記事ID139435のサムネイル画像

    【快適に深い睡眠を】羽毛布団のおすすめ人気ランキング10選

    寒い冬には羽毛布団がおすすめです。羽毛布団は多くの方におすすめできるアイテムで、軽いながらもしっかりとした保温性をキープしてくれます。また、最近ではお手頃な商品も多いです。今回はおすすめの羽毛布団をランキング形式でご紹介させていただきます。

    軽さと保温性が魅力的

    近年では睡眠の重要性にさらに注目が集まっていて、多くの新常識が明らかになってきています。書籍なども多く発売されていて、その中でも重要視されているのが、寝具にお金をかけるということです。

     

    寝心地を左右する、布団はとても重要で、冬場など寒さが厳しい時期には羽毛布団は大活躍してくれます。最大の特徴はその軽さと保温性で、両極端のメリットを保持しています。布団が軽いことで寝返りが打ちやすいという大きなメリットがあります。

     

    さらには、保温性にも富んでいて、冬場は体が冷えて寝付けないという方も多いですが、そんな時にもこちらの羽毛布団は大活躍してくれます。今まで試していなかった方もこの機会にぜひチャレンジしてみてください。

    羽毛布団の選び方

    それでは実際に羽毛布団の選び方の選び方についてご紹介していきます。最近では多くの羽毛布団が発売されていて、迷ってしまう方も多いかと思いますが、ポイントを抑えれば簡単に自分ぴったりの商品を見つけることができるでしょう。

    使用している羽毛で選ぶ

    羽毛布団と一言に言っても多くの羽毛の種類があり、それぞれで特徴は大きく変わります。自分に合う布団を選びましょう。

    ダック

    鴨のことを意味しているダックは、安価で、羽毛布団としても買いやすいのがポイント。ただ決して粗悪品というわけではないですが、保温性は4パターンの中で1番劣ります。寒さに強く、低コストで抑えたいという方にはおすすめすることができます。

     

    安く羽毛布団を手に入れたいという方にはこちら商品がおすすめで、予備で一つ持っておきたいという場合もこちらは推奨できます。

    マザーダック

    名前の通り、鴨の中でも母鴨を意味していて、若いかもよりは成長したマザーダックは卵を産むための体づくりができている分、羽の質も良いのが特徴です。ダックより品質の良い羽毛になります。

     

    ただし使用しているのは鴨になります。グースは高価で購入が厳しいけど、しっかりと保温性の高い良質な羽毛布団が欲しい方にはおすすめできます羽毛も大きくてしっかりしているので、多くの方におすすめすることができます。

    グース

    こちらのグースというのはガチョウのことになります。なぜこちらのグースがダックよりも高価に扱われているのかというと、グースはダックに比べて体が大きいので、その分羽も大きいのが特徴です。羽が大きい分保温性も並行して向上します。

     

    また、耐久性に関しても優れていて、羽が大きいのでその分消耗が少ない長期間の使用が可能になります。それだけではなく、グースは草食動物なので肉を食べません。食べるものというのは匂いに反映されるので、ダックに比べて匂いがありません。

     

    ダックを使用していて、匂いが気になる場合は、少し効果にはなりますが、グースを使用して無臭の羽毛布団で寝ましょう。

    マザーグース

    羽毛のなかでも最高級品として扱われるのが、こちらのマザーグース。睡眠の質を変えるほど効果のあるマザーグースの羽毛布団は、名前の通り母ガチョウの羽を使用しています。価格帯はとても高めで、購入には熟考が必要になります。

     

    睡眠に問題を抱えている方や、生活スタイルの中で睡眠に最も重きを置いている方にはおすすめすることができます。マザーグースの羽毛布団を使用して、不眠症が改善されたという方も実際には多くいます。

    ダウン率で選ぶ

    使用している素材の中で羽毛をどれだけ使用しているかの比率をダウン比率と言います。この比率が高いほど、高級な商品となります。

    70%以下

    その羽毛布団の中でどれだけ多くの羽毛を使用しているかの比率になるのが、ダウン比率で、この比率が高いほど、効果な商品になります。基本的は70%がボーダーラインになり、この数値を超えている商品が基本的にはおすすめになります。

     

    また、こちらの数値に換算されるのは、水鳥の胸のあたりに生えている良質な毛がどれだけ含まれているかを示すもの。数値が高くても低品質のダウンを使用していては効果は劣ります。産地や備考欄をよく読んで見極めていきましょう。

    70%以上

    ボーダーラインになる70%を超えていれば、ひとまずは信頼をしても良いでしょう。ダウン率90%を超えていたら高級品。95%を超えていれば、最高級品になります。また、上記で説明した通り、産地やどの部位のダウンを使用しているかも変わる場合があるので、注意しましょう。

     

    基本的には日本製のものが品質が良いというのは、昔から言われています。なぜかというと製造法が各国で変わるためです。日本では他の国に比べて厳しい審査があるので、それをクリアした商品は高品質といっても良いでしょう。

     

    また、中国産の品質が昔から多く問題視されていて、返品が相次ぐ不祥事も多く発生しています。

    キルトの種類で選ぶ

    羽毛布団には奥のデザインがあり、その代表的なデザインにキルティングがあります。それぞれで特徴がありますので、チェックしましょう。

    平縫い

    洋服でもデザインとして多く採用されているのが、キルティング加工。布団業界でも多く採用されていて、それぞれで特徴が変わります。夏場のムシムシした夜を乗り切るには通気性の良い布団が良いですよね。

     

    そういった時におすすめなのが、平縫いの羽毛布団で、平縫いにすることによって、通気性が向上します。なので、夏場に使用する羽毛布団なら平縫いの商品にしましょう。

    立体キルト

    立体キルティングは洋服でも採用されているほど、保温性に優れています。平縫いとは対照的で保温機能が高く、一度発生した熱を効率よくキープしてくれます。羽毛布団ではこのキルティングは多く目にしますよね。こちらは冬用の商品になります。

     

    また、年間を通して使いたい場合は、「デュエット」という二枚合わせタイプを選ぶのもありです。価格帯は両者で変わることはあまりなく、使用しているダウンによって価格は大きく変わります。

    素材で選ぶ

    使用する素材によって特徴が大きく変わり、人によっては向き不向きがあるので、この機会に押さえておきましょう。

    化繊

    化繊にはポリエステルやその他の化学繊維が使用されています。特徴としては扱いやすいのがあります。さすがは化学繊維で様々な刺激に対応することができます。なので、洗濯も可能な商品が多く、常に清潔に保ちたい方にはおすすめできます。

     

    しかし、寝心地を重視したい方にはおすすめできず、寝返りを打つたびにカサカサと音がしたり、触り心地も綿に比べれば劣ります。

    綿

    綿は寝心地の良さを重視したい方にはとてもおすすめで、高品質な素材になります。触り心地もよく柔らかいのが特徴です。ポリエステルと違って、動いても音が気にならず、就寝中も快適に寝ることができます。

     

    しかし、自宅で洗濯をすることができないので、衛生面には常に注意が必要で、取り扱いも化繊に比べると複雑になります。しかし、慣れてしまえば手際よく扱えて、最近では便利な商品も多いので、比較的におすすめです。

    ブランドで選ぶ

    多くのブランドが羽毛布団を発売していて、それぞれで特徴も大きく変わります。自分にぴったりの商品を選びましょう。

    ニトリ

    知名度も高く多くの生活雑貨を取り扱っている、大人気ブランドニトリ。価格以上の品質を保証するコンセプトで、高品質な商品は集まります。羽毛布団に関しても優れた商品が多く、多くの肩から人気があります。

     

    価格帯のバランスもよくお手頃な商品から、高価格な商品まで多くのアイテムがあります。羽毛の種類にもこだわっていて、日本製の商品が揃います。

    西川

    日本でとても人気の高い寝具ブランド西川。創業1566年と歴史あるこちらのブランドには多くの優れた商品が揃います。商品数も多く、賞を受賞している羽毛布団もありその信頼度はとても高いです。

     

    日本ブランドで迷ったらこちらのブランドを選びましょう。中には、最高級の羽毛布団もあり、その寝心地は一度使用したら、他の布団では寝られないほどです。

    タンスのゲン

    通販を通して暮らしの未来をデザインしてくれるのが、タンスのゲンです。タンスのゲンは日本のブランドで多くの商品を発売しています。それだけではなく品質にもこだわっていて、多くの方から人気があります。

     

    寝具にはとても力を入れていて、羽毛布団も優れた商品が多いです。通常の羽毛布団にはない機能性に富んだ商品が多く、洗濯可能であったり、消臭、防菌効果のある羽毛布団もあります。

    予算に合わせて選ぶ

    価格帯の幅が広い、羽毛布団では自分のスタイルに合った布団を選ぶことが重要になります。予算を事前に決めてその予算内でベストな羽毛布団を選ぶようにしましょう。最近では低価格でもとても優秀な羽毛布団が多いので、そちらは安心できます。

    羽毛布団の人気ランキンング10選

    第10位

    日本寝具通信販売株式会社

    ハンガリー産 羽毛肌布団

    価格:7,800円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    コスパ良し

    日本寝具通信販売株式会社から発売されているコストパフォーマンスの高い羽毛布団。ハンガリーは羽毛の名産地で高品質な羽毛が手に入ります。その羽毛を惜しめもなく使用した高級布団。しかし、価格は安くコスパに富んでいます。

     

    軽くて丸洗い出来る清潔さ、春・夏・初秋には一枚で晩秋・冬は毛布代わりになるオールシーズンタイプです。どのシーズンでも使えるので、よびに使用したり、プレゼントにもおすすめすることができます。

    素材ポリエステルダウン率93%
    特徴ハンガリー産羽毛
    第9位

    日本寝具通信販売株式会社

    ホワイトマザーグースダウン

    価格:39,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    Amazon限定商品

    ハンガリーの高級羽毛を輸入して日本で製造した、いいとこ取りの最高級の羽毛布団。価格帯はお高めにはなりますが、最高級であるマザーグースの羽毛を95%も使用していて、5坪しホテルでも多く採用している布団になります。

     

    超軽量にも関わらず、高い保温性で真冬でも難なく乗り越えることができます。アマゾン限定の商品にはなりますが、その評価も高く多くの方が高評価を押しています。

    素材綿ダウン率95%
    特徴最高級素材使用
    第8位

    西川(Nishikawa)

    軽量羽毛布団

    価格:18,349円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    Amazon’s choice選出

    アマゾンでもとても高い評価で、多くの方から支持をされている大人気の羽毛布団です。枕と敷き布団も付いている3点セットで、便利なセットです。最大の魅力は羽毛布団の軽量仕様で羽毛にフェザーが混ぜられているので、とても軽い仕上がりになっています。

     

    掛け布団の身体側には良質なホワイトダックダウンを50%使用。側地には抗菌防臭加工済みで清潔にお使いいただけます。羽毛は湿度調節に優れる便利な素材。寝汗による湿気をうまく逃がしてくれるので、夏場にも頼れる1枚です。

    素材ポリエステルダウン率50%
    特徴抗菌防臭加工
    第7位

    羽毛布団

    国産 羽毛布団

    価格:21,998円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    累計80000枚突破

    ポーランド産の羽毛を、日本製造で作り上げた人気の羽毛布団になります。価格帯お高めにはなりますが、品質保証も付いているので、安心して使用することができます。保温性の抜群なので多くの方におすすめすることができます。

     

    ふっくら感をとことん引き出す「パワーアップ加工」を国内で実施しています。さらに、目に見える安心、確かな品質を示す「ロイヤルゴールドラベル」「グッドふとんマーク」を取得していて、多くのテストをクリアしています。

    素材ポリエステルダウン率93%
    特徴テストクリア
    第6位

    タンスのゲン

    消臭防菌羽毛布団

    価格:22,999円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    多くのテストに合格

    大人気ブランドタンスのゲンから発売している人気の羽毛布団です。使用されている羽毛はグースで、匂いも少なく、さらに消臭機能があるので、ニオイが気になる方には特におすすめできる羽毛布団です。

     

    CILゴールドラベルを獲得。CILゴールドラベルは、日本で唯一の羽毛専門の公的検査研究機関である、快適睡眠環境研究所(CIL)が発行する品質ラベルで、かさ高165mm以上、ダウンパワー400dp以上の羽毛を使用した高品質な羽毛布団の証です。

    素材ポリエステルダウン率93%
    特徴CILゴールドラベルを獲得
    第5位

    Body&Soul

    ホワイトダッグダウン羽毛布団

    価格:19,800円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    Amazon.co.jp限定

    フランス産の羽毛を使用した羽毛布団で、アマゾン限定で発売されています。とても人気が高くアマゾンのランキングでも上位に位置します。軽量仕様でとても寝心地が良いのが特徴です。

     

    エクセルゴールドが付いている羽毛ふとんは、日本羽毛製品共同組合の品質基準(組成混合率、ダウンパワー、清浄度など)に合格した優れた羽毛原料と優良な側生地を使用し、適正な縫製で仕上げられた羽毛ふとんになります。

    素材ポリエステルダウン率85%
    特徴高品質テストクリア
    第4位

    西川(Nishikawa)

    羽毛布団 シングル

    価格:23,020円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    西川の人気商品

    大人気寝具ブランド西川の人気商品で、多くの方から支持されている羽毛布団になります。良質なホワイトダックダウンを85%使用。側生地には抗菌防臭加工を施し、清潔にお使いいただけます。

     

    日本製にこだわり、西川が徹底して選び込んだ羽毛のみを使用しています。特殊な加工で触り心地、寝心地も最高の状態になるように設計してあります。

     

    クールなパイピングがデザインを引き締め、ワンランク上の印象に。無地ホワイトなので、カバーの柄にも響かず、キレイに使えます。

    素材ポリエステルダウン率85%
    特徴西川基準クリア
    第3位

    昭和西川(Showa-nishikawa)

    信頼の羽毛布団

    価格:17,794円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    Amazon独自考案

    昭和西川から発売されている羽毛布団は、サイズ展開も豊富でさらには羽毛の保有量も選べるので、多くの方におすすめできます。羽毛の量を選べるのはなかなかないので自分の予算や生活スタイルに合わせてお選びいただけます。

     

    ダウンジャケットの約10倍以上の羽毛を使用していて、羽毛をよりふっくらとさせるためにパワーアップ加工をしています。価格帯のバランスも良いのでおすすめです。

    素材ポリエステルダウン率85%
    特徴パワーアップ加工
    第2位

    タンスのゲン

    羽毛布団 シングルロング

    価格:12,999円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    バランスの良い羽毛布団

    タンスのゲンから発売されているこちらの商品はダウン率からサイズ、ダウンパワーまで豊富に選ぶことができます。なので、自分にぴったりの布団をカスタマイズすることができます。もちろんそれぞれで価格は変わりますが、どれもお手頃なのが嬉しいポイント。

     

    羽毛のために特殊生成された無機塩を使用する加工をしています。また、国内パワーアップ加工だけでは、効果が短期的なので、効果が持続するアレルGプラスを採用し、国内パワーアップ加工とアレルGプラスのダブル加工でいつでも清潔な状態を保ちます。

    素材ポリエステルダウン率90%
    特徴品質向上加工
    第1位

    日本寝具通信販売(株)

    ツインキルト 羽毛布団

    価格:29,800円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ハンガリー産ホワイトマザーグース

    多くの特徴がある羽毛布団でとてもおすすめの商品になります。まず使用されている羽毛は最高級品のマザーグースでその保有率もとても高いです。また、素材もポリエステルではなく綿を100%使用しています。

     

    さらにはキルティング加工をしているので、保温性に関しても最高品質のものです。これだけのスペックでありながらアンダー3万円で購入できるのはとても珍しいので、コストパフォーマンス良く高品質のものを購入したい方にはとてもおすすめできます。

    素材綿ダウン率93%
    特徴キルティング加工

    羽毛布団のおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5115365の画像

      日本寝具通信販売(株)

    • 2
      アイテムID:5115402の画像

      タンスのゲン

    • 3
      アイテムID:5115362の画像

      昭和西川(Showa-nishikawa)

    • 4
      アイテムID:5115356の画像

      西川(Nishikawa)

    • 5
      アイテムID:5115343の画像

      Body&Soul

    • 6
      アイテムID:5115480の画像

      タンスのゲン

    • 7
      アイテムID:5115340の画像

      羽毛布団

    • 8
      アイテムID:5115330の画像

      西川(Nishikawa)

    • 9
      アイテムID:5115321の画像

      日本寝具通信販売株式会社

    • 10
      アイテムID:5115318の画像

      日本寝具通信販売株式会社

    • 商品名
    • ツインキルト 羽毛布団
    • 羽毛布団 シングルロング
    • 信頼の羽毛布団
    • 羽毛布団 シングル
    • ホワイトダッグダウン羽毛布団
    • 消臭防菌羽毛布団
    • 国産 羽毛布団
    • 軽量羽毛布団
    • ホワイトマザーグースダウン
    • ハンガリー産 羽毛肌布団
    • 特徴
    • ハンガリー産ホワイトマザーグース
    • バランスの良い羽毛布団
    • Amazon独自考案
    • 西川の人気商品
    • Amazon.co.jp限定
    • 多くのテストに合格
    • 累計80000枚突破
    • Amazon’s choice選出
    • Amazon限定商品
    • コスパ良し
    • 価格
    • 29800円(税込)
    • 12999円(税込)
    • 17794円(税込)
    • 23020円(税込)
    • 19800円(税込)
    • 22999円(税込)
    • 21998円(税込)
    • 18349円(税込)
    • 39800円(税込)
    • 7800円(税込)
    • 素材
    • 綿
    • ポリエステル
    • ポリエステル
    • ポリエステル
    • ポリエステル
    • ポリエステル
    • ポリエステル
    • ポリエステル
    • 綿
    • ポリエステル
    • ダウン率
    • 93%
    • 90%
    • 85%
    • 85%
    • 85%
    • 93%
    • 93%
    • 50%
    • 95%
    • 93%
    • 特徴
    • キルティング加工
    • 品質向上加工
    • パワーアップ加工
    • 西川基準クリア
    • 高品質テストクリア
    • CILゴールドラベルを獲得
    • テストクリア
    • 抗菌防臭加工
    • 最高級素材使用
    • ハンガリー産羽毛

    羽毛布団の取り扱い方法

    羽毛布団はどのようにして保管して、取り扱えばいいのかわからない方もいますよね。羽毛布団は湿気に弱いので、夏場に保管する場合には乾燥剤や、専用のアイテムで長い間湿気に晒されないようにしましょう。

     

    やはり、素材は水鳥の羽になるので、菌やカビが発生しないようにするのが重要です。また、洗濯できる商品とそうでないものがあるので、ここは注意して取り扱うようにしましょう。クリーニングに出せば簡単に綺麗な状態を維持することができます。

    まとめ

    今回はおすすめの羽毛布団をランキング形式でご紹介させていただきました。羽毛布団は睡眠の質を向上させてくれて、生活にも活力を与えてくれます。ぜひこの機会に自分にぴったりの布団を見つけてみてください。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ