記事ID139932のサムネイル画像

【アウトドア必需品を網羅】キャンプ道具のおすすめ人気ランキング39選

日常を離れて自然に触れることで、心も身体もリフレッシュできるキャンプ。テントやテーブル、ランタンなどキャンプ道具には様々な種類があります。今回は初心者さんにもおすすめできるキャンプ道具をアイテムごとにご紹介します!

目次

キャンプを楽しく過ごすなら揃えておくべきキャンプ道具!

キャンプにはまっている人は多く、毎年・毎月出かけるほどの人気があります。なぜキャンプが好きなのか、本人たちの意見を聞くと四季それぞれの自然を楽しめること・料理がおいしいこと・非日常の空間でリラックスできる点が挙げられるでしょう。

 

又、趣味を通してつながる仲間が増える点でも、キャンプにはまる理由がうなづけます。最近では一人でキャンプする「ソロキャン」も流行っており、好きなように気軽に過ごせる点が魅力的です。

 

キャンプをするには道具(テントや寝袋シュラフ)が必要であり、初心者は他にもテーブル・チェア・食器類などを準備しましょう。今回は、編集部イチオシ商品や選び方、更におすすめ商品などについて紹介します。

 

編集部イチオシのおすすめの商品はこちら!

コールマン(Coleman)

テント ツーリングドームST 1~2人用 170T16400J

価格:11,798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1・2人用で初心者でも簡単にセットできるキャンプ道具

モスグリーンとブラックのツートンカラーがおしゃれで、自然の中で違和感がないキャンプ道具です。1・2人用のコンパクトなテントで、初心者でも簡単にセットできるのが魅力的でしょう。

 

又、1人でも設営しやすいポールポケット式で、ソロキャンを楽しみたい人にもおすすめのテントです。前室を高くすることでとても開放的であり、天井の高いドーム型テントは窮屈に感じません。

 

お手軽価格でコスパ力にも優れており、バイクツーリング仲間の間でも定評のあるテントです。1万円台で買えるタイプは初心者や一人用として満足でき、コンパクトに折りたためる点でも持っていて損しません。

 

 

サイズ約210×120×100(h)cm収納人数1~2人
重量約4.4kg付属品ペグ・ロープ・キャリーバック

普通のテントは四隅のエンドピンにポールを挿し込むスタイルですが、ツーリングドームSTは背面側だけポケットにポールを入れる仕組みです。ポケット式を採用することで外れにくく、一人でもスムーズに設営できます。

その為、強風の時でもテントが壊れにくいと話題です。ポールと差込口の色が同じで、迷うこともないでしょう。

初めはちょっと戸惑ってしまいますが、慣れてくると10分程度で簡単にセットできます。キャンプなどアウトドアだけでなく、自宅の庭への設営にも便利なテントです。

口コミを紹介

初めての使用時に大雨!
難なく使えました。
前室が広く降雨時には重宝します。

出典:https://www.amazon.co.jp

レビューでみなさんがあまりに讃えているのと、広めの前室が欲しかったので購入してみた
たしかに組み立ては簡単で使いかっても良い
とくに大雨に降られた時などはこの広い前室がとても有り難かった

出典:https://www.amazon.co.jp

定番であるこの商品は、設営方法の動画が沢山のキャンパーからユーチューブに投稿されています。これを見てイメトレしておけば初めての設営でも15分程度で完了しました。前室が荷物の収納に便利ですしポールを別途購入すれば前室のスクリーンがタープにもなり便利です。先日、キャンプ先で結構な雨に見舞われましたが雨漏りもなく快適に過ごせました。まあ、確かにバイクキャンパーにはちょっと大きくて重いかも・・・私は自動車キャンパーなので全く問題なしです。

出典:https://www.amazon.co.jp

【初心者必見】キャンプ道具の選び方

本格的にキャンプをする場合、専用の道具が必要でしょう。ムダに買って失敗しないように、選び方のコツをマスターしましょう。

使用人数で選ぶ

ソロキャンプなのに大きなテントや枚数の食器類では、荷物がムダにかさばってしまいます。使用人数に合わせて選ぶようにしましょう。

人数に合わせたテント・調理器具が必要なファミリー(4~6人)タイプ

大人数のファミリー向けテントを選びたい場合は、高さがしっかり確保できるドーム型が良いでしょう。天井が高くなる分、テント内の空間がとても広くて狭さも感じないのが特徴です。

 

購入する際は「何人用」と書かれている為、しっかりとチェックしてから買うと失敗しません。又、ワンルームではプライバシーが確保できない時は、ツールーム型がおすすめでしょう。

 

大き目のテントを中心で仕切ることで2つの部屋が完成し、大家族でもゆったりと過ごせます。食器なども人数に合わせて枚数を揃えるとムダが無くて、荷物がかさばりません。

一人用テント・調理器具が必要なソロキャンタイプ

一人でキャンプをするソロキャンですが、気軽な分、テントの設置から食事の準備なども自分だけで行わなければいけません。着いた後で困らないように、一式は準備しておくようにしましょう。

 

基本は、一人用テント・アウトドア用チェア・シェラフ・シェラフマット・ランタン・ミニテーブル・焚き火台・クッカー・カップ・カトラリーなどです。シェラフは寝袋、クッカーはバーナーを使った簡単な調理道具です。

 

カトラリーは食用ナイフ・フォーク・スプーンの総称で、食器類もしっかりと用意しておきましょう。近くに水道があれば使った食器は洗える為、最低セット分だけ持って行くようにすれば荷物がかさばりません。

テント

キャンプ用テントと言っても色んな種類があり、ドーム型・2ルーム型・ティピー型・ワンタッチ型・ロッジ型・特殊タイプ・エアフレームなどが代表的です。ドーム型はその名の通り、天井がドーム状になっており、2ルーム型は2つの部屋空間を作ることができます。

 

ティピー型はトンガリ屋根が特徴であり、ワンタッチ型は傘のように広がられる手軽さです。屋根があるロッジ型とシェルターのような特殊タイプ、空気を入れて膨らませるエアフレームタイプがあります。

 

選ぶ際は素材や価格・設置のしやすさなどから探すと、失敗しません。又、家族構成によってテントを選ぶことも最大のポイントです。

雨・日よけ目的のタープ

ポールで幕を持ち上げて、雨よけや日よけを目的として屋根を作るのがタープです。色んな形があることで、太陽の光がさまざまな影を作り出す幻想的な点も魅力的でしょう。

 

キャンプでは電気が使えないことで、夜はテント内が暗くなってしまいます。ランタンを吊るすテープなどが付いていると夜間でも作業ができて、読書やトランプなどを楽しめるでしょう。

 

サイズも一人用からファミリー向けまであり、簡単に設定できます。横からの雨風も防げるテント型などバラエティに富んでいて、用途に合わせて探せるので一緒に揃えておくと便利です。

まきのサイズで選ぶ焚き火台

寒い時期に焚き火があると温かく、ご飯を炊いたり焼き肉にしたりスープを作ったり調理にも便利です。まきや木炭などを燃料にして燃やしますが、台があると飛び散らず熱がこもってしっかりと火元を作ることができます。

 

焚き火台を選ぶ時は、キャンプをする時の人数に合わせてサイズを探しましょう。例えば、2人以上でキャンプをするのであれば、長さ30センチ以上のまきが入る焚き火台がおすすめです。

 

キャンプ場では30センチから40センチくらいのまきを販売していることが多い為、ちょうど適しています。ソロキャンであれば、それ以下のまきしか燃やせない焚き火台で十分です。

簡単に火が起こせるバーナー・コンロ

自然の中でおいしい料理を作って食べるのが楽しいキャンプですが、毎回まきを使った料理は火おこしが大変です。バーナーやカセットコンロを使うことで、簡単に火を起こせてスピーディ調理ができます

 

コンロとなると大型で荷物が増えてしまうことを考えると、バーナーがおすすめです。中でもシングルバーナーはカートリッジを挿すだけで簡単に火をつけることができ、鍋やコップも五徳でしっかり固定できます。

 

コンパクトサイズで持ち運びしやすく、ソロキャンプだけでなく大人数でのキャンプでもサブバーナーとしても重宝するでしょう。小さいサイズでテーブルに置けば、直に調理が可能です。

アウトドアにぴったりの調理器具

キャンプで料理をする時に便利なのが調理器具であり、クッカーがおすすめです。クッカーとはアウトドア専用の鍋であり、ガスバーナーを使って調理する時に食材を入れて焼いたり炒めたり煮込んだりします

 

クッカーを選ぶ時は素材にこだわり、主にアルミ・ステンレス・チタンの3種類です。アルミは価格が安い・軽い・熱伝導率が高いのが特徴であり、キャンプ用として重宝します。

 

ステンレスは保温性と耐久性に優れており、寒い時期のスープ類も冷めにくいでしょう。チタン製は3つの中で最も軽量であり、耐久性にも優れていることでアウトドアが趣味という人にぴったりです。

折りたためるテーブル

調理した料理を食べる為のキャンプ用テーブルは、折り畳み式がほとんどです。使わない時はたたんでコンパクトになることで、持ち運びがしやすくなる点が魅力的と言えるでしょう。

 

サイズも色々あり、キャンプをする人数に合わせて選ぶと失敗しません。ソロキャンプであればミニテーブルを選ぶと、ムダに大きくなくて狭いスペースにも対応します。

 

テーブル表面がステンレス製であれば、ダッチオーブンをじかに置いても傷が付きにくく汚れもサッと拭けるでしょう。焚き火台を置けるテーブルは、キャンプでは必需品です。

 

 

ハイ・ロータイプの折りたたみ式チェア

キャンプでは折りたためるコンパクトなチェアが理想であり、ハイスタイル・ロースタイルと言った高さで選ぶのがポイントです。テーブルとの高さに合わせるのが基本であり、最近ではテーブルとセットで購入する人が多いでしょう。

 

床が直接地面ではなく、シートやラグを敷くテントであれば座椅子も検討する余地があります。足を思いっきり伸ばせる上、リクライニングタイプであればそのまま横になることもできるでしょう。

 

キャンプのシチュエーションに合わせて選ぶことで、おしゃれで快適なアウトドア生活を送れます。又、赤ちゃんや小さい子供がいる家庭では、子供用の椅子も用意すると転倒してケガをすることがなく安心です。

保冷日数が決め手のクーラーボックス

キャンプは自然の中で飲食するのがだいご味であり、キンキンに冷えた缶ビールを飲みたいものです。クーラーボックスはドライアイスなどを入れて冷やしたいものを入れて置けば、適温にできます。

 

クーラーボックスと言ってもサイズもまちまちで、キャンプする人数や食材に合わせて選ぶと失敗しません。又、季節によっても気温差がある為、使用日数なども合わせて調べるようにしましょう。

 

そして予算に合った価格ももちろん大事で、保冷力とともに検討するようにしてください。20度前後のクーラーボックス内に入れた氷が溶け切っていない日数が保冷日数であり、環境によって変動することを考慮してだいたい50から60%として計算しましょう。

4種類に分かれるランタン

キャンプで夜を過ごす為に必要なアイテムと言えば、ランタンでしょう。形や光加減など種類が多く、テントや好みなどに合わせて選ぶと失敗なくおしゃれに使えます。

 

キャンプで使うランタンは主に4種類あり、初心者でも使いやすい発光ダイオードのランタン・ガスランタン・燃料が安い灯油ランタン・強い光を放つガソリンランタンです。電池や電源での充電ができる点で、発酵ダイオードのランタンはおすすめでしょう。

 

使い方もボタンを押すつまみを回すだけで点灯する為、まさに初心者向きのライトと言えます。ガソリンや灯油は火を使うことを考えると危険であり、多少の知識も必要でハードルが高いです。

キャンプ環境で選ぶ寝袋(シュラフ)

シュラフはアウトドア用の寝袋であり、色んなタイプがあって選ぶのに迷ってしまいます。基本となるのが形・材質・使う場所・収納サイズ・スペック指標・価格・人気ブランドで選ぶと失敗が少ないでしょう。

 

シェラフの形は掛け布団と敷布団を別に使える封筒型・すっぽり包み込むマミー型があり、中綿は保温性の高いダウン・発汗性があるポリエステルの2通りです。又、テント泊か車中泊か、夏キャンプはマイナス6度からマイナス3度で、冬キャンプはマイナス5度以下で使えるタイプを選びましょう。

 

そしてキャンプをする時は快適使用温度・限界使用温度というスペック指数があり、環境に応じてチェックしてみることです。使わない時はコンパクトに折りたためて収納できるバッグも付いていると便利でしょう。

3つのタイプに分かれるシュラフマット

直接地面にシュラフを置いて寝ると、季節によっては寒くて凍えてしまうかもしれません。そんな時に便利なのがシュラフマットであり、色やデザイン・質感など色んなタイプがあります。

 

特に登山で使う寝袋は雪が降るとマイナス気温になり、持ち運びしやすい軽さと断熱力・収納性に富んだシュラフマットが理想です。寝袋マットはインフレータータイプ・エアマットタイプ・発砲系タイプの3つに分かれます。

 

インフレータータイプはバルブを開けると自動で膨らむことで取り扱いが楽であり、エアマットタイプは地面の硬さやオウトツを気にすることなく眠れるでしょう。発砲系タイプは耐久性に優れ、長く愛用できます。

取っ手と蛇口が付いたジャグ

キャンプで最も不便なのが水の確保であり、まとめて貯めておけるタンクがあると便利です。ウォータージャグは、取っ手と蛇口が付いて水などの飲料を飲みたい時にすぐ使えます

 

ハードタイプとソフトタイプの2通りで、アウトドアでは硬くて安定性の高いハードタイプがおすすめです。又、お手入れも手軽で保温機能が付いていることで、寒い時期でもホットコーヒーや紅茶などが飲めます。

 

一方、ソフトタイプはコンパクトに折りたためることで、使わない時にかさばりません。耐久性はない為、大容量を入れておくには不適です。

キャンプ道具のおすすめメーカー

キャンプにはすごく興味があっても、実際どのキャンプ用品を選べばいいのか迷ってしまいます。そんな時は、好きなメーカーで選ぶと失敗が少なく、機能性についても安心・安全です。

 

初心者におすすめなのが「コールマン」で、テントなどの大きな物から食器・調理道具など一通り揃えられて便利です。日本生まれのキャンプ道具メーカーで選ぶなら「アライテント」がよく、海外の高山登山家からも好評価を得ています。

 

又、おしゃれなデザインで選ぶなら北欧製がおすすめで「ノンディスク」は、デンマーク発の機能性と個性感を兼ね備えたテントが人気です。色やデザイン・用途など総合的に人気の高いメーカーで選びましょう

キャンプ道具のおすすめ【テント】3選

家族向けのテントおすすめ

第3位

スノーピーク(snow peak)

アメニティドームM [5人用]

価格:44,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天井が高くて立ち作業にぴったりのキャンプ道具

ドーム型のテントで内部スペースが広く、丸みのあるシルエットが風を逃がす構造のキャンプ道具です。天井が高くて立ったまま作業をする場合に適しており、着替えにも便利でしょう

 

耐久性にも優れていることで、毎月キャンプを楽しむ人にぴったりです。又、防水・撥水加工がされており、急な雷雨でも安心して過ごせます。

サイズ505×280×150(h)cm収納人数5人
重量8kg付属品-

口コミを紹介

スノーピークさんのテントは初めてでしたが、丈夫で雨風に強く、評判通りの良品です。ソロキャンプで使用する目的で購入しました。最初はSサイズを購入予定で入荷待ちしてたが、前室に椅子を置いて使用するには狭いと思い、Mサイズにして正解だった!ソロには大き過ぎるかなぁって思ってたが、自分の部屋的にレイアウトするとゆったりと出来て良いですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

コールマン(Coleman)

ワンポールテント エクスカーションティピー 325 3〜4人用

価格:17,556円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雨水の侵入を防ぐティピー型のキャンプ道具

ピラミッド型のおしゃれなデザインが女性受けしている、キャンプ道具(テント)です。開け口が広くて体格の大きな人でも通りやすく、3・4人が横になれるスペースでゆったり眠れるでしょう。

 

雨水の侵入を防いだ前室を備えたシンプル構造のティピー型テントは、ユニークなシルエットでキャンプ場で目立つ存在です。ベージュカラーはややピンクが入ってかわいく、大人の女性から子供まで好きな色合いでしょう。

 

人とはちょっと違ったデザインのテントが欲しい人にぴったりです。

サイズ約325×230×200(h)cm収納人数3~4人
重量約6kg付属品ペグ・ロープ・収納ケース

口コミを紹介

エクスカーションティピーは初めての設営でも簡単に出来ました。ワンポールテントが欲しくて色々な候補からティピーテントを選びました。設営が簡単なのがなによりですね。家族4人でしたが寝るだけに関しては十分でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロキャン向けのテントおすすめ

第1位

コールマン(Coleman)

テント ツーリングドームST 1~2人用 170T16400J

価格:11,798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポールポケット式で丈夫なキャンプ道具

山や草とマッチしやすい落ち着いたグリーン・ブラックカラーで、おしゃれなキャンプ道具(テント)です。ポールポケット式は挿し込むだけで丈夫で安定感があり、強風の時でも壊れにくいのが最大のポイントと言えるでしょう。

 

前室にメッシュドアを採用したことで通気性が高く、夏の暑い時期でも快適に過ごせます。又、前室を高めに設定していることで解放感があり、耐水圧も約1500mmと標準機能を備えていておすすめです。

 

簡単に組み立て・折りたたみができることで初心者でも容易に行え、軽くて持ち運びしやすい点でも選んで損しません。ドーム型で天井が高い為、窮屈に感じないのが魅力的です。

サイズ約210×120×100(h)cm収納人数1~2人用
重量約4.4kg付属品ペグ・ロープ・キャリーバック

口コミを紹介

ソロキャンプ用に購入。1人で立てやすく、1人で使う分には中も広いためとても満足している。
しっかりとした通気口がついている点とフライが前に出ているため、ちょっとしたリビングスペースとして活用でき、使いやすい。
収納時のサイズはバッグにベルトも付いておりそれなりにコンパクトではあるが、バイク等で持ち運ぶには少し大きいかもしれない。車で運ぶ分には問題なし。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ道具のおすすめ【テント】比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5152714の画像

    コールマン(Coleman)

  • 1
    アイテムID:5152909の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:5152912の画像

    コールマン(Coleman)

  • 3
    アイテムID:5152930の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 商品名
  • テント ツーリングドームST 1~2人用 170T16400J
  • テント ツーリングドームST 1~2人用 170T16400J
  • ワンポールテント エクスカーションティピー 325 3〜4人用
  • アメニティドームM [5人用]
  • 特徴
  • 1・2人用で初心者でも簡単にセットできるキャンプ道具
  • ポールポケット式で丈夫なキャンプ道具
  • 雨水の侵入を防ぐティピー型のキャンプ道具
  • 天井が高くて立ち作業にぴったりのキャンプ道具
  • 価格
  • 11798円(税込)
  • 11798円(税込)
  • 17556円(税込)
  • 44800円(税込)
  • サイズ
  • 約210×120×100(h)cm
  • 約325×230×200(h)cm
  • 505×280×150(h)cm
  • 収納人数
  • 1~2人用
  • 3~4人
  • 5人
  • 重量
  • 約4.4kg
  • 約6kg
  • 8kg
  • 付属品
  • ペグ・ロープ・キャリーバック
  • ペグ・ロープ・収納ケース
  • -

「キャンプ道具のおすすめ(テント)」は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

キャンプ道具のおすすめ【2ルームテント】3選

家族向けの2ルームテントおすすめ

第3位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

ツールームドーム キャリーバッグ付 [3-4人用]M-3133

価格:25,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メッシュ素材で夏でも快適なキャンプ道具

前面のひさしを広げ、左右に巻き上げると開放的なリビングへ変身するツールーム型のキャンプ道具(テント)です。メッシュ素材でできており、夏の暑い時期でも通気性が良くて快適に過ごせます

 

グリーンとグレーカラーは自然の中に溶け込みやすく、野生動物に出会えるチャンスです。キャリーバッグ付きで、楽に移動できる点でも選んで損がないでしょう。

 

防水加工もされており、急な雨でもあたふたすることがありません。

サイズ(約)220×475×H165cm収納人数3-4人用
重量9.5kg付属品キャリーバッグ

口コミを紹介

子供と二人での使用ですが コスパはかなり良いと思います
四人以上になってくると 別でタープが欲しくなりますが 前室があるおかげで 雨の日も困りません
大雨 強風も経験しましたが 雨漏り 破損もありませんでした
ロープをしっかり張り アンダーシートをひく
テントの基本を守って使えば十分使えるテントです

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

Naturehike

自立式 2-3人用 2ルーム

価格:17,765円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1万円台で買えるコスパ力が魅力的なキャンプ道具

強い雨にも負けない高い耐水性で、急な雷雨でも問題がないキャンプ道具(テント)です。2・3人タイプで2部屋を共有できる点で、寝室とリビングなど分けることができます。

 

天井が丸いドーム型で風もしっかりと逃がす構造になっており、1万円台で買えるコスパ力にも脱帽でしょう。軽くて組み立てが簡単であることから、初心者や一人でも容易に完成させられます。

サイズ(200+115)cm(長さ)*145cm(幅)収納人数2~3人
重量-付属品-

口コミを紹介

某メーカーのパクリ品!と思いきや、機能性、コスパともに高いです。
5回使用しましたが前室が広く勝手が良いです。

タープなんかいらないですね。ローチェアをずどんと前室において横に台orテーブルそして斜め前にローテーブル。
これだけで快適です。この価格帯のソロ用テント(Hiby3もソロ用だと思ってます)では最強です。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

コールマン(Coleman)

タフスクリーン2ルームハウス 4〜5人用 2000031571

価格:39,566円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アシストクリップで簡単に設営できるキャンプ道具

ポールをしっかり固定するアシストクリップで、1人でもスムーズに設営できるキャンプ道具(テント)です。4・5人用と中は広く2つに区切られていることで、使い勝手も広がります。

 

吊りあげ式のインナーテントを取り外すと、大きなスクリーンタープとして広大な景色を見られて便利です。耐水性にも優れており、急な雨の時でも焦らずに設営・撤収が簡単に行えます。

サイズ約320×230×170(h)cm収納人数4~5人
重量約16kg付属品キャノピーポール×2・ペグ、ロープ・ハンマー・収納ケース

口コミを紹介

・とにかく広い
 リビングには200x200のマットをひいてお座敷、端にはハンモックを常設しています。
 3Way冷蔵庫、猫のトイレと夜中用のゲージなど、全ての荷物をリビング内に入れてもゆったりできます。
 (マンションタイプの5~6畳ぐらいの広さ)

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ道具のおすすめ【2ルームテント】比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5152950の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:5152939の画像

    Naturehike

  • 3
    アイテムID:5152943の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 商品名
  • タフスクリーン2ルームハウス 4〜5人用 2000031571
  • 自立式 2-3人用 2ルーム
  • ツールームドーム キャリーバッグ付 [3-4人用]M-3133
  • 特徴
  • アシストクリップで簡単に設営できるキャンプ道具
  • 1万円台で買えるコスパ力が魅力的なキャンプ道具
  • メッシュ素材で夏でも快適なキャンプ道具
  • 価格
  • 39566円(税込)
  • 17765円(税込)
  • 25300円(税込)
  • サイズ
  • 約320×230×170(h)cm
  • (200+115)cm(長さ)*145cm(幅)
  • (約)220×475×H165cm
  • 収納人数
  • 4~5人
  • 2~3人
  • 3-4人用
  • 重量
  • 約16kg
  • -
  • 9.5kg
  • 付属品
  • キャノピーポール×2・ペグ、ロープ・ハンマー・収納ケース
  • -
  • キャリーバッグ

キャンプ道具のおすすめ【タープ】3選

家族向けのタープおすすめ

第3位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

オルディナ ヘキサ タープ セットM-3167

価格:6,240円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

紫外線95%カットで夏でも安心のキャンプ道具(タープ)

簡単に設置できる上、4から5人対応のスタンダードタイプのキャンプ道具(タープ)です。紫外線を95%カットできる布を使っていることで、夏の時期でも問題なく使用できるでしょう。

 

縫い目から雨の侵入を防ぐシームレス加工で、突然の雨でも雨漏りしません。別売のポールを使うと、条件に合わせた張り方もできます。

サイズ400×420cm材質タープ:ポリエステル70D・ポール:スチール
重量3kg付属品キャリーバッグ

口コミを紹介

家族4人(子供は小学生と幼稚園)のキャンプで使用しましたが、大きさは十分でした。初めてということもあり、途中で妻に手伝ってもらいましたが、次回からは一人で組み立てもできそうです。ポールをオプションで用意すると組み立てのバリエーションも増えてさらに快適になりそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

カワセ(KAWASE)

BUNDOK(バンドック) ミニ ヘキサゴン タープ UV BDK-25

価格:5,123円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高さ調整ができるキャンプ道具(タープ)

5千円台で買えるコスパ力が、人気を呈しているキャンプ道具(タープ)です。ハイタイプ・ロータイプの調整ができることで、好きなスタイルで日よけができます

 

又、紫外線カットされていることで夏のキャンプでも、安心して楽しめるでしょう。設営も簡単で、初心者や一人でも楽に組み立てられて便利です。

サイズ天幕W420xD320cm・ポール長さ200cm材質スチール・ポリエステル
重量2.2kg付属品ペグx8本・ロープx8・ハンマーx1・収納ケースx1・取扱説明書

口コミを紹介

バンドックのテントと合わせるため購入しました。耐水性も問題無かったです。ポール付きでコスパは良いですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

コンポジット

FIELDOOR G03 スチールフレーム 3.0m

価格:9,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチで設営できるキャンプ道具(タープ)

グループやファミリーのレジャーに最適で、ビックサイズなのにワンタッチで設営できるタープです。キャリーバッグから出して、脚を伸ばして2人で引っ張ればあっという間に広がります。

 

テントの高さは3段階に切り替えでき、身長に合わせて調整できるのが魅力的でしょう。キャリーバッグで持ち運びができる為、電車やバスの利用もラクチンです。

サイズ2.0m×2.0m×1.57m材質フレーム : スチール 生地 : ポリエステル
重量11kg付属品ロープ ・ペグ ・専用収納ケース ・取扱説明書(日本語・英語)

口コミを紹介

少し重いので一人で設営はしんどいです、先に一点にペグ打てばなんとかイケます。二人だと余裕!
耐久性も問題無し、とても広いし大人8人ぐらい余裕で入れます!畳んだ時も専用の袋に入れてコンパクトに。オプションの蚊帳とセットでデイキャンプ等に重宝してます!

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ道具のおすすめ【タープ】比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5152984の画像

    コンポジット

  • 2
    アイテムID:5153382の画像

    カワセ(KAWASE)

  • 3
    アイテムID:5153403の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 商品名
  • FIELDOOR G03 スチールフレーム 3.0m
  • BUNDOK(バンドック) ミニ ヘキサゴン タープ UV BDK-25
  • オルディナ ヘキサ タープ セットM-3167
  • 特徴
  • ワンタッチで設営できるキャンプ道具(タープ)
  • 高さ調整ができるキャンプ道具(タープ)
  • 紫外線95%カットで夏でも安心のキャンプ道具(タープ)
  • 価格
  • 9800円(税込)
  • 5123円(税込)
  • 6240円(税込)
  • サイズ
  • 2.0m×2.0m×1.57m
  • 天幕W420xD320cm・ポール長さ200cm
  • 400×420cm
  • 材質
  • フレーム : スチール 生地 : ポリエステル
  • スチール・ポリエステル
  • タープ:ポリエステル70D・ポール:スチール
  • 重量
  • 11kg
  • 2.2kg
  • 3kg
  • 付属品
  • ロープ ・ペグ ・専用収納ケース ・取扱説明書(日本語・英語)
  • ペグx8本・ロープx8・ハンマーx1・収納ケースx1・取扱説明書
  • キャリーバッグ

「キャンプ道具のおすすめ(タープ)」は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

キャンプ道具のおすすめ【焚き火台】3選

家族向けの焚き火台おすすめ

第3位

スノーピーク(snow peak)

焚火台 Mスターターセット [3~4人用]

価格:21,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セットでお得なビギナー向けのキャンプ道具(焚き火台)

焚き火に必要な道具がセットになったビギナー向けのキャンプ道具(焚き火台)です。炎や衝撃に耐えられるステンレス製で、長く愛用できる点が魅力的でしょう。

 

地面に置くだけのシンプルな構造で、どんなシーンでも違和感なく使えるのが特徴です。焼き網やプレートをセットすることでバーベキューやダッチオーブンも楽しめます。

サイズ350×350×248mmゴトク幅-
重量3.5kg

口コミを紹介

重たいとおっしゃる方もいますが、重さが逆に安定感があります。まだ使用回数は少ないですが、残りのキャンプ生活、一生モノですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

コールマン(Coleman)

焚火台 ステンレスファイアープレイス3 2000023233

価格:15,950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

省エネでコスパ力に優れたキャンプ道具(焚き火台)

ちょっとした焚き火を楽しむのに最適なデザインで、コンパクトで収束しやすいのが特徴のキャンプ道具(焚き火台)です。灰受け皿は上部にも設置できることで、ダッチオーブンや網を置いてバーベキューもできます。

 

空気が入りやすく火が燃えやすい為、少しの燃料でもしっかり対応してコスパ力にも貢献してくれるでしょう。取っ手があることで持ち運びしやすい点でも魅力的です。

サイズ約41.5×46.5×34.5(h)cmゴトク幅-
重量約5.7kg

口コミを紹介

焚き火台を持っていなかったので、1年以上悩み続けた結果、廃盤になってるなんって知らなかった井の形や、トライポット使用せずダッチオーブン使用など出来る事はかなりポイント高いです。金網が変型した事は想定内でした。廃盤理由はなんだろう?って感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

ロゴス(LOGOS)

the ピラミッドTAKIBI XL 81064161

価格:14,520円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピラミッド構造で燃えやすいキャンプ道具(焚き火台)

まきを立てて燃やすピラミッド構造になっており、まるでキャンプファイアーのような気分を味わえるキャンプ道具(焚き火台)です。受け皿を装備していることで灰が落ちにくく、掃除も楽に行えます。

 

又、灰の量が少なくても十分に火力を保てる点で、コスパ力にも優れていると言えるでしょう。安定感があって、テーブルの上でも安心して使えます。

サイズ36×35×22cmゴトク幅13.5cm
重量2.2kg

口コミを紹介

キャンプで炭火料理するために購入しました。
ゴトクあるのでどんな大きさの網でも乗せれます。「網を買ったけど小さすぎて使えない」という失敗が無くなります。

串刺せる穴があるのも何気に便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ道具のおすすめ【焚き火台】比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5153411の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 2
    アイテムID:5153419の画像

    コールマン(Coleman)

  • 3
    アイテムID:5153423の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 商品名
  • the ピラミッドTAKIBI XL 81064161
  • 焚火台 ステンレスファイアープレイス3 2000023233
  • 焚火台 Mスターターセット [3~4人用]
  • 特徴
  • ピラミッド構造で燃えやすいキャンプ道具(焚き火台)
  • 省エネでコスパ力に優れたキャンプ道具(焚き火台)
  • セットでお得なビギナー向けのキャンプ道具(焚き火台)
  • 価格
  • 14520円(税込)
  • 15950円(税込)
  • 21780円(税込)
  • サイズ
  • 36×35×22cm
  • 約41.5×46.5×34.5(h)cm
  • 350×350×248mm
  • ゴトク幅
  • 13.5cm
  • -
  • -
  • 重量
  • 2.2kg
  • 約5.7kg
  • 3.5kg

「キャンプ道具のおすすめ(焚き火台)」は下記の記事で紹介しています。選び方や使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

キャンプ道具のおすすめ【バーナー・コンロ】3選

ソロキャン向けのバーナーおすすめ

第3位

プリムス(PRIMUS)

P-153 ウルトラバーナー

価格:7,598円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトなのに強力な火力で人気のキャンプ道具(バーナー)

コンパクトなのに強力な火力で、登山家のプロも愛用しているキャンプ道具(バーナー)です。ばつぐんの携帯性で、X字型の五徳で風対策も万全です。

 

2段階調整が可能で、大き目の鍋も小さ目のフライパンにも対応しています。操作も難しくなく、初心者にもおすすめです。

サイズ-重量110g
点火方式圧電点火方式燃料ガス式OD缶

口コミを紹介

同社の2243を20年来使ってきた中で、装備の見直しに当たってソロハイク用に購入しました。
他の方のレビューに着火装置の不具合などがありましたが、本来ライターの携行は単独行動には必須ですし、付属の着火装置なんてオマケ程度としか考えていないので、全く問題ありませんでした。
確かにゴトクの強度に不安を感じますが、1リットルの水を沸かす程度の重量には充分耐えています。

出典:https://www.amazon.co.jp

家族向けのバーナーおすすめ

第2位

SOTO(ソト)

レギュレーターストーブ ST-310

価格:6,578円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低温度でも安定した火力を保てるキャンプ道具(バーナー)

低温になると火力が低下してなかなか付きませんが、気温が低くても着火できるシステムを導入したことで安定した火力のあるキャンプ道具(バーナー)です。20度以上温度差があっても沸騰時間があまり変わりません。

 

コンパクトサイズで折りたため、収納ケースが付属していることで移動も楽です。大鍋も使えることから大人数でのキャンプに適しています。

サイズ幅170X奥行150X高さ110重量350g
点火方式圧電点火方式燃料ガス式CB缶

口コミを紹介

友達がイワタニのジュニア持っていて同じキャンプ時に安定して点かなかった中安定して使えて若干の冷え込みには強いという事を実感出来ました。点火スイッチと脚のシリコンチューブは必ず必要かと思いますが、買う価値有りの一品です。
何より、ツインバーナーよりこっちの方が使いたくなるもので。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

岩谷産業

ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

価格:2,826円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安価な燃料でコスパ力が高いキャンプ道具(バーナー)

3千円以内で買えるという、コスパ力がとても魅力的なキャンプ動画(バーナー)です。安価なCB缶を使えることで、ランニングコストも抑えられます

 

コンパクトサイズなのに火力も高く、1リットルのお湯を沸かすのにたった4分程度です。簡単に折りたたんで移動しやすいのも、ランキングで人気の理由でしょう。

サイズ幅155×奥行155×高さ127mm重量約274g
点火方式圧電点火方式燃料ガス式CB缶

口コミを紹介

色んな処から類似品が出てますが一番の相違点は黄色で囲った部分の精度が一目瞭然!
値段が1,000円位しか変わらないなら迷わずコチラを買うべき・・・後で後悔しない為に。
ガスはコンビニでイワタニカセットガス250gが300円以下で買えるので便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ道具のおすすめ【バーナー・コンロ】比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5153441の画像

    岩谷産業

  • 2
    アイテムID:5153445の画像

    SOTO(ソト)

  • 3
    アイテムID:5153448の画像

    プリムス(PRIMUS)

  • 商品名
  • ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
  • レギュレーターストーブ ST-310
  • P-153 ウルトラバーナー
  • 特徴
  • 安価な燃料でコスパ力が高いキャンプ道具(バーナー)
  • 低温度でも安定した火力を保てるキャンプ道具(バーナー)
  • コンパクトなのに強力な火力で人気のキャンプ道具(バーナー)
  • 価格
  • 2826円(税込)
  • 6578円(税込)
  • 7598円(税込)
  • サイズ
  • 幅155×奥行155×高さ127mm
  • 幅170X奥行150X高さ110
  • -
  • 重量
  • 約274g
  • 350g
  • 110g
  • 点火方式
  • 圧電点火方式
  • 圧電点火方式
  • 圧電点火方式
  • 燃料
  • ガス式CB缶
  • ガス式CB缶
  • ガス式OD缶

キャンプ道具のおすすめ【ランタン】3選

第3位

PETROMAX(ペトロマックス)

灯油ランタン HK500

価格:25,740円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなデザインのキャンプ道具(ランタン)

デザイン性が高いことから、メインランタンとして使えるキャンプ道具です。燃焼時間は8時間と長く、しっかり使いたい人におすすめでしょう。

 

灯油式で、独特の優しい灯りが人の心を和ましてくれます。ゆったりと夜の時間を過ごしたい人にぴったりです。

サイズ径17×高さ40cm重量2.4kg
役割メインランタン点灯時間約8時間

口コミを紹介

兎に角大きくてカッコいいです。
ポンピング時の指の痛み、プレヒート時の迫力、思わず叫んでしまう雷のような発光。
ロマンです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

SOTO(ソト)

フォールディングランタン ST-213

価格:7,494円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ力の高いキャンプ道具(ランタン)

CB缶燃料を使用していることで、コスパ力に優れた省エネタイプのキャンプ道具(ランタン)です。耐久性に優れた樹脂製で、長く愛用したい人にぴったりでしょう。

 

土台がしっかりしていることで安定感があり、転倒の恐れもありません。ブラックカラーをベースに、イエローのロゴがおしゃれです。

サイズ直径136×高さ375mm重量1.25kg
役割インランタン・テーブルランタン点灯時間約4.0時間

口コミを紹介

ガスの取り付けは、みなさんが書いているように少し手こずりますが、はまれば後は簡単です。我が家はキャンプのコンロや暖房はすべてcb缶で揃えているので、このランタンはぴったりです。寒い中で使えるか心配でしたが、外気温5度での使用はまったく問題ありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

GENTOS(ジェントス)

ランタン SOL-036C

価格:3,634円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

600ルーメンで明るいキャンプ道具(ランタン)

600ルーメンの明るさを持つキャンプ道具(ランタン)です。メインとして使える他、テーブルやカバー用として重宝します。

 

使える電池は単1だけでなく、単3形の乾電池も使えて便利です。モノトーンカラーがおしゃれで定評があります。

サイズ直径73×158mm重量約400g
役割メインランタン・テント内ランタン・テーブルランタン点灯時間Hi(白色)/14時間、Hi(昼白色)/24時間、Hi(暖色)/28時間、Low(白色)/110時間、Low(昼白色)/140時間、Low(暖色)/150時間、キャンドルモード/90時間

口コミを紹介

オートキャンプ場のレンタルで借りて気に入ったので購入しました。
ややお値段が高いようにも思えますが、安いランタンと光り方が違いますね。
光度が強くて、光の色味も良い感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ道具のおすすめ【ランタン】比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5153469の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 2
    アイテムID:5153474の画像

    SOTO(ソト)

  • 3
    アイテムID:5153484の画像

    PETROMAX(ペトロマックス)

  • 商品名
  • ランタン SOL-036C
  • フォールディングランタン ST-213
  • 灯油ランタン HK500
  • 特徴
  • 600ルーメンで明るいキャンプ道具(ランタン)
  • コスパ力の高いキャンプ道具(ランタン)
  • おしゃれなデザインのキャンプ道具(ランタン)
  • 価格
  • 3634円(税込)
  • 7494円(税込)
  • 25740円(税込)
  • サイズ
  • 直径73×158mm
  • 直径136×高さ375mm
  • 径17×高さ40cm
  • 重量
  • 約400g
  • 1.25kg
  • 2.4kg
  • 役割
  • メインランタン・テント内ランタン・テーブルランタン
  • インランタン・テーブルランタン
  • メインランタン
  • 点灯時間
  • Hi(白色)/14時間、Hi(昼白色)/24時間、Hi(暖色)/28時間、Low(白色)/110時間、Low(昼白色)/140時間、Low(暖色)/150時間、キャンドルモード/90時間
  • 約4.0時間
  • 約8時間

「キャンプ道具のおすすめ(ランタン)」は下記の記事で紹介しています。選び方や使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

キャンプ道具のおすすめ【LEDランタン】3選

ソロキャン向けのLEDランタンおすすめ

第3位

エム・シー・エム・ジャパン

エムパワード ラックス 暖色インフレータブルLEDソーラーランタン

価格:2,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたみ式で持ち運びしやすいキャンプ動画(LEDランタン)

円柱型のほのかな灯りがおしゃれなキャンプ道具(ランタン)です。折りたたみ式であり、持ち運びしやすい点で登山などでも愛用されています。

 

電気をチャージする必要がなく、暖色系の柔らかい灯りがリラックスムードを作ってくれるでしょう。

サイズ12.5x11.2cm重量約100g
役割メインランタン・テント内ランタン・テーブルランタン点灯時間12時間

口コミを紹介

災害時に停電したときに役立ちそうだということで購入。ソーラーで充電でき満充電で6時間以上もち、また空気を抜いた状態では非常にコンパクト&軽量なので防災グッズセットに複数入れてても苦にならない。非の打ち所がない。

出典:https://www.amazon.co.jp

家族向けのLEDランタンおすすめ

第2位

GENTOS(ジェントス)

LED ランタン EX-1000C

価格:8,838円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3色切り替えで灯りを楽しめるキャンプ道具(LEDランタン)

レトロな印象のランタンで、メインとして使えるキャンプ道具です。白色・昼白色・暖色の3つの色に切り替えられることで、好きな色合いの明かりを楽しむことができます

 

防水仕様なので、雨の日でも慌てることなく使える点も魅力の1つです。

サイズ約直径129×246mm重量約1255g
役割メインランタン・テーブルランタン点灯時間250時間

口コミを紹介

家族キャンプのメインランタンとして使ってます。料理を作っている時には白色モード、食事の時には暖色モードと一台のランタンで済むところが気に入ってます。また、LEDなので小さい子供がいるファミリーも安全に使えますし、雨に濡れても問題無いところも良いところです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロキャン向けのLEDランタンおすすめ

第1位

Beszing

edランタン

価格:2,499円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幻想的な光を楽しみたい人におすすめのキャンプ道具(LEDランタン)

キュートなデザインがおしゃれで、メインランタンとしておすすめのキャンプ道具(ランタン)です。色や光加減の調整ができることで、幻想的な灯りがテント内に広がります

 

又、背面にマグネット式になっており、磁石が使える所であれば設置することも可能です。

サイズ約80×85mm重量184g
役割メインランタン・テント内ランタン・テーブルランタン点灯時間255時間

口コミを紹介

ちっこく丸っこくてかわいい!耐水性、耐久性はまだ分かりませんがとても気に入りました♪*゚
マグネットでしっかり固定されます。
無段階で明るさの調整ができますが、私としては暖色系の明かりがもっとぼんやりと暗くなってくれると☆満点です。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ道具のおすすめ【LEDランタン】比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5153497の画像

    Beszing

  • 2
    アイテムID:5153505の画像

    GENTOS(ジェントス)

  • 3
    アイテムID:5153510の画像

    エム・シー・エム・ジャパン

  • 商品名
  • edランタン
  • LED ランタン EX-1000C
  • エムパワード ラックス 暖色インフレータブルLEDソーラーランタン
  • 特徴
  • 幻想的な光を楽しみたい人におすすめのキャンプ道具(LEDランタン)
  • 3色切り替えで灯りを楽しめるキャンプ道具(LEDランタン)
  • 折りたたみ式で持ち運びしやすいキャンプ動画(LEDランタン)
  • 価格
  • 2499円(税込)
  • 8838円(税込)
  • 2100円(税込)
  • サイズ
  • 約80×85mm
  • 約直径129×246mm
  • 12.5x11.2cm
  • 重量
  • 184g
  • 約1255g
  • 約100g
  • 役割
  • メインランタン・テント内ランタン・テーブルランタン
  • メインランタン・テーブルランタン
  • メインランタン・テント内ランタン・テーブルランタン
  • 点灯時間
  • 255時間
  • 250時間
  • 12時間

「キャンプ道具のおすすめ(発光ダイオードランタン)」は下記の記事で紹介しています。選び方や使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

キャンプ道具のおすすめ【寝袋(シュラフ)】3選

ソロキャン向けのシュラフおすすめ

第3位

QZT -JP

シュラフ スリーピングバッグ

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性に富んだキャンプ道具(シュラフ)

通気性に富んでいることで、夏の暑い時期でも快適に過ごすことができるキャンプ道具(シュラフ)です。汗で洋服がべたつくのを防ぎ、保温性もあって寒さにも対応しています。

 

オレンジとブラックカラーはおしゃれで、持っているだけでテンションが上がるでしょう。

マミー型サイズ220cm×80cm
最大身長220cm

口コミを紹介

キャンプで使用するため急に必要になりこちらを購入しました。
思ってたより生地がしっかりしていて 、中に入ったら暖かく広さも十分で寝返りも楽にできます。
収納袋に難なく収納できるのがよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

LIBERTA(リベルタ)

シュラフ コンパクト スリーピングバッグ

価格:2,780円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温度調整ファスナー付きで温かいキャンプ道具(シュラフ)

温度調節用のファスナーが足元に付いていることで、脚の指先まで温かいキャンプ道具(シュラフ)です。頭部はドローコードを引っ張ることで密着し、保温性を保ちます。

 

キャンプだけでなくさまざまなアウトドアにマッチし、収納袋付きで持ち運びやすいのも魅力の1つです。

マミー型サイズ240cm×80cm
最大身長240cm

口コミを紹介

先日秩父で使用
凄く暖かくて柔らかく良く眠れました。
他の寝袋の人は寒かったとの事
購入してよかった。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

YOTECE

寝袋 シュラフ 封筒型

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

秋から初冬に使えるキャンプ道具(シェラフ)

封筒型の寝具で、肩までしっかり温められるキャンプ道具(シェラフ)です。快適に使用できる温度は5度以上で、秋から初冬にかけて使うと良いでしょう。

 

又、吸水性にも優れている点で夏の暑い時期でも蒸れる心配がありません。肌触りが良くて、快適に過ごせます。

封筒型サイズ220cm×85cm
最大身長220cm

口コミを紹介

冬休みにキャンプへ出かける予定が急遽きまり、あまり時間がなく急ぎで寝袋を買ってしまいました。キャンプは初心者なので、どれがいいのかはわからないのですが、こちらは厚みがあって、モコモコふわふわで寝心地良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ道具のおすすめ【寝袋(シュラフ)】比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5153518の画像

    YOTECE

  • 2
    アイテムID:5153691の画像

    LIBERTA(リベルタ)

  • 3
    アイテムID:5153706の画像

    QZT -JP

  • 商品名
  • 寝袋 シュラフ 封筒型
  • シュラフ コンパクト スリーピングバッグ
  • シュラフ スリーピングバッグ
  • 特徴
  • 秋から初冬に使えるキャンプ道具(シェラフ)
  • 温度調整ファスナー付きで温かいキャンプ道具(シュラフ)
  • 通気性に富んだキャンプ道具(シュラフ)
  • 価格
  • 3980円(税込)
  • 2780円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 封筒型
  • マミー型
  • マミー型
  • サイズ
  • 220cm×85cm
  • 240cm×80cm
  • 220cm×80cm
  • 最大身長
  • 220cm
  • 240cm
  • 220cm

「キャンプ道具のおすすめ(シュラフ)」は下記の記事で紹介しています。選び方や使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

キャンプ道具のおすすめ【シュラフマット】3選

家族向けのシュラフマットおすすめ

第3位

ロゴス(LOGOS)

(超厚)セルフインフレートマット・DUO 72884140

価格:11,722円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直接口で空気を入れない衛生的なキャンプ道具(シェラフマット)

角に付いているバルブを回すだけで、自動的に空気が入る簡単なキャンプ道具(シェラフマット)です。口を付けて空気を含まない分、衛生的でキレイな状態を保てます

 

極厚で体にしっかりとフィットすることで、心地よい眠りを誘ってくれるでしょう。

サイズ幅135×奥行190×高さ5cm重量3.8kg
材質ポリエステル・ウレタンフォーム

口コミを紹介

キャンプ用に買いました。
程よい厚みで地面の凹凸が全く気になりません!
体重25キロの犬と一緒に寝ていますが、先にテントに入った犬がマットの上に陣取り退いてくれません。
後片付けも楽で買ってよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

コールマン(Coleman)

キャンパーインフレーターマット/W 2000013057

価格:10,006円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

たたみっぽいデザインがおしゃれなキャンプ道具(シュラフマット)

4cmという心地よい厚さで、体をしっかりと守ってくれるキャンプ道具(シュラフマット)です。グリーンで一見するとたたみっぽいデザインが、和テイストで懐かしさを醸し出します

 

キャップを開くと自動で空気が入る為、初心者でも簡単に使えて便利です。

サイズ約195×130×厚さ4cm重量約3.5kg
材質ポリエステル・ポリウレタンフォーム

口コミを紹介

持っていたインフレーターマットが薄くて、ヘルニア持ちなので、これを店頭で寝て確かめてからアマゾンで注文しました。
気温が一桁の日でも、寝心地は最高に良くて、やっぱり買って良かった〜と心底思いました。腰痛も底冷えも全く無かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

DOD(ディーオーディー)

キャンピングマット CM2-64

価格:5,364円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インフレータブル方式採用のキャンプ道具(シュラフマット)

エアバルブをゆるめて地面に広げるだけで、空気を吸って膨張するインフレータブル方式を採用しているキャンプ道具(シュラフマット)です。大人2人が並んで寝ることができる特大サイズです。

 

一人で寝ればゆったり眠れて、ピクニックや野外でのレジャーシートとしても重宝します。

サイズ180×112×3cm重量2.2kg
材質表面:190T ポリエステル+PVCコート

口コミを紹介

放っておいても空気が入っていくのは便利です。
最後は少し手動で空気を足した方が良いかも。
片付けるのは思ったより大変で付属の袋に入れるまでコンパクトにするのが結構難しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ道具のおすすめ【シュラフマット】比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5153742の画像

    DOD(ディーオーディー)

  • 2
    アイテムID:5153750の画像

    コールマン(Coleman)

  • 3
    アイテムID:5153768の画像

    ロゴス(LOGOS)

  • 商品名
  • キャンピングマット CM2-64
  • キャンパーインフレーターマット/W 2000013057
  • (超厚)セルフインフレートマット・DUO 72884140
  • 特徴
  • インフレータブル方式採用のキャンプ道具(シュラフマット)
  • たたみっぽいデザインがおしゃれなキャンプ道具(シュラフマット)
  • 直接口で空気を入れない衛生的なキャンプ道具(シェラフマット)
  • 価格
  • 5364円(税込)
  • 10006円(税込)
  • 11722円(税込)
  • サイズ
  • 180×112×3cm
  • 約195×130×厚さ4cm
  • 幅135×奥行190×高さ5cm
  • 重量
  • 2.2kg
  • 約3.5kg
  • 3.8kg
  • 材質
  • 表面:190T ポリエステル+PVCコート
  • ポリエステル・ポリウレタンフォーム
  • ポリエステル・ウレタンフォーム

「キャンプ道具のおすすめ(シュラフマット)」は下記の記事で紹介しています。選び方や使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

キャンプ道具のおすすめ【ジャグ】3選

家族向けのジャグおすすめ

第3位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

ジャグ クールヒッツ ツインコック ウォータージャグ

価格:2,856円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保冷・保温効果があるキャンプ道具(ジャグ)

保温だけでなく、保冷機能も搭載したキャンプ道具(ジャグ)です。たっぷり10リットル入る為、家族用として重宝します。

 

注水や洗浄に便利な広口タイプで常に清潔であり、高密度ウレタンフォームが断熱材に使用されていることで冷めにくいです。ハンドル付き・折りたためる三脚タイプで持ち運びしやすい点もポイントでしょう。

タイプハードタイプ容量10L
素材アルミニウム・ポリプロピレン保温45度以上24時間

口コミを紹介

二階でsseikstuをしているので、水を飲みたいとき一回に降りないといけませんでした。
わんちゃんも三匹いるためペット用の水入れもすぐになくなり、不便で購入しました。
今は何度も一回に降りないでいいので、とても重宝をしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロキャン向けのジャグおすすめ

第2位

igloo(イグルー)

ウォータージャグ400S

価格:4,747円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンに重宝するコンパクトなキャンプ道具(ジャグ)

黄色カラーをベースに、赤いロゴがおしゃれなキャンプ道具(ジャグ)です。コンパクトサイズで、ソロキャンとして重宝するでしょう。

 

又、キャンプだけでなく、室内の会議の時にも大活躍すること間違いありません。

タイプハードタイプ容量7.5リットル
素材ポリエチレン保温-

口コミを紹介

他の方のレビューを見て、蛇口を変えた方がいいのか迷ってましたが結局そのまま使ってます。
普通に使えます。
キャンプ行くと結構持ってる人多いけどやっぱかわいい。

出典:https://www.amazon.co.jp

家族向けのジャグおすすめ

第1位

ピーコック魔法瓶工業

ステンレス キーパー 8.1L INS-80 H

価格:2,975円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレス製で丈夫なキャンプ道具(ジャグ)

ステンレス製で耐久性に富んだキャンプ道具(ジャグ)です。抗菌仕様で清潔感があり、スポーツ飲料にも適しています。

 

保冷・保温効果があって、夏でも冬でも冷たい・温かい飲み物が飲めて便利です。

タイプハードタイプ容量8.1L
素材ステンレス保温72度以上6時間

口コミを紹介

今までのプラスチック製のキーパーから買い換え。ステンレス製を初めて買ってまず思ったのが錆びにくい。光が反射してピカピカに見えるから外に持って行っても、いつまでたっても新品に見える。

出典:https://www.amazon.co.jp

キャンプ道具のおすすめ【ジャグ】比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5153777の画像

    ピーコック魔法瓶工業

  • 2
    アイテムID:5153785の画像

    igloo(イグルー)

  • 3
    アイテムID:5153791の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 商品名
  • ステンレス キーパー 8.1L INS-80 H
  • ウォータージャグ400S
  • ジャグ クールヒッツ ツインコック ウォータージャグ
  • 特徴
  • ステンレス製で丈夫なキャンプ道具(ジャグ)
  • ソロキャンに重宝するコンパクトなキャンプ道具(ジャグ)
  • 保冷・保温効果があるキャンプ道具(ジャグ)
  • 価格
  • 2975円(税込)
  • 4747円(税込)
  • 2856円(税込)
  • タイプ
  • ハードタイプ
  • ハードタイプ
  • ハードタイプ
  • 容量
  • 8.1L
  • 7.5リットル
  • 10L
  • 素材
  • ステンレス
  • ポリエチレン
  • アルミニウム・ポリプロピレン
  • 保温
  • 72度以上6時間
  • -
  • 45度以上24時間

キャンプ道具のおすすめ【調理器具】3選

ソロキャン向けの調理器具おすすめ

第3位

ユニフレーム(UNIFLAME)

UFシェラカップ300 チタン 668634

価格:1,629円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くて耐熱性があるチタン製のキャンプ道具(調理器具)

軽くて高熱にも強いチタン製のキャンプ道具(調理器具)です。300mlで飲み物を入れるのに適しており、1人でキャンプする人にぴったりでしょう。

 

メモリが付いている為、お米を測ったりなど計量カップとしての要素もあります。

サイズ119×175×41mm容量300m
素材本体:チタニウム・ハンドル:ステンレス鋼重量約50g

口コミを紹介

持ちやすく、軽い。作りも良い。
スノピよりもしっくりくる。
私には最高のシェラカップです。
結局4つ買いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

第2位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

ステンレスシェラカップ320ml ブルー UH-12

価格:1,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本製のキャンプ道具(調理器具)

金物の街として人気の燕三条で生産された、日本製のキャンプ道具(調理器具)です。容量は320リットルで、1人前の料理を作るのに適しています。

サイズ120×45mm容量320ml
素材ステンレス鋼重量-

口コミを紹介

炊飯をするのに吹きこぼれも少なくできて良いと思います
蓋は100円ショップセリアのデコレーションケーキ 丸型 大【底取】の底に穴開けして別の鍋蓋の取手をつけて使用しました

出典:https://www.amazon.co.jp

家族向けの調理器具おすすめ

第1位

スノーピーク(snow peak)

チタン シェラカップ E-104

価格:2,090円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メモリ・耐熱タイプのキャンプ道具(調理器具)

メモリが付いたものや耐熱タイプは、キャンプ道具(調理器具)の鉄則です。又、軽いと持ち運びしやすく、家族向けのキャンプ・バーベキューなどに最適でしょう。ハンドル形状が独特で、持ちやすいと定評がある商品です。

サイズ直径120mmx45mm容量310ml
素材チタニウム重量39.5g

口コミを紹介

ソロキャンプの時、コーヒー紅茶やスープを飲むために少しだけお湯を沸かしたい時に使ってます。
直火にかけられるので非常に便利です。チタン製は軽くていいです。
シェラカップを買ったのは初めてなので、この製品が特に秀逸なのかは分からないですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

「キャンプ道具(調理器具)」は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

 

キャンプ道具のおすすめ【調理器具】比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5153811の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 2
    アイテムID:5153818の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 3
    アイテムID:5153825の画像

    ユニフレーム(UNIFLAME)

  • 商品名
  • チタン シェラカップ E-104
  • ステンレスシェラカップ320ml ブルー UH-12
  • UFシェラカップ300 チタン 668634
  • 特徴
  • メモリ・耐熱タイプのキャンプ道具(調理器具)
  • 日本製のキャンプ道具(調理器具)
  • 軽くて耐熱性があるチタン製のキャンプ道具(調理器具)
  • 価格
  • 2090円(税込)
  • 1200円(税込)
  • 1629円(税込)
  • サイズ
  • 直径120mmx45mm
  • 120×45mm
  • 119×175×41mm
  • 容量
  • 310ml
  • 320ml
  • 300m
  • 素材
  • チタニウム
  • ステンレス鋼
  • 本体:チタニウム・ハンドル:ステンレス鋼
  • 重量
  • 39.5g
  • -
  • 約50g

キャンプ道具のおすすめ【テーブル】3選

家族向けのテーブルおすすめ

第3位

KingCamp

アウトドア テーブル

価格:10,240円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

竹で作られた柔軟性に富んだキャンプ道具(テーブル)

竹で作られているのが特徴的なキャンプ道具(テーブル)です。柔軟性に富んだ素材で、風合いとともに長く愛用できるのが魅力的でしょう。

 

防水加工もされていることで、突然の雨でも焦る心配がありません。

サイズ幅100×奥行65×高さ42/65cm重量6.8kg
材質竹・アルミ

口コミを紹介

久しぶりにバッチリだと思った商品が届きました。

車内で作業するためのアイテムの中で一番しっくりきた商品です。
小傷も付いてなくて、とてもキレイで頑丈そうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロキャン向けのテーブルおすすめ

第2位

Moon Lence

キャンプ テーブル

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロータイプ・耐久性ばつぐんのキャンプ道具(テーブル)

ロータイプのテーブルで、耐久性にも優れているキャンプ道具です。フット部分が筋違いになっていることでグラグラせずに安定感があります。

サイズ幅56×奥行40×高さ36cm重量1.6kg
材質アルミ

口コミを紹介

ちょうどいい高さでした。
A4くんと囲炉裏のように使えそうです。

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

SOTO(ソト)

ポップアップソロテーブル フィールドホッパー ST-630

価格:5,120円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトにたためるキャンプ道具(テーブル)

コンパクトに折りたためるフォールディングタイプのキャンプ道具(テーブル)です。一人用・初心者向けに適しています。

 

何よりも組み立て・収納がしやすく、使わない時に邪魔にならないのが魅力的です。

サイズ幅29.7×奥行21.0×高さ7.8cm重量0.395kg
材質アルミ・ステンレス

口コミを紹介

バイクでキャンプの荷物を軽量化&収納コンパクト化のためにテーブルをこれにしました。
アルミ風防リフレクターを一回り大きくした程度で、ツーリングバッグにはどこにでも忍ばせれます。また、ヒップバッグにも入ります。
パタッと広げてパタッと仕舞えるため、設置や撤収も楽になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

「キャンプ道具(テーブル)」は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

キャンプ道具のおすすめ【テーブル】比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5153835の画像

    SOTO(ソト)

  • 2
    アイテムID:5153844の画像

    Moon Lence

  • 3
    アイテムID:5153849の画像

    KingCamp

  • 商品名
  • ポップアップソロテーブル フィールドホッパー ST-630
  • キャンプ テーブル
  • アウトドア テーブル
  • 特徴
  • コンパクトにたためるキャンプ道具(テーブル)
  • ロータイプ・耐久性ばつぐんのキャンプ道具(テーブル)
  • 竹で作られた柔軟性に富んだキャンプ道具(テーブル)
  • 価格
  • 5120円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 10240円(税込)
  • サイズ
  • 幅29.7×奥行21.0×高さ7.8cm
  • 幅56×奥行40×高さ36cm
  • 幅100×奥行65×高さ42/65cm
  • 重量
  • 0.395kg
  • 1.6kg
  • 6.8kg
  • 材質
  • アルミ・ステンレス
  • アルミ
  • 竹・アルミ

キャンプ道具のおすすめ【チェア】3選

家族向けのチェアおすすめ

第3位

キャンパーズコレクション

山善 EXT-B35(GY)

価格:3,544円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイド設計のキャンプ道具(チェア)

コンパクトで持ち運びに便利なキャンプ道具(チェア)です。ゆとりのあるワイド設計のベンチで、数人が座れます

 

丈夫な角フレームを採用していることで、耐久性に富んでおり長く愛用できます。

収納方式収束式重量2kg

口コミを紹介

小さく収納できるので車に常時入れてます。キャンプにバーベキューに重宝してます。5秒程度で使用、収納できます。あるときは荷物置きに、あるときは子供のベッドに!
さすが山善さん、品質はしっかりしてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロキャンプ向けのチェアおすすめ

第2位

SOLCION

パタット180 PATATTO180 PT1802

価格:1,626円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで折りたためるキャンプ道具(チェア)

コンパクトに折りたためる簡易性のキャンプ道具(チェア)です。持ち運びに便利なのに耐久性もあって、災害時などでも重宝します。

 

耐水性や汚れも落としやすい点で、長く愛用できるのが魅力的です。

収納方式折り畳み式重量0.29kg

口コミを紹介

子供に靴を履かせるのにちょうどいい椅子がないか探していました。座面の高さも玄関に置くサイズ的にピッタリで、とても気に入りました!

出典:https://www.amazon.co.jp

第1位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

アウトドアチェア

価格:1,093円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーバリエーション豊富なキャンプ道具(チェア)

カラーバリエーションが豊富で、好きな色を選べるキャンプ道具(チェア)です。ドリンクホルダーが付いている為、そのままペットボトルを入れておけます。

 

軽くて折りたためて、持ち運びしやすい点でも人気の商品となっています。

収納方式折りたたみ式重量2.3kg

口コミを紹介

グリーンを買いました。写真の様なパステル風な色ではなく、明るい緑です。
身長170㎝位の方だと座面が低く、座り心地が良く感じないかも知れません。
160㎝の自分にはピッタリの高さです。

出典:https://www.amazon.co.jp

「キャンプ道具のおすすめ(チェア)」は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみてください。

キャンプ道具のおすすめ【チェア】比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5153857の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 2
    アイテムID:5153864の画像

    SOLCION

  • 3
    アイテムID:5153869の画像

    キャンパーズコレクション

  • 商品名
  • アウトドアチェア
  • パタット180 PATATTO180 PT1802
  • 山善 EXT-B35(GY)
  • 特徴
  • カラーバリエーション豊富なキャンプ道具(チェア)
  • コンパクトで折りたためるキャンプ道具(チェア)
  • ワイド設計のキャンプ道具(チェア)
  • 価格
  • 1093円(税込)
  • 1626円(税込)
  • 3544円(税込)
  • 収納方式
  • 折りたたみ式
  • 折り畳み式
  • 収束式
  • 重量
  • 2.3kg
  • 0.29kg
  • 2kg

キャンプ道具が高いと思ったらレンタル利用がおすすめ

キャンプ用品はとても高額であり、年に数回程度であれば買うのを躊躇してしまうかもしれません。又、初めは自分の好みも分からない為、買ってから後悔することもしばしばです。

 

そんな人におすすめなのがキャンプ道具のレンタルで、好みの用具やデザインなど見つかるまで何度でも試すことができます。ムダな買い物をすることがなく、コスパにもつながるでしょう。

 

最近ではネットで手軽にレンタルできるサイトもあり、好きな時に借りられて便利です。初心者向けからプロ仕様まで揃っており、見ているだけで楽しくなってきます。

キャンプ道具を揃えて、非日常を楽しもう

今回は、編集部イチオシ商品やキャンプ道具の選び方、更に種類別おすすめ商品やレンタルサイトについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。キャンプ道具と言っても種類が豊富で、揃えるのに時間やお金がかかります。まずはレンタルサイトなどを利用しながら自分に合った道具を選び、非日常生活を堪能しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ