記事ID139449のサムネイル画像

【2019年最新版】口内炎薬のおすすめ人気ランキング10選

口内炎が痛い時には口内炎薬を使用される方が多いかと思います。しかし、実際にはどの口内炎薬が素早く治りやすいのでしょうか。今回は、口内炎薬の上手な選び方、おすすめ商品をご紹介します。コンビニで購入することができる商品や様々な用途に合った商品を紹介していきます!

口内炎が痛い!発生のメカニズムと対処法をご紹介

口内炎が発症すると、患部が腫れたり痛みを伴うことがあります。そんなときに、口内炎をなるべく早く治したいのであれば、口内炎が発生するメカニズムを理解し、対策を立てる必要があります。以下で詳しく解説していきます。

なぜ口内炎が発症するのか?

口内炎の主な原因として挙げられるのは、「ストレス」、「栄養不足」、「口を噛む」、「他の病気の影響」です。例えばストレスや栄養不足によって引き起こされる口内炎の場合は、免疫力の低下が原因となっています。また、睡眠不足や疲れによる口内炎も同様です。

 

次に、口の中を噛んでしまうなどで引き起こる口内炎は、物理的刺激によるものとされています。この場合は、ウイルスなどによる感染が考えられますが、原因不明な場合もあります。そして、一番気をつけてほしいのが、他の病気の一症状として口内炎が起こる場合です。

 

明らかに口内炎の範囲が広い、赤くただれている、治りが遅すぎる、などいつもの口内炎と違い症状がひどいときには、自分で口内炎薬を買ってなんとか対処するのではなく、早めに病院にかかる必要があります。

どうすれば早く治せる?

口内炎の原因の中でも、症状の軽いものであれば、病院に行かず自分でできる対策もあります。例えば「心身の疲れ」、「栄養不足」に対しては、事前に予防することも可能です。これらの対策として、第一に睡眠不足を解消することや、休養をしっかりとることが挙げられます。

 

また、栄養不足はビタミンB2の不足が口内炎の原因となるため、栄養ドリンクで補う必要があります。普段の食事で不足している分は、ビタミンの入ったドリンクやサプリメントを活用すると良いでしょう。

 

そして、口内炎になってしまった後の対処法としては、軟膏やパッチなどの口内炎薬を使用することが最も効果的です。痛みを和らげ、炎症を抑える効果が期待できるため、発症した場合には口内炎薬を是非活用していきましょう。

口内炎薬の選び方

口内炎薬といっても、さまざまな商品がありますので、どの口内炎薬を購入すればよいのか迷っている方のために、以下で口内炎薬の選び方について、ご紹介します。「タイプ」、「対象年齢」、「口コミ」といった視点からポイントを絞りますので、参考にしてみてください。

タイプで選ぶ

口内炎薬には、「塗るタイプ」、「貼るタイプ」、「飲むタイプ」、「スプレータイプ」があります。年齢や好みによって合う口内炎薬のタイプがありますので、自分に合ったタイプをまずは見つけてみましょう。

塗るタイプ

口内炎薬として最も広く知られているのが、塗るタイプの口内炎薬です。特に、ステロイド成分配合の軟膏は、患部に直接塗って炎症を抑えることができるため、人気があります。直接口内炎ができた部分をカバーできるため、痛みを和らげたい場合には、塗るタイプが効果的です。

 

ただし、食事などをするとある程度は薬が落ちてしまうため、1日に何回か塗り直す必要があります。また、無味無臭であっても、口の中に薬を塗りたくない、という方には不向きなタイプですので、そういった場合には他のタイプも検討してみてください。

 

また、昔から塗るタイプの口内炎薬として有名だった「ケナログは現在販売終了となっていますので、注意が必要です。ケナログしか使ってこなかった、という方もこれを機に是非新しい最新の医療技術が使われている口内炎薬を試してみてください。

貼るタイプ

口内炎の中でも貼るタイプは、患部を刺激からカバーし、有効成分がだ液で流れることもなく口腔内ですぐれた付着力をもつため、近年人気となっている口内炎薬です。軟膏などは溶けて体内に取り込まれることになりますが、こちらはそういったこともありません。

 

ただし、溶けないパッチもあれば、逆に飲み込んでも気にならないようあえて溶けるように作られたパッチも存在します。この2つの選択は、お好みがわかれるため、ご自分に合った方を選んでみてください。

 

また、貼るタイプの口内炎薬は、粘着力によって多少異なりますが、1日4,5回は貼りかえる必要があります。さらに、塗るタイプと比較をするとコスパは悪いため、よく口内炎になってしまう方にはコスパの良い軟膏をおすすめします。

飲むタイプ

口内炎薬の中でも飲むタイプは、一般的に「栄養ドリンク」や「サプリメント」といわれているものを指します。このタイプは、患部に直接働きかけるのではなく、栄養を補給することで自己治癒力を高めることを目的として使う場合がほとんどです。

 

栄養ドリンクやサプリメント等のビタミン剤の場合は、口内炎だけでなく、体力・身体抵抗力または集中力の維持・改善や疲労の回復・予防への効果も期待できるため、身体の疲れなどを感じる方には一番おすすめです。また、コンビニ等で気軽に手に入るという利点もあります。

スプレータイプ

口内炎薬の中でもスプレータイプは、手を汚さずに口内を短時間で殺菌することができるため人気となっているタイプです。持ち運びにも便利で、食事後等にもシュッとひと吹きすることで、気軽に口内炎の炎症を抑えることができます。

 

また、このスプレータイプは口内炎だけでなく、のどの痛みにも効果が期待できる商品が多いことから、口内炎専用の薬よりも使う頻度が高く、薬の有効期限がきれてしまってせっかく買った薬が無駄になってしまう、ということも減ります。

対象年齢で選ぶ

口内炎の薬といっても、年齢によって適正はさまざまです。特に、大人であれば使えるものも、子供には向いていない、という商品もありますので、対象年齢から選ぶことも必要となります。

子供用

口内炎薬を子供が使用する場合には、まずパッケージの対象年齢を確認することから始めましょう。年齢によっては使用できないものも存在します。また、使用はできたとしても、小さい子供には不向きの商品もあります。

 

そこで、口内炎薬を子供が使用する場合は、シロップスプレータイプがおすすめです。例えば塗るタイプ、貼るタイプは口の小さなお子様にとってはまず塗る・貼ること自体が難しいですし、薬をなめてしまったりパッチを飲み込んでしまうことも考えられます。

 

そこで、子供でも飲みやすい甘い味のシロップや、一瞬で対処ができるスプレータイプが使いやすく、子供にとっても負担が少なくすむため、おすすめです。

大人用

大人の方であれば、口内炎をなるべく早く治すために、軟膏やパッチで患部への直接的な対処を行いつつ、栄養ドリンクでビタミンB2も補う、というのがおすすめです。また、軟膏を塗ったりパッチを貼ったりすることが難しい場合は、スプレータイプで口を殺菌するとよいでしょう。

 

また、飲むタイプのドリンクやサプリメント、シロップといった口内炎薬は、子供と服用しなければならない量が異なる場合が多いです。幅広い年齢層に対応した商品は、しっかりと用量を確認し、守って摂取するように心がけましょう。

口コミで選ぶ

口内炎薬はタイプや種類が豊富ですので、自分に合った商品を探したいのであれば、口コミやレビューを見る、というのも1つの手です。実際に効果があったのか、使いやすいのか等、実体験を参考に商品を選ぶことが可能となります。

 

また、レビューを見る際は、評価の高いレビューだけでなく、評価の低いレビューを見るのもポイントの1つです。どういった点が不便であったか、買って失敗したなど、いろいろな情報を事前に確認することで、購入後に後悔することが減ります。

口内炎薬の人気ランキング10選

以下では、人気のある口内炎薬を10個ご紹介いたします。ドラックストアやネットショップで購入できる口内炎薬5個と、コンビニでも気軽に購入できる口内炎薬5個に分けてご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

口内炎薬5選

まずはドラックストアやネットショップで人気のある口内炎薬を5個紹介いたします。

第5位

エーザイ

【第3類医薬品】チョコラBBプラス 60錠

価格:900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飲みやすい小さな錠剤

チョコラBBプラスは、口内炎だけでなく、肌あれにきび、疲れた時のビタ ミン補給に使える医薬品です。 吸収にすぐれた活性型ビタミンB2が、細胞の新陳代謝を助けて皮膚・粘膜の症状を素早く改善します。

 

また、5種類のビタミンB群が、食事から摂取し た栄養素を効率よくエネルギーに変換する助けを行い、毎日の疲れもケアすることが可能です。 飲みやすい小さな粒で、負担なく摂取することができるおすすめの一品です。

タイプ飲むタイプ内容量60粒
第4位

大正製薬

【指定第2類医薬品】口内炎軟膏大正クイックケア

価格:448円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

早めの効果が期待できる

口内炎軟膏大正クイックケアは、口内炎の治療に特化した軟膏タイプです。 患部への密着性が高く、口腔内であっても長時間患部を覆うことが可能です。水分補給や食事をとっても気にならない無味無臭タイプです。

 

こちらは患部に直接塗るタイプですので、口内炎で痛みを感じる、食べ物を摂取するときにしみる、といった悩みを解決してくれます。持ち運びにも便利なコンパクトサイズですので、お出かけ時にも使えてとても便利です。

 

また、こちらの軟膏には非ステロイドバージョンもあります。お子様や舌炎に活用したい場合には、そちらのものが適切ですので、シーンに合わせて選んでみてください。

タイプ塗るタイプ内容量5g
第3位

エーザイ

【第3類医薬品】チョコラBB口内炎リペアショット

価格:899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

のどの痛みにも効果的

こちらのチョコラBB口内炎リペアショットは、口内炎だけでなく、のどの炎症によるのどの痛みにも効果的なスプレータイプの口内炎薬です。シュッとスプレーするだけで、殺菌と粘膜修復のW作用が働きます。

 

患部に直接効果を発揮できるため、つらい口内炎の痛みにおすすめです。また、持ち運びに便利なキャップ付きで、手が汚れないため、お出かけ時のお供にもおすすめの一品です。

 

タイプスプレータイプ内容量30ml
第2位

第一三共ヘルスケア

【指定第2類医薬品】トラフル ダイレクト

価格:896円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しみない剥がれない

こちらのトラフル ダイレクトは、副腎皮質ホルモンのトリアムシノロン アセトニドを配合した、新しい形の口腔内溶解型フィルムパッチです。患部に直接貼付することで、しっかりと口内炎をカバーします。それゆえ口内炎がしみることなく食事を楽しむことが可能です。

 

口内炎がひどく痛む、しみてご飯が食べられない、仕事に集中できない、そんな方におすすめです。1日に4枚程度の貼り換えが目安ですので、この1セットで3日間お使いいただくことができます。

 

さらにパッチが溶けるタイプですので、誤って飲み込んでしまった、という気がかりもなくお使いいただけます。

タイプ貼るタイプ内容量12枚
第1位

第一三共ヘルスケア

【第3類医薬品】トラフル軟膏 6g

価格:683円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供から大人まで使える軟膏

トラフル軟膏は、抗炎症成分(アズレンスルホン酸ナトリウム 水和物・グリチルレチン酸)、組織修復成分、殺菌成分をトリプル配合した塗るタイプの口内炎薬です。 患部に直接作用して炎症や痛み、はれをしずめてくれる働きがあります。

 

口内炎だけでなく、舌炎にも効果的な軟膏です。この軟膏は、患部にしっかり付着するため、有効成分が直接患部に浸透して、すぐれた効き目を発揮します。内容量の割にお値段も低いため、何回もお使いいただくことができ、コスパが良く人気の商品です。

 

口内炎が気になったら、まずはこちらのトラフル軟膏をご購入することをおすすめします。

タイプ塗るタイプ内容量6g

口内炎薬の比較一覧法

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5115603の画像

    第一三共ヘルスケア

  • 2
    アイテムID:5115607の画像

    第一三共ヘルスケア

  • 3
    アイテムID:5115610の画像

    エーザイ

  • 4
    アイテムID:5115616の画像

    大正製薬

  • 5
    アイテムID:5115620の画像

    エーザイ

  • 商品名
  • 【第3類医薬品】トラフル軟膏 6g
  • 【指定第2類医薬品】トラフル ダイレクト
  • 【第3類医薬品】チョコラBB口内炎リペアショット
  • 【指定第2類医薬品】口内炎軟膏大正クイックケア
  • 【第3類医薬品】チョコラBBプラス 60錠
  • 特徴
  • 子供から大人まで使える軟膏
  • しみない剥がれない
  • のどの痛みにも効果的
  • 早めの効果が期待できる
  • 飲みやすい小さな錠剤
  • 価格
  • 683円(税込)
  • 896円(税込)
  • 899円(税込)
  • 448円(税込)
  • 900円(税込)
  • タイプ
  • 塗るタイプ
  • 貼るタイプ
  • スプレータイプ
  • 塗るタイプ
  • 飲むタイプ
  • 内容量
  • 6g
  • 12枚
  • 30ml
  • 5g
  • 60粒

コンビニで売られている口内炎薬5選

以下では、コンビニに手に入れることのできる口内炎対策アイテムをご紹介します。

第5位

エーザイ

チョコラBB Feチャージ

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鉄やビタミンをチャージ

こちらのチョコラBB Feチャージは、鉄、ナイアシン、ビタミンB2、ビタミンB6、カルシウム、オルニチン、グリシンといった7つの成分を配合した口内炎対策に使える栄養ドリンクです。ノンカフェインの栄養機能食品ですので、どなたでも安心して摂取することが可能です。

 

ビタミンを摂取することで、口内炎の予防や炎症の緩和を期待することができます。さらに、おいしく飲めるプルーン&ピーチ風味となっているため、特に女性から人気が高くなっております。カロリーも1瓶5kcaLと、ダイエッターにとっても嬉しい一品です。

タイプ飲むタイプ内容量50ml
第4位

エスエス製薬

ハイチオール コラーゲンブライト50ml×10本

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

皮膚や粘膜を健康維持する

こちらのハイチオール コラーゲンブライトは、栄養成分ビタミンB6配合の口内炎対策として有効なドリンクタイプの栄養機能食品です。 栄養成分ビタミンB6は、たんぱく質からのエネルギーの産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

 

口内炎の予防になる上、口内炎が発症した後も自己治癒力を高める助けとなります。また、美容成分のコラーゲンとヒアルロン酸が配合されているため、口内炎対策とともに美容にも効果的な嬉しい一本となっています。また、爽やかなマスカット味も定評があります。

タイプ飲むタイプ内容量50ml
第3位

DHC(ディー・エイチ・シー)

ビタミンCハードカプセル 60日【3個セット】

価格:1,231円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日ごろからできる口内炎予防

こちらのDHC ビタミンCハードカプセルは、失いやすいビタミンCを1日1000mg補える、口内炎対策に使える栄養機能食品です。ビタミンCだけでなく、ビタミンB2がプラスされたロングセラーサプリメントです。

 

口内炎対策として、日常的にお使いいただくことが可能です。特に、バランスよく摂取するには朝と夜など、2回に分けて摂取するのがおすすめです。口内炎だけでなく、日ごろの栄養不足に効果的ですので、まさに一石二鳥の便利なサプリメントです。

 

タイプ飲むタイプ内容量120粒×3
第2位

森下仁丹

【第3類医薬品】クールスロート 6mL

価格:497円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのクールスロートは、手が汚れないスプレータイプの口内炎薬です。なかなか届きにくい口の奥の患部にもしっかりと消炎成分を届けることができます。爽快ペパーミント風味となっているため、口臭の予防にも効果的です。

 

また、口内炎だけでなく、のどの痛みにも効果を発揮するため、風邪を引いたときや声をたくさん出した日にもお使いいただくことができる便利な一本となっています。

タイプスプレータイプ内容量6ml
第1位

エーザイ

チョコラBBスパークリング 140ml×24本

価格:2,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スカッと美味しく口内炎対策

こちらのチョコラBBスパークリングは、手軽にビタミンを摂取することのできる飲むタイプの口内炎対策ドリンクです。1本のカロリはたったの56kcalで、いつもの食事にプラスαで加えても負担にならない栄養ドリンクです。

 

レモン75個分のビタミンC(1500mg)を配合した、飲みやすいグレープフルーツ&ピーチ味の炭酸ドリンクで、男女問わず人気となっています。コンビニやドラックストアに置いてある確率が高く、お手頃価格なため、とてもおすすめです。

タイプ飲むタイプ内容量140ml

コンビニで売られている口内炎薬の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5115636の画像

    エーザイ

  • 2
    アイテムID:5115654の画像

    森下仁丹

  • 3
    アイテムID:5115659の画像

    DHC(ディー・エイチ・シー)

  • 4
    アイテムID:5115665の画像

    エスエス製薬

  • 5
    アイテムID:5115670の画像

    エーザイ

  • 商品名
  • チョコラBBスパークリング 140ml×24本
  • 【第3類医薬品】クールスロート 6mL
  • ビタミンCハードカプセル 60日【3個セット】
  • ハイチオール コラーゲンブライト50ml×10本
  • チョコラBB Feチャージ
  • 特徴
  • スカッと美味しく口内炎対策
  • 日ごろからできる口内炎予防
  • 皮膚や粘膜を健康維持する
  • 鉄やビタミンをチャージ
  • 価格
  • 2800円(税込)
  • 497円(税込)
  • 1231円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 1980円(税込)
  • タイプ
  • 飲むタイプ
  • スプレータイプ
  • 飲むタイプ
  • 飲むタイプ
  • 飲むタイプ
  • 内容量
  • 140ml
  • 6ml
  • 120粒×3
  • 50ml
  • 50ml

口内炎の予防にはうがい薬もおすすめ

うがい薬は口内炎予防にもなる

うがい薬を使ってうがいをすることで、口内を清潔に保つことが可能となります。これにより、口内炎を予防することが可能であると、期待されています。外出した・しないに関わらず、1日に4回以上うがいをすると良いでしょう。

 

また、うがい薬が無い場合には、水または生理食塩水(500mLの水に対して小さじ1杯分の食塩を溶かした食塩水)で代用することも可能です。どうしてもうがい薬や口内炎薬が手に入らない場合は、こちらの代用品でうがいをするようにしてください。

口内炎ができてしまったときにもうがい薬が使える

口内炎予防にうがい薬が使えるだけでなく、実は口内炎が発症した後にもうがい薬は活躍します。口内炎を発症した際には、なるべく刺激を与えないことが望まれます。そのため、刺激性の強い歯磨き粉は使用を避けなければなりません。

 

口内炎があるときには、歯磨き粉を一時的に使用しない、または低刺激性の歯磨き剤を使って歯磨きをすることが望まれます。そこで、うがい薬さえあれば、口内全体をゆすぐだけで歯磨きしなくても口の中をしっかりと殺菌することが可能です。

 

よって、うがい薬は、口内炎の予防にも対処にも使うことができます。口内炎薬が無い、手に入らないときには、是非うがい薬を活用してみてください。

気になる口内炎薬は見つかりましたか?

いかがでしょうか。今回は、口内炎薬の選び方やおすすめの商品10個をご紹介しましたが、少しでも参考になれば幸いです。気になる商品がありましたら、是非一度お手に取ってみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ