記事ID139955のサムネイル画像

haru『haru kurokamiスカルプ』の効果をまとめました!

エイジングケアシャンプー『haru kurokamiスカルプ』の効果をまとめました。

『haru kurokamiスカルプ』とは

haru

haru

価格:3,960円(税込)

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

haru kurokami スカルプとは、エイジングケアもできるオールインワンタイプのノンシリコンシャンプーです。髪に負担がかかるシリコンや合成ポリマーなどの化学成分不使用の100%天然由来のシャンプー。高品質だからこそリンスやコンディショナーの必要もありません。

 

ノンシリコンシャンプー特有のキシミや泡立ち、仕上がりの悪さも感じません。ただ髪に良い成分が入っているのではなく正しく実感できるようにバランスよく配合されています。100%天然由来にこだわっているため化学成分を含む防腐剤は使っておらず詰め替え用も販売されていません。

 

毎日使うものだからこそ、本当にいいものを使い続けてほしい。そんな思いから誕生したシャンプーです。これを使う事によってどんな効果が期待できるのかご紹介していきましょう。

『haru kurokamiスカルプ』に期待できる効果

haru kurokami スカルプの効果は、黒髪のキープ・ハリ・コシ・ボリュームアップなどです。特に年齢を重ねるごとに感じる髪の悩みにおすすめです。40代女性の頭皮の皮脂分泌はTゾーンの約3倍といわれています。

 

スタイリング剤の汚れや余分な皮脂や老配物の汚れからニオイやかゆみが発生します。4種類のヤシ由来の洗浄成分が頭皮に付着した汚れを毛穴からしっかりと取り除き若々しい髪へと導きます。

 

またメラニン・メラノサイトのメカニズムに着目しヘマチンなどの6種類の成分を独自に配合し日本人本来の黒髪をキープします。33種類のエイジングケア成分を配合し、芯から美しい髪へ。コシやボリュームアップにもつながります。

 

アミノ酸系成分で汚れを洗い流し美容成分で頭皮と内部に潤いを与え髪本来がもつ質感の美しさを取り戻してくれます。

 

『haru kurokamiスカルプ』の使い方

①正しい洗い方

まずシャンプーをする前または入浴前に必ずブラッシングをします。これは髪のほつれをとったり頭皮や皮脂の汚れを浮き上がらせるために必要な工程です。できればクッションブラシと呼ばれるブラシにクッションがついたものにすると効果がアップします。

 

次に前洗い(予洗い)と呼ばれる工程を行います。この段階ではシャンプー剤をつけずにお湯だけで洗いましょう。髪を濡らすのではなく頭皮をマッサージするように洗うのがポイントです。この工程をしっかりと行うだけで洗いあがりに差がでます。

 

それが終わったらシャンプー剤を使って洗います。シャンプー剤は必ず泡立てるのが基本です。お湯に濡らした手のひらでシャンプー剤を泡立てその泡で包み込むように丁寧に洗いましょう。

 

そして最後は洗い流しです。しっかりとシャンプー剤を流さなければ、シャンプー剤自体が頭皮の老廃物として残ってしまうので3~5分かけて丁寧に流しましょう。特に耳の裏側や頭頂部など洗いにくい場所はしっかりと洗いましょう。ヌメリが感じられなくなるまで丁寧に流しましょう。

②お出かけ前やかゆみやパサつきを感じる時のお手入れ方法

お出かけの前の日や、パサつきやかゆみを感じる方におすすめの洗い方をご紹介したいと思います。正しい洗い方でご紹介した、ブラッシング・前洗い(予洗い)・洗浄までは紹介したようにしっかりと行いましょう。

 

シャンプー剤をつけるまでに約7割以上が終了すると言われているので、ここまでの工程をしっかりすることが大切です。シャンプー剤を泡立てモコモコな泡で包み込むように丁寧に洗ったらすぐに洗い流さずに2~3分放置しましょう。

 

その間に、体を洗ってもいいですし半身浴をしてもOK。少し髪に残すことでシャンプーに配合されている天然のエイジングケア成分が浸透してツヤのある仕上がりにつながります。放置した後はしっかりと時間をかけて丁寧に洗い流すようにしましょう。

 

お出かけ前にもおすすめですが、週1回のスペシャルケアとしてもおすすめです。

『haru kurokamiスカルプ』の良い評判・口コミ

エイジングケアシャンプーharuの良い口コミや評価について紹介していきましょう。

「使用感」に関する良い口コミ・評価

リンスいらずなのにほんと泡立ちもサラサラ感も◯!!

出典:https://www.amazon.co.jp

リンスインシャンプーだから、あまり期待はしていなかったのですが、1度の使用で髪がしっとりしてパサパサ感が無く、痒みや頭皮の乾燥や湿疹も無く、いままでなかった使用感があります!毎日のシャンプーが楽しみです!

出典:https://www.amazon.co.jp

とろーりしていてスッキリした香り
泡立ちも良く洗い上がりもサラサラで
気に入りました。
リピしたいと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

haruシャンプーはリンスやコンディショナーがいらないオールインワンタイプのシャンプーです。リンスやコンディショナーを使わないことで起こるキシミや天然シャンプーにありがちな泡立ちや仕上がりの悪さもなくサラサラ感があるとの評価が多くみられました。

「効果」に関する良い口コミ・評価

太くて量も多く、すぐに広がるのが悩みでした。こちらのシャンプーは本当にサラサラになります。泡立ちや匂いは控えめですが翌朝の髪の落ち着き具合が全然違います。頭皮にも髪にもいいものが使われておりこの価格はかなり良心的。サロン用と謳いながら髪を痛める原因になる成分が一杯入ってるシャンプーがゴマンとある中でやっとたどり着いた信用出来る商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

アウトバストリートメントどころかコンディショナーもインバストリートメントも不要で、シャンプーのみで髪がツルツルになり驚きました。さらに翌朝の髪のまとまり感、自然なツヤに再度驚きました。パサつき、まとまりのなさが気になっていたものがこのシャンプー1つで改善してしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

今まで他のシャンプーを使っていた時とは明らかに違う洗いあがりです。朝起きてボリューム感を感じます。香りも良いし、トリートメントをしなくて良いのがとても楽です。

出典:https://www.amazon.co.jp

効果に関する評価においては、髪がまとまりやすくなったこととボリュームアップしたとの声が多く聞かれました。加齢とともに感じる髪の毛のボリュームダウンやダメージによるパサつきやハリ・コシなどの悩みも解決してくれるシャンプーであるようです。

『haru kurokamiスカルプ』の悪い評判・口コミ

エイジングケアシャンプーharuの悪い評判や口コミについて紹介していきましょう。

「使用感」に対する悪い口コミ・評価

なかなか良い物に出会いました!
ただ若干乾燥肌の人には、合わないかも、、、、

出典:https://www.amazon.co.jp

ジムでシャワーの時、トリートメントが面倒でこちらの商品を購入しました。
レビューでシャンプーのみでしっとりサラサラみたいな事書いてたので、期待しましたが全然ダメです。パッサパサの乾燥髪になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

使用感の悪い評価としては、パサつき感があるという声が多く聞かれました。特に乾燥肌の人が多く感じているようでした。特に洗っている時は気にならないけれどドライヤーで乾かしている時にパサつきを感じるとの声が多かったです。

「効果」に関する悪い口コミ・評価

薄毛に悩んでいる母に購入しました。一本使い切り二本目に入っていますが今のところ特に変化は無いようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

指通りがなめらかで、それだけでも抜け毛は減りました。そのおかげか、少し髪の毛のボリュームがアップした気がします。効果を謳っている黒髪は、自覚症状はないです。使用期間が半年くらいなので、これからも続けて行こうかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ボリュームアップや黒髪の効果が感じられないとの声が多く見受けられました。ただ、評価の高い口コミなどではボリュームアップの効果を感じている人も多くいらっしゃるので個人差があるようです。

 

シャンプーなどは即効性がなく使い続けて実感する部分もありますので少しの間使い続けることをおすすめします。

まとめ

ここまで髪のエイジングケアに効果的なharuの「haru kurokami スカルプ」の魅力や口コミについて紹介してきました。haru kurokami スカルプを使う事によって年齢とともに感じるボリュームダウンやかゆみやフケを改善し日本人特有の黒髪をキープすることができます。初回30日間で満足いかない場合は全額返金保証やお得な特典も。さらに定期コースにするとずっと20%オフで購入することができます。気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

haru

haru

価格:3,960円(税込)

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ