記事ID139641のサムネイル画像

【あったかぐっすり】敷き毛布のおすすめ人気ランキング10選

快眠を得るために人気な敷き毛布敷きパッドとも呼ばれる敷き毛布ですが、冬用だけでなく春や夏用としても使えるようなオールシーズンタイプの敷き毛布もあります。そんな敷き毛布を選び方のポイントやおすすめメーカー、おすすめ製品などを特集してご紹介します。

敷き毛布のメリット

選び方やおすすめ商品のまえに、敷き毛布にはどんなメリットがあるのか確認しておきましょう。

快眠を得るアイテムとして活躍

敷き毛布とは、その名の通り敷き布団やベッドシーツの上に敷く寝具です。敷き毛布を導入するメリットは、体温調節に画期的であることです。快眠を得るためには適切な体温調節が重要と考えられており、敷き毛布にはそれに適した設計で作られています。

秋や冬用の敷き毛布には、体が冷えないように保温性に優れた素材が使われた製品、夏用ではひんやりとした冷感素材が使われている製品など、季節に応じて適切な温度が保てる敷き毛布が揃っています。

また、敷き毛布は体に当たる寝具なため肌触りに優れる素材が使われているほか、寝汗などからシーツを守る役割も持ちます。冷暖房のように電気代を必要としないため、電気代を節約したい人にも画期的な寝具なのが敷き毛布なのです。

ベットパッドとの違い

敷き毛布によく似ている製品として、ベッドパッドという製品があります。寝汗からシーツを守るという役割は一緒なのですが、大きく違う点として肌にベットシーツの下に引くので肌に直接触れない点が挙げられます。

ベットシーツとマットレスの間にベッドパッドを入れることによって、マットレスが寝汗などで汚れることを防ぐほか、クッション性に優れるベッドパッドを使用すれば寝心地の良さの向上にも繋がります。

総評すると、ベッドパッドはマットレスの保護とクッション性による寝心地の向上、敷き毛布は温度調節と肌触りの良さといった違いになります。間違えないようにしましょう。

敷き毛布の選び方

敷き毛布のメリットを確認できたうえで、敷き毛布の選び方を見て行きましょう。

素材で選ぶ

敷き毛布に使われている素材はさまざまあります。使用されている素材によって使用感や特徴、メリットやデメリットが変わってきます。それぞれ確認していきましょう。

肌触りと保温性に優れるマイクロファイバー

マイクロファイバーは、ポリエステルなどを素材として使っており、超極細繊維による肌触りの良さと保湿性に優れるのがメリットです。また、マイクロファイバーが使われた敷き毛布は比較的価格がお手頃なのもポイントです。

マイクロファイバーはご自宅の洗濯機で洗濯が可能なので、お手入れがラクに済むというというのも利点です。反面、寝汗や肌の皮脂といった汚れを吸収しやすいという性質を持ちます。定期的な洗濯をおこたると雑菌などが繁殖してしまう事も考えられます。

肌触りの良さとお手頃な価格から高い人気を得ているマイクロファイバーですが、その分定期的なメンテナンスはしっかり行うようにしましょう。

肌がデリケートな人にもおすすめなフランネル

フランネルは非常に柔らかい素材で、赤ちゃんなど肌がデリケートな人にも使えるほど肌触りが良いのが特徴です。フランネルは肌触りだけでなく保温性にも優れており、敷き毛布だけでなく衣服やシーツにも用いられている素材です。

ふわふわとした肌触りでとにかく使用感の良い素材ではありますが、反面マイクロファイバーと違って洗濯時に注意が必要なのが難点です。フランネルは摩擦に非常に弱く、普通に洗濯機に掛けると毛玉になってしまうこともあります。

洗濯機にかけるときは、ネットに入れる・柔軟剤やオシャレ着洗剤を使うといった工夫をするようにしましょう。

高い保温力で冬用に適したアクリル

アクリルは、ウールによく似た性質を持つ合成繊維素材です。アクリル素材は保温性の高さに秀でており、セーターなどの冬用衣服にも良く使われている素材です。アクリル製の敷き毛布もその例に漏れず、保温性の高さが一番の特徴です。

より保温性の高い敷き毛布を探している場合は、中綿がたっぷり入ったボリュームのあるアクリル製敷き毛布を選ぶのがおすすめです。反面、自宅で洗濯ができないといったデメリットもあるので、お手軽さを重視するのであれば薄い敷き毛布を選ぶと良いでしょう。

その保温性の高さから、冬用の敷き毛布を選ぶときにはアクリルが使われているかどうかが重要な判断材料となるでしょう。

オールシーズンタイプの綿

布団や座布団・タオルなどに用いられる綿は、吸水性に優れており寝汗などを効率よく吸収してくれる効果に期待ができます。また、保湿性があまり高くない点も特徴で、夏から冬までオールシーズン使いやすい敷き毛布が多い事も綿素材の特徴です。

反面、前述した通り保温性があまり高くない為、本格的に寒い冬場になってくると寒さを感じてしまう事も考えられます。その場合は、保温性に優れるセラミック綿が使われた敷き毛布を選ぶと良いでしょう。

綿で出来た敷き毛布は、ご自宅で洗濯が手軽にできる事・価格が比較的お手軽な事もポイントですね。

機能性で選ぶ

敷き毛布の機能性で選んでみるのも重要な項目の一つです。例えば冷え性の人であれば、体の中まで温められる遠赤外線効果のある敷き毛布がおすすめですし、吸湿発熱効果のあるヒートテックなどもおすすめです。

ほかには電気を使用することで、温熱治療と電位治療ができる家庭用医療機器タイプの敷き毛布もおすすめです。価格が数十万程度と非常に高コストなものの、冷え性や頭痛・不眠といった効果をうたっている製品も多く、愛用者が多いタイプになります。


寝汗を書きやすい人は吸汗性が重要

人によっては代謝が強く、寝てる時の寝汗が多い人も多いでしょう。特に夏場など暑い季節は発汗量も増えるのも当然ですが、気温が熱くない時でもおおよそ500ml程度の汗をかくと言われています

寝汗対策の敷きパッド選びで大切なのは、吸汗性に優れる素材が使われた製品を選ぶのがポイントです。具体的には綿やウールが使われた敷きパッドがおすすめです。

また、寝汗が多いとその分敷きパッドのお手入れの頻度も増えると考えられるので、お手入れも欠かさずするようにしましょう。

メーカーで選ぶ

さまざまなメーカーが敷き毛布を販売していますが、メーカーごとにそれぞれ特徴なども変わってきます。一部のメーカーをピックアップしてご紹介いたします。

コストパフォーマンスの良いニトリ

「お、ねだん以上」のキャッチフレーズで有名なニトリは、北海道に本社を構えるインテリア小売り企業で、国内でも世界でも多数のチェーンストアが存在する世界的に有名なメーカーです

そんなニトリの敷き毛布は、キャッチフレーズ通りのコストパフォーマンスの良さが特徴です。1000円弱程度で購入できる価格の敷き毛布でありながら、保温性は抜群という声も多数挙がっており、値段を抑えつつ暖かさを両立したい人におすすめです。

また、ニトリは電気式の敷き毛布も販売しており、そちらも本体価格が比較的安価ながら電気代も高くなりにくいことで好評を得ています。

子供向きな敷き毛布が揃うしまむら

しまむらの敷き毛布は、数ある敷き毛布の中でも価格が安く、プチプラであることで好評を得ています。また、しまむらの敷き毛布はキャラクター性に富んだデザインが多く描かれている製品が多く、総じて子供用として適した敷き毛布が多い印象を受けます。

コストを抑えつつも、肌触りにこだわった素材が使われていたり、吸湿発熱素材が使われていたりと価格以上に機能性に富んだ製品が多いです。コストパフォーマンスを重視したい人は、ニトリかしまむらの敷き毛布から選んでみてはいかがでしょうか。

イタリアデザインのカルドニード

カルドニード(CALDO NIDO)は、暮らしの中で深呼吸をキャッチコピーとして掲げる国内企業「ディーブレス」のブランドです。国内のブランドですが、カルドニードの敷き毛布はイタリアデザインが取り入れられており、ほかにはないオシャレさがポイントです。

デザイン性の高さだけでなく、ヒートテック素材として知られるレーヨンとアクリルが使われており、軽量さと保温性に優れていることもポイント。また素材ゆえに手軽に洗濯機に掛けられるのも人気の理由の一つです。


敷き毛布の人気ランキング10選

第10位

こだわり安眠館

敷きパッド

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

やわらかなフランネルが使われた敷き毛布

こちらのこだわり安眠館の敷き毛布は、やわらかなフランネルが使われています。使用している布団や掛け毛布と併用することで、保温性の向上と肌触りの良さを体感することができますよ。

また、寝室のインテリアにこだわっている人にとっても、雰囲気を損ないにくいシンプルなデザインな事も特徴です。ネイビーのほかにブラウンと言ったカラーリングを備えており、お好みのカラーを選べるのも特徴ですね。

注意点として、フランネル素材が使われているため、洗濯時には注意が必要です。具体的には柔軟剤は使わないようにし、洗剤は無蛍光洗剤などを使うようにしましょう。ほかの洗濯物との摩擦を避けるため、ネットの中に入れるのも忘れないようにしましょうね。

サイズ幅100×奥行205cm重量1.0kg
素材ポリエステル
第9位

ニトリ

Nクールスーパー

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ひんやり感が味わえるニトリ製敷きパッド

ニトリの「Nクールスーパー」は、触った時にひんやりとした感覚が楽しめる夏向きの敷きパッドです。同メーカーの類似品として「Nクール」がありますが、そちらよりもクール感が強いのが「Nクールスーパー」の特徴です。

各ECサイトの口コミでも、クール感の強さが好評を得ており、中には冷房が要らないほどのクールさが感じられたという声も挙がっています。反面、毛玉ができやすいこと・肌触り面では劣る事も挙がっているので、その点は注意しておきましょう。

サイズ幅100×奥行200cm重量1.1kg
素材-
第8位

Merssa Home

敷きパッド

価格:3,880円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅で手軽に丸洗いできるフランネル製敷きパッド

こちらの敷き毛布は、肌触りの良さ・保温性の良さに優れるフランネル素材で構成されているのにも関わらず、手軽に洗濯機が丸洗いが出来るという手軽さを備えています。口コミにおいても、洗濯機で手軽に洗えた・洗濯しても劣化しなかったという声が多数挙げられています。

抗菌・防臭・防ダニ加工がされているのも特徴で、価格も比較的お手頃なのも嬉しいポイント。二年間の品質保証がついているのも安心できますね。

サイズ幅160×奥行200cm重量-
素材フランネル、ポリエステル
第7位

ABOMATE

敷きパッド

価格:3,200円(税込)

Amazonで詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールシーズンタイプの敷きパッド

ABOMATEの敷きパッドは、春から冬にかけて、オールシーズン使えるような敷き毛布を探している人におすすめです。表面の生地は吸湿発散性に優れる綿と柔らかさと反発性を備えるポリエステル繊維で出来ており、寝汗からの保護と程よい硬さを備えます。

中綿にはポリエステル中綿が使われており、クッション性と保温性の向上に繋がっています。抗菌・防臭・防ダニ加工がされているのも特徴で、耐久性にも優れます。一年間の長期保証が付いているのも安心できるポイントですね。

サイズ幅100×奥行200cm重量-
素材ポリエステル
第6位

カルドニード

ノッテ 敷き毛布

価格:8,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イタリアデザインでおしゃれなカルドニードの敷き毛布

カルドニードの「ノッテ 敷き毛布」は、イタリアデザインのオシャレさと高級さを感じさせる敷き毛布です。デザイン性の高さだけでなく機能性のも優れており、日本の毛布職人がこだわり抜いて作成したことにより格別の柔らかさが特徴です。

柔軟性のほかに、保温性の高さや吸湿性の高さも優れており、あらゆる面でハイスペックに仕上がった敷き毛布と言えるでしょう。この機能性の高さを保ちつつ、手軽に洗濯機で洗える設計なのも嬉しいポイントです。

数ある敷き毛布の中でも比較的高価な敷き毛布にはなりますが、値段以上の仕事が活躍できるおすすめの敷き毛布です。

サイズ幅100×奥行205cm重量2.1kg
素材アクリル、レーヨン
第5位

こだわり安眠館

東京西川 あったか 敷きパッド

価格:5,478円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクリルで作られた冬用に適した敷き毛布

「東京西川 あったか 敷きパッド」は、アクリル100%で構成されており、保温性の高さが特徴です。特に気候が寒くなりがちな冬に打ってつけの敷き毛布であり、各ECサイトの口コミでも冬用として購入し今も愛用しているといった声が多数見かけられます。

また、敷き毛布には抗菌加工が施されており、清潔感を長く保つ工夫がされているのも特徴です。冬用の敷き毛布を探している人には一押しの製品と言っても過言ではないでしょう。

サイズ幅100×奥行205cm重量1.65kg
素材アクリル、ポリエステル、綿
第4位

Dorcy

敷きパッド

価格:2,299円(税込)

Amazonで詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

極細マイクロファイバーにより静電気の不安が少ない

Dorcyの敷きパッドは、極細マイクロファイバーが素材が使われており、静電気の発生を抑えた加工が特徴です。特に気候が寒くなりがちな秋や冬には空気が乾燥する分、静電気が発生しやすい為、就寝時の静電気に悩まされているような人におすすめです。

また、静電気からの保護だけでなく、吸湿性や保温性にも優れるほか、抗菌防臭設計・速乾性にも優れています。秋や冬用の敷き毛布を探している人には打ってつけの敷き毛布と言えるでしょう。

サイズ幅100×奥行200cm重量-
素材極細マイクロファイバー
第3位

Oseamaid

極細繊維シングル毛布

価格:1,990円(税込)

Amazonで詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い活用が出来るポリエステル製毛布

Oseamaidの「極細繊維シングル毛布」は、ポリエステル100%で構成された毛布になります。厳密には敷き毛布ではないのですが、敷き毛布として使っても高い適性を備えるので選ばせて頂きました。

軽量・保温性・肌触りの良さとあらゆる点で優れており、敷き毛布以外にブランケットやひざ掛けなど日常使いの毛布として幅広い活用が出来ます。もちろん敷き毛布としても活用ができ、肌触りの良さと保温性の高さが特に好評を得ています。

サイズ幅140×奥行200cm重量-
素材ポリエステル
第2位

クモリ(Kumori)

敷きパッド

価格:3,280円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広いカラーバリエーションを備えるフランネル製敷き毛布

クモリの敷きパッドは、極上の肌触りを体感できるフランネル素材と保温性を高めるボリューミーな中綿が使われた敷きパッドです。敷き毛布は熱を逃さない構成になっており、中で暖かい空気の層をつくる事で、より保温性の向上に繋がっています。

フランネル素材でありながら、手軽に洗濯機で丸洗いできる設計なのもポイントです。グレーやベージュ、ネイビーなどの幅広いカラーバリエーションを備えるほか、シングルサイズからキングサイズまで多数のサイズ違いを揃えているのも特徴です。

サイズ幅100×奥行200cm重量-
素材フランネル、ポリエステル
第1位

ナイスデイ

mofua(モフア) 敷きパッド

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シルクよりも細いマイクロファイバーで作られた繊細な敷き毛布

ナイスデイの「mofua(モフア) 敷きパッド」は、8㎛(マイクロメートル)という細いマイクロファイバーで作られており、シルクよりも細く繊細な肌触りを体感できる敷き毛布になっています。

その繊細なマイクロファイバーにより肌触りの向上のほかに、体全体を包み込むような保温性の高さ、静電気の発生抑制などにも繋がっています。ご自宅でも簡単に洗濯できる設計なのもあって、高い評価を得ている一押しの敷き毛布です。

サイズ幅100×奥行200cm重量0.82kg
素材ポリエステル

敷き毛布のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5126143の画像

    ナイスデイ

  • 2
    アイテムID:5126141の画像

    クモリ(Kumori)

  • 3
    アイテムID:5126140の画像

    Oseamaid

  • 4
    アイテムID:5126139の画像

    Dorcy

  • 5
    アイテムID:5126138の画像

    こだわり安眠館

  • 6
    アイテムID:5126137の画像

    カルドニード

  • 7
    アイテムID:5126135の画像

    ABOMATE

  • 8
    アイテムID:5126134の画像

    Merssa Home

  • 9
    アイテムID:5126133の画像

    ニトリ

  • 10
    アイテムID:5126132の画像

    こだわり安眠館

  • 商品名
  • mofua(モフア) 敷きパッド
  • 敷きパッド
  • 極細繊維シングル毛布
  • 敷きパッド
  • 東京西川 あったか 敷きパッド
  • ノッテ 敷き毛布
  • 敷きパッド
  • 敷きパッド
  • Nクールスーパー
  • 敷きパッド
  • 特徴
  • シルクよりも細いマイクロファイバーで作られた繊細な敷き毛布
  • 幅広いカラーバリエーションを備えるフランネル製敷き毛布
  • 幅広い活用が出来るポリエステル製毛布
  • 極細マイクロファイバーにより静電気の不安が少ない
  • アクリルで作られた冬用に適した敷き毛布
  • イタリアデザインでおしゃれなカルドニードの敷き毛布
  • オールシーズンタイプの敷きパッド
  • 自宅で手軽に丸洗いできるフランネル製敷きパッド
  • ひんやり感が味わえるニトリ製敷きパッド
  • やわらかなフランネルが使われた敷き毛布
  • 価格
  • 1980円(税込)
  • 3280円(税込)
  • 1990円(税込)
  • 2299円(税込)
  • 5478円(税込)
  • 8690円(税込)
  • 3200円(税込)
  • 3880円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 1999円(税込)
  • サイズ
  • 幅100×奥行200cm
  • 幅100×奥行200cm
  • 幅140×奥行200cm
  • 幅100×奥行200cm
  • 幅100×奥行205cm
  • 幅100×奥行205cm
  • 幅100×奥行200cm
  • 幅160×奥行200cm
  • 幅100×奥行200cm
  • 幅100×奥行205cm
  • 重量
  • 0.82kg
  • -
  • -
  • -
  • 1.65kg
  • 2.1kg
  • -
  • -
  • 1.1kg
  • 1.0kg
  • 素材
  • ポリエステル
  • フランネル、ポリエステル
  • ポリエステル
  • 極細マイクロファイバー
  • アクリル、ポリエステル、綿
  • アクリル、レーヨン
  • ポリエステル
  • フランネル、ポリエステル
  • -
  • ポリエステル

敷き毛布の洗い方

敷き毛布を長く使っていくためには適切な洗濯が必要不可欠です。敷き毛布の清潔さを保つためにも敷き毛布の洗い方を覚えておきましょう。

洗濯機を使う場合

敷き毛布の洗濯のさいは、まず敷き毛布の洗濯表示を確認しましょう。洗濯機が使える表記がされているのであれば、洗濯機の使用が可能です。その際に使う洗剤は、表記に適した洗剤を選ぶようにしたいですね。おすすめは染みこみやすくすすぎやすい液体洗剤がおすすめです。

また、敷き毛布の汚れがひどいときには、前処理として洗剤の原液を塗布しておきましょう。洗濯機に掛ける際は、ネットに入れてから洗濯機のモードを毛布や大物洗いコースなどを選んで洗うようにしましょう。 洗った後は、敷き毛布のゴムなどの劣化を抑えるために手早く乾かすようにしましょうね。

洗濯機を使わない場合

洗濯表記で洗濯機の使用が不可だったり、敷き毛布のサイズ的に洗濯機に入れられないといったこともあるでしょう。その場合は洗濯機を使わない洗い方をする必要があります。おすすめとしては、洗濯物を踏んで洗う足踏み洗いがおすすめです。

足踏み洗いを行う場合は、たらいなどを使用するのも良いですが、お風呂場の浴槽などを使用するのも手軽でおすすめですよ。使用している敷き毛布に合った洗濯方法を適切に選んでくださいね。

敷き毛布で節約しつつ快適に過ごそう

温度調節が出来るアイテムとして、クーラーやストーブ・ヒーターなどが真っ先に挙げられがちですが、電気代が掛かることがネックです。その点敷き毛布は手軽に温度調節が出来るほか電気代も掛からない為節約にもつながります。ぜひ敷き毛布を使って熟睡生活を過ごしてみて下さいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ