記事ID139475のサムネイル画像

【初心者おすすめメーカー】クロスバイクのおすすめ人気ランキング15選

通勤で利用する人も増えつつあるクロスバイク。実際に数ある中から選ぶのは大変だと思います。そこで今回はクロスバイクの選び方やおすすめ人気商品について紹介します。おすすめメーカー等を参考に、通勤・普段乗りに最適なクロスバイクを探してみましょう。

クロスバイクならではの魅力とは?

スタイリッシュな乗り物として人気のクロスバイクですが、そもそもどんな乗り物でロードバイクと何が違うのか気になるところです。気になるクロスバイクの魅力に迫ってみましょう。

そもそもクロスバイクとはどんな乗り物?

クロスバイクは、比較的安い価格から販売されており、ロードバイクよりも街乗り向きで初心者でも乗りやすいのが特徴です。マウンテンバイクのようなストレートハンドルで、通勤・通学に適しているでしょう。

 

タイヤの太さもロードバイクとマウンテンバイクの中間ぐらいで、程よい安定感があることでも注目されています。又、休日に長距離で走りたい時にサイクリング用としてもおすすめでしょう。

 

カラーバリエーションだけでなく、メーカーによって使われる素材も異なって用途に合わせて選ぶのがポイントです。

他にはないクロスバイクならではの魅力とは

クロスバイクの魅力は、太めのタイヤで不安定な路面でも安定した走りが望める点です。又、ハンドルが平行タイプになっており、レース用のロードバイクと比べるとかなり形状が異なります。

 

ロードバイクの場合は、できるだけ速く走れるように前傾姿勢が取れるハンドル形状で、クロスバイクはできるだけラクに握れるハンドル形状です。走行中ラクな姿勢で運転ができることでも快適なサイクリングが楽しめるでしょう。

 

価格においてもロードバイクは10万円が相場であり、クロスバイクは5万から10万円と割とリーズナブルに買えるのが特徴です。

クロスバイクの選び方

自転車を買うのは結構高価なだけに、失敗したくありません。数あるクロスバイクの中で自分に合ったタイプを選ぶ為のコツを紹介しましょう。

用途で選ぶ

どんな目的でクロスバイクに乗りたいのかで選ぶと、失敗がありません。主に3つの用途に分かれます。

通勤・通学

毎日の生活の中で自転車をよく使うと言えば、通勤・通学でしょう。クロスバイクはスタイリッシュで爽快な走りが望める為、長時間の通勤・通学時間も快適に過ごせて便利です。

 

と言っても道路や天候状況等は異なり、軽量は勿論ですが長く愛用することを考慮しながら十分な強度も備えていることが大事でしょう。軽くて走りやすいのと同時に、雨風にも強い丈夫さを兼ね備えたクロスバイクを選ぶことが大切です。

 

毎日の通勤・通学時間を快適にする為に、自動車同様に自分に足となってくれるクロスバイクは外観だけでなく機能性にも十分考慮しなければいけません。

サイクリング

景色を見ながら走行するサイクリングは、とても楽しいものです。しかし、本格的にサイクリングする為にクロスバイクに乗るのであれば、軽やかな走り心地タイプを選ぶと良いでしょう。

 

又、長距離でサイクリングを楽しむのであれば、できるだけ疲れないようなクロスバイクを選んでください。デコボコした道だと疲労度も高くなる為、衝撃を吸収してくれるような車体を探しましょう。

 

坂道が多い所では、安定した速度を保つ目的でギア付きがおすすめです。

アウトドア

オフロードは、舗装されていない道を走り回る過酷なレースです。不安定な場所を走ることになる為、できるだけ安定感のあるタイヤのクロスバイクが理想でしょう。

 

太めのタイヤはクッション性も良くなることで、デコボコ道での車体への衝撃も軽減します。又、フレーム自体もできるだけ柔らかくてしなやかなタイプを選ぶことで、より快適に走行可能です。

 

大切な休日のアウトドアを楽しく過ごす為にも、路面の状態に合ったクロスバイクを見つけることが大事でしょう。

サイズで選ぶ

長く愛用するクロスバイクだからこそ、自分の体にフィットしたサイズ選びが大事です。何を基準に選ぶべきか、チェックしてみましょう。

体に見合ったフレームサイズで

フレームサイズとは、サドル下からペダルを取り付けている部分までの長さを指します。この部分が長すぎたり短すぎると、体への負荷がかかって体を傷めてしまうでしょう。

 

その為、クロスバイクを購入する際は必ず自分の体にフィットしたフレームサイズであるかどうか、きちんとチェックしてから検討してください。調整可能な自転車は多いですが、調整内に自分の体がフィットするかどうかはメーカーや種類によって異なります。

 

できるだけ店頭で試乗してみることをおすすめしますが、通販でも合わない時は返品保証があるタイプを選びましょう。

重量は12kg以下がおすすめ

安定した走りを考慮すると大き目でどっしりした自転車が良いですが、通勤用等普段使いとしてクロスバイクを活用するなら軽量タイプがおすすめです。基本、クロスバイクの重量は、11kg代で軽量・10kgでかなり軽量・10kg以下は超軽量と判断されます。

 

特に折りたたみの場合は、折りたたんで収納バッグで持ち運ぶ人もいるでしょう。移動中にできるだけ負担にならないように軽さはとても重要になるのです。

 

逆にロードレース等過酷な路面で走行する場合は、安定感がとても大事で太めのどっしりタイプが理想でしょう。

おすすめメーカーで選ぶ

せっかくクロスバイクを買うのであれば、できるだけ失敗なく購入したいものです。おすすめメーカーが理想でしょう。

コスパ最強のジャイアント

ジャイアントのクロスバイクは大量生産をしていることで、安い価格で買えるのが魅力的なメーカーです。他のメーカーでは6・7万円で販売されているタイプに対し、4・5万円で買えるというのですからおすすめでしょう。

 

人気メーカーランキングで注目されているのは価格だけでなく、しっかりした構造で耐久性に富んでいる点です。デザイン・性能・コスパともに最強でありますが、人気がある故に街中で被ってしまうかもしれません。

 

トータル的に満足のいくメーカーブランドとして、注目されています。

老舗イタリアメーカー・ブランドのビアンキ

イタリアの総合自転車メーカーであるビアンキは、クロスバイクの他にもマウンテンバイク・ロードバイク等が揃っています。中でもローマ・カメレオンテは、人気メーカーランキングでも注目されており、空の色のチェレステカラーがとてもおしゃれでさわやかでしょう。

 

現在ある自転車メーカーの中でも歴史が古く、最も古いメーカーとして君臨しているのです。ロードバイク寄りタイプも多く、本格的にロードレースを始めたい人にぴったりでしょう。

 

老舗の安心できるメーカーでクロスバイクを購入したい人は、ぜひビアンキを検討してみてください。

通勤・通学タイプもあるトレック

アメリカに拠点を置く自転車メーカーのトレックは、プロのロードレースにも多数参加している程の本格的なロードバイク・クロスバイクを手掛けているメーカーです。プロの現場で磨き上げられてきたからこそ、機能性・デザイン性ともに人気のクロスバイクに仕上がっています。

 

特にフレーム素材として独自開発されたカーボンを使用していますが、注目度が高くフレーム目的で購入する人も多い程です。これからクロスバイクを始めようとしている初心者から、上級者も幅広く対応しています。

 

勿論、通勤・通学・サイクリングと言った普段使いにも適しているでしょう。

クロスバイクの人気ランキング15選

第15位

ネクスタイル(Nextyle)

700Cクロスバイク CNX-7006

価格:26,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイヤ・ホイールがおしゃれなクロスバイク

3万円以内で買えるということもあり、コスパ力に優れたクロスバイクになります。デザイン性は本格的でありながら、これから始める初心者にもぴったりでしょう。

 

28Cの太めのタイヤは安定感があり、ロゴデザインされていることでよりスタイリッシュでおしゃれに仕上がっています。

タイヤ700×28Cフレーム素材アルミ
重量12.8kgギアシマノ7段変速機
第14位

メリダ

クロスバイク クロスウェイ CROSSWAY 110-R

価格:57,352円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低身長の女性でも乗りやすいクロスバイク

乗り降りしやすいトップチューブを採用しているクロスバイクになります。ハンドル・ステム・サドルと言った各部分に専用サイズの製品を取り入れたことで、より体にフィットするでしょう。

 

割と小柄な人の為の短めのリーチを採用していて、身長が低くてなかなか思うようなクロスバイクに出会えない人にぴったりです。

タイヤCST C-1985 28Cフレーム素材CROSSWAY TFS
重量11.4kgギア
第13位

ジオス

クロスバイク MISTRAL GRAVEL

価格:58,125円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衝撃吸収性能に優れたクロスバイク

MISTRALはベストセラーになったモデルで、このモデルの基本性能を維持しつつグラベル走行も可能となったクロスバイクになります。ブラックカラーはスタイリッシュで、男性だけでなく女性の間でも人気です。

 

エルゴノミックデザインのグリップとシートポストサスペンション採用で、振動による衝撃吸収に優れています。長時間走行でも安定した走りが実現でき、疲れないクロスバイクとしてもおすすめです。

タイヤKENDA K-1047 700×35Cフレーム素材ALUMINUM D.B SPECIAL TUBING FOR GIOS
重量12.8kgギア
第12位

カノーバー(CANOVER)

クロスバイク 700C シマノ21段変速 CAC-021

価格:55,671円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LEDフロントライト付きのクロスバイク

おしゃれなデザインながら、しっかりしたフレームで安定感があると定評のクロスバイクになります。シリコン素材で軽量のLEDフロントライトが付いており、雨でもサビない点が魅力的です。

 

ボタン一つでフラッシュ・常時点灯に切り替えられることでその場に応じたライトアップが可能でしょう。細身のスタイリッシュなボディは、街中で走ると目立つこと間違いありません。

 

通勤・通学等の普段乗りの他にも、休日のサイクリングやツーリングに最適です。

タイヤ700x25Cフレーム素材アルミ
重量11.2kgギアシマノ21段
第11位

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

ブリヂストン(BRIDGESTONE) CHeROクエロ

価格:52,173円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

基本的な乗り方を学べる老舗メーカークロスバイク

クロスバイク初心者向けタイプとして、おすすめ商品になります。スタイリッシュなデザインとカラーがおしゃれで街乗りとしてもかっこよく乗りこなせるでしょう。

 

シンプルなデザインは飽きが来なくて定評があり、8段変速のギアは操作がしやすくて坂道もデコボコ道も安定した走りを実現します。老舗メーカーのブリヂストンは安心・安全でおすすめです。

タイヤ700×32Cフレーム素材クロモリ
重量約12.1kgギア1×8段
第10位

FUJI(フジ)

RAIZ 3x8段変速 クロスバイク 19RAIZBL

価格:57,348円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PALETTEの後継モデルのクロスバイク

老舗メーカーである「FUJI」の定番クロスバイクになります。PALETTEの後継モデルであり、初心者でも乗りやすくて軽量タイプで扱いやすいのが特徴的です。

 

ビビットカラー等のカラーバリエーション・サイズも5種類ある為、自分に合ったタイプを選びやすくて失敗がありません。コンポーネントはSHIMANO(シマノ)を採用しています。

タイヤフレーム素材アルミ
重量ギア3x8段変速
第9位

NEXTYLE(ネクスタイル)

700Cクロスバイク シマノ製21段変速 NX-7021

価格:19,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラータイヤがおしゃれなクロスバイク

おしゃれに街乗りがしたい人におすすめのクロスバイクで、何よりもカラータイヤを使っているのが魅力的でしょう。フレームカラーやカラータイヤが豊富に揃っていることで、自分に合ったクロスバイクが定評です。

 

28Cのタイヤを使っていることで安定感があり、シマノの21段変速ギアでデコボコ道も坂道も問題なく走行できます。明るめのタイヤはちょっとという人には、定番のブラックカラーもおすすめです。

 

フレームと合わせてタイヤの色も変えたい人は、ぜひ試乗してみましょう。

タイヤ700×28Cフレーム素材スチール
重量13.5kgギアシマノ21段変速
第8位

NS BIKES(エヌエスバイクス)

NEST(ネスト) VACANZE 1-K

価格:39,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2019年モデルのクロスバイク

2019年モデルで、普通乗りとして重宝する通勤・通学におすすめのクロスバイクになります。シンプルなデザインはちょっと物足りない感じがしますが、長く愛用する意味でも飽きが来ないのが定評でしょう。

 

安定感のあるタイヤで一見するとクロスバイクに見えませんが、ちょっとデコボコした道もスイスイっと快適に走行ができます。不便な道も段差の衝撃も吸収して、乗り心地抜群です。

 

割と安いクロスバイクを探している人にぴったりです。

タイヤフレーム素材アルミ
重量10.19kgギア7速
第7位

RITEWAY

クロスバイク シェファードシティ 460mm

価格:60,551円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本人の体にフィットするように開発されたクロスバイク

日本人の体にフィットするように開発されたクロスバイクで、ランキングでも人気が高いです。日本人の体のデータを基に作られている為、フィット感が全然違って快適に過ごせるでしょう。

 

軽めのフレームを使っていることで、扱いやすい点でも乗りたいランキングで注目されているのです。傷つきにくい塗装がされていることで、長期間キレイでスタイリッシュなデザインが魅力的でしょう。

 

フレームのカラーバリエーションは10色と幅広く、自分に合ったカラーを選べます。

タイヤ700×32Cフレーム素材6061アルミ
重量12.2kgギアギア数3×8
第6位

アニマト株式会社

クロスバイク 26インチ 7段変速 SURF YA-20

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通勤・通学・街乗りにぴったりのクロスバイク

前輪のクイックリリースハブと言った基本機能がおすすめであり、街乗りとして重宝するクロスバイクになります。カラー展開が豊富で、自分に合った色でクロスバイクを選びたい人にぴったりでしょう。

 

とにかくおしゃれでスタイリッシュなデザインがランキングでも人気があり、通勤・通学でかっこよく街乗りしたい人におすすめします。中でもマットブラックは、光沢を無くすことで落ち着いたデザインに仕上がっているのです。

 

男性にも女性にも受けが良いカラーで、人気のクロスバイクになります。

タイヤ26×1 3/8フレーム素材スチール
重量13.6KgギアSHIMANO7段変速
第5位

リグ(LIG)

クロスバイク 700C LIG MOVE

価格:22,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者向きの軽量クロスバイク

変速ギアは7段と少な目なのが特徴的な、初心者向きのクロスバイクになります。軽量アルミを使ったフレームの為、12kgと軽量で扱いやすいのが魅力的と言えるでしょう。

 

街乗りとして重宝し、ちょっとした段差もサッと持ち運びができる点で普段乗りに適しています。価格も3万円以内ととてもリーズナブルで、2台目のクロスバイクとしてもおすすめです。

 

自分で組み立てるタイプですが、低価格で購入できる点では納得の仕様でしょう。

タイヤ700×28Cフレーム素材アルミ
重量12kgギアシマノ7段
第4位

Giant(ジャイアント)

ESCAPE RX2(エスケープRX2) クロスバイク

価格:52,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者でも乗りやすいおすすめクロスバイク

軽量タイプで軽やかな走りを実現してくれる、人気のクロスバイクになります。フレームに軽量アルミを採用していることでこの軽やかさがあり、スピーディに走ることができるでしょう。

 

シマノ製のVブレーキを搭載していることでも、安心・安全面においてしっかりと保証されているのです。カラーバリエーションも豊富で、好きなカラーで街中を走行できます。

 

安定感のあるボディは、長時間のサイクリングでも疲れにくい点が魅力的です。

タイヤフレーム素材アルミ
重量10.1kgギア9速変換
第3位

21Technology

クロスバイク 6段変速 700×28C

価格:18,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強のクロスバイク

2万円以内で買えるという最強コスパ力がとても魅力的なクロスバイクになります。メイン自転車としてだけでなく、2台目として購入を検討している人にとってもおすすめでしょう。

 

細身のフレームはスタイリッシュで、街中で走行してもおしゃれで爽快な走りを実現します。又、シマノ製6段ギアが付いていることで、デコボコ道や坂道も安定して走行できるでしょう。

 

天候が悪い時も汚れない泥除けが付いていることでも、毎日の通勤・通学用としてぴったりです。

タイヤ700×28Cフレーム素材スチール
重量約13kgギアシマノ製6段
第2位

BIANCHI(ビアンキ)

ROMA-4(ローマ4) (3x8s) クロスバイク700C

価格:81,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ROMAシリーズの末弟であるクロスバイク

スポーツラインとして人気の「ROMA」シリーズの末弟として注目されているクロスバイクになります。コンポーネントグレードを下げたことで価格も抑えることができておすすめです。

 

通勤・通学等の普段使いとしての機能は装備しており、シマノ24段変速ギア付きで坂道やデコボコ道も安定した走りを実現できるでしょう。カラーバリエーションも豊富ということで、女性受けがいいのもランキングで上位の理由です。

 

自分の好きなカラーで選べて、街中でもスタイリッシュに乗りこなせるでしょう。

タイヤKenda Kadence 700x28Cフレーム素材Alloy
重量ギア変速:24段(3x8)
第1位

シボレー(CHEVROLET)

CORVETTE(コルベット) AL-CRB7006

価格:24,990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通勤・通学にもおすすめの軽量タイプのクロスバイク

アルミフレームを採用していることで、重量が11.5kgと軽量タイプなのが特徴的なクロスバイクになります。軽やかな走りで通勤・通学用としても重宝すること間違いないでしょう。

 

デコボコ道や坂道等でも安定した走りを実現できるようにシマノ製6段変速ギアが採用されていますが、ハンドルを握ったまま変換できます。その為、ロードレース中もギア切り替え時に時間ロスすることがありません。

 

本格的なクロスバイクとしてもおすすめであり、28Cの太めタイヤで安定感もあります。

タイヤ700×28Cフレーム素材軽量アルミフレーム
重量11.5kgギアシマノ製6段変速ギア

クロスバイクの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5119941の画像

    シボレー(CHEVROLET)

  • 2
    アイテムID:5119948の画像

    BIANCHI(ビアンキ)

  • 3
    アイテムID:5119956の画像

    21Technology

  • 4
    アイテムID:5119965の画像

    Giant(ジャイアント)

  • 5
    アイテムID:5119979の画像

    リグ(LIG)

  • 6
    アイテムID:5119984の画像

    アニマト株式会社

  • 7
    アイテムID:5119987の画像

    RITEWAY

  • 8
    アイテムID:5119993の画像

    NS BIKES(エヌエスバイクス)

  • 9
    アイテムID:5119994の画像

    NEXTYLE(ネクスタイル)

  • 10
    アイテムID:5119996の画像

    FUJI(フジ)

  • 11
    アイテムID:5120000の画像

    ブリヂストン(BRIDGESTONE)

  • 12
    アイテムID:5120002の画像

    カノーバー(CANOVER)

  • 13
    アイテムID:5120006の画像

    ジオス

  • 14
    アイテムID:5120007の画像

    メリダ

  • 15
    アイテムID:5120008の画像

    ネクスタイル(Nextyle)

  • 商品名
  • CORVETTE(コルベット) AL-CRB7006
  • ROMA-4(ローマ4) (3x8s) クロスバイク700C
  • クロスバイク 6段変速 700×28C
  • ESCAPE RX2(エスケープRX2) クロスバイク
  • クロスバイク 700C LIG MOVE
  • クロスバイク 26インチ 7段変速 SURF YA-20
  • クロスバイク シェファードシティ 460mm
  • NEST(ネスト) VACANZE 1-K
  • 700Cクロスバイク シマノ製21段変速 NX-7021
  • RAIZ 3x8段変速 クロスバイク 19RAIZBL
  • ブリヂストン(BRIDGESTONE) CHeROクエロ
  • クロスバイク 700C シマノ21段変速 CAC-021
  • クロスバイク MISTRAL GRAVEL
  • クロスバイク クロスウェイ CROSSWAY 110-R
  • 700Cクロスバイク CNX-7006
  • 特徴
  • 通勤・通学にもおすすめの軽量タイプのクロスバイク
  • ROMAシリーズの末弟であるクロスバイク
  • コスパ最強のクロスバイク
  • 初心者でも乗りやすいおすすめクロスバイク
  • 初心者向きの軽量クロスバイク
  • 通勤・通学・街乗りにぴったりのクロスバイク
  • 日本人の体にフィットするように開発されたクロスバイク
  • 2019年モデルのクロスバイク
  • カラータイヤがおしゃれなクロスバイク
  • PALETTEの後継モデルのクロスバイク
  • 基本的な乗り方を学べる老舗メーカークロスバイク
  • LEDフロントライト付きのクロスバイク
  • 衝撃吸収性能に優れたクロスバイク
  • 低身長の女性でも乗りやすいクロスバイク
  • タイヤ・ホイールがおしゃれなクロスバイク
  • 価格
  • 24990円(税込)
  • 81000円(税込)
  • 18800円(税込)
  • 52500円(税込)
  • 22980円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 60551円(税込)
  • 39900円(税込)
  • 19980円(税込)
  • 57348円(税込)
  • 52173円(税込)
  • 55671円(税込)
  • 58125円(税込)
  • 57352円(税込)
  • 26980円(税込)
  • タイヤ
  • 700×28C
  • Kenda Kadence 700x28C
  • 700×28C
  • 700×28C
  • 26×1 3/8
  • 700×32C
  • 700×28C
  • 700×32C
  • 700x25C
  • KENDA K-1047 700×35C
  • CST C-1985 28C
  • 700×28C
  • フレーム素材
  • 軽量アルミフレーム
  • Alloy
  • スチール
  • アルミ
  • アルミ
  • スチール
  • 6061アルミ
  • アルミ
  • スチール
  • アルミ
  • クロモリ
  • アルミ
  • ALUMINUM D.B SPECIAL TUBING FOR GIOS
  • CROSSWAY TFS
  • アルミ
  • 重量
  • 11.5kg
  • 約13kg
  • 10.1kg
  • 12kg
  • 13.6Kg
  • 12.2kg
  • 10.19kg
  • 13.5kg
  • 約12.1kg
  • 11.2kg
  • 12.8kg
  • 11.4kg
  • 12.8kg
  • ギア
  • シマノ製6段変速ギア
  • 変速:24段(3x8)
  • シマノ製6段
  • 9速変換
  • シマノ7段
  • SHIMANO7段変速
  • ギア数3×8
  • 7速
  • シマノ21段変速
  • 3x8段変速
  • 1×8段
  • シマノ21段
  • シマノ7段変速機

クロスバイクを漕ぐための必需品も揃えよう!

せっかくより良いクロスバイクを購入したのであれば、もっと快適に走行できるようなグッズも必要でしょう。一緒に購入すると便利なアイテムを紹介します。

空気入れにもこだわろう

長く愛用しているクロスバイクは、小石等を踏んで空気が抜けてしまうこともあるでしょう。こまめに空気入れを使うことになりますが、数ある中から選ぶのは大変です。

 

基本、クロスバイクやロードバイクと言ったスポーツ系バイクは「エアゲージ付き」が良いでしょう。タイヤに適量の空気をしっかり入れることができる為、パンクがしにくくなると注目されています。

 

メーターが付いていることで、どれくらいの空気量が入っているのか分かりやすくなるのです。

ペダルも別途購入することができる

自転車の乗り心地を左右するクロスバイクのペダルは、長距離サイクリングで乗る人の脚力を左右するでしょう。備え付けのペダルでは思うような効果が出ないと言った場合は、ペダルも別途購入が理想です。

 

ペダルを漕ぐことで前に進む為、できるだけ足に負担が少ないタイプを慎重に選ぶことがポイントになります。主に2種類あり、フラットペダルは街中走行向き・安価で靴選びの必要がありません。

 

一方、ビルディングペダルは、引き足を使うことで疲れにくく坂道も登りやすくなることから安定したペダリングが望めるのです。

クロスバイク関連グッズにもこだわろう

大切なクロスバイクを長く愛用する為には、色んなアイテムが必要でしょう。クロスバイクを購入する際は、メンテナンスも含めた上で関連グッズも一緒に買うと便利です。

 

中でも「クロスバイク用フラットペダル」「クロスバイク チェーンクリーナー」「クロスバイク フロアポンプ」等を揃えておくと便利です。クロスバイクの関連グッズを紹介した記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

お気に入りのクロスバイクを

今回は「クロスバイクの選び方・人気ランキング15選・クロスバイクを漕ぐための必需品」について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。基本となる選び方は、用途・サイズ・フレーム・タイヤの太さ・おすすめメーカー等色んな項目から探すと失敗ありません。ぜひ、お気に入りのクロスバイクを見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ