記事ID139450のサムネイル画像

【直木賞受賞作家】大沢在昌の人気おすすめ小説ランキング10選

大沢在昌さんのおすすめ作品ランキングを一挙公開!直木三十五賞をはじめとして、様々な文学賞を獲得している大沢在昌。その傍らミステリーランキングの常連にもなっている為、有名な作品がとても多いです。そんな大沢在昌さんの有名な作品から知る人ぞ知る作品まで紹介していきます。

ハードボイルド小説が人気の大沢在昌の魅力

家には父親の本が大量にあり、小学校に入る前後から児童文学書を多く買ってもらうなど小さい頃から文章に触れていた大沢在昌さん。その中でも「名探偵カッレくん」シリーズや「シャーロック・ホームズ」シリーズなどに影響を受けていました。

 

1979年に「感傷の街角」で第1回小説推理新人賞を受賞してデビュー。しかし、デビュー当初は全く売れない作家で、11年間28冊も初版だけで「永久初版作家」とも呼ばれていました。しかしその頃の小説にも面白いものは多いです。

 

1990年に「悪人海岸探偵局」が初の増刷となり「永久初版作家」を卒業すると、同年「新宿鮫」を発表、刊行直後から大反響を呼び、「このミステリーがすごい!」ランキング第1位に輝くなど、ハードボイルド作家としての地位を不動のものとしました。

 

大沢在昌の小説の選び方

大沢在昌さんは40年以上にわたり小説を執筆し続けているため、その作品数は膨大な量になります。そんな大沢在昌さんの作品の中から自分に合った小説の選び方を紹介していきます。

小説の長さで選ぶ

大沢在昌さんの小説には短編集もあれば長編のものもあります。小説を読める時間や、どれくらい小説の世界に入り込みたいか、などを考えて小説の長さを選んでみましょう。

長編を読む

大沢在昌さんの代表作である「新宿鮫シリーズ」は長編が多いですし、それ以外にも大沢在昌さんは長編小説をいくつも執筆しています。大沢在昌さんのハードボイルドな世界観を完全に楽しもうと思う場合は、長編小説を選んでみてください。

 

長編小説を読む場合は時間に余裕があるときの方が良いでしょう。特に大沢在昌さんの小説は手に汗握る展開の物が多いので、小説に熱中しすぎていつの間にか数時間過ぎてた、なんてことになる可能性もあります。

 

しっかりとここまで読んだら辞めるという意思を持つことができて、楽しみを後にとって置ける人でしたら、少しずつ長編小説を読んでいくのも良い楽しみ方です。毎日の小説を読む時間が自分のご褒美になるでしょう。

短編を読む

大沢在昌さんの小説には長編も多いのですが短編や、連作小説も執筆しています。短編集を読む利点はちょっとした空き時間に気軽に読めることです。人気の「新宿鮫」シリーズにも短編集があります。

 

また、短編集であれば1冊で複数の物語が収録されているのでお得感があります。どんな大沢在昌さんの作品が自分に合っているかというのを調べてみるのにも良いですし、短編でも、しっかりと大沢在昌さんの世界観を堪能できる作品も多いです。

 

小説を買ってから長編の場合自分に合わないものだったら損した気持ちになってしまいますので、まだそれほど小説を読むのに慣れていない人は、まずは短編小説でいくつか大沢在昌さんの作品を読んでから長編に行くのも良いでしょう。

文学賞を受賞したものから選ぶ

大沢在昌さんの作品の中には、文学賞を受賞したものやミステリーランキングの上位にランクインしたものが数多くあります。そういった小説にはハズレが少ないので、まず最初は文学賞を受賞したものから選ぶのも一つの選び方です。

週刊文春ミステリーベスト10

週刊文春ミステリーベスト10は、文藝春秋発行の「週刊文春」年末発売号で発表される、1977年末に開始された、推理小説のブック・ランキングです。毎年の秀逸な推理小説を選定するアンケートを実施し、そのランキングを発表しています。

 

大沢在昌さんの作品が初めて週刊文春ミステリーベスト10にランクインしたのは、1991年の「新宿鮫」が3位、そして「毒猿 新宿鮫II」が同年の1位に輝いています。その他「新宿鮫シリーズ」は発売されるごとに毎回のようにランクインしています。

 

また「新宿鮫シリーズ」以外でも「B・D・T〔掟の街〕」や「海と月の迷路」など数々の作品がこのランキングにランクインしているので、まずはこの「週刊文春ミステリーベスト10」にランクインした作品から選ぶのも良いでしょう。

直木三十五賞

直木賞という名称で覚えている人も多いでしょうが正式には「直樹三十五賞」という賞で、無名・新人及び中堅作家による大衆小説作品に与えられる文学賞で、芥川賞とならんでとても有名な賞の一つです。候補に選ばれるだけでもすごい賞でもあります。

 

もともとは無名・新人に与えられる賞でしたが、のちに中堅作家も受賞の範囲になり、現在ではベテランの作家さんもこの賞を受賞することもあるため、ほぼ年齢やキャリアは関係のない賞となっています。

 

大沢在昌さんは、人気の「新宿鮫シリーズ」の4作目である「新宿鮫4 無間人形」で直木三十五賞を受賞しています。4巻から読んでみても良いのですが、どうせなら新宿鮫シリーズの1巻から読んでみるのも良いでしょう。

映像化されているかどうかで選ぶ

大沢在昌さんの作品は映像化されたものが数多くあります。映像化されたものはいろいろなところで話題になっていたりするので、話自体は知らなくても題名くらいは知っているものもあるかもしれません。

 

映像化されている作品は、原作とストーリーが違ったりすることも多いので、映像と小説を見比べながら違う場所を探すのも楽しみの一つです。また、好きな俳優さんが出ている映画で、たまたま大沢在昌さんを知ったという人も是非小説を読んでもらいたいです。

 

逆に映像化されていない作品を見るメリットとしては、変な先入観を持たずに小説を読むことが出来るところでしょう。映像化されている作品、されていない作品のどちらにもメリットはあるので、小説を選ぶときには良く考えてみましょう。

大沢在昌の人気ランキング10選

第10位

KADOKAWA

感傷の街角

価格:734円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大沢在昌デビュー作

早川法律事務所に所属する失踪人調査のプロ佐久間公がボトル一本の報酬で引き受けた仕事は、11年前に横浜で遊んでいた「元少女」を探すことだった。手がかりは名前と年齢ぐらいしかない上に、期限は3日間しかない。見つけることは出来るのか?

 

表題作である「感傷の街角」の他、「フィナーレの破片」「晒さらされた夜(ブリーチド・ナイト)」「サンタクロースが見えない」「灰色の街」「風が醒さめている」「師走、探偵も走る」の全7篇を収録した短編集。

 

この小説が1979年に生島治郎さん、海渡英祐さん、藤原審爾さんが選考委員を務めた第1回小説推理新人賞を受賞したことで、大沢在昌さんはデビューすることになりましたが、大ヒットにはいたらず、長く売れない時間を過ごすこととなってしまいました。

発売日1982/2ページ数384
文学賞第1回小説推理新人賞映像化-
第9位

講談社

相続人TOMOKO

価格:1円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小柳ルミ子主演で映画化

巨万の財産とCIAで身につけた殺人技術を武器に闘う謎の美女トモコ。巻き込んだのは、対照的な風俗ギャル須藤智子。ふたりだけで日米複合秘密組織が牛耳る米軍、情報部、警察、ヤクザと対決し、アメリカ大統領記者会見の場へたどり着けるのか?

 

主人公のトモコはもちろんとして、世の中に虐げられて生きてきたコールガール・須藤智子や、トモコに力を貸してくれるC・I・D(軍犯罪調査部)のマーク・クィンビー軍曹など脇役たちにも個性あふれるキャラクターが満載のハードボイルド小説。

 

1990年5月に発売された小説ですが、発売から10年後の2000年には中田信一郎さん監督、小柳ルミ子さん、ジョン・ベネットさん、島田沙羅さん・ベンガルさん・渡辺裕之さんらが出演して映画化されています。

発売日1990/5ページ数358
文学賞-映像化2000
第8位

KADOKAWA

らんぼう

価格:778円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

凸凹コンビの活躍

巨漢の大浦・通称ウラと、小柄だが空手の達人の赤池・通称イケ―この刑事コンビは、腕は立つがキレやすく素行不良、やくざのみならず署内でも恐れられている。被疑者を半殺しにし、チンピラの車をぼこぼこにし、拳銃をぶっ放し、カジノでは大暴れ。

 

「ちきこん」「ぴーひゃらら」「がんがらがん」「ほろほろり」など、タイトルを見ただけでは何の話なのかよくわからないけど、何か気になる短編が11作品収録されています。ただの荒くれ者の話ではなく、結構奥が深いのも特徴です。

 

2006年1月17日、日本テレビ系列の2時間テレビドラマ枠「DRAMA COMPLEX」にて坂口憲二さんと、哀川翔さんのコンビでテレビドラマ化されると人気となり、第二弾も2007年に放送されました。また、映画以外に漫画化もされています。

発売日1998/9ページ数400
文学賞-映像化2006/1/17
第7位

文藝春秋

闇先案内人

価格:660円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

構想・執筆に8年

「逃がし屋」とは、何かの理由で亡命をよぎなくされた人物のボディガード、隠匿、亡命を請け負う集団のこと。逃がし屋「チーム」のリーダーである葛原は、多彩な能力を持ち合わせる仲間を持ち、東京・関東地区でもかなりのベテランとして見られている。

 

彼のもとに、ある外国要人のゆくえを探す依頼が舞い込んできた。本来追われる側の彼が、今度は追う側に立たされたのだ。相手にも、関西地域で活躍している「逃がし屋」が付いているという。東西プロフェッショナルのプライドが火花を散らす。

 

大沢在昌さんはこの作品の構想・執筆に8年を費やした力作です。2002年の第20回日本冒険小説協会大賞(国内部門)を受賞したほか、週刊文春ミステリーベスト10で7位、このミステリーがすごい!では6位にランクインしています。

発売日2001/9ページ数402
文学賞第20回日本冒険小説協会大賞(国内部門)受賞映像化-
第6位

KADOKAWA

天使の牙

価格:704円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

白熱の逃走劇

覚醒剤に替わり、日本全土を脅かす新型麻薬アフター・バーナー。その元締「クライン」を牛耳る独裁者・君国辰郎の愛人神崎はつみが逃亡した。はつみは組織内部のことを知りつくしていた。そのはつみが警察に保護を求めてきたのだ。

 

はつみを護衛・移送することになったのは、男まさりの女刑事明日香だった。二人はヘリからの銃撃を受け瀕死の重体になるなど大変な事態がどんどん巻き起こっていくのですが、最後まで逃げ切ることは出来るのでしょうか?

 

2003年8月23日には、西村了さんが監督、大沢たかおさんと、「ViVi」の専属モデルでこれが映画デビューとなる佐田真由美さん主演で映画化されました。また、このミステリーがすごい!の1996年版では10位にランクインしています。

発売日1995/7ページ数368
文学賞このミステリーがすごい!10位映像化2003/8/23
第5位

講談社

走らなあかん、夜明けまで

価格:550円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

不運なサラリーマン

生まれて初めての大阪出張。二十七歳のサラリーマン坂田勇吉は、企業秘密の新製品を詰めたアタッシュケースを、手違いから堀河組というやくざに持って行かれてしまう。取り戻すには、敵対するセンバ会から取引代金の五千万円を奪わなければならない。

 

不運なサラリーマンの坂田シリーズの1作目で、ただのサラリーマンに過ぎない主人公の坂田勇吉がやくざ相手に大立ち回り。大沢在昌さんの作品にしては珍しい、普通のサラリーマンが主役というのも一見の価値があります。

 

不運なサラリーマンの坂田シリーズはこの後「涙はふくな、凍るまで」や「語りつづけろ、届くまで」と言った作品も発売されており、1996年3月30日には監督が石川均さん。萩原聖人さん、大塚寧々さん、夏八木勲さんなどが出演で映画化されています。

発売日1993/12ページ数424
文学賞-映像化1996/3/30
第4位

KADOKAWA

眠りの家

価格:605円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハードボイルド以外の面も

学生時代からの友人潤木と吉沢は、外房のひとけのない磯の先端に奇妙な建物を発見した。前面は絶壁の荒磯、背後は通行もままならぬ深い山が迫っている。見ようによっては軍の施設にも見えた。いったい誰が、何のために作ったものなのだろうか?

 

表題作の「眠りの家」に加えて「一瞬の街」「ゆきどまりの女」「人喰い」「六本木怪談」「夜を突っ走れ」の全6作が収録された短編集です。ハードボイルド小説で有名な大沢在昌さんのハードボイルド小説以外の面も見られる作品集になっています。

 

1993年12月22日には「XX(ダブル・エックス) 美しき凶器」というタイトルで、「ほしをつぐもの」で有名な小水一男さんが監督、宮崎ますみさん、村井国夫さん、草刈正雄さん出演でVシネマ作品として劇場公開されています。

発売日1989/2ページ数272
文学賞-映像化1993/12/22
第3位

集英社

悪人海岸探偵局

価格:576円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

映画にはあの芸能人も

でかい図体と腕っぷしの強さ、土地カンと顔の広さを頼りに私立探偵事務所を開いた俺。俺には一つのモットーがある。「気に入った女の子には熱いオンリップのキッスを、気に入らえね野郎には固いオングランドのキッスを」。

 

探偵事務所がある場所は名うての悪人海岸と呼ばれているので、いろいろな事件が次々と起こっていく連作小説。この作品が初めての増刷となったことで、大沢在昌さんは「永久初版作家」を卒業することが出来た記念すべき作品でもあります。

 

1995年10月27日には「BAD GUY BEACH」というタイトルで映画化されているのですが、この映画の監督が、あいかわ翔名義で初監督をつとめた哀川翔さん。そして、二人のヒロイン役を演じたのが共に女優デビューとなった藤原紀香さんと麻生久美子さんでした。

発売日1986/11ページ数344
文学賞-映像化1995/10/27
第2位

角川書店(角川グループパブリッシング)

カルテット1 渋谷デッドエンド

価格:1,188円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュな大沢在昌

子供の頃、家族を何者かに惨殺されたタケル。中国残留孤児三世に生まれたことで日本人を憎むホウ。すべてが謎に包まれたカスミ。そして、三人を特殊捜査チームに仕立てようと目論む、警視庁の異端者クチナワ。ここに「カルテット」の伝説が幕を開ける。

 

大沢在昌さんの人気シリーズカルテットの第一巻。漫画のような表紙にも表れていますが、いつもの思い雰囲気の大沢在昌作品と違って、少し軽めのスタイリッシュな作品です。少し若めの学生さんなどが初めて大沢在昌さんの作品に触れるのに良いでしょう。

 

毎日放送(MBS)製作にて、2011年1月18日よりTBS系列各局にてテレビドラマ化され、2011年6月10日には劇場版も公開されています。4人のカルテットのうち、ホウが女性のシュンとなっており、福田沙紀さんが演じているのが大きな違いです。

発売日2010/12/24ページ数182
文学賞-映像化2011/1/18
第1位

光文社

新宿鮫

価格:792円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大沢在昌の人気を決定づけた

「新宿鮫」と怖れられる新宿署刑事・鮫島。歌舞伎町を中心に、警官が連続して射殺された。犯人逮捕に躍起になる署員たちをよそに、鮫島は銃密造の天才・木津を執拗に追う。突き止めた工房には、巧妙な罠が鮫島を待ち受けていた。

 

新宿署の鮫島警部を主人公とする警察小説のシリーズの第一弾。現実の警察の捜査はチームで行われるという制約を壊すために、キャリア警察官が警察内部の抗争に巻き込まれて、はぐれ状態になっているという設定となっています。

 

44回日本推理作家協会賞(長編部門)と第12回吉川英治文学新人賞受賞の他、週刊文春ミステリーベスト10では3位。1993年10月9日には、真田広之さん主演で映画化されており、監督の滝田洋二郎さんが日本アカデミー賞監督賞にノミネートされました。

発売日1990/9ページ数412
文学賞第12回吉川英治文学新人賞受賞映像化1993/10/9

大沢在昌のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5116661の画像

    光文社

  • 2
    アイテムID:5116615の画像

    角川書店(角川グループパブリッシング)

  • 3
    アイテムID:5116580の画像

    集英社

  • 4
    アイテムID:5116570の画像

    KADOKAWA

  • 5
    アイテムID:5116482の画像

    講談社

  • 6
    アイテムID:5115797の画像

    KADOKAWA

  • 7
    アイテムID:5115771の画像

    文藝春秋

  • 8
    アイテムID:5115652の画像

    KADOKAWA

  • 9
    アイテムID:5115227の画像

    講談社

  • 10
    アイテムID:5115187の画像

    KADOKAWA

  • 商品名
  • 新宿鮫
  • カルテット1 渋谷デッドエンド
  • 悪人海岸探偵局
  • 眠りの家
  • 走らなあかん、夜明けまで
  • 天使の牙
  • 闇先案内人
  • らんぼう
  • 相続人TOMOKO
  • 感傷の街角
  • 特徴
  • 大沢在昌の人気を決定づけた
  • スタイリッシュな大沢在昌
  • 映画にはあの芸能人も
  • ハードボイルド以外の面も
  • 不運なサラリーマン
  • 白熱の逃走劇
  • 構想・執筆に8年
  • 凸凹コンビの活躍
  • 小柳ルミ子主演で映画化
  • 大沢在昌デビュー作
  • 価格
  • 792円(税込)
  • 1188円(税込)
  • 576円(税込)
  • 605円(税込)
  • 550円(税込)
  • 704円(税込)
  • 660円(税込)
  • 778円(税込)
  • 1円(税込)
  • 734円(税込)
  • 発売日
  • 1990/9
  • 2010/12/24
  • 1986/11
  • 1989/2
  • 1993/12
  • 1995/7
  • 2001/9
  • 1998/9
  • 1990/5
  • 1982/2
  • ページ数
  • 412
  • 182
  • 344
  • 272
  • 424
  • 368
  • 402
  • 400
  • 358
  • 384
  • 文学賞
  • 第12回吉川英治文学新人賞受賞
  • -
  • -
  • -
  • -
  • このミステリーがすごい!10位
  • 第20回日本冒険小説協会大賞(国内部門)受賞
  • -
  • -
  • 第1回小説推理新人賞
  • 映像化
  • 1993/10/9
  • 2011/1/18
  • 1995/10/27
  • 1993/12/22
  • 1996/3/30
  • 2003/8/23
  • -
  • 2006/1/17
  • 2000
  • -

大沢在昌さんの小説をもっと楽しむなら

大沢在昌さんの小説には人気シリーズとなっている作品も多くあります。もし読んでみて気に入った作品であった場合には、その作品がシリーズかどうか調べてみて、シリーズものであったら他のシリーズ作品も読んでみてください。

 

大沢在昌さんの描くシリーズで特に人気が高いのが「新宿鮫シリーズ」です。1990年から現在まで続いている警察小説のシリーズで、直木三十五賞をはじめ、吉川英治文学新人賞などを受賞し、舘ひろしさん主演でドラマ化もされています。

 

その他にも両親と親を惨殺されたタケルなど4人が主役となっている「カルテットシリーズ」や、日本一不幸な「不運なサラリーマンの坂田シリーズ」、「狩人シリーズ」「魔女シリーズ」などいろいろなシリーズがあるので、是非いろいろなシリーズを読んでみてください。

大沢在昌さんの作品に触れてみよう

大沢在昌さんの作品を古い作品から、現在でも続いているシリーズものまで幅広くランキングにしてみましたが、気になる作品はありましたでしょうか?少しでも気になる作品がありましたら、是非手に取って読んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ