記事ID139626のサムネイル画像

【絵本が楽しくなる】3歳におすすめの絵本人気ランキング10選

言葉もたくさん話すようになった3歳は絵本の内容も理解でき楽しくなってくる年齢です。寝かしつけや読み聞かせに使っていた絵本を自分で読めるようになるのもこのころ。そんな3歳のお子さまにおすすめの絵本をご紹介していきたいと思います。

3歳は絵本が楽しくなる年齢です

幼稚園や保育園に通い始める3歳は言葉もたくさん話せるようになり自分でできることも増えてきます。それと同時に好奇心も知識欲も強くなります。「なんで?」「どうして?」そんな質問にママもパパも困ってしまうこともあるでしょう。

 

弟や妹が生まれたり、お友達も増えて人間関係も広がりいろんな感情が芽生え始めるからこそ絵本の物語が楽しめるようになります。今まではただ聞いていただけの絵本の世界を思う存分に楽しめる3歳こそ絵本をたくさん読ませてあげましょう。

3歳の絵本の選び方

それではここからは3歳におすすめの絵本の選び方をご紹介していきたいと思います。絵本選びに迷ってしまったらこちらのポイントを参考にしてみてくださいね。

絵本のタイプで選ぶ

種類が多い絵本ですが、特徴やテーマによってさまざまなタイプに分けることができます。欲しい絵本のタイプを知っておくと選びやすくなるのでおすすめです。

世代を超えて愛されるロングセラー作品

どんな絵本にすればいいのかわからないと迷ってしまったらまずはロングセラー作品にしてみましょう。ママやパパが子供のころに読んでいた懐かしい絵本。ロングセラーとなっているのには必ず理由があります。

 

幼い子供の心にすっと入り込んでわかりやすいお話はきっとお子様にとっても大好きな1冊となるはずです。ママやパパも読み返すことで新たな魅力を発見するかもしれません。シリーズ化しているものも多いので集めるのも楽しいですね。

昔から日本に伝わるお話

昔話と呼ばれている日本のお話の絵本もおすすめ。シンプルなストーリーで子供にもわかりやすくどの年齢が読んでも楽しめるというのも昔話のメリット。大切な気持ちや教訓などを伝えたい時にも最適です。

言葉で遊びながら覚える絵本

まだたくさんの文字を読めない3歳ですが言葉の楽しみは十分味わうことができます。響きやリズムで好きな言葉を見つけて楽しみながら言葉を覚えることができる言葉遊びの絵本もおすすめです。

 

リズミカルでテンポがある物語は、お子さまが真似をしやすくそこから言葉や名前を覚えていきます。絵本の内容を覚えて自分で読み始めるのもこのタイプの絵本。いろんなものをテーマにしていますのでお子さまのお気に入りをみつけてください。

お友達との関係を学べる絵本

幼稚園や保育園に入園してたくさんのお友達ができる3歳。集団生活の中で今まで感じたことがなかった気持ちも芽生えてくるでしょう。大好きなのにケンカもしちゃう。そんな気持ちも絵本を通して小さな心に寄り添ってくれる絵本はたくさんあります。

 

お友達だけではなく、ママのお腹に赤ちゃんができてお兄ちゃんお姉ちゃんになるそんな複雑な気持ちも絵本を通して小さな心に伝わることがあります。いろんな気持ちを感じられるようになったこの時期にはそんな絵本を読ませてみてはいかがでしょうか。

生活につながる絵本

挨拶、お手伝い、生活のルールなど3歳になったら少しずついろんなことを覚えていってほししいですよね。そんなママの願いをかなえてくれるのが生活につながる絵本。お手伝い、お料理、お買い物、いろいろなテーマの絵本が販売されています。

 

物語を通して知ったことを次は実践できるのもこのタイプの絵本の魅力。お子さまと一緒に絵本を見ながらいろんなことをしてみてくださいね。

何回読んでも楽しい仕掛け絵本

いろんなことが理解できる3歳ですから仕掛け絵本もおすすめです。簡単な仕掛けから複雑な仕掛けまで種類も豊富です。簡単なものから始めて徐々に複雑なものにしていくのがおすすめです。仕掛け絵本は何回読んでも楽しい本。ひとりでも読めるのも嬉しいポイントですね。

 

絵本に興味がなかったり、すぐに飽きてしまうお子さまにも仕掛け絵本は最適。最初は仕掛け遊びをするだけでも何回もやっていくうちに物語がスッと心に沁み込んでいくはずです。

一緒に笑える楽しい絵本

ユーモアたっぷりの楽しい絵本もおすすめ。親子で、きょうだいで一緒に読んで笑える絵本は楽しい記憶にもなります。何回も読んでとせがまれた後は、自分でも読めるようになってみたら?と声をかけるのもおすすめ。大好きな絵本を読めるようになる楽しさも教えてあげましょう。

文字が多すぎず自分で読めることも大切

3歳はまだまだ字を読んだり書いたりすることがあまりできません。絵本から字を覚えたり名前を覚えたりしていきます。読み聞かせ絵本ではストーリー性のある文字がたくさん書かれた絵本がおすすめですが、自分で読ませたいなら文字が多すぎない絵本がおすすめ。

 

楽しいイラストを見ながら文字を覚えたり、ものの名前を覚えたり。読んでもらう絵本ではなく自分で読めるようになる絵本を選ぶのもおすすめ。数字や文字が楽しく学べる知育系の絵本も3歳にはおすすめです。

3歳の子供に寄り添った絵本

3歳と言えば自分で全てやりたがったり、イヤイヤ期だったりと自我が芽生え始める時期でもあります。寝なかったり、全てイヤイヤだったり、どうすればいいのかな?これはなんなんだろう…などなど子供の心情に合わせた絵本がたくさんあります。

 

絵本の中の主人公に自分を重ねて共感して笑ってしまうこともあるかもしれません。自分と似ているものを喜んだりする時期。ママとしてはちょっと困ったお悩みをテーマにした絵本にするとお子さまも何かを感じるかもしれませんね。

子供が興味がある題材の絵本にしてみましょう

絵本がとても好きなお子さまと、読んでいると飽きてしまうお子さまがいます。絵本に興味をもってほしいと思う時はお子さまの大好きなものを題材にしている絵本にしてあげましょう。

 

車・動物・お花・おもちゃ…。絵本にはたくさんの種類があります。題材もお話もたくさんあります。大人が読んでもらいたい絵本と子供が読みたい絵本はいつも一致するわけではありません。絵本に興味を示さない時は、お子さまの大好きなものが描かれているものを選んであげましょう。

3歳におすすめの絵本の人気ランキング10選

第10位

ひさかたチャイルド

どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)

価格:1,070円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「どうぞ」はやさしい心の合言葉

ウサギさんが小さな椅子を作って野原の木の下に置きました。そばに「どうぞのいす」と書いた立て札を立てて。初めにやってきたロバさんは椅子の上にドングルがはいったカゴを置いて一休み。そこへくまさんやキツネさんがやってきて…

 

うさぎさんの作ったどうぞのいすはやがて優しい心をつなげていきます。いすを巡って繰り広げられる優しさのリレー、最後のオチもほっこり。リズミカルなテンポで読み聞かせることができます。優しい心がお子さまにも伝わりますように。

サイズ単行本: 32ページ出版社ひさかたチャイルド
タイプ思いやり
第9位

新日本出版社

カンカンカンでんしゃがくるよ (のりものだいすき)

価格:842円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電車が大好きなお子さまにおすすめ

カンカンカン、踏切がしまります。たくさんの人を乗せて上りの電車が通ります。次はいろんな荷物をつんだ貨物列車が通ります。やっと踏切りがあきました。朝から夜まで踏切は大忙しです…

 

踏切を通過するいろんな電車を描いている絵本です。踏切視点の物語の進め方は珍しくそして面白い。この絵本を読んで踏切や電車に興味を持ったお子さまも続出。絵本が苦手なお子さまも大好きな乗り物のお話に興味を持ったとの声もありますのでおすすめです。

サイズ単行本: 23ページ出版社新日本出版社
タイプのりもの
第8位

ブロンズ新社

もう ぬげない

価格:1,078円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

思わず笑ってしまう絵本

お風呂に入る予定の男の子。お母さんが急いで服を脱がそうとしてひっかかったから脱げなくなりました。「ひとりでぬぐから!」とは言ってみたものの。「ずっとこのままだったらどうなるのだろう。でも何が何でも脱ぐんだ!」

 

試行錯誤しながら脱ぎますが全く脱げない。さて男の子は無事に服を脱ぐことができるのでしょうか…。服が脱げなくなった男の子目線で物語が進んでいきます。男の子特有の考え方行動全てが面白い絵本。

 

ヨシタケシンスケさんのクスっと笑える絵本はお子さまだけではなくママやパパにも大人気。お子さまと一緒に読みながら笑ってハマってください。

サイズ単行本出版社ブロンズ新社
タイプ生活
第7位

サンクチュアリ出版

ぜったいに おしちゃダメ?

価格:1,078円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アメリカ発大ヒット絵本

この絵本にはひとつだけルールがあります。「このボタンを押しちゃダメ」ということ。「押したらどうなるんだろう」「おしちゃおうか」不思議なモンスターは誘惑してきます。誘惑に負けてボタンを押すと…!?

 

子供の好奇心とイタズラ心をくすぐるアメリカ発大ヒット絵本です。やってはいけないと言われるとついついやってしまいたくなるのが子供ごころ。押したらどうなってしまうんだろう。一度開くとどんどん先が読みたくなる絵本です。

 

大人も子どもも楽しめる絵本で保育園でも子供たちに大人気。絵本がすぐに飽きてしまう子供も興味を持ったとの声も。家族みんなで楽しめる絵本です。

サイズ単行本: 32ページ出版社 サンクチュアリ出版
タイプ笑える
第6位

福音館書店

そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集)

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お友達の気持ちがわかるようになる絵本

そらまめくんの宝物は雲のようにふわふわで、綿のようにやわらかいベッド。だから誰にも貸してあげません。ある日、その大切なベッドがなくなってしまったからさあ大変。そらまめくんは必死でベッドを探しますがどこにもありません…。

 

色も形もかわいらしいお豆さんたちの物語です。そらまめくんのふわふわのベッドに他のお豆さんたちも寝てみたいのですがそらまめくんは貸してあげません。お子さまも大切なおもちゃをなかなかお友達に貸せないとお悩みのママさんも多いのではないでしょうか。

 

そらまめくんの気持ちもお友達のお豆さんの気持ちも両方わかる絵本。そらまめくんのようにお友達にも優しくなれますようにと願いを込めながら読み聞かせてあげたい1冊。

サイズ単行本: 28ページ出版社福音館書店
タイプ友達
第5位

白泉社

1日10分でちずをおぼえる絵本 改訂版 (コドモエのえほん)

価格:1,944円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

住んでいる場所はなんの形かな?

「えびのかたちはあおもりけん」「うさぎのかたちはかながわけん」「さめのかたちはかごしまけん」47都道府県を形で覚えるこどもの地図絵本です。この時期のお子さまは記憶力がよくどんなことでも吸収します。

 

物語の絵本もおすすめですが、地図や図鑑などの本もとてもおすすめ。都道府県をいろんな形で覚える方法なので遊びながら記憶することができます。「自分の住んでいる場所は何の形かな?」スタートはそこからでもOK。

 

地図だけではなく、マイページごとにクイズや迷路などもあり遊びながら自然と覚えられるように作られています。すぐに覚えられなくても何度も繰りかえすうちに自然と47都道府県が言えるようになるかもしれません。

サイズ単行本: 56ページ出版社 白泉社
タイプ知育
第4位

福音館書店

くだもの (幼児絵本シリーズ)

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

くだものの名前を覚える

みどりの大きなスイカが置かれています。ページをめくると「さあどうぞ」の言葉とともに三日月に切られた真っ赤なスイカが一切れ。ぶどうはきれいに洗われて、くりは皮をきちんとむいて。りんご・なし…最後のバナナは…!?

 

まずはまるごとの果物を見せ、次のページですぐに食べられる状態にしたものを出す。「さあどうぞ」とママが言ったら子供が「もぐもぐ」と食べる真似をする。そんなやりとりができる絵本です。

 

でも最後のバナナだけはちょっと違います。房から外しただけで「さあどうぞ」「バナナの皮むけるかな?」次に実際にバナナを食べる時は子供は大喜びでバナナの皮をむくでしょう。果物の名前を覚えることができる絵本です。

サイズ単行本: 24ページ出版社 福音館書店
タイプ食べ物
第3位

福音館書店

ぐりとぐら

価格:990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パパもママも懐かしい。ロングセラー絵本

ぼくらの名前はぐりとぐら。この世でいちばん好きなのはお料理することと、食べること。野ねずみのぐりとぐらは森で大きな卵を見つけました。何にしようか考えた末カステラを作ることに。でもあまりにも大きくて運べません。そこでその場で料理をすることになりました。

 

1963年にこどものとも誌上で発表されて以来日本だけではなく世界各国で愛されているぐりとぐらのお話。パパやママもきっと読んだことがあるのではないでしょうか。時代を超えても人気の絵本です。

 

ぐりとぐらは本書以降シリーズ化されており、クリスマスや海水浴などいろいろな場面でぐりとぐらの活躍を見ることができます。お子さまが気に入ったら少しづつ集めていくのもおすすめです。

 

サイズハードカバー: 28ページ出版社福音館書店
タイプロングセラー
第2位

ブロンズ新社

だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)

価格:2,754円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プレゼントにもおすすめ

「だ・る・ま・さ・ん・が」左右に動くだるまさん。ページをめくるとあらら!びっくり!大笑い!「だ・る・ま・さ・ん・の」めがねをかけただるまさんが登場。ページをめくるとあっと驚く展開に!「だ・る・ま・さ・ん・と」だるまさんのお友達も登場!

 

「だるまさんが」「だるまさんの」「だるまさんと」の3冊が入った絵本です。お子さまへの初めての絵本として人気があるシリーズで0歳のお子さまから大人まで笑ってしまいます。3歳の子供には簡単すぎるのではないかと思いがちですがテンポよく自分で読めるのでおすすめ。

 

弟や妹に自分で読み聞かせをさせてあげれるようになるかもしれませんね。絵本の楽しさが詰まった1冊。お友達やお孫さんへのプレゼントとしてもおすすめです。

サイズ単行本出版社ブロンズ新社
タイプ言葉遊び
第1位

偕成社

はらぺこあおむし

価格:1,320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めての仕掛け絵本におすすめ

日曜日の朝、ぽんとたまごから小さなあおむしが生まれました。あおむしはお腹がペコペコです。月曜日にはりんごをひとつ。火曜日にはなしをふたつ。水曜日にはすももをみっつ食べました。気づけば大きく太っちょになったあおむしは…!?

 

ロングセラー絵本のはらぺこあおむし。ページに穴のあいた仕掛けが特徴の絵本です。子供は穴の向こうをのぞいてみたりと穴の仕掛けで遊ぶことができます。簡単な仕掛け絵本なので初めてのお子さまにもおすすめ。

 

毎日たくさん食べて大きくなって蝶になるという希望に満ちたストーリーとおいしそうな食べ物にきれいな色彩はお子さまの印象にも残るはず。数や曜日が覚えられるのも嬉しいポイントとなるでしょう。

サイズハードカバー: 25ページ出版社偕成社
タイプ仕掛け絵本

3歳におすすめの絵本の商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5125786の画像

    偕成社

  • 2
    アイテムID:5125783の画像

    ブロンズ新社

  • 3
    アイテムID:5125781の画像

    福音館書店

  • 4
    アイテムID:5125779の画像

    福音館書店

  • 5
    アイテムID:5125774の画像

    白泉社

  • 6
    アイテムID:5125767の画像

    福音館書店

  • 7
    アイテムID:5125765の画像

    サンクチュアリ出版

  • 8
    アイテムID:5125763の画像

    ブロンズ新社

  • 9
    アイテムID:5125761の画像

    新日本出版社

  • 10
    アイテムID:5125760の画像

    ひさかたチャイルド

  • 商品名
  • はらぺこあおむし
  • だるまさんシリーズ「が・の・と」(3点セット)
  • ぐりとぐら
  • くだもの (幼児絵本シリーズ)
  • 1日10分でちずをおぼえる絵本 改訂版 (コドモエのえほん)
  • そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集)
  • ぜったいに おしちゃダメ?
  • もう ぬげない
  • カンカンカンでんしゃがくるよ (のりものだいすき)
  • どうぞのいす (ひさかた絵本傑作集)
  • 特徴
  • 初めての仕掛け絵本におすすめ
  • プレゼントにもおすすめ
  • パパもママも懐かしい。ロングセラー絵本
  • くだものの名前を覚える
  • 住んでいる場所はなんの形かな?
  • お友達の気持ちがわかるようになる絵本
  • アメリカ発大ヒット絵本
  • 思わず笑ってしまう絵本
  • 電車が大好きなお子さまにおすすめ
  • 「どうぞ」はやさしい心の合言葉
  • 価格
  • 1320円(税込)
  • 2754円(税込)
  • 990円(税込)
  • 972円(税込)
  • 1944円(税込)
  • 980円(税込)
  • 1078円(税込)
  • 1078円(税込)
  • 842円(税込)
  • 1070円(税込)
  • サイズ
  • ハードカバー: 25ページ
  • 単行本
  • ハードカバー: 28ページ
  • 単行本: 24ページ
  • 単行本: 56ページ
  • 単行本: 28ページ
  • 単行本: 32ページ
  • 単行本
  • 単行本: 23ページ
  • 単行本: 32ページ
  • 出版社
  • 偕成社
  • ブロンズ新社
  • 福音館書店
  • 福音館書店
  • 白泉社
  • 福音館書店
  • サンクチュアリ出版
  • ブロンズ新社
  • 新日本出版社
  • ひさかたチャイルド
  • タイプ
  • 仕掛け絵本
  • 言葉遊び
  • ロングセラー
  • 食べ物
  • 知育
  • 友達
  • 笑える
  • 生活
  • のりもの
  • 思いやり

絵本を読んであげる時のポイント

親子の心のふれあいができる読み聞かせ。お子さまはパパやママに絵本を読んでもらうのが大好きです。しかしどんな風に読んであげればいいのかわからないという声も聞かれます。そこで絵本を読むときのポイントを二つご紹介しましょう。

お気に入りの絵本は何度も読んであげましょう

3歳のお子さまは自分が気に入った絵本を何度も読んで欲しいと持ってきます。もっといろんな本を読んでほしいと思うのが親心ですが、どうか何度も読んであげてください。繰り返し読むことでわからなかったことがわかるようになり自分の力で発見することもあります。

 

そして大きくなった時、その絵本を見た時に「この絵本大好きだったな」「この本たくさん読んでもらったな」と思い出すようになります。絵本を子供と一緒に読む時期は限られています。短い時間ですが子供にとっては大切なあたたかい気持ちになる思い出となります

本を好きになってもらうためには

子供を本嫌いにしてしまうのは「早くから文字を教える」「自分で読ませる」「読み終えたら感想を聞く」この3つであると言われています。自分で読むことも文字を覚えることもお子さまが興味を持ち始めたら自然とすることでやらせることではありません。

 

読んでもらうことで言葉を耳から聞き、絵を読むことが大切。読んでいる途中に質問をしたり読み終わった後すぐに感想を聞かず丁寧に心を込めて読み聞かせてあげることが大切です。読み聞かせることで人の話を聞く力とものをみる目が養われ心が豊かに育ちます。

記憶に残る絵本を見つけてあげましょう

3歳におすすめの絵本をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。3歳はいろんなことが理解し始める時期。絵本の世界を楽しめるようになります。大人になっても記憶に残る大好きな1冊を見つけてあげてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ