記事ID139565のサムネイル画像

【2019年最新版】初心者必見のバドミントンシューズ人気おすすめランキング10専

種類が豊富なバドミントンシューズ。ついついどれを選ぶか迷ってしまいますよね。そこで、ここではバドミントンシューズを人気メーカーやサイズ感、形状や素材などを考慮し、おすすめ商品を紹介します。これからバトミントンを始める人も新しいものに買い換えたいと思っている人にも必見です。

バドミントンシューズのサイズの注意点

バトミントンはフットワークが重要なスポーツです。サイズがあっていないとそのフットワークにも大きな支障をもたらしてしまいます。ここではサイズ選びの注意点を紹介します。

0.5~1.5cmほど大きめのサイズを選ぼう

普通の靴であればもっと余裕を持って履くことが普通なのですが、バドミントンは特に俊敏な動きを常時しなければならないスポーツになっています。そのためある程度シューズとの密着度は必要になります。かといって、ぎゅうぎゅうでも動きずらいです。

 

結果的に最もちょうどいいサイズの選び方としては0.5~1.5cmほど隙間を空けられるほどがベストと言えるでしょう。締め付けすぎも良くないですが、スペースの空けすぎも爪を剥がしたりとリスクが生じるのでちょうどいいサイズ感を知っておくことは重要です。

足の幅のサイズもチェック

足の縦幅はぴったりでもなく余裕を持ちすぎるわけでもないことがわかりましたが、足の横幅に関しても同様のことが言えます。むしろ縦幅よりもぴったり感を重視してもいいでしょう。サイドステップを多用するスポーツなのでゆとりがありすぎるのはよくありません。

 

靴の中で足がずれたり、捻挫が起きやすかったりとでめりとが多いです。サイズ感でいうと0.5~1.0cm未満といったところでしょう。これ以上スペースを与えてしまうとシューズの中で必要以上に足が動いてしまうので違和感を覚えながらのプレーに繋がってしまうのです。

 

参考程度ですが、シューズの横幅を表す表記方法としてEを使っています。標準となるサイズが3Eとなっており、数字が大きくなるほど横幅が広くなっていくという仕組みになっています。

バドミントンシューズの選び方

サイズ感がわかった後は実際にバドミントンシューズを選びましょう。しっかり選んで、充実したバドミントンライフを過ごせるようにしましょう。

形状で選ぶ

バドミントンシューズにはミッドカットとローカットの2種類が存在します。それぞれの特徴を紹介していきます。

ミッドカット

ミッドカットの特徴は怪我をしにくいという点にあります。足の入れ口が深くなっているので鹿kりと足を固定したままプレーをすることができます。そのためプレー中の激しい動きによる捻挫などの怪我をしっかり防止してくれるのです。

 

高いホールド力が怪我をしっかり防止してくれるので、まだバドミントンを始めたての初心者におすすめの形状となっています。ただし、サイズ感が大きく影響する形状になっているので自分にあったサイズを選ばなければ、その特徴を殺してしまうことになってしまいます。

ローカット

ローカットの特徴はフットワークに優れているという点です。足の入れ口が浅めに作られており、くるぶしが見えるような形状になっています。軽量なので軽やかなステップをすることができます動きやすさを重視している人におすすめです。

 

ある程度バドミントン経験を積んでいる人でしっかりと使いこなすことができれば、最高のプレーの手助けとなってくれることでしょう。

時期によって変化?素材から選ぶ

素材に関しては通気性や耐久力などに直接影響する部分になります。使う時期や場所などによって素材の良し悪しが変わってきます。自分のバドミントン環境にあった素材を選びましょう。

メッシュ素材

メッシュ素材の特徴は通気性に優れているというところにあります。特に蒸れや熱のこもりやすい夏場の使用に向いています。足への不快感をなるべく少なくしてくれる爽快感のある素材となっています。

 

さらに軽さも備えているため軽いフットワークを可能にしてくれます。不快感の少ない軽やかなシューズを求めている人はメッシュ素材を選びましょう。しかし、耐久力はないのでしっかりとメンテナンスをしてあげることが長く付き合っていく上でのポイントです。

人工皮革

人工皮革素材は耐久力が特徴となっています。激しいステップなどにもしっかりと対応しているので安定感も魅力です。耐久性の高さなどから練習用として使うことをおすすめします。耐久性と安定感は怪我の防止にも繋がってきます。

 

普段から使用頻度の多い人や練習用のものを探している人は人工皮革のバドミントンシューズを選ぶと良いでしょう。

足への負担を軽減する為にクッション性から選ぶ

クッション性を求めるのであれば、中敷き、つまりインソールにこだわる必要がありますインソールに衝撃吸収材を使用しているシューズであれば地面から跳ね返ってくる衝撃を吸収してくれるので腰や膝などの衝撃蓄積による怪我を防いでくれます

 

またフットワークを生かしたいのであれば軽めの衝撃吸収材を使用しているインソールを選ぶことでフットワークを損なうことなく衝撃にも強いシューズに仕上げることができます。インソールに関しては付け替えることができるので、クッション性の高いインソールに変えてあげることも大切です。

経験から選ぶ

バドミントン暦によってシューズを使い分けていくことも重要です。自分の身の丈にあったシューズを選ぶことで怪我の防止などにも繋がっていきます。

初心者、中級者は安定感を重視

中級者、特に初心者にはミッドカット形状そして人工皮革素材のものをおすすめします。これらの人はバドミントンに不慣れな人がほとんどでしょう。そんな人が軽さはともかく機能性などを重視しても、その機能性を使いこなすほど上達していないことが多いです。

 

そのため捻挫などの怪我を招き、モチベーションが下がってしまうということが目に見えています。もちろんシューズに関しては好みで選ぶことも重要ですが、自分の体のことなども考えると初心者は安定感のあるシューズを選ぶべきでしょう。

中級者や上級者は機能性を重視

上達してきた中級者や試合を本格的に行なっている上級者は機能性を重視していくべきです。フットワークを意識したローカット形状に軽さや快適さを意識したメッシュ素材などを選ぶと良いでしょう。

メーカーから選ぶ

しのごの言わず自分の好きなメーカーからエアラブというのも1つの手です。数多くあるバドミントンシューズの中で一気に選択肢を狭めることができるので選ぶのも楽です。また有名メーカーであれば品質も保証されています。

ヨネックス

バドミントンやテニスなどでは知らぬ人がいないほど人気メーカーのヨネックスです。シェア率も高く、安心して使うことができます。特徴はクッション性の高さにあります。そのため非常に疲れにくです。どのレベルの人にもおすすめのメーカーです。

ミズノ

日本人にあったシューズを展開しているミズノです。安心して日本人が使用することができますその特徴は軽さにあります。玄人好みの設計になっているものが多い印象ですが、もちろん初心者にも履きやすいエントリモデルも多く揃えています。

アシックス

ミズノ同様に日本人向けに作られているシューズを多く輩出しているアシックスです。その特徴は耐久力にあります。シューズを摩耗しやすい初心者や上級者の練習用として最も最適なシューズを多く揃えています。

バボラ

あまり聞き覚えのないメーカーのバボラ。2009年からバドミントンシューズ業界に参入してきた新しめのメーカーです。その特徴はデザイン性と軽さにあります。デザイン性の高さから若者に特に人気のあるメーカーです。これからも大注目のメーカーとなています。

バドミントンシューズの人気ランキング10選

第10位

MIZUNO

バドミントンシューズ

価格:4,389円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足入れ革命による最上級のフィット感

心地よい軽さとフットワークさを兼ねあわせたバドミントンシューズです。加えて跳ねるようなクッション性と軽量さもあるのではき心地も不快感を与えることなくスタイリッシュなプレーを実現してくれます。

 

軽さと柔らかさによる履きやすさが最も特出すべき特徴となっており、ヒール部分には反発性の高いミッドソール素材を使用しているので軽やか且つ俊敏なフットワークを可能にしてくれます。

 

バドミントンに最適な形状を追求した足入れ革命を採用しており、中級者から初心者まで対応した万能且つ高機能なバドミントンシューズに仕上がっています。

形状ローカット横幅3E
メイン素材人工皮革特徴クッション性/反発性
第9位

MIZUNO

バドミントンシューズ

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイドモデル

高みを目指すプレーヤーが求める本物を提供するウェーブシリーズの中でも最もスピードに重視したモデルとなっています。そのため軽量化がなされており、自然で癖のないフィット感と俊敏なフットワークを特徴に持っています。

 

靴底にはミズノウェーブと言われる波形のプレートを挟み込むことでクッション性と安定感を実現します。さらに高いグリップ力と耐久力を高めるXGラバーを採用します。反発力は向上させた上に、前モデルから10%軽量化を成功させたミッドドール素材を使用しています。

 

またシューズ内の快適さを保つために温度と湿度を下げる通気システムを設けることで快適さを実現します。4E相当のワイドモデルになっています。

形状ミッドカット横幅4E
メイン素材人工皮革特徴クッション性/安定感
第8位

YONEX

バトミントンシューズ

価格:9,900円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定感抜群のシューズ

パワークッションプラスを搭載しており素早い切り返しが俊敏なフットワークを可能にし、加えて初心者でも嬉しい安定感を重視した設計になっています。機能には保形力と耐摩耗性に優れるデュラブルスキンを採用し各部位を最適な形状に保ってくれます。

 

またTPUパーツの外側を大型化することで、屈曲性を保ったまま外側へのねじれにしっかり対応できるほどの剛性を有しています。ニット素材で表面部分と履き口を一体化させることで足を包み込むようなフィット感を実現しました。

形状ローカット横幅
メイン素材合皮特徴安定感
第7位

YONEX

バトミントンシューズ

価格:7,588円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量モデル

パワークッションプラス採用が軽快なフットワークと安定感をもたらしたヨネックスの中でも軽量なモデルです。軽快なフットワークだけでなく、グリップ力にも優れ、滑ることなく確実なステップを踏むことができます。

 

デザイン性も高く、シンプルすぎず派手すぎないちょうどいいデザイン性になっています。体育館だけでなく、屋外で使用しても衝撃を感じにくい衝撃吸収力を持ち、使用場所を限定しない万能なバドミントンシューズとなっています。

形状ミッドカット横幅3E
メイン素材合皮特徴軽量
第6位

YONEX

バドミントンシューズ

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者に優しいエントリーモデル

柔らかくて足に優しいエントリーモデルになっています。3Eと標準サイズの横幅です。シンプルで清潔感のあるホワイトを重視したカラーリング主張しすぎないシンプルなデザインが足元を彩ってくれます。

 

またグリップ力や硬さや厚さなど機能性は標準程度ですが、価格は安く非常にコスパに優れていると言えるでしょう。安い価格とは思えない高級感のあるデザイン初心者でも使いやすい安定した機能性が魅力のエントリモデルのバドミントンシューズです。

形状ローカット横幅3E
メイン素材人工皮革特徴足に優しい
第5位

YONEX

バトミントンシューズ

価格:9,900円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールラウンドモデル

足元の軽やかなフットワークを際立たせ、快適性が向上したオールラウンドモデルとなっています。青と黒のシンプルかつ高級感のあるデザインがクールな印象をもたらしながらも、フットワークを重視した機能性も兼ね備えています。

 

その機能性としてはグリップ力が挙げられ、ラバー質の底が滑りを抑えて俊敏な方向転換などのアジリティを十分に発揮してくれます。

形状ローカット横幅
メイン素材特徴オールラウンドモデル
第4位

YONEX

バドミントンシューズ

価格:8,701円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインと使用感の両立

ステップ時の外側および斜め前方向のパワーのロスを軽減するラテラルシェルを前足部分の外側からかかと部分にかけて搭載しています。またパワークッションプラスを搭載しているので足元のフットワークをさらに加速させることに成功しています。

 

ランニングシューズなどを使っていた初心者がそろそろ本格的に始めたいという時におすすめのエントリーモデルとしての機能性を十分に備えており、厚すぎない靴底とクールなデザインで使いやすさとデザイン性の両立をしています。

 

足へのフィット感んもさることながら踏み込み時のストレスや不安定さも取り払っており、初心者の時に使っていたシューズとは一線を画す中級者向けのシューズとなっています。

形状ローカット横幅3E
メイン素材合皮特徴ストレスフリーな足当たり
第3位

MIZUNO

バドミントンシューズ

価格:4,052円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽くて扱いやすいエントリーモデル

軽くて柔らかい履き心地を実現するエントリーモデルとなっています。これからバドミントンを始めるという人やバドミントンを本格的に楽しみたいという人におすすめのバドミントンシューズとなっています。

 

床や地面に靴のマークがつきにくいノンマーキングソールを使用しているため、体育館の」床などに気を配りながらプレーをする必要がなくなりストレスなくバドミントンを最大限に楽しむことができるようになります。

 

また片方約300g(27cm)という軽さを実現しており、軽やかなフットワークを可能としてくれます。柔らかな素材が足をしっかり包み込み怪我を最小限に抑えてくれる初心者に優しいエントリーモデルのシューズとなっています。

形状ミッドカット横幅2E
メイン素材人工皮革特徴軽くて柔らかい
第2位

バドミントンシューズ

価格:10,636円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能型

ミズノの同じシリーズの中でもフットワークのスピードを意識した軽量重視のモデルとなっています。癖の少ない自然なフィット感とフットワークを活かす軽量さとスピード性能を高めています。

 

つま先部分には従来よりもソフトな素材を使用し、全体的には足なじみの良さと高いフィット感をもこるマイクロファイバー人工皮革を採用しています。また履き口へのサポート感を高めたい人に向けにホールに工夫を凝らしています。

 

クッション性と安定感を両立するミズノウェーブや激しい動きに対応するラバーソール、軽さと反発性を備えたパウンスなど様々な機能を搭載した高機能型のバドミントンシューズになっています。

形状ミッドカット横幅3E
メイン素材人工皮革特徴軽量モデル
第1位

Maxome

ウォーキングシューズ

価格:2,350円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

履きやすさ抜群

バドミントンシューズというわけではないですが、初心者が始めて履くものとしては履きやすさが抜群なものとなっています。通気性抜群なその作りはプレイ中でも熱や湿気がこもることを許さず、いつでも快適な足元環境を作り出してくれます

 

バドミントン特化のシューズに比べて機能性は劣る部分がありますが、始めのうちのバドミントンに慣れていない状態であれば履き心地を優先することで、楽しくそして快適にプレイすることができます。

 

長時間の使用でも疲れにくく、柔らかい素材が足をしっかりと包み保護してくれます。とにかく換気に優れた履き心地抜群のシューズとなっています。

形状ローカット横幅
メイン素材ニット特徴通気性抜群

バドミントンシューズの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5123056の画像

    Maxome

  • 2
    アイテムID:5123055の画像

  • 3
    アイテムID:5123054の画像

    MIZUNO

  • 4
    アイテムID:5123053の画像

    YONEX

  • 5
    アイテムID:5123052の画像

    YONEX

  • 6
    アイテムID:5123051の画像

    YONEX

  • 7
    アイテムID:5123050の画像

    YONEX

  • 8
    アイテムID:5123049の画像

    YONEX

  • 9
    アイテムID:5123048の画像

    MIZUNO

  • 10
    アイテムID:5123047の画像

    MIZUNO

  • 商品名
  • ウォーキングシューズ
  • バドミントンシューズ
  • バドミントンシューズ
  • バドミントンシューズ
  • バトミントンシューズ
  • バドミントンシューズ
  • バトミントンシューズ
  • バトミントンシューズ
  • バドミントンシューズ
  • バドミントンシューズ
  • 特徴
  • 履きやすさ抜群
  • 高機能型
  • 軽くて扱いやすいエントリーモデル
  • デザインと使用感の両立
  • オールラウンドモデル
  • 初心者に優しいエントリーモデル
  • 軽量モデル
  • 安定感抜群のシューズ
  • ワイドモデル
  • 足入れ革命による最上級のフィット感
  • 価格
  • 2350円(税込)
  • 10636円(税込)
  • 4052円(税込)
  • 8701円(税込)
  • 9900円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 7588円(税込)
  • 9900円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 4389円(税込)
  • 形状
  • ローカット
  • ミッドカット
  • ミッドカット
  • ローカット
  • ローカット
  • ローカット
  • ミッドカット
  • ローカット
  • ミッドカット
  • ローカット
  • 横幅
  • 3E
  • 2E
  • 3E
  • 3E
  • 3E
  • 4E
  • 3E
  • メイン素材
  • ニット
  • 人工皮革
  • 人工皮革
  • 合皮
  • 人工皮革
  • 合皮
  • 合皮
  • 人工皮革
  • 人工皮革
  • 特徴
  • 通気性抜群
  • 軽量モデル
  • 軽くて柔らかい
  • ストレスフリーな足当たり
  • オールラウンドモデル
  • 足に優しい
  • 軽量
  • 安定感
  • クッション性/安定感
  • クッション性/反発性

バドミントンシューズのお手入れ方法

基本的なバドミントンシューズのお手入れの仕方は汚れをタオルなどで拭いて陰干しです。なぜそのようなシンプルな行程なのかというと、シューズをつなぎ合わせている接着剤が水に弱いという弱点があるからなのです。

 

また型崩れも防ぐことができるので水分にはなるべく触れさせないようにしましょう。また気になるにおいも消臭剤を使ってあげるといいでしょう。使用後は必ずこまめに手入れをしてあげることで匂いや汚れが染み込まないので今後の手入れも楽になります。

 

毎日の手入れが非常に大事になってきます。加えてシューズキーパーや風通しのいいところに置いてあげるなどしてシューズの保管の環境にも気を配ってあげましょう。

関連商品もチェック

バドミントンに必要なものはシューズ以外にもあります。中でもラケットは必須アイテムですよね。テニスなどとは違って軽くて扱いやすい印象のバドミントンのラケットですが、実はかなり奥が深い道具となっています。シューズと一緒にラケットもチェックしてみてはいかがでしょうか。

自分の用途に合ったバトミントンシューズを選びましょう

今回はバドミントンシューズの選び方や人気シューズを紹介しました。人気メーカーのものがランキング上位を占めていましたが、やはり自分にあったものを選ぶことが最優先です。人気なものを参考にしつつも自分び合った一品を探すようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ