記事ID140029のサムネイル画像

【メーカー別】車用シートカバーのおすすめ人気ランキング12選

近年では防水や汚れ防止に特化したものや取り付け可能式など様々な種類があるシートカバー。車種によって適用できるタイプも異なるので迷ってしまう方も多いかと思います。そこで今回はシートカバーの選び方からおすすめ商品まで幅広くご紹介します。ぜひこの機会に愛車にぴったりの商品を見つけましょう。

シートカバーの役割

シートカバーの主な役割は、車内を好みの雰囲気に変えたり、ドライブ中の乗り心地を良くしたりすることです。

 

個性的な色やデザインのシートカバーを装着すれば、理想の形でドライブを楽しめるでしょう。質感によっては、リラックスしやすい居心地になり、ストレスを感じずに運転できます。手入れの簡単さや汚れづらさなど実用性も考えたいところです。

 

シートカバーは様々なメーカーから数多く出回っているため、予備知識なしで理想の一品を選ぶのは難しいでしょう。本記事ではシートカバーの選び方を解説し、それを踏まえたおすすめの商品を挙げます。これを読めば好みのシートカバーを見つけるヒントが学べます。

編集部イチオシのおすすめの商品はこちら!

ボンフォーム(BONFORM)

ボンフォーム 防水シートカバー 4361-10BK

価格:924円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手ごろな価格で雨の日やアウトドアに役立つ

車のインテリア用品メーカーとして人気のボンフォームが展開するシートメーカーです。1,000円に満たない手ごろな価格で上質な乗り心地を味わえることがポイントです。

 

取り付けが簡単な点がポイントの1つ。シートカバーの取り付けは難しいというイメージもありますが、この商品であれば座席の上からスッポリとかぶせてあげるだけでOK。座席形状の違いで適合しない車種もあるので事前の車チェックは大切です。 

 

ファインテックスの「タフ」な生地にも注目です。防水機能が搭載で水に強いので、座席を傷めずに済みます。傷にも強いので、物や爪がうっかりこすれても心配ありません。

 

水や泥などの汚れが体についたまま車に乗り込むと、あとで座席の掃除に苦労するでしょう。しかしファインテックスを使えば、あらゆる座席を濡れや汚れから守れます。

 

晴れの日の出勤日など、特にシートカバーが必要ないときも簡単に取り外せます。コンパクトに畳めるので、収納も簡単です。手頃な価格と機能性の良さが両立している有能アイテム。シートカバーを迷われている方はファインテックスを選んでみてはいかがでしょうか?

タイプ軽自動車用品質ポリエステル100%(裏面PVCコーティング)
機能防水セット品フロントorリア1席
アフターフォローあり

口コミを紹介

ファブリック(革製も)のシートに濡れたまま座ると後々厄介なことになるのですがこれであれば心置きなく座れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

特に夏、ウォーキングして汗まみれになったあとにタオルで拭き取りはしますが、やはりそのまま直にシートに座るのはちょっと嫌なのでこれを使ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

子供を連れて海水浴に行くと、着替えを車でする事もあり、シートが濡れたりするのを防ぐ為に防水機能は必須ですね。また、後席全面をカバーする事により、シートの隙間に砂や石等が入るのを防ぐ事ができます。この2点が私の中のメリットとしてこの商品を買いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

シートカバーの選び方

それではここからはシートカバーの選び方をご紹介していきます。以下に挙げるポイントをおさえながら、自身や家族、友人などが使うのに最適なものを選ぶことが大切です。

メーカーから選ぶ

以下にシートカバーで人気のメーカーを7つ紹介します。特に初めてシートカバーを買うなら、メーカーの情報だけでも仕入れておくと良いでしょう。

Sandii(サンディ)

サンディはカラフルなラインナップが魅力的なシートカバーブランドです。自動車の車内は基本的に黒やグレーなど地味な色合いが多く、見栄えが物足りない人もいるでしょう。サンディのシートカバーを使うことでおしゃれな彩りを車に与えられます。

 

かわいい色合いだけでなく、ツートンカラーを用いたり、すべりにくいデザインなどで実用性を高めたいなどの工夫も見られます。

Refinad(レフィナード)

レフィナードはレザーシートカバーを中心に商品展開しています。使っているレザーはリサイクルであり、質感の高い商品をローコストで手に入れられます。体になじみやすいことからレフィナードを好むユーザーも多くいます。

 

受注生産であるため、注文から完成まで待たなければならないデメリットはありますが、無料でステッチカラーを変えられるなど好みを反映させやすい魅力もあります。コストパフォーマンスが良い形で上質なシートカバーを使いたい人におすすめです。

Artina(アルティナ)

国内でも人気が高いシートカバーブランドです。本革、レザー、スタイリッシュなど素材やデザインが幅広いのが特徴です。車種ごとにシートカバーが専用設計を受けているため、自身が持っている車にぴったり合う商品を見つけられます。

 

洗練されたビジュアルとプレミアム感すらある質感で、車の中を快適なインテリアに仕立てられるでしょう。

Dotty(ダティ)

ダティは元々本革シートの張り替え専門でサービスを行っていましたが、このときからディーラーの採用を受けるなど自動車業界では高い知名度を誇っていました。

 

シートカバーに特有なたるみや座ったときの違和感の排除にこだわり、体にフィットしやすい素材やデザインを数多く展開しています。商品はすべて完全に自社での生産であり、あらゆるユーザーの好みを受け入れられるようにバリエーションも多彩です。

Grace(グレイス)

グレイスは創業30年以上の実績を生かし、車内映えしてドライブ中もリラックスしやすいシートカバーを多数提供しています。

 

豊富なラインナップが見る者を圧倒し、カスタムカーのような空間を演出できる派手なシートカバーも販売しています。加えてデザインや素材管理、ステッチなど複数の面を考慮し、車に乗る人の居心地を高められるように配慮しています。

Clazzio(クラッツィオ)

クラッツィオはシートカバーとフロアマットのメーカーであり、ユーザーの快適なドライブを目指して高品質な商品をプロデュースします。

 

シートカバーは質感やビジュアルなどが多彩です。300を超える車種に対して専用設計を展開しているので、車に合わせて選択を悩むこともありません。

 

「コンフォート」「スタイリッシュ」「ハイクオリティ」など複数にわたりシートカバーのシリーズを展開しており、多くのユーザーのニーズに応えられます。

Autowear(オートウェア)

オートウェアでも多くの車種に対応する形で専用設計シートカバーを展開しています。国内の自動車だけでなく、メルセデスベンツやBMWなどの輸入車の一部にも専用設計があります。

 

特にヌブリノーを使った生地の上質感は味わいがいがあります。スポーツカーの専用シートカバーも展開したり、最新車種専用を売るタイミングが早かったりなど、ユーザー想いのラインナップに注目です。

重視する役割で選ぶ

汚れ防止や取り付け・手入れのしやすさなど、シートカバーによっても特徴は異なります。自身のこだわりを念頭に選ぶことが大切です。

汚れ防止|汎用式

車の座席がお気に入りなので汚したくないと考えるなら、汚れ防止素材のシートカバーを選びましょう。この場合は汎用タイプが多く当てはまります。

 

汎用タイプのシートカバーは幅広い車種に使えるので、自身の車に不適合とわかる心配も少ないことがポイントです。手頃な価格で手に入れられる商品も多く、突然の雨やアウトドアの帰りなどに役立つでしょう。

手入れが簡単|防水加工式

防水加工式のような簡単に手入れを済ませられるシートカバーもおすすめです。合成皮革(PVC)素材なら水で傷むリスクが低く、タオルなどでサッと拭き取るだけで、座席をきれいにできます。

 

高級感のあるデザインから、洗練されたインテリアを演出できることがポイントです。ただしこのタイプのシートカバーは通気性に劣り、多くは3~4年が寿命なので注意しましょう。

様々な車に適応|取り付け可能式

様々な車に適用するシートカバーなら、取り付け可能式を選びましょう。車種専用設計なら特定の車にしか取り付けられず、乗り替えるとシートカバーもチェンジしなければなりません。

 

しかし車を選ばないシートカバーなら、買い替えたあとに限らず、家族や友人の車にも使えて便利です。 

耐久性に優れる|本革製

ひとつのシートカバーを長く使い続けたいなら、本革製が耐久性に優れていておすすめです。レフィナードなど本革のシートカバーに強いメーカーもあるので注目しておきましょう。

 

本革のシートカバーは使えば使うほど質感が増していき、風合いもよくなっていきます。高級感も相まって、通勤やお出かけなどの運転中はリラックスしやすいでしょう。心地よい運転環境を求める意味合いでも本革製のレザーシートは要注目です。

メーカー毎のおすすめシートカバー4選

第1位

アルティナ

スタンダードシートカバー

価格:30,585円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家族でのお出かけにゆったり感を与える

アルティナが送るこちらのシートカバーは、ソフトレザーを基調として5層にも生地を重ね合わせた本格仕様です。ダブルステッチによる高級感も申し分ありません。

 

アルファードとヴェルファイアに対する専用設計ですが、家族へのお出かけでもゆったりとした感覚でドライブに集中できます。耐火仕様の革を使っているので、タバコをうっかり落としても大きく心配することはありません。

タイプアルファード/ヴェルファイア用品質ソフトレザー
機能防水、耐火セット品フロント手動シート1席
アフターフォローあり

口コミを紹介

取付は時間が掛かりますが、取り付けた満足感と高級感はいいです。シートサイド下側のフィッティングが悪い所がありますが、取付に工夫すればぴったりになると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

grace(グレイス)

シートカバー エクスクルーシブライン

価格:31,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーティなビジュアルでツーリングに最適

グレイスが送るこちらのシートカバーは、エクスクルーシブラインと呼ばれる曲線がおしゃれなアクセントになっています。50系プリウス専用であり、人気車の中身を粋に彩れるのが魅力です。

 

スポーティーなデザインのシートカバーなのでツーリングに最適でしょう。合成皮革やファブリックなど複数種類のシートに対応できる万能性もポイントです。

タイプ50系プリウス用品質非公表
機能なしセット品フロントorリア用1席
アフターフォローなし

口コミを紹介

デザインが気に入りましたし、シートの背当て部分にも浮きも無くフィットしているので気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第3位

クラッツィオ(Clazzio)

シートカバー

価格:14,718円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シートヒーターで寒さもしのげる

軽ワゴン車用のシートカバーで、貴重なシートヒーター装備です。寒い季節に仕事などへ出かけるときでも、カバーの温もりを感じられれば快適性が見込めます。

 

バイオPVCはクラリティがイチ押しの素材で、見ているだけで座席にかぶせて座りたくなるようなボリューム感としなやかな素材が両立しています。ドライバーなどの体になじみやすく、健全な運転環境を実現できるでしょう。

 

タイプ軽ワゴン車用品質バイオPVC
機能シートヒーターセット品フロントorリア1席
アフターフォローあり

口コミを紹介

生地の伸びが良く被せるのが楽でした。張った感じは純正みたいにピッタリでとても良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第4位

AutoWear(オートウェア)

シートカバー

価格:22,036円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヌブリノー生地の居心地と活気あるデザイン

オートウェアの主力生地である合成皮革の一種ヌブリノーにより、乗り心地に貢献するシートカバーです。防水効果もあり手入れも簡単なので、初めてシートカバーを使う方におすすめの商品です。

 

見た目もブルーが活気に満ちた魅力を発揮しており、ツーリングのおともに似合っています。実用性に限らず視覚的にもドライブが楽しくなるシートカバーです。

タイプフィット3 ハイブリッド用品質合成皮革(ヌブリノー)
機能なしセット品1台分セット
アフターフォローあり

口コミを紹介

ボディがミッドナイトブルービームメタリックで内装がグレイなので、おっさん的な雰囲気を変えたいと思いました。狙い通りの明るい感じとなり大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

メーカー毎おすすめシートカバーの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5158605の画像

    アルティナ

  • 2
    アイテムID:5158608の画像

    grace(グレイス)

  • 3
    アイテムID:5158623の画像

    クラッツィオ(Clazzio)

  • 4
    アイテムID:5158650の画像

    AutoWear(オートウェア)

  • 商品名
  • スタンダードシートカバー
  • シートカバー エクスクルーシブライン
  • シートカバー
  • シートカバー
  • 特徴
  • 家族でのお出かけにゆったり感を与える
  • スポーティなビジュアルでツーリングに最適
  • シートヒーターで寒さもしのげる
  • ヌブリノー生地の居心地と活気あるデザイン
  • 価格
  • 30585円(税込)
  • 31900円(税込)
  • 14718円(税込)
  • 22036円(税込)
  • タイプ
  • アルファード/ヴェルファイア用
  • 50系プリウス用
  • 軽ワゴン車用
  • フィット3 ハイブリッド用
  • 品質
  • ソフトレザー
  • 非公表
  • バイオPVC
  • 合成皮革(ヌブリノー)
  • 機能
  • 防水、耐火
  • なし
  • シートヒーター
  • なし
  • セット品
  • フロント手動シート1席
  • フロントorリア用1席
  • フロントorリア1席
  • 1台分セット
  • アフターフォロー
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり

汎用式おすすめシートカバー2選

第1位

Hiveseen

カーシートカバー

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吸水性抜群のタオル素材。どんな車にも適用できる万能性

Hiveseenが送り出すタオル地のシートカバーであり、マイクロファイバー素材なので吸水性は抜群です。防水フィルム層のおかげで水は染みこまず、運動後に汗をかいた直後でも安心してすぐに乗り込めます。

 

折りたたみもでき、伸縮性のあるストラップで小さくまとめられるので、収納にも困りません。アウトドア志向の強い人におすすめですし、突然の雨対策にこだわる人にも役立つでしょう。

タイプ軽/普通車用品質マイクロファイバータオル
機能防水セット品1枚
アフターフォローなし

口コミを紹介

肌触りがよく、柔らかく気持ちがいいです。装着も楽にできました。犬も乗せるので洗濯ができるのが嬉しいです。お値段もお手頃でいいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ボンフォーム(BONFORM)

シートカバー

価格:1,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汎用ものでは貴重なおしゃれシートカバー

汎用性のシートカバーの多くは当たり障りないデザインです。しかしこちらのシートカバーは白、黒、赤の配色がファッショナブルに決まっていて、おしゃれ志向の強いドライバーに向いています。

 

メッシュ生地なので通気性が申し分なく、運転中に蒸れるなどの不快感も抑えられます。サイドエアバッグ付きの車にも適合するので、安全面の配慮も申し分ありません。

タイプ軽/普通車用品質ポリエステル(メッシュ)
機能通気性確保セット品前席1枚
アフターフォローあり

口コミを紹介

シートにかぶせるタイプの場合、立体的なシートにフィットさせる方は難しいですがこの製品はシートにほどピッタリとフィットします。そのため個人的には安っぽさが無くて大変気に入りました。

出典:https://www.amazon.co.jp

汎用式おすすめシートカバーの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5158685の画像

    Hiveseen

  • 2
    アイテムID:5158691の画像

    ボンフォーム(BONFORM)

  • 商品名
  • カーシートカバー
  • シートカバー
  • 特徴
  • 吸水性抜群のタオル素材。どんな車にも適用できる万能性
  • 汎用ものでは貴重なおしゃれシートカバー
  • 価格
  • 1999円(税込)
  • 1100円(税込)
  • タイプ
  • 軽/普通車用
  • 軽/普通車用
  • 品質
  • マイクロファイバータオル
  • ポリエステル(メッシュ)
  • 機能
  • 防水
  • 通気性確保
  • セット品
  • 1枚
  • 前席1枚
  • アフターフォロー
  • なし
  • あり

防水加工式おすすめシートカバー2選

第1位

クラッツィオ(Clazzio)

シートカバー

価格:18,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

純正シートの魅力に寄り添うハスラー/フレアクロスオーバー専用設計

ハスラー/フレアクロスオーバーの専用設計シートカバーですが、軽SUVにカジュアルなおしゃれを与えられる赤いステッチが印象的です。

 

専用設計なので純正シートの良さを守ってくれることもポイントです。シートリフターやエアバッグ付きの座席にも装着でき、軽SUV専用としては自由度の高いシートカバーでしょう。

タイプハスラー/フレアクロスオーバー用品質バイオPVC
機能シートヒーターセット品フロントorリア1席
アフターフォローあり

口コミを紹介

ちょっと高級車になったような気がします。取り付け後もシートヒーターはばっちり暖かいので助かってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ボンフォーム(BONFORM)

ボンフォーム シートカバー 4187-08BK

価格:2,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2人がけカバーの防水タイプ。レジャーに最適

シートカバーとしては珍しい2人がけタイプです。防水機能付きなので、レジャーの帰りに役立ちます。枕が外せるタイプの座席なら取り付けられます。

 

後部座席の専用ですが、枕カバーも伴っており、疲れたときもリラックスしやすいです。裏面がゴムになっているのでカバーがズレる心配もありません。ゆったりくつろげるシートカバーとしておすすめの一品です。

タイプ普通車用品質ポリエステル(裏は合成ゴム)
機能防水、枕カバーセット品リア2席
アフターフォローあり

口コミを紹介

ハイエースにて使用。シート面の生地がもう少し長いと良いのですが、シート面に物を置く場合やキャンプ後に人を乗せるのに躊躇しなくて良いためおススメかな。肌ざわりも良いし値段もお値打ちで良い買い物ができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

防水加工式おすすめシートカバーの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5158706の画像

    クラッツィオ(Clazzio)

  • 2
    アイテムID:5158716の画像

    ボンフォーム(BONFORM)

  • 商品名
  • シートカバー
  • ボンフォーム シートカバー 4187-08BK
  • 特徴
  • 純正シートの魅力に寄り添うハスラー/フレアクロスオーバー専用設計
  • 2人がけカバーの防水タイプ。レジャーに最適
  • 価格
  • 18900円(税込)
  • 2990円(税込)
  • タイプ
  • ハスラー/フレアクロスオーバー用
  • 普通車用
  • 品質
  • バイオPVC
  • ポリエステル(裏は合成ゴム)
  • 機能
  • シートヒーター
  • 防水、枕カバー
  • セット品
  • フロントorリア1席
  • リア2席
  • アフターフォロー
  • あり
  • あり

取り付け可能式おすすめシートカバー2選

第1位

ボンフォーム(BONFORM)

シートカバー ウエットガード

価格:2,190円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水や汚れを防ぎ、ずり落ちの心配もない安心感

ハイレベルなシートカバーを多数展開するボンファームの中では、エプロンのような個性的な見た目が特徴です。座席に掛けるだけで取り付けが完了するので、初めてシートカバーを買う人でも難なく扱えます。

 

防水加工であるため、川下りや海遊びなどの帰りにも役立ちます。ずり落ちにくい素材なのでペットも安心して乗せられます。

タイプ軽普通車用品質ウェットスーツ素材
機能防水セット品1枚
アフターフォローあり

口コミを紹介

汗だくになることが多いので、シートに汗を染み込ませないために購入しました。水を弾いているので目的は果たせていると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Big Ant

防水シートカバー

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心のウェットスーツ素材でアウトドアの味方

ウェットスーツ素材の一種であるネオプレーンを使ったシートカバーなので、水や汚れを染みこませません。ペット専用スペースとしても有用ですし、マリンスポーツやスキー、スノーボードなどの帰りにも安心して乗り込めます。

 

取り付けはヘッドレストに掛けるだけのシンプルな手順です。多くの車種に適合する仕様なので、アウトドア前になるべく早く水や汚れの対策をしたい人におすすめです。

タイプ軽普通車用品質ウェットスーツ素材(ネオプレーン)
機能防水セット品1枚
アフターフォローなし

取り付け可能式おすすめシートカバーの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5158721の画像

    ボンフォーム(BONFORM)

  • 2
    アイテムID:5158727の画像

    Big Ant

  • 商品名
  • シートカバー ウエットガード
  • 防水シートカバー
  • 特徴
  • 水や汚れを防ぎ、ずり落ちの心配もない安心感
  • 安心のウェットスーツ素材でアウトドアの味方
  • 価格
  • 2190円(税込)
  • 1999円(税込)
  • タイプ
  • 軽普通車用
  • 軽普通車用
  • 品質
  • ウェットスーツ素材
  • ウェットスーツ素材(ネオプレーン)
  • 機能
  • 防水
  • 防水
  • セット品
  • 1枚
  • 1枚
  • アフターフォロー
  • あり
  • なし

本革製おすすめシートカバー2選

第1位

クラッツィオ(Clazzio)

シートカバー

価格:41,865円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレベルな通気性とともにプリウスαを上品に彩る

プリウスαの専用設計であるシートカバーですが、貫禄のある質感で車内を上品な雰囲気に変えてくれます。本革なので耐久性が高い点が特徴です。

 

パンチング加工なので、暑い日でも運転中の蒸れを抑えられます。長距離運転においても快適な時間が長く続くでしょう。

タイププリウスα用品質本革
機能通気性確保セット品フロント1席
アフターフォローあり

口コミを紹介

値段から考えても、申し分ありません。装着後の見た目、装着フィット感、座り心地、全く問題無し。乗車した人たちはカバーだとは先ず気づきません。高級感も十分にあるので、購入して間違いはありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ofc

レザーシートカバーフル FJ1755

価格:8,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽トラックにプレミアム感を。大人の魅力に満ちたシートカバー

キャリー/スクラム用の専用設計ですが、まるで高級車に装備するような洗練されたシートカバーです。仕事などでの長距離運転でも、本革仕様の本商品がドライバーの体をストレスから守ってくれます。

タイプキャリー/スクラム用品質本革
機能なしセット品1席
アフターフォローなし

口コミを紹介

以前から軽トラのシートカバーをいろいろ探してました。そしてやっと巡り会えた(笑)みたいな。この価格でこのクオリティなら文句無しです。小さ目というか、きつめに出来ていて、セットは少し時間がかかりましたが、だぶつきも無くフィット感がとても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

本革製おすすめシートカバーの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5158732の画像

    クラッツィオ(Clazzio)

  • 2
    アイテムID:5158751の画像

    ofc

  • 商品名
  • シートカバー
  • レザーシートカバーフル FJ1755
  • 特徴
  • ハイレベルな通気性とともにプリウスαを上品に彩る
  • 軽トラックにプレミアム感を。大人の魅力に満ちたシートカバー
  • 価格
  • 41865円(税込)
  • 8100円(税込)
  • タイプ
  • プリウスα用
  • キャリー/スクラム用
  • 品質
  • 本革
  • 本革
  • 機能
  • 通気性確保
  • なし
  • セット品
  • フロント1席
  • 1席
  • アフターフォロー
  • あり
  • なし

シートカバーのお手入れ方法

シートカバーのお手入れは汚れ方や素材により異なります。自身の持っているものに合わせて適切に対処しましょう。

本革パンチングの場合

革製シートカバーを使っていて、小さな汚れが気になるなら、柔らかい布で拭き取りましょう。汚れの度合いに応じて、本革クリーナーを布に吹きつけてから行うことも考えましょう。

 

本革製品に対してクリーナーを直接吹きつける行為は推奨できません。変色や生地の損傷にいたる可能性があるからです。水に弱い素材なので、何かをこぼしたときは焦らずに拭き取ることが大切です。放置するとシミになるので要注意です。

PVCレザーの場合

PVCレザーのシートカバーも基本的な手入れは柔らかい布による乾拭きです。取りづらい汚れがあったら、中性洗剤をぬるま湯で薄めてから布につけ、拭き掃除を行いましょう。水で軽く濡らすだけで拭いても良いかもしれません。

 

PVCレザーもデリケートなので、尖ったものを落としたり、うっかり突き立てたりすると傷がつくおそれがあります。シンナーやベンジンの薬品も変色や損傷のおそれがあるため近づけない方が良いでしょう。色落ちや変色などのリスクから洗濯も避けましょう。

シートカバーで快適なドライブを

水や汚れから車の座席を守るシートカバーをご紹介しましたがいかがでしたか。ペットを乗せるときやアウトドアに出かけるとき、急な雨が降りそうなときなどさまざまな状況を想定しながら、理想のシートカバーを探してみましょう。

車ガラスウロコ取り10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

スタッドレスタイヤ10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ