記事ID139495のサムネイル画像

【2019年最新版】初心者にもおすすめのロードバイク人気ランキング15選

かっこよく、移動にも便利なロードバイク。運動として趣味の一環にもおすすめです。ロードバイクは健康にもよく多くの方におすすめすることができます。今回はそんなロードバイクのおすすめをご紹介していきます。今まで乗らなかった方もこの機会にチャレンジしてみてください。

初めてのロードバイク!その選び方のポイントとは?

様々な使い方ができるロードバイク。スタイリッシュでアクティブなその見た目はとてもおしゃれですよね。幅広い世代から人気があり、その需要は耐えることなく高い状態を維持しています。

 

また、価格帯の幅も広いので、学生の方から社会人まで多くの方におすすめすることができます。よく間違えられるのは、クロスバイクやピストとは違った種類の自転車になるので、その点だけは注意しておきましょう。

 

 

自分の走行距離に合わせて選ぼう

ロードバイクを購入後はどのくらいの頻度で、どのくらいの距離を走行するのか考えてから購入をしましょう。そのレベルによって、適切なロードバイクが変わってきます。自分のライフスタイルに合わせてロードバイクを購入しましょう。

自分の身長や体重に合わせて考えよう

ロードバイクには適正体重と身長があり、一定以上身長が超えていないと乗れないものが多いです。男性用で160cm規程のものが多く、多くの方は乗ることができます。また、規定がないものも中にはあるので、調節して乗りこなしていきましょう。

ロードバイクの選び方

それでは実際に、ロードバイクの選び方についてご紹介させていただきます。ロードバイクと一言に行ってもタイプや型に大きな違いがあるので、自分に適切な商品を選ぶ必要があります。

目的別で選ぶ

ロードバイクは使用用途も多くあり、その目的別にロードバイクを選ぶことをおすすめします。商品ごとに向き不向きがあるので確認していきましょう。

通勤や通学

通勤や通学を、歩きや電車からロードバイクに変更したいと言う方は多いです。自転車を運転することは電車に乗るよりも圧倒的に健康的なので、多くの方におすすめすることができます。

 

また、その際はどのくらいの頻度で乗るのかを計算し適切な商品を選びましょう。基本的には頻度の多い方は、タイヤの丈夫な商品で、ロードバイクのボディの素材は「クロモリ」と言う軽くて丈夫な素材がおすすめになります。

ロングライド用

趣味として遠出やサイクリング、ポタリングに使用する場合はロングライドようになります。通勤用や通学用のロードバイクと比べて、より本格的な素材、形状のものがおすすめになります。

 

また、シーンによって必要になる変速ギアがあるとさらに便利でしょう。この変速ギアがあるとないとでは大きなさが出てきます。特に坂道ではこのギアが役に立ちます。

価格帯で選ぶ

ロードバイクには幅広い価格帯があり、その価格によって使用されている素材や、様々な箇所が変わっていきます。

〜5万円

初心者におすすめで、多くのビギナーラインが揃う価格帯。初心者におすすめなのはこの価格帯で、まずはロードバイクのセオリーや乗り方を理解するのにはちょうどいいラインになります。

 

この価格帯でも優れた商品はとても多く、高級素材であるクロモリもこの価格帯から購入することもできます。カスタマイズなどをする場合は、もう少し値段は上がりますが、原型で乗る場合にはこの値段がおすすめです。

5万円〜10万円

ロードバイクに慣れてきた方や中級者の方におすすめできるのが、こちらの価格帯になります。この価格帯では、通常のロードバイクに加えて、快適に走行するための細かな装置や工夫がなされている商品が多いです。

 

また、ロングライドなら、初心者の方でもこの価格帯からスタートしても大丈夫でしょう。きっと快適な走行になりますよ。

10万円〜

各ブランドのフラッグシップモデルが多く顔をそろえるこの価格帯。どれも本格的なロードバイクが多く、品質、デザインにおいても洗練された商品が揃います。今後長く乗っていく商品なら、この価格帯から選ぶことをおすすめします。

ブランドで選ぶ

ロードバイクには様々なブランドがあり、そのブランドごとでデザインや仕様が大きく変わるので、お好みのものを選びましょう。

Giant(ジャイアント)

ロードバイクだけではなく、クロスバイクやピストでも多くの商品を展開している人気ブランド。高品質で強度の高い商品が多く、初心者から上級者までおすすめできます。価格帯の幅も広いので、学生の方からもとても人気。

Bianchi(ビアンキ)

ビアンキは、イタリアの自転車ブランドで、現在の自転車が発明された年に自転車メーカーとして創業していて、現存する中では世界最古の自転車ブランドになります。現在でもその性能やデザインは進化を遂げていて、とても人気のブランド。

Fuji(フジ)

日本が誇る世界の自転車ブランドのFUJI。本格ロードバイクから日常を楽しくするコンフォートバイクまで多くの商品を展開しています。シンプルで高品質な日本らしいラインナップが特徴的で、そのシンプル美はクセになること間違いなし。

 

また、カスタマイズもしやすいので、多くの方におすすめすることができます。価格帯は比較的に高めになりますが、その品質には厚い信頼を置いても大丈夫でしょう。

その他

ロードバイクを選ぶ際には多くの点で選ぶことができます。細かな点に注目して選んでいきましょう。

デザインや形で選ぶ

ロードバイクには多くの種類があり、その製品によってデザインや形は大きく変わります。また、中には変わったデザインのものもありますが、それは観賞用や慣れてきてからにしましょう。

 

通勤用でしたら、性能よりもデザインを重視して、お好みのロードバイクを選ぶのもありでしょう。また形によって向き不向きのロードやシーンがあるので、そちらにも注目して選ぶと良いでしょう。

素材で選ぶ

ロードバイクの素材にはいくつかあり、それぞれで特徴が変わります。その素材ごとに強度や耐久性が変わり、日本で有名なのが、「クロモリ」と言う素材でこれは初心者から上級者の方まで幅広くおすすめすることができます。

 

クロモリの特徴は軽くて丈夫なことです。素材の重量というのは重要で、ロングライドの際には特に差が出てきます。その上でもちろん耐久性がなければ、長期的に乗ることはできません。なので、その双方を持ったクロモリは多くの方におすすめすることができます。

坂道が多いなら変速ギア付きを

ロードバイクには変速ギア付きの商品とそうでない商品があります。基本的にはロードバイクにはギアはついています。このギアはとても便利で、状況に応じて適切なギアに変速することで、より快適に走行をすることができます。

 

また、坂道ではこのギアがあるとないとでは雲泥の差があり、ギアを軽くすることによって、坂道も難なく進むことができます。しかし、ギアがないと多くの場合、一度ロードバイクを降りて登らなくてはなりません。

乗る前には試乗を

ロードバイクをデザインで決める方には必要はありませんが、基本的にロードバイクを購入する際には一度乗って、その乗り心地を実際に確かめてから乗ることをおすすめします。商品の紹介文で快適な乗り心地と記載されていても、その乗り心地が実際に自分に合うかは乗ってみないとわかりません。

 

実際に乗ってわかる点は多くあり、サドルのフィット感、ペダルの漕ぎやすさ、ハンドルの位置などたくさんあります。そのすべてを実際に乗れば確認することができます。なので、基本的には試乗してから購入することをおすすめします。

ロードバイクのおすすめ人気商品15選

第15位

ディーパー(DEEPER)

ロードバイク DE-3048

価格:25,443円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定の品質

安定の品質で多くの方から支持を受けている人気のロードバイク。品質試験にも合格していて、高い信頼度があります。また、2WAYブレーキシステムを採用していて、初心者にもおすすめすることのできる商品になります。

 

こちらはスタンドも装備しているので、置き場所にも困りません。特に通常の自転車を乗っていた初心者の方にはおすすめできる仕様です。

 

タイヤフレーム700C 素材スチール
特徴JIS耐振動試験合格品
第14位

トリンクス(TRINX)

ロードバイク TEMPO1.1

価格:38,556円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エントリーモデルなら

メカニカルディスクブレーキを採用した初心者にもおすすめできるロードバイクです。メカニカルディスクブレーキは通常のブレーキに比べて、より強力なブレーキをかけることができるので、万が一の時にも役立ちます。

 

トリンクス(TRINX)のエントリーモデルとして発売されたこちらのロードバイクは、初心者に適切な多くついているので、その名の通りエントリーモデルとして、とてもおすすめできる商品になります。

タイヤフレーム700C素材アルミフレーム
特徴メカニカルディスクブレーキ
第13位

21Technology

ロードバイク CL27-700

価格:19,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1年間保証付き

綺麗なフォルムと強度の高い素材で、多くの方におすすめできるロードバイクです。価格帯も比較的にお手頃なので、学生にもおすすめです。国内の厳し品質審査にも合格しているので、その信頼度はとても高いです。

 

また、ほぼ完成した状態で届くので複雑な組み立ても必要ありません。世界的に評価されているシマノの変速ギアを採用しているので、そちらも安心できます。

タイヤフレーム700C素材スチール
特徴シマノ製ギア
第12位

KSK.JP

PANTHER Claris

価格:36,900円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズ展開豊富な多くの方に

映える黄色が特徴的なこちらのロードバイク。サイズが3段階で用意されていて多くの方におすすめすることができます。また、ハンドルに前後クイックシステムがついているため、多くのメリットがあります。

 

アマゾンでの評価もとても高く購入者のほぼ全員の方が、最高評価を押しています。プレゼントにもおすすめできます。タイヤを通常よりもスリムにしてあるので、操作性も向上。さらには一度スピードに乗るとそ状態を維持しやすくなります。

タイヤフレーム700C素材アルミ
特徴キャリパーブレーキ
第11位

KSK.JP

PANTHER Black-Blue

価格:43,900円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鮮やかなブルーが特徴的

多くの機能性能が搭載されているこちらのロードバイク。超軽量素材を採用していて、ロングライドの際にもとても快適に走行することができます。また、14段階のギアがついているので、坂道でも難なく登ることができます。

タイヤフレーム700C素材アルミ
特徴豊富なカラー展開
第10位

カノーバー(CANOVER)

CANOVER CAR-015

価格:26,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

万能のロードバイク

普段用からツーリング、ロングライドにも対応している万能のロードバイク。ハンドルのフロント部分で簡単にギアをチェンジできるので、様々なシーンで活躍してくれます。価格帯のバランスも良いので、プレゼントにもおすすめできます。

 

もちろん通勤、通学にも適していて、どんな道でも快適に走行することができます。操作性やポジションの変更が容易な「アナトミックシャロータイプ」のドロップハンドルを採用。オールラウンドタイプのドロップハンドルです。

タイヤフレーム700C素材アルミ
特徴シマノ21段変速
第9位

アニマート(ANIMATO)

ロードバイク グリーン

価格:34,493円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインで差をつけたいなら

鮮やかなグリーンが特徴的なこちらのロードバイク。デザインやカラーにこだわりたい方にあおすすめで、他の人とも被りにくいのが特徴です。また、余分ながらもないので、シンプルで洗練されたデザインになります。もちろん、ギアも搭載しています。

タイヤフレーム700C素材アルミ
特徴シマノ14段変速
第8位

Raychell(レイチェル)

クラシック ロードバイク

価格:26,180円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レトロモダンな一台

近年の先進的なデザインから、あえて逸脱した、クラシカルなロードバイク。そのクラシックな外観はとてもファッショナブルで、デザインに拘りたい方にはとてもおすすめできる商品です。

 

2パターンのブレーキレバーを装着したブレーキシステム。特有の構造によりフラットタイプの乗車姿勢、ロードタイプの乗車姿勢どちらでもブレーキをかけることが可能で、乗車スタイルを選ばないオールマイティデザインになります。

タイヤフレーム700C素材スチール
特徴シマノ21段変速
第7位

アニマート(ANIMATO)

ロードバイク CRESCENDO

価格:44,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保証制度もついている

シンプルなデザインと高品質な素材で高い人気がある、こちらのロードバイク。シマノ社製のClarisを搭載し、ドロップハンドルバーから手を離すことなくブレーキとギアチェンジが可能です。

 

前後輪共にクイックリリースハブ採用で、工具を使わずに速やかに車輪を外すことができて、初心者の方にもおすすめすることができます。また、1年間の保証制度もついているので、安心して購入することができます。

タイヤフレーム700C素材アルミ
特徴シマノ16段変速
第6位

Grandir(グランディール)

ロードバイク シルバー

価格:21,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベストセラー商品

アマゾンでもとても人気が高く、ベストセラー1位にも選ばれています。お手頃な価格帯とシンプルなデザインで多くの方から支持されています。ブレーキタイプはフラットとロードの乗車姿勢どちらでもブレーキングが可能な2wayシステムを採用しています。

 

 

タイヤフレーム700C素材-
特徴シマノ製21段変速
第5位

カノーバー(CANOVER)

クラシック ロードバイク レッド

価格:35,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クロモリ素材採用

ロードバイクの中でも最上級素材に値する「クロモリ」を採用した優れたロードバイク。クロモリは他の素材より、圧倒的に軽く、にもかかわらずとても丈夫なとても優れた素材になります。価格帯は貼ることが多いですが、このロードバイクでは抑えられています。

 

ブレーキと変速が行えるシマノ製の2×7のTourneyデュアルコントロールレバーを搭載で、親指と人差し指で瞬時に変速が可能です。「ディアルピボットキャリパーブレーキ」を前輪と後輪に採用。高い制動力が得られ、軽い操作でスピードをコントールできます。

 

タイヤフレーム700C素材クロモリ
特徴LEDフロントライト
第4位

FELT

ロードバイク レッド

価格:87,285円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気ブランド

大人気ブランドFELTのロードバイクで、全体的にバランスよく高い性能を搭載をした、万能のモデル。また、FELTらしいデザイン美で鮮やかなレッドがとても魅力的です。価格帯は比較的にお高めにはなりますが長期的に乗るのにも適しているので上級ラインとしておすすめです。

タイヤフレーム700C素材アルミニウム
特徴しなやかフレーム
第3位

ネクスタイル(Nextyle)

ロードバイク マットブラック

価格:27,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多変速機能搭載

マットなブラックにグリーンのラインが映える洗練されたデザインのロードバイク。価格帯のバランスも良く学生の方から多くの方におすすめすることができます。また、ギアの変速が21段階と豊富でより多くのシーンに対応することができます。

タイヤフレーム700C素材-
特徴ディスクブレーキ
第2位

KSK.JP

PANTHER BlackーBlue

価格:39,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

速度重視ならこれ

KSK.JPから発売されているパンサーの中でもアップグレードを重ねたモデルで、こちらのロードバイクはさらに加速性能を強化して、ロングライドも快適に走行できるデザインになります。また、独特なカラーデザインが街乗りにも鮮やかに演出してくれます。

 

軽量な6061アルミフレームは、フロント三角のパイプ形状を見直したことで剛性がアップし、レースのような機敏なダッシュが必要な場面でもライダーのパワーをダイレクトにバイクの推進力に変換します。

タイヤフレーム700C素材アルミ
特徴豊富なカラー展開
第1位

Grandir(グランディール)

Grandir Sensitive

価格:19,780円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者で迷ったらこれ

お手頃な値段と安定の品質で人気の高いロードバイク。アマゾンでも人気が高くベストセラーにも選出されています。4色のカラー展開で、中でもこのホワイトフレームは一番人気があります。洗練された綺麗なホワイトがどんなシーンでも馴染んでくれます。

 

ブレーキも2WAYシステムでとても便利です。変速ギアがついているので、オールシーンで活躍してくれます。21変速なので、坂道も楽チンですね。

タイヤフレーム700C素材スチール
特徴シマノ21段変速

ロードバイクのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5121029の画像

    Grandir(グランディール)

  • 2
    アイテムID:5121028の画像

    KSK.JP

  • 3
    アイテムID:5121045の画像

    ネクスタイル(Nextyle)

  • 4
    アイテムID:5121040の画像

    FELT

  • 5
    アイテムID:5121067の画像

    カノーバー(CANOVER)

  • 6
    アイテムID:5121033の画像

    Grandir(グランディール)

  • 7
    アイテムID:5121031の画像

    アニマート(ANIMATO)

  • 8
    アイテムID:5121041の画像

    Raychell(レイチェル)

  • 9
    アイテムID:5121052の画像

    アニマート(ANIMATO)

  • 10
    アイテムID:5121027の画像

    カノーバー(CANOVER)

  • 11
    アイテムID:5121025の画像

    KSK.JP

  • 12
    アイテムID:5121024の画像

    KSK.JP

  • 13
    アイテムID:5121023の画像

    21Technology

  • 14
    アイテムID:5121022の画像

    トリンクス(TRINX)

  • 15
    アイテムID:5121021の画像

    ディーパー(DEEPER)

  • 商品名
  • Grandir Sensitive
  • PANTHER BlackーBlue
  • ロードバイク マットブラック
  • ロードバイク レッド
  • クラシック ロードバイク レッド
  • ロードバイク シルバー
  • ロードバイク CRESCENDO
  • クラシック ロードバイク
  • ロードバイク グリーン
  • CANOVER CAR-015
  • PANTHER Black-Blue
  • PANTHER Claris
  • ロードバイク CL27-700
  • ロードバイク TEMPO1.1
  • ロードバイク DE-3048
  • 特徴
  • 初心者で迷ったらこれ
  • 速度重視ならこれ
  • 多変速機能搭載
  • 人気ブランド
  • クロモリ素材採用
  • ベストセラー商品
  • 保証制度もついている
  • レトロモダンな一台
  • デザインで差をつけたいなら
  • 万能のロードバイク
  • 鮮やかなブルーが特徴的
  • サイズ展開豊富な多くの方に
  • 1年間保証付き
  • エントリーモデルなら
  • 安定の品質
  • 価格
  • 19780円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 27980円(税込)
  • 87285円(税込)
  • 35980円(税込)
  • 21980円(税込)
  • 44800円(税込)
  • 26180円(税込)
  • 34493円(税込)
  • 26980円(税込)
  • 43900円(税込)
  • 36900円(税込)
  • 19980円(税込)
  • 38556円(税込)
  • 25443円(税込)
  • タイヤフレーム
  • 700C
  • 700C
  • 700C
  • 700C
  • 700C
  • 700C
  • 700C
  • 700C
  • 700C
  • 700C
  • 700C
  • 700C
  • 700C
  • 700C
  • 700C
  • 素材
  • スチール
  • アルミ
  • -
  • アルミニウム
  • クロモリ
  • -
  • アルミ
  • スチール
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • スチール
  • アルミフレーム
  • スチール
  • 特徴
  • シマノ21段変速
  • 豊富なカラー展開
  • ディスクブレーキ
  • しなやかフレーム
  • LEDフロントライト
  • シマノ製21段変速
  • シマノ16段変速
  • シマノ21段変速
  • シマノ14段変速
  • シマノ21段変速
  • 豊富なカラー展開
  • キャリパーブレーキ
  • シマノ製ギア
  • メカニカルディスクブレーキ
  • JIS耐振動試験合格品

ロードバイクのお手入れ方法

せっかく購入したロードバイクなら、できるだけ長く乗りたいですよね。ロードバイクにはもちろん定期的なお手入れが必要で、これをするとしないとでは持ちに雲泥の差がつきます。また、自分でするのが億劫な方はお近くの自転車屋さんでもできますよ。

 

自宅でやる場合には、まずオイルは定期的に塗布するようにしましょう。オイルを塗れば破損も防げて購入時の状態を維持することができます。また、雨に塗れたらできるだけ水分は取って、サビを防ぐようにしましょう。一度錆びてしまうと修復は難しいので上記はマストです。

自分の用途に合ったロードバイクを選びましょう

今回はおすすめのロードバイクをランキング形式でご紹介させていただきました。ロードバイクには様々な用途があり、そのメリットは数え切れないほどあります。通勤通学をロードバイクにするだけでも健康的な効果が期待できるので、運動不足の方にもおすすめすることができます。この機会にぜひお好みのロードバイクを見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ