記事ID139562のサムネイル画像

【2019年最新版】インクラインベンチのおすすめ人気ランキング15選

インクラインベンチは大手メーカーからも販売されている今注目の商品です。大胸筋や上腕三頭筋を鍛えるのに便利なトレーニンググッズです。ですが、どのインクラインベンチを選べば良いか困ってる方も多いはず。そこで今回はインクラインベンチの選び方やおすすめの商品をご紹介します。

インクラインベンチを使って本格的なトレーニングを

インクラインベンチは、筋肉の可動域を広げることができるため、様々なトレーニングを効率良く行うことができます。また、肩回り・背中など普段なかなか鍛えることが難しい場所であっても、ご自宅で手軽に鍛えることができたりと、本格的な体作りが行えます。

そこで今回は、おすすめのインクラインベンチをご紹介していきます。角度調節機能が備わったものが多く、よりトレーニングの幅を広げることもできるので、是非使ってみましょう。フラット・インクラインタイプの、2タイプが備わったタイプもあるので要チェックです。

インクラインベンチの選び方

インクラインベンチは、多様な使い方が行えるので、1台持っておくだけでも様々なトレーニングができます。この記事では、様々な選び方をご紹介していくので、チェックしてみましょう。

メーカーで選ぶ

メーカーに絞って選ぶと、保証が付いていることで、アフターサービスを受けることができます。もし購入後に相談・サービスを受けたい場合は、メーカーのものを選ぶと安心です。

wasaiを選ぶ

wasaiは、平成22年に設立した比較的新しいメーカーとなっています。商品の特徴としては、フラット・マルチ・シットアップに対応したものを販売しています。

 

非常に作りがシンプルなので、初心者向けで初めてのトレーニングにも、活用することができます。お値段もリーズナブルなので、試しに使ってみたいといった方は、このメーカーのものから始めてみましょう。

youtenを選ぶ

youtenとは、現在日本で多くの方が愛用しているメーカーとなっています。ご自宅で使えるトレーニング用具を主に取り扱っています。1台購入しておくことで、ダンベル・シットアップなどに対応でき、多様なトレーニングに適したモデルを販売しています。

 

滑り止めが付いたものや、負担を減らすクッションが搭載されていたりと、安全性も確保されています。なので、安全性を優先したい方にピッタリです。

FITMATEを選ぶ

FITMATEとは、トレーニング器具を販売しており、近年注目を浴びているメーカーの一つです。代表的な商品として、懸垂マシンが挙げられます。もちろん、インクラインベンチも取り扱い、様々なスタイルで使用でき、折り畳み式のモデルを販売しています。

 

自由にリクライニングできたり、丈夫な材質を使用していたりと、安全且つ効率良くトレーニングを行うことができる商品が多いメーカーです。

マッスルプロジェクトを選ぶ

マッスルプロジェクトとは、B&Sパートナーズ株式会社が展開している、ブランドになっています。様々なトレーニングアイテムを取り揃えていて、理想のスタイルに導くことをもっとうに、販売・製造を行っています。

 

非常に機能性に優れたものから、安全性にもこだわった商品が多く、本格的なトレーニングを行いたい方にピッタリです。1年以内ながらも、22万個も売り上げたなど実力を持っているブランドなので、機能性重視の方におすすめです。

スペックで選ぶ

快適にトレーニングを行うためにも、スペックは必ずチェックしておきましょう。設置の有無などを確認することが、一番肝心となってきます。

サイズで選ぶ

本体サイズも必ずチェックしておきましょう。あらかじめ本体の大きさがある程度分かっていると、設置場所にも困らずに、手軽にトレーニングが行えます。

 

せっかく購入したのにも関わらず、設置できないとなると、購入した意味がありません。また、快適にトレーニングを行うことができなかったり、お部屋に圧迫感を与えてしまうことがあるので、きちんとお部屋に設置できるかを確認しておきましょう。

シート幅で選ぶ

シートの幅もチェックしておきべきポイントになります。特に、大胸筋などのトレーニングに使用する場合は、もたれることが多く幅がないと、バランスを崩しやすくなります。

 

反対に広すぎてしまうと、可動域が制限されてしまい、動きを妨げてしまうことがあります。大体シート幅の範囲は24~26cm程度のものが多いので、基本的にこの程度の幅のものを選んでおけば問題ありません。

耐荷重で選ぶ

最も重視しておきたい部分は、耐荷重になります。この値は、どれだけの重さに耐えれるのかを、示したものになります。商品によっては、耐えれる重さが異なるので、しっかりとチェックしておきましょう。

 

大体耐荷重が200kg程度あるものであれば、安心してトレーニングが行えます。ただし、100kg程度のバーベルを使用してのトレーニングなどを行う際は、これ以上の耐荷重があるものを選び、しっかりと耐えれるかを見極めて選びましょう。

インクラインベンチを利用したトレーニング例で選ぶ

ベンチの使い方によって、それぞれ特化したトレーニング方法が変わってきます。なので、まずはどういったトレーニング方法があるのかを知り、自分がしたい筋トレができるものをチェックしていきましょう。

フラットで行うトレーニングで選ぶ

フラットベンチを使用したトレーニングには、肩・背中・腕など色々な場所を鍛えることができる運動方法があります。その中でも、大胸筋のトレーニングに最適となっています。

 

ワンハンドダンベルローイングといった、負荷を大きく掛けるトレーニングも行えます。

インクラインで行うトレーニングで選ぶ

インクラインであれば角度がついた状態で、トレーニングを行うことができます。自由に角度を調節することができるため、より効果を得ることができます。このインクラインでできるトレーニングには、大胸筋・三角筋・上腕三頭筋などを鍛える運動が挙げられます。

 

インクラインバーベルローイング・インクラインダンベルプレスなど、負荷を大きく掛けて行うトレーニングも行えます。その中でもインクラインバーベルローイングは、自重をベンチに預けられるため、ウエイトの挙上に集中できる効果があります。

アジャスタブルで行うトレーニングで選ぶ

アジャスタブルでトレーニングを行うことで、より高度な筋トレをすることができます。非常に大きな圧や負荷をかけることができるので、本格的なトレーニングを行いたい方に便利です。

 

また、色々なスタイルで使用できるので、ダンベルカール・ハンマーカールなど様々な筋トレに対応します。ただし、全機能を使えるには、ある程度の筋トレ経験が必要になるので、トレーニングに慣れている上級者向けとなっています。

利便性で選ぶ

お値段が張るほど、機能性に優れたものが多いので、行いたいトレーニングに見合ったものを探してみましょう。また、折り畳みができると、収納も行えて圧迫感を与えません。

商品によって、折り畳みができるタイプのインクラインベンチがあります。十分な設置スペースがある場合は、それほど気を使う必要はありません。ただ、室内にずっと設置しておくと、邪魔になるケースが多いかと思います。

 

そういった際には、折り畳みができるものであれば、使用後はコンパクトに収納できるので、お部屋を広々と使うことができます。折り畳み式であっても、耐荷重に影響が少ないものが多いので、安全性も確保されています。

初心者~中級者向けインクラインベンチの人気ランキング10選

第10位

surblue

ノヨック トレーニングベンチ

価格:12,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音設計で音が気になりません。

シックなデザインで、男女問わずに使えます。背もたれの角度を変えることで、色々なスタイルに変更することができます。なので、1つのトレーニングに囚われずに、体のあらゆる部分を鍛えることが可能です。

 

このインクラインベンチは、ロックピンでしっかりと固定できるので、安全性も確保されています。座面も3段階に渡って、角度調整が行えます。

 

音がほとんどせず、静かで集中できるといった、ロコミが挙がっていました。クッションが付いているため、体への負担も軽減させることができます。また、折り畳み式で、場所を問わずに収納できます。

サイズ137×42cm重さ13.9kg
-耐荷重400kg
折り畳み可能
第9位

アディダス

ユーティリティーベンチ  ADBE-10235

価格:26,400円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

材質にもこだわり、高品質であらゆる工作が施されています。

フィットネスクラブでも使用されているベンチに近づけているので、本格的なトレーニングが行えます。厚くて高品質のフォームを採用することで、安定性が抜群です。しっかりと体を支えてくれるので、体を正しいフォームへと導きます。

 

さらに特定の筋肉だけでなく、普段使わない筋肉を鍛えることもでき、効率の良いトレーニングが行えます。背もたれ部分は、先端に向かって細くなっていることで、ペックフライなどのあらゆる筋トレが可能です。

 

コストパフォーマンスが高いといった、ロコミが挙がっていました。肩甲帯の可動範囲を広げ、効果が期待できます。

サイズ123×49×113cm重さ16kg
-耐荷重125kg
折り畳み不可
第8位

MRG

インクラインベンチ

価格:12,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者でも、上級者でも扱えます。

シンプルな構造なので、初心者にも扱いやすいです。特にダンベルトレーニングに最適で、フラットとしても使用できます。

 

それ以外にも上級者用としても便利で、質の高いトレーニングが行えるように、ドラゴンフラッグに使用できるバーが付いています。使い方次第では、様々な部位を鍛えることが可能でおすすめです。

 

ゴムの嫌な臭いがせず、届いたその日にすぐに使えるといった、ロコミが挙がっていました。バックシートは、-30度から7段階調節に渡って調節でき、最高90度まで設置することが可能となっています。

サイズ51×121×47~116cm重さ22kg
24cm耐荷重200kg
折り畳み不可
第7位

YouTen

BARWING デクラインベンチ

価格:19,200円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧が分解される仕組みで、支柱がかなり頑丈になっています。

角度が8段階に調節でき、さらにインクライン・フラットといったように、様々な使い方ができます。シートを倒せば、腹筋や背筋などのトレーニングができ、様々な場所を鍛えて理想の体へと導けます。

 

この商品は、あらゆるお客様の声を取り入れて、さらにリニューアルしました。使いやすさにこだわり、コストパフォーマンスにも優れていておすすめです。

 

1つで十分なぐらいトレーニングが行えるといった、ロコミが挙がっていました。収納式補助バーが備わっているため、収納もスムーズに行えます。重さが負担にならないように、支柱などは圧が分散されるので、より重いものを支えることができます。

サイズ1130×470×1140mm重さ-
26cm耐荷重750kg
折り畳み可能
第6位

アルインコ

アジャスタブルトレーニングベンチ EX150A

価格:15,074円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘッドレストで、休憩時間がよりリラックスできます。

畳めてコンパクトに持ち運べるので、お部屋を圧迫せずに広々と使えます。これ1台でシットアップベンチ・フラットベンチに早変わりします。腹筋やダンベル運動の際も、活躍するので色々なニーズに答えます。

 

安全性にも力を入れていて、ロックピンで簡単に固定することが可能です。また、脚はドシっと構えれるので、安定感が抜群です。シートの角度を変えて運動することで、いつもとは違う筋肉に刺激を与えれます。

 

場所を取らないといった、ロコミが挙がっていました。省スペースでも設置できる利便性を兼ね揃えています。運動中に頭や首を休めるための、ヘッドレスト付きでリラックスしながらトレーニングが行えます。

サイズ43×145×50cm重さ14kg
-耐荷重120kg
折り畳み可能
第5位

WINNOW

マルチポジショントレーニングベンチ

価格:7,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホルダーも付いて、器具の収納にも役立ちます。

体全身を効果的に、運動させて鍛えることができます。多様に使用でき、ご自宅でジム並みのトレーニングができます。ベンチプレス・ショルダープレスなどが行え、鍛えたい筋肉を効率良く刺激します。

 

また、4段階に調整可能でしっかりと体をコントロールします。レッグホルダーは、3ステップに調節できます。

 

グラつきが全くないといった、ロコミが挙がっていました。頑丈なスチールチューブ製を採用し、安定性を保証しています。さらに、高密度フォームパッドを使っていることで、家で快適に運動ができます。

サイズ121×34×34.5cm重さ14.6kg
-耐荷重-
折り畳み可能
第4位

WASAI

インクラインベンチ mk600

価格:7,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチ操作で、簡単に折り畳めます。

収納も行えて、使用後もスマートに保管できます。ワンタッチで折り畳めるので、指を挟む心配もありません。

 

下部の器具は、ストレッチ時のクッションの役割を果たします。4段階に分けて背もたれを調節でき、自分に合った角度でトレーニングが行えます。調節後はしっかりと固定されるので、安全性も備わっています。

 

しっかりとした造りとなっているといった、ロコミが挙がっていました。軽量なので、収納時に負担がかかりません。バーベルフックが備わっていることもあり、器具の収納にも便利でおすすめのインクラインベンチです。

サイズ1150×330×450~950mm重さ10kg
27cm耐荷重180kg
折り畳み可能
第3位

ウルトラスポーツ

トレーニングベンチ

価格:11,312円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

組み立て不要で、手間がかかりません。

高品質な造りで、長く愛用していただけます。代表的なベンチプレス・バタフライなど、多様に使用できます。7段階調節が可能なバックシートと、3段階調節が可能なシートパッドにより、21種類のポジションでトレーニングできます。

 

腹筋運動などに便利な、レッグホルダーも付いています。シートバッグは、安定感があるのでズレ落ちたりしません。この商品は、組み立てた状態で届くので、組み立てが不要で手間がかからず女性にもおすすめです。

 

お値段以上の優れものといった、ロコミが挙がっていました。ボルトを使用すれば、お好みのポジションに調節して運動が行えます。

サイズ145x43x115cm重さ14.6kg
-耐荷重500kg
折り畳み可能
第2位

eSPORTSオリジナル

リーディングエッジ

価格:11,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

隙間が少なく、背の部分が非常にフラットで快適です。

最適なインクライン角度があり、さらにデクラインにも対応していて、丁度良い角度でトレーニングが行えます。トレーニングに不要な角度を排除しているので、初めて使用する方にも使いやすく、無駄な手間がかかりません。

 

また、シート補強フレームを採用し、座面と背面シートの間隔を、最小限に抑えています。隙間が比較的少ないので、嫌な凸凹もありません。

 

横になってもフラットで痛くないといった、ロコミが挙がっていました。統一されたデザインで、お部屋にもピッタリです。シートはへたりにくく、固さも丁度良く設計しているので、不快感を感じることもありません。

サイズ54×125×42~123cm重さ18kg
27cm耐荷重300kg
折り畳み可能
第1位

Fitmate Sporting Equipment Co., Ltd

トレーニングベンチ

価格:8,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑り止めや、床への傷防止機能も搭載されています。

あらゆる機能が搭載されていて、脚部分にはカバーがあるので、床を傷つけません。さらに、滑り止め機能も果たし、安全に使用できます。

 

また、太い支持パイプを採用することで、安定感を増しています。鍛えたい部位によって、ロックピンで21段階に角度が調節できます。座椅子シートも自由に角度を変更できるので、ベストポディションにセットできます。

 

かなり便利で毎日愛用しているといった、ロコミが挙がっていました。高品質な革を使用することで、フィット性も向上しています。折り畳みも行えるので、空間が狭くならずに邪魔にもなりません。

サイズ1390×420×430mm重さ13.7kg
25cm耐荷重400kg
折り畳み可能

初心者~中級者向けインクラインベンチのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5122860の画像

    Fitmate Sporting Equipment Co., Ltd

  • 2
    アイテムID:5122861の画像

    eSPORTSオリジナル

  • 3
    アイテムID:5122867の画像

    ウルトラスポーツ

  • 4
    アイテムID:5122868の画像

    WASAI

  • 5
    アイテムID:5122870の画像

    WINNOW

  • 6
    アイテムID:5122871の画像

    アルインコ

  • 7
    アイテムID:5122873の画像

    YouTen

  • 8
    アイテムID:5122874の画像

    MRG

  • 9
    アイテムID:5122876の画像

    アディダス

  • 10
    アイテムID:5122879の画像

    surblue

  • 商品名
  • トレーニングベンチ
  • リーディングエッジ
  • トレーニングベンチ
  • インクラインベンチ mk600
  • マルチポジショントレーニングベンチ
  • アジャスタブルトレーニングベンチ EX150A
  • BARWING デクラインベンチ
  • インクラインベンチ
  • ユーティリティーベンチ  ADBE-10235
  • ノヨック トレーニングベンチ
  • 特徴
  • 滑り止めや、床への傷防止機能も搭載されています。
  • 隙間が少なく、背の部分が非常にフラットで快適です。
  • 組み立て不要で、手間がかかりません。
  • ワンタッチ操作で、簡単に折り畳めます。
  • ホルダーも付いて、器具の収納にも役立ちます。
  • ヘッドレストで、休憩時間がよりリラックスできます。
  • 圧が分解される仕組みで、支柱がかなり頑丈になっています。
  • 初心者でも、上級者でも扱えます。
  • 材質にもこだわり、高品質であらゆる工作が施されています。
  • 静音設計で音が気になりません。
  • 価格
  • 8980円(税込)
  • 11980円(税込)
  • 11312円(税込)
  • 7800円(税込)
  • 7900円(税込)
  • 15074円(税込)
  • 19200円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 26400円(税込)
  • 12800円(税込)
  • サイズ
  • 1390×420×430mm
  • 54×125×42~123cm
  • 145x43x115cm
  • 1150×330×450~950mm
  • 121×34×34.5cm
  • 43×145×50cm
  • 1130×470×1140mm
  • 51×121×47~116cm
  • 123×49×113cm
  • 137×42cm
  • 重さ
  • 13.7kg
  • 18kg
  • 14.6kg
  • 10kg
  • 14.6kg
  • 14kg
  • -
  • 22kg
  • 16kg
  • 13.9kg
  • 25cm
  • 27cm
  • -
  • 27cm
  • -
  • -
  • 26cm
  • 24cm
  • -
  • -
  • 耐荷重
  • 400kg
  • 300kg
  • 500kg
  • 180kg
  • -
  • 120kg
  • 750kg
  • 200kg
  • 125kg
  • 400kg
  • 折り畳み
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • 不可
  • 不可
  • 可能

上級者向けインクラインベンチの人気ランキング5選

第5位

スーパースポーツカンパニー

IROTEC ホームビルダーコンポーネント100

価格:73,590円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

慣れたトレーニングも、これでさらにレベルを上げれます。

ご自宅で本格的な筋トレが行えるように、中・上級者向けとなっています。あらゆる便利な器具がセットになっているので、慣れたトレーニングも、スムーズに行えます。耐久性もあるので、継続して鍛えれます。

 

さらに、インクライン・ベンチプレスなど、様々なトレーニングがこれ1台でこなせます。器具はそれぞれ取り外し可能なので、収納もしやすくおすすめのインクラインベンチです。セット内容がかなり充実しています。

 

付属アタッチメントにより、アームカールも可能にしています。特にバーベル運動に特化していて、腕を鍛えたい際に便利です。

サイズ112×51×92~132cm重さ-
-耐荷重-
折り畳み不可
第4位

WASAI

CuteeFoxトレーニングベンチ 008

価格:10,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる人に対応し、組み立てに時間がかかりません。

フィットネスチェーンや、パワーバンドなどトレーニングに欠かせないアイテムが、一式揃います。何を揃えたら良いのか分からない方でも、これがあると便利です。軽い運動から、ハードな練習まで対応できます。

 

ワンタッチで自身の足を固定できる機能があり、筋トレを曖昧にせずに、効果のある運動が行えます。

 

組み立てが簡単といった、ロコミが挙がっていました。時間がかかり面倒な組み立てが、手軽に行えるので、使い慣れていない方にもピッタリです。穴の直径が約2.5cm以上あるプレートであれば、他のメーカーのものでも挿入可能です。

サイズ42×130×40〜102cm重さ11kg
-耐荷重350kg
折り畳み可能
第3位

ワイルドフィット

マルチベンチ

価格:21,500円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザインで、圧迫感を出しません。

シンプルながら、機能性に優れたインクラインベンチですベンチプレスの他にも、バタフライ・バーベルカールなど、多彩な運動が行えます。


さらに、オプションとしてラットプルを取り付ければ、幅広い使い方ができます。デザインも落ち着いていて、どんなスタイルのお部屋にもマッチします。サイズが大きめですが、デザインがシンプルなので圧迫感を与えません。

 

多様に使えて買って良かったといった、ロコミが挙がっていました。使用方法に縛りがないので、自分のペースで自分に合った運動ができ、理想の体作りをサポートしてくれます。パーツは分解できるので、収納でき使わなくなった際も困りません。

サイズ127×162×106~126cm重さ36kg
25cm耐荷重150kg
折り畳み不可
第2位

MOJEER

KKS マルチシットアップベンチ

価格:6,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

普段は椅子としても使えるなど、実用性も備わっています。

男女共に使えて、安全性が確保されています。比較的リーズナブルな価格なので、コストを抑えたい方にもおすすめのインクラインベンチです。

 

また、折り畳みが可能でサッと収納できます。材質は、頑丈なスチールチューブを使い、耐久性が非常に高くなっています。フォームパットは、丈夫なになっていることで、長く快適にお使いいただけます。

 

頭にもフィットして使い心地が良いといった、ロコミが挙がっていました。フラットベンチ時の安定性と、背もたれの角度調整機能を両立した、ハイスペックな商品へと仕上げています。レーニング以外にも、椅子としても最適です。 

サイズ64×129.5×40~132cm重さ15kg
-耐荷重-
折り畳み可能
第1位

JIANGSU JUNXIA GYM EQUIPMENT CO.,LTD

ウェイトベンチ

価格:8,295円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

集中的に負荷をかけれて、効果が期待できます。

ブルーのラインがアクセントとなり、おしゃれで快適に運動ができます。腹筋・脚筋肉など、鍛えたい場所に徹底的に負荷をかけてくれます。場所を取りすぎないので、ジム以外にもご自宅での使用も最適です。

 

また、5つの角度に調節が可能です。トレーニングチューブセットを用いれば、ダンベルを使わずに、筋力トレーニングができるようになります。

 

丈夫で効果的といった、ロコミが挙がっていました。耐久性のあるチューブ構造で、トレーニング時の安定性と安全性をさらに高めています。さらに、高密度フォームパディングで、気持ちの良い運動ができ快適です。

サイズ105×75×39cm重さ-
24cm耐荷重440kg
折り畳み可能

上級者向けインクラインベンチのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5122862の画像

    JIANGSU JUNXIA GYM EQUIPMENT CO.,LTD

  • 2
    アイテムID:5122863の画像

    MOJEER

  • 3
    アイテムID:5122865の画像

    ワイルドフィット

  • 4
    アイテムID:5122864の画像

    WASAI

  • 5
    アイテムID:5122866の画像

    スーパースポーツカンパニー

  • 商品名
  • ウェイトベンチ
  • KKS マルチシットアップベンチ
  • マルチベンチ
  • CuteeFoxトレーニングベンチ 008
  • IROTEC ホームビルダーコンポーネント100
  • 特徴
  • 集中的に負荷をかけれて、効果が期待できます。
  • 普段は椅子としても使えるなど、実用性も備わっています。
  • シンプルなデザインで、圧迫感を出しません。
  • あらゆる人に対応し、組み立てに時間がかかりません。
  • 慣れたトレーニングも、これでさらにレベルを上げれます。
  • 価格
  • 8295円(税込)
  • 6380円(税込)
  • 21500円(税込)
  • 10980円(税込)
  • 73590円(税込)
  • サイズ
  • 105×75×39cm
  • 64×129.5×40~132cm
  • 127×162×106~126cm
  • 42×130×40〜102cm
  • 112×51×92~132cm
  • 重さ
  • -
  • 15kg
  • 36kg
  • 11kg
  • -
  • 24cm
  • -
  • 25cm
  • -
  • -
  • 耐荷重
  • 440kg
  • -
  • 150kg
  • 350kg
  • -
  • 折り畳み
  • 可能
  • 可能
  • 不可
  • 可能
  • 不可

器具を買うのはちょっと…。インクラインベンチを代用するには?

お部屋にスペースがない、いきなり商品を購入するのに抵抗がある場合は、代用できる方法がいくつかあるので試してみましょう。

ソファを使用する

自宅にソファがある場合は、インクラインベンチの代わりとして使用することができます。まずトレーニングする場所全体にマットを、お尻の下にクッションになるアイテムを敷きます。ソファに肩を乗せるようにして、ダンベルなどでトレーニングを行います。

 

この時、ズレ落ちてしまうようでは、体に負担がかかってしまうので、しっかりと安定した状態で行いましょう。以下ではトレーニングに便利なダンベルや、トレーニング後に飲むと効果的なプサプリをご紹介しているので、チェックしてみましょう。

壁を使用する

フラットベンチしか持っていないといった場合は、壁を使ってトレーニングを行いましょう。どういった方法でトレーニングを行うのかというと、まず壁に背中を当てます。

 

この時、リクライニングしたベンチに座っている感覚で、少しお尻を前にずらして壁にかかるようにします。この方法で、ダンベルなどを持ち脚をしっかりと踏ん張りながら行うことで、効果的なトレーニングに繋がります。以下ではフラットベンチのおすすめをご紹介しています。

ご自宅でインクラインベンチを活用しよう

今回はおすすめのインクラインベンチをご紹介しましたが、お気に入りのものは見つかりましたでしょうか。様々なトレーニングを行う際に便利で、より効果を得ることができます。わざわざジムに行かなくても、ご自宅で行えるので、自分のペースで鍛えることができます。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ