつスマートに決めることも可能。特に、コンパクトな形状と色の調和は、女性にうってつけのマウスです。

 

コンパクトな形状だからといって、性能が伴っていないわけではありません。軽く押すだけで反応するクリックボタンは、音もかなり静かです。マウスのクリック音は意外と耳障りに感じることも多いため、この点を見ても使いやすいといえるでしょう。

 

接続も非常にスムーズに行えるようになっており、小型のUSBレシーバーで最長10mまで接続が可能です。遅延もほとんどなく、動作もスムーズなので他のマウスと同じように使いこなすことができます。

 

バッテリー面は単三形電池1本で作動するようになっており、作動時間は約18ヶ月と長めです。そのため、ランニングコストを最小限に抑えることができ、お財布にも優しいマウスとなっています。

 

非常に使いやすく、場所を選ばないマウスであるにもかかわらず、価格は3,000円以下とかなりリーズナブルです。初めてマウスを購入する人にも安心できる価格であり、複数のマウスを必要とする際にもおすすめなので、ぜひ使ってみてください。

センサー方式光学式ボタン3個
サイズ高さ107mm、幅59mm、奥行き26.5mm給電電池式

コンパクトで素晴らしい。カバーがマグネットだから、外れないか心配だったが、外れにくく支障はない。

出典:https://review.kakaku.com

包み込んでいるようなフィット感は残念ながら無いが、小指の付け根が当たっているので安定感が凄くある。持ち運び向けで小さくて使いにくいということはない。

出典:https://review.kakaku.com

「かさばらない」「操作音がうるさくない」「スクロールホイールのみ」という条件に当てはまり、評判もそこそこよい本製品を購入してみました。結果大満足でした。良い買い物をしました。

出典:https://review.kakaku.com

ロジクールマウスの選び方

ロジクールマウスは、どれも魅力的な商品です。しかし、さらにこだわるなら選ぶ際のポイントを把握しておきましょう。

接続の方法で選ぶ

マウスを選ぶ際、まずは接続方法を確認してみましょう。接続方法によってマウスの使い方に違いが出るので、ぜひ参考にしてみてください。

接続が安定|有線タイプ

ロジクールのマウスを選ぶ際、どんな場合に使うかによって有線か無線かを決める必要があります。特に、ゲーミングパソコンを使う人なら、ほぼ必ず有線タイプのマウスを使った方が良いでしょう。

 

有線タイプのマウスは接続が安定するため、瞬発性が必要とされるゲームとの相性は良いです。その反面、ケーブルありきのためデスク周りの整頓がしにくく、断線のおそれもあります。また、持ち運びもしにくいため、選ぶ際は注意しておきましょう。

持ち運びが楽チン|ワイヤレスタイプ

有線タイプと違い、ケーブルを必要としないワイヤレスタイプもロジクールには多数存在しています。ワイヤレスタイプにはレシーバータイプやBluetooth接続が存在しているため、同時に複数のマウスと接続することも可能です。

 

便利なワイヤレスタイプですが、USBからの給電が出来ないため、充電する必要が出てきます。また、レスポンスは有線タイプに劣るため、瞬発性が必要なゲームにはあまり向いていません。そのため、自分がどのような目的を持っているかによって、選ぶかどうかを決めてみてください。

ボタンの数と配置で選ぶ

ロジクールのマウスには、ボタンが多く取り付けられているものが多くあります。これは、自分の好みによってボタン配置を決定することができるものであり、仕事用・ゲームを問わず使える機能なのです。ボタン配置にこだわる人には必須機能といえるでしょう。

 

ボタン配置によってゲームプレイに大きな影響を与えることもあれば、仕事の効率化に貢献することもあります。初心者はあまりボタン配置を変更しないことが多いのです。しかし、マウスを使えば使うほど必要になるのがボタンなので、選ぶ際には注目しておくことをおすすめします。

マウスの大きさ・形状で選ぶ

マウスにはさまざまな形状があり、大きさも違います。そのため、選ぶマウスによっては使い勝手にかなりの違いが生じてしまうのです。そんな中、従来のマウスとは一線を画す存在として、トラックボールマウスがあります。

 

トラックボールマウスは、ボールがあるため、転がせばカーソルを動かせます。形状は大きめですが、その場からマウスを動かさないため、スペースを有効に使うことも可能。マウスは形状や大きさによって、持ち方・スペースの取り方・疲労度が違うことを覚えておきましょう。

 

ロジクールのマウスには、人間工学に基づいて作られた商品も存在しています。これを使えば、手首にかかる負担をかなり軽減することができるでしょう。長時間パソコン作業を行う人におすすめなので、購入を検討してみてください。

バッテリーを確認

主にワイヤレスタイプに当てはまることとして、バッテリー形式に気を付けるというものがあります。ロジクールのマウスには、電池式と充電式の2つがあり、電池式は電池によるランニングコスト、充電式はマウス本体の価格が高めという特徴を持っているのです。

 

とはいえ、電池式は使える日数が長めに設定されており、バッテリー式も価格面さえ乗り越えれば後は使いやすいです。そのため、どちらのデメリットを取るほうが良いのかをよく考えてロジクールのマウスを選んでみてください。

センサーの違いで選ぶ

ロジクールのマウスには、カーソルを認識させるためのセンサー方式にいくつか種類があります。どのセンサーにも特徴があるので、よく考えて選ぶようにしましょう。

コスパの良い光学式

マウスのセンサー方式の中でも一般的とされるのが光学式です。コスパが良いため、選ばれることも多いのですが、感度としては標準性能を超えることはあまりないといえるでしょう。初めてマウスを選ぶ人なら、光学式から始めてみても良いといえます。

 

また、光学式はガラスなどの不透明な物質や金属に対して反応が悪いため、使う場所によっては不便に感じることも多くなります。とはいえ、ロジクールの「アドバンス オプティカル」なら、従来の光学式より感度が良いので、選ぶ際の参考にしてみてください。

 

また、感度が弱いといってもマウスパッドを使うなら問題は全くありません。マウスパッドは大きさや素材によってさまざまなので、自分のデスクに合ったものを選ぶと光学式マウスを使いやすくなります。

マウスパッド無しでも使用できるレーザー式

マウスを使う際に下に敷くマウスパッドを必要とせず、場所を選ばなくて済むセンサー方式がレーザー式です。この方式を使えば、外出先でも気軽にマウスを使うことができるため、ストレスなくマウス操作が可能です。

 

とはいえ、価格は光学式よりも多少高くなってしまうため、予算があまりないという人には向いていません。それでも、1度使えば手放せなくなるほど優秀なセンサー方式なので、よりマウスをストレスなく使いたい人は、選んでみることをおすすめします。

 

ロジクールには、レーザーグレードトラッキングと呼ばれる従来のセンサーよりも読み取り感度が高いものもあります。マウスパッドのない場所での動作がさらに滑らかになるので、こちらも使ってみてください。

非常に制度の高いDarkfieldトラッキング

ロジクールマウスの中でも特に価格が高いとされるのが、Darkfieldテクノロジーを用いたものです。センサー方式の中でもかなりマウス精度が高く、従来のレーザー方式よりもさらに利便性が向上しています。ロジクールならではの特徴といえるでしょう。

 

マウスにお金をかけることに躊躇しないのであれば、ロジクールのDarkfieldテクノロジーをぜひ取り入れてみてください。高いお金を出して購入しなければなりませんが、それに見合った性能が手に入るため、ぜひおすすめしたいものといえます。

 

特に、ガラス面での作業を余儀なくされる人にDarkfieldテクノロジーは最適です。他のメーカーを見ても、これだけガラス面で動けるマウスはあまりないため、持っておいて損することはありません。

有線タイプのロジクールマウスのおすすめ3選

第3位

Logicool

G300Sr

価格:2,589円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすくコスパの良いゲーミングマウス

ボタン配置が9個あり、分かりやすいソフトウェアによってストレスなくボタン設定ができるマウスです。また、オプティカルセンサーによって、ゲーム内での細かい動きがやりやすくなっています。ゲームをプレイする人におすすめできるマウスといえるでしょう。

 

また、価格もかなり控えめになっているため、初めてゲーミングマウスを購入する場合でも選びやすい商品です。メモリ内蔵のため、最大3つのゲームで行ったマウス設定を保存することも可能。再設定に時間を取られることなく使えるため、ぜひ活用してみてください。

センサー方式光学式ボタン9個
サイズ高さ115mm、幅72mm、奥行き37mm

仕事も私生活もこれを使ってます。サイドのボタンは間違って押す事はほぼ無いです。私は手が大きめですが、意識して指をずらさない限り当たる事はありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Logicool

G502RGBh

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

センサー感度に定評のあるマウス

フィット感がよく、クリックの感触も軽いため評判の良いマウスです。また、センサー感度がかなり高いため、ゲーム用マウスとして使う際にも正確かつ素早い動きを約束してくれるでしょう。11個のボタン設定も可能であり、自分好みのカスタマイズを施せます。

 

有線タイプなのでレスポンスも良く、マウスを動かす際のウエイトを調整できるため、負担軽減や動きの改善を図ることもできるマウスでもあります。ゲームプレイはもちろんのこと、普段の生活で使う分にもおすすめなので、ぜひ試してみてください。

センサー方式光学式ボタン11個
サイズ高さ132mm、幅75mm、奥行き40mm

非常に手にフィットします。クリックも非常に軽いので手の負担がありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Logicool

M100rBK

価格:643円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルかつ高い水準を誇るマウス

ロジクールマウスの中でも、かなり安い商品ですが、使いやすい部類に入るマウスでもあります。左右どちらでも使いやすいフォルムをしており、利き手を選ばずに使える点も、汎用性の高さを表しています。初めてマウスを選ぶ際にもおすすめの商品です。

 

シンプルなマウスのため、人を選ばず使えるマウスでもあります。普段使っているマウスの予備として持っておく、複数人で作業する際に使えるマウスとして持っておくなど使用範囲は広いので、ぜひ活用してみてください。

センサー方式光学式ボタン2個
サイズ高さ38.4mm、幅61.7mm、奥行き112.8mm

いうまでもなくLogicoolのマウスは信頼性と正確さという意味では最も信頼のおけるマウスのメーカーです。

出典:https://www.amazon.co.jp

有線タイプのロジクールマウスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5159438の画像

    Logicool

  • 1
    アイテムID:5159475の画像

    Logicool

  • 2
    アイテムID:5159474の画像

    Logicool

  • 3
    アイテムID:5159473の画像

    Logicool

  • 商品名
  • Pebble M350GR
  • M100rBK
  • G502RGBh
  • G300Sr
  • 特徴
  • コンパクトかつ周囲になじむマウス
  • リーズナブルかつ高い水準を誇るマウス
  • センサー感度に定評のあるマウス
  • 使いやすくコスパの良いゲーミングマウス
  • 価格
  • 2527円(税込)
  • 643円(税込)
  • 7999円(税込)
  • 2589円(税込)
  • センサー方式
  • 光学式
  • 光学式
  • 光学式
  • ボタン
  • 2個
  • 11個
  • 9個
  • サイズ
  • 高さ38.4mm、幅61.7mm、奥行き112.8mm
  • 高さ132mm、幅75mm、奥行き40mm
  • 高さ115mm、幅72mm、奥行き37mm

ワイヤレスタイプのロジクールマウスのおすすめ3選

第3位

Logicool

M705m

価格:4,090円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長寿命バッテリー搭載のマウス

電池式ワイヤレスマウスであり、単三形電池2本で約3年間使えるようになっています。これだけ長い期間使えるため、電池のランニングコストを最小限に抑えることが可能なのです。節約につながるワイヤレスマウスのため、かなり便利な仕様といえます。

 

また、アドバンスオプティカルセンサーが搭載されているため、どんな場所でも問題なくマウスを操作することが可能です。高速スクロールにも対応しており、長いファイルを閲覧する際にも使いやすいので、ぜひ活用してみてください。

センサー方式光学式ボタン7個
サイズ高さ42mm、幅71mm、奥行き109mm給電電池式

ソールの滑りが良い。エアーパッドソールに張り替えなくても同等レベルによく滑る。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Logicool

MX Master 2S MX2100sGR

価格:8,465円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長時間使用と高感度を両立したマウス

3分間の充電で約8時間の使用が可能なマウスであり、長時間使用にかなり適しています。また、フル充電の場合は約70日間の連続使用も可能なため、このマウスを使う限り、充電が不足することはないといえます。

 

また、レーザー方式のため場所を選ばす使用することも可能です。ワイヤレスであることも相まって、外でも使用がとてもスムーズに行えるマウスであり、カスタマイズの幅も広いためゲーム用として使っても良いでしょう。優秀なマウスなので、ぜひ活用してみてください。

センサー方式レーザー方式ボタン7個
サイズ高さ48.4mm、幅85.7、奥行き126mm給電バッテリー式

キーボードもマウスもロジクールを愛用しています。色んなメーカーを使ってみて、ロジクールが一番しっくり来るなと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Logicool

MX1600sGR

価格:8,274円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトかつ持ち運びしやすいマウス

3台のパソコンを同時に接続できるマウスであり、コンパクトで使いやすく持ち運びに適しています。4000dpiの高精度センサーを搭載しているため、細かい動きにも柔軟に対応できるため、ゲームプレイにもおすすめです。

 

ワイヤレスのため充電が必要ですが、約3分で1日中ずっと使えるバッテリーを搭載しており、フル充電なら70日間は使い続けられます。高速スクロールにも対応しており、仕事やネットサーフィンで使う際にもおすすめのマウスなので、ぜひ使ってみてください。

センサー方式レーザー方式ボタン7個
サイズ高さ34.4mm、幅61.6mm、奥行き100.3mm給電充電式

2年前に前モデルのANYWHERE 2を購入。これを使ってしまうと安物のマウスは使う気がしません。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワイヤレスタイプのロジクールマウスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5159481の画像

    Logicool

  • 2
    アイテムID:5159480の画像

    Logicool

  • 3
    アイテムID:5159479の画像

    Logicool

  • 商品名
  • MX1600sGR
  • MX Master 2S MX2100sGR
  • M705m
  • 特徴
  • コンパクトかつ持ち運びしやすいマウス
  • 長時間使用と高感度を両立したマウス
  • 長寿命バッテリー搭載のマウス
  • 価格
  • 8274円(税込)
  • 8465円(税込)
  • 4090円(税込)
  • センサー方式
  • レーザー方式
  • レーザー方式
  • 光学式
  • ボタン
  • 7個
  • 7個
  • 7個
  • サイズ
  • 高さ34.4mm、幅61.6mm、奥行き100.3mm
  • 高さ48.4mm、幅85.7、奥行き126mm
  • 高さ42mm、幅71mm、奥行き109mm
  • 給電
  • 充電式
  • バッテリー式
  • 電池式

トラックボールタイプのロジクールマウスのおすすめ3選

第3位

Logicool

SW-M570

価格:4,930円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

負担を軽減する形状のマウス

トラッキングボールを搭載したマウスであり、形状が腕の負担を軽減するようになっています。また、単三形電池1本で約18ヶ月動かすことも可能であるため、ランニングコストもかなり抑えることができるようになっています。

 

また、ボタン数も5個あるため、用途に合わせたカスタマイズが可能です。何より、トラックボールはその場から動かさず使えるため、スペースを気にせず設置することが可能。持ち運びしながら使えるマウスなので、さまざまな場所で活用してみることをおすすめします。

センサー方式レーザー方式ボタン5個
サイズ高さ95mm、幅45mm、奥行き145mm給電電池式

ローラー操作も簡単ですし、ジェスチャー操作もできるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Logicool

MX ERGO

価格:11,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

角度調節ができるマウス

手元で角度調節ができるマウスになっており、自分の好きなボジションで使うことが可能です。腕への疲労軽減にも最適なマウスといえるでしょう。また、カーソルの速度をワンタッチで変更できるため、最適なコントロールを設定することも容易です。

 

ボタン設定機能もあり、アプリごとに好きなカスタマイズを施すこともできるようになっています。フル充電することで約4ヶ月間は使えるバッテリーも搭載しているため、ストレスなく快適に使い続けることができるでしょう。

センサー方式光学式ボタン8個
サイズ高さ132.5mm、幅99.8mm、奥行き51.4mm給電充電式

最近キーボードとカーソル操作で指が痛くなってきて、ひょっとしてトラックボールも替えるといいのではと思い藁にも縋る思いで購入。結果は非常に良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Logicool

TM-150r

価格:3,170円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

利き手を選ばず使えるマウス

トラックボールマウスの中でも、利き手を選ばず使えるものになっています。親指で操作するトラックボールマウスとは違い、人差し指と中指で操作する形状となっているため、操作性も向上しており使いやすいです。

 

利き手を選ばずに使えるトラックボールマウスはあまりなく、その多くは右利き用です。そのため、左利きで使えるマウスを探している人には特におすすめできるものだといえるでしょう。価格も安く、購入しやすいマウスなので、ぜひ使ってみてください。

センサー方式光学式ボタン4個
サイズ高さ42.3mm、幅86.5mm、奥行き165.4mm給電

親指で左クリックできるので、人差し指が疲れた人におすすめ。

出典:https://www.amazon.co.jp

トラックボールタイプのロジクールマウスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5159487の画像

    Logicool

  • 2
    アイテムID:5159486の画像

    Logicool

  • 3
    アイテムID:5159485の画像

    Logicool

  • 商品名
  • TM-150r
  • MX ERGO
  • SW-M570
  • 特徴
  • 利き手を選ばず使えるマウス
  • 角度調節ができるマウス
  • 負担を軽減する形状のマウス
  • 価格
  • 3170円(税込)
  • 11280円(税込)
  • 4930円(税込)
  • センサー方式
  • 光学式
  • 光学式
  • レーザー方式
  • ボタン
  • 4個
  • 8個
  • 5個
  • サイズ
  • 高さ42.3mm、幅86.5mm、奥行き165.4mm
  • 高さ132.5mm、幅99.8mm、奥行き51.4mm
  • 高さ95mm、幅45mm、奥行き145mm
  • 給電
  • 充電式
  • 電池式

ゲームに適したロジクールマウスのおすすめ2選

第2位

Logicool

G502RGBh

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高精度センサーがゲームプレイを向上

ロジクールのHERO 16Kセンサーを搭載したマウスであり、ゲームにおいてより正確な動きを再現できるようになっています。FPSなどをプレイする人におすすめできるマウスとなっており、多くの人が愛用しています。

 

また、11個のボタンを搭載しており、それぞれ自分好みの設定を行うことができます。ゲームの中にはコマンド数の多いものもあるため、それらに対応する意味でも使えるマウスです。ゲームをするための要素が多く詰まっているマウスなので、ぜひ活用してみてください。

センサー方式光学式ボタン11個
サイズ高さ132mm、幅75mm、奥行き40mm給電

非常に手にフィットします。クリックも非常に軽いので手の負担がありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

Logicool

G600t

価格:7,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

センサー方式光学式ボタン20個
サイズ高さ41mm、幅75mm、奥行き118mm給電

中央のG13、G16のボタンにある突起が、キーボードのFキーやJキーのように手に馴染み、自然と使えるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゲームに適したロジクールマウスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5159492の画像

    Logicool

  • 2
    アイテムID:5159491の画像

    Logicool

  • 商品名
  • G600t
  • G502RGBh
  • 特徴
  • 高精度センサーがゲームプレイを向上
  • 価格
  • 7900円(税込)
  • 7999円(税込)
  • センサー方式
  • 光学式
  • 光学式
  • ボタン
  • 20個
  • 11個
  • サイズ
  • 高さ41mm、幅75mm、奥行き118mm
  • 高さ132mm、幅75mm、奥行き40mm
  • 給電

操作を簡単にするマウスパッドを導入しよう

マウスを使う際、トラックボールマウスは別としてもある程度動かすスペースが必要です。また、センサー方式によって使える場所も違うため、これを解決するためには最適なマウスパッドを用意する必要があるでしょう。

 

光学式なら光沢が少なく透過性の低いマウスパッドがおすすめです。レーザー方式なら場所を選ばないといっても透過性が低いに越したことはないため、同じく透過性の低いマウスパッドを選びましょう。また、他にもサイズやデザインが重要なので、よく見て選ぶようにしてください。

 

素材や性能にもよりますが、マウスパッドの価格は安いもので1,000円程度、高いものは10,000円を越えてきます。自分の望む性能と手が出せる価格を見極めながら、マウスにあったマウスパッドを見つけてみましょう。

プレイスタイルに合わせたロジクールマウスを

ロジクールマウスは、他社メーカーと比べても性能やコスト面において優秀な商品が揃っています。また、自分のプレイスタイルに合わせられるマウスも多数あるため、紹介した内容を参考にして、ぜひピッタリのマウスを選びだしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ