記事ID139430のサムネイル画像

【楽に演奏できる】ツインペダルのおすすめ人気ランキング9選

ツインペダルを使用することで、叩ける曲の幅が広がりますよね。また、Amazonなどの通販以外にも、中古で購入すると手軽に手にすることもできます。今回は、そんなツインペダルのおすすめは?種類は?選び方は?ツインペダルのランキングなども紹介していきます。

ツインペダルを使うことで、曲のレパートリーが広がります。

ツインペダルとはその名の通り、ペダルが2つ付いたものになります。ドラムの中でも中心となる、フットペダルという部分になるので、しっかりと機能性などに注目しながら、選ぶようにしましょう。初めての方でも選びやすいように、丁寧にご説明していきます。

今回は、そんなツインペダルのおすすめ商品をご紹介します。これからドラムを始める方や、もっと叩きやすさを追求したい場合には、参考にしてみてください。有名メーカーからも多数販売されているので、色々な商品を見比べてみて、購入することがポイントです。

ツインペダルの選び方

ツインペダルは、あらかじめペダルが2つ付いていることもあり、手軽に演奏することができて便利です。今より良い環境で演奏するためにも、様々な点に注目して選びましょう。

ドライブで選ぶ

ドライブとはフットボードとビーターを繋ぐ部分のことをいいます。主に3タイプあるので、チェックしておきましょう。

チェーンドライブを選ぶ

一番使われているのが、このチェーンドライブになります。最もスタンダードなタイプだとされています。癖がなく幅広い楽曲にも対応できるので、初心者の方は必見です。

 

商品のラインナップ数も多いので、比較的選びやすくなっています。さらに、安定性に優れていて、パワーが出しやすくなっている点も特徴の1つです。

ベルトドライブを選ぶ

一定した音などを刻む場合は、このベルトドライブが最適です。よくジャズ演奏者が使うことが多いのだとか。落ち着いた雰囲気の音にもピッタリで、遊びがある音を楽しめます。

 

ただし、安定性やパワーなどは他のものよりの少ないので、ビートを刻む楽曲などには不向きだと言えるでしょう。

ダイレクトドライブを選ぶ

技術が高く、パワフルな音を出したい場合は、このダイレクトドライブがおすすめです。アタックの強弱などを細かく表現でき、技術の高い演奏を行えます。チェーンドライブの安定感と、ベルトドライブの軽快感を備えています。

 

フットボードとビーターが直接繋がっていて、脚の力がダイレクトに伝わるようになっています。演奏時にはとてもシビアな技術が必要なので、上級者向けです。

カムで選ぶ

カムはかなり重要な部分になるので、しっかりとどういったものがあるのかを、確かめておきましょう。特徴も要チェックです。

真円タイプを選ぶ

真円タイプとは、軸が中心にあるものになります。独特な特徴が特にないので、初心者でも扱いやすいタイプとなっています。色々なジャンルの音楽にも対応するので、楽曲問わずに使用できます。

 

踏み込み始めた時と、アタックするまでの動作が一定的になります。なので、安定した音を演奏できるので、正確な音を表現することができます。

偏芯タイプを選ぶ

偏芯タイプは、軸を中心からずらして構成されています。このタイプは音の強弱や、細かなニュアンスを利かせたい際に便利です。比較的少ない力であっても、パワフルに演奏できるので、しっかりと音を表現することができます。

 

ただし、動きに少し特徴があるので、プロ向けとなっています。なので、ある程度真円タイプを使い、慣れてから使用することをおすすめします。

ビーターで選ぶ

ビーターは、簡単に説明すると、太鼓を叩くバチのような存在です。それぞれ音の表現方法が変わるので、曲に合わせて選びましょう。

素材で選ぶ

ビーターに使われている素材は、大きく分けて2種類あります。それは、フェルトと樹脂です。一番多く使用されているのが、フェルトになります

 

ジャンルを問わずに演奏できるので、迷った際はこの素材のものを選びましょう。ただ、同じものを長く使っていると、消耗してすり減るので定期的に買い替える必要があります。

 

 

形で選ぶ

ペグの形状は、主に円柱型・平型の2種類になっています。円柱型は最もスタンダードなタイプなので、色々なジャンルの音楽に最適です。なので、落ち着いた楽曲から、ハードな楽曲など、オールジャンルで使いたい時に便利です。

 

一方平型は、アタック面が大きくなっています。そのため、音量が大きくはっきりと聴くことができます。粘りのあるサウンドを表現することできて、低音重視の際にも役立ちます。

仕様で選ぶ

それぞれ仕様によっても、叩きやすさが結構変わってくるので、細かい部分にも力を入れておきましょう。

アンダープレートの有無で選ぶ

アンダープレートとは、補助的な機能を果たしてくれる、便利なアイテムとなっています。このプレートがあることで、安定感やアタックのパワーを重視して、演奏することができます。少しペダルの踏み心地が固めとなっています。

 

もし、ペダルの踏み心地が軽いものが良い場合は、アンダープレートが備わっていないものを選びましょう。アンダープレートがないと収納もしやすいので、スタジオ用などにもおすすめです。

目的で選ぶ

フットボードの長さや形状によって、演奏性が変わってくるといわれています。近年では、ロングタイプのフットボードが増えているので、選びやすくなっています。ただしこのタイプは、通常のものに比べてスピードが出しやすい特徴があります。

 

また、音量を稼ぎやすいので、ロックなどの、ハード系の楽曲を叩く際に最適です。実は、デザインによっても、滑りやすいもから、滑りにくいものまであります。正確に叩くには、靴で演奏する・靴下で演奏するのかで変わるので、時前に決めておきましょう。

購入手段・方法で選ぶ

どういった経緯で購入するかによっては、選ぶものが大きく左右されることも。購入手段を決めてから商品を選ぶ場合はどのように選べばいいのか悩みどころですよね。

通販・市販で選ぶ

なんと言っても手軽に購入できるのが通販ですよね。ツインペダルは、ものによっては、重さがあるものがあります。なので、持ち運びに不安がある場合は、通販で購入するようにしましょう。Amazonなどであれば、大体の商品が早朝無料になるので、手軽に購入することができます。

 

しかし、実物が届いてから「想像と違う...」なんてことが起きてしまっては困りますよね。通販での購入を考えている方でも、せっかく購入しても、上手くセットできないなんてことにならないためにも、できる限り実物を見て購入しましょう。市販で購入する場合は、実物を見ることができるので、より明確に機能性などを重視した上で、購入できるメリットがあります。

新品・中古を選ぶ

新品で購入するのか、中古で購入するのかは人それぞれですが、その際にもいくつかポイントがあります。例えば、新品で購入する場合は、綺麗なものが手に入ったり、保証が付いていれば、アフターサービスも受けれます。ただ、お値段は定価になります。

 

一方中古の場合は、安くで手に入れることができ、使い慣れた独特の雰囲気が出ているのでおしゃれです。また、新品程度の綺麗さがありながら、お手頃価格で購入できる場合があります。ただし、保証が付いていなかったり、すぐに故障してしまうことがあるので注意しましょう。

価格で選ぶ

先ほどもご紹介しましたが、新品・中古によって、価格差が出てしまいます。もしあまり予算に余裕がない場合は、中古を選びましょう。性能がしっかりとしたものも多く、長く使える商品も多数あります。

 

ただ、神経質な方は、あまり人が使ったものは、使いたくないといった方も、多いかと思います。その場合は、新品を選びましょう。ただし、当然予算がある程度かかるので、時前に価格差もチェックしておくことをおすすめします。

ツインペダルの人気ランキング10選

第9位

Pearl

ドラムツインペダル P-932L

価格:29,920円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワーのこもった演奏が行えます。

このツインペダルは、左利き用となっているので、左利きの方におすすめです。ロングボードタイプなので、叩きやすさも兼ね揃えています。

 

また、シングルチェーンを採用した、ライトフィーリング・コンセプトで、使いやすさも抜群です。機能性に優れたフットボードは、様々なフットワークにも対応し滑りにくいので、安心して叩けます。

 

新開発のデュオ・ビートは、防振ゴムを内蔵していて、ドラムヘッドに面で当たる形状としています。よって、パワーのある演奏が行えます。パワフルでアタックの効いたサウンドとなり、ハードな楽曲にも対応できます。

ドライブダイレクトビーター樹脂
カム偏芯特徴ロングボードタイプ
第8位

Pearl

ツインペダル P-3002D/B

価格:69,520円(税込)

【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

他のメーカーと開発を行い、高性能に仕上げています。

ダイレクトドライブタイプで、ハードな楽曲にも対応していて、ロックなどの幅広いジャンルで、演奏できます。たるみなどが出る心配もなく、無駄のない演奏へと導きます。滑りにくいので、安定した音が出せます。

 

また、滑らかなアクションのために、ベアリングにこだわっています。メインシャフト部には、スケートボード用として有名なメーカと共同開発を行い、高精度のベアリングを採用しています。

 

フットボードの取り付け時のわずかな誤差も無くしているので、常に理想的な回転を持続させます。ガタの無いドライブシャフトを採用していて、左右のペダルのアクションを限りなく近づけています。

ドライブダイレクトビーター-
カム偏芯・真円特徴セミハードケース付き
第7位

huhushop

ドラムペダル

価格:8,509円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性があり、多くのプロも愛用しています。

高品質の金属製となっていて、頑丈で耐久性が高くなっています。ダブルチェーン駆動によって、ペダル操作をより正確かつ、安定して行うことが可能です。強靭性や、滑らかさが優れている商品です。

 

また、アンチスリップラティスデザインを採用していて、トレッドプロセスでの落下をより、安定させてくれます。さらに、アンチスリップ格子設計などを採用しているので、高いコストパフォーマンスを誇ります。

 

あらかじめ、トレッド工程を施しているので、脱落を防止してくれます。プロも愛用していて、多くの方に使われていておすすめです。

ドライブチェーンビーターフェルト
カム真円特徴トレッド工程
第6位

ヤマハ

ツインペダル DFP9D

価格:68,640円(税込)

【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い技術を採用して、細かい部分にも機能が詰まっています。

楽器で人気のヤマハから、高品質なツインペダルが誕生しましまた。高性能・多様な調整機能を持ち、さらに安定性・耐久性を最大限に追求したモデルに仕上げています。

 

演奏に合った、ペダルの踏み心地を調整できるので、色々なスタイルでお使いいただけます。ジャンルに左右されないので、使い心地も抜群です。機能を多数搭載し、稼動部を支えるフレームに、新たに開発されたパーツを搭載しています。

 

瞬時に伝わりスピード感を体感でき、躍動感溢れるペダルワークを存分に楽しめます。繊細なコントロールを可能としていて、プロ用としても最適です。本格的で安定した音を演出してくれて便利です。

ドライブダイレクトビーターフェルト・プラスティック
カム偏芯・真円特徴ボールベアリング搭載
第5位

The Duallist

ツインペダル D3-L

価格:129,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

技術の高い演奏も、スムーズに行えます。

本体ヒール部横のスイッチ・レバーで、シングル・ダブルの切り替えが可能となっています。16分を連打しながら、ハイハットのオープン・クローズなど、空いた足で踏むことができ、楽に踏み込めます。

 

さらに、簡単に高さ調節可能な、ビーターを採用しているので、ベストなポディションにセッティングできます。

 

 一般的なツインペダルの約半分の重量で、持ち運びにも優れています。超高速プレイも可能なので、ハードな楽曲もスムーズに行えます。左足と組み合わせることで3連・6連符などのリズムを、簡単に演奏できます。

ドライブベルトビーター-
カム真円特徴ビーター高さ調節可能
第4位

ヤマハ

ドラム用ツインペダル DFP9500D

価格:61,265円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ケース付きで、携帯性もあります。

ドラム用ツインペダルで、ダイレクトドライブ使用となっています。踏みやすく合わせやすいデザインで、使えるシーンを問いません。セミハードケースが付属されているので、持ち運びも行えます。

 

スレーブ側のペダルも、スパイクによって安定したペダリングが可能となっています。安心のヤマハ製で、万が一の際はアフターサービスも受けれます。

 

しっかりと踏めるので、踏みにくさもありません。男女共に使いやすく、演奏も楽に行えます。金具もしっかりと装着されているので、長くお使いいただけます。シンプルなデザインですが、高級感が溢れています。

ドライブダイレクトビーター-
カム偏芯・真円特徴セミハードケース付属
第3位

TAMA

スピードコブラ HP310LW

価格:36,720円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スムーズな踏み込んみで、デザイン性も高いです。

コストパフォーマンスに優れていて、以前のモデルよりも、機能が向上しています。表面がフラットなロング・フットボードにより、素早い楽曲にも対応していて、オールラウンドにて使用できます。

 

おしゃれなデザインで、お持ちのドラムとの相性も抜群です。軽い力での踏み込みを両立しているので、女性でも手軽にお使いいただけます。

 

スライドしやすいといった、ロコミが挙がっていました。910シリーズと同じデザインのアンダープレートを、左右両方に装備しています。なので、よりスムーズなアクションを実現していて大活躍します。 

ドライブチェーン ビーターフェルト・樹脂
カム真円特徴無段階に調節可能
第2位

MAXTONE

ツインペダル TDP-2

価格:18,792円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能で、手軽に使用できます。

このツインペダルは、色々な楽曲に対応していて、様々なジャンルの楽曲の演奏にお使いいただけます。初めてのツインペダルを使用する場合や、急に必要になった際にも役立ちます。踏みやすく、安定感ある演奏が行えます。

 

さらに、レスポンスが早く、ストレスなく使用できます。フェルトとプラスティックの2WAYビーターを採用していて、より幅広い需要に対応しています。ペダルはベストなセッティングが行えて、より楽しく使用できます。

 

使いやすいといった、ロコミが挙がっていました。一般的な調整機能に加え、スプリングテンションを変えることなく、ビーターアングルが調節できます。

ドライブチェーンビーターフェルト・プラスティック
カム偏芯・真円特徴ビーターアングルが調節可能
第1位

DW

ツインペダル DW-9002

価格:61,800円(税込)

【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかりと固定できたりと、機能性が充実しています。

究極の軽いアクションを追求し、開発されています。ベースドラムペダルの常識を覆した、新世代のベースドラムペダルとなっています。音楽に左右されずに、満足のいく演奏が存分に楽しめます。

 

低音重視の楽曲も、これなら綺麗に演奏できます。カム部分は深淵のターボスタイルから、アクセレレータースタイルまで、スクリュー1本で調整することが可能です。1台のペダルでプレースタイルや、求めるサウンドによって細かい調節が行えます。

 

また、角度を問わず、堅固にペダルを固定することができたりと、自分のスタイルに合わせて、お使いいただけます。

ドライブ-ビーター-
カム-特徴キャリングケース付き

ツインペダルおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5114225の画像

    DW

  • 2
    アイテムID:5114233の画像

    MAXTONE

  • 3
    アイテムID:5114281の画像

    TAMA

  • 4
    アイテムID:5114292の画像

    ヤマハ

  • 5
    アイテムID:5114286の画像

    The Duallist

  • 6
    アイテムID:5114276の画像

    ヤマハ

  • 7
    アイテムID:5114256の画像

    huhushop

  • 8
    アイテムID:5114250の画像

    Pearl

  • 9
    アイテムID:5114247の画像

    Pearl

  • 商品名
  • ツインペダル DW-9002
  • ツインペダル TDP-2
  • スピードコブラ HP310LW
  • ドラム用ツインペダル DFP9500D
  • ツインペダル D3-L
  • ツインペダル DFP9D
  • ドラムペダル
  • ツインペダル P-3002D/B
  • ドラムツインペダル P-932L
  • 特徴
  • しっかりと固定できたりと、機能性が充実しています。
  • 多機能で、手軽に使用できます。
  • スムーズな踏み込んみで、デザイン性も高いです。
  • ケース付きで、携帯性もあります。
  • 技術の高い演奏も、スムーズに行えます。
  • 高い技術を採用して、細かい部分にも機能が詰まっています。
  • 耐久性があり、多くのプロも愛用しています。
  • 他のメーカーと開発を行い、高性能に仕上げています。
  • パワーのこもった演奏が行えます。
  • 価格
  • 61800円(税込)
  • 18792円(税込)
  • 36720円(税込)
  • 61265円(税込)
  • 129800円(税込)
  • 68640円(税込)
  • 8509円(税込)
  • 69520円(税込)
  • 29920円(税込)
  • ドライブ
  • -
  • チェーン
  • チェーン
  • ダイレクト
  • ベルト
  • ダイレクト
  • チェーン
  • ダイレクト
  • ダイレクト
  • ビーター
  • -
  • フェルト・プラスティック
  • フェルト・樹脂
  • -
  • -
  • フェルト・プラスティック
  • フェルト
  • -
  • 樹脂
  • カム
  • -
  • 偏芯・真円
  • 真円
  • 偏芯・真円
  • 真円
  • 偏芯・真円
  • 真円
  • 偏芯・真円
  • 偏芯
  • 特徴
  • キャリングケース付き
  • ビーターアングルが調節可能
  • 無段階に調節可能
  • セミハードケース付属
  • ビーター高さ調節可能
  • ボールベアリング搭載
  • トレッド工程
  • セミハードケース付き
  • ロングボードタイプ

定期的にメンテナンスを行いましょう。

長く使うためには、メンテナンスは必須です。まず、掃き掃除を行います。ある程度ほこりなどを取り除いたら、グリスアップします。可動部にオイルを注入することで、錆びなどを防ぐことができます。

 

この時、ほこりが付着してしまうので、付け過ぎたオイルはティッシュで拭き取りましょう。最後に、乾いた柔らかい布で拭き掃除をして完了です。

自分の用途に合ったツインペダルを選びましょう

今回は、おすすめのツインペダルをご紹介しましたが、お目当てのものは見つかりませんでしょうか。色々な選び方がありますが、まずはこの記事を参考にして、自分に合ったものを探してみましょう。今よりもっと叩きやすくなり、色々な楽曲に挑戦できます。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ