記事ID139946のサムネイル画像

【誰でも釣れる】エギのおすすめ人気ランキング10選

主にアオリイカなどを狙う際に使われるエギ。色やタイプなど、さまざまな要因が釣りの結果を左右します。今回は、そんなエギのおすすめ商品を選び方のコツとともにご紹介。釣り場や時期・狙う獲物に合わせて最適なエギを選びましょう。

エギングに欠かせない「エギ」

エギとは、イカをターゲットとした釣りにおいて、古くからある漁具の一種だった餌木(エギ)を現代的なルアーフィッシング用に改良したもののことを言います。このエギを使用して主にアオリイカなどを狙った釣りのことをエギングと言います。

 

今回はそんなエギのおすすめ商品を、製品の特徴などともにおすすめの物を幅広く紹介していきます。自分にぴったりのエギの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

編集部イチオシのおすすめの商品はこちら!

ダイワ(DAIWA)

エメラルダス ダート2

価格:646円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エギングシーンで大活躍の超定番人気商品

編集部がイチオシするエギが、こちらの「エメラルダス ダート2」です。その高い品質から釣り用品において絶大な人気と知名度を誇る「ダイワ」製で、こちらの商品も高いクオリティが人気を博し、エギングシーンのスタンダードとされています。

 

優れた点の1つが特殊加工が施されたカンナ(針)です。圧倒的な貫通力を誇り、高い実績をあげているSaqSas(サクサス)加工でイカをしっかり捕えて逃がしません。

 

具体的にSaqSas加工とは、ダイワが数々の塗装技術を検証してきた結果、フック表面の処理防錆効果を実現しつつ、フッキング率を格段に向上させることにも成功した加工です。

 

フック表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、フックの刺さり性能は従来の塗装フックに比べて最大40%も向上。イカのわずかなタッチも逃さず、高い確率でフッキングが可能です。

 

ライン(釣り糸)を結びつける部分であるラインアイには縦型を採用し、ノーズを中心に全体的に細身化。それによってエギを横方向に移動させるアクションである「ダート」を、よりシャープで簡単に演出できます。

 

さらにエギング界のカリスマである山田ヒロヒト監修によるトルネード(つむじ)デザインもラインナップ。最新技術を取り入れ、エギングを最適化させることに成功した、初心者から上級者まで幅広くおすすめできる逸品です。

口コミをご紹介

餌木のカラーもよく気に入りました。
春イカに使いたいと思います。

出典:https://review.rakuten.co.jp

沈下スピードが今使ってるエギより遅いためシャローやホール中のバイトが増えるしエギの沈下姿勢も良い感じだと思う。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

お気に入りです。リピートして購入しました。初心者の自分でも釣れました。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

【初心者必見】エギの選び方

エギ選びのポイントは、大きく「」「テープの色」「サイズ」の3つです。釣り場やシーズン・時間などの周辺環境によって使い分ける必要があるので、状況に応じて最適なものを選びましょう。

選び方のポイント|サイズ

エギには号数が設定されています。その数字が大きくなるに連れてエギのサイズも大きくなり、狙う獲物のサイズも大きくなります。時期によって最適なサイズが異なるため、しっかりチェックしておきましょう。

春夏秋冬!獲物の成長に合わせるのが効果的

アオリイカは時期によってサイズが異なるため、季節に合わせた最適なサイズのエギを使用しましょう。大まかな目安として、3.5号を基準として選ぶのがおすすめ。

 

アオリイカは夏に生まれるため、秋はまだイカも小さいです。そのため、エギも2.5号~3号程度の小さいものを選ぶのがおすすめです。秋も深くなる11月からは、アオリイカも成長して大きくなっているので、3号~3.5号の中型のサイズを選ぶのが無難。

 

そしてイカがもっとも大きくなる春頃には、大きめの3.5~4号がおすすめです。この時期のアオリイカは大きめサイズのエギでも積極的に食いついてくるため、4号からでも大丈夫です。

釣り場の水深で選ぶ

水深によってエギのサイズを調整する必要があります。大きいエギになるほど、沈下スピードが速くなるため、浅場を狙う場合などは根がかりする確率が高くなってしまいます。そのため、水深に合わせた小さ目のエギを使うことをおすすめします。

 

反対に深場を狙う場合は、イカが小さい秋の早めのシーズンでも3.5号の通常サイズを使ってみましょう。

 

これらのように季節や時期に関係なく、水深によって、浅瀬では小型のエギを、深い場所なら秋でも大きいエギを使う場面も出てくるので注意が必要です。

エギのタイプで選ぶ

エギには「シャロータイプ」「ベーシックタイプ」「ディープタイプ」の3種類があります。それぞれに特徴があるので、最適なものを選びましょう。

軽いシャロータイプ

水深1mから2mまでの浅い水深のことをシャローと呼び、そのような浅場での使用に最適な設計で作られたエギのことを「シャロータイプ」と言います。SS(シャローシンキング)やSと略されて表記されていることも多いです。

 

同じ号数でも重量が軽く、沈降が遅いという特徴を持っています。そのため根がかりのリスクが少なくてすむので、浅い釣り場に向いています。しかしその反面、メリハリのある動きを出しにくいので、ダートの動きには不向きです。

重いディープタイプ

シャロータイプとは対照的に、水深の深い場所を狙うのに最適化されたエギのことを「ディープタイプ」と呼びます。パッケージに表記される略称は、FS(ファーストシンキング)、Rなどであることが多いです。

 

重くて沈降が早いという特徴を持っているため、水深の深い場所以外にも、流れの速い場所でもしっかり底まで沈むことが可能なのでおすすめ。

エギのカラーで選ぶ

エギのカラーバリエーションは、ピンク・オレンジ・グリーン・ブラウンなど多様です。潮の色など、環境に合わせて選ぶこともおすすめ。

潮が濁っているときには「派手な色」

天気が悪くて視界が悪そうな時や、潮が濁っていてエギが見えにくいというときには、オレンジやピンクなどの派手な色がおすすめです。派手な色ならエギが見えやすく、迫ってくるイカも発見しやすくなります。

潮が澄んでいるときは「ブルー系・自然に近い色」

天候が良く視界が良好な時や、潮が澄んでいる釣り場なら、ブルーやグリーンなどオリーブ系の自然に近い色がおすすめです。イカも目が効くため、主張が弱いナチュラルカラーの方がイカ受けがいい場合もあります。

下地のテープで選ぶ

エギの布地の下には「虹色」「金色」「銀色」「赤色」などのテープが巻かれています。このテープカラーは場面や時間で、釣果に大きな差を生む要素となるので非常に重要です。

夜釣りなら「赤テープ」

夜でのナイトエギングに使用するのに最適なものが赤テープが巻かれたエギです。赤いカラーは水の中に入ると黒っぽく認識され、自然な形でシルエットが認識されやすいと言われています。

 

そのため光が少ない場面で使うと効果的で、ナイトエギングの他にも水深の深い場所や曇りの日などにも最適です。

 

 

日中の釣りは「金テープ」

金テープは、日中エギングの定番カラーと言われています。晴れた日中や潮が濁っているときにおすすめで、オレンジの布地とあわせるとさらに効果がアップします。

 

光を反射しやすいため、光を受けたフラッシングによるアピールでアオリイカを引き寄せるのが大きな魅力です。

 

 

定番カラー「虹テープ」

虹テープは、潮が澄んでいても濁っていても安定して高い効果を発揮するのが魅力です。そのため、汎用性が非常に高いので、一投目は虹テープからという釣り人も多いほど。

 

環境がはっきりせず、どのカラーを使えばよいのか分からない時や、エギング初心者の方の最初に購入するエギとしてもおすすめです。

浅瀬におすすめのシャロータイプ3選

第3位

デュエル(DUEL)

パタパタQ スロー

価格:614円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

波動を起こすフィンでイカにアピール

釣り具総合メーカー「ヨーズリ」から、独自技術によって生み出されたシャロータイプです。この製品最大の特徴は、大抵のエギがフィンに鳥毛を使用しているのに対して、こちらは水の抵抗を受けると波動を起こすシリコン製のフィンが付いている点。

 

これによって、長いフォール中も名前の通りパタパタと自然な波動でイカにアプローチします。また、ノーマルタイプ・スロータイプ・ラトルタイプがあり、それぞれ波動の強弱や沈下速度などが違うため、状況に応じて使い分けることも可能です。

 

優れた品質ながら、リーズナブルな価格も魅力で、シャロータイプはあまり使わないと言った方にも手にしやすい一品となっています。

タイプシャロータイプサイズ展開2.5~3.5号
カラー全20色テープカラー

口コミをご紹介

誰も釣れてないなか水深3mのシャローで1.2キロのイカを含め3杯のイカを連れてきてくれました。カラーはモンスターマスターと藻場マスターを使用しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

ダイワ(DAIWA)

エメラルダス ラトルS

価格:742円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ラトル音でおびき寄せる

お馴染み大手釣り具メーカー「ダイワ」から、高い人気を誇るエメラルダスシリーズのラトル入りのエギです。音が伝わりやすい水中で、ラトル音を広範囲に伝達することでイカを確実におびき寄せます。

 

さらに横向きラインアイを採用することで、鋭いダートアクションと安定した跳ね上げを実現。そしてコンパクトかつ低重心のキャスタビリティなど、ダイワの高い技術力が凝縮されています。

 

カンナにもダイワならではのこだわりで、針と針の隙間に2段目のカンナの針が見えるよう設計されたスーパーシャープ段差カンナを採用。これによってイカわずかな接触も逃さず、高い確率でフッキングに結びつけることが可能です。

 

タイプシャロータイプサイズ展開2.5~4.0号
カラー全26色テープカラー全8色

口コミをご紹介

近所の店で、たまたま見かけたので購入しましたが、夏〜秋イカは、まずめっちゃ釣れます。アクションもメリハリありますし、あとは沈下速度が遅いのがイカにとって手を出しやすい状況をつくるのでしょうね。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ヤマシタ(YAMASHITA)

エギ王 Q LIVE シャロー

価格:1,253円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールラウンドで活躍できる万能エギ

「新しい釣りを提案する」をモットーに、優れた釣り具を数多く生み出し続ける「ヤマシタ」製のシャロータイプです。太陽光を吸収し、それを熱に変換する機能を持った、ウォームジャケットと呼ばれる特殊な布を取り付けています。

 

それによって、温度でイカにアピールするという独特な方法をもったエギです。しかし、汎用性は非常に高く、大きなダートアクションや、ブレない安定したフォール姿勢によって、オールラウンドに活躍する優れもの。

 

非常に知名度があり信頼性の高いエギで利用者も多く、高いイカへのアピール力や、扱いやすさもポイントで、エギの入門用としてもおすすめです。

タイプシャロータイプサイズ展開2.5~3.5号
カラー全15色テープカラー全7色

口コミをご紹介

ヤマシタの餌木は安定して釣果を伸ばせます。
仕上がりも非常に綺麗で期待を裏切られた事がありません。
少し高いですが、エギ王は誰にでもオススメ出来る安定の餌木です。

出典:https://www.amazon.co.jp

シャロータイプのエギのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5151874の画像

    ヤマシタ(YAMASHITA)

  • 2
    アイテムID:5151852の画像

    ダイワ(DAIWA)

  • 3
    アイテムID:5151826の画像

    デュエル(DUEL)

  • 商品名
  • エギ王 Q LIVE シャロー
  • エメラルダス ラトルS
  • パタパタQ スロー
  • 特徴
  • オールラウンドで活躍できる万能エギ
  • ラトル音でおびき寄せる
  • 波動を起こすフィンでイカにアピール
  • 価格
  • 1253円(税込)
  • 742円(税込)
  • 614円(税込)
  • タイプ
  • シャロータイプ
  • シャロータイプ
  • シャロータイプ
  • サイズ展開
  • 2.5~3.5号
  • 2.5~4.0号
  • 2.5~3.5号
  • カラー
  • 全15色
  • 全26色
  • 全20色
  • テープカラー
  • 全7色
  • 全8色

深い場所におすすめのディープタイプ2選

第2位

シマノ(SHIMANO)

セフィア クリンチ クロスカウンター

価格:862円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定感の高いフォールで深場に最適

釣具の製造の他、自転車部品なども手掛けるアウトドアスポーツメーカー「シマノ」から、冬のエギングに最適なディープタイプです。安定感のある沈下姿勢が魅力で、冬のスローアクションに最適と言えます。

 

また、水深が深いポイントの他、フォールがやや早めでしっかり沈むので、流れの速い環境にも適しています。ビックザイズのアオリイカをターゲットにしており、底周辺を探ることにも優秀です。

 

さらにダッキングシンカーによって、しっかりと水をつかんでダートアクションを発生しやすい設計となっています。また、背中で水を受けて、浮き上がりを抑え、横方向にダートしやすくなっているのも特徴です。

 

 

タイプディープタイプサイズ展開3.5~3.8号
カラー全20色テープカラー全6色

口コミをご紹介

去年初めて釣ったアオリイカは、こいつで釣れました。
ケイムラアボカドは愛おしくてたまりません。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ヤマシタ(YAMASHITA)

エギ王 Q LIVE ベーシック

価格:957円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トータルバランスに優れた扱いやすいディープタイプ

シャロータイプでも人気の「ヤマシタ」のエギ王シリーズですが、ディープタイプにおいてもその高いクオリティから絶大な人気を誇っています。エギ王QLIVEの最大の特徴である、絶妙な温度変化でターゲットにアピールするウォームジャケットを採用しています。

 

速く落すことを優先され、フォール姿勢が犠牲にされがちなディープタイプですが、こちらの商品は乗せの姿勢を崩さずにフォールスピードを最大限に速めたYAMASHITA独自のバランスセッティングとなっています。

 

操作性も高く、刃物のようなブレイドシンカーによって、水を切り裂き、より軽快でキレのあるダートを実現。ディープエギングの入門用としてもおすすめの逸品です。また、上級者の方は自分好みのウエイトセッティングをすることも可能となっています。

タイプディープタイプサイズ展開3.5号
カラー全10色テープカラー全6色

口コミをご紹介

とてもしゃくりやすい!
餌木の中には全然潮を噛まなくてしゃくりにくいものもあるがこちらは抵抗を感じながらしゃくってこれる。アオリイカを連発しました

出典:https://www.amazon.co.jp

ディープタイプのエギのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5151907の画像

    ヤマシタ(YAMASHITA)

  • 2
    アイテムID:5151904の画像

    シマノ(SHIMANO)

  • 商品名
  • エギ王 Q LIVE ベーシック
  • セフィア クリンチ クロスカウンター
  • 特徴
  • トータルバランスに優れた扱いやすいディープタイプ
  • 安定感の高いフォールで深場に最適
  • 価格
  • 957円(税込)
  • 862円(税込)
  • タイプ
  • ディープタイプ
  • ディープタイプ
  • サイズ展開
  • 3.5号
  • 3.5~3.8号
  • カラー
  • 全10色
  • 全20色
  • テープカラー
  • 全6色
  • 全6色

濁った潮でも大丈夫!おすすめの派手色エギはこちら

DUEL(デュエル)

EZ-Q ダートマスター LGOG:11 ゴールドオレンジ

価格:701円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

視界が悪く濁っていても効果を発揮

天候が曇りや雨などで、視界が悪く濁った潮でのエギングは、イカへのアピール度が高い派手色のエギがおすすめです。こちらの商品は目につき易いオレンジゴールドのカラーで、濁った潮でも非常に良く目立ちます。

 

さらに夜には怪しく光ってイカをおびき寄せるため、ナイトエギングでの使用にも最適です。また、足がパタパタと動いて光ることでイカを引き寄せるパタパタフットライトもポイント。

 

軽快なシャクリで守備範囲が広く、ダート性能と飛距離にも優れています。ド派手なカラーリングの他、様々な魅力を兼ね備えた、視界の悪い潮でも効果を発揮するエギです。

 

 

口コミをご紹介

釣れるエギだと思います。
釣った当時、風速12mで、追い風だったのがまだマシだったのですが、堤防も高くラインがたわみすぎて、回収したらイカが既に抱いていた感じでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

ナチュラルカラーのおすすめエギはこちら

エバーグリーン(EVERGREEN)

エギ番長 オリーブ

価格:1,188円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナチュラルカラーでイカに自然なアプローチ

天候が良く視界が良好な時や、潮が澄んでいてイカの活性が低い場合は、派手な色よりもナチュラルカラーのエギが釣果を上げることが多いです。こちらの商品は、ナチュラルなオリーブカラーで自然な形でイカにアピールすることができます。

 

しっかりとフラッシングでアピールできるホロテープ仕様であるため、やや日差しが弱い日でも、丁度良くアピールすることが可能。

 

また、初心者でも、かんたんにキレのあるダートアクションを引き出すことができる操作性の高さも魅力です。ナチュラルでありながら視認性が高く、天候が良い日や日中にも最適なナチュラルカラーのエギです。

 

口コミをご紹介

今年は、このカラーが凄く釣レました。
恒年的に販売して欲しいカラーです!

出典:https://www.amazon.co.jp

【夜釣り向け】赤テープのおすすめエギはこちら

DUEL(デュエル)

EZ-Q ダートマスター ケイレッドリアルクルマエビ

価格:631円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全体が赤テープでナイトエギングに最適

夜や濁った潮などで威力を発揮する「デュエル」製のダートマスターシリーズから、下地全体が赤テープになっているためナイトエギングに最適のエギです。色だけでなく基本スペックも高いのが魅力。

 

ナイトエギングでも、特に月明かりや常夜灯の光量が少ない時、または濁りが発生している時などの視界が悪い状況でもイカに積極的にアプローチします。エギのシルエットをハッキリ出したい時などに理想的なエギです。

 

反対に、常夜灯周辺や、クリアな水質でプレッシャーの高い釣り場のアオリイカを狙うのであれば、下地の一部だけ赤テープを使用した、弱めのカラーを使ってみるのもおすすめ。

口コミをご紹介

エギングの必需品です。この餌木でアオリイカを4杯釣りました。自分が持っている餌木の中では最も釣れた餌木です。

出典:https://www.amazon.co.jp

日中向けのおすすめ金テープエギはこちら

ヤマシタ(YAMASHITA)

エギ王 K ベーシック 金アジ

価格:901円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高いフラッシング効果で日中エギングの必需品

お馴染み「ヤマシタ」の人気シリーズであるエギ王から、日中に最適な金テープが施されたエギです。晴れた日に、太陽の光を反射するフラッシングでイカに積極的にアピールします。

 

また、金テープとナチュラルカラーという組み合わせも、イカがエギを視認しやすい日中でのエギングに最適で、高い釣果が期待できます。

 

カラーだけでなく、ヤマシタのコンセプトでもある高い安定感のあるフォールも魅力です。日中の活性が低く、シビアなイカを狙う上で非常に有効なエギと言えます。

口コミをご紹介

持っていたいカラーの一つです!
視認性、フォール姿勢素晴らしい‼️さすがエギ王kですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

【初心者向け】おすすめの虹テープエギはこちら

ヤマシタ(YAMASHITA)

エギ王 LIVE ピンクマーブル

価格:858円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

状況問わず使用できる高い汎用性

エギのカラーの中でも最も汎用性が高い万能テープカラーと言われるのが虹テープ(マーブル)です。こちらはヤマシタの大人気シリーズエギ王のマーブルカラーとピンクの組み合わせ。

 

このマーブルと背中がピンクのカラーリングは、その優れた汎用性から非常に人気が高いです。状況がわからない釣り場や、エギをもし1つだけ持っていくとしたら、この色合いを選ぶという人も多く、それほどオールマイティーに使用できます。

 

基本的な性能は安心のエギ王なので高く、汎用性と相まって、これからエギングを始める初心者の方の入門用としてもおすすめ。釣り場や天候の状況に左右されず、安定して高い釣果が期待できる優秀なエギです。

 

 

 

口コミをご紹介

水の抵抗の少なそうな手触りの良い素材で蓄光も良くします。実釣ではなぜかマダコの子供が連続ヒットしました でもこのエギ好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

エギの上手な使い方!しゃくり方のコツ!

しゃくりとは、アオリイカを誘うテクニック1つです。基本の3種類ともいえるしゃくり方とそのコツをご紹介します。

基本編|2段しゃくり

エギングにおける基本的なしゃくり方が「2段しゃくり」です。やり方は、その名の通り2回しゃくって、フォールさせるというアクションです。

 

イメージとしては、1回目のしゃくりでエギを上に向かせて、2回目のしゃくりでエギを跳ね上げる感じです。ラインスラックを出してしゃくるのがコツ。

ボトムのイカを狙う|1段しゃくり

ボトム付近のイカを狙うために有効なテクニックが「1段しゃくり」です。1回しゃくってテンションフォールさせることを繰り返します。

 

しゃくりのストロークを短くして、なるべくエギを高く上げすぎないようにしましょう。同じレンジで動かし続けることをイメージするのがコツです。また、たまにエギをボトムでステイさせるのも有効。

深い場所に|多段しゃくり

広範囲の渡ってアプローチでき、イカのレンジが絞れない時に非常に有効なのが「多段シャクリ」です。2回以上しゃくりをいれて、エギを高く上げます。そのため、水深の深い場所でしかできないアクションです。

 

しかし、高度なテクニックが要求されるので、2段しゃくりでスラックの出し方を掴み、深場のポイントという条件が揃ってからやってみましょう。

その他エギングにおけるしゃくりの方法やコツに関する詳細は下記の記事で紹介されています。是非チェックしてみて下さい。

エギングを楽しむならこちらもおすすめ

エギングを楽しむのであれば、エギング用の釣竿である「エギングロッド」は欠かせません。種類が豊富で、イカをターゲットとしたエギング以外にも使用できるため、1本あれば様々な魚種に対応することができるのも魅力です。

 

おすすめのエギングロッド10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

 

 

おすすめのエギでエギングを楽しもう

ここまでエギのおすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ここで紹介した製品はほんの一部で、他にもたくさんの種類のエギがあります。今よりもっと釣果が上げられるように自分にぴったりのエギに出会えるといいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ