記事ID139468のサムネイル画像

【アナログ・デジタルに分けて紹介】テスターの人気おすすめランキング10選

今回はおすすめのテスターをランキング形式でご紹介します。テスターとは、電子工作・電気工事などの際などに役立ち、断線をチェックできるアイテムです。今では色々なタイプのテスターが販売されていますが、「どれを選べば良いかわからない」とおもわれてる方は必見です!

テスターの種類と特徴

テスターと聞いて皆さんは何のことかピンと来ましたか?テスターとは、電子工作・電気工事などの際などに役立ち、断線をチェックできるアイテムです。

 

テスターにはアナログ・デジタルと主に2種類のタイプがあります。それぞれ特徴が異なるので、自分はどちらを選ぶべきなのかを判断するために機能性を把握しておきましょう。

実際の振れ幅を見たい!「アナログテスター」

アナログテスターとは、針と目盛りによって、メーターを表示するタイプとなっています。電気が通ることによって、針が動く仕組みです。電流・電圧の変化を、針の動きで視覚的に確認することができます。

 

構造があまり複雑ではないため、メンテナンスがしやすいメリットがあります。また、部品などの交換がしやすいので、初めての使用する方も、操作がしやすく扱いやすいです。ただし、目盛りを読む必要があるため、使い慣れるまでに時間がかかります。

正確な数値を知りたい!「デジタルテスター」

デジタルテスターは、測定した数値を液晶画面によって、表示することができます。数字をサッと読み取れるので、目盛りを間違えることなく確認することができます。そのため、細かい値まで正確に測定したいといった場合でも役立ちます。

 

サイズも非常にラインナップが多いので、持ち運びがしやすくなっています。ただし、小型のものは一部部品を交換できないことがあります。本体ごと買い替える必要がある場合もあるので、メンテナンスのしやすさなども、視野に入れて選びましょう。

テスターの選び方

テスターは、非常に多くの商品があり、どれを選んだら良いのか、迷う方も多いかと思います。この記事では、あらゆる項目に着目して、丁寧にご紹介しているので、是非参考にしてみましょう。

目的で選ぶ

電子工作・電気工事であれば、簡単な入門用のものでも十分対応できます。自転車やバイクに使用する場合は、検電タイプだと電圧を測る際も、スムーズに作業が行えます。

電子工作・電気工事で選ぶ

電子工作や電気工事で使用する場合は、ポケットサイズなどの小さいものでも、対応することができます。主に電子工作などでは、電圧・導通チェックからパーツの抵抗値を測ったりします。

 

これは、基本的な機能になるので、簡単な初心者用テスターでも十分使用することが可能です。そのため、あまり高度なテスターは必要ありません。

バイク・自転車で選ぶ

車やバイクに使用する場合は、主に電圧や導通テストなどで使われることが多いです。また、よく車に使用されるのは、+12V・0Vといった限られたものになるので、検電タイプのテスターが最適です。

 

さらに、車だけでなく基本的な機能が内蔵されたタイプもあるので、一台で様々な用途で使用したい場合は、ACクランプメータータイプもおすすめです。

タイプ別!様々な特徴に特化したテスターを選ぶ

商品によって、様々な特徴があります。いつどこで使用するのか、又は自分が何を重視するかによって選び方は異なってきます。ここでは自分に合った「特徴」を備える商品があるか見ていきましょう!

据え置きタイプを選ぶ

据え置きタイプとは、ACアダプターを使用して、コンセントから電源を給電する仕組みとなっています。最大のメリットは、電池切れの心配がなく、いつでも安定した状態で計測することができることです。

 

ズレが非常に少ないので、安心して使用できます。非常に高機能な商品も多くあり、色々な機能が搭載されているモデルも、非常に多いです。また、サイズも様々なものがあるので、使用する目的に合ったものを選びましょう。

ハンディタイプを選ぶ

ハンディタイプは、非常にコンパクトなので、携帯性にも優れていて、持ち運びがしやすくなっています。機能性が非常に高い商品もあるので、使いやすさも兼ね揃えています。

 

また、基本的な測定ができる以外にも、それぞれ商品によって、色々な機能が搭載されているので、まずはこのハンディタイプから使ってみることをおすすめします。テストリードが本体と分かれていることもあり、メンテナンスもしやすいです。

ポケット・ペンタイプを選ぶ

持ち運びに優れていて、ポケットにも収納しやすいものをお探しの場合は、ポケットタイプや、ペンタイプのテスターがおすすめです。また、ポケットタイプよりも薄く、サッと取り出しやすいカード型タイプもあります。

 

こういったものなら、省スペースに収納できるので、取り出しやすいメリットがあります。コンパクトであっても、基本的な機能はしっかりと備わっているので、機能性が低下するといった心配は無用です。

メーカーで選ぶ

有名なメーカーを把握しておくと、より選びやすくなります。特にこの3つのメーカーは、世界中でも愛用されていて、高い技術を持った商品が多いので要チェックです!

三和を選ぶ

三和とは、昭和16年に創業し大手のメーカーとして、色々なアイテムを取り揃えています。ご自宅で手軽に使用できる商品から、学校などの業務用の製品も扱っているので、非常に多くの場所で愛用されています。

 

また、性能も高く正確さも兼ね揃えているので、安心して使用できます。アフターサービスなども充実していて、手軽に相談が行え、購入前のサポートもしてくれます。

秋月を選ぶ

秋月とは、秋月電子通商といった正式名所で、1978年9月に設立したメーカーになります。現在では、関東を中心に店舗を構えていて、多くの電子部品や工具を製造・販売しています。

 

テスターにおいても、本体だけでなく細かい部品も取り揃えているので、一式揃えることができます。同じメーカーの部品を使うことによって、安全面も高めれるので、チェックしてみましょう。

フルークを選ぶ

フルークとは、色々な商品に着目して、安全に使用できるものを開発し、非常に高品質なものを扱っています。日本のみならず、アメリカ・カナダ・メキシコといった、海外でも注目を浴びているメーカーです。

 

世界中で使用されていたりと、常に世界をリードしています。高い品質標準を持ち、技術を生かした商品が多いので、本格的なプロ仕様のものを使用したい方にピッタリです。

アナログテスター5選

第5位

カスタム

アナログテスタ CX-270N

価格:3,103円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

目盛りが見やすいように、工夫されています。

細かいレンジ設定が可能で、付属品も充実しているアナログテスターです。トランジスタの増幅率の測定も、可能となっています。

 

さらに、比較的コンパクトなので持ち運びやすく、取り出しもしやすく現場などでも活躍します。目盛りをより、正確に読めるメーター付きミラーを採用しているので、チェックも素早く行えて、作業の効率も高まります。

 

丈夫で分かりやすいといった、ロコミが挙がっていました。付属品には、テストリード・ヒューズがあり、届いたその日から使用できます。別途で部品を用意する必要がないので、コスパにも優れていておすすめです。

サイズ6.2×15cm重さ230g
安全性-特徴テストリード付き
第4位

三和

アナログマルチテスタ YX-361TR

価格:5,949円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クオリティーの高さに驚かされます。

多機能なテスターで、ゼロセンターメーターを搭載しています。光で測定する導通チェックLEDを装備するなど、新機能も備わっていて、様々な便利な性能を体験できます。また、直列コンデンサ端子付きで、色々な場面で使えます。

 

実働負荷内蔵により、テストレンジがあらかじめ付いています。さらに、24chワンコントロールを新設計しています。よって、測定レンジをワイド化し、新たにオートセットポラリティ回路や、全対策機構を備えたハイクオリティー商品となっています。

 

コスパ以上の優れものといった、ロコミが挙がっていました。メーターの確認がしやすいように、大きめに作ってあります。

サイズ150×100×36mm重さ290g
安全性安全対策機構有り特徴テストレンジ付き
第3位

三和

アナログマルチテスタ TA-55

価格:7,646円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自転車や自動車などにも対応できます。

自転車にも使用でき、色々な用途で活用できます。スケール目盛りとレンジの色分けによって、見やすが向上しています。

 

さらに、導通確認用として、ブザーレンジが付いています。目盛りが見やすいように、スタンドを設けているので、確認しやすくおすすめのテスターです。安心の日本製で、万が一の際はアフターサービスも受けることができます。

 

車にも対応できてとにかく便利といった、ロコミが挙がっていました。オプションクランプの使用によって、さらにDCA300Aまで測定できます。自動車回路測定に使うこともできて、かなり便利です。

サイズ42×97×38mm重さ300g
安全性-特徴スタンド機能付き
第2位

朝日電器

ELPA CX-270

価格:2,566円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

斜斜スタンドのおかげで、チェックしやすくなっています。

このテスターを使用すれば、デジベルの測定以外にも、LEDの測定も行うことができます。非常に優れた機能性を持ち、多機能型で使いやすさも十分兼ね揃っています。 傾斜スタンドが付いているので、見やすく作業のスピードも向上します。

 

また、安全性を高めるために、回路保護ヒューズが付いているので、安心して作業が行えます。便利な金メッキ仕様の、テストリードを採用しているなど、細かい部分も技術が生かされた商品でおすすめです。

 

一番使いやすいといった、ロコミが挙がっていました。重さも軽量化を計っているので、持ち運ぶ際も負担になりません。

サイズ3.8×10×15.2cm重さ230g
安全性回路保護ヒューズ付き特徴テストリード採用
第1位

三和

アナログマルチテスター AP-33

価格:2,365円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性も高く、衝撃も吸収するので、すぐに故障しません。

比較的手軽に操作できるので、初めて使用される方でも、扱いやすくなっています。お値段もリーズナブルなので、お求めやすいです。また、便利なポケットタイプのテスターなので、持ち運びがしやすく、利便性にも優れています。

 

さらに、2種類のバッテリーチェック付きで、様々な用途でお使いいただけます。安全性も高く、安心の国際安全規格を取得しているので、安全且つ便利でおすすめのテスターです。ナイロン線を織込んでいることで、断線しにくいです。

 

素人でも使いやすいといった、ロコミが挙がっていました。落下に強い衝撃吸収ラバー使用しているので、すぐに壊れず長く使い果たせます。

サイズ 3x8.7x12.6cm重さ185g
安全性テストリード採用特徴国際安全規格IEC61010取得済み

アナログテスターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5116819の画像

    三和

  • 2
    アイテムID:5116826の画像

    朝日電器

  • 3
    アイテムID:5116838の画像

    三和

  • 4
    アイテムID:5116866の画像

    三和

  • 5
    アイテムID:5116872の画像

    カスタム

  • 商品名
  • アナログマルチテスター AP-33
  • ELPA CX-270
  • アナログマルチテスタ TA-55
  • アナログマルチテスタ YX-361TR
  • アナログテスタ CX-270N
  • 特徴
  • 安全性も高く、衝撃も吸収するので、すぐに故障しません。
  • 斜斜スタンドのおかげで、チェックしやすくなっています。
  • 自転車や自動車などにも対応できます。
  • クオリティーの高さに驚かされます。
  • 目盛りが見やすいように、工夫されています。
  • 価格
  • 2365円(税込)
  • 2566円(税込)
  • 7646円(税込)
  • 5949円(税込)
  • 3103円(税込)
  • サイズ
  • 3x8.7x12.6cm
  • 3.8×10×15.2cm
  • 42×97×38mm
  • 150×100×36mm
  • 6.2×15cm
  • 重さ
  • 185g
  • 230g
  • 300g
  • 290g
  • 230g
  • 安全性
  • テストリード採用
  • 回路保護ヒューズ付き
  • -
  • 安全対策機構有り
  • -
  • 特徴
  • 国際安全規格IEC61010取得済み
  • テストリード採用
  • スタンド機能付き
  • テストレンジ付き
  • テストリード付き

デジタルテスター5選

第5位

フルーク

ポケットサイズ・マルチメータ 107

価格:10,890円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使用できる場所を問いません。

安心の日本製で、高いクオリティーを持っています。バックライト付きなので、暗い場所でも使用できて、夜間での作業も行えます。

 

また、ポケットサイズにしているので、ポケットに入れれるので、収納もしやすいです。600V準拠の優れた安全性を誇り、デジタルで見やすく扱いやすいです。手に馴染む手の平サイズで、しっかりと掴めます。

 

サイズ感が良いといった、ロコミが挙がっていました。作業しやすいように製造されているので、機械に慣れていない方にもおすすめです。どのような場所で作業する場合でも、取り出しやすく、電気工事や現場での測定に最適です。

サイズ-重さ200g
安全性-特徴バックライト付き
第4位

Vensmile

土壌テスター

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

植物の育成などで、適切な環境を整えられます。

土壌の測定時に便利な、専用のテスターになっています。園芸や農作物の生育管理に最適で、手にフィットするサイズなので、紛失しにくく便利です。また、測定ブロープを挿入するだけで良いので、とても手軽に扱えます。
 
さらに、園芸・野菜栽培での土壌の酸度以外にも、湿度・温度の計測ができます。よって正確な数値が分かり、最適な環境に導くことができます。蛍光よりのグリーンで、目立ち画面も見やすいです。
 
シンプルで使いやすいといった、ロコミが挙がっていました。照度の管理の目安にもなり、植物の健全状態を良くできます。 
サイズ122×63×36mm重さ-
安全性-特徴土壌専用
第3位

BEVA

マルチメーター

価格:1,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質で、耐熱性もある材質を採用しています。

様々な用途で使用できて、あらゆるものの計測にお使いいただけます。お値段がリーズナブルなので、あまり使用頻度が多くない方にも、おすすめの商品です。また、色々な機能があり、安全的に測定できます。

 

さらに、非接続電圧測定NCV機能とデーターホールド機能も、兼ね揃えています。形状がコンパクトなので、持ち運びにも便利で、邪魔になりません。作業時でもちょっと使いたい時に、役立ちます。

 

コスパが最高といった、ロコミが挙がっていました。バッテリー同士の装着時に使える、ドライバーが付属されています。なので、手軽に接続することが可能です。

サイズ-重さ249g
安全性-特徴スタンド付き
第2位

AstroAI

デジタルマルチメーター

価格:1,349円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

画面が大きいので、確認しやすく高品質です。

抵抗値・導通チックなどの測定にお使いいただけます。色々なトラブルを、安全に正確に解消することができます。

 

また、バックライト大画面LCD付きで、表記された数値が確認しやすくなっています。裏面には、スタンドが付いているので、固定して立たせて使用することが可能です。両手が空くので、作業がスムーズに行えます。

 

安全で非常に機能性に優れているといった、ロコミが挙がっていました。過負荷時には、きちんと保護機能が付いているので、心配ありません。ご自宅用としても、学校用としても使えて、ビジネスにも活用できます。

サイズ13x7.3x3.7cm重さ-
安全性オーバーレンジ保護機能付き特徴LCD付き
第1位

Crenova

デジタルマルチメーター

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

危険を察知した際は、素早くブザーでお知らせします。

簡単に挟んで使用できるので、初心者でも手軽に扱えます。また、全レンジには、過負荷保護機能が付いているので、安全も保障されています。自動車にも対応していて、様々な電気的トラブルを解決できます。

 

さらに、過負荷になった時には、オーバーレンジ警告とブザーが鳴るので、危険をいち早く察知できます。誤って作業することなく、安全に正確な測定が可能です。

 

ベストセラーにふさわしい商品といった、ロコミが挙がっていました。サイズが小さめなので、持ち運びがしやすく、携帯性があります。裏面にリードを取り付けておくホルダーが付いているので、作業用としても便利です。

サイズ14x7.1x4.1cm重さ320g
安全性PTC保護回路付き特徴バックライトLCD採用

デジタルテスターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5116880の画像

    Crenova

  • 2
    アイテムID:5116882の画像

    AstroAI

  • 3
    アイテムID:5116892の画像

    BEVA

  • 4
    アイテムID:5116906の画像

    Vensmile

  • 5
    アイテムID:5116911の画像

    フルーク

  • 商品名
  • デジタルマルチメーター
  • デジタルマルチメーター
  • マルチメーター
  • 土壌テスター
  • ポケットサイズ・マルチメータ 107
  • 特徴
  • 危険を察知した際は、素早くブザーでお知らせします。
  • 画面が大きいので、確認しやすく高品質です。
  • 高品質で、耐熱性もある材質を採用しています。
  • 植物の育成などで、適切な環境を整えられます。
  • 使用できる場所を問いません。
  • 価格
  • 2880円(税込)
  • 1349円(税込)
  • 1490円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 10890円(税込)
  • サイズ
  • 14x7.1x4.1cm
  • 13x7.3x3.7cm
  • -
  • 122×63×36mm
  • -
  • 重さ
  • 320g
  • -
  • 249g
  • -
  • 200g
  • 安全性
  • PTC保護回路付き
  • オーバーレンジ保護機能付き
  • -
  • -
  • -
  • 特徴
  • バックライトLCD採用
  • LCD付き
  • スタンド付き
  • 土壌専用
  • バックライト付き

テスターの使い方

アナログテスターとデジタルテスターは、ただ表記の方法が違うだけではありません。それぞれに合った測定方法が決まっているので、時前に確認しておくことが安全に繋がります。

アナログテスター

測定方法にはいくつか種類がありますが、今回は直流電圧の測り方をご紹介します。まず、テストリードの赤プラグを+入力端子へ、黒プラグを-入力端子に差し込んでいきます。

 

次に、レンジを切り換えるつまみで、DCVの余裕のあるレンジ設定します。次に、黒のテストピンを-側に、赤のテストピンを+側に接触させます。最後に計測した目盛りを確認して測定が終了です。必ず、測定中は設定を変えたり、スイッチを触らないことが大切です。

デジタルテスター

デジタルテスターも、測るものによって異なります。今回は、DCV電圧の測り方をご紹介します。まず、テストリードの赤プラグをV端子に、黒プラグをCOM端子に差し込んでいきます。

 

次に、まず、ファンクションスイッチをVに合わせて、テストピンを接触させていきます。被測定回路の-電位側に黒を、+の電位側に赤のテストピンを接触させて測定が終了です。また、測定中にスイッチを切り替えたりすると、危険なので必ず測定中は触れないようにしましょう。

自分に合ったテスターを選びましょう

今回は、おすすめのテスターをご紹介しましたが、使いやすいものなどは見つかりましたでしょうか。それぞれ特徴が異なってくるので、自分の用途に合ったテスターを見極めるようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ